KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • アップグレード
  • サン・マルティン
  • プロジェクトマネージャー
  • マッチ
  • 一帯一路
  • 中国鉄建股份有限公司
  • 予定
  • 事故
  • 内容
  • 列車輸送

「アルゼンチン鉄道」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
1
( 1 1 件を表示)
  • 1
1
( 1 1 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:43.59
    2018年08月28日
    「新華社」【字幕あり】「一帯一路」、アルゼンチン鉄道の新設備導入に力添え

    アルゼンチンの貨物鉄道の一部は設備が古く、平均時速はわずか30キロ余りで事故も頻発している。そこで同国は国内の膨大な輸送体系を改造、アップグレードする「鉄道振興計画」を打ち出した。この機会と「一帯一路」構想推進の下、中国の鉄道設備製造企業、インフラ建設企業が果たしたアルゼンチン市場への参入は、現地の需要と見事にマッチしている。中国・アルゼンチン両国の計画によれば、アルゼンチンは中国から機関車107両、貨車3500両を購入し、サン・マルティン線とベルグラーノ北線の二つの路線で運用する予定。アルゼンチン運輸省が中国鉄建股份有限公司との間で締結したサン・マルティン線改造プロジェクトでは、120カ所の橋、1600キロにわたる鉄道信号システム、400カ所の踏切の設置を含む1626キロに及ぶ鉄道路線の改修が行われる。【解説】中国機械設備工程股份有限公司と中国中車集団が共同開発した貨物輸送列車は、営業時速70キロの安定走行が可能。導入された電子設備により、通信、監視制御などの機能が強化されており、アルゼンチン鉄道輸送の安全性が大きく向上している。中国列車の導入以降、サン・マルティン線の輸送コストは40%下がり、離れていた顧客が再び鉄道輸送を選ぶようになった。そして、より多くのアルゼンチン産穀物が、列車輸送を経て国際市場へと売り出されている。(記者/朱暁光、倪瑞捷)<映像内容>ベルグラーノ北線某プロジェクトマネージャーのインタビュー、貨物鉄道、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※白素材有り要問い合わせ

    商品コード: 2018082904273

  • 1