KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • パラリンピック
  • 東京五輪
  • 東京オリンピック
  • 復興五輪
  • 組織委員会
  • オリパラ
  • スピードスケート
  • マラソン
  • 金メダル
  • コメント

「アスリート」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 映像
  • 向き
  • カテゴリ
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
51
( 1 51 件を表示)
  • 1
51
( 1 51 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 02:05.42
    2021年04月20日
    3団体合同アスリート委員会 高橋尚子さんら参加

    東京五輪・パラリンピック組織委員会が20日、JOC、JPCと3団体合同のアスリート委員会を東京都内で開催した。組織委員会の橋本聖子会長と高橋尚子アスリート委員会委員長のほか、リーモートで日本オリンピック委員会(JOC)の山下泰裕会長、日本パラリンピック委員会(JPC)の鳥原光憲会長、JOCアスリート委員会の沢野大地委員長、JPCのアスリート委員会の大日方邦子委員長が参加した。<映像内容>東京都内で行われた3団体合同のアスリート委員会の冒頭撮影と記者会見、撮影日:2021(令和3)年4月20日、撮影場所:東京都

    商品コード: 2021042106939

  • 00:50.28
    2021年03月26日
    「新華社」2022年杭州アジア大会、ビーチバレー会場が完成間近

    中国浙江省杭州市で2022年に開催される第19回アジア競技大会のビーチバレーの競技会場は、象山半辺山浜海景観ベルトの南東角にある。敷地面積4400平方メートル、2千人の観客を収容できるメイン会場は現在、ほぼ建設工事を終え、仕上げ作業が進行している。競技に使われる砂は日常的に目にする砂とは異なり、アスリートが試合で普段通りの実力を発揮できるよう特別にカスタマイズする。競技会場では、総敷地面積は96・5ムー(約6・43ヘクタール)、総建築面積は約2万2243平方メートル、総投資額は約1億2500万元(1元=約17円)。メイン会場のほかに、500人が収容可能なサブ会場もある。プロジェクト全体は3月末までに、竣工と検収、引き渡しが行われる予定。(記者/夏亮、李濤) =配信日: 2021(令和3)年3月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021032609833

  • 00:22.87
    2021年03月25日
    Sacon At The China Home Appliances and Consumer Electronics Expo

    Sacon, the official supplier of the Chinese Gymnastics Team, transformed the exhibition area of the kitchen and bathroom brand into a gymnastics room at the China Home Appliances and Consumer Electronics Expo (AWE). Rhythmic gymnastics world champion Zhao Jingnan and other male and female athletes shared a healthy lifestyle for the audience by performing arts and competitive gymnastics. Shanghai, China, March 23, 2021.=クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021041601613

  • 00:13.33
    2021年03月25日
    Sacon At The China Home Appliances and Consumer Electronics Expo

    Sacon, the official supplier of the Chinese Gymnastics Team, transformed the exhibition area of the kitchen and bathroom brand into a gymnastics room at the China Home Appliances and Consumer Electronics Expo (AWE). Rhythmic gymnastics world champion Zhao Jingnan and other male and female athletes shared a healthy lifestyle for the audience by performing arts and competitive gymnastics. Shanghai, China, March 23, 2021.=クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021033100984

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    02:45.56
    2021年03月21日
    衆院選「先頭で戦い抜く」 自民党大会で首相

    菅義偉首相(自民党総裁)は21日の自民党大会で、衆院解散・総選挙を巡り「どんなに遅くとも秋までには総選挙がある。私はその先頭に立って、戦い抜く決意だ」と表明した。同日解除となる首都圏1都3県に発令中の緊急事態宣言にも触れ「これからが大変重要な時期となる。政府、与党の力を結集し、新型コロナウイルスの難局を何としても乗り越えたい」と呼び掛けた。昨年はコロナ禍で大会を中止しており、2年ぶりの開催となった。 東京五輪・パラリンピックについて「感染対策を万全にし、アスリートが運動する姿を通じて日本から世界に勇気と希望を届けたい」と強調。憲法改正手続きに関する国民投票法改正案を挙げ「与野党で、今国会において何らかの結論を得ることで合意している。まずは第一歩として、改正案の成立を目指していきたい」と語った。 二階俊博幹事長も東京都議選や次期衆院選などに言及し「党員、党友の皆さんと一丸となり、総力を結集して勝利するよう頑張ろう」と訴えた。 <映像内容>第88回自民党大会の様子。山口那津男公明党代表の来賓あいさつ、二階俊博幹事長の党務報告など、菅義偉首相(自民党総裁)の演説、新型コロナウイルス感染症対策で手話による党歌斉唱など、撮影日:2021(令和3)年3月21日、撮影場所:東京都

    商品コード: 2021032203365

  • 00:27.71
    2021年01月18日
    「新華社」西安五輪体育センター、世界陸連の「クラス1」認証を取得

    中国陝西省西安市にある西安五輪体育センターのメイン競技場とウォーミングアップ場がこのほど、中国北西部で初めて、国際陸上競技連盟(世界陸連)が規定する国際規格「クラス1」の認証を取得した。トラックとフィールドのすべての施設が、世界陸連競技規則の技術要件を満たした。これにより、同センターで五輪や世界陸上競技選手権大会、アジア陸上競技選手権大会といった世界クラスの大会の開催が可能になる。同センターのメインスタジアムは2017年10月9日に着工し、20年6月23日に正式に竣工した。メインスタジアムは建築面積15万2千平方メートル、地上5階建て。国際標準のトラック(400メートル)とサッカー場を備えている。(記者/李華、姚友明) =配信日: 2021(令和3)年1月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021011902744

  • 00:46.52
    2020年12月25日
    「新華社」張家口でもスキージャンプ台完成、愛称は「雪如意」北京冬季五輪

    2022年北京冬季五輪・パラリンピックで世界のトップアスリートたちがメダルを争う会場の一つ、河北省張家口市の国家スキージャンプセンターが完成し、間近で見学できるようになった。ここではスキージャンプとノルディック複合競技が行われる。外観が吉祥を象徴する中国の伝統的な道具「如意」に似ていることから「雪如意」と呼ばれている。 =配信日: 2020(令和2)年12月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021010902183

