KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 記者
  • 内容
  • 映像
  • 登録
  • 令和
  • 平成
  • 場所
  • フォト
  • アメール
  • インド

「アンベール」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
42
( 1 42 件を表示)
  • 1
42
( 1 42 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 1999年11月30日
    after war: truck with gas generator

    A man fills the Imbert gas generator of a Ford V8 truck with wood gas. (undated shot) Because gasoline and diesel were scarce, most civilian trucks were converted to wood gas operation during World War II. This 1938 Ford V8 truck received an Imbert gas generator in 1942. (undated image) | usage worldwide、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018062805112

  • 2000年05月21日
    村長と歓談される両陛下 ジュネーブ郊外を散策

    ジュネーブ郊外のマルシッスィー村を訪れ、ジュースを手にアンベール村長(右端)と歓談される天皇、皇后両陛下=21日午前11時20分(代表撮影・共同)

    商品コード: 2000052100098

  • 2005年01月01日
    CHRISTIAN BALE in BATMAN BEGINS (2005), directed by CHRISTOPHER NOLAN.

    CHRISTIAN BALE in BATMAN BEGINS (2005), directed by CHRISTOPHER NOLAN.、クレジット:WARNER BROS./Album/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

    商品コード: 2021051309772

  • 2005年01月01日
    CHRISTIAN BALE in BATMAN BEGINS (2005), directed by CHRISTOPHER NOLAN.

    CHRISTIAN BALE in BATMAN BEGINS (2005), directed by CHRISTOPHER NOLAN.、クレジット:WARNER BROS./JAMES,DAVID/Album/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

    商品コード: 2021031109089

  • 2005年01月01日
    CHRISTIAN BALE in BATMAN BEGINS (2005), directed by CHRISTOPHER NOLAN.

    CHRISTIAN BALE in BATMAN BEGINS (2005), directed by CHRISTOPHER NOLAN.、クレジット:WARNER BROS./JAMES,DAVID/Album/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

    商品コード: 2021031109054

  • 2005年01月01日
    CHRISTIAN BALE and MICHAEL CAINE in BATMAN BEGINS (2005), directed by CHRISTOPHER NOLAN.

    CHRISTIAN BALE and MICHAEL CAINE in BATMAN BEGINS (2005), directed by CHRISTOPHER NOLAN.、クレジット:WARNER BROS./JAMES,DAVID/Album/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

    商品コード: 2021031108886

  • 06:07.26
    2015年07月23日
    ガリガリ君で暑中見舞い 特製かもめーる販売開始

    日本郵便と赤城乳業は23日、暑中見舞いはがき「かもめーる」を受け取った人が、人気アイスキャンディー「ガリガリ君」をもらえるキャンペーンを始めた。この日、東京都内で開かれたイベントには、ガリガリ君と日本郵便のキャラクター「ぽすくま」が登場。集まった子供らの前で、かもめーるを手におどけたポーズを取るなどしてPRした。日本郵便によると、かもめーるを10枚以上購入し、アンケートに答えると、「ガリガリ君つきかもめーる」1枚がもらえる。そのかもめーるを受け取った人がローソンに持って行くと、ガリガリ君ソーダ1本をもらえる。都内の日本郵便で取り扱い、1万枚限定。配布期間は8月28日まで。日本郵便は「涼が贈れる暑中見舞いの新しい形」としている。〈映像内容〉ガリガリ君、ぽすくまによるPR、特製ポストのアンベール、ガリガリ君、ぽすくまフォトセッションなど、撮影日:2015(平成27)年7月23日、撮影場所:東京都内

    商品コード: 2019060301830

  • 06:06.96
    2017年02月22日
    「鉄腕アトム」が家庭に AI搭載のロボット開発

    講談社などは22日、漫画家の手塚治虫さんの「鉄腕アトム」にそっくりな、人工知能(AI)搭載のロボットを作る「ATOMプロジェクト」を発表した。講談社が4月に創刊する週刊誌に付属するパーツを、読者が組み立ててロボットを完成させる仕組み。人の顔を認識し会話するといった機能を備える。<映像内容>「ATOMプロジェクト」発足及びコミュニケーション・ロボット『週刊 鉄腕アトムを作ろう!』創刊発表会」の雑観、「ATOM」のアンベールや自己紹介、フォトセッション、「ATOM」物撮りなど、撮影日:2017(平成29)年2月22日、撮影場所:東京都内

