KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 記者
  • 令和
  • モウコノウマ
  • 生き物
  • 国家
  • 設立
  • 絶滅
  • 危機
  • 標高
  • 丁磊

「アジアノロバ」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
49
( 1 49 件を表示)
  • 1
49
( 1 49 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 1994年12月31日
    Robert G.

    Robert G. Sygui, Baras Landscape, 1994. Oil on canvas.、クレジット:World History Archive/ニューズコム/共同通信イメージズ※エディトリアル使用のみ。広告、プロモーション、商業目的での利用に関してはお問合せください。

    商品コード: 2019110801219

  • 2018年09月22日
    Kulan

    22 September 2018, Hessen, Floersheim: A kulan roams the Weilbach gravel pits. Culans are Asian wild donkeys threatened with extinction. There are three half wild stallions living in the nature reserve, but they are becoming a problem due to their increasingly aggressive behaviour. A decision on the future of the culans in the Weilbach gravel pits is to be taken shortly. Photo: Frank Rumpenhorst/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018092522325

  • 2018年09月22日
    Kulan

    22 September 2018, Hessen, Floersheim: A kulan roams the Weilbach gravel pits. Culans are Asian wild donkeys threatened with extinction. There are three half wild stallions living in the nature reserve, but they are becoming a problem due to their increasingly aggressive behaviour. A decision on the future of the culans in the Weilbach gravel pits is to be taken shortly. Photo: Frank Rumpenhorst/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018092522173

  • 2018年09月22日
    Kulan

    22 September 2018, Hessen, Floersheim: A kulan roams the Weilbach gravel pits. Culans are Asian wild donkeys threatened with extinction. There are three half wild stallions living in the nature reserve, but they are becoming a problem due to their increasingly aggressive behaviour. A decision on the future of the culans in the Weilbach gravel pits is to be taken shortly. Photo: Frank Rumpenhorst/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018092522209

  • 2018年09月22日
    Kulan

    22 September 2018, Hessen, Floersheim: A kulan roams the Weilbach gravel pits. Culans are Asian wild donkeys threatened with extinction. There are three half wild stallions living in the nature reserve, but they are becoming a problem due to their increasingly aggressive behaviour. A decision on the future of the culans in the Weilbach gravel pits is to be taken shortly. Photo: Frank Rumpenhorst/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018092522171

  • 2018年09月22日
    Kulan

    22 September 2018, Hessen, Floersheim: A kulan roams the Weilbach gravel pits. Culans are Asian wild donkeys threatened with extinction. There are three half wild stallions living in the nature reserve, but they are becoming a problem due to their increasingly aggressive behaviour. A decision on the future of the culans in the Weilbach gravel pits is to be taken shortly. Photo: Frank Rumpenhorst/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018092522256

  • 2018年09月22日
    Kulan

    22 September 2018, Hessen, Floersheim: A kulan roams the Weilbach gravel pits. Culans are Asian wild donkeys threatened with extinction. There are three half wild stallions living in the nature reserve, but they are becoming a problem due to their increasingly aggressive behaviour. A decision on the future of the culans in the Weilbach gravel pits is to be taken shortly. Photo: Frank Rumpenhorst/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018092522344

  • 2018年09月22日
    Kulan

    22 September 2018, Hessen, Floersheim: A kulan roams the Weilbach gravel pits. Culans are Asian wild donkeys threatened with extinction. There are three half wild stallions living in the nature reserve, but they are becoming a problem due to their increasingly aggressive behaviour. A decision on the future of the culans in the Weilbach gravel pits is to be taken shortly. Photo: Frank Rumpenhorst/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018092522291

  • 2019年10月13日
    希少動物の楽園甘粛絶滅危惧動物保護センターを訪ねて

    13日、柵の中を歩くアジアノロバ。中国甘粛省武威(ぶい)市の国家林業局甘粛絶滅危惧動物保護センターでは13日、黄河の西の通り道、河西回廊の秋の日差しを浴びるモウコノウマやサイガ、野生のフタコブラクダの姿が見られた。1987年に設立された同センターは、主に絶滅危惧・希少動物の救助、保護、繁殖・研究などを行っており、繁殖し、保護する動物の数は43種460頭(匹)余りにのぼる。極めて希少なサイガやフタコブラクダ、モウコノウマに積極的で効果的な保護と繁殖を行う同センターは現在、サイガと野生のフタコブラクダの人工飼育・繁殖・保護・研究における国内唯一の基地となっている。(武威=新華社記者/白麗萍)=2019(令和元)年10月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019101703432

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年06月01日
    カラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区を訪ねて新疆ウイグル自治区

