KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 国際交流
  • アジアカップ
  • イエメン
  • インターネット
  • サウジアラビア
  • サッカー
  • パートナー
  • 宇宙センター
  • 日本代表
  • 森保監督

「アラブ首長国連邦」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 映像
  • 向き
  • カテゴリ
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
18
( 1 18 件を表示)
  • 1
18
( 1 18 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 00:49.94
    2021年01月02日
    「新華社」中国一汽集団の「紅旗」、サウジ向け400台が天津港を出港

    中国自動車大手の中国第一汽車集団はこのほど、傘下の高級車ブランド「紅旗」のスポーツ用多目的車(SUV)など400台が2020年12月30日に天津港で船積みされ、サウジアラビアに向かったことを明らかにした。1回当たりの輸出台数としては過去最大規模。紅旗ブランドにとって、アラブ首長国連邦(UAE)、ノルウェーに次ぐ新たな海外市場となる。今回輸出されたのは、新型高級セダン「H9」、新型C級SUV「HS7」、中型SUV「HS5」、B級セダン「H5」の4車種で、到着まで1カ月程度かかる見込み。同社海外事業部の楊大勇(よう・だいゆう)総経理はサウジアラビアについて、経済が発展し自動車のエコシステムも成熟しており、消費者の目も肥えていると指摘。自動車市場では以前から激しいシェア争奪戦が展開されており、紅旗ブランドの海外戦略にとっても重要な市場との見方を示した。今後の展望については、パートナーとなる販売代理店と緊密に協力し、ニーズに合わせた質の高いカーライフを現地消費者に提供していきたいと語った。紅旗は中国独自の高級自動車ブランドの代表格で、1958年の創設以来、紅旗セダンが国内の重要式典で観閲用車両として使われてきた。現在はブランド復興を加速させる市場化改革を進めており、新戦略や製品の多様化による市場開拓にも取り組んでいる。国内展開を加速させる一方、海外進出にも力を入れ、中東や欧州、東南アジアなどに販売網を拡大。2020年の年間生産・販売台数は先月25日時点でともに20万台を超え、前年の2倍に上っている。(記者/張建) =配信日: 2021(平成33)年01月02日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:59.68
    2020年12月04日
    「新華社」河北博物院でアジア古代文明展河北省石家荘市

    中国河北省石家荘市の河北博物院で4日、アジアの各古代文明の歴史や交流に焦点を当てた「アジア古代文明展」が開幕した。同展ではシリア、アラブ首長国連邦(UAE)、パキスタン、カンボジア、レバノン、日本の6カ国の機関が所蔵する文化財と河北博物院、河北省文物考古研究院、南京博物院の所蔵品合わせて190点(組)以上を展示している。会期は2021年2月28日まで。(記者/楊知潤)<映像内容>アジア古代文明展の様子、撮影日:2020(令和2)年12月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:46.98
    2020年10月22日
    「AFP」Dubai breaks world record for largest fountain

    Dubai breaks the record for the world‘s largest fountain. The Palm Fountain, which covers an area of 14,366 square feet (1,335 square metres), is located at The Pointe shopping and dining district on Palm Jumeirah, a man-made palm-shaped island. IMAGES、作成日:2020(令和2)年10月22日、撮影場所:アラブ首長国連邦(UAE)・ドバイ、クレジット:AFP/共同通信イメージズ  ※エディトリアル使用のみ。広告、プロモーション、商業目的での利用に関してはお問合せください。※ご注文申請後、納品までにお時間を頂く場合がございます。

  • 02:41.82
    2020年08月13日
    Tel Aviv City Hall is lit up with the flags of the United Arab Emirates and Israel