    商品コード: 2019081604887

  • 04:05.71
    2017年03月06日
    全日空ハワイ便A380 2階建て機にウミガメ親子

    全日空は6日、2019年春にホノルル便に就航予定の総2階建て超大型機エアバスA380を、ウミガメの親子を描いたデザインにすると発表した。ウミガメはハワイで「ホヌ」と呼ばれる神聖な生き物で、幸福や繁栄の象徴。愛称は「FLYING HONU(空飛ぶウミガメ)」。全日空の募集に対し2197件の応募があり、東京都の会社経営増岡千啓さん(51)のデザインを採用した。〈映像内容〉エアバス模型のアンベール、デザインした増岡さんのステージ登場やトーク、篠辺修社長のコメント、フォトセッション、模型のブツ撮りなど。

    商品コード: 2017090201314

  • 02:12.69
    2017年08月01日
    国産カヌー実験艇お披露目 東洋大など、東京五輪へ

    国産カヌーの開発を目指す東洋大などは1日、東京都内で記者会見し、完成したカヌーの実験艇をお披露目した。今後は2020年東京五輪での日本選手への供給を目標に、試合用のカヌーの製作に入る。トップ選手が使うカヌーは、ほとんどが東欧製という。東洋大が民間企業と協力して開発するのはスラローム種目用で、名前は「水走(みつは」。へさきや底の形を工夫して水の抵抗を減らしたほか、日本人の体格に合わせてコックピットの幅を狭める設計などにした。〈映像内容〉発表記者会見の様子。開会あいさつや、開発責任者の望月修・東洋大理工学部教授によるコンセプトの説明、カヌーのアンベールなど雑観と、望月教授インタビューなど。

    商品コード: 2017090200163

  • 02:50.00
    2017年09月19日
    AK47開発者 モスクワでカラシニコフ氏の銅像除幕

    世界の紛争地で今日も広く使われ「人類史上、最も多くの人を殺した武器」と称される自動小銃AK47を開発したロシア人銃器設計者の故ミハイル・カラシニコフ氏の銅像の除幕式が19日、モスクワ中心部で開かれた。高さ4メートルの台座に立ち、自動小銃を構えた銅像は高さ5メートル。数々の武器を開発したカラシニコフ氏の功績を顕彰し、モスクワ市議会やロシア軍需関連国営企業ロステフの主導で設置された。<映像内容>AK47を構えたカラシニコフ氏の銅像と、音楽隊がマーチを演奏したり、献花したりする様子。すぐ近くにできた記念碑など。※アンベールの映像はありません。取材は現地時間19日午前10時半から11時半ごろまで。

    商品コード: 2017092000733

  • 03:46.02
    2017年10月12日
    土俵の上で新車披露 フェラーリが70周年祝い

    今年創立70年のイタリアの高級車メーカー「フェラーリ」が12日、70年記念イベントを両国国技館で行い、吊り屋根の下の土俵上に最新の限定シリーズモデルが登場した。12日行われたのは、フェラーリ70周年記念日本イベント「Driven By Emotion(情熱に突き動かされて)」の発表会。12日のイベントは、大相撲の太鼓とともに始まり、行司の呼び出しパフォーマンスの後、最新の限定シリーズモデル「LaFerrari Aperta」の幕が落とされた。会場の外では、70年の歴史を彩ってきたフェラーリの名車の数々が展示された。展示は13日までで、13日と14日は、フェラーリの名車が富士山や三重県の伊勢神宮など日本各地のスポットを駆け抜けるラリーイベントが行われる。<映像内容>会場雑観、フェラーリ極東・中東エリア統括CEOのディーター・クネヒテル氏の説明、行司の呼び出しパフォーマンス、アンベール、フォトセッション、最新の限定シリーズモデルの物撮り、会場外展示など。撮影は12日午後3時ごろから午後4時45分ごろ、両国国技館で。※発表会には「フェラーリ70周年記念日本イベント『Driven By Emotion』プレスカンファレンス」(英字とスペースは半角)、14日までのイベントには「フェラーリ70周年記念日本イベント『Driven By Emotion』」(同)を入れるよう、主催者から要請があります。ご注意ください。

