KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 日本
  • 建物
  • 平成
  • 屋外
  • 世界遺産
  • 彫刻
  • 国宝
  • パワースポット
  • 名所
  • 観光地

「イエヤス」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
422
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
422
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • -
    日光東照宮奥社鋳抜の門と宝塔

    徳川家康の墓所である日光東照宮の奥社を写したもの。石段の上に鋳抜門(いぬきもん)があり、奥に家康の神柩(しんきゅう)を納めた宝塔が見える。鋳抜門は柱や梁がひとつの鋳型で作られたことからそう呼ばれている。宝塔は五代将軍綱吉が石造りから唐銅製に造り替えた。=撮影年月日不明、日光、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号89‐11‐0]

    商品コード: 2017081400827

  • -
    築地西本願寺本堂

    浄土真宗本願寺派別院。山号は三縁山。家康の帰依を受け、将軍家の菩提所となる。手前から堂を見上げている人物がひとり。=撮影年月日不明、東京、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号22‐14‐0]

    商品コード: 2017080400469

  • -
    名古屋城

    徳川家康が築城させた名古屋城天守閣。屋根の上には名高い金鯱が見える。土台をなす堅固な石垣のために、石崎山、篠島、幡豆(はず)を初め、紀伊や讃岐の各所から多くの巨石が集められた。=撮影年月日不明、名古屋、撮影者:日下部金兵衛、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号38‐3‐0]

    商品コード: 2017080902394

  • -
    日光街道の杉並木

    今市は日光に入る交通の要衛で、御成(日光)街道、例幣使街道と会津西街道が合している。これらの街道に徳川家康の三十三回忌に松平正綱が寄進した杉並木がある。整理番号14-17と同じものである。=撮影年月日不明、今市、撮影者:日下部金兵衛、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号40‐8‐0]

    商品コード: 2017080902478

  • -
    日光街道の杉並木

    日光街道の杉並木は徳川家康の三十三回忌にあたり松平正綱が寄進したものである。画面の奥に見える建物は今市の追分地蔵付近ではないかと思われる。梢の上には道なりに空が見える。当時は、月明かりや星明りを頼りにして、空を見ながら夜道を往来できたという。=撮影年月日不明、日光、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号93‐16‐0]

    商品コード: 2017081401029

  • -
    築地西本願寺鐘楼

    浄土真宗本願寺派別院。山号は三縁山。家康の帰依を受け、将軍家の菩提所となる。鐘楼の背後にあるのは太子堂である。=撮影年月日不明、東京、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号22‐10‐0]

    商品コード: 2017080400491

  • -
    Hiroshige - 53 Stations of the Tokaido - Print 39

    39 Okazaki - A daimyo‘s cort觥 crossing the bridge over the Yahagi River towards the village and castle on the further bank; in the background a blue hill, printed from colour blocks only. Tokugawa Ieyasu, the founder of the Tokugawa Shogunate, was born in the castle shown in the prints. The bridge over the Yahagi River, flowing west of the castle, was the largest on the entire highway. Utagawa Hiroshige (1797 - 1858). The Fifty-Three Stations of the Tokaido - Hoeido edition (1831-4) Date: 1831 - 1834、クレジット:Mary Evans Picture Library/ROBERT GILLMOR/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

    商品コード: 2019080210974

  • -
    上野公園

    上野東照宮の木製の巨大な一の鳥居と城郭を思わせる堅牢な石垣が、大権現家康の力を示している。東照宮は明治6年(1873)から一般の参拝が自由になった。家族連れであろうか、花見をかねて参拝に訪れる人々の姿が写されている。鳥居も石垣も現在はない。=撮影年月日不明、東京、撮影者:玉村康三郎、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号48‐55‐0]

    商品コード: 2017080903164

  • -
    上野東照宮

    土着の神を仏の化身と見なす場合「権現」と呼ぶが、徳川家康は人間でありながらこの権現とされ東照大権現と呼ばれた。この家康を祀った社殿が東照宮であり、写真の上野東照宮の他にも、栃木県の日光と静岡県の久能山にもある。=撮影年月日不明、東京、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号46‐156‐0]

    商品コード: 2017080902955

  • -
    日光街道の杉並木

    日光街道の杉並木は徳川家康の三十三回忌にあたり松平正綱が寄進したものである。画面の奥に見える建物は今市の追分地蔵付近ではないかと思われる。梢の上には道なりに空が見える。当時は、月明かりや星明りを頼りにして、空を見ながら夜道を往来できたという。=撮影年月日不明、今市、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号54‐43‐0]

    商品コード: 2017081002697

  • -
    日光東照宮奥社参道の石段

    日光東照宮本殿東回廊にある有名な彫刻「眠り猫」の下をくぐり、坂下門を抜けるとこの長く勾配の急な石段の参道に出る。石段を上ると杉木立に囲まれて徳川家康の墓所である奥社がある。石段の個々の踏み石は重い1枚石で作られている。画面の上方に奥社が見える。=撮影年月日不明、日光、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号54‐42‐0]

