KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 記者
  • 令和
  • 収穫
  • ムー
  • 生産量
  • 農民
  • タリム盆地
  • 上昇
  • 乾燥
  • 位置

「イェンギサール県」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
26
( 1 26 件を表示)
  • 1
26
( 1 26 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年01月10日
    新疆の新規雇用、2014~19年で200万人分創出

    新疆ウイグル自治区ウルムチにある産業パークでナンを手にするカシュガル地区イェンギサール県出身の従業員。(2019年1月10日撮影)中国新疆ウイグル自治区は2012年以降、雇用創出と職業技能訓練に取り組んでおり、雇用ルートと受け皿を効果的に拡大してきた。区内の就業者数は2014~2019年に1135万人から1330万人に増加し、職業訓練を受けて都市部で就労する農村住民も増え続けている。(ウルムチ=新華社記者/王菲)=2019(平成31)年1月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020100500516

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月02日
    特産アンズに付加価値加工、農家の増収後押し新疆イェンギサール県

    イェンギサール県の農業合作社(協同組合)で、アンズの実を自動種抜き機に入れる従業員。(7月2日撮影)中国新疆ウイグル自治区カシュガル地区イェンギサール県では7月になり、アンズの実が熟している。道端に立ち並ぶアンズの木には黄金色の実が鈴なりで、香りが辺り一面に広がっており、果樹農家は現在、収穫に追われている。同県は新疆南部のタリム盆地の果樹園地帯に位置し、長いアンズ栽培の歴史を持っており、栽培面積は15万ムー(1万ヘクタール)に達している。現地の生産加工工場では、収穫したアンズを自動洗浄機と自動種抜き機に投入し、その後現代化天日干し場で乾燥させ、包装後に出荷している。こうした高付加価値加工や産業チェーンの延長のおかげで、アンズ製品の付加価値は大幅に上昇した。同県では、今年のアンズの生産量は4万2千トンとなり、農民1人当たり1200元余りの増収につながると見込んでいる。(カシュガル=新華社記者/高晗)=2020(令和2)年7月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072703494

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月02日
    特産アンズに付加価値加工、農家の増収後押し新疆イェンギサール県

    イェンギサール県の農業合作社(協同組合)の天日干し場でアンズの実を乾燥させる従業員。(7月2日撮影)中国新疆ウイグル自治区カシュガル地区イェンギサール県では7月になり、アンズの実が熟している。道端に立ち並ぶアンズの木には黄金色の実が鈴なりで、香りが辺り一面に広がっており、果樹農家は現在、収穫に追われている。同県は新疆南部のタリム盆地の果樹園地帯に位置し、長いアンズ栽培の歴史を持っており、栽培面積は15万ムー(1万ヘクタール)に達している。現地の生産加工工場では、収穫したアンズを自動洗浄機と自動種抜き機に投入し、その後現代化天日干し場で乾燥させ、包装後に出荷している。こうした高付加価値加工や産業チェーンの延長のおかげで、アンズ製品の付加価値は大幅に上昇した。同県では、今年のアンズの生産量は4万2千トンとなり、農民1人当たり1200元余りの増収につながると見込んでいる。(カシュガル=新華社記者/高晗)=2020(令和2)年7月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072703392

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月02日
    特産アンズに付加価値加工、農家の増収後押し新疆イェンギサール県

    イェンギサール県の農業合作社(協同組合)の天日干し場でアンズの実を乾燥させる従業員。(7月2日撮影)中国新疆ウイグル自治区カシュガル地区イェンギサール県では7月になり、アンズの実が熟している。道端に立ち並ぶアンズの木には黄金色の実が鈴なりで、香りが辺り一面に広がっており、果樹農家は現在、収穫に追われている。同県は新疆南部のタリム盆地の果樹園地帯に位置し、長いアンズ栽培の歴史を持っており、栽培面積は15万ムー(1万ヘクタール)に達している。現地の生産加工工場では、収穫したアンズを自動洗浄機と自動種抜き機に投入し、その後現代化天日干し場で乾燥させ、包装後に出荷している。こうした高付加価値加工や産業チェーンの延長のおかげで、アンズ製品の付加価値は大幅に上昇した。同県では、今年のアンズの生産量は4万2千トンとなり、農民1人当たり1200元余りの増収につながると見込んでいる。(カシュガル=新華社記者/高晗)=2020(令和2)年7月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072703356