    商品コード: 2017101300532

  • 03:02.64
    2018年04月27日
    W杯トロフィーが日本に 羽田でセレモニー

    6月14日に開幕するサッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会を前に、世界を巡回する優勝トロフィーが27日、専用機で羽田空港に到着してセレモニーが行われた。式典には国際サッカー連盟(FIFA)のサムラ事務局長、W杯優勝経験者の元ブラジル代表ジウベルトシウバ氏らが出席。日本サッカー協会の田嶋幸三(たしま・こうぞう)会長は「ロシアで、このトロフィーに一歩でも近づきたい」とあいさつした。〈映像内容〉特別機前で行われたセレモニー、田嶋会長らのあいさつ、フォトセッション、トロフィーアンベールなど、撮影日:2018(平成30)年4月27日、撮影場所:羽田空港

    商品コード: 2018042701212

  • 2019年01月08日
    フランス芸術家が福州で始めた「漆人生」

    8日、福州市の朱紫坊漆学堂で漆工芸を学ぶフランスの芸術家ドミニク・アンベールさん(左)。中国福建省福州市で昨年開催された福州国際漆工芸ビエンナーレに出展したフランスの芸術家ローレンス・クラインさんとドミニク・アンベールさんは、福州の漆工芸に魅了され、現地に留まり専門家の教えを乞うことを決意。短いながらも充実した「漆人生」をスタートさせた。中国の天然漆の歴史は8千年以上に及ぶ。福州は中国で「脱胎漆器(だったいしっき、芯材を持たない漆器)の都」と呼ばれ、近代漆器工芸が盛んなことで知られており、その漆塗り技術は2006年、国家級無形文化遺産の第1次リストに登録された。(福州=新華社記者/林善伝)=2019(平成31)年1月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019011517216

  • 2019年01月08日
    フランス芸術家が福州で始めた「漆人生」

    8日、福州市の朱紫坊漆学堂で漆塗りの技術を学ぶフランスの芸術家ローレンス・クラインさん(右端)とドミニク・アンベールさん(右から2番目)。中国福建省福州市で昨年開催された福州国際漆工芸ビエンナーレに出展したフランスの芸術家ローレンス・クラインさんとドミニク・アンベールさんは、福州の漆工芸に魅了され、現地に留まり専門家の教えを乞うことを決意。短いながらも充実した「漆人生」をスタートさせた。中国の天然漆の歴史は8千年以上に及ぶ。福州は中国で「脱胎漆器(だったいしっき、芯材を持たない漆器)の都」と呼ばれ、近代漆器工芸が盛んなことで知られており、その漆塗り技術は2006年、国家級無形文化遺産の第1次リストに登録された。(福州=新華社記者/林善伝)=2019(平成31)年1月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019011516762

  • 2019年01月08日
    フランス芸術家が福州で始めた「漆人生」

    8日、フランスの芸術家ローレンス・クラインさん(左端)とドミニク・アンベールさん(右端)に漆塗りの古琴の制作技法を解説する福州市漆芸研究院の阮界望(げん・かいぼう)副院長(中央)。中国福建省福州市で昨年開催された福州国際漆工芸ビエンナーレに出展したフランスの芸術家ローレンス・クラインさんとドミニク・アンベールさんは、福州の漆工芸に魅了され、現地に留まり専門家の教えを乞うことを決意。短いながらも充実した「漆人生」をスタートさせた。中国の天然漆の歴史は8千年以上に及ぶ。福州は中国で「脱胎漆器(だったいしっき、芯材を持たない漆器)の都」と呼ばれ、近代漆器工芸が盛んなことで知られており、その漆塗り技術は2006年、国家級無形文化遺産の第1次リストに登録された。(福州=新華社記者/林善伝)=2019(平成31)年1月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019011517090

  • 2019年01月08日
    フランス芸術家が福州で始めた「漆人生」

    8日、福州市の朱紫坊漆学堂で漆箸の塗り方を学ぶフランスの芸術家ローレンス・クラインさん。中国福建省福州市で昨年開催された福州国際漆工芸ビエンナーレに出展したフランスの芸術家ローレンス・クラインさんとドミニク・アンベールさんは、福州の漆工芸に魅了され、現地に留まり専門家の教えを乞うことを決意。短いながらも充実した「漆人生」をスタートさせた。中国の天然漆の歴史は8千年以上に及ぶ。福州は中国で「脱胎漆器(だったいしっき、芯材を持たない漆器)の都」と呼ばれ、近代漆器工芸が盛んなことで知られており、その漆塗り技術は2006年、国家級無形文化遺産の第1次リストに登録された。(福州=新華社記者/林善伝)=2019(平成31)年1月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019011517225

