KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • ジャカルタ
  • 金メダル
  • サッカー
  • インドネシア
  • 陸上女子
  • アジア競技大会
  • バドミントン
  • レスリング
  • フェンシング
  • 女子団体

「アジア大会」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
20,852
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...
20,852
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 2021年02月23日
    アジア大会の小林 五輪開催へ気持ち二つに

    ジャカルタ・アジア大会ホッケー女子決勝のインド戦でパスを出す小林(旧姓小野)真由美(左)=2018年8月(共同)

  • 2021年02月02日
    優勝した矢沢亜季 カヌーの周知に絶好の機会

    ジャカルタ・アジア大会のカヌー・スラローム女子カヤックシングルで優勝した矢沢亜季=2018年8月、マジャレンカ(共同)

    撮影: 2018年8月、マジャレンカ

  • 2021年01月29日
    銅メダルの山田美諭 延期はマイナスだけでない

    ジャカルタ・アジア大会のテコンドー女子49㌔級で銅メダルを獲得し、笑顔の山田美諭=2018年8月、ジャカルタ(共同)

    撮影: 2018年8月、ジャカルタ

  • 00:27.35
    2021年01月22日
    「新華社」2022年杭州アジア大会、ホッケー会場の屋根が完成

    中国浙江省杭州市で2022年に開催される第19回アジア競技大会に向け18日、ホッケーの試合が行われる収容人数5千人の屋外競技場の屋根が完成した。建築面積は延べ1万3千平方メートル以上、地下1階、地上2階建てとなっている。プロジェクトリーダーの一人である呉明喜(ご・めいき)氏は、半透明の屋根の材料にはフッ素樹脂が使われ、デザインは中国伝統の「油紙傘」から着想を得たと説明した。今後はグラウンド部分の整備に着手する。公園のような機能も兼ねており、大会終了後はコンサートや夜市、地域の集まりなど、屋外イベントの会場としても利用できる。 =配信日: 2021(平成33)年01月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月15日
    歓声に応える大岩 独から帰国、隔離経験

    ジャカルタ・アジア大会の総合馬術個人で金メダルを獲得し、歓声に応える大岩義明=2018年8月(共同)

    撮影: 2018年8月

  • 2020年12月25日
    優勝した孫楊 孫楊、逆転勝訴で新展開

    2018年8月、ジャカルタ・アジア大会の競泳男子1500㍍で優勝した孫楊(共同)

  • 00:51.12
    2020年12月24日
    「新華社」2022年杭州アジア大会選手村の建物の最上部が完成

    中国浙江省杭州市で2022年に開催される第19回アジア競技大会の選手村で24日、建物の最上部の完成を祝う式典が開かれた。これにより、同選手村の建設工事が重要な節目を迎えたことになる。今後は景観やカーテンウォール、内装の工事段階に入り、2021年末までに完全な竣工を迎え、2022年3月に試験運用が始まる見通し。同大会の中核プロジェクトの一つである選手村は、選手村、役員の宿泊施設、メディア村、国際エリア、公共エリアからなり、総敷地面積は113ヘクタール。大会の開催期間中、選手村は1万人以上の選手やチーム関係者、4千人近くの関係役員、約5千人のメディア関係者に宿泊、飲食、医療などのサービスを提供する。(記者/夏亮、李濤)=配信日:2020(令和2)年12月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月16日
    30年アジア大会はドーハ

    アジア大会開催地

  • 2020年12月16日
    30年アジア大会はドーハ

    アジア大会開催地

  • 00:49.57
    2020年12月16日
    「新華社」杭州アジア大会を歓迎する書画・写真展が開幕

    中国浙江省杭州市の西湖博覧会博物館で16日、同市で2022年に開催される第19回アジア競技大会を歓迎する書画・写真展が開幕した。写真展には応募作品から選ばれた70点が展示されており、これらの入選作品は展示終了後に「アジア大会の記憶」として同大会組織委員会が収蔵する。(記者/夏亮、李濤) =配信日: 2020(令和2)年12月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月08日
    2022 Asian Games Key Projects 2022 Asian Games Key Projects

    Photo taken on Nov. 8, 2020 shows the Wangjiabu junction in hangzhou, Zhejiang Province, China, on the Hangzhou-Shao section of the West Route of Hangzhou. The key project of the 2022 Asian Games, the Xi-Shuang section of the Hangzhou Double Track will be opened to traffic, which will contribute to the economic integration of the Yangtze River Delta.=2020(令和2)年11月8日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: 2020

  • 2020年11月07日
    2022 Asian Games Key Projects 2022 Asian Games Key Projects

    Photo shows the right anti-slide pile slope at the exit of sandpit Lane tunnel in hangzhou, Zhejiang Province, China, on November 7, 2020. The key project of the 2022 Asian Games, the Xi-Shuang section of the Hangzhou Double Track will be opened to traffic, which will contribute to the economic integration of the Yangtze River Delta.=2020(令和2)年11月7日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: 2020