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月02日
    特産アンズに付加価値加工、農家の増収後押し新疆イェンギサール県

    イェンギサール県の農業合作社(協同組合)でアンズの実を自動洗浄機に入れる従業員。(7月2日撮影)中国新疆ウイグル自治区カシュガル地区イェンギサール県では7月になり、アンズの実が熟している。道端に立ち並ぶアンズの木には黄金色の実が鈴なりで、香りが辺り一面に広がっており、果樹農家は現在、収穫に追われている。同県は新疆南部のタリム盆地の果樹園地帯に位置し、長いアンズ栽培の歴史を持っており、栽培面積は15万ムー(1万ヘクタール)に達している。現地の生産加工工場では、収穫したアンズを自動洗浄機と自動種抜き機に投入し、その後現代化天日干し場で乾燥させ、包装後に出荷している。こうした高付加価値加工や産業チェーンの延長のおかげで、アンズ製品の付加価値は大幅に上昇した。同県では、今年のアンズの生産量は4万2千トンとなり、農民1人当たり1200元余りの増収につながると見込んでいる。(カシュガル=新華社記者/高晗)=2020(令和2)年7月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072703355

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月02日
    特産アンズに付加価値加工、農家の増収後押し新疆イェンギサール県

    イェンギサール県の農業合作社(協同組合)で、種子が取り除かれたアンズの実を天日干し場まで運ぶ従業員。(7月2日撮影)中国新疆ウイグル自治区カシュガル地区イェンギサール県では7月になり、アンズの実が熟している。道端に立ち並ぶアンズの木には黄金色の実が鈴なりで、香りが辺り一面に広がっており、果樹農家は現在、収穫に追われている。同県は新疆南部のタリム盆地の果樹園地帯に位置し、長いアンズ栽培の歴史を持っており、栽培面積は15万ムー(1万ヘクタール)に達している。現地の生産加工工場では、収穫したアンズを自動洗浄機と自動種抜き機に投入し、その後現代化天日干し場で乾燥させ、包装後に出荷している。こうした高付加価値加工や産業チェーンの延長のおかげで、アンズ製品の付加価値は大幅に上昇した。同県では、今年のアンズの生産量は4万2千トンとなり、農民1人当たり1200元余りの増収につながると見込んでいる。(カシュガル=新華社記者/高晗)=2020(令和2)年7月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072703363

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月02日
    新疆ウイグル自治区、天山山脈の収穫風景

    新疆ウイグル自治区イェンギサール県の農業合作社(協同組合)でアンズの実を天日干しする農民。(7月2日撮影)新疆ウイグル自治区天山山脈の南北に広がる土地では夏から秋にかけて、さまざまな農水産物が収穫期を迎えている。(ウルムチ=新華社記者/高晗)=2020(令和2)年7月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020102809135

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月02日
    特産アンズに付加価値加工、農家の増収後押し新疆イェンギサール県

    イェンギサール県の農業合作社(協同組合)のアンズの実の天日干し場。(7月2日撮影)中国新疆ウイグル自治区カシュガル地区イェンギサール県では7月になり、アンズの実が熟している。道端に立ち並ぶアンズの木には黄金色の実が鈴なりで、香りが辺り一面に広がっており、果樹農家は現在、収穫に追われている。同県は新疆南部のタリム盆地の果樹園地帯に位置し、長いアンズ栽培の歴史を持っており、栽培面積は15万ムー(1万ヘクタール)に達している。現地の生産加工工場では、収穫したアンズを自動洗浄機と自動種抜き機に投入し、その後現代化天日干し場で乾燥させ、包装後に出荷している。こうした高付加価値加工や産業チェーンの延長のおかげで、アンズ製品の付加価値は大幅に上昇した。同県では、今年のアンズの生産量は4万2千トンとなり、農民1人当たり1200元余りの増収につながると見込んでいる。(カシュガル=新華社記者/高晗)=2020(令和2)年7月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072703346

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月02日
    特産アンズに付加価値加工、農家の増収後押し新疆イェンギサール県