  • 02:47.96
    2020年11月13日
    性的画像問題で共同声明 対策へJOCなど7団体

    アスリートの性的な撮影被害や画像拡散の問題で、日本オリンピック委員会(JOC)や日本スポーツ協会など7団体が13日、被害防止に取り組む共同声明を発表し、スポーツ庁の室伏広治長官に協力を要請した。<映像内容>スポーツ庁の室伏広治長官、日本オリンピック委員会の山下泰裕会長、日本パラリンピック協会の河合純一会長らの記者会見と雑観、撮影日:2020(令和2)年11月13日、撮影場所:東京都

    商品コード: 2020111600482

  • 00:51.08
    2020年09月21日
    「新華社」北京冬季五輪開幕まで500日吉林省でカウントダウンイベント

    中国吉林省長春市のスピードスケート館で21日、北京冬季五輪開幕500日前イベントが行われた。アスリート200人以上がアイスダンスやスピードスケート、カーリングなどさまざまな種目を披露し、開幕までのカウントダウンを祝った。(記者/周万鵬)<映像内容>北京冬季五輪開幕500日前イベントの様子、撮影日:2020(令和2)年9月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020092505348

  • 01:06.71
    2020年06月20日
    「新華社」無形文化遺産の伝承者、石刻画で冬季五輪を祝福河北省張家口市

    中国の北京市が河北省張家口市とともに2022年冬季五輪の開催権を獲得して以来、張家口市の市級無形文化遺産伝承者の陳智旺(ちん・ちおう)さんは、「冬季五輪へのあふれる情熱」をテーマにした石刻画を立て続けに制作している。地元の河川から採取した天然の石に、五輪開催に対する心からの祝福を刻み付けて、絵に表現している。作品はウインタースポーツをするアスリートの最高の瞬間をモチーフにしており、絵には躍動感がみなぎっている。同モチーフの作品はこれまでに20点近くが完成し、スノーボードやアルペンスキー、スキージャンプなどが描かれている。(記者/曲瀾娟)<映像内容>「冬季五輪へのあふれる情熱」をテーマにした石刻画、制作の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062508332

  • 00:38.84
    2020年03月23日
    「新華社」杭州アジアパラ競技大会、エンブレムと大会スローガンを発表

    2022年に中国杭州市で開催される第4回アジアパラ競技大会のエンブレムと大会スローガンが23日午前、世界に向けて発表された。エンブレムのテーマは「向前」(EverForward:常に前へ)、大会スローガンは「心相約、夢閃耀」(HeartsMeet,DreamsShine:心が出合い、夢は輝く)に決定した。エンブレムは車椅子に乗った障害者アスリートが勇敢に前へ進む姿をデザインの中心に据え、下部には開催都市名と開催年が記されている。全体的なスタイルと色合いは、アジア競技大会のエンブレムと合わせたデザインになっている。大会スローガン「心相約、夢閃耀」は、簡潔でありながら士気を鼓舞しており、アジア競技大会のスローガン「心心相融、@未来」(hearttoheart,@future:心と心が通じ合い、未来へと届く愛)が持つ含意や全体のスタイルと調和を取りながら引き立て合っている。(記者/夏亮、李濤)<映像内容>第4回アジアパラ競技大会のエンブレムと大会スローガンの発表、撮影日:2020(令和2)年3月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020033004205

  • 01:38.19
    2020年02月12日
    日本コカが聖火ランナー発表 99歳も

    日本コカ・コーラは12日、3月から始まる2020年東京五輪での聖火リレーのランナー7人を新たに発表した。山形県でアスリートを支える義肢装具士として活躍する男性などを選んだ発表されたランナーは23~99歳までで、山形のほか、東京や新潟、大阪、奈良、福岡、熊本の7都府県を走る予定。<映像内容>五輪の競泳男子平泳ぎで2冠の北島康介氏と渡辺和史(わたなべ・かずふみ)日本コカ・コーラの東京2020五輪聖火リレー統括部長によるトーク、聖火リレー用オリジナル車両お披露目、一般聖火ランナーのトーク、トーチの手渡し、フォトセッション、車両雑観など12日午後1時~2時半ごろ、東京都港区六本木で撮影、撮影日:2020(令和2)年2月12日、撮影場所:東京都港区六本木

    商品コード: 2020021304279

  • 00:32.04
    2020年01月14日
    「新華社」AIが五輪選手をサポートアスリートの動きをデータ化するシステム開発

    中国の北京体育大学はこのほど、2022年北京冬季五輪を見据え、同大学研究チームが人工知能(AI)技術に基づく広範囲の3次元動作解析システムを開発したと明らかにした。同システムはAI技術によりアスリートの動きを自動識別し、人体の特徴点21カ所を抽出できる。アスリートの体にセンサーなどを装着せずに運動プロセスの座標パラメータを取得し、空間校正データを使って動作データを合成することが可能となる。システムはすでにスピードスケートやクロスカントリースキー、カーリング、ボブスレーなどの種目で実際に使用されているという。(記者/魏夢佳)<映像内容>アスリートの動きをデータ化するシステムを開発、アスリートの動きを自動識別する様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020012322996

  • 01:51.54
    2019年12月26日
    海老蔵さんらボッチャ体験 パラのバリアフリー懇会合

    2020年東京パラリンピックの成功を目指して東京都が設置したバリアフリー推進に向けた懇談会の会合が開かれ、メンバーの市川海老蔵さんが小池百合子知事らとともにボッチャの競技を体験した。<映像内容>JR有楽町駅近くの鍛冶橋通りの視察、囲み取材(市川海老蔵さん、小池百合子都知事、高橋儀平・東洋大名誉教授、車椅子テニスのパラアスリート二條実穂さん)、経済同友会でのパラスポーツ推進の取り組み視察やボッチャ体験、その後の小池都知事のぶら下がり取材など、撮影日:2019(令和元)年12月26日、撮影場所:東京都千代田区