    1日、新疆ウイグル自治区のカラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区で羽ばたくアカツクシガモ。中国新疆ウイグル自治区のジュンガル盆地東部に位置するカラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区は、モウコノウマ、アジアノロバ、コウジョウセンガゼルなど絶滅の危機にある希少な野生有蹄類などの保護を目的として設立された。保護区内にはモウコノウマなど国家1級重点保護動物9種、コウジョウセンガゼルなど国家2級重点保護動物29種が生息している。中国の標高の低い荒漠(こうばく)地域では珍しい大型有蹄類野生動物自然保護区で、他に例のない生態的地位や種の多様性を備えており、乾燥地帯の遺伝子保護、生態、科学研究において高い価値を持つ。(アルタイ=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年6月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020061503932

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年06月01日
    カラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区を訪ねて新疆ウイグル自治区

    1日、新疆ウイグル自治区のカラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区の水源地で餌を探すセイタカシギ。中国新疆ウイグル自治区のジュンガル盆地東部に位置するカラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区は、モウコノウマ、アジアノロバ、コウジョウセンガゼルなど絶滅の危機にある希少な野生有蹄類などの保護を目的として設立された。保護区内にはモウコノウマなど国家1級重点保護動物9種、コウジョウセンガゼルなど国家2級重点保護動物29種が生息している。中国の標高の低い荒漠(こうばく)地域では珍しい大型有蹄類野生動物自然保護区で、他に例のない生態的地位や種の多様性を備えており、乾燥地帯の遺伝子保護、生態、科学研究において高い価値を持つ。(アルタイ=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年6月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020061503908

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年06月01日
    カラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区を訪ねて新疆ウイグル自治区

    1日、新疆ウイグル自治区のカラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区の水源地で羽を休めるセイタカシギ。中国新疆ウイグル自治区のジュンガル盆地東部に位置するカラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区は、モウコノウマ、アジアノロバ、コウジョウセンガゼルなど絶滅の危機にある希少な野生有蹄類などの保護を目的として設立された。保護区内にはモウコノウマなど国家1級重点保護動物9種、コウジョウセンガゼルなど国家2級重点保護動物29種が生息している。中国の標高の低い荒漠(こうばく)地域では珍しい大型有蹄類野生動物自然保護区で、他に例のない生態的地位や種の多様性を備えており、乾燥地帯の遺伝子保護、生態、科学研究において高い価値を持つ。(アルタイ=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年6月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020061503997

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年06月03日
    カラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区を訪ねて新疆ウイグル自治区

    3日、新疆ウイグル自治区のカラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区の水源地で水を飲むモウコノウマ。中国新疆ウイグル自治区のジュンガル盆地東部に位置するカラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区は、モウコノウマ、アジアノロバ、コウジョウセンガゼルなど絶滅の危機にある希少な野生有蹄類などの保護を目的として設立された。保護区内にはモウコノウマなど国家1級重点保護動物9種、コウジョウセンガゼルなど国家2級重点保護動物29種が生息している。中国の標高の低い荒漠(こうばく)地域では珍しい大型有蹄類野生動物自然保護区で、他に例のない生態的地位や種の多様性を備えており、乾燥地帯の遺伝子保護、生態、科学研究において高い価値を持つ。(アルタイ=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年6月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020061503928

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年06月03日
    モウコノウマやアジアノロバに飲料水を「配達」新疆ウイグル自治区

    3日、新疆ウイグル自治区カラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区で水源地に給水する監視員。(小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区ジュンガル盆地の東部では、6月に入っても草が茂らず、熱く乾いた風が広々としたゴビ砂漠を吹き抜けている。同自治区カラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区監視員のアダビヤトさんは「雪が解けてから、まだ雨が十分に降っておらず、動物は大変な生活を強いられている」と語った。彼はスタッフ3人と共に給水車とピックアップトラックで広大な荒野に入り、野生動物が必要としている飲料水を「配達」している。(ウルムチ=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年6月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020060908599

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年06月03日
    モウコノウマやアジアノロバに飲料水を「配達」新疆ウイグル自治区

    3日、野生動物のために飲料水を運ぶ監視員。中国新疆ウイグル自治区ジュンガル盆地の東部では、6月に入っても草が茂らず、熱く乾いた風が広々としたゴビ砂漠を吹き抜けている。同自治区カラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区監視員のアダビヤトさんは「雪が解けてから、まだ雨が十分に降っておらず、動物は大変な生活を強いられている」と語った。彼はスタッフ3人と共に給水車とピックアップトラックで広大な荒野に入り、野生動物が必要としている飲料水を「配達」している。(ウルムチ=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年6月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020060908486

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年06月03日
    モウコノウマやアジアノロバに飲料水を「配達」新疆ウイグル自治区

