KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • システム
  • 自動運転
  • インターネット
  • クラウド
  • 人工知能
  • スマート
  • ビッグデータ
  • ロボット
  • 中国浙江省
  • ドローン

「インテリジェント」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 映像
  • 向き
  • カテゴリ
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
23
( 1 23 件を表示)
  • 1
23
( 1 23 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 01:08.43
    2021年03月23日
    「新華社」百度アポロ、河北省滄州市で有料サービスの試行商用化に前進

    中国インターネット検索大手、百度(バイドゥ)と滄州雲図科技がこのほど、河北省滄州市政府から、無人の自動運転車を使った公道実証実験と自動運転の商用化に向けた試行運用を実施する二つの許可を得たことが分かった。滄州市工業・情報化局など3部門が同市初となる「インテリジェントコネクテッドカー(ICV)道路試験通知書」と「モデル運用通知書」を発行した。今回許可を受けたのは、運転席に安全員が乗車しない無人の自動運転車10台を使った公道での実証実験と、自動運転車35台を使った有料サービスの試行運用。百度が開発を進める自動運転システム「アポロ」を搭載した車両を使う。(記者/馮維健、王民) =配信日: 2021(令和3)年3月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:16.36
    2021年03月20日
    Intelligent Agriculture

    Plant protection drones are used to spray pesticide in a wheat field in Lianyungang City, East China‘s Jiangsu Province, March 20, 2020.=クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ 

  • 00:16.36
    2021年03月20日
    Intelligent Agriculture

    Plant protection drones are used to spray pesticide in a wheat field in Lianyungang City, East China‘s Jiangsu Province, March 20, 2021.=クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ 

  • 00:56.25
    2021年03月08日
    「新華社」中国の科学者、水深1万メートルでのソフトロボット駆動に成功

    中国の浙江大学と之江実験室の研究チームは、3年間にわたる協力の末、水深1万メートルの深海で操作・制御可能なバイオニック深海ソフトロボットを開発した。研究成果は北京時間4日、英科学誌「ネイチャー」に掲載された。研究はマリアナ海溝の水深6千~1万1千メートルに生息するクサウオから着想を得た。クサウオはゼリー状の柔らかい体の中に断片的に骨格があり、100メガパスカル近い圧力にも耐えられる。プロジェクトチームが開発したバイオニック深海ソフトロボットは魚のような形で、長さ22センチ、翼長28センチ。高圧・低温環境下でも良好な電動駆動性能を維持できるインテリジェントソフト材料で制作された。制御回路やバッテリーなどのハードウエア部品が、ゼリー状の柔らかいボディーに組み込まれており、耐圧殻なしで1万メートル級の深海の静水圧に耐えることができる。2019年12月、バイオニック深海ソフトロボットはマリアナ海溝の底に到達した。海上試験の映像記録からは、ロボットが同海溝の深さ1万900メートルの場所で、安定して翼を羽ばたかせて駆動していることが確認できた。2020年8月27日には、同ロボットが水深3224メートルの場所で、自律的な水中移動に成功した。研究者は今後、バイオニックソフトロボットの重要技術を深海用潜水調査船に応用し、小型化された深海探査用機器を開発・製造することで、深海での通信や探査・測定などの機能実現を目指すとしている。(記者/王思遠、朱涵、李濤) =配信日: 2021(令和3)年3月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:16.71
    2020年08月12日
    「新華社」中国最大の大慶油田、進むインテリジェント化黒竜江省

    中国最大の石油生産基地、黒竜江省の大慶(たいけい)油田は現在、遠隔操作や無人監視による生産効率の向上、ビッグデータやモノのインターネット(IoT)を活用した石油・ガス生産システムの構築、全てがつながるインターネット(IoE)の実現に向けた「インテリジェント油田」の建設に努めている。インテリジェント油田の建設は、同油田が正確な管理と制御を実現し、生産効率を向上させ、中国のエネルギー安全保障を確保するための強力な手がかりとなっている。(記者/楊喆、唐鉄富)<映像内容>インテリジェント化が進む大慶油田、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:30.40
    2020年07月31日
    「新華社」アリババクラウド、中国でスーパーデータセンター3カ所落成