    商品コード: 2019122700517

  • 02:59.01
    2019年12月04日
    ヤフー検索大賞に横浜流星さん 今年の顔

    インターネットで年間検索数が前年と比べて最も増えた人物や作品を表彰する「Yahoo!検索大賞2019」の発表会が4日、東京都内で開かれ、俳優の横浜流星さんが「今年の顔」として大賞を受賞した。ヤフーは、横浜さんの検索数が伸びた理由を「多くの話題作に出演し、人気雑誌の表紙を飾るなど多方面で活躍したため」としている。人物分野では他に、ゴルフのAIG全英女子オープンで優勝を果たした渋野日向子選手(アスリート部門)、蒼井優さん(女優部門)、物まねタレントりんごちゃん(お笑い芸人部門)らが受賞。〈映像内容〉パーソンカテゴリーの各部門賞発表や大賞発表の模様、フォトセッションなど。4日午前11時~午後0時半に撮影、撮影日:2019(令和元)年12月4日、撮影場所:東京都港区

    商品コード: 2019120503572

  • 02:49.40
    2019年11月19日
    吉田沙保里さん会見 エアビーと東京五輪吉田沙保里

    国際オリンピック委員会(IOC)と最高位スポンサー制度「TOPプログラム」の契約を結んだ米民泊仲介大手エアビーアンドビー日本法人の田辺泰之(たなべ・やすゆき)代表取締役が19日、東京都内で記者会見し、来年の東京五輪に向けて、新たに民泊を始める家主の募集に取り組んでいくことを明らかにした。TOPスポンサーの契約は18日にIOCなどが発表した。アスリートが参加する企画などで収入を得るプログラムも始めるといい、記者会見に登場したレスリング女子五輪金メダリストの吉田沙保里(よしだ・さおり)さんは「セカンドキャリアに悩む選手は多く、非常に助かる」と話した。  <映像内容>東京都内で行われた米民泊仲介大手エアビーアンドビー日本法人の田辺泰之代表取締役と吉田沙保里さんのトークショー、フォトセッション、撮影日:2019(令和元)年11月19日、撮影場所:東京都内

    商品コード: 2019112004529

  • 03:20.53
    2019年11月05日
    「あってはならない決定」 マラソン札幌開催で陸連強化委

    東京五輪のマラソン、競歩を札幌で実施することについて日本陸上競技連盟の強化委員会は5日、東京都内で記者会見し、麻場一徳強化委員長は「あってはならない決定。この時期に覆ることは極めて遺憾。国際オリンピック委員会(IOC)の言うアスリートファーストは、本当のアスリートファーストではないと思っている」と強い不満を表明した。<映像内容>記者会見する麻場委員長、瀬古利彦マラソン強化戦略プロジェクトリーダーの様子、撮影日:2019(令和元)年11月5日、撮影場所:東京都新宿区 ジャパン・スポーツ・オリンピック・スクエア

    商品コード: 2019110603702

  • 01:50.84
    2019年10月30日
    IOC判断「やむを得ず」 マラソン札幌計画で五輪相

    橋本聖子五輪相は30日、共同通信社で講演し、国際オリンピック委員会(IOC)が提示した2020年東京五輪のマラソン、競歩を札幌市で開催する計画について理解を示した。「アスリートファーストがIOCの大きなテーマだ。ドーハでの陸上世界選手権の結果、やむを得ない判断を下したと思う」と述べた。<映像内容>橋本五輪相の講演、質疑応答、雑観、撮影日:2019(令和元)年10月30日、撮影場所:東京都港区 共同通信本社

    商品コード: 2019103100414

  • 01:23.01
    2019年09月24日
    東京五輪パラ、寝具を披露 選手村ベッドは硬さ調整可

    2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会と寝具メーカー「エアウィーヴ」は24日、選手村で使う寝具一式を東京都内で披露した。ベッドフレームや掛け布団、枕などで、マットレスは肩、腰、脚の部分ごとに3分割し、選手が体形に合わせて3段階で硬さを変えられるのが特長。資源の持続可能性に配慮してベッドフレームは段ボールで作り、マットレスもポリエチレン製で大会終了後にプラスチック製品などに再利用可能。掛け布団は発汗量の多いアスリートに配慮して吸湿性を高めた。エアウィーヴは組織委の「オフィシャルパートナー」。記者会見した同社の高岡本州(たかおか・もとくに)会長兼社長は「眠りは翌日のパフォーマンスを決める。選手村の寝具を作らせていただき光栄だ」と述べた。<映像内容>高岡本州会長兼社長の説明、寝具の物撮りなど、撮影日:2019(令和元)年9月24日、撮影場所:東京都内

    商品コード: 2019092503809

  • 02:23.14
    2019年08月13日
    東京パラ、序盤から有望種目 日程とチケット価格発表の記者会見

    2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は13日、来年8月25日に開幕するパラリンピックの詳細な競技日程とチケット価格を発表した。序盤から日本勢のメダルが期待される有望種目が行われ、組織委が目標とする「フルスタジアム(満席)」の機運醸成に期待が掛かる。組織委は公式チケット販売サイトで22日から1次抽選販売の申し込みを受け付ける。気軽に観戦できるように、家族などグループ向けの価格は最低500円に設定された。<映像内容>競技日程とチケット価格についての大会組織委の記者会見の様子、入り、アスリートによるトークイベント、撮影日:2019(令和元)年8月13日、撮影場所:東京都内