  • 2020年11月07日
    2022 Asian Games Key Projects 2022 Asian Games Key Projects

    A sandpit tunnel in the Hangzhou-Shao section of the West Double track in Hangzhou, Zhejiang Province, China, on November 7, 2020. The key project of the 2022 Asian Games, the Xi-Shuang section of the Hangzhou Double Track will be opened to traffic, which will contribute to the economic integration of the Yangtze River Delta.=2020(令和2)年11月7日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: 2020

  • 2020年11月07日
    2022 Asian Games Key Projects 2022 Asian Games Key Projects

    The hangzhou-Shaoxing Section of the West Double Track line to be opened to traffic in Hangzhou, Zhejiang province, China, Nov. 7, 2020. The key project of the 2022 Asian Games, the Xi-Shuang section of the Hangzhou Double Track will be opened to traffic, which will contribute to the economic integration of the Yangtze River Delta.=2020(令和2)年11月7日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: 2020

  • 2020年11月07日
    2022 Asian Games Key Projects 2022 Asian Games Key Projects

    The hangzhou-Shaoxing Section of the West Double Track line to be opened to traffic in Hangzhou, Zhejiang province, China, Nov. 7, 2020. The key project of the 2022 Asian Games, the Xi-Shuang section of the Hangzhou Double Track will be opened to traffic, which will contribute to the economic integration of the Yangtze River Delta.=2020(令和2)年11月7日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: 2020

  • 2020年11月07日
    2022 Asian Games Key Projects 2022 Asian Games Key Projects

    The hangzhou-Shaoxing Section of the West Double Track line to be opened to traffic in Hangzhou, Zhejiang province, China, Nov. 7, 2020. The key project of the 2022 Asian Games, the Xi-Shuang section of the Hangzhou Double Track will be opened to traffic, which will contribute to the economic integration of the Yangtze River Delta.=2020(令和2)年11月7日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: 2020

  • 2020年11月07日
    2022 Asian Games Key Projects 2022 Asian Games Key Projects

    Photo taken on Nov. 7, 2020 shows the Lushan Interchange in Hangzhou, Zhejiang Province, China. The key project of the 2022 Asian Games, the Xi-Shuang section of the Hangzhou Double Track will be opened to traffic, which will contribute to the economic integration of the Yangtze River Delta.=2020(令和2)年11月7日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: 2020

  • 2020年11月07日
    2022 Asian Games Key Projects 2022 Asian Games Key Projects

    Fuchunjiang Bridge in hangzhou, Zhejiang Province, China, Nov. 7, 2020. The key project of the 2022 Asian Games, the Xi-Shuang section of the Hangzhou Double Track will be opened to traffic, which will contribute to the economic integration of the Yangtze River Delta.=2020(令和2)年11月7日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: 2020

  • 2020年11月07日
    2022 Asian Games Key Projects 2022 Asian Games Key Projects

    The picture shows the entrance of the Garrison dockyard tunnel in hangzhou, Zhejiang Province, China, on November 7, 2020. The key project of the 2022 Asian Games, the Xi-Shuang section of the Hangzhou Double Track will be opened to traffic, which will contribute to the economic integration of the Yangtze River Delta.=2020(令和2)年11月7日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: 2020

  • 2020年11月07日
    2022 Asian Games Key Projects 2022 Asian Games Key Projects

    Lushan toll Station on the Hangzhou-Shao Section of the West Double Track in Hangzhou, Zhejiang Province, China, on November 7, 2020. The key project of the 2022 Asian Games, the Xi-Shuang section of the Hangzhou Double Track will be opened to traffic, which will contribute to the economic integration of the Yangtze River Delta.=2020(令和2)年11月7日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: 2020

  • 2020年09月20日
    中国武術と民俗芸能のショーが人々を魅了マカオ特区

    20日、イベントで武術を披露する、アジア大会金メダリストの黄俊華(こう・しゅんか)さん。中国マカオ特別行政区のラザロ地区にある塔石広場で20日、中国武術や民俗芸能を披露するイベント「竜騰獅武頌鏡州2020」が開催された。マカオ武術総会が主催する同イベントには武術の名人や愛好家約300人が集まり、伝統武術や民俗芸能の「南方獅」「九節竜」などを演じた。大勢の住民らが足を止めて見学し、会場は拍手と歓声に包まれた。(マカオ=新華社記者/張金加)=2020(令和2)年9月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年08月28日
    杭州アジア大会に向けた送電線移転工事、最終段階へ

    28日、杭州市余杭区に新設された鉄塔の上で進む高所作業。(小型無人機から)中国浙江省杭州市で2022年に開催される第19回アジア競技大会に向け移転工事が行われている500キロボルトの送電線「窯杭線」は28日、最後の導線の圧着架線が完了した。停電を伴う工事は間もなく終わり、プロジェクトは最終段階に入る。(杭州=新華社記者/徐昱)=2020(令和2)年8月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年08月28日
    杭州アジア大会に向けた送電線移転工事、最終段階へ