    3日、新疆ウイグル自治区カラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区で水源地に給水する監視員。中国新疆ウイグル自治区ジュンガル盆地の東部では、6月に入っても草が茂らず、熱く乾いた風が広々としたゴビ砂漠を吹き抜けている。同自治区カラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区監視員のアダビヤトさんは「雪が解けてから、まだ雨が十分に降っておらず、動物は大変な生活を強いられている」と語った。彼はスタッフ3人と共に給水車とピックアップトラックで広大な荒野に入り、野生動物が必要としている飲料水を「配達」している。(ウルムチ=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年6月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020060908475

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年06月03日
    モウコノウマやアジアノロバに飲料水を「配達」新疆ウイグル自治区

    3日、33号水源地にやって来て水を飲むモウコノウマ。中国新疆ウイグル自治区ジュンガル盆地の東部では、6月に入っても草が茂らず、熱く乾いた風が広々としたゴビ砂漠を吹き抜けている。同自治区カラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区監視員のアダビヤトさんは「雪が解けてから、まだ雨が十分に降っておらず、動物は大変な生活を強いられている」と語った。彼はスタッフ3人と共に給水車とピックアップトラックで広大な荒野に入り、野生動物が必要としている飲料水を「配達」している。(ウルムチ=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年6月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020060908657

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年06月03日
    モウコノウマやアジアノロバに飲料水を「配達」新疆ウイグル自治区

    3日、水源地の貯水状況を遠方から観察する監視員。中国新疆ウイグル自治区ジュンガル盆地の東部では、6月に入っても草が茂らず、熱く乾いた風が広々としたゴビ砂漠を吹き抜けている。同自治区カラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区監視員のアダビヤトさんは「雪が解けてから、まだ雨が十分に降っておらず、動物は大変な生活を強いられている」と語った。彼はスタッフ3人と共に給水車とピックアップトラックで広大な荒野に入り、野生動物が必要としている飲料水を「配達」している。(ウルムチ=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年6月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020060908252

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年06月03日
    カラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区を訪ねて新疆ウイグル自治区

    3日、新疆ウイグル自治区のカラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区内を歩くモウコノウマ。中国新疆ウイグル自治区のジュンガル盆地東部に位置するカラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区は、モウコノウマ、アジアノロバ、コウジョウセンガゼルなど絶滅の危機にある希少な野生有蹄類などの保護を目的として設立された。保護区内にはモウコノウマなど国家1級重点保護動物9種、コウジョウセンガゼルなど国家2級重点保護動物29種が生息している。中国の標高の低い荒漠(こうばく)地域では珍しい大型有蹄類野生動物自然保護区で、他に例のない生態的地位や種の多様性を備えており、乾燥地帯の遺伝子保護、生態、科学研究において高い価値を持つ。(アルタイ=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年6月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020061503934

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年06月03日
    モウコノウマやアジアノロバに飲料水を「配達」新疆ウイグル自治区

    3日、新疆ウイグル自治区のカラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区で撮影したモウコノウマ。中国新疆ウイグル自治区ジュンガル盆地の東部では、6月に入っても草が茂らず、熱く乾いた風が広々としたゴビ砂漠を吹き抜けている。同自治区カラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区監視員のアダビヤトさんは「雪が解けてから、まだ雨が十分に降っておらず、動物は大変な生活を強いられている」と語った。彼はスタッフ3人と共に給水車とピックアップトラックで広大な荒野に入り、野生動物が必要としている飲料水を「配達」している。(ウルムチ=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年6月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020060908203

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年06月03日
    モウコノウマやアジアノロバに飲料水を「配達」新疆ウイグル自治区

    3日、水源地で水を飲むモウコノウマ。中国新疆ウイグル自治区ジュンガル盆地の東部では、6月に入っても草が茂らず、熱く乾いた風が広々としたゴビ砂漠を吹き抜けている。同自治区カラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区監視員のアダビヤトさんは「雪が解けてから、まだ雨が十分に降っておらず、動物は大変な生活を強いられている」と語った。彼はスタッフ3人と共に給水車とピックアップトラックで広大な荒野に入り、野生動物が必要としている飲料水を「配達」している。(ウルムチ=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年6月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020060908454

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年06月03日
    モウコノウマやアジアノロバに飲料水を「配達」新疆ウイグル自治区

    3日、人工的に建設された水源地の貯水状況を確認する監視員。中国新疆ウイグル自治区ジュンガル盆地の東部では、6月に入っても草が茂らず、熱く乾いた風が広々としたゴビ砂漠を吹き抜けている。同自治区カラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区監視員のアダビヤトさんは「雪が解けてから、まだ雨が十分に降っておらず、動物は大変な生活を強いられている」と語った。彼はスタッフ3人と共に給水車とピックアップトラックで広大な荒野に入り、野生動物が必要としている飲料水を「配達」している。(ウルムチ=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年6月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020060908462