    商品コード: 2019081406247

  • 01:49.81
    2019年07月23日
    日航、来春登場の制服披露 迫る?年五輪へ盛り上げ

    2020年東京五輪・パラリンピックの開幕まで1年となるのに合わせて機運を盛り上げようと、日航は23日、来年4月から着用を始める客室乗務員やパイロット、地上スタッフらの新たな制服を羽田空港で披露した。20年夏以降、羽田など主要空港で自動チェックイン機などを刷新することも発表。五輪に合わせて、快適な空の旅を実現するとアピールした。<映像内容>日航の赤坂祐二社長あいさつ、所属3選手(向かって左から山本凌雅選手、土井選手、戸辺選手)とマスコット登場、戸辺選手の一言、新制服発表、フォトセッション、選手囲み取材など、撮影日:2019(令和元)年7月23日、撮影場所:羽田空港

    商品コード: 2019072503091

  • 02:02.02
    2019年05月27日
    20年五輪・パラへ盛り上げ 東京でジャパン・ウォーク

    2020年東京五輪・パラリンピックへの機運を盛り上げようと、応援イベントが25日、東京・豊洲公園など臨海部中心に行われ、暑さの中、五輪経験者やパラリンピック経験者が参加して盛り上げました。 このイベントは「ジャパンウォーク in Tokyo 2019 春」です。7回目のウォークとなる今回は、およそ5000人が参加。2000年のシドニー五輪柔道の銀メダリスト篠原信一さんや、カンボジア代表としてリオデジャネイロ五輪にも出場した芸人の猫ひろしさんらも出発式を盛り上げました。アスリートらに見送られて出発した参加者らは、晴れ渡った空と強い日差しの下、選手村建設地など大会関連施設も多い豊洲エリアを歩いて楽しみました。<映像内容>参加アスリートらのフォトセッション、出発式、大会組織委の佐藤広副事務総長あいさつ、篠原さんあいさつ、パラリンピック・走り高跳びの鈴木徹さんあいさつ、出発地点の雑観、アスリートらとタッチしながら出発する参加者ら、湾岸の水辺を歩く雑観、選手村の前を歩く参加者らなど、撮影日:2019(令和元)年5月25日、撮影場所:東京都江東区の豊洲公園

    商品コード: 2019052704354

  • 02:29.75
    2019年04月28日
    五輪アーチェリー会場完成 都が整備、記念式典

    東京都は28日、2020年東京五輪・パラリンピックで競技会場となる江東区の「夢の島公園アーチェリー場」の完成式典を開いた。都は公園内の広場に、大会では予選会場となる施設を造った。整備費は約9億円で、敷地面積は約2ヘクタール。決勝会場は、隣接する陸上競技場に大会組織委員会が仮設の施設を整備する。式典では小池百合子知事が「大会では熱戦が繰り広げられる舞台になる。この施設をアスリートと都民に末永く愛されるものにしたい」とあいさつ。アーチェリーの五輪メダリスト山本博(やまもと・ひろし)氏らが、的の前に置かれた風船を矢で射るデモンストレーションを披露した。<映像内容>会場入り、小池百合子都知事あいさつなど雑観、テープカット、競技デモンストレーションなど、撮影日:2019(平成31)年4月28日、撮影場所:東京都江東区 夢の島公園アーチェリー場

    商品コード: 2019050801491

  • 02:20.00
    2019年04月16日
    瀬戸や小平らを認定 JOCシンボルアスリート

    日本オリンピック委員会(JOC)は16日、選手の肖像権を使ったマーケティング事業の柱となる2019~20年の「シンボルアスリート」の認定式を東京都内で行った。式には競泳男子の瀬戸大也(せと・だいや)や柔道男子の阿部一二三(あべ・ひふみ)のほか、レスリング女子の登坂絵莉(とうさか・えり)、重量挙げ女子の三宅宏実(みやけ・ひろみ)や、冬季競技でフィギュアスケート男子の宇野昌磨(うの・しょうま)、スピードスケート女子の小平奈緒(こだいら・なお)、高木美帆(たかぎ・みほ)などが出席した。〈映像内容〉認定式の様子、選手らの舞台インタビュー、フォトセッションなど、瀬戸と小平の囲み、阿部と三宅の囲み、撮影日:2019(平成31)年4月16日、撮影場所:東京都内

    商品コード: 2019041700777

  • 01:55.08
    2019年04月13日
    パラのピクトグラム発表 20年東京大会、23種類

    2020年東京パラリンピック開幕まで500日となった13日、大会組織委員会は競技種目を表す絵文字「ピクトグラム」23種類を発表。五輪と同じく、「アスリートの躍動感を魅力的に伝える」をテーマにデザイナーの廣村正彰さんらのチームが担当。視覚障害の競技には目隠しの絵を入れ、車いす競技も分かりやすくデザインした。〈映像内容〉雑観、車いすに乗った元パラリンピック射撃代表の田口亜希(たぐち・あき)さんとパラトライアスロンの谷真海(たに・まみ)選手がピクトグラムを紹介する様子、田口さんと谷選手の囲み、かるたのブツ撮りなど、撮影日:2019(平成31)年4月13日、撮影場所:東京都中央区

    商品コード: 2019041505173

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:25.41
    2019年03月25日
    東京パラの聖火トーチも「桜」 都内で発表会

    2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は25日、パラリンピック聖火リレーのトーチを発表した。20日に発表した五輪トーチの色違いで、五輪の「桜ゴールド」よりもピンクが強い「桜ピンク」。パラリンピックの精神を表現する「勇気」「公平」など四つの言葉の点字を入れる。五輪トーチと同様、東日本大震災の仮設住宅のアルミ廃材を使っている。聖火リレーの日程も発表。来年8月13日から全国各地で元となる火を採り、21日に東京で集めて聖火とする。聖火は25日の開会式まで都内を巡る。18~21日には競技会場のある静岡、千葉、埼玉の各県でもリレーを行う。共生社会の実現を理念に「新しいパートナーシップ」を体現するため、原則として初対面の3人が一組となり、1人1本トーチを持って走る。<映像内容>「東京2020パラリンピック聖火リレー記者発表会」の様子、組織委員会の森喜朗会長あいさつ、聖火リレーの広報を担う公式アンバサダーに就任した元パラリンピック射撃代表の田口亜希さんあいさつ、トーチデザイナー吉岡徳仁さんのトーク、トーチのアンベール(田口さん、吉岡さん、組織委アスリート委員で元バドミントン代表の池田信太郎さん)、フォトセッション、フォトセッション、質疑応答、トーチなどの物撮りなど、撮影日:2019(平成31)年3月25日、撮影場所:東京都港区 虎ノ門ヒルズ