    商品コード: 2017081002712

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    -
    日光東照宮奥社宝塔

    日光東照宮の奥社宝塔には徳川家康の神柩(しんきゅう)が納められている。木造から石造に替えられた宝塔は、天和3(1683)年の大地震で破損したため、五代将軍綱吉が唐銅(からがね)製に造り替えた。左手前にある鶴の燭台や香炉、花瓶は朝鮮国王から贈られた。=撮影年月日不明、日光、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号54‐41‐2]

    商品コード: 2017081002691

  • -
    日光街道の杉並木

    今市は日光に入る交通の要衝で、 この地で御成(日光)街道、 例幣使街道と会津西街道が合している。 これらの街道に徳川家康の三十三回忌にあたって松平正綱が寄進した杉並木がある。 並木中央に人力車と車夫を配して杉並木の大きさを際立たせている。=撮影年月日不明、今市、撮影者:日下部金兵衛、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号1‐27‐0]

    商品コード: 2017080200706

  • -
    輪王寺舞楽図屏風

    輪王寺にある金屏風一双の片幅である。 徳川家康公二十一回忌の大法会の為に新調されたこの舞楽図屏風には72人の舞人が描かれている。 舞楽は大陸より伝来した舞で、 中国やペルシャ等の舞が描かれ舞の名称で書き込まれている。=撮影年月日不明、日光、撮影者:日下部金兵衛、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号1‐16‐0]

    商品コード: 2017080200753

  • -
    築地西本願寺大鼓堂

    浄土真宗本願寺派別院。山号は三縁山。家康の帰依を受け、将軍家の菩提所となる。太鼓堂の左後方に見えるのは御対面所。=撮影年月日不明、東京、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号22‐5‐0]

    商品コード: 2017080400460

  • -
    日光東照宮

    日光東照宮の本社の建物を西側から写したもの。中央の建物は本殿。その手前に一段窪んでいる部分が石の間。画面右端に拝殿の一部が見える。画面奥の石垣上の山中に徳川家康の神柩(しんきゅう)が納められた奥社がある。本殿の扉の上方に獏(ばく)の彫刻が並んでいる。=撮影年月日不明、日光、撮影者:臼井秀三郎、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号94‐3‐0]

    商品コード: 2017081401014

  • -
    芝安国殿参道

    芝増上寺境内南に隣接する芝東照宮安国院殿。安国院は家康の法号である。鳥居と狛犬、そして参道にたたずむ数人の人物が映っている。=撮影年月日不明、東京、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号22‐12‐0]

    商品コード: 2017080400463

  • -
    日光東照宮奥社参道の石段

    徳川家康公の墓所、 東照宮奥社への参道である。 うっそうとした巨杉の中に207段の石段が続く。 石段が一枚石であるだけでなく、 石柵も一枚石をくりぬいたものである。 石段を降りると坂下門にいたる。=撮影年月日不明、日光、撮影者:玉村康三郎、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号11‐15‐0]

    商品コード: 2017080201277

  • -
    日光東照宮奥社唐門

    日光東照宮奥社は老杉の木立の中にあり、徳川家康の墓所である。墓を欄干つきの石垣が取り囲み、入口に銅の鋳抜門がある。その前左右に狛犬が座している。=撮影年月日不明、日光、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号31‐19‐0]

    商品コード: 2017080902093

  • -
    日光街道の杉並木

    今市は日光に入る交通の要衛で、御成(日光)街道、例幣使街道と会津西街道が合している。これらの街道に徳川家康の三十三回忌に松平正綱が寄進した杉並木がある。道中央に人を配して杉並木の大きさが際立っている。=撮影年月日不明、今市、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号29‐10‐0]

    商品コード: 2017080902103

  • -
    日光東照宮奥社宝塔

    東照宮本殿の奥に徳川家康公の墓所、 奥社がある。 鋳抜き門に連らなる石棚の囲いの内には八色五段の石積みの上に青銅の宝塔がある。 その前に鶴と亀の燭台、 香炉と花立ての三具足がある。 うっそうとした老杉に取り囲まれている。=撮影年月日不明、日光、撮影者:日下部金兵衛、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号2‐38‐0]

    商品コード: 2017080200749

  • -
    熱海全景

    伊豆半島の基部に位置する。南、西、北の三法を山に囲まれ、平地はかつてここにあった火山の火口底の一部と言う。海中に湯が沸いたところから、熱海の名前がついたといい、徳川家康も慶長2年(1597)にはじめて入湯し、武将たちの湯治の場所であったが、江戸中期以降は大衆の湯治場となり、湯宿多く、温泉は村中に20余所湧出したという。=撮影年月日不明、熱海、撮影者:小川一真、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号5‐34‐0]

