KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 令和
  • 分布
  • 発見
  • 調査
  • ちょう
  • 付近
  • 保護区
  • 個体
  • 四川省
  • 地点

「アツモリソウ属」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
7
( 1 7 件を表示)
  • 1
7
( 1 7 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  •  中国特有の絶滅危惧植物「玉竜杓蘭」、玉竜雪山で再発見
    2019年06月08日
    中国特有の絶滅危惧植物「玉竜杓蘭」、玉竜雪山で再発見

    葉身に斑点がある「玉竜杓蘭」。(6月8日撮影)中国科学院昆明植物研究所は7日、同研究所麗江高山植物園の研究員が玉竜雪山での調査で中国特有の絶滅危惧植物「玉竜杓蘭」(Cypripediumforrestii)の野生の群生を発見したと発表した。「玉竜杓蘭」は雲南省北西部にのみ分布するラン科「杓蘭属」(アツモリソウ属、Cypripedium)の極小種で、植物学者のジョージ・フォレストが1913年に麗江地区で採集し命名した。国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストで絶滅危惧種に指定されている。(昆明=新華社配信/明昇平)=2019(令和元)年6月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019080904015

  •  中国特有の絶滅危惧植物「玉竜杓蘭」、玉竜雪山で再発見
    2019年06月08日
    中国特有の絶滅危惧植物「玉竜杓蘭」、玉竜雪山で再発見

    「玉竜杓蘭」の群生環境。(6月8日撮影)中国科学院昆明植物研究所は7日、同研究所麗江高山植物園の研究員が玉竜雪山での調査で中国特有の絶滅危惧植物「玉竜杓蘭」(Cypripediumforrestii)の野生の群生を発見したと発表した。「玉竜杓蘭」は雲南省北西部にのみ分布するラン科「杓蘭属」(アツモリソウ属、Cypripedium)の極小種で、植物学者のジョージ・フォレストが1913年に麗江地区で採集し命名した。国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストで絶滅危惧種に指定されている。(昆明=新華社配信/明昇平)=2019(令和元)年6月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019081407334

  •  中国特有の絶滅危惧植物「玉竜杓蘭」、玉竜雪山で再発見
    2019年06月08日
    中国特有の絶滅危惧植物「玉竜杓蘭」、玉竜雪山で再発見

    葉身に斑点のない「玉竜杓蘭」。(6月8日撮影)中国科学院昆明植物研究所は7日、同研究所麗江高山植物園の研究員が玉竜雪山での調査で中国特有の絶滅危惧植物「玉竜杓蘭」(Cypripediumforrestii)の野生の群生を発見したと発表した。「玉竜杓蘭」は雲南省北西部にのみ分布するラン科「杓蘭属」(アツモリソウ属、Cypripedium)の極小種で、植物学者のジョージ・フォレストが1913年に麗江地区で採集し命名した。国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストで絶滅危惧種に指定されている。(昆明=新華社配信/明昇平)=2019(令和元)年6月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019081407338

  •  (3)重慶市の陰条嶺国家級自然保護区で新種のラン科植物を確認
    2022年04月11日
    (3)重慶市の陰条嶺国家級自然保護区で新種のラン科植物を確認

    重慶市巫渓県にある陰条嶺国家級自然保護区で発見された「離萼杓蘭」。(2021年4月26日撮影)中国重慶市巫渓(ふけい)県にある陰条嶺国家級自然保護区の管理センターが6日、西南大学生命科学学院の張家輝(ちょう・かき)氏の研究チームとの共同調査で、同市で初めてラン科植物の新記録種「離萼杓蘭(りがくしゃくらん)」(学名:CypripediumPlectrochilum)が確認されたと明らかにした。今回確認された新記録種は個体数が20株未満で、同保護区の白果林場付近の標高1350メートル地点にある針広混交林にあった。「離萼杓蘭」はラン科アツモリソウ属の植物で、主に雲南省や四川省、西蔵(シーザン)自治区、湖北省などに分布している。(重慶=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年4月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022041105315

  •  (2)重慶市の陰条嶺国家級自然保護区で新種のラン科植物を確認
    2022年04月11日
    (2)重慶市の陰条嶺国家級自然保護区で新種のラン科植物を確認

    重慶市巫渓県にある陰条嶺国家級自然保護区で発見された「離萼杓蘭」。(2021年4月26日撮影)中国重慶市巫渓(ふけい)県にある陰条嶺国家級自然保護区の管理センターが6日、西南大学生命科学学院の張家輝(ちょう・かき)氏の研究チームとの共同調査で、同市で初めてラン科植物の新記録種「離萼杓蘭(りがくしゃくらん)」(学名:CypripediumPlectrochilum)が確認されたと明らかにした。今回確認された新記録種は個体数が20株未満で、同保護区の白果林場付近の標高1350メートル地点にある針広混交林にあった。「離萼杓蘭」はラン科アツモリソウ属の植物で、主に雲南省や四川省、西蔵(シーザン)自治区、湖北省などに分布している。(重慶=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年4月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022041105316

  •  (1)重慶市の陰条嶺国家級自然保護区で新種のラン科植物を確認
    2022年04月11日
    (1)重慶市の陰条嶺国家級自然保護区で新種のラン科植物を確認

    重慶市巫渓県にある陰条嶺国家級自然保護区で発見された「離萼杓蘭」。(2021年4月26日撮影)中国重慶市巫渓(ふけい)県にある陰条嶺国家級自然保護区の管理センターが6日、西南大学生命科学学院の張家輝(ちょう・かき)氏の研究チームとの共同調査で、同市で初めてラン科植物の新記録種「離萼杓蘭(りがくしゃくらん)」(学名:CypripediumPlectrochilum)が確認されたと明らかにした。今回確認された新記録種は個体数が20株未満で、同保護区の白果林場付近の標高1350メートル地点にある針広混交林にあった。「離萼杓蘭」はラン科アツモリソウ属の植物で、主に雲南省や四川省、西蔵(シーザン)自治区、湖北省などに分布している。(重慶=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年4月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022041105337

  •  (4)重慶市の陰条嶺国家級自然保護区で新種のラン科植物を確認
    2022年04月11日
    (4)重慶市の陰条嶺国家級自然保護区で新種のラン科植物を確認

    重慶市巫渓県にある陰条嶺国家級自然保護区で発見された「離萼杓蘭」。(2021年4月26日撮影)中国重慶市巫渓(ふけい)県にある陰条嶺国家級自然保護区の管理センターが6日、西南大学生命科学学院の張家輝(ちょう・かき)氏の研究チームとの共同調査で、同市で初めてラン科植物の新記録種「離萼杓蘭(りがくしゃくらん)」(学名:CypripediumPlectrochilum)が確認されたと明らかにした。今回確認された新記録種は個体数が20株未満で、同保護区の白果林場付近の標高1350メートル地点にある針広混交林にあった。「離萼杓蘭」はラン科アツモリソウ属の植物で、主に雲南省や四川省、西蔵(シーザン)自治区、湖北省などに分布している。(重慶=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年4月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022041105317

  • 1