    商品コード: 2019032602531

  • 01:31.45
    2019年02月09日
    東京五輪・パラのボランティア説明会開始 開催された説明会

    2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会と東京都は9日、競技会場や選手村で活動する大会ボランティアや、駅などで道案内を行う都市ボランティアの応募者に対し、活動内容の説明や意向確認の面談などを実施する「オリエンテーション」を始めた。この日、東京都千代田区の会場では、都の担当者が、都市ボランティアの応募者に活動時間や役割などを説明。大会ボランティアの説明会では、競泳で五輪2大会に出場した組織委職員の伊藤華英さんが「アスリートに笑顔で接して」と呼び掛けた。組織委が目標8万人とした大会ボランティアには、20万人超が応募した。組織委によると、希望や適性に応じて、採用の可能性がある人をオリエンテーションに招いたという。7月下旬まで11都道府県12会場で順次実施。9月をめどに採用結果を通知し、10月からボランティアに必要な基礎知識を習得するための研修を始める。<映像内容>参加者受付の様子、シティキャスト(都市ボランティア)とフィールドキャスト(大会ボランティア)への説明会の様子、大会ボランティア説明会での伊藤華英さんあいさつ、ボランティア面談の様子、撮影日:2019(平成31)年2月9日、撮影場所:東京都千代田区 東京スポーツスクエア

    商品コード: 2019021218885

  • 01:43.03
    2019年02月08日
    東京大会のアスリート委 高橋委員長ら出席

    2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は8日、アスリート委員会を開いた。2000年シドニー五輪女子マラソン金メダルの高橋尚子(たかはし・なおこ)委員長らが出席した。〈映像内容〉東京都内で開かれたアスリート委員会の冒頭部分、撮影日:2019(平成31)年2月8日、撮影場所:東京都内

    商品コード: 2019021218886

  • 02:43.13
    2018年12月17日
    マラソン大迫が最優秀選手 日本陸連の年間表彰式

    日本陸連の年間表彰式「アスレティックス・アワード」が17日、東京都内で開かれ、男子マラソンの日本記録を10月に樹立した大迫傑選手(ナイキ)が最優秀選手に輝いた。式典は欠席した。優秀選手賞には、ジャカルタ・アジア大会男子棒高跳び金メダルの山本聖途選手(トヨタ自動車)、世界競歩チーム選手権の男子20キロと団体戦で頂点に立った池田向希選手(東洋大)、アジア大会の男子マラソン制覇で優秀選手賞に選ばれた井上大仁選手(MHPS)らが選ばれた。新人賞は男子短距離の小池祐貴(住友電工)、女子長距離の松田瑞生(ダイハツ)、男子走り幅跳びの橋岡優輝(日大)の各選手が受賞した。今年からスタートした日本グランプリシリーズの表彰も行われ、陸上男子短距離の山県亮太選手(セイコー)が獲得ポイントで男子王者に輝いた。女子王者は女子長距離の山ノ内みなみ選手。<映像内容>山県選手らの表彰シーン、「アスリート・オブ・ザ・イヤー」(最優秀選手)の大迫選手の発表、出席選手らのフォトセッションなど、撮影日:2018(平成30)年12月17日、撮影場所:東京都港区

    商品コード: 2018121810575

  • 02:53.07
    2018年12月13日
    グランプリに大谷翔平選手 毎日スポーツ人賞

    「2018毎日スポーツ人賞」の表彰式が13日、東京都内で行われ、投打の「二刀流」で米大リーグのア・リーグ新人王に輝いたエンゼルスの大谷翔平選手がグランプリを受賞し、「僕にとって挑戦の一年。最後までそういう気持ちで頑張れたのは良かった」と晴れやかな笑顔で喜びを語った。功労賞は4月に71歳で死去した衣笠祥雄さん。ベストアスリート賞は、全米オープンで日本勢初の四大大会シングルス制覇を果たした女子テニスの大坂なおみ選手が選出された。新人賞は夏季ユース五輪の体操男子個人総合と種目別で計5個の金メダルを獲得した北園丈琉選手(大阪・清風高)と車いすラグビーの世界選手権で初優勝を果たしたの倉橋香衣選手。文化賞は特定非営利活動法人スポーツコミュニティー軽井沢クラブ。〈映像内容〉授賞式、グランプリの大谷選手のあいさつ、新人賞の北園選手のあいさつ、フォトセッションなど、撮影日:2018(平成30)年12月13日、撮影場所:東京都文京区

    商品コード: 2018121700073

  • 00:59.82
    2018年10月13日
    花で描くスポーツの名シーン 東京・晴海

    色とりどりの花を使い、スポーツの名シーンを描き出した巨大なカーペットの展示イベントが13日、東京・晴海で始まり、オープニングセレモニーが開かれました。この日始まったのは、今年18回目になる「フラワーカーペット晴海2018」で、毎年さまざまなテーマで地元の人たちが参加して、フラワーアートを作り出しています。今年は「スポーツの花絨毯」と題し、印象に残るアスリートが5つのキャンバスに花で描かれました。縦7メートル、横7メートルのカーペットには、重量挙げの三宅宏実選手や、競泳の萩野公介選手、卓球の平野美宇選手、スノーボードの平野歩夢選手らの思い出のシーン。ひときわ大きな縦横10メートルのカーペットには、陸上男子ハンマー投げの金メダリストで2020年東京オリンピック・パラリンピック大会組織委員会のスポーツディレクターを務める室伏広治さんが力強く描き出されました。花絵の制作にはおよそ230人が参加し、合わせておよそ7万本の花が使われたということです。「フラワーカーペット晴海2018―スポーツの花絨毯―」は、16日まで行われます。<映像内容>花絵物撮りなど雑観、撮影日:2018(平成30)年10月13日、撮影場所:東京都中央区 晴海トリトンスクエア