    イェンギサール県の工場で、農家から集荷したアンズの実の品質を検査する責任者。(7月2日撮影)中国新疆ウイグル自治区カシュガル地区イェンギサール県では7月になり、アンズの実が熟している。道端に立ち並ぶアンズの木には黄金色の実が鈴なりで、香りが辺り一面に広がっており、果樹農家は現在、収穫に追われている。同県は新疆南部のタリム盆地の果樹園地帯に位置し、長いアンズ栽培の歴史を持っており、栽培面積は15万ムー(1万ヘクタール)に達している。現地の生産加工工場では、収穫したアンズを自動洗浄機と自動種抜き機に投入し、その後現代化天日干し場で乾燥させ、包装後に出荷している。こうした高付加価値加工や産業チェーンの延長のおかげで、アンズ製品の付加価値は大幅に上昇した。同県では、今年のアンズの生産量は4万2千トンとなり、農民1人当たり1200元余りの増収につながると見込んでいる。(カシュガル=新華社記者/高晗)=2020(令和2)年7月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072703469

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月02日
    特産アンズに付加価値加工、農家の増収後押し新疆イェンギサール県

    イェンギサール県でアンズの実を収穫する農民。(7月2日撮影)中国新疆ウイグル自治区カシュガル地区イェンギサール県では7月になり、アンズの実が熟している。道端に立ち並ぶアンズの木には黄金色の実が鈴なりで、香りが辺り一面に広がっており、果樹農家は現在、収穫に追われている。同県は新疆南部のタリム盆地の果樹園地帯に位置し、長いアンズ栽培の歴史を持っており、栽培面積は15万ムー(1万ヘクタール)に達している。現地の生産加工工場では、収穫したアンズを自動洗浄機と自動種抜き機に投入し、その後現代化天日干し場で乾燥させ、包装後に出荷している。こうした高付加価値加工や産業チェーンの延長のおかげで、アンズ製品の付加価値は大幅に上昇した。同県では、今年のアンズの生産量は4万2千トンとなり、農民1人当たり1200元余りの増収につながると見込んでいる。(カシュガル=新華社記者/高晗)=2020(令和2)年7月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072703518

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月03日
    特産アンズに付加価値加工、農家の増収後押し新疆イェンギサール県

    イェンギサール県の農業合作社(協同組合)で、箱詰めされたアンズの実を冷凍庫に入れる従業員。(7月3日撮影)中国新疆ウイグル自治区カシュガル地区イェンギサール県では7月になり、アンズの実が熟している。道端に立ち並ぶアンズの木には黄金色の実が鈴なりで、香りが辺り一面に広がっており、果樹農家は現在、収穫に追われている。同県は新疆南部のタリム盆地の果樹園地帯に位置し、長いアンズ栽培の歴史を持っており、栽培面積は15万ムー(1万ヘクタール)に達している。現地の生産加工工場では、収穫したアンズを自動洗浄機と自動種抜き機に投入し、その後現代化天日干し場で乾燥させ、包装後に出荷している。こうした高付加価値加工や産業チェーンの延長のおかげで、アンズ製品の付加価値は大幅に上昇した。同県では、今年のアンズの生産量は4万2千トンとなり、農民1人当たり1200元余りの増収につながると見込んでいる。(カシュガル=新華社記者/高晗)=2020(令和2)年7月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072703397

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月03日
    新疆ウイグル自治区、高齢者向け施設を207カ所建設

    3日、幸福大院で雑談する高齢者。中国新疆ウイグル自治区は今年、社会的な注目を集める農村部の高齢者介護問題に取り組むため、自治区南部4地区・自治州の22県に特別資金を割り当て、高齢者向け施設「農村幸福大院」207カ所を建設することを打ち出した。これまでに全施設の建設が完了している。自治区南部のイェンギサール県ウチャル鎮に完成した幸福大院では、高齢者が住む二人部屋の中にトイレや液晶テレビ、エアコンなど必要な設備がそろっており、屋外浴室や活動室、食堂も完備している。建物内には15人のスタッフが配置され、高齢者の日常的な世話を行っている。ウチャル鎮衛生院も専任看護師と往診医をそれぞれ1人派遣し、入居する高齢者の健康ファイルを作成している。(ウルムチ=新華社記者/高晗)=2020(令和2)年7月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020071303966

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月03日
    新疆ウイグル自治区、高齢者向け施設を207カ所建設