    商品コード: 2017080200950

  • -
    日光東照宮オランダ灯篭

    陽明門前の境内にオランダ国王から寄進された回転燈籠がある。 その後は鼓楼で、 その奥に本地堂がある。 徳川家康の本地仏、 薬師如来を安置するので本地堂と言われていたが、 現在薬師堂ともいう。 右に陽明門への階段と回廊が写っている。=撮影年月日不明、日光、撮影者:小川一真、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号6‐24‐0]

    商品コード: 2017080200981

  • -
    日光街道の杉並木

    今市は日光に入る交通の要衝で、 この地で御成(日光)街道、 例幣使街道と会津西街道が合している。 これらの街道に徳川家康の三十三回忌にあたって松平正綱が寄進した杉並木がある。 杉並木中央に人を配して両側の杉並木の高さを強調している。=撮影年月日不明、今市、撮影者:玉村康三郎、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号11‐5‐0]

    商品コード: 2017080201271

  • -
    千人武者行列

    日光東照宮の百物揃千人武者行列(ひゃくものぞろえせんにんむしゃぎょうれつ)は正式には神輿渡御祭(しんよとぎょさい)という。徳川家康の神霊を静岡県の久能山から日光へ移した当時の様子を再現する祭典である。5月と10月の2度行われる。=撮影年月日不明、日光、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号69‐20‐2]

    商品コード: 2017082800571

  • -
    日光街道の杉並木

    日光街道の杉並木は徳川家康の三十三回忌にあたり松平正綱が寄進したものである。画面の奥に見える建物は今市の追分地蔵付近ではないかと思われる。梢の上には道なりに空が見える。当時は、月明かりや星明りを頼りにして、空を見ながら夜道を往来できたという。=撮影年月日不明、日光、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号98‐38‐0]

    商品コード: 2017081501622

  • -
    上野公園

    上野東照宮の木製の巨大な一の鳥居と城郭を思わせる堅牢な石垣が、大権現家康の力を示している。東照宮は明治6年(1873)から一般の参拝が自由になった。家族連れであろうか、花見をかねて参拝に訪れる人々の姿が写されている。鳥居も石垣も現在はない。=撮影年月日不明、東京、撮影者:玉村康三郎、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号48‐69‐0]

    商品コード: 2017080903204

  • -
    日光街道の杉並木

    今市は日光に入る交通の要衛で、御成(日光)街道、例幣使街道と会津西街道が合している。これらの街道に徳川家康の三十三回忌に松平正綱が寄進した杉並木がある。整理番号25-57と同一写真である。=撮影年月日不明、今市、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号31‐80‐0]

    商品コード: 2017080902297

  • -
    増上寺御鷹門

    キーワード:芝公園、増上寺、東照神君(徳川家康)、御鷹門、絵葉書=撮影年月日不明、東京、クレジット:イマジンネット画廊所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。

    商品コード: 2019082803893

  • -
    日光街道の杉並木

    今市は日光に入る交通の要衝で、 この地で御成(日光)街道、 例幣使街道と会津西街道が合している。 これらの街道に徳川家康の三十三回忌にあたって松平正綱が寄進した杉並木がある。 並木中央に香具師のような風采の人を配して杉並木の大きさを強調している。=撮影年月日不明、今市、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号14‐17‐0]

    商品コード: 2017080201436

  • -
    日光東照宮本殿

    日光東照宮の本社の建物を西側から写したもの。中央の建物は本殿。画面右端に一段窪んでいる部分が石の間。画面奥の石垣上の山中に徳川家康の神柩(しんきゅう)が納められた奥社がある。本殿の扉の上方に獏(ばく)の彫刻が並んでいる。=撮影年月日不明、日光、撮影者:A.ファサリ、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号82‐40‐0]

    商品コード: 2017081401435

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    -
    日光東照宮奥社宝塔

    日光東照宮の奥社宝塔には徳川家康の神柩(しんきゅう)が納められている。木造から石造に替えられた宝塔は、天和3(1683)年の大地震で破損したため、五代将軍綱吉が唐銅(からがね)製に造り替えた。手前にある鶴の燭台や香炉、花瓶は朝鮮国王から贈られた。=撮影年月日不明、日光、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号54‐14‐0]

    商品コード: 2017081002688

  • -
    日光東照宮奥社鋳抜の門と宝塔

    徳川家康の墓所である日光東照宮の奥社を写したもの。石段の上に鋳抜門(いぬきもん)があり、奥に家康の神柩(しんきゅう)を納めた宝塔が見える。鋳抜門は柱や梁がひとつの鋳型で作られたことからそう呼ばれている。宝塔は五代将軍綱吉が石造りから唐銅製に造り替えた。=撮影年月日不明、日光、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号50‐13‐0]