  • 2019年01月08日
    フランス芸術家が福州で始めた「漆人生」

    8日、フランスの芸術家ローレンス・クラインさん(中央)とドミニク・アンベール(奥右)に脱胎技法を解説する福州市漆芸研究院の阮界望(げん・かいぼう)副院長(奥左)。中国福建省福州市で昨年開催された福州国際漆工芸ビエンナーレに出展したフランスの芸術家ローレンス・クラインさんとドミニク・アンベールさんは、福州の漆工芸に魅了され、現地に留まり専門家の教えを乞うことを決意。短いながらも充実した「漆人生」をスタートさせた。中国の天然漆の歴史は8千年以上に及ぶ。福州は中国で「脱胎漆器(だったいしっき、芯材を持たない漆器)の都」と呼ばれ、近代漆器工芸が盛んなことで知られており、その漆塗り技術は2006年、国家級無形文化遺産の第1次リストに登録された。(福州=新華社記者/林善伝)=2019(平成31)年1月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019011516889

  • 2019年01月08日
    フランス芸術家が福州で始めた「漆人生」

    8日、福州市の朱紫坊漆学堂で漆箸の作り方を学ぶ、フランスの芸術家ローレンス・クラインさん。中国福建省福州市で昨年開催された福州国際漆工芸ビエンナーレに出展したフランスの芸術家ローレンス・クラインさんとドミニク・アンベールさんは、福州の漆工芸に魅了され、現地に留まり専門家の教えを乞うことを決意。短いながらも充実した「漆人生」をスタートさせた。中国の天然漆の歴史は8千年以上に及ぶ。福州は中国で「脱胎漆器(だったいしっき、芯材を持たない漆器)の都」と呼ばれ、近代漆器工芸が盛んなことで知られており、その漆塗り技術は2006年、国家級無形文化遺産の第1次リストに登録された。(福州=新華社記者/林善伝)=2019(平成31)年1月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019011517069

  • 2019年01月08日
    フランス芸術家が福州で始めた「漆人生」

    8日、フランスの芸術家ローレンス・クラインさん(左から2番目)とドミニク・アンベール(左端)に漆工芸の制作方法や知識を教える福州市漆芸研究院の阮界望(げん・かいぼう)副院長(前列右)。中国福建省福州市で昨年開催された福州国際漆工芸ビエンナーレに出展したフランスの芸術家ローレンス・クラインさんとドミニク・アンベールさんは、福州の漆工芸に魅了され、現地に留まり専門家の教えを乞うことを決意。短いながらも充実した「漆人生」をスタートさせた。中国の天然漆の歴史は8千年以上に及ぶ。福州は中国で「脱胎漆器(だったいしっき、芯材を持たない漆器)の都」と呼ばれ、近代漆器工芸が盛んなことで知られており、その漆塗り技術は2006年、国家級無形文化遺産の第1次リストに登録された。(福州=新華社記者/林善伝)=2019(平成31)年1月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019011517218

  • 2019年01月08日
    フランス芸術家が福州で始めた「漆人生」

    8日、福州市の朱紫坊漆学堂で漆箸の研磨効果について話し合うフランスの芸術家ローレンス・クラインさん(右端)とドミニク・アンベールさん(右から2番目)。中国福建省福州市で昨年開催された福州国際漆工芸ビエンナーレに出展したフランスの芸術家ローレンス・クラインさんとドミニク・アンベールさんは、福州の漆工芸に魅了され、現地に留まり専門家の教えを乞うことを決意。短いながらも充実した「漆人生」をスタートさせた。中国の天然漆の歴史は8千年以上に及ぶ。福州は中国で「脱胎漆器(だったいしっき、芯材を持たない漆器)の都」と呼ばれ、近代漆器工芸が盛んなことで知られており、その漆塗り技術は2006年、国家級無形文化遺産の第1次リストに登録された。(福州=新華社記者/林善伝)=2019(平成31)年1月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019011516871

