KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • けん引
  • はく
  • インターネット
  • ビジネスモデル
  • 企業
  • 収穫
  • 合作社
  • 平成
  • 果物
  • 発展

「イチゴお姉さん」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
8
( 1 8 件を表示)
  • 1
8
( 1 8 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2019年01月03日
    「イチゴお姉さん」の「美」ジネス

    3日、山東省淄博市沂源県中荘鎮蓋冶村の貧困扶助農場でイチゴの選別をする村民。中国山東省淄博(しはく)市沂源(ぎげん)県中荘鎮蓋冶(がいや)村の農家、江芳芳(こう・ほうほう)さんがイチゴ栽培を始めたのは2014年。数年の試行錯誤を経て2017年にイチゴ専業合作社を設立した。企業・合作社・生産基地・農家を一体化させたビジネスモデルを取り入れ、地元のエコ栽培をけん引してきた。江さんは2018年、地元政府の支援の下で貧困扶助農場を設立、インターネットと実店舗での販売により、イチゴの販売ルートを全国各地に広げた。江さんのイチゴ産業は地元や周辺地域の農家を活気づけ、毎年1千万元余り(1元=約16円)の収入増につながった。親しみを込めて「イチゴお姉さん」と呼ばれる江さんは、イチゴ産業の発展により貧困脱却と収入増加に貢献できるのはこの上ない幸せだと語った。(淄博=新華社配信/趙東山)=2019(平成31)年1月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019011517799

  • 2019年01月07日
    「イチゴお姉さん」の「美」ジネス

    7日、山東省淄博市沂源県中荘鎮蓋冶村のビニールハウスでイチゴを収穫する江さん。中国山東省淄博(しはく)市沂源(ぎげん)県中荘鎮蓋冶(がいや)村の農家、江芳芳(こう・ほうほう)さんがイチゴ栽培を始めたのは2014年。数年の試行錯誤を経て2017年にイチゴ専業合作社を設立した。企業・合作社・生産基地・農家を一体化させたビジネスモデルを取り入れ、地元のエコ栽培をけん引してきた。江さんは2018年、地元政府の支援の下で貧困扶助農場を設立、インターネットと実店舗での販売により、イチゴの販売ルートを全国各地に広げた。江さんのイチゴ産業は地元や周辺地域の農家を活気づけ、毎年1千万元余り(1元=約16円)の収入増につながった。親しみを込めて「イチゴお姉さん」と呼ばれる江さんは、イチゴ産業の発展により貧困脱却と収入増加に貢献できるのはこの上ない幸せだと語った。(淄博=新華社配信/趙東山)=2019(平成31)年1月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019011517724

  • 2019年01月07日
    「イチゴお姉さん」の「美」ジネス

    7日、山東省淄博市沂源県中荘鎮蓋冶村の貧困扶助農場で、買い付けたイチゴの残留農薬検査をする江さん。中国山東省淄博(しはく)市沂源(ぎげん)県中荘鎮蓋冶(がいや)村の農家、江芳芳(こう・ほうほう)さんがイチゴ栽培を始めたのは2014年。数年の試行錯誤を経て2017年にイチゴ専業合作社を設立した。企業・合作社・生産基地・農家を一体化させたビジネスモデルを取り入れ、地元のエコ栽培をけん引してきた。江さんは2018年、地元政府の支援の下で貧困扶助農場を設立、インターネットと実店舗での販売により、イチゴの販売ルートを全国各地に広げた。江さんのイチゴ産業は地元や周辺地域の農家を活気づけ、毎年1千万元余り(1元=約16円)の収入増につながった。親しみを込めて「イチゴお姉さん」と呼ばれる江さんは、イチゴ産業の発展により貧困脱却と収入増加に貢献できるのはこの上ない幸せだと語った。(淄博=新華社配信/趙東山)=2019(平成31)年1月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019011517287

  • 2019年01月07日
    「イチゴお姉さん」の「美」ジネス

    7日、山東省淄博市沂源県中荘鎮蓋冶村の貧困扶助農場で従業員にイチゴの選別と包装を教える江さん(奥)。中国山東省淄博(しはく)市沂源(ぎげん)県中荘鎮蓋冶(がいや)村の農家、江芳芳(こう・ほうほう)さんがイチゴ栽培を始めたのは2014年。数年の試行錯誤を経て2017年にイチゴ専業合作社を設立した。企業・合作社・生産基地・農家を一体化させたビジネスモデルを取り入れ、地元のエコ栽培をけん引してきた。江さんは2018年、地元政府の支援の下で貧困扶助農場を設立、インターネットと実店舗での販売により、イチゴの販売ルートを全国各地に広げた。江さんのイチゴ産業は地元や周辺地域の農家を活気づけ、毎年1千万元余り(1元=約16円)の収入増につながった。親しみを込めて「イチゴお姉さん」と呼ばれる江さんは、イチゴ産業の発展により貧困脱却と収入増加に貢献できるのはこの上ない幸せだと語った。(淄博=新華社配信/趙東山)=2019(平成31)年1月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019011517285