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年06月03日
    モウコノウマやアジアノロバに飲料水を「配達」新疆ウイグル自治区

    3日、新疆ウイグル自治区のカラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区。(小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区ジュンガル盆地の東部では、6月に入っても草が茂らず、熱く乾いた風が広々としたゴビ砂漠を吹き抜けている。同自治区カラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区監視員のアダビヤトさんは「雪が解けてから、まだ雨が十分に降っておらず、動物は大変な生活を強いられている」と語った。彼はスタッフ3人と共に給水車とピックアップトラックで広大な荒野に入り、野生動物が必要としている飲料水を「配達」している。(ウルムチ=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年6月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020060908666

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年06月04日
    カラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区を訪ねて新疆ウイグル自治区

    4日、新疆ウイグル自治区のカラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区内を走るアジアノロバ。中国新疆ウイグル自治区のジュンガル盆地東部に位置するカラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区は、モウコノウマ、アジアノロバ、コウジョウセンガゼルなど絶滅の危機にある希少な野生有蹄類などの保護を目的として設立された。保護区内にはモウコノウマなど国家1級重点保護動物9種、コウジョウセンガゼルなど国家2級重点保護動物29種が生息している。中国の標高の低い荒漠(こうばく)地域では珍しい大型有蹄類野生動物自然保護区で、他に例のない生態的地位や種の多様性を備えており、乾燥地帯の遺伝子保護、生態、科学研究において高い価値を持つ。(アルタイ=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年6月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020061503915

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年06月04日
    カラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区を訪ねて新疆ウイグル自治区

    4日、新疆ウイグル自治区のカラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区でたたずむ2頭のモウコノウマ。中国新疆ウイグル自治区のジュンガル盆地東部に位置するカラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区は、モウコノウマ、アジアノロバ、コウジョウセンガゼルなど絶滅の危機にある希少な野生有蹄類などの保護を目的として設立された。保護区内にはモウコノウマなど国家1級重点保護動物9種、コウジョウセンガゼルなど国家2級重点保護動物29種が生息している。中国の標高の低い荒漠(こうばく)地域では珍しい大型有蹄類野生動物自然保護区で、他に例のない生態的地位や種の多様性を備えており、乾燥地帯の遺伝子保護、生態、科学研究において高い価値を持つ。(アルタイ=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年6月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020061504004

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年06月04日
    カラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区を訪ねて新疆ウイグル自治区

    4日、新疆ウイグル自治区のカラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区で撮影したノウサギ。中国新疆ウイグル自治区のジュンガル盆地東部に位置するカラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区は、モウコノウマ、アジアノロバ、コウジョウセンガゼルなど絶滅の危機にある希少な野生有蹄類などの保護を目的として設立された。保護区内にはモウコノウマなど国家1級重点保護動物9種、コウジョウセンガゼルなど国家2級重点保護動物29種が生息している。中国の標高の低い荒漠(こうばく)地域では珍しい大型有蹄類野生動物自然保護区で、他に例のない生態的地位や種の多様性を備えており、乾燥地帯の遺伝子保護、生態、科学研究において高い価値を持つ。(アルタイ=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年6月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020061504003

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年06月04日
    カラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区を訪ねて新疆ウイグル自治区

    4日、新疆ウイグル自治区のカラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区で撮影したコウジョウセンガゼル。中国新疆ウイグル自治区のジュンガル盆地東部に位置するカラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区は、モウコノウマ、アジアノロバ、コウジョウセンガゼルなど絶滅の危機にある希少な野生有蹄類などの保護を目的として設立された。保護区内にはモウコノウマなど国家1級重点保護動物9種、コウジョウセンガゼルなど国家2級重点保護動物29種が生息している。中国の標高の低い荒漠(こうばく)地域では珍しい大型有蹄類野生動物自然保護区で、他に例のない生態的地位や種の多様性を備えており、乾燥地帯の遺伝子保護、生態、科学研究において高い価値を持つ。(アルタイ=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年6月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020061504005

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年06月05日
    カラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区を訪ねて新疆ウイグル自治区

    5日、新疆ウイグル自治区のカラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区で辺りをうかがう3頭のアルガリ。中国新疆ウイグル自治区のジュンガル盆地東部に位置するカラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区は、モウコノウマ、アジアノロバ、コウジョウセンガゼルなど絶滅の危機にある希少な野生有蹄類などの保護を目的として設立された。保護区内にはモウコノウマなど国家1級重点保護動物9種、コウジョウセンガゼルなど国家2級重点保護動物29種が生息している。中国の標高の低い荒漠(こうばく)地域では珍しい大型有蹄類野生動物自然保護区で、他に例のない生態的地位や種の多様性を備えており、乾燥地帯の遺伝子保護、生態、科学研究において高い価値を持つ。(アルタイ=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年6月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020061503933