  • 01:17.07
    2019年01月28日
    愛称はフィールドキャスト 東京五輪ボランティア

    2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は28日、競技会場や選手村などで運営に関わる大会ボランティアやスタッフの愛称が「フィールドキャスト」に決まったと発表した。キャストには「配役」の意味がある。最終候補4案から、20日まで行われたボランティア応募者による投票で選ばれた。投票総数3万7739票のうち、1万6187票を獲得した。〈映像内容〉会場雑観、アンベール、出席者トーク、フォトセッション、物撮り(ボード)など、撮影日:2019(平成31)年1月28日、撮影場所:東京都内

    商品コード: 2019012824608

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    02:06.62
    2019年03月20日
    聖火トーチは桜のデザイン 仮設住宅のアルミ活用

    2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は20日、五輪の聖火リレーで使うトーチを発表した。桜の花をデザインに取り入れて日本らしさを表現したほか、東日本大震災被災地の仮設住宅で使われたアルミサッシの廃材を使い、復興への願いを込めた。長さ71センチ、重さ1・2キロで、上部から見ると桜の花の形をしている。色は桜色と金色を合わせた「桜ゴールド」になった。使ったアルミのうち約3割は岩手、宮城、福島の被災3県の仮設住宅計824戸で使われていたもの。〈映像内容〉聖火リレーアンバサダーとして野村忠宏氏の入り、聖火リレーのトーチ発表、デザイナー吉岡徳仁さんと野村忠宏氏によるアンベール、フォトセッション、トーチ物撮りなど、撮影日:2019(平成31)年3月20日、撮影場所:東京都港区

    商品コード: 2019032201431

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:25.41
    2019年03月25日
    東京パラの聖火トーチも「桜」 都内で発表会

    2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は25日、パラリンピック聖火リレーのトーチを発表した。20日に発表した五輪トーチの色違いで、五輪の「桜ゴールド」よりもピンクが強い「桜ピンク」。パラリンピックの精神を表現する「勇気」「公平」など四つの言葉の点字を入れる。五輪トーチと同様、東日本大震災の仮設住宅のアルミ廃材を使っている。聖火リレーの日程も発表。来年8月13日から全国各地で元となる火を採り、21日に東京で集めて聖火とする。聖火は25日の開会式まで都内を巡る。18~21日には競技会場のある静岡、千葉、埼玉の各県でもリレーを行う。共生社会の実現を理念に「新しいパートナーシップ」を体現するため、原則として初対面の3人が一組となり、1人1本トーチを持って走る。<映像内容>「東京2020パラリンピック聖火リレー記者発表会」の様子、組織委員会の森喜朗会長あいさつ、聖火リレーの広報を担う公式アンバサダーに就任した元パラリンピック射撃代表の田口亜希さんあいさつ、トーチデザイナー吉岡徳仁さんのトーク、トーチのアンベール(田口さん、吉岡さん、組織委アスリート委員で元バドミントン代表の池田信太郎さん)、フォトセッション、フォトセッション、質疑応答、トーチなどの物撮りなど、撮影日:2019(平成31)年3月25日、撮影場所:東京都港区 虎ノ門ヒルズ

    商品コード: 2019032602531

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:05.93
    2019年05月20日
    伝承施設マークの標識披露 震災風化防止へ岩手・宮古

    国土交通省東北地方整備局などでつくる協議会は20日、東日本大震災の被害や教訓を伝える「震災伝承施設」を示すマークを用いた初の案内標識を、岩手県宮古市田老地区で披露した。〈映像内容〉完成式典の様子や標識のアンベール、ブツ撮り、震災遺構の「たろう観光ホテル」と、堤防の長さから〝万里の長城〟とも呼ばれた田老防潮堤、撮影日:2019(平成31)年5月20日、撮影場所:岩手県宮古市 ※写真を切り出して静止画として使用することはできません。

    商品コード: 2019052007178

  • 2019年10月25日
    インドが誇る世界遺産の街「ジャイプール」をゆく

    25日、観光客を乗せて「シティ・パレス」の中を通り抜けてゆく馬車。インド・ラジャスタン州の州都であり、首都ニューデリーの南西に位置するジャイプールは、1727年にマハラジャのサワイ・ジャイ・シング2世によって築かれた同国の有名な観光都市の一つ。「シティ・パレス」や「アンベール城」(アメール・フォート)、「ハワーマハル」(風の宮殿)といったインド独特の建物を擁し、機械や絹織物、綿織物および宝石加工の街としても知られる。ジャイプール市街は2019年に世界遺産として登録された。(ニューデリー=新華社記者/張迺傑)=2019(令和元)年10月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019110501061