    商品コード: 2017080903365

  • -
    日光街道の杉並木

    日光街道の杉並木は徳川家康の三十三回忌にあたり松平正綱が寄進したものである。画面の奥に見える建物は今市の追分地蔵付近ではないかと思われる。写真に見るかぎり、当時の杉並木周辺は整然として美しい。梢の上には道なりに空が見える。=撮影年月日不明、今市、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号54‐18‐0]

    商品コード: 2017081002646

  • -
    日光東照宮奥社鋳抜の門と宝塔

    徳川家康の墓所である日光東照宮の奥社を写したもの。石段の上に鋳抜門(いぬきもん)があり、奥に家康の神柩(しんきゅう)を納めた宝塔が見える。鋳抜門は柱や梁がひとつの鋳型で作られたことからそう呼ばれている。宝塔は五代将軍綱吉が石造りから唐銅製に造り替えた。=撮影年月日不明、日光、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号87‐21‐0]

    商品コード: 2017081400778

  • -
    日光東照宮陽明門

    陽明門前の境内に写真左のように鐘楼と鼓楼があり、 その奥に本地堂がある。 徳川家康の本地仏、 薬師如来を安置するので本地堂といわれていたが、 現在薬師堂ともいう。 天井には龍が描かれ、 手をたたくと天井が共鳴するので鳴龍と呼ばれる。 右に陽明門への階段と回廊が写っている。=撮影年月日不明、日光、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号14‐13‐0]

    商品コード: 2017080201430

  • -
    Japan: ‘The Incident at Honnoji‘

    Oda Nobunaga (June 23, 1534 June 21, 1582) was the initiator of the unification of Japan under the rule of the shogun in the late 16th century, a rule that ended only with the opening of Japan to the Western world in 1868. He was also a major daimyo during the Sengoku period of Japanese history. His work was continued, completed and finalized by his successors Toyotomi Hideyoshi and Tokugawa Ieyasu. He was the second son of Oda Nobuhide, a deputy shugo (military governor) with land holdings in Owari Province.、クレジット:Pictures From History/ニューズコム/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019061804084

  • -
    日光東照宮

    日光東照宮の奥社の拝殿右側から本社の拝殿や陽明門などを見下ろしている。奥社の宝塔には徳川家康の眠る神柩(しんきゅう)が納められている。画面手前に見えるのは本社拝殿の屋根。画面中央の杉の右側にある白い柱の建物が陽明門。右端は神輿舎(しんよしゃ)である。=撮影年月日不明、日光、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号47‐24‐0]

    商品コード: 2017080903117

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    -
    日光東照宮奥社宝塔

    日光東照宮の奥社宝塔には徳川家康の神柩(しんきゅう)が納められている。木造から石造に替えられた宝塔は、天和3(1683)年の大地震で破損したため、五代将軍綱吉が唐銅(からがね)製に造り替えた。右手前にある鶴の燭台や香炉、花瓶は朝鮮国王から贈られた。=撮影年月日不明、日光、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号54‐38‐0]

    商品コード: 2017081002692

  • -
    Yatsushi Manzai, Transformed Manzai performer.

    Yatsushi Manzai, Transformed Manzai performer., Utagawa, Toyokuni, 1769-1825, artist, [between 1789 and 1793], 1 print : woodcut, color ; 65.2 x 11.5 cm., Print shows two women, one sitting playing a drum, the other standing.、クレジット:Album/quintlox/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

    商品コード: 2022012813673

  • -
    日光東照宮奥社参道の石段

    日光東照宮本殿東回廊にある有名な彫刻「眠り猫」の下をくぐり、坂下門を抜けるとこの長く勾配の急な石段の参道に出る。石段を上ると杉木立に囲まれて徳川家康の墓所である奥社がある。石段の個々の踏み石は重い1枚石で作られている。画面の上方に奥社が見える。=撮影年月日不明、日光、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号54‐37‐0]

    商品コード: 2017081002729

  • -
    名古屋城

    名古屋城西北隅櫓を正面後方にのぞむ。西北隅櫓は、名古屋城の前に家康が築いた清洲城の小天守の古材を使用しており、名古屋城の中で最古の建築物である。外部三重、内部三階。左やや手前に、大棟に鯱を載せた天守閣が見える。=撮影年月日不明、名古屋、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号11‐31‐0]

    商品コード: 2017080201199

  • -
    上野権現

    上野権現とは上野東照宮とも呼ばれ、徳川家康を奉る寺。権現とは菩薩が人々を救うために日本古来の神々や人間の姿で現れることだが、家康にもこの尊称がつけられた。=撮影年月日不明、東京、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号37‐48‐0]

    商品コード: 2017080902294

  • -
    芝安国殿参道

    芝増上寺境内南に隣接する芝東照宮安国院殿の参道。安国院は家康の法号である。左奥にあるのは神楽殿。壕に橋が架かっているのが見える。=撮影年月日不明、東京、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号22‐15‐0]