    28日、杭州市余杭区に新設された鉄塔の上で付属品の設置と調整を行う作業員。(小型無人機から)中国浙江省杭州市で2022年に開催される第19回アジア競技大会に向け移転工事が行われている500キロボルトの送電線「窯杭線」は28日、最後の導線の圧着架線が完了した。停電を伴う工事は間もなく終わり、プロジェクトは最終段階に入る。(杭州=新華社記者/徐昱)=2020(令和2)年8月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年08月28日
    杭州アジア大会に向けた送電線移転工事、最終段階へ

    28日、杭州市余杭区に新設された鉄塔の上で付属品の設置と調整を行う作業員。(小型無人機から)中国浙江省杭州市で2022年に開催される第19回アジア競技大会に向け移転工事が行われている500キロボルトの送電線「窯杭線」は28日、最後の導線の圧着架線が完了した。停電を伴う工事は間もなく終わり、プロジェクトは最終段階に入る。(杭州=新華社記者/徐昱)=2020(令和2)年8月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年08月28日
    杭州アジア大会に向けた送電線移転工事、最終段階へ

    28日、杭州市余杭区に新設された鉄塔の上で付属品の設置と調整を行う作業員。(小型無人機から)中国浙江省杭州市で2022年に開催される第19回アジア競技大会に向け移転工事が行われている500キロボルトの送電線「窯杭線」は28日、最後の導線の圧着架線が完了した。停電を伴う工事は間もなく終わり、プロジェクトは最終段階に入る。(杭州=新華社記者/徐昱)=2020(令和2)年8月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年08月28日
    杭州アジア大会に向けた送電線移転工事、最終段階へ

    28日、杭州市余杭区に新設された鉄塔の上で付属品の設置と調整を行う作業員。(小型無人機から)中国浙江省杭州市で2022年に開催される第19回アジア競技大会に向け移転工事が行われている500キロボルトの送電線「窯杭線」は28日、最後の導線の圧着架線が完了した。停電を伴う工事は間もなく終わり、プロジェクトは最終段階に入る。(杭州=新華社記者/徐昱)=2020(令和2)年8月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年08月28日
    杭州アジア大会に向けた送電線移転工事、最終段階へ

    28日、杭州市余杭区に新設された鉄塔の上で付属品の設置と調整を行う作業員。(小型無人機から)中国浙江省杭州市で2022年に開催される第19回アジア競技大会に向け移転工事が行われている500キロボルトの送電線「窯杭線」は28日、最後の導線の圧着架線が完了した。停電を伴う工事は間もなく終わり、プロジェクトは最終段階に入る。(杭州=新華社記者/徐昱)=2020(令和2)年8月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年08月28日
    杭州アジア大会に向けた送電線移転工事、最終段階へ

    28日、杭州市余杭区に新設された鉄塔の上で進む高所作業。(小型無人機から)中国浙江省杭州市で2022年に開催される第19回アジア競技大会に向け移転工事が行われている500キロボルトの送電線「窯杭線」は28日、最後の導線の圧着架線が完了した。停電を伴う工事は間もなく終わり、プロジェクトは最終段階に入る。(杭州=新華社記者/徐昱)=2020(令和2)年8月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年08月28日
    杭州アジア大会に向けた送電線移転工事、最終段階へ

    28日、杭州市余杭区に新設された鉄塔の下で高所作業を補助する作業員。中国浙江省杭州市で2022年に開催される第19回アジア競技大会に向け移転工事が行われている500キロボルトの送電線「窯杭線」は28日、最後の導線の圧着架線が完了した。停電を伴う工事は間もなく終わり、プロジェクトは最終段階に入る。(杭州=新華社記者/徐昱)=2020(令和2)年8月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年08月15日
    アジア大会出場の高嶋選手 スポーツ界も就職難

    2018年のジャカルタ・アジア大会に出場したフェンシングの高嶋理紗選手(共同)

  • 2020年07月29日
    取材に応じる山下学 ホッケー山下がドイツ移籍

    2018年ジャカルタ・アジア大会から帰国し、成田空港で報道陣の取材に応じるホッケー男子の山下学

  • 02:59.79
    2020年07月21日
    「新華社」アジア大会が結ぶ絆中日両国組織委員会が共同でPV制作

    中国浙江省杭州市と日本愛知県名古屋市の両アジア競技大会組織委員会は21日、共同で制作したプロモーションビデオ(PV)をインターネットで世界に配信した。「アジア競技大会都市」をテーマに制作されたこのビデオが、2022年に杭州市で開かれる第19回大会と2026年に名古屋市で開かれる第20回大会の、大会精神の普及と伝承を表現している。両組織委員会は2019年以来交流を重ね、プロモーションビデオ制作などについてオンラインとオフラインで検討し、実地調査も行ってきた。両者はアジア競技大会を通じて絆を深め、経済や文化などの分野で協力を強め、ウインウインの関係を構築・発展させていくことで合意した。(記者/夏亮、李濤)<映像内容>杭州市と名古屋市の両アジア競技大会組織委員会が共同で制作したプロモーションビデオ、撮影日:2020(令和2)年7月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月20日
    対戦する日本選手 「eスポーツ」も肉体強化