  • 01:50.01
    2019年10月25日
    聖火到着式や輸送機発表 吉田さん野村さんが担当

    東京五輪・パラリンピック組織委は25日、来年3月に開かれる五輪聖火の到着式の概要を発表し、聖火を輸送する特別輸送機の模型もお披露目した。空輸は日航と全日空が共同で運輸し、五輪メダリストの吉田沙保里さんと野村忠宏さんが同行して運んでくる。<映像内容>森喜朗組織委員会会長あいさつ、サンドウィッチマンによる式の概要説明、吉田さんと野村さんのコメント、日航・赤坂祐二社長と全日空・平子裕志社長による輸送機模型のアンベール。両社長のコメント。フォトセッション、模型物取り、撮影日:2019(令和元)年10月25日、撮影場所:東京都中央区

    商品コード: 2019102901780

  • 2019年10月26日
    インドが誇る世界遺産の街「ジャイプール」をゆく

    26日、「ハワーマハル」の内部を彩るステンドグラス。インド・ラジャスタン州の州都であり、首都ニューデリーの南西に位置するジャイプールは、1727年にマハラジャのサワイ・ジャイ・シング2世によって築かれた同国の有名な観光都市の一つ。「シティ・パレス」や「アンベール城」(アメール・フォート)、「ハワーマハル」(風の宮殿)といったインド独特の建物を擁し、機械や絹織物、綿織物および宝石加工の街としても知られる。ジャイプール市街は2019年に世界遺産として登録された。(ニューデリー=新華社記者/張迺傑)=2019(令和元)年10月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019110501075

  • 2019年10月26日
    インドが誇る世界遺産の街「ジャイプール」をゆく

    26日、「アンベール城」から見下ろしたジャイプールの街並み。インド・ラジャスタン州の州都であり、首都ニューデリーの南西に位置するジャイプールは、1727年にマハラジャのサワイ・ジャイ・シング2世によって築かれた同国の有名な観光都市の一つ。「シティ・パレス」や「アンベール城」(アメール・フォート)、「ハワーマハル」(風の宮殿)といったインド独特の建物を擁し、機械や絹織物、綿織物および宝石加工の街としても知られる。ジャイプール市街は2019年に世界遺産として登録された。(ニューデリー=新華社記者/張迺傑)=2019(令和元)年10月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019110501032

  • 2019年10月26日
    インドが誇る世界遺産の街「ジャイプール」をゆく

    26日、「アンベール城」の内部にある庭園。インド・ラジャスタン州の州都であり、首都ニューデリーの南西に位置するジャイプールは、1727年にマハラジャのサワイ・ジャイ・シング2世によって築かれた同国の有名な観光都市の一つ。「シティ・パレス」や「アンベール城」(アメール・フォート)、「ハワーマハル」(風の宮殿)といったインド独特の建物を擁し、機械や絹織物、綿織物および宝石加工の街としても知られる。ジャイプール市街は2019年に世界遺産として登録された。(ニューデリー=新華社記者/張迺傑)=2019(令和元)年10月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019110500989

  • 2019年10月26日
    インドが誇る世界遺産の街「ジャイプール」をゆく

    26日、インド・ラジャスタン州の州都ジャイプールにある宝石加工工場で加工した宝石。インド・ラジャスタン州の州都であり、首都ニューデリーの南西に位置するジャイプールは、1727年にマハラジャのサワイ・ジャイ・シング2世によって築かれた同国の有名な観光都市の一つ。「シティ・パレス」や「アンベール城」(アメール・フォート)、「ハワーマハル」(風の宮殿)といったインド独特の建物を擁し、機械や絹織物、綿織物および宝石加工の街としても知られる。ジャイプール市街は2019年に世界遺産として登録された。(ニューデリー=新華社記者/張迺傑)=2019(令和元)年10月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019110500995