  • 2019年01月07日
    「イチゴお姉さん」の「美」ジネス

    7日、山東省淄博市沂源県中荘鎮蓋冶村のビニールハウスで農家にイチゴの栽培を教える江さん(右から2人目)。中国山東省淄博(しはく)市沂源(ぎげん)県中荘鎮蓋冶(がいや)村の農家、江芳芳(こう・ほうほう)さんがイチゴ栽培を始めたのは2014年。数年の試行錯誤を経て2017年にイチゴ専業合作社を設立した。企業・合作社・生産基地・農家を一体化させたビジネスモデルを取り入れ、地元のエコ栽培をけん引してきた。江さんは2018年、地元政府の支援の下で貧困扶助農場を設立、インターネットと実店舗での販売により、イチゴの販売ルートを全国各地に広げた。江さんのイチゴ産業は地元や周辺地域の農家を活気づけ、毎年1千万元余り(1元=約16円)の収入増につながった。親しみを込めて「イチゴお姉さん」と呼ばれる江さんは、イチゴ産業の発展により貧困脱却と収入増加に貢献できるのはこの上ない幸せだと語った。(淄博=新華社配信/趙東山)=2019(平成31)年1月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019011517860

  • 2019年01月07日
    「イチゴお姉さん」の「美」ジネス

    7日、山東省淄博市沂源県中荘鎮蓋冶村の貧困扶助農場で農家からイチゴを買い付ける江さん(右)。中国山東省淄博(しはく)市沂源(ぎげん)県中荘鎮蓋冶(がいや)村の農家、江芳芳(こう・ほうほう)さんがイチゴ栽培を始めたのは2014年。数年の試行錯誤を経て2017年にイチゴ専業合作社を設立した。企業・合作社・生産基地・農家を一体化させたビジネスモデルを取り入れ、地元のエコ栽培をけん引してきた。江さんは2018年、地元政府の支援の下で貧困扶助農場を設立、インターネットと実店舗での販売により、イチゴの販売ルートを全国各地に広げた。江さんのイチゴ産業は地元や周辺地域の農家を活気づけ、毎年1千万元余り(1元=約16円)の収入増につながった。親しみを込めて「イチゴお姉さん」と呼ばれる江さんは、イチゴ産業の発展により貧困脱却と収入増加に貢献できるのはこの上ない幸せだと語った。(淄博=新華社配信/趙東山)=2019(平成31)年1月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019011517295

  • 2019年01月07日
    「イチゴお姉さん」の「美」ジネス

    7日、山東省淄博市沂源県中荘鎮蓋冶村の貧困扶助農場で従業員と共にイチゴの選別と包装に取り組む江さん(中央)。中国山東省淄博(しはく)市沂源(ぎげん)県中荘鎮蓋冶(がいや)村の農家、江芳芳(こう・ほうほう)さんがイチゴ栽培を始めたのは2014年。数年の試行錯誤を経て2017年にイチゴ専業合作社を設立した。企業・合作社・生産基地・農家を一体化させたビジネスモデルを取り入れ、地元のエコ栽培をけん引してきた。江さんは2018年、地元政府の支援の下で貧困扶助農場を設立、インターネットと実店舗での販売により、イチゴの販売ルートを全国各地に広げた。江さんのイチゴ産業は地元や周辺地域の農家を活気づけ、毎年1千万元余り(1元=約16円)の収入増につながった。親しみを込めて「イチゴお姉さん」と呼ばれる江さんは、イチゴ産業の発展により貧困脱却と収入増加に貢献できるのはこの上ない幸せだと語った。(淄博=新華社配信/趙東山)=2019(平成31)年1月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019011517250

  • 2019年01月07日
    「イチゴお姉さん」の「美」ジネス

    7日、山東省淄博市沂源県中荘鎮蓋冶村の貧困扶助農場で、買い付けたイチゴを点検する江さん。中国山東省淄博(しはく)市沂源(ぎげん)県中荘鎮蓋冶(がいや)村の農家、江芳芳(こう・ほうほう)さんがイチゴ栽培を始めたのは2014年。数年の試行錯誤を経て2017年にイチゴ専業合作社を設立した。企業・合作社・生産基地・農家を一体化させたビジネスモデルを取り入れ、地元のエコ栽培をけん引してきた。江さんは2018年、地元政府の支援の下で貧困扶助農場を設立、インターネットと実店舗での販売により、イチゴの販売ルートを全国各地に広げた。江さんのイチゴ産業は地元や周辺地域の農家を活気づけ、毎年1千万元余り(1元=約16円)の収入増につながった。親しみを込めて「イチゴお姉さん」と呼ばれる江さんは、イチゴ産業の発展により貧困脱却と収入増加に貢献できるのはこの上ない幸せだと語った。(淄博=新華社配信/趙東山)=2019(平成31)年1月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019011517293

  • 1