    2018年8月、ジャカルタ・アジア大会の「eスポーツ」でインド選手と対戦する日本選手(中央の画面)(共同)

  • 01:35.02
    2020年06月19日
    「新華社」杭州アジア大会の射撃・近代五種競技場、本体構造の検収が完了

    中国浙江省杭州市で2022年に開かれるアジア競技大会で使われる新設競技場12カ所の一つ、同市富陽区の射撃・アーチェリー・近代五種競技場が19日、本体構造の検収を終えた。これにより、大会施設建設の段階的任務がほぼ完了し、建設は全面的な加速期に入った。競技場の総建築面積は約8万2360平方メートルで、射撃競技と近代五種の水泳・フェンシングが行われる射撃総合館、プレスセンター、セキュリティーセンター、クレー射撃、アーチェリー、馬術、レーザーラン(射撃、ランニング)の会場、厩舎(きゅうしゃ)などが設置される。競技場は本体構造の検収に合格したことで、全体の57%が完了したことになり、引き続き内・外装や機械電気設備、競技用設備などの施工が進められる。(記者/夏亮、李濤)<映像内容>アジア競技大会の射撃・アーチェリー・近代五種競技場の工事の様子、撮影日:2020(令和2)年6月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月06日
    アジア大会に出場した小西 改めて的の存在価値認識

    2018年8月、ジャカルタ・アジア大会に出場した射撃女子の小西ゆかり=パレンバン(共同)

    撮影: パレンバン

  • 2020年05月24日
    攻め込む三笘 独特のドリブル、台頭期待

    2018年8月、ジャカルタ・アジア大会1次リーグのネパール戦で、攻め込む三笘(8)=チカラン(共同)

  • 2020年05月09日
    内藤夏紀のプレー 「体と向き合う」時間に

    アジア大会ホッケー女子の中国戦でプレーする内藤夏紀(右)=2018年8月、ジャカルタ(共同)

  • 2020年05月07日
    18年アジア大会の杉谷泰造 馬との連係深める絶好機

    2018年アジア大会の馬術障害飛越の個人決勝で、障害を越える杉谷泰造=ジャカルタ(共同)

    撮影: ジャカルタ

  • 2020年05月02日
    攻め込む馬瓜 「できる事を全力で」

    2018年8月、ジャカルタ・アジア大会のバスケ3人制の中国戦で攻め込む馬瓜(共同)

  • 2020年04月10日
    黒田奈穂子 ソフトテニス女子

    ナショナルメンバーに初めて選ばれた黒田奈穂子。ソフトテニス女子の2020年ナショナルメンバーに就実高出の黒田奈穂子(日体大)が初選出された。同高OGではアジア大会団体金メダルの大庭彩加以来6年ぶり。関東学生リーグ1部の強豪で主将を務める22歳は「段違いに強い選手たちと渡り合えるように、もっと努力しないといけない」と自覚を新たにする。=2020(令和2)年4月10日、撮影場所不明、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

  • 2020年04月02日
    攻め込む馬瓜 男子は八村らの動向が鍵

    2018年8月、ジャカルタ・アジア大会のバスケ3人制女子準決勝で、攻め込む日本の馬瓜ステファニー(共同)

  • 2020年03月30日
    上野由岐子投手 野球、若手にチャンスも

    アジア大会の決勝戦で先発したソフトボールの上野由岐子投手=2018年8月、ジャカルタ(共同)