    3日、幸福大院で高齢者の健康診断を行うウチャル鎮診療所のスタッフ。中国新疆ウイグル自治区は今年、社会的な注目を集める農村部の高齢者介護問題に取り組むため、自治区南部4地区・自治州の22県に特別資金を割り当て、高齢者向け施設「農村幸福大院」207カ所を建設することを打ち出した。これまでに全施設の建設が完了している。自治区南部のイェンギサール県ウチャル鎮に完成した幸福大院では、高齢者が住む二人部屋の中にトイレや液晶テレビ、エアコンなど必要な設備がそろっており、屋外浴室や活動室、食堂も完備している。建物内には15人のスタッフが配置され、高齢者の日常的な世話を行っている。ウチャル鎮衛生院も専任看護師と往診医をそれぞれ1人派遣し、入居する高齢者の健康ファイルを作成している。(ウルムチ=新華社記者/高晗)=2020(令和2)年7月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020071304143

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月03日
    新疆ウイグル自治区、高齢者向け施設を207カ所建設

    3日、ウチャル鎮の幸福大院。中国新疆ウイグル自治区は今年、社会的な注目を集める農村部の高齢者介護問題に取り組むため、自治区南部4地区・自治州の22県に特別資金を割り当て、高齢者向け施設「農村幸福大院」207カ所を建設することを打ち出した。これまでに全施設の建設が完了している。自治区南部のイェンギサール県ウチャル鎮に完成した幸福大院では、高齢者が住む二人部屋の中にトイレや液晶テレビ、エアコンなど必要な設備がそろっており、屋外浴室や活動室、食堂も完備している。建物内には15人のスタッフが配置され、高齢者の日常的な世話を行っている。ウチャル鎮衛生院も専任看護師と往診医をそれぞれ1人派遣し、入居する高齢者の健康ファイルを作成している。(ウルムチ=新華社記者/高晗)=2020(令和2)年7月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020071304001

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月03日
    新疆ウイグル自治区、高齢者向け施設を207カ所建設

    3日、幸福大院の各部屋に掲示されたケアスタッフと居住者の写真。中国新疆ウイグル自治区は今年、社会的な注目を集める農村部の高齢者介護問題に取り組むため、自治区南部4地区・自治州の22県に特別資金を割り当て、高齢者向け施設「農村幸福大院」207カ所を建設することを打ち出した。これまでに全施設の建設が完了している。自治区南部のイェンギサール県ウチャル鎮に完成した幸福大院では、高齢者が住む二人部屋の中にトイレや液晶テレビ、エアコンなど必要な設備がそろっており、屋外浴室や活動室、食堂も完備している。建物内には15人のスタッフが配置され、高齢者の日常的な世話を行っている。ウチャル鎮衛生院も専任看護師と往診医をそれぞれ1人派遣し、入居する高齢者の健康ファイルを作成している。(ウルムチ=新華社記者/高晗)=2020(令和2)年7月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020071304032

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月03日
    新疆ウイグル自治区、高齢者向け施設を207カ所建設

    3日、幸福大院で雑談する高齢者。中国新疆ウイグル自治区は今年、社会的な注目を集める農村部の高齢者介護問題に取り組むため、自治区南部4地区・自治州の22県に特別資金を割り当て、高齢者向け施設「農村幸福大院」207カ所を建設することを打ち出した。これまでに全施設の建設が完了している。自治区南部のイェンギサール県ウチャル鎮に完成した幸福大院では、高齢者が住む二人部屋の中にトイレや液晶テレビ、エアコンなど必要な設備がそろっており、屋外浴室や活動室、食堂も完備している。建物内には15人のスタッフが配置され、高齢者の日常的な世話を行っている。ウチャル鎮衛生院も専任看護師と往診医をそれぞれ1人派遣し、入居する高齢者の健康ファイルを作成している。(ウルムチ=新華社記者/高晗)=2020(令和2)年7月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020071303941

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:50.31
    2020年07月10日
    「新華社」新疆ウイグル自治区、高齢者向け施設を207カ所建設