    商品コード: 2017080400483

  • -
    輪王寺舞楽図屏風

    輪王寺舞楽図屏風一双を背景に甲冑装束をまとった4人が立っている。 徳川家康公二十一回忌に舞楽図屏風とともに舞楽装束も奉納された。 4人は同じ甲冑を身につけ、 装束は同形であるが色が違っている。 背景の屏風は色付けされていない。=撮影年月日不明、日光、撮影者:日下部金兵衛、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号1‐17‐0]

    商品コード: 2017080200689

  • -
    Hiroshige - 53 Stations of the Tokaido - Print 20

    20 Fuchu - A woman in a kago being carried across the Abe River; others fording the stream from the opposite bank; a range of mountains in the background. Tokugawa Ieyasu, the founder of the Tokugawa Shogunate, spent his childhood and retirement years here.The Abe River flows to the west of this station and travellers had to cross in a variety of ways, as depicted in the print. This station has become the present Shizuoka City. Utagawa Hiroshige (1797 - 1858). The Fifty-Three Stations of the Tokaido - Hoeido edition (1831-4) Date: 1831 - 1834、クレジット:Mary Evans Picture Library/ROBERT GILLMOR/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

    商品コード: 2019080210982

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    -
    江戸城本丸辰巳三重櫓

    坂下門の前から蓮池巽三重櫓と江戸城最長の箪笥多聞(左)を写したもの。明治3年(1870)閏10月7日の蓮池門爆薬庫火災により類焼したと思われるので、それ以前の撮影であろう。カメラアングルが低く見えないが、人力車の向こう側を蛤堀が横切る。右奥に内桜田門が写る。太田道灌築城の時からある門で、太田氏の桔梗紋が家康入城の時も残っていた。桔梗紋にちなみ桔梗門とも呼ばれる。=撮影年月日不明、東京、撮影者:スチルフリード、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号78‐33‐0]

    商品コード: 2017081401147

  • -
    日光東照宮奥社鋳抜の門と宝塔

    徳川家康の墓所である日光東照宮の奥社を写したもの。石段の上に鋳抜門(いぬきもん)があり、奥に家康の神柩(しんきゅう)を納めた宝塔が見える。鋳抜門は柱や梁がひとつの鋳型で作られたことからそう呼ばれている。宝塔は五代将軍綱吉が石造りから唐銅製に造り替えた。=撮影年月日不明、日光、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号88‐17‐0]

    商品コード: 2017081400808

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    -
    上野東照宮参道の桜

    徳川家康を祀る上野東照宮。寛永4年(1627)藤堂高虎(とうどうたかとら)が下屋敷内に創立した。唐門を背にして表参道を写したもの。諸大名が献納した石灯籠が並ぶ。奥に見える石造りの鳥居は寛永10年(1633)上州厩橋城主酒井田忠世が寄進したもの。その後何故か地中に埋められた。享保19年(1734)になって、孫の酒井忠知により掘り出され再建されたという経歴を持つ。以後、関東大震災にも動じることなく現存する。明治中期。=撮影年月日不明、東京、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号92‐6‐0]

    商品コード: 2017081400927

  • -
    日光東照宮奥社参道の石段

    徳川家康公の墓所、東照宮奥所への参道である。巨杉の中に二百七段の石段がつづく。石段が一枚石であるだけでなく、石棚も一枚石をくりぬいたものである。石段を降りると坂下門にいたる。=撮影年月日不明、日光、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号31‐41‐0]

    商品コード: 2017080902107

  • -
    日光街道の杉並木

    今市は日光に入る交通の要衝で、 この地で御成(日光)街道、 例幣使街道と会津西街道が合している。 これらの街道に徳川家康の三十三回忌にあたって松平正綱が寄進した杉並木がある。 並木中央に人力車と車夫を配して杉並木の大きさを際立たせている。=撮影年月日不明、今市、撮影者:日下部金兵衛、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号2‐33‐0]

    商品コード: 2017080200774

  • -
    日光街道の杉並木

    今市は日光に入る交通の要衛で、御成(日光)街道、例幣使街道と会津西街道が合している。これらの街道に徳川家康の三十三回忌に松平正綱が寄進した杉並木がある。整理番号31-80と同一写真である。=撮影年月日不明、今市、撮影者:小川一真、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号25‐57‐0]

    商品コード: 2017080400620

  • -
    日光街道の杉並木

    今市は日光に入る交通の要衝で、 この地で御成(日光)街道、 例幣使街道と会津西街道が合している。 これらの街道に徳川家康の三十三回忌にあたって松平正綱が寄進した杉並木がある。 杉並木からの木洩れ日が街道に映し出した木々の影が縞模様を写している。=撮影年月日不明、今市、撮影者:小川一真、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号8‐24‐0]