  • 2019年10月26日
    インドが誇る世界遺産の街「ジャイプール」をゆく

    26日、「アンベール城」の城壁に施された象眼細工。インド・ラジャスタン州の州都であり、首都ニューデリーの南西に位置するジャイプールは、1727年にマハラジャのサワイ・ジャイ・シング2世によって築かれた同国の有名な観光都市の一つ。「シティ・パレス」や「アンベール城」(アメール・フォート)、「ハワーマハル」(風の宮殿)といったインド独特の建物を擁し、機械や絹織物、綿織物および宝石加工の街としても知られる。ジャイプール市街は2019年に世界遺産として登録された。(ニューデリー=新華社記者/張迺傑)=2019(令和元)年10月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019110501070

  • 2019年10月26日
    インドが誇る世界遺産の街「ジャイプール」をゆく

    26日、「ハワーマハル」を見学する観光客。インド・ラジャスタン州の州都であり、首都ニューデリーの南西に位置するジャイプールは、1727年にマハラジャのサワイ・ジャイ・シング2世によって築かれた同国の有名な観光都市の一つ。「シティ・パレス」や「アンベール城」(アメール・フォート)、「ハワーマハル」(風の宮殿)といったインド独特の建物を擁し、機械や絹織物、綿織物および宝石加工の街としても知られる。ジャイプール市街は2019年に世界遺産として登録された。(ニューデリー=新華社記者/張迺傑)=2019(令和元)年10月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019110501074

  • 2019年10月27日
    インドが誇る世界遺産の街「ジャイプール」をゆく

    27日、「アンベール城」から見下ろしたジャイプールの街並み。インド・ラジャスタン州の州都であり、首都ニューデリーの南西に位置するジャイプールは、1727年にマハラジャのサワイ・ジャイ・シング2世によって築かれた同国の有名な観光都市の一つ。「シティ・パレス」や「アンベール城」(アメール・フォート)、「ハワーマハル」(風の宮殿)といったインド独特の建物を擁し、機械や絹織物、綿織物および宝石加工の街としても知られる。ジャイプール市街は2019年に世界遺産として登録された。(ニューデリー=新華社記者/張迺傑)=2019(令和元)年10月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019110501076

  • 2019年10月27日
    インドが誇る世界遺産の街「ジャイプール」をゆく

    27日、「アンベール城」から見下ろしたジャイプールの街並み。インド・ラジャスタン州の州都であり、首都ニューデリーの南西に位置するジャイプールは、1727年にマハラジャのサワイ・ジャイ・シング2世によって築かれた同国の有名な観光都市の一つ。「シティ・パレス」や「アンベール城」(アメール・フォート)、「ハワーマハル」(風の宮殿)といったインド独特の建物を擁し、機械や絹織物、綿織物および宝石加工の街としても知られる。ジャイプール市街は2019年に世界遺産として登録された。(ニューデリー=新華社記者/張迺傑)=2019(令和元)年10月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019110501029

  • 01:44.03
    2020年02月07日
    「金」20個の目標を発表 東京パラでJPC記者会見

    東京パラリンピック開幕まで200日となった7日、日本パラリンピック委員会(JPC)が東京都内で記者会見し、日本選手団の金メダル目標を20個と発表した。「金」なしだった前回リオデジャネイロ大会からの大飛躍へ、団長を務めるJPCの河合純一委員長は「選手が最高のパフォーマンスを発揮した結果、到達する目標と信じている」と期待を込めた。リオは銀10、銅14の合計24個だった。日本の金メダル獲得は、04年アテネ大会と1988年ソウル大会の17個が最多。JPCは総メダル数の目標は示さなかったが、高橋秀文副委員長は「過去最多だったアテネ大会の52個を超えられるのではないか」と述べた。競技やスタッフ、ファンの垣根なく一丸となって戦うとのコンセプトで「チームパラリンピックジャパン」を結成。「超えろ、みんなで。」のスローガンと、日の丸をモチーフとしたロゴマークも発表した。<映像内容>都内で開かれた「TEAM PARALYMPIC JAPAN(チームパラリンピックジャパン)」記者発表会の様子、河合団長と車いすテニス男子の国枝慎吾選手(向かって左)によるスローガンとロゴマークのアンベール、高橋副委員長のプレゼンテーション、河合団長と国枝選手のトーク、高橋副委員長のメダル目標発表、撮影日:2020(令和2)年2月7日、撮影場所:東京都中央区日本橋蛎殻町2のユニゾ水天宮ビル