    Residents react to Tel Aviv‘s city hall being lit up in the colours of the United Arab Emirates national flag, after Israel and the UAE agreed to normalise ties in a landmark US-brokered deal, only the third such accord the Jewish state has struck with an Arab nation, in which it pledged to suspend annexation of Palestinian lands. IMAGES AND SOUNDBITES、作成日:2020(令和2)年8月13日、撮影場所:イスラエル、クレジット:AFP/共同通信イメージズ  ※エディトリアル使用のみ。広告、プロモーション、商業目的での利用に関してはお問合せください。※ご注文申請後、納品までにお時間を頂く場合がございます。

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:30.42
    2020年08月07日
    「新華社」インド南部で旅客機が着陸失敗18人死亡

    インド南部ケララ州コーリコードにある空港で7日夜、乗員乗客191人を乗せたエア・インディア・エクスプレスのボーイング737型旅客機が着陸に失敗し、滑走路を大きく外れて大破した。同国民間航空部門責任者によると、この事故でパイロット2人を含む18人が死亡し、127人以上が負傷した。事故を起こした旅客機はこの日、国外のインド人を帰国させるため、アラブ首長国連邦(UAE)のドバイを出発。機内には子ども10人を含む乗客184人と乗員7人が搭乗していた。現地時間7日午後7時40分(日本時間同11時10分)ごろ、同機はコーリコードの空港に着陸する際に滑走路を大きく外れ、斜面を約9メートル下まで落下した。火災は起きなかった。地元テレビ局の中継映像からは、滑走路を外れて二つに割れた機体や、滑走路上に散乱した残骸が確認できた。事故原因は今のところ明らかになっていないが、報道によると、当時、空港周辺では激しい雨が降っており、悪天候で操縦不能に陥った可能性がある。また、着陸時にランディングギア(降着装置)に問題が起きたとの情報もある。(記者/姜磊)<映像内容>インド南部で旅客機が着陸失敗、事故の様子、大破した機体など、撮影日:2020(令和2)年8月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※一部サイズが小さい動画です。※画質が良くありません。

  • 01:09.23
    2020年07月20日
    UAE探査機打ち上げ 火星へ、H2Aロケット

    三菱重工業は20日午前6時58分、アラブ首長国連邦(UAE)の火星探査機「HOPE」を載せたH2Aロケット42号機を、鹿児島県の種子島宇宙センターから打ち上げた。探査機は約1時間後、予定の軌道に投入され打ち上げは成功した。HOPEはムハンマド・ビン・ラシード宇宙センターが開発。7カ月かけて4億9350万キロを飛行し、UAEが建国50年を迎える2021年に火星の周回軌道に到着する。中東の国が惑星間飛行する探査機を飛ばすのは初めて。機体はパネルを開いた状態で幅約8メートル、重さ約1・5トン。紫外線や赤外線を使った観測装置を搭載し、火星の高度2万~4万キロの楕円軌道を55時間で周回する。継続的に大気を観測して気候変動を調べる。三菱重工が海外の人工衛星などを打ち上げるのは韓国やカナダなどからを含め今回で4回目。H2Aの打ち上げ成功は連続36回に伸びた。<映像内容>付近の住民、打ち上げの様子や航跡、別カメラで撮影の打ち上げの様子(固定での寄り引き映像)など、撮影日:2020(令和2)年7月20日、撮影場所:鹿児島県南種子町

    撮影: 2020(令和2)年7月20日

  • 03:09.22
    2020年07月03日
    「新華社」瓢箪がクリエーティブ製品に伝統受け継ぐ「80後」

    中国陝西省合陽県洽川鎮は、ヒョウタン(瓢箪)の工芸品制作が盛んな街として知られる。中国の無形文化遺産プロジェクトの一つ、「洽川ヒョウタン」は、黄河湿地の良質なヒョウタンを素材とし、穴開け、色付け、絵付け、彫りなど20以上の工程を経て作られる。同県に住む「80後」(1980年代生まれ)の無形文化遺産「洽川ヒョウタン」の制作技法伝承者、宋朋傑(そう・ほうけつ)さんは、伝統工芸を受け継ぎながら、ヒョウタン栽培加工専業合作社(協同組合)を設立。ヒョウタンで作った伝統演劇の隈取りやライト、ブルートゥーススピーカーなどの新たな文化クリエーティブ製品が消費者の人気を博している。製品の一部は、日本やアラブ首長国連邦などでも販売されているという。(記者/張晨俊)<映像内容>ヒョウタンの工芸品制作の様子など、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:29.20
    2020年03月27日
    「新華社」中国の病院、感染との闘い方をビデオ会議で世界と共有