    撮影: 2018年8月、ジャカルタ

  • 2020年03月23日
    愛知県知事らと宮下さん 輝く太陽、躍動感イメージ

    2026年夏季アジア大会エンブレムのパネルを手に大村秀章愛知県知事(中央)、河村たかし名古屋市長と写真に納まる宮下浩さん=23日午後、名古屋市

  • 2020年03月23日
    エンブレムと宮下浩さん 輝く太陽、躍動感イメージ

    2026年夏季アジア大会のエンブレムが描かれたパネルを掲げる宮下浩さん=23日午後、名古屋市

    撮影: 23日午後、名古屋市

  • 2020年03月23日
    制作者の宮下浩さん 輝く太陽、躍動感イメージ

    2026年夏季アジア大会のエンブレムが描かれたパネルを掲げる宮下浩さん=23日午後、名古屋市

    撮影: 23日午後、名古屋市

  • 2020年03月23日
    愛知アジア大会エンブレム 輝く太陽、躍動感イメージ

    愛知県と名古屋市が共催する2026年夏季アジア大会のエンブレム

  • 00:51.37
    2020年03月06日
    「新華社」杭州アジア大会の自転車競技場、建設工事を再開

    中国浙江省淳安県ではここ数日、新型コロナウイルスによる肺炎の影響で遅れていた大企業や建設プロジェクトの春節(旧正月)明けの操業が、安全かつ秩序的に再開されている。2022年開催予定の杭州アジア競技大会の会場の一つ、淳安会場の自転車競技場建設も感染対策を十分に施した上で工事を再開。期日内の完成を目指している。自転車競技場は同県界首郷厳家村に位置する。中規模の甲級(1級)スポーツ施設で、建築面積は2万4382平方メートル、座席数は3040席。高さは40・15メートルとなる。同競技場は現在、鉄骨構造のメイントラスや外周トラスの接合、コンクリート構造本体部分やれんが積み部分の施工、1階電気設備のメインパイプ取り付けがほぼ完了しており、2021年末までの竣工を見込む。(記者/鄭夢雨)<映像内容>杭州アジア大会の自転車競技場建設の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年12月10日
    アリババグループ、「スマートアジア競技大会」に一役

    10日、第19回アジア競技大会公式パートナー調印式であいさつするアリババグループ董事局主席兼首席執行官(CEO)の張勇(ダニエル・チャン)氏。中国浙江省杭州市で開催される第19回アジア競技大会の組織委員会は10日、電子商取引(EC)大手のアリババグループが同大会の公式パートナーとなることを発表した。ビジネスや金融、物流、クラウドコンピューティングを一体化させた同グループの「デジタル経済体」が「スマートアジア競技大会」を全力でサポートする。(杭州=新華社記者/殷暁聖)=2019(令和元)年12月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年12月10日
    アリババグループ、「スマートアジア競技大会」に一役

    10日、アジア競技大会期間中に提供されるスマート決済を紹介するアリババグループのスタッフ。中国浙江省杭州市で開催される第19回アジア競技大会の組織委員会は10日、電子商取引(EC)大手のアリババグループが同大会の公式パートナーとなることを発表した。ビジネスや金融、物流、クラウドコンピューティングを一体化させた同グループの「デジタル経済体」が「スマートアジア競技大会」を全力でサポートする。(杭州=新華社記者/殷暁聖)=2019(令和元)年12月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年12月10日
    天猫、杭州アジア大会公式グッズのオンラインストアを開設

    10日、通販サイト「天猫」内に正式に開設された杭州アジア競技大会の公式旗艦店のイメージを表示したパネルの前で記念撮影する関係者。中国電子商取引(EC)大手のアリババグループは10日、同グループの通販サイト天猫(Tモール)内に2022年に杭州市で開催される第19回アジア競技大会の公式旗艦店を正式に開設したと発表した。世界初の同大会の公式ライセンス商品を扱うオンラインショップとなる。(杭州=新華社記者/殷暁聖)=2019(令和元)年12月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年12月10日
    天猫、杭州アジア大会公式グッズのオンラインストアを開設

    10日、通販サイト「天猫」内に開設された杭州アジア競技大会の公式旗艦店で発売中のAR(拡張現実)技術を搭載した記念切手セット。中国電子商取引(EC)大手のアリババグループは10日、同グループの通販サイト天猫(Tモール)内に2022年に杭州市で開催される第19回アジア競技大会(2022年杭州アジア競技大会)の公式旗艦店を正式に開設したと発表した。世界初の同大会の公式ライセンス商品を扱うオンラインショップとなる。(杭州=新華社記者/殷暁聖)=2019(令和元)年12月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年12月10日
    天猫、杭州アジア大会公式グッズのオンラインストアを開設

    10日、アリババ西渓園区に展示された大会の公式ライセンス商品。中国電子商取引(EC)大手のアリババグループは10日、同グループの通販サイト天猫(Tモール)内に2022年に杭州市で開催される第19回アジア競技大会の公式旗艦店を正式に開設したと発表した。世界初の同大会の公式ライセンス商品を扱うオンラインショップとなる。(杭州=新華社記者/殷暁聖)=2019(令和元)年12月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年12月10日
    アリババグループ、「スマートアジア競技大会」に一役

    10日、第19回アジア競技大会の公式パートナー調印式で、記念撮影する組織委員会のメンバーと螞蟻金服(アント・フィナンシャル)の関係者。中国浙江省杭州市で開催される第19回アジア競技大会の組織委員会は10日、電子商取引(EC)大手のアリババグループが同大会の公式パートナーとなることを発表した。ビジネスや金融、物流、クラウドコンピューティングを一体化させた同グループの「デジタル経済体」が「スマートアジア競技大会」を全力でサポートする。(杭州=新華社記者/殷暁聖)=2019(令和元)年12月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年11月26日
    力走する山県亮太 データ活用、9秒台続出

    2018年アジア大会の陸上男子100㍍決勝で力走する山県亮太(中央)。左端は優勝した中国の蘇炳添=ジャカルタ(共同)