    商品コード: 2017080201124

  • -
    日光東照宮本殿

    日光東照宮の本殿の内陣である。徳川家康が祀られている。中央には法主の椅子が置かれ、手前には経たての側に鈴(鐘)が置かれ、左右には住持の席が配されている。天井には壮麗な装飾が施されている。=撮影年月日不明、日光、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号14‐14‐0]

    商品コード: 2017080201414

  • -
    日光東照宮陽明門

    陽明門前の境内に写真左のように鐘楼と鼓楼があり、 その奥に本地堂がある。 徳川家康の本地仏、 薬師如来を安置するので本地堂といわれていたが、 現在薬師堂ともいう。 天井には龍が描かれ、 手をたたくと天井が共鳴するので鳴龍と呼ばれる。 右に陽明門の階段と回廊が写っている。=撮影年月日不明、日光、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号15‐31‐0]

    商品コード: 2017080201572

  • -
    日光東照宮奥社参道の石段

    日光東照宮本殿東回廊にある有名な彫刻「眠り猫」の下をくぐり、坂下門を抜けるとこの長く勾配の急な石段の参道に出る。石段を上ると杉木立に囲まれて徳川家康の墓所である奥社がある。石段の個々の踏み石は重い1枚石で作られている。画面の上方に奥社が見える。=撮影年月日不明、日光、撮影者:玉村康三郎、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号80‐45‐0]

    商品コード: 2017081401288

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    -
    日光東照宮奥社宝塔

    日光東照宮の奥社宝塔には徳川家康の神柩(しんきゅう)が納められている。木造から石造に替えられた宝塔は、天和3(1683)年の大地震で破損したため、五代将軍綱吉が唐銅(からがね)製に造り替えた。左手前にある鶴の燭台や香炉、花瓶は朝鮮国王から贈られた。=撮影年月日不明、日光、撮影者:A.ファサリ、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号82‐41‐0]

    商品コード: 2017081401362

  • -
    TOKUGAWA IEYASU

    TOKUGAWA IEYASU Japanese shogun, lawgiver and founder of the Tokugawa dynasty. Date: 1542 - 1616、クレジット:Mary Evans Picture Library/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

    商品コード: 2019080210964

  • -
    日光街道の杉並木

    日光街道の杉並木は徳川家康の三十三回忌にあたり松平正綱が寄進したものである。画面の奥に見える建物は今市の追分地蔵付近ではないかと思われる。梢の上には道なりに空が見える。当時は、月明かりや星明りを頼りにして、空を見ながら夜道を往来できたという。=撮影年月日不明、今市、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号61‐5‐0]

    商品コード: 2017082300930

  • -
    日光東照宮奥社参道の石段

    日光東照宮本殿東回廊にある有名な彫刻「眠り猫」の下をくぐり、坂下門を抜けるとこの長く勾配の急な石段の参道に出る。石段を上ると杉木立に囲まれて徳川家康の墓所である奥社がある。石段の個々の踏み石は重い1枚石で作られている。画面の上方に奥社が見える。=撮影年月日不明、日光、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号54‐24‐0]

    商品コード: 2017081002686

  • 1904年12月31日
    日光街道の杉並木

    日光街道の杉並木は徳川家康の三十三回忌にあたり松平正綱が寄進したものである。画面の奥に見える建物は今市の追分地蔵付近ではないかと思われる。梢の上には道なりに空が見える。当時は、月明かりや星明りを頼りにして、空を見ながら夜道を往来できたという。=1904(明治37)年、日光、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号98‐7‐0]

    商品コード: 2017081501610

  • 1904年12月31日
    日光東照宮奥社参道の石段

    日光東照宮の奥社(徳川家康の墓所)へ続く石段のステレオ写真。東照宮本殿東回廊にある有名な彫刻「眠り猫」の下をくぐり、坂下門を抜けるとこの長く勾配の急な石段の参道に出る。石段の個々の踏み石は重い1枚石で作られている。=1904(明治37)年、日光、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号97‐58‐0]

    商品コード: 2017081401649

  • 1960年12月31日
    愛知県・名古屋城 昭和の風景・資料

    徳川家康が天下普請によって築城した。以降は尾張徳川家の居城として明治まで利用された=1960年(昭和35年)、愛知県名古屋市

    商品コード: 2018122507382

  • 1976年09月27日
    山岡荘八

    山岡荘八、作家・文化、やまおか・そうはち、死去・1978(昭和53)年9月30日、本名・藤野庄蔵、作家、歴史小説「徳川家康」で有名、長谷川伸賞受賞、吉川英治文学賞受賞、紫綬褒章受章、勲二等瑞宝章受章=1976(昭和51)年9月27日