    商品コード: 2018101515123

  • 01:47.07
    2018年10月08日
    大玉転がし楽しいな 体育の日、都内でスポーツ祭り

    1964年の東京五輪を記念して制定された「体育の日」の8日、スポーツの楽しさや喜びを知ってもらうイベントが東京・北区で開かれた。現役のアスリートと参加した子どもたちが、大玉転がしなどを楽しんだ。〈映像内容〉スキーの荻原次晴さんらアスリートや、よしもと芸人たちが参加した開会式。パラスキーの村岡桃佳選手らが開会を宣言する火をともしたり、新体操の坪井保菜美選手が登壇して参加者全員で準備体操をする様子。その後、アスリートや芸人たちが子どもたちと一緒に大玉転がしをしたり、撮影日:2018(平成30)年10月8日、撮影場所:東京都北区

    商品コード: 2018100910987

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:51.07
    2018年09月18日
    五輪に向け日本の食材PR 内閣府内でイベント

    2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向けて、安全でおいしい日本の食の魅力を発信していこうというイベントが18日、東京都内で開かれました。この日のイベントは内閣官房を中心にオリンピックに関係のある省庁や自治体、食品関係の事業者などが参加した「2020年に向けた持続可能性に配慮した日本の食材活用のための研修会」です。研修会では、安全で安定した食材供給に取り組む先進的な自治体や企業の取り組みが紹介されました。冒頭では、鈴木俊一オリンピック・パラリンピック担当大臣が「世界のトップアスリートに食べていただく食材は国内外から大きな注目を浴びる。被災地産を含む国産食材を最大限活用することが重要です」などとあいさつしました。また内閣府内には、東日本大震災の被災地、岩手・宮城・福島の三県の食材を使ったPRコーナーも設置され、鈴木大臣が視察しました。内閣府内の食堂では、きょうから21日までの4日間、サンマやなすなど被災3県の食材を使った定食も、提供されるということです。<映像内容>研修会雑観、冒頭の鈴木大臣あいさつ、PRコーナーを視察する鈴木大臣、福島県へのメッセージをボードに書く様子、PRコーナーの物撮りなど雑観、研修会雑観など、撮影日:2018(平成30)年9月18日、撮影場所:東京・霞が関の中央合同庁舎8号館

    商品コード: 2018092021331

  • 02:54.40
    2018年09月03日
    「新華社」【字幕あり】四川省少数民族伝統スポーツ大会開催

    中国四川省第15回少数民族伝統スポーツ大会が3日、同省カンゼ・チベット族自治州康定市で開催され、蹴球(石の球を蹴って相手の球に当ててポイントを競うゲーム)や押加(首の力で綱を引く競技、象の綱引きともいう)、高脚競速(竹馬競争)などの少数民族のスポーツが披露された。同大会は主に民族スポーツ競技、大型民族スポーツ文化と芸術の上演で構成されている。第11回全国少数民族伝統スポーツ大会に参加するアスリートの選抜、民族スポーツに関する発掘、整理、普及を目的とする。全省から合計14の代表団、1257人のアスリートとコーチが参加。主な種目は弩(ど)射、民族式レスリング、蹴球、押加、珍珠球(各チーム7人がボールを投げて網で受けポイントを競う)、高脚競速、板鞋競速(3人1組で板靴を履いてするムカデ競争)、陀螺(コマ回し)などだ。4年ごとに開催される同大会は、1965年の第1回大会以来、すでに14回開催されており、今大会は9月9日まで行われる。(記者/楊華、李華梁)<映像内容>四川省少数民族伝統スポーツ大会の様子、撮影日:2018(平成30)年9月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※白素材有り要問い合わせ

    商品コード: 2018090722059

  • 02:57.77
    2018年08月25日
    東京パラ、詳しく知って 選手らが千葉でイベント

    2020年東京パラリンピックの開幕まで2年となった25日、パラアスリートや五輪メダリストらが参加するイベントが、4競技の会場がある千葉市で開かれた。大会や競技を詳しく知ってもらい、機運を高めるのが狙い。車いすフェンシングの千坂香菜選手や長野冬季五輪のスピードスケート女子銅メダリスト岡崎朋美さんらが出席したオープニングで、千葉市の熊谷俊人市長は「五輪以上に盛り上げたい」とあいさつ。パラバドミントンの村山浩選手は「金メダルが取れるよう頑張る」と決意表明した。<映像内容>千葉市のイベントの様子、森田健作知事あいさつ、フォトセッション、車いすフェンシングとボッチャの体験会の様子、撮影日:2018(平成30)年8月25日、撮影場所:千葉県千葉市 イオンモール幕張新都心

    商品コード: 2018082723020

  • 01:44.73
    2018年08月02日
    東京五輪トライアスロン 「最も都会的なコース」

    2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は2日、東京・お台場が舞台となるトライアスロンのコースを発表した。ベイエリアを象徴する名所のレインボーブリッジや観覧車、商業施設群を望みながらのレースとなり「史上最も都会的なコース」としている。お台場海浜公園がスタートとゴール、次の種目に移行する「トランジション」の地点となる。〈映像内容〉入りや記者会見、フォトセッション(出席者は組織委員会の中村英正スポーツ局長、国際トライアスロン連合の大塚真一郎副会長、パラリンピックの秦由加子選手、トライアスロン五輪の田山寛豪選手、組織委アスリート委員会の関根明子委員)。、撮影日:2018(平成30)年8月2日、撮影場所:東京都港区

    商品コード: 2018080301164

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    03:45.19
    2018年04月02日
    桐生選手「引き締まる」 日本生命の入社式に参加