  • 01:14.97
    2019年10月29日
    ゴルフ古江彩花選手プロ転向会見

    女子ゴルフで20日にアマチュアとしてツアー優勝した古江彩佳選手が29日、記者会見をして改めてプロ転向を表明とともに、ゴルフ用品メーカーのブリヂストンスポーツとクラブ、ボールなどの使用契約を結んだと発表した。 兵庫県出身で、滝川二高時代には、昨年のジャカルタ・アジア大会で個人4位に入るなどナショナルチームで活躍した。29日終了の富士通レディースで優勝したことでツアープロになれるため、プロテストを受験せずに「プロ宣言」を行った。<映像内容>古江選手のプロ転向記者会見、用品使用契約発表、質疑応答、フォトセッションなど、撮影日:2019(令和元)年10月29日、撮影場所:東京都港区

    撮影: 2019(令和元)年10月29日

  • 2019年10月26日
    スーパーモデルコンテストアジア大会、日本代表が部門優勝

    26日、ランウェイを歩く映像・写真部門で優勝した日本代表のエリーさん。2019国際スーパーモデルコンテスト(ISMC)アジア大会の決勝戦が26日、中国海南省保亭(ほてい)リー族ミャオ族自治県にある七仙嶺(しちせんれい)国家森林公園で開催された。中国、イタリア、日本、ASEAN諸国から約100人のモデルが参加。ランウェイ、映像・写真、男性モデル、インターネットの4部門でトップ3の座を争った。日本代表、1994年生まれのエリーさんが映像・写真部門で優勝した。(保亭=新華社配信)=2019(令和元)年10月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年10月26日
    スーパーモデルコンテストアジア大会、日本代表が部門優勝

    26日、ランウェイを歩く映像・写真部門で優勝した日本代表のエリーさん。2019国際スーパーモデルコンテスト(ISMC)アジア大会の決勝戦が26日、中国海南省保亭(ほてい)リー族ミャオ族自治県にある七仙嶺(しちせんれい)国家森林公園で開催された。中国、イタリア、日本、ASEAN諸国から約100人のモデルが参加。ランウェイ、映像・写真、男性モデル、インターネットの4部門でトップ3の座を争った。日本代表、1994年生まれのエリーさんが映像・写真部門で優勝した。(保亭=新華社配信)=2019(令和元)年10月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年10月26日
    スーパーモデルコンテストアジア大会、日本代表が部門優勝

    26日、ランウェイを歩く映像・写真部門で優勝した日本代表のエリーさん。2019国際スーパーモデルコンテスト(ISMC)アジア大会の決勝戦が26日、中国海南省保亭(ほてい)リー族ミャオ族自治県にある七仙嶺(しちせんれい)国家森林公園で開催された。中国、イタリア、日本、ASEAN諸国から約100人のモデルが参加。ランウェイ、映像・写真、男性モデル、インターネットの4部門でトップ3の座を争った。日本代表、1994年生まれのエリーさんが映像・写真部門で優勝した。(保亭=新華社配信)=2019(令和元)年10月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年10月26日
    スーパーモデルコンテストアジア大会、日本代表が部門優勝

    26日、ランウェイを歩く映像・写真部門で優勝した日本代表のエリーさん。2019国際スーパーモデルコンテスト(ISMC)アジア大会の決勝戦が26日、中国海南省保亭(ほてい)リー族ミャオ族自治県にある七仙嶺(しちせんれい)国家森林公園で開催された。中国、イタリア、日本、ASEAN諸国から約100人のモデルが参加。ランウェイ、映像・写真、男性モデル、インターネットの4部門でトップ3の座を争った。日本代表、1994年生まれのエリーさんが映像・写真部門で優勝した。(保亭=新華社配信)=2019(令和元)年10月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年10月26日
    スーパーモデルコンテストアジア大会、日本代表が部門優勝

    26日、リー族の衣装を着てランウェイを歩く日本代表の日和佐奈苗さん。2019国際スーパーモデルコンテスト(ISMC)アジア大会の決勝戦が26日、中国海南省保亭(ほてい)リー族ミャオ族自治県にある七仙嶺(しちせんれい)国家森林公園で開催された。中国、イタリア、日本、ASEAN諸国から約100人のモデルが参加。ランウェイ、映像・写真、男性モデル、インターネットの4部門でトップ3の座を争った。日本代表、1994年生まれのエリーさんが映像・写真部門で優勝した。(保亭=新華社配信)=2019(令和元)年10月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年10月26日
    スーパーモデルコンテストアジア大会、日本代表が部門優勝