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年06月05日
    カラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区を訪ねて新疆ウイグル自治区

    5日、新疆ウイグル自治区カラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区のアルガリ。中国新疆ウイグル自治区のジュンガル盆地東部に位置するカラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区は、モウコノウマ、アジアノロバ、コウジョウセンガゼルなど絶滅の危機にある希少な野生有蹄類などの保護を目的として設立された。保護区内にはモウコノウマなど国家1級重点保護動物9種、コウジョウセンガゼルなど国家2級重点保護動物29種が生息している。中国の標高の低い荒漠(こうばく)地域では珍しい大型有蹄類野生動物自然保護区で、他に例のない生態的地位や種の多様性を備えており、乾燥地帯の遺伝子保護、生態、科学研究において高い価値を持つ。(アルタイ=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年6月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020061503942

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年06月06日
    カラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区を訪ねて新疆ウイグル自治区

    6日、新疆ウイグル自治区のカラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区で辺りをうかがう2頭のコウジョウセンガゼル。中国新疆ウイグル自治区のジュンガル盆地東部に位置するカラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区は、モウコノウマ、アジアノロバ、コウジョウセンガゼルなど絶滅の危機にある希少な野生有蹄類などの保護を目的として設立された。保護区内にはモウコノウマなど国家1級重点保護動物9種、コウジョウセンガゼルなど国家2級重点保護動物29種が生息している。中国の標高の低い荒漠(こうばく)地域では珍しい大型有蹄類野生動物自然保護区で、他に例のない生態的地位や種の多様性を備えており、乾燥地帯の遺伝子保護、生態、科学研究において高い価値を持つ。(アルタイ=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年6月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020061504001

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年06月06日
    カラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区を訪ねて新疆ウイグル自治区

    6日、新疆ウイグル自治区カラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区のアカツクシガモ。中国新疆ウイグル自治区のジュンガル盆地東部に位置するカラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区は、モウコノウマ、アジアノロバ、コウジョウセンガゼルなど絶滅の危機にある希少な野生有蹄類などの保護を目的として設立された。保護区内にはモウコノウマなど国家1級重点保護動物9種、コウジョウセンガゼルなど国家2級重点保護動物29種が生息している。中国の標高の低い荒漠(こうばく)地域では珍しい大型有蹄類野生動物自然保護区で、他に例のない生態的地位や種の多様性を備えており、乾燥地帯の遺伝子保護、生態、科学研究において高い価値を持つ。(アルタイ=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年6月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020061504006

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:53.53
    2020年06月07日
    「新華社」モウコノウマやアジアノロバに飲料水を「配達」新疆ウイグル自治区

    中国新疆ウイグル自治区ジュンガル盆地の東部では、6月に入っても草が茂らず、熱く乾いた風が広々としたゴビ砂漠を吹き抜けている。同自治区カラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区監視員のアダビヤトさんは「雪が解けてから、まだ雨が十分に降っておらず、動物は大変な生活を強いられている」と語った。彼はスタッフ3人と共に給水車とピックアップトラックで広大な荒野に入り、野生動物が必要としている飲料水を「配達」している。面積が1万平方キロ以上の同保護区には、自然にできた窪地や人工的に建設された貯水池など、野生動物の主要な水源地が約60カ所ある。監視員がパトロールの際に、保護区南西エリアにある10カ所余りの水源地が干ばつの影響を受け、深刻な水不足が生じているのを発見した。同エリアはモウコノウマやアジアノロバ、コウジョウセンガゼルなどの野生動物の生息地でもある。カラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区管理センターは3月末、枯渇した水源地に対する緊急給水実施を決定した。ピックアップトラックの先導の下、大型タンクを搭載した給水車が荒野を1時間余りかけて進み、小高い山の麓に自然に形成された窪地である33号水源地に到着した。監視員は給水車の運転手と協力して直径20メートル余りの水源地に給水を行い、タンクに入っていた16トンの水を30分かけて注いだ。2台の車が水源地を離れると、1頭のモウコノウマが待ちきれずに水源地に近づき、一心不乱に水を飲んでいた。3日現在、同保護区は野生動物の水源地に対し1709トンの給水を行っている。同自然保護区はモウコノウマやアジアノロバ、コウジョウセンガゼルなど希少種や絶滅危惧種の有蹄類野生動物と生息地の保護を行う野生動物型自然保護区で、1982年に設立。保護区内のモウコノウマの個体数は240頭に達している。また、中国科学院新疆生態・地理研究所の楊維康(よう・いこう)研究員率いるチームが2018~19年に実施した調査によると、保護区内のアジアノロバの個体数は3千頭余り、コウジョウセンガゼルの個体数は1万頭近くに達している。(記者/張嘯誠、張暁竜、曲延函、丁磊)<映像内容>雨の量が足りないゴビ砂漠、動物たちに飲料水を用意、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020061102859