    陸上男子100メートルで昨年9月に日本人初の9秒台となる9秒98をマークした桐生祥秀選手(22)が2日、東京都内で行われた新たな所属先の日本生命の「所属開始セレモニー」に出席し「身が引き締まる。これからアスリートとしての人生が始まる」と引き締まった表情で心境を口にした。 〈映像内容〉日本生命の入社式の様子、参加した桐生選手の雑観、清水博社長からユニホームと名刺のパネルを贈られる様子、撮影日:2018(平成30)年4月2日、撮影場所:東京都内

    商品コード: 2018040200539

  • 01:31.32
    2018年01月29日
    平昌五輪の経験生かす 東京五輪アスリート委員会

    東京五輪組織委のアスリート委員会が29日都内で開かれた。女子マラソンの高橋尚子委員長は「選手たちは2020年に向けたカウントダウンの時期に入った」とあいさつ。会合では大会の準備状況が報告されたほか、各分科会の活動報告などが行われた。〈映像内容〉会合の冒頭撮影。高橋委員長、組織委の森喜朗会長あいさつのほか、委員らの雑観。撮影日:2018(平成30)年1月29日、午後3時から撮影、撮影場所:東京都内

    商品コード: 2018013000281

  • 05:45.91
    2018年01月21日
    パラスポーツ絵画・作文で受賞式 斎藤工さんらが参加

    パラスポーツをテーマにした絵画・作文コンテストの大賞をはじめとする各賞の授賞式が21日都内で開かれ、パラアスリートや俳優の斎藤工さんが賞を贈った。ゴールボール女子代表の浦田理恵選手や天摩由貴選手も登場、競技のデモンストレーションやトークショーで会場を沸かせた。〈映像内容〉絵画部門と作文部門の小学生、中学生、一般の部それぞれの大賞の受賞式、ゴールボール浦田選手たちによる競技のデモンストレーション、斎藤工さんのコメントなど。撮影日:2018(平成30)年1月21日、撮影場所:東京都港区の日本財団

    商品コード: 2018012300060

  • 04:49.58
    2017年11月29日
    空撮と地上撮 スカイツリー3色に点灯 東京パラ千日前でイベント

    2020年東京パラリンピック開幕まで千日となった29日、東京都墨田区の東京スカイツリータウンでカウントダウンイベントが行われ、ロックバンド「XJAPAN」のYOSHIKIさんら参加者の合図で、スカイツリーがパラリンピックのシンボルマークをイメージした赤青緑の3色にライトアップされた。小池百合子都知事はあいさつで「パラリンピックの成功なくして、東京大会の成功はない」と重要性を強調。イベントには柔道男子の正木健人(まさき・けんと)選手(エイベックス)や競泳女子の一ノ瀬メイ選手(近大)らリオデジャネイロ大会の代表も参加し、正木選手は東京大会に向け「優勝してパラ柔道の魅力を伝えたい」と意気込みを示した。<映像内容> セレモニーでの特別ライティング点灯式、フォトセッション、アスリートやYOSHIKIさんのコメント、雑観など。撮影場所は東京都墨田区・東京スカイツリータウンで29日午後5時半ごろから午後7時半ごろまで。パラリンピックのシンボルマークの3色に彩られた東京スカイツリーの空撮。撮影時間は29日午後6時30分ごろ。

    商品コード: 2017113000387

  • 06:43.37
    2017年11月22日
    パラ選手の雑誌創刊 写真家の蜷川さん監修

    写真家の蜷川実花さんが監修し、パラリンピック選手の記事、写真を掲載したフリーペーパー「GO Journal(ゴー・ジャーナル)」の創刊発表会が22日、東京都内で行われた。A3サイズのタブロイド判に写真を大きく掲載したファッション誌のような構成で、障害者スポーツの認知度向上を目指す。<映像内容>創刊発表会の雑観、蜷川さんや、創刊号に載ったパラリンピック陸上女子400メートル銅メダルの辻沙絵選手、ボッチャ日本代表の高橋和樹選手の囲み取材、フリーペーパーの物撮りなど。午後4時から6時に東京・銀座の蔦屋書店で撮影。

    商品コード: 2017112400580

  • 03:00.78
    2017年11月05日
    義足の陸上選手、街頭疾走 渋谷の公道にトラック出現

    義足の陸上選手が都会の街頭で走るイベント「渋谷シティゲーム」が5日、東京・渋谷駅前の公道を封鎖して行われた。60メートルの陸上トラックが敷かれ、海外から招待された義足のトップアスリート3選手や、国内の選手らが疾走した。3日から3日間開催された渋谷芸術祭のイベントの一つとして行われ、多くの買い物客らが足を止め、世界トップレベルの義足スプリンターの走りを間近で見入った。 <映像内容>イベント雑観、長谷部健渋谷区長や元選手の為末大氏、武井壮氏らの登壇やトーク、為末氏や学生義足ランナー山下千絵氏の競走。海外からの参加選手、リチャード・ブラウン氏やシャリッド・ウォレス氏、フェリックス・シュトレング氏の競走後の表彰、為末氏や武井壮氏の囲み取材、フォトセッションなど。午後2時から3時に東京都渋谷区で撮影。

    商品コード: 2017110600845

  • 06:38.63
    2017年09月07日
    テニス 伊達公子選手引退会見

    女子テニスで1990年代半ばに四大大会シングルスで4強と躍進し、37歳で現役再挑戦後にはツアー大会優勝も飾った伊達公子選手(46)(エステティックTBC)=が7日、東京・有明コロシアムで引退会見に臨み「幸せなアスリートだった」などと晴れやかな表情で話した。〈映像内容〉記者会見。会見雑観など。7日、午後3時から4時に東京都江東区で撮影。