    26日、水着でランウェイを歩く日本代表の叶内江里沙さん。2019国際スーパーモデルコンテスト(ISMC)アジア大会の決勝戦が26日、中国海南省保亭(ほてい)リー族ミャオ族自治県にある七仙嶺(しちせんれい)国家森林公園で開催された。中国、イタリア、日本、ASEAN諸国から約100人のモデルが参加。ランウェイ、映像・写真、男性モデル、インターネットの4部門でトップ3の座を争った。日本代表、1994年生まれのエリーさんが映像・写真部門で優勝した。(保亭=新華社配信)=2019(令和元)年10月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年10月26日
    スーパーモデルコンテストアジア大会、日本代表が部門優勝

    26日、七仙嶺国家森林公園で記念撮影をする出場モデルら。2019国際スーパーモデルコンテスト(ISMC)アジア大会の決勝戦が26日、中国海南省保亭(ほてい)リー族ミャオ族自治県にある七仙嶺(しちせんれい)国家森林公園で開催された。中国、イタリア、日本、ASEAN諸国から約100人のモデルが参加。ランウェイ、映像・写真、男性モデル、インターネットの4部門でトップ3の座を争った。日本代表、1994年生まれのエリーさんが映像・写真部門で優勝した。(保亭=新華社配信)=2019(令和元)年10月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年10月26日
    スーパーモデルコンテストアジア大会、日本代表が部門優勝

    26日、映像・写真部門で優勝した日本代表のエリーさん(右から2人目)。2019国際スーパーモデルコンテスト(ISMC)アジア大会の決勝戦が26日、中国海南省保亭(ほてい)リー族ミャオ族自治県にある七仙嶺(しちせんれい)国家森林公園で開催された。中国、イタリア、日本、ASEAN諸国から約100人のモデルが参加。ランウェイ、映像・写真、男性モデル、インターネットの4部門でトップ3の座を争った。日本代表、1994年生まれのエリーさんが映像・写真部門で優勝した。(保亭=新華社配信)=2019(令和元)年10月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年10月25日
    アジア大会選手村エリアに共同溝7本建設へ杭州市

    アジア競技大会の選手村エリアに建設される7本の共同溝の見取り図。中国浙江省杭州市城郷建設委員会は9日、同市が「2020年度杭州市共同溝事業建設計画」に基づき、電気・ガス・水道などを収容する26本の幹線共同溝の建設と計画通りの運用を推進していくことを明らかにした。共同溝の総延長は年間で97・608キロに達する予定で、さらに9本の共同溝建設についても事前準備を進める。(杭州=新華社配信)=2019(令和元)年10月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年10月24日
    ISMCスーパーモデル大会、海南省で決勝戦日本代表も出場

    24日、記念撮影をする日本代表のモデルたち。2019国際スーパーモデルコンテスト(ISMC)アジア大会の決勝戦が26日、中国海南省保亭(ほてい)リー族ミャオ族自治県にある七仙嶺(しちせんれい)国家森林公園で開催される。一次審査、二次審査、準決勝を勝ち進んだ、中国、日本、タイなどの選手約80人が、保亭の決勝戦の場で火花を散らしトップ3入りを目指す。(保亭=新華社配信)=2019(令和元)年10月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年10月24日
    ISMCスーパーモデル大会、海南省で決勝戦日本代表も出場

    24日、日本代表の一人、エリーさん。2019国際スーパーモデルコンテスト(ISMC)アジア大会の決勝戦が26日、中国海南省保亭(ほてい)リー族ミャオ族自治県にある七仙嶺(しちせんれい)国家森林公園で開催される。一次審査、二次審査、準決勝を勝ち進んだ、中国、日本、タイなどの選手約80人が、保亭の決勝戦の場で火花を散らしトップ3入りを目指す。(保亭=新華社配信)=2019(令和元)年10月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年10月24日
    ISMCスーパーモデル大会、海南省で決勝戦日本代表も出場

    24日、日本代表の一人、東京都出身の細田彩花さん。2019国際スーパーモデルコンテスト(ISMC)アジア大会の決勝戦が26日、中国海南省保亭(ほてい)リー族ミャオ族自治県にある七仙嶺(しちせんれい)国家森林公園で開催される。一次審査、二次審査、準決勝を勝ち進んだ、中国、日本、タイなどの選手約80人が、保亭の決勝戦の場で火花を散らしトップ3入りを目指す。(保亭=新華社配信)=2019(令和元)年10月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年10月24日
    ISMCスーパーモデル大会、海南省で決勝戦日本代表も出場

    24日、記念撮影をする日本代表のモデルたち。2019国際スーパーモデルコンテスト(ISMC)アジア大会の決勝戦が26日、中国海南省保亭(ほてい)リー族ミャオ族自治県にある七仙嶺(しちせんれい)国家森林公園で開催される。一次審査、二次審査、準決勝を勝ち進んだ、中国、日本、タイなどの選手約80人が、保亭の決勝戦の場で火花を散らしトップ3入りを目指す。(保亭=新華社配信)=2019(令和元)年10月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年10月24日
    ISMCスーパーモデル大会、海南省で決勝戦日本代表も出場