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:30.60
    2021年01月06日
    「新華社」希少野生動物の生息数が回復内モンゴル自治区

    中国内モンゴル自治区エレンホト市のモンゴルとの国境付近にこのほど、プシバルスキーガゼルの群れが餌を求めてやって来た。愛らしい表情で懸命に草をはむ姿は人々を笑顔にした。エレンホト地域ではここ数年、国境付近の草原の環境改善と、動物を使った製品に対する出入国検査場の密輸取り締まり強化に伴い、野生動物の生息数が増加。プシバルスキーガゼル、アジアノロバ、アルガリなどの希少動物が再び人々の目に触れるようになってきている。(記者/劉懿徳) =配信日: 2021(令和3)年1月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021010701106

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:47.51
    2021年01月15日
    「新華社」モンゴルのプシバルスキーガゼル7頭、餌を求めて中国へ

    国内モンゴル自治区エレンホト(二連浩特)市でこのほど、モンゴルに生息する野生のプシバルスキーガゼルが、寒波の影響を受けて群れで鉄道脇のネットを越え、エレンホト駅国際台車交換庫付近に餌を求めてやってきた。モンゴルの野生のプシバルスキーガゼルがエレンホト市を「訪れる」のは、今年に入りすでに2回目だという。エレンホト市公安局森林公安局の警察官、耿暁華(こう・きょうか)氏は「国境付近の草原はここ数年、環境が改善され、エレンホト市の野生動物の個体群は徐々に増加に転じ、プシバルスキーガゼル、アジアノロバ、アルガリなど希少な野生動物が、再び人々の前に姿を見せるようになっている」と述べた。すらりとした姿のプシバルスキーガゼルは、国家2級重点保護動物に指定され、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストにも登録されている。(記者/哈麗娜) =配信日: 2021(令和3)年1月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021011509319

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:01.39
    2021年01月16日
    「新華社」野生のプシバルスキーガゼルとアジアノロバ、中蒙国境を移動

    国内モンゴル自治区バヤンノール市ウラド中旗にあるガンツモッド(甘其毛都)出入境検査ステーションの警察官はここ数日、パトロール中に野生のプシバルスキーガゼル数百頭とアジアノロバ数頭が中国とモンゴル国境のガンツモッド口岸(通関地)で餌を求めて移動する姿を発見している。同ステーションの警察官はプシバルスキーガゼルの群れが密集している地域のパトロールを強化、野生動物をけがや違法な狩猟から守っている。(記者/李雲平) =配信日: 2021(令和3)年1月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021011800104

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月22日
    新疆カラマイリ山一帯に広がる野生動物自然保護区をゆく

    22日、カラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区を走るモウコノウマの群れ。中国新疆ウイグル自治区のジュンガル盆地東部にあるカラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区は、モウコノウマ、アジアノロバ、コウジョウセンガゼルなど、絶滅の危機に瀕する希少な野生有蹄動物とその生息地の保護を目的として設立された。保護区内にはモウコノウマなどの国家1級重点保護動物が9種、コウジョウセンガゼルなどの国家2級重点保護動物が29種生息しており、中国の標高の低い荒漠(こうばく)地域では数少ない大型有蹄類野生動物自然保護区として知られる。(ウルムチ=新華社記者/侯昭康)=配信日:2021(令和3)年4月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021042610508

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月22日
    新疆カラマイリ山一帯に広がる野生動物自然保護区をゆく

    22日、カラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区で、草をはむモウコノウマの群れ。中国新疆ウイグル自治区のジュンガル盆地東部にあるカラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区は、モウコノウマ、アジアノロバ、コウジョウセンガゼルなど、絶滅の危機に瀕する希少な野生有蹄動物とその生息地の保護を目的として設立された。保護区内にはモウコノウマなどの国家1級重点保護動物が9種、コウジョウセンガゼルなどの国家2級重点保護動物が29種生息しており、中国の標高の低い荒漠(こうばく)地域では数少ない大型有蹄類野生動物自然保護区として知られる。(ウルムチ=新華社記者/侯昭康)=配信日:2021(令和3)年4月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021042610514

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月25日
    (9)新疆カラマイリ山一帯に広がる野生動物自然保護区をゆく

