KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • アミノ酸
  • ボステン湖
  • 丁磊
  • 令和
  • 制度
  • 市場
  • 漁師
  • 漁業
  • 発展
  • 記者

「イシカリワカサギ」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
7
( 1 7 件を表示)
  • 1
7
( 1 7 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年10月12日
    新疆・ボステン湖でイシカリワカサギが大漁日本へ輸出

    12日、新疆ウイグル自治区バグラシュ県のボステン湖でイシカリワカサギを捕る漁師。秋に入り、中国新疆ウイグル自治区バインゴリン・モンゴル自治州バグラシュ県にある国内内陸部最大の淡水湖ボステン湖はイシカリワカサギの盛漁期を迎えた。イシカリワカサギの原産地は日本で、味が良くアミノ酸が豊富に含まれる。同県では1990年代に導入して試験的に育ててきた。バグラシュ県ではここ数年、禁漁期制度や湖周辺の生態環境保護などの措置により、ボステン湖漁業の持続的で健全な発展を加速させた。イシカリワカサギは数年連続で日本や韓国などに輸出され、日本の市場では「特A」品とされている。(バグラシュ=新華社記者/丁磊)=2019(令和元)年10月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019101605308

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年10月12日
    新疆・ボステン湖でイシカリワカサギが大漁日本へ輸出

    12日、新疆ウイグル自治区バグラシュ県のボステン湖に仕掛けた定置網でイシカリワカサギを捕る漁師。秋に入り、中国新疆ウイグル自治区バインゴリン・モンゴル自治州バグラシュ県にある国内内陸部最大の淡水湖ボステン湖はイシカリワカサギの盛漁期を迎えた。イシカリワカサギの原産地は日本で、味が良くアミノ酸が豊富に含まれる。同県では1990年代に導入して試験的に育ててきた。バグラシュ県ではここ数年、禁漁期制度や湖周辺の生態環境保護などの措置により、ボステン湖漁業の持続的で健全な発展を加速させた。イシカリワカサギは数年連続で日本や韓国などに輸出され、日本の市場では「特A」品とされている。(バグラシュ=新華社記者/丁磊)=2019(令和元)年10月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019101604994

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年10月12日
    新疆・ボステン湖でイシカリワカサギが大漁日本へ輸出

    12日、新疆ウイグル自治区バグラシュ県のボステン湖で漁場に向かう漁師。秋に入り、中国新疆ウイグル自治区バインゴリン・モンゴル自治州バグラシュ県にある国内内陸部最大の淡水湖ボステン湖はイシカリワカサギの盛漁期を迎えた。イシカリワカサギの原産地は日本で、味が良くアミノ酸が豊富に含まれる。同県では1990年代に導入して試験的に育ててきた。バグラシュ県ではここ数年、禁漁期制度や湖周辺の生態環境保護などの措置により、ボステン湖漁業の持続的で健全な発展を加速させた。イシカリワカサギは数年連続で日本や韓国などに輸出され、日本の市場では「特A」品とされている。(バグラシュ=新華社記者/丁磊)=2019(令和元)年10月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019101605054

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年10月12日
    新疆・ボステン湖でイシカリワカサギが大漁日本へ輸出

    12日、新疆ウイグル自治区バグラシュ県のボステン湖でイシカリワカサギを運搬する漁師。秋に入り、中国新疆ウイグル自治区バインゴリン・モンゴル自治州バグラシュ県にある国内内陸部最大の淡水湖ボステン湖はイシカリワカサギの盛漁期を迎えた。イシカリワカサギの原産地は日本で、味が良くアミノ酸が豊富に含まれる。同県では1990年代に導入して試験的に育ててきた。バグラシュ県ではここ数年、禁漁期制度や湖周辺の生態環境保護などの措置により、ボステン湖漁業の持続的で健全な発展を加速させた。イシカリワカサギは数年連続で日本や韓国などに輸出され、日本の市場では「特A」品とされている。(バグラシュ=新華社記者/丁磊)=2019(令和元)年10月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019101605311

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年10月12日
    新疆・ボステン湖でイシカリワカサギが大漁日本へ輸出

    12日、新疆ウイグル自治区バグラシュ県のボステン湖で漁場に向かう漁師。(小型無人機から)秋に入り、中国新疆ウイグル自治区バインゴリン・モンゴル自治州バグラシュ県にある国内内陸部最大の淡水湖ボステン湖はイシカリワカサギの盛漁期を迎えた。イシカリワカサギの原産地は日本で、味が良くアミノ酸が豊富に含まれる。同県では1990年代に導入して試験的に育ててきた。バグラシュ県ではここ数年、禁漁期制度や湖周辺の生態環境保護などの措置により、ボステン湖漁業の持続的で健全な発展を加速させた。イシカリワカサギは数年連続で日本や韓国などに輸出され、日本の市場では「特A」品とされている。(バグラシュ=新華社記者/丁磊)=2019(令和元)年10月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019101605327

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年10月12日
    新疆・ボステン湖でイシカリワカサギが大漁日本へ輸出

    12日、新疆ウイグル自治区バグラシュ県のボステン湖で捕獲したイシカリワカサギを計量のために移す漁師。秋に入り、中国新疆ウイグル自治区バインゴリン・モンゴル自治州バグラシュ県にある国内内陸部最大の淡水湖ボステン湖はイシカリワカサギの盛漁期を迎えた。イシカリワカサギの原産地は日本で、味が良くアミノ酸が豊富に含まれる。同県では1990年代に導入して試験的に育ててきた。バグラシュ県ではここ数年、禁漁期制度や湖周辺の生態環境保護などの措置により、ボステン湖漁業の持続的で健全な発展を加速させた。イシカリワカサギは数年連続で日本や韓国などに輸出され、日本の市場では「特A」品とされている。(バグラシュ=新華社記者/丁磊)=2019(令和元)年10月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019101604829

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年10月12日
    新疆・ボステン湖でイシカリワカサギが大漁日本へ輸出

    12日、新疆ウイグル自治区バグラシュ県のボステン湖で捕獲したイシカリワカサギを確認する漁師。秋に入り、中国新疆ウイグル自治区バインゴリン・モンゴル自治州バグラシュ県にある国内内陸部最大の淡水湖ボステン湖はイシカリワカサギの盛漁期を迎えた。イシカリワカサギの原産地は日本で、味が良くアミノ酸が豊富に含まれる。同県では1990年代に導入して試験的に育ててきた。バグラシュ県ではここ数年、禁漁期制度や湖周辺の生態環境保護などの措置により、ボステン湖漁業の持続的で健全な発展を加速させた。イシカリワカサギは数年連続で日本や韓国などに輸出され、日本の市場では「特A」品とされている。(バグラシュ=新華社記者/丁磊)=2019(令和元)年10月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019101605301

  • 1