    中国新疆ウイグル自治区は今年、社会的な注目を集める農村部の高齢者介護問題に取り組むため、自治区南部4地区・自治州の22県に特別資金を割り当て、高齢者向け施設「農村幸福大院」207カ所を建設することを打ち出した。これまでに全施設の建設が完了している。自治区南部のイェンギサール県ウチャル鎮に完成した幸福大院では、高齢者が住む二人部屋の中にトイレや液晶テレビ、エアコンなど必要な設備がそろっており、屋外浴室や活動室、食堂も完備している。建物内には15人のスタッフが配置され、高齢者の日常的な世話を行っている。ウチャル鎮衛生院も専任看護師と往診医をそれぞれ1人派遣し、入居する高齢者の健康ファイルを作成している。同自治区は幸福大院の建設を通じ、高齢者を管理・介護する能力を高め、基本的な生活費補助を充実させ、医療と介護を結合させたサービスを提供する。また、農村部で困難を抱える高齢者を集中的に介護することで、より充実した農村部の高齢者介護サービス体系を構築し、高齢者がさらに幸福で尊厳のある生活ができるよう保障していく。(記者/高晗)<映像内容>新疆ウイグル自治区の高齢者向け施設の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072300511

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:37.66
    2020年07月21日
    「新華社」特産アンズに付加価値加工、農家の増収後押し新疆イェンギサール県

    中国新疆ウイグル自治区カシュガル地区イェンギサール県では7月になり、アンズの実が熟している。道端に立ち並ぶアンズの木には黄金色の実が鈴なりで、香りが辺り一面に広がっており、果樹農家は現在、収穫に追われている。同県は新疆南部のタリム盆地の果樹園地帯に位置し、長いアンズ栽培の歴史を持っており、栽培面積は15万ムー(1万ヘクタール)に達している。現地の生産加工工場では、収穫したアンズを自動洗浄機と自動種抜き機に投入し、その後現代化天日干し場で乾燥させ、包装後に出荷している。こうした高付加価値加工や産業チェーンの延長のおかげで、アンズ製品の付加価値は大幅に上昇した。同県では、今年のアンズの生産量は4万2千トンとなり、農民1人当たり1200元余りの増収につながると見込んでいる。(記者/高晗)<映像内容>アンズの収穫、加工の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072701913

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月19日
    豊作迎えた赤唐辛子新疆ウイグル自治区イェンギサール県

    19日、マンシン鎮の野菜栽培基地で収穫した唐辛子を運ぶ農家の人たち。中国新疆ウイグル自治区カシュガル地区イェンギサール(英吉沙)県のマンシン(芒辛)鎮では、秋の深まりとともに野菜栽培基地のハウス800棟の唐辛子が豊作を迎え、農家が収穫に追われている。栽培基地の全ての野菜は企業が買い付け契約を結んでおり、農家が販路を懸念する必要はない。今年の辛口唐辛子の栽培面積は6千ムー(約400ヘクタール)余りで、全て食品加工会社の注文だという。2千トン余りの生産量を見込んでおり、地元農家の貧困脱却と収入増加を後押しする。(イェンギサール=新華社記者/高晗)=2020(令和2)年9月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020092505463

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月19日
    豊作迎えた赤唐辛子新疆ウイグル自治区イェンギサール県

    19日、マンシン鎮の野菜栽培基地で唐辛子を収穫する農家の男性。中国新疆ウイグル自治区カシュガル地区イェンギサール(英吉沙)県のマンシン(芒辛)鎮では、秋の深まりとともに野菜栽培基地のハウス800棟の唐辛子が豊作を迎え、農家が収穫に追われている。栽培基地の全ての野菜は企業が買い付け契約を結んでおり、農家が販路を懸念する必要はない。今年の辛口唐辛子の栽培面積は6千ムー(約400ヘクタール)余りで、全て食品加工会社の注文だという。2千トン余りの生産量を見込んでおり、地元農家の貧困脱却と収入増加を後押しする。(イェンギサール=新華社記者/高晗)=2020(令和2)年9月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020092505599

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月19日
    豊作迎えた赤唐辛子新疆ウイグル自治区イェンギサール県

    19日、マンシン鎮の野菜栽培基地で唐辛子を収穫する農家の人たち。中国新疆ウイグル自治区カシュガル地区イェンギサール(英吉沙)県のマンシン(芒辛)鎮では、秋の深まりとともに野菜栽培基地のハウス800棟の唐辛子が豊作を迎え、農家が収穫に追われている。栽培基地の全ての野菜は企業が買い付け契約を結んでおり、農家が販路を懸念する必要はない。今年の辛口唐辛子の栽培面積は6千ムー(約400ヘクタール)余りで、全て食品加工会社の注文だという。2千トン余りの生産量を見込んでおり、地元農家の貧困脱却と収入増加を後押しする。(イェンギサール=新華社記者/高晗)=2020(令和2)年9月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020092505700