    22日、カラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区で撮影したノスリ。中国新疆ウイグル自治区のジュンガル盆地東部にあるカラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区は、モウコノウマ、アジアノロバ、コウジョウセンガゼルなど、絶滅の危機に瀕する希少な野生有蹄動物とその生息地の保護を目的として設立された。保護区内にはモウコノウマなどの国家1級重点保護動物が9種、コウジョウセンガゼルなどの国家2級重点保護動物が29種生息しており、中国の標高の低い荒漠(こうばく)地域では数少ない大型有蹄類野生動物自然保護区として知られる。(ウルムチ=新華社記者/侯昭康)= 配信日: 2021(令和3)年4月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021042502665

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月25日
    (3)新疆カラマイリ山一帯に広がる野生動物自然保護区をゆく

    23日、カラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区を歩くモウコノウマ。中国新疆ウイグル自治区のジュンガル盆地東部にあるカラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区は、モウコノウマ、アジアノロバ、コウジョウセンガゼルなど、絶滅の危機に瀕する希少な野生有蹄動物とその生息地の保護を目的として設立された。保護区内にはモウコノウマなどの国家1級重点保護動物が9種、コウジョウセンガゼルなどの国家2級重点保護動物が29種生息しており、中国の標高の低い荒漠(こうばく)地域では数少ない大型有蹄類野生動物自然保護区として知られる。(ウルムチ=新華社記者/侯昭康)= 配信日: 2021(令和3)年4月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021042502656

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月25日
    (2)新疆カラマイリ山一帯に広がる野生動物自然保護区をゆく

    22日、カラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区を走るトライノウサギ。中国新疆ウイグル自治区のジュンガル盆地東部にあるカラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区は、モウコノウマ、アジアノロバ、コウジョウセンガゼルなど、絶滅の危機に瀕する希少な野生有蹄動物とその生息地の保護を目的として設立された。保護区内にはモウコノウマなどの国家1級重点保護動物が9種、コウジョウセンガゼルなどの国家2級重点保護動物が29種生息しており、中国の標高の低い荒漠(こうばく)地域では数少ない大型有蹄類野生動物自然保護区として知られる。(ウルムチ=新華社記者/侯昭康)= 配信日: 2021(令和3)年4月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021042502657

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月25日
    (5)新疆カラマイリ山一帯に広がる野生動物自然保護区をゆく

    22日、カラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区を歩くモウコノウマの群れ。中国新疆ウイグル自治区のジュンガル盆地東部にあるカラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区は、モウコノウマ、アジアノロバ、コウジョウセンガゼルなど、絶滅の危機に瀕する希少な野生有蹄動物とその生息地の保護を目的として設立された。保護区内にはモウコノウマなどの国家1級重点保護動物が9種、コウジョウセンガゼルなどの国家2級重点保護動物が29種生息しており、中国の標高の低い荒漠(こうばく)地域では数少ない大型有蹄類野生動物自然保護区として知られる。(ウルムチ=新華社記者/侯昭康)= 配信日: 2021(令和3)年4月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021042502659

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月25日
    (6)新疆カラマイリ山一帯に広がる野生動物自然保護区をゆく

    22日、カラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区を走るモウコノウマの群れ。中国新疆ウイグル自治区のジュンガル盆地東部にあるカラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区は、モウコノウマ、アジアノロバ、コウジョウセンガゼルなど、絶滅の危機に瀕する希少な野生有蹄動物とその生息地の保護を目的として設立された。保護区内にはモウコノウマなどの国家1級重点保護動物が9種、コウジョウセンガゼルなどの国家2級重点保護動物が29種生息しており、中国の標高の低い荒漠(こうばく)地域では数少ない大型有蹄類野生動物自然保護区として知られる。(ウルムチ=新華社記者/侯昭康)= 配信日: 2021(令和3)年4月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021042502662

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月25日
    (4)新疆カラマイリ山一帯に広がる野生動物自然保護区をゆく

    22日、カラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区で、草をはむモウコノウマ。中国新疆ウイグル自治区のジュンガル盆地東部にあるカラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区は、モウコノウマ、アジアノロバ、コウジョウセンガゼルなど、絶滅の危機に瀕する希少な野生有蹄動物とその生息地の保護を目的として設立された。保護区内にはモウコノウマなどの国家1級重点保護動物が9種、コウジョウセンガゼルなどの国家2級重点保護動物が29種生息しており、中国の標高の低い荒漠(こうばく)地域では数少ない大型有蹄類野生動物自然保護区として知られる。(ウルムチ=新華社記者/侯昭康)= 配信日: 2021(令和3)年4月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021042502654