    中国の浙江大学医学院付属邵逸夫医院は27日午前、世界トップの医療連盟である米メイヨー・クリニック・ケアネットワークとテレビ会議を行い、中国の病院が新型コロナウイルスの感染と闘う中で実施した予防・治療措置や経験を共有した。会議は米国や韓国、アラブ首長国連邦、インド、メキシコなど47医療機関のメンバーに公開。湖北省武漢市や荊門市で感染対策の最前線にいる医療チームの専門家ともつながった。浙江大学医学院付属邵逸夫医院の蔡秀軍(さい・しゅうぐん)院長は同医院の「全連鎖式感染予防・抑制イノベーションシステム」について詳しく紹介。これにはスタッフのスマートタイムカードや「健康コード」区分による診察、インターネット病院のオンライン問診などの革新的な取り組みが含まれると述べた。(記者/崔力、兪菀)<映像内容>新型肺炎の情報を共有するテレビ会議の様子、撮影日:2020(令和2)年3月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:29.92
    2019年12月12日
    マラソン東京開催を確認 東京パラの事務折衝

    2020年東京パラリンピックの準備状況についての国際パラリンピック委員会(IPC)と大会組織委員会の第8回事務折衝は12日、東京都内で2日間の協議を終えた。五輪では暑さ対策として札幌に開催地変更となったマラソンについて、パラリンピックでは従来の計画通りに東京で開催することが確認された。過去の気温、湿度などのデータを収集し、IPCの医事委員会が問題なしと判断した。先月に中東のアラブ首長国連邦(UAE)で行われたパラ陸上の世界選手権での聞き取りでも、東京での開催を支持する選手の声が大多数を占めたという。暑さ対策では、トライアスロンのスタート時刻を当初の予定よりも1時間早い午前6時30分とすることが決まった。<映像内容>記者会見の様子、撮影日:2019(令和元)年12月12日、撮影場所:東京都中央区晴海

    撮影: 2019(令和元)年12月12日

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:03.73
    2019年09月21日
    「新華社」イエメンのフーシ派、サナア奪取5周年で記念集会

    イエメンの武装勢力、フーシ派は21日、首都サナアで大規模な集会を行い、サナア奪取5周年を祝った。同国ではこの日、多くの人が首都での集会に参加し、イエメンの内戦と封鎖の終結を訴えた。フーシ派は2014年9月、首都サナアを奪取し、その後さらにイエメンの南部地区を占拠。ハーディー大統領はサウジアラビアへの亡命を余儀なくされた。サウジなど数カ国が2015年3月にフーシ派に対して発動した軍事行動「決意の嵐」作戦では、アラブ首長国連邦(UAE)なども戦闘機や軍艦、地上部隊を派遣し、作戦に参加した。(記者/聶雲鵬)<映像内容>イエメンの武装勢力フーシ派がサナア奪取5周年の集会を行う様子、撮影日:2019(令和元)年9月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 02:28.50
    2019年05月25日
    「新華社」コンテナ貨物船「中遠海運太陽号」が初めてアラブ首長国連邦に到着