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月19日
    豊作迎えた赤唐辛子新疆ウイグル自治区イェンギサール県

    19日、マンシン鎮の野菜栽培基地で収穫した唐辛子を見せる農家の人たち。中国新疆ウイグル自治区カシュガル地区イェンギサール(英吉沙)県のマンシン(芒辛)鎮では、秋の深まりとともに野菜栽培基地のハウス800棟の唐辛子が豊作を迎え、農家が収穫に追われている。栽培基地の全ての野菜は企業が買い付け契約を結んでおり、農家が販路を懸念する必要はない。今年の辛口唐辛子の栽培面積は6千ムー(約400ヘクタール)余りで、全て食品加工会社の注文だという。2千トン余りの生産量を見込んでおり、地元農家の貧困脱却と収入増加を後押しする。(イェンギサール=新華社記者/高晗)=2020(令和2)年9月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020092505598

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月19日
    豊作迎えた赤唐辛子新疆ウイグル自治区イェンギサール県

    19日、マンシン鎮の野菜栽培基地で唐辛子を収穫する農家の男性。中国新疆ウイグル自治区カシュガル地区イェンギサール(英吉沙)県のマンシン(芒辛)鎮では、秋の深まりとともに野菜栽培基地のハウス800棟の唐辛子が豊作を迎え、農家が収穫に追われている。栽培基地の全ての野菜は企業が買い付け契約を結んでおり、農家が販路を懸念する必要はない。今年の辛口唐辛子の栽培面積は6千ムー(約400ヘクタール)余りで、全て食品加工会社の注文だという。2千トン余りの生産量を見込んでおり、地元農家の貧困脱却と収入増加を後押しする。(イェンギサール=新華社記者/高晗)=2020(令和2)年9月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020092505756

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月19日
    豊作迎えた赤唐辛子新疆ウイグル自治区イェンギサール県

    19日、マンシン鎮の野菜栽培基地で収穫した唐辛子を計量する農家の人たち。中国新疆ウイグル自治区カシュガル地区イェンギサール(英吉沙)県のマンシン(芒辛)鎮では、秋の深まりとともに野菜栽培基地のハウス800棟の唐辛子が豊作を迎え、農家が収穫に追われている。栽培基地の全ての野菜は企業が買い付け契約を結んでおり、農家が販路を懸念する必要はない。今年の辛口唐辛子の栽培面積は6千ムー(約400ヘクタール)余りで、全て食品加工会社の注文だという。2千トン余りの生産量を見込んでおり、地元農家の貧困脱却と収入増加を後押しする。(イェンギサール=新華社記者/高晗)=2020(令和2)年9月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020092505600

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月19日
    豊作迎えた赤唐辛子新疆ウイグル自治区イェンギサール県

    19日、マンシン鎮の野菜栽培基地で収穫した唐辛子を運ぶ農家の人たち。中国新疆ウイグル自治区カシュガル地区イェンギサール(英吉沙)県のマンシン(芒辛)鎮では、秋の深まりとともに野菜栽培基地のハウス800棟の唐辛子が豊作を迎え、農家が収穫に追われている。栽培基地の全ての野菜は企業が買い付け契約を結んでおり、農家が販路を懸念する必要はない。今年の辛口唐辛子の栽培面積は6千ムー(約400ヘクタール)余りで、全て食品加工会社の注文だという。2千トン余りの生産量を見込んでおり、地元農家の貧困脱却と収入増加を後押しする。(イェンギサール=新華社記者/高晗)=2020(令和2)年9月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020092505616

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:43.71
    2020年09月22日
    「新華社」豊作迎えた赤唐辛子新疆ウイグル自治区イェンギサール県

    中国新疆ウイグル自治区カシュガル地区イェンギサール(英吉沙)県のマンシン(芒辛)鎮では、秋の深まりとともに野菜栽培基地のハウス800棟の唐辛子が豊作を迎え、農家が収穫に追われている。栽培基地の全ての野菜は企業が買い付け契約を結んでおり、農家が販路を懸念する必要はない。今年の辛口唐辛子の栽培面積は6千ムー(約400ヘクタール)余りで、全て食品加工会社の注文だという。2千トン余りの生産量を見込んでおり、地元農家の貧困脱却と収入増加を後押しする。(記者/高晗、徐寧)<映像内容>赤唐辛子の収穫の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020092800099

  • 1