    24日、日本代表の一人、東京都出身の日和佐奈苗さん。2019国際スーパーモデルコンテスト(ISMC)アジア大会の決勝戦が26日、中国海南省保亭(ほてい)リー族ミャオ族自治県にある七仙嶺(しちせんれい)国家森林公園で開催される。一次審査、二次審査、準決勝を勝ち進んだ、中国、日本、タイなどの選手約80人が、保亭の決勝戦の場で火花を散らしトップ3入りを目指す。(保亭=新華社配信)=2019(令和元)年10月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年10月18日
    大会スローガンが決定
  • 2019年10月18日
    大会スローガンが決定
  • 2019年10月18日
    大会スローガンが決定
  • 2019年10月18日
    大会スローガンが決定
  • 2019年10月18日
    大会スローガンが決定
  • 2019年10月18日
    発表されたスローガン 大会スローガンが決定

    発表された2026年夏季アジア大会のスローガンをのぞき込む(左から)河村たかし名古屋市長、大村秀章愛知県知事、福井烈JOC専務理事=18日午後、名古屋市

  • 2019年10月18日
    大会スローガンが決定
  • 2019年10月18日
    大会スローガンが決定
  • 2019年10月18日
    大会スローガンが決定
  • 2019年10月18日
    大会スローガンが決定
  • 2019年10月18日
    大会スローガンが決定
  • 2019年10月18日
    大会スローガンが決定
  • 2019年10月18日
    大会スローガンが決定
  • 2019年10月18日
    大会スローガンが決定
  • 2019年10月18日
    名古屋市での組織委理事会 大会スローガンが決定

    2026年に愛知県と名古屋市で開催される夏季アジア大会組織委の理事会=18日午後、名古屋市

    撮影: 18日午後、名古屋市

  • 2019年10月18日
    愛知県知事と名古屋市長 大会スローガンが決定

    2026年夏季アジア大会組織委の理事会に出席した大村秀章愛知県知事(左)と河村たかし名古屋市長=18日午後、名古屋市

  • 2019年09月25日
    テコンドーの江畑選手 強化巡り、協会と選手対立

    2018年8月、ジャカルタ・アジア大会のテコンドーでヨルダン選手(右)と対戦する江畑秀範選手(共同)

  • 2019年09月11日
    黒後愛選手 メダル獲得目指す

    ジャカルタ・アジア大会に出場した黒後愛選手(右)=2018年8月(共同)

  • 2019年09月06日
    アジア大会優勝の井上大仁 井上「自分が一番強い」

    ジャカルタ・アジア大会の男子マラソンで優勝した井上大仁=2018年8月(共同)

    撮影: 2018年8月

  • 2019年09月03日
    優勝した井上大仁 男子は4強、女子は混戦

    ジャカルタ・アジア大会の男子マラソンで、バーレーン選手(左)を振り切って優勝した井上大仁=2018年8月(共同)

  • 02:10.21
    2019年07月16日
    「新華社」杭州アジア大会、5G技術を大規模活用へ

    中国通信大手の中国電信集団(チャイナテレコム)と中国移動通信集団(チャイナモバイル)はこのほど、2022年9月に開催される杭州アジア大会と公式通信サービスパートナー契約を結んだ。5G(第5世代移動通信システム)を大規模に活用し、ハイテクなスマート・スポーツ大会を目指す。2社は調印式で共同ビジョンを発表した。会場では、シティー・ブレーン(都市大脳)と呼ばれる都市管理システムによりスマートパーキングや無感覚決済が実現。5G技術を用いたスマート安全検査では最先端の人体3D識別技術が自動的に人々を識別し、危険物を検知する。競技場内ではスマート清掃ロボットが通路を掃除し、ディスプレイ付きの街路灯が競技の情報を逐次配信する。競技中は5G+仮想現実(VR)観戦システムが、360度の没入型実況中継を提供。会場外や家庭でもスタジアム同様の臨場感を味わうことができる。(記者/夏亮、宋立峰)<映像内容>2022年杭州アジア大会に5Gを活用、5Gを活用した都市のイメージ映像、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年07月05日
    アジア大会優勝の井上大仁 100㍍、実力者ひしめく

    昨夏のジャカルタ・アジア大会の男子マラソンで優勝した井上大仁=2018年8月(共同)

    撮影: 2018年8月

  • 2019年07月03日
    アジア大会の脇本雄太 発祥の日本で「金」を

    2018年8月、ジャカルタ・アジア大会の男子スプリントに出場した脇本雄太(共同)

  • 2019年05月30日
    26年のア大会組織委設立
  • 2019年05月30日
    26年のア大会組織委設立
  • 2019年05月30日
    26年のア大会組織委設立
  • 2019年05月30日
    26年のア大会組織委設立
  • 2019年05月30日
    26年のア大会組織委設立
  • 2019年05月30日
    26年のア大会組織委設立
  • 2019年05月30日
    26年のア大会組織委設立
  • 2019年05月30日
    26年のア大会組織委設立
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...