    中国の超大型コンテナ船「コスコ・シッピング・ソーラー(中遠海運太陽)号」が25日、1カ月の航行を経てアラブ首長国連邦(UAE)アブダビのハリファ港にある中遠海運アブダビ埠頭に到着した。これは同コンテナ船が正式に引き渡されて以来初めての商用航海。「中遠海運太陽号」は現在世界最大クラスとなるコンテナ船で、長さ400メートル、幅58・6メートル、最大喫水16メートルで、2万1千TEU(20フィートコンテナ換算)の積載が可能。同コンテナ船は、5月5日に中遠海運アブダビ埠頭に到着した積載能力2万TEUの超大型コンテナ船「コスコ・シッピング・パイシーズ(中遠海運双魚座)号」に続き、同埠頭に到着した2番目の2万TEU超のコンテナ船となった。同コンテナ船は極東と中東の間の快速航路を航行し、4月30日に初めて青島港に到着した。同航路の出航日数は49日間で、合計11の港に停泊する。中遠海運アブダビ埠頭は中国遠洋海運集団有限公司傘下の中遠海運港口有限公司とUAEのアブダビ港務局が共同出資して経営を行っており、中国側が合弁会社の支配株主となっている。同埠頭は2017年11月に建設を開始し、今年4月に営業を開始していた。(記者/蘇小坡)<映像内容>中国の超大型コンテナ船が中遠海運アブダビ埠頭に到着した様子、撮影日:2019(令和元)年5月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 02:16.73
    2019年02月02日
    サッカー日本代表が帰国 アジア杯準優勝

    アラブ首長国連邦で行われたサッカーのアジア・カップで準優勝した森保一監督率いる日本代表が2日、成田空港に帰国した。〈映像内容〉森保監督の囲み、撮影日:2019(平成31)年2月2日、撮影場所:千葉県成田市

    撮影: 2019(平成31)年2月2日

  • 01:40.23
    2018年12月12日
    サッカーアジア杯で森保監督記者会見 日本代表発表

    日本サッカー協会は12日、2大会ぶり5度目の優勝が懸かるアジア・カップ(来年1月5日~2月1日・アラブ首長国連邦)に出場する日本代表23人を発表し、吉田(サウサンプトン)南野(ザルツブルク)堂安(フローニンゲン)らを選出した。ワールドカップ(W杯)ロシア大会後に就任した森保監督の下で、初の公式大会となる。〈映像内容〉森保監督の意気込みやメンバー選出理由などの記者会見、撮影日:2018(平成30)年12月12日、撮影場所:東京都文京区

    撮影: 2018(平成30)年12月12日

  • 02:45.86
    2018年11月27日
    「新華社」ドバイのファッションショー、中国ブランドに注目集まる

    2019年の春夏コレクションを集めたファッションショー「ドバイ・ファッション・デイズ」(DFD)が21日、アラブ首長国連邦のドバイで始まった。世界各国・地域を代表するファッションブランドや有名、新鋭デザイナーらが、訪れた人々の注目を集めている。28日までの開催期間中に行われる28のファッションショーでは、中国のオリジナルアパレルブランドが全体の約半数を占めており、DFD最大の目玉となっている。中東で有名な越境モバイル電子商取引(EC)企業で今回のDFDの独占オンライン販売パートナーでもある浙江執御(ジョリーチック)は、モバイルインターネット技術により、現地の顧客に新しい体験を提供している。消費者はスマートフォンで2次元バーコードをスキャンすることで、実際のショーを見ながらその場で購入でき、またデザイナーとも直接やりとりできるなど、消費体験を高める工夫がされている。開催期間中、中国アラブ・ファッションフォーラムや服飾生地展などの関連イベントも行われ、中東の有名小売業者や世界各地のファッション関係者など、合計2万人以上の来場が見込まれている。<映像内容>ファッションショー「ドバイ・ファッション・デイズ」の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    02:33.38
    2018年11月27日
    「新華社」中国企業の井戸採掘、エジプトの砂漠に活気もたらす