    商品コード: 2017090800422

  • 02:27.01
    2017年06月05日
    ごみ拾いで五輪アピール 東京組織委、環境に配慮

    2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は5日、国連が定めた「世界環境デー」に合わせ、チームに分かれて拾ったごみの量などを競うイベント「スポGOMI大会」を東京都内で開催した。競歩男子50キロで昨年のリオデジャネイロ五輪銅メダルの荒井広宙(あらい・ひろおき)、15年世界選手権3位の谷井孝行(たにい・たかゆき)両選手(ともに自衛隊)もアスリートチームの一員として参加し、環境に配慮した五輪への取り組みをアピールした。〈映像内容〉東京都の秩父宮ラグビー場で開催した「スポGOMI大会」の開 会式と閉会式、建設中の新国立競技場周辺や神宮エリアで実施したごみ拾いなど。

    商品コード: 2017090201446

  • 03:55.16
    2016年12月19日
    『4年後は東京で金を』 日本陸連が年間表彰

    今年1年陸上競技界を盛り上げた選手たちを表彰する日本陸上競技連盟のアスレティック・アワード2016が19日東京都内で開かれ、リオ五輪で銀メダルを取った男子400メートルリレーのメンバーがアスリート・オブ・ザ・イヤーに輝いた。8年前の北京五輪の同種目で銅メダルを獲得した4人がプレゼンターとして健闘をたたえた。 〈映像内容〉アスリート・オブ・ザ・イヤーに輝いた男子400メートルリレーの桐生祥秀やケンブリッジ飛鳥らのコメント、フォトセッションなど。

    商品コード: 2017090201676

  • 07:57.81
    2015年10月12日
    瀬戸選手らスポーツ祭りで汗 体育の日イベント

    1964年東京五輪開催を記念して制定された体育の日にちなんだ「スポーツ祭り」が12日、東京都北区の味の素ナショナルトレーニングセンターなどで開かれた。主催者発表で家族連れなどおよそ1万4000人が参加。競泳の瀬戸大也選手らの水泳教室など、さまざまな企画でトップアスリートと汗を流した。<映像内容>競泳の瀬戸大也、立石諒、渡部香生子選手が参加した水泳教室、バレーボールの大山加奈選手が参加したバレーボール教室、撮影日:2015(平成27)年10月12日、撮影場所:東京都北区

    商品コード: 2020111107892

  • 01:41.40
    2015年07月30日
    空撮 リオ五輪開幕まであと一年、建設作業が進む五輪公園

    南米初開催のリオデジャネイロ五輪開幕まで8月5日であと1年。地元選手の活躍を熱望するブラジルで、5年後に東京五輪を控えた日本で、五輪への期待が膨らむ。大西洋を望む五輪公園は新設会場が姿を現し、世界からアスリートを迎える準備が進む。〈映像内容〉1年後のリオ五輪開幕に向け、建設作業が進む五輪公園の空撮、撮影日:2015(平成27)年7月12日、撮影場所:ブラジル リオデジャネイロ

    商品コード: 2019053003128

  • 06:14.77
    2015年07月30日
    新国立問題で遠藤五輪相がパラリンピック佐藤選手と会談

    遠藤利明五輪相は30日、2020年東京五輪・パラリンピックのメーンスタジアムとなる新国立競技場をめぐり、パラリンピック陸上選手の佐藤真海さんと大臣室で会談した。9月上旬を目指す新たな整備計画の策定に向けて、アスリートらから意見聴取する第1弾となる。〈映像内容〉会談する遠藤利明五輪相と佐藤真海さんの様子、雑観、撮影日:2015(平成27)年7月30日、撮影場所:東京都内

    商品コード: 2019053003129

  • 10:50.55
    2015年06月25日
    遠藤氏の大臣就任歓迎 都内でアスリート委員会

    東京五輪の大会運営に選手の意見を反映させるため設けられたアスリート委員会が25日、東京都内で開かれた。組織委員会の森喜朗会長やアスリート委員会の鈴木大地委員長らが出席。会議後、専任の五輪担当相に遠藤利明衆院議員が決まったことについて、鈴木委員長らが歓迎するコメントをした。〈映像内容〉アスリート委員会の様子、発言する鈴木大地委員長など、鈴木委員長、室伏広治氏の囲み、撮影日:2015(平成27)年6月25日、撮影場所:東京都内

    商品コード: 2019032700515

  • 03:50.19
    2015年04月24日
    異色スクラムでチーム強化 女子、車いすラグビー

    横浜市にある女子ラグビーチーム「YOKOHAMA TKM」とウィルチェアー(車いす)ラグビーチーム「横浜義塾」がこのほど、合同練習などを通じ、互いのチーム強化を目指す協力関係を結んだ。名称は違う個性を尊重するという意味を込め「ダイバーシティ(多様性)パートナーシップ」。女性ラガーと障害者アスリートで組んだ全国でも珍しい異色スクラムの狙いは、互いの競技普及とメンタル強化だ。〈映像内容〉「YOKOHAMA TKM」と「横浜義塾」の合同練習。パートナーシップの狙いや意義に関するTKMの鈴木育美キャプテンと横浜義塾の山内翔太選手のインタビュー、TKMの選手に車いすラグビーの感想を聞いたインタビュー、撮影日:2015(平成27)年4月24日、撮影場所:横浜市

    商品コード: 2018120434224

  • 03:00.14
    2006年09月01日
    女性五輪メダリストによるトークショー開催

    3人の女性五輪メダリストによるトークショーが1日、名古屋市内で行われた。フィギュアスケートの荒川静香(あらかわ・しずか)、スピードスケートの岡崎朋美(おかざきともみ)、レスリングの吉田沙保里(よしだ・さおり)が登場、大物アスリートの〝競演〟に、会場は華やかな雰囲気に包まれた<映像内容>オリンピックでのエピソードを語る荒川、岡崎、吉田の3選手、会場でトークに耳を傾ける人たち、子供たちからの花束を受け取る3選手、撮影日:2006(平成18)年9月1日、撮影場所:愛知県名古屋市

    商品コード: 2019091003324

  • 1