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月25日
    (1)新疆カラマイリ山一帯に広がる野生動物自然保護区をゆく

    22日、カラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区で、草をはむモウコノウマの群れ。中国新疆ウイグル自治区のジュンガル盆地東部にあるカラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区は、モウコノウマ、アジアノロバ、コウジョウセンガゼルなど、絶滅の危機に瀕する希少な野生有蹄動物とその生息地の保護を目的として設立された。保護区内にはモウコノウマなどの国家1級重点保護動物が9種、コウジョウセンガゼルなどの国家2級重点保護動物が29種生息しており、中国の標高の低い荒漠(こうばく)地域では数少ない大型有蹄類野生動物自然保護区として知られる。(ウルムチ=新華社記者/侯昭康)= 配信日: 2021(令和3)年4月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021042502655

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月25日
    (11)新疆カラマイリ山一帯に広がる野生動物自然保護区をゆく

    22日、カラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区で撮影したモウコノウマの群れ。中国新疆ウイグル自治区のジュンガル盆地東部にあるカラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区は、モウコノウマ、アジアノロバ、コウジョウセンガゼルなど、絶滅の危機に瀕する希少な野生有蹄動物とその生息地の保護を目的として設立された。保護区内にはモウコノウマなどの国家1級重点保護動物が9種、コウジョウセンガゼルなどの国家2級重点保護動物が29種生息しており、中国の標高の低い荒漠(こうばく)地域では数少ない大型有蹄類野生動物自然保護区として知られる。(ウルムチ=新華社記者/侯昭康)= 配信日: 2021(令和3)年4月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021042502667

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月25日
    (12)新疆カラマイリ山一帯に広がる野生動物自然保護区をゆく

    22日、カラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区で撮影したコウジョウセンガゼル。中国新疆ウイグル自治区のジュンガル盆地東部にあるカラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区は、モウコノウマ、アジアノロバ、コウジョウセンガゼルなど、絶滅の危機に瀕する希少な野生有蹄動物とその生息地の保護を目的として設立された。保護区内にはモウコノウマなどの国家1級重点保護動物が9種、コウジョウセンガゼルなどの国家2級重点保護動物が29種生息しており、中国の標高の低い荒漠(こうばく)地域では数少ない大型有蹄類野生動物自然保護区として知られる。(ウルムチ=新華社記者/侯昭康)= 配信日: 2021(令和3)年4月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021042502666

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月25日
    (10)新疆カラマイリ山一帯に広がる野生動物自然保護区をゆく

    22日、カラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区で、草をはむモウコノウマ。中国新疆ウイグル自治区のジュンガル盆地東部にあるカラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区は、モウコノウマ、アジアノロバ、コウジョウセンガゼルなど、絶滅の危機に瀕する希少な野生有蹄動物とその生息地の保護を目的として設立された。保護区内にはモウコノウマなどの国家1級重点保護動物が9種、コウジョウセンガゼルなどの国家2級重点保護動物が29種生息しており、中国の標高の低い荒漠(こうばく)地域では数少ない大型有蹄類野生動物自然保護区として知られる。(ウルムチ=新華社記者/侯昭康)= 配信日: 2021(令和3)年4月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021042502670

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月25日
    (7)新疆カラマイリ山一帯に広がる野生動物自然保護区をゆく

    22日、カラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区で撮影したトライノウサギ。中国新疆ウイグル自治区のジュンガル盆地東部にあるカラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区は、モウコノウマ、アジアノロバ、コウジョウセンガゼルなど、絶滅の危機に瀕する希少な野生有蹄動物とその生息地の保護を目的として設立された。保護区内にはモウコノウマなどの国家1級重点保護動物が9種、コウジョウセンガゼルなどの国家2級重点保護動物が29種生息しており、中国の標高の低い荒漠(こうばく)地域では数少ない大型有蹄類野生動物自然保護区として知られる。(ウルムチ=新華社記者/侯昭康)= 配信日: 2021(令和3)年4月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021042502663

  • 00:33.10
    2022年05月08日
    「新華社」満都拉口岸にアジアノロバ現る内モンゴル自治区

    中国内モンゴル自治区包頭市にある満都拉口岸(通関地)付近に6日、国家1級保護動物のアジアノロバが現れた。出入境辺防検査ステーションの警察官が巡回中にアジアノロバの痕跡を発見、監視カメラで姿を確認した。同種は主に中国とモンゴルの国境付近に分布し、世界的にも絶滅が危惧されている。満都拉口岸は中国の口岸の中でモンゴルの首都ウランバートルに最も近く、北側がモンゴル領に隣接している。(記者/趙沢輝) =配信日: 2022(令和4)年5月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022050805321

  • 1