    商品コード: 2020021409836

  • 2020年09月02日
    1回戦敗退の杉田祐一 全米オープンテニス第2日

    男子シングルス1回戦 ウーゴ・アンベールに敗れた杉田祐一=ニューヨーク(USA TODAY・ロイター=共同)

    商品コード: 2020090202915

  • 2020年09月02日
    敗れた杉田祐一 全米オープンテニス第2日

    男子シングルス1回戦 ウーゴ・アンベールに敗れた杉田祐一=ニューヨーク(USA TODAY・ロイター=共同)

    商品コード: 2020090202914

  • 02:57.64
    2020年12月03日
    ドコモ新プラン、20ギガで月2980円 井伊社長記者会見

    NTTドコモは3日、容量20ギガバイトで月2980円(税別)の新たな携帯電話料金プラン「ahamo(アハモ)」を来年3月から提供すると発表した。契約などの手続きはオンラインで行い、店舗では扱わない。同じ20ギガバイトの比較ではKDDI(au)、ソフトバンクの格安ブランドより安く、携帯大手3社では最安値の水準となる。東京都内で記者会見したNTTドコモの井伊基之社長は、現行の料金プランの値下げは月内に追加で発表すると明らかにした。<映像内容>NTTドコモの井伊社長の記者会見、プレゼンテーション、新プラン発表のアンベール演出、フォトセッションなど、撮影日:2020(令和2)年12月3日、撮影場所:東京都渋谷区

    商品コード: 2020120805853

  • 02:01.22
    2020年12月03日
    ハーレー初の電動バイク 神田明神で展示イベント

    ハーレーダビッドソンジャパンは3日、同社初の電動スポーツバイク「ライブワイヤー(LiveWire)」の予約販売を始めた。発表式は東京・神田明神で開かれ、車両は6日まで展示される。落語家の立川吉笑さんが〝ハーレー落語〟を披露したほか、交通安全祈願も行われた。価格は349万3600円。クラッチ操作は必要なく約3秒で時速100キロに達する。100%充電時の最大航続距離は市街地で約235㌔。<映像内容>発売発表会であいさつする刀祢一彦(とねかずひこ)フィールドオペレーションズディレクター、アンベール、屋外で行われたハーレー落語や安全祈願のお祓い、車両ブツ撮りなど、撮影日:2020(令和2)年12月3日、撮影場所:東京都

    商品コード: 2020120805851

  • 02:21.87
    2021年06月22日
    五輪・パラの象徴ポスター 野老氏ら製作の2種決定、発表会

    東京五輪・パラリンピック組織委員会は22日、東京大会を象徴する「アイコニックポスター」2種類が決まったと発表した。五輪は大会エンブレム作者で美術家の野老朝雄さん、パラは3人組のグラフィックデザイナー「GOO・CHOKI・PAR(グー・チョキ・パー)」の作品が選ばれた。駅などで掲示されるという。既に公開されている五輪をテーマにした12作品、パラの8作品からそれぞれ1作品を選出した。<映像内容>会場外観、「東京2020公式アートポスター アイコニックポスター発表イベント」の様子、アンベール、野老氏とグー・チョキ・パーの感想、フォトセッション、作品物撮りなど、撮影日:2021(令和3)年6月22日、撮影場所:東京都新宿区

    商品コード: 2021062304087

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:33.62
    2021年07月13日
    復興モニュメント披露 被災地の仮設住宅再利用

    東京五輪・パラリンピック組織委員会は13日、国立競技場近くにある聖徳記念絵画館前に「東京2020 復興のモニュメント(記念碑)」3基を設置し、披露した。東日本大震災で甚大な被害を受けた岩手、宮城、福島の3県の、仮設住宅のアルミ建材を再利用し、大会開催理念の一つ「復興五輪」を印象づける狙いがある。 <映像内容>組織委の山本隆(やまもと・たかし)副事務総長あいさつ、アンベール、リオデジャネイロ五輪のバドミントンの金メダリストの高橋礼華(たかはし・あやか)さんあいさつ、フォトセッション、ブツ撮りなど、撮影日:2021(令和3)年7月13日、撮影場所:東京都新宿区

    商品コード: 2021071404057

  • 1