    商品コード: 1976103000010

  • 1977年07月16日
    プサンとイルボン 「特別報告」素顔の韓国

    南(日本)をにらんで、プサン(釜山)駅前に立つ鄭撥将軍の像。鄭将軍はその昔、秀吉の侵攻軍との攻防で戦死した。韓国南岸では、各地に“アンチ秀吉”の記念物がある。韓国で山岡荘八の「徳川家康」がロングセラーとなっているのも“秀吉憎し”のせい…(企画番外「特別報告」素顔の韓国−12回続きの3併用。6〜7月にかけ1カ月間、プサン<釜山>市の一般家庭での外信部記者による住み込み「見聞録」)

    商品コード: 2014100800287

  • 1979年04月04日
    国宝、重文の指定を答申

    重要文化財に指定される徳川家康関係資料。左は日本現存最古の洋時計、右は鉛筆と眼鏡=1979(昭和54)年4月4日

    商品コード: 2015020900348

  • 1983年07月07日
    (たけだ・てつや) 武田鉄矢

    歌手、俳優、海援隊リーダー、1983(昭和58)年7月7日撮影、テレビ「徳川家康」秀吉役、最後の収録

    商品コード: 1983070700011

  • 1989年03月21日
    完成したからくり人形時計塔 からくり人形時計塔登場

    完成した「からくり人形時計塔」。織田信長、豊臣秀吉、徳川家康の3英傑が、和時計風の塔の中央からせり出して登場、演技する=名古屋市中区の若宮大通公園

    商品コード: 2019111401285

  • 1989年03月21日
    織田信長、豊臣秀吉、徳川家康の3英傑 からくり人形時計塔登場

    「からくり人形時計塔」中から登場する織田信長(左)、豊臣秀吉(中央)、徳川家康の3英傑=名古屋市中区の若宮大通公園

    商品コード: 2019111401288

  • 1989年10月12日
    法隆寺に家康の武具

    法隆寺で見つかった徳川家康奉納の布製の刀袋

    商品コード: 2020051904176

  • 1990年12月31日
    徳川家康

    キーワード:戦国時代、安土桃山時代、武将、戦国大名=撮影年月日不明、クレジット:アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020011502748

  • 1990年12月31日
    徳川家康

    キーワード:戦国時代、安土桃山時代、武将、戦国大名=撮影年月日不明、クレジット:アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020011502740

  • 1994年04月25日
    江戸東京博物館で除幕式 半世紀ぶり家康像お目見え

    半世紀ぶりに再建された徳川家康の銅像=25日午前、東京・両国の江戸東京博物館

    商品コード: 1994042500016

  • 1994年08月07日
    ボクシング決勝 全国高校総体第8日

    ライトフライ級決勝 3回1分26秒RSC勝ちした矢代家康=富山県産業創造センター(フォーム)

    商品コード: 1994080700025

  • 1994年10月28日
    家康惑わせた美味

    薬膳についてラジオ局の取材を受ける正岡慧子さん=東京・四谷(注意・C版のみの画像)

    商品コード: 1994102800031

  • 1994年10月28日
    家康惑わせた美味

    紅花衣の吹き寄せてんぷらの出来上がり

    商品コード: 1994102800028

  • 1995年09月21日
    東京・南千住で 「家康公」が交通安全訴え

    「徳川家康公」や家来にふんし交通安全を訴える交通安全協会員たち=21日午前、東京都荒川区南千住(秋の全国交通安全運動)(カラーネガ)

    商品コード: 1995092100015

  • 1996年09月07日
    家康が作らせた銅製活字 伊能忠敬の地図を復元展示

    徳川家康が作らせた銅製活字=東京都文京区本郷の東大総合研究博物館

    商品コード: 1996090700015

  • 1999年01月27日
    来年のNHK大河ドラマ 徳川3代に津川、西田ら

    来年放送されるNHK大河ドラマ「葵~徳川三代」の徳川家康役に決まり抱負を語る津川雅彦さん(右)と、二代将軍秀忠役の西田敏行さん=27日午後、東京・渋谷のNHK

    商品コード: 1999012700073

  • 1999年03月23日
    発掘調査現場 解明進む家康の駿府城跡

    駿府城の御殿とみられる建物跡が見つかった発掘調査現場=静岡市の駿府公園

    商品コード: 1999032300003

  • 2000年01月29日
    「信長料理」はいかが

    )、企画25S、31日付朝刊以降使用、ホテルニューオウミ提供  織田信長が徳川家康をもてなした料理を再現したメニュー(ホテルニューオウミ提供)

    商品コード: 2000012900023

  • 2000年05月24日
    展示物をご覧になる両陛下 両陛下がハーグ到着

    ビネンホフ内の徳川家康の朱印状などの展示物をご覧になる天皇、皇后両陛下=24日午後、オランダ・ハーグ(代表撮影・共同)

