KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • エスタレージャ
  • エスピーニョ
  • サン
  • ジョアン
  • マデイラ
  • 児童
  • 公立小学校
  • 学ぶ
  • 小中学校
  • 平成

「アヴェイロ県」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
5
( 1 5 件を表示)
  • 1
5
( 1 5 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2018年11月21日
    小さな町に響き渡る読書の声ポルトガルの「中国語ブーム」

    11月21日、ポルトガル北部のアベイロ県エスタレージャ市アバンカ地区にあるマット小学校で中国語の公開授業を行う、ポルトガル人女性教師のサラ・ソウザさんとアヴェイロ大学孔子学院の中国人教師、孫蕊蕊(そん・ずいずい)さん(右)。マット小学校は、ポルトガルのアベイロ県が今年9月に新たに中国語クラスを開設した学校。同県は早くも2013年7月に、初の中国語クラスを現地の小学校に開設した。現地の「中国語ブーム」は近年、高まり続けている。現在、同県のサン・ジョアン・ダ・マデイラ市、エスピーニョ市、エスタレージャ市の小中学校で中国語を学ぶ児童・生徒は約2200人に上り、中国語はすでにこの3市全ての公立小学校で学ぶ3、4年生の必修科目となっている。また、アベイロ大学孔子学院が開設した中国語クラスで学ぶ人の数も急増している。(エスタレージャ=新華社記者/張立雲)=2018(平成30)年11月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018121021047

  • 2018年11月21日
    小さな町に響き渡る読書の声ポルトガルの「中国語ブーム」

    11月21日、ポルトガル北部のアベイロ県エスタレージャ市アバンカ地区にあるマット小学校で、中国の十二支を学ぶ児童。マット小学校は、ポルトガルのアベイロ県が今年9月に新たに中国語クラスを開設した学校。同県は早くも2013年7月に、初の中国語クラスを現地の小学校に開設した。現地の「中国語ブーム」は近年、高まり続けている。現在、同県のサン・ジョアン・ダ・マデイラ市、エスピーニョ市、エスタレージャ市の小中学校で中国語を学ぶ児童・生徒は約2200人に上り、中国語はすでにこの3市全ての公立小学校で学ぶ3、4年生の必修科目となっている。また、アベイロ大学孔子学院が開設した中国語クラスで学ぶ人の数も急増している。(エスタレージャ=新華社記者/張立雲)=2018(平成30)年11月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018121021170

  • 2018年11月21日
    小さな町に響き渡る読書の声ポルトガルの「中国語ブーム」

    11月21日、ポルトガル北部のアベイロ県エスタレージャ市アバンカ地区にあるマット小学校で児童に中国の十二支を教えるアヴェイロ大学孔子学院の中国人教師、孫蕊蕊(そん・ずいずい)さん(左)。マット小学校は、ポルトガルのアベイロ県が今年9月に新たに中国語クラスを開設した学校。同県は早くも2013年7月に、初の中国語クラスを現地の小学校に開設した。現地の「中国語ブーム」は近年、高まり続けている。現在、同県のサン・ジョアン・ダ・マデイラ市、エスピーニョ市、エスタレージャ市の小中学校で中国語を学ぶ児童・生徒は約2200人に上り、中国語はすでにこの3市全ての公立小学校で学ぶ3、4年生の必修科目となっている。また、アベイロ大学孔子学院が開設した中国語クラスで学ぶ人の数も急増している。(エスタレージャ=新華社記者/張立雲)=2018(平成30)年11月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018121021155

  • 2018年11月21日
    小さな町に響き渡る読書の声ポルトガルの「中国語ブーム」

    11月21日、ポルトガル北部のアベイロ県エスタレージャ市アバンカ地区にあるマット小学校で、手作りした貼り絵を見せる児童。マット小学校は、ポルトガルのアベイロ県が今年9月に新たに中国語クラスを開設した学校。同県は早くも2013年7月に、初の中国語クラスを現地の小学校に開設した。現地の「中国語ブーム」は近年、高まり続けている。現在、同県のサン・ジョアン・ダ・マデイラ市、エスピーニョ市、エスタレージャ市の小中学校で中国語を学ぶ児童・生徒は約2200人に上り、中国語はすでにこの3市全ての公立小学校で学ぶ3、4年生の必修科目となっている。また、アベイロ大学孔子学院が開設した中国語クラスで学ぶ人の数も急増している。(エスタレージャ=新華社記者/張立雲)=2018(平成30)年11月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018121021091

  • 2018年11月21日
    小さな町に響き渡る読書の声ポルトガルの「中国語ブーム」

    11月21日、ポルトガル北部のアベイロ県エスタレージャ市アバンカ地区にあるマット小学校で、中国の十二支を学ぶ児童。マット小学校は、ポルトガルのアベイロ県が今年9月に新たに中国語クラスを開設した学校。同県は早くも2013年7月に、初の中国語クラスを現地の小学校に開設した。現地の「中国語ブーム」は近年、高まり続けている。現在、同県のサン・ジョアン・ダ・マデイラ市、エスピーニョ市、エスタレージャ市の小中学校で中国語を学ぶ児童・生徒は約2200人に上り、中国語はすでにこの3市全ての公立小学校で学ぶ3、4年生の必修科目となっている。また、アベイロ大学孔子学院が開設した中国語クラスで学ぶ人の数も急増している。(エスタレージャ=新華社記者/張立雲)=2018(平成30)年11月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018121020984

  • 1