    エジプト中部ミニヤ県から70キロメートル離れた砂漠の奥地で、500馬力の揚水ポンプで汲み上げられた澄んだ地下水が水管から勢いよく噴き出している。中国の中曼石油天然気集団(中曼石油、ZPEC)が砂漠で試掘した井戸30カ所のうちの一つだ。同社は2017年、エジプトの砂漠で実施される大規模農業プロジェクト用に井戸300カ所のボーリング作業を行うことで、アラブ首長国連邦(UAE)の投資会社ジャマル・アルグレア・グループと契約を交わした。試掘井戸では現在、毎時600立方メートルを超える水がわき出ており、単体の井戸の水量としては現時点でエジプト最大だという。李氏によると、中曼石油は2016年にエジプトに進出し、主に農業用井戸のボーリング作業を手がけている。2017年に同社がエジプト軍のために行った井戸38カ所の掘削では、井戸の深さが1200メートルを超えた。ジャマル・アルグレア・グループはこの実績を踏まえ、井戸掘削業務に同社を指名したのだという。(記者/曹佩弦、李碧念)<映像内容>エジプトの砂漠で井戸採掘する様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:11.63
    2018年11月07日
    「新華社」中東のテレビ通販大手、輸入博で特色ある商品を出展

    中国上海市で5日~10日の日程で開催されている第1回中国国際輸入博覧会(輸入博)には、中東のテレビ通販大手「CITRUSS(シトラス)」が地元ならではの商品を出展している。イランのサフランやアラブ首長国連邦(UAE)のラクダの乳、イエメンの蜂蜜など中東・北アフリカの特色ある商品がそろっている。中東CITRUSSの会長兼最高経営責任者(CEO)の孔炯(こう・けい)氏は、輸入博というプラットフォームを通じ中国の人々にこれらの特色ある商品をもっと知ってもらいたいと語る。<映像内容>中東のテレビ通販大手が中国輸入博で地元ならではの商品を出展している様子、撮影日:2018(平成30)年11月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 03:25.90
    2018年10月29日
    温室ガス監視の意義を強調 パリ協定、日本がリード

    宇宙航空研究開発機構(JAXA)などが打ち上げを成功させた温室効果ガス観測衛星「いぶき2号」について、環境省の森本英香事務次官は29日、種子島宇宙センター(鹿児島県)で会見し「二酸化炭素の観測精度が飛躍的に向上する。地球温暖化政策推進に役立つ」と意義を強調した。〈映像内容〉H2Aロケット打ち上げ後の記者会見の様子、出席者は阿部直彦・三菱重工業防衛・宇宙セグメント長、山川宏・JAXA理事長、森本英香・環境省環境事務次官、ハマド・アル・マンスーリ(UAEのムハンマド・ビン・ラーシド宇宙センター総裁)、撮影日:2018(平成30)年10月29日、撮影場所:鹿児島 種子島宇宙センター

    撮影: 2018(平成30)年10月29日

  • 04:40.01
    2018年10月17日
    空撮 2湿地をラムサール登録 志津川湾と葛西海浜公園

    国際的に重要な湿地の保全を目指すラムサール条約の保全対象リストに、宮城県南三陸町の志津川湾と、東京都江戸川区の葛西海浜公園の2カ所が18日、新たに登録された。条約事務局がホームページ上で公表。国内の登録湿地は計52カ所となった。21日からアラブ首長国連邦で始まる締約国会議で認定証が授与される。志津川湾は、水質浄化作用があるアマモなど、多様な海草・海藻類が生い茂り、500種以上の海洋生物のえさ場や生息地となっている。大小の島々が散在し、国の天然記念物コクガンが越冬地としている。葛西海浜公園は、東京湾に流れ込む荒川などの河口に位置する干潟と周辺海域。海水と淡水が混じる汽水域で、二枚貝や甲殻類などが数多く生息するため、ガンやカモ類などの水鳥が2万羽以上飛来する。〈映像内容〉志津川湾の空撮(18日撮影)と、葛西海浜公園の空撮(17日撮影)、撮影日:2018(平成30)年10月17日~18日、撮影場所:東京都 葛西海浜公園、宮城県三陸町 志津川湾

    撮影: 2018(平成30)年10月17日~18日

  • 1