    商品コード: 2000052400187

  • 2000年05月24日
    朱印状を観賞 ハーグに到着した両陛下

    徳川家康の朱印状をご覧になる天皇、皇后両陛下=24日午後、オランダ・ハーグのビネンホフ(代表撮影・共同)

    商品コード: 2000052400199

  • 2000年05月24日
    展示物を見る両陛下 両陛下がハーグ到着

    ビネンホフ内の徳川家康の朱印状などの展示物をご覧になる天皇、皇后両陛下=24日午後、オランダ・ハーグ(代表撮影・共同)

    商品コード: 2000052400185

  • 2001年02月01日
    かぶとの中にあった守り札 千姫の守り札を発見

    本多家に伝わるかぶとから見つかった徳川家康の孫千姫の守り札

    商品コード: 2001020100003

  • 2001年03月27日
    見つかった石垣 二条城創建時の石垣を確認

    二条城敷地内で見つかった徳川家康が築城した当時の石垣=27日午後、京都市中京区

    商品コード: 2001032700118

  • 2004年03月17日
    発見された柱根 家康の別荘跡発見

    発見された「中泉御殿」の四脚門の柱根=17日午後、静岡県磐田市中泉

    商品コード: 2004031700262

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2004年04月29日
    盗まれた碁盤 大徳寺塔頭で展示品盗難

    大徳寺塔頭から盗まれた豊臣秀吉と徳川家康が対局したと伝えられる碁盤

    商品コード: 2004042900137

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2005年03月03日
    盗まれた碁盤 秀吉の碁盤や重文発見

    2004年4月、大徳寺塔頭から盗まれた豊臣秀吉と徳川家康が対局したと伝えられる碁盤

    商品コード: 2005030300094

  • 2006年09月25日
    郷愁誘う香り

    徳川家康が生まれた岡崎城

    商品コード: 2006092500123

  • 2008年07月31日
    中国語版を手にする客 なぜか売れる「徳川家康」

    北京の繁華街、王府井の書店で「徳川家康」の中国語版を手にする買い物客ら=8日(共同)

    商品コード: 2008073100022

  • 2009年08月29日
    「家康ライス」 家康ライス、三成の雑炊

    企画展「戦国武将の勝負飯」で展示されている「家康ライス」。白米の上に少量の麦飯が載せられたもの(左)とタイの天ぷら=5日、岐阜県垂井町のタルイピアセンター・歴史民俗資料館

    商品コード: 2009082900147

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2010年10月16日
    時代行列の家康ら 信長、秀吉、家康勢ぞろい

    徳川家康(中央)らの戦国武将や足軽に扮した約600人が練り歩く「名古屋まつり」の郷土英傑行列=16日午後、名古屋市中村区

    商品コード: 2010101600238

  • 2011年06月16日
    伊達政宗の手紙 政宗が“口利き”の手紙

    伊達政宗が徳川家康の側近に送った手紙=高知県南国市の県立歴史民俗資料館

    商品コード: 2011061600312

  • 2011年06月16日
    伊達政宗の手紙 政宗が“口利き”の手紙

    伊達政宗が徳川家康の側近に送った手紙=高知県南国市の県立歴史民俗資料館

    商品コード: 2011061600339

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2011年06月25日
    役者に迎えられる館員ら 駐日大使が日光ツアー

    徳川家康に扮(ふん)した日光江戸村の役者(中央)らに迎えられる「日光・鬼怒川温泉ツアー」に参加した駐日大使館員ら=25日、栃木県日光市

    商品コード: 2011062500291

  • 2012年05月17日
    記者会見するトンプソン氏 家康の時計「最高傑作」

    ゼンマイ式西洋時計の写真を手に記者会見する大英博物館の研究者デービッド・トンプソン氏=17日午後、静岡市駿河区

    商品コード: 2012051700966

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2012年06月28日
    市のシンボルに 名古屋城を再建

    1958(昭和33)年7月2日、名古屋大空襲(45年5月)で焼失した名古屋城の復元工事が進められる。完成は翌年で、金のしゃちほことともに名古屋市の新しいシンボルとなった。徳川家康が九男義直の居城として大名に工事を負担させる天下普請によって築城し「尾張名古屋は城で持つ」とうたわれた日本三名城の一つ。

    商品コード: 2012062800277

  • 2013年11月20日
    解説する酒井主任研究員 家康の甲冑、国宝絵巻

    徳川家康が使った甲冑を解説する九博の酒井芳司主任研究員=10月、福岡県太宰府市の九州国立博物館

    商品コード: 2013112000008

  • 2013年11月24日
    1位の「さのまる」ら 優勝は栃木の「さのまる」

    ゆるキャラグランプリで優勝した「さのまる」(中央)、2位の「出世大名家康くん」(左)、3位の「ぐんまちゃん」=24日午後、埼玉県羽生市

    商品コード: 2013112400187

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5