KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • エッセンス
  • エリア
  • オブジェ
  • グルメ
  • ゲーム
  • ショー
  • スポット
  • タイ
  • テーマ
  • ドローン

「アーモンドビスケット」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
2
( 1 2 件を表示)
  • 1
2
( 1 2 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • -
    Amandines de Provence

    Amandines de Provence - Biscuits H. Lalo. A poster from the Paris Exposition advertising French food and showing a woman eating almond biscuits.、クレジット:World History Archive/ニューズコム/共同通信イメージズ※エディトリアル使用のみ。広告、プロモーション、商業目的での利用に関してはお問合せください。

    商品コード: 2019070900157

  • 02:46.18
    2018年12月02日
    「新華社」マカオ·ライトフェスティバル開幕時の旅がテーマ

    中国のマカオ特別行政区政府観光局が主催するライトアップイベント「2018マカオ・ライトフェスティバル(光影節)マカオの時を旅する(時光澳遊)」が2日夜、南湾湖水上活動センターで開幕した。今月31日まで毎晩7~10時、関連イベントや展示が行われる。開幕式ではドローン150機が空中に「マカオ・タワー」や「アーモンドビスケット」、「光影節」などの図案や文字を浮かび上がらせた。今年のマカオ・ライトフェスティバルはマカオの美食や文化、建築と文化クリエイティブなどの要素を結び付け、中国文化と西洋文化が溶け合ったマカオのエッセンスを人々に示している。イベントは3つのルートごとに5つのエリア、11カ所で展開。今年新たに増えたスポットには俊秀圍、草堆街、関前正街、康公廟前広場、タイパ街市、北帝廟および北帝廟前広場などが含まれている。5種類のプロジェクションマッピングは、聖ポール天主堂跡と聖ドミニコ教会、北帝廟前広場で開催される。ポルトガルやベルギー、地元マカオから招かれたクリエーターチームがそれぞれ設計・制作した異なる光のショーを、期間別に上映する。プロジェクションマッピングや参加型のゲーム、電飾を使ったオブジェを通じてマカオ文化の奥深さを伝える以外に、今回のライトフェスティバルでは初めて「光影美食車」(フードトラック×ライト)や美食ナイトマーケットを設置。「美食の都」マカオの分野を超えた創造性が発揮されている。(記者/胡瑶)<映像内容>2018マカオ・ライトフェスティバルの様子、撮影日:2018(平成30)年12月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018120622065

  • 1