    中国電子商取引(EC)大手アリババグループ傘下の阿里雲(アリババクラウド)は7月31日、江蘇省南通市、浙江省杭州市、内モンゴル自治区ウランチャブ市に建設していたクラウドコンピューティングのスーパーデータセンターが落成したと発表した。順次運用を開始し、計100万台以上のサーバーを稼働させる予定。京津冀(北京市・天津市・河北省)や上海市を中心とする長江デルタ、粤港澳(広東省・香港・マカオ)などの地域をカバーし、新型インフラの建設を加速させる。河北省張家口市張北県と広東省河源市でも既に稼働しており、中国本土ではこれで計5カ所となった。アリババIDC研究開発事業部を率いる高山淵(こう・さんえん)氏によると、スーパーデータセンターでは同社傘下の「達摩院(DAMO)」や「平頭哥半導体(T-Head)」などが開発した最新の研究成果を応用しており、従来型のデータセンターに比べ、規模、計算能力、省エネ、インテリジェント化が一段と進んでいる。将来的には中国本土で10カ所以上展開する方針。既存の5カ所については、自社開発した第3世代クラウドサーバー「神竜(X-Dragon)」やAIチップ「含光800」を活用し、世界をリードする性能を備えると説明した。アリババクラウドは4月、今後3年で2千億元(1元=約15円)を投じ、クラウドOSやサーバーなど重要コア技術の研究開発やデータセンターの建設に力を入れると発表している。(記者/夏亮、李濤)<映像内容>アリババクラウドのスーパーデータセンターが落成、外観や内観など、撮影日:2020(令和2)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:47.22
    2020年06月29日
    「新華社」長春市で中韓国際協力モデル区が設立吉林省

    中国吉林省長春市で6月29日、中国と韓国が産業協力を行う「中韓(長春)国際協力モデル区」が設立された。計画では複数の専門産業パークを建設する。新エネルギー車(NEV)や医薬品、食品、第5世代移動通信システム(5G)などの分野で中韓両国の協調・協力を強化する。一部のプロジェクトは既に着工している。同モデル区は同市北東部に位置する。当面の開発面積は約36平方キロで、長期的には約210平方キロまで拡張する。情報技術(IT)産業面では、韓国企業や国内外の有名企業との協力を強化。人工知能(AI)やモノのインターネット(IoT)、産業インターネットなどでの産業協力を支援する。ハイエンド設備・スマート製造面では、産業用ロボットやスマート装置製造、インテリジェント制御システム、NEV・コネクテッドカー、省エネ・環境保全、氷雪用品などでの国際協力に重点を置く。韓国は、吉林省にとって最大の投資国であり、最大の観光客送り出し市場でもある。同省内には2019年末時点で韓国系企業が400社余りある。(記者/姚湜、姜明明、許暢)<映像内容>中韓(長春)国際協力モデル区が設立、撮影日:2020(令和2)年6月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:24.69
    2020年02月03日
    「新華社」濃厚接触者の隔離施設でロボット活躍浙江省嘉興市

    中国浙江省嘉興市南湖区にある新型コロナウイルス肺炎患者との濃厚接触者を集中隔離・経過観察する施設でこのほど、インテリジェントロボット「小米」が正式に配属され、経過観察者へのサービスを開始した。経過観察者がマスクを必要とした場合、指令を受けてからわずか1分で正確に届けることができる。スタッフが任務開始前に消毒し、終了後も各部位を再度消毒処理する。サービスを提供する際は、医薬品は医薬品、食品は食品と厳密に分け、1度に同一種類の物資しか運ばない。生活ごみなど経過観察者が出した物を持ち帰ることもしない。小米は在宅介護市場向けに開発されたインテリジェントロボットで、高齢者に食事を届けるなどのサービスをカスタマイズして提供する。(記者/夏亮、李濤)<映像内容>新型肺炎の隔離施設で活躍するロボット、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 02:15.96
    2019年12月23日
    「新華社」廊坊臨空経済区・自由貿易試験区の企業誘致発表会、北京で開催

    中国北京市で先ごろ、「新たな力、新たなチャンス、新たなモデル」をテーマに、北京大興国際空港廊坊(ろうぼう)臨空経済区・中国(河北)自由貿易試験区大興空港エリア廊坊区域のグローバル企業誘致発表会が開催された。同発表会では、河北臨空経済産業発展シンクタンク(カセダ・シンクタンク)が設立され、国家新エネルギー車(NEV)ビッグデータ監視プラットフォームや車載インテリジェント端末など、提携プロジェクト計7件の調印が行われた。総投資額は790億元(1元=約16円)に達し、同経済区はプロジェクトの集積段階に入った。発表会は、国内外の航空会社や多国籍企業から高い注目を集め、80社以上の有名企業が参加した。同経済区は全体的な位置づけとして、国際交流センター機能担当区、国家航空科学技術革新先導区、京津冀(北京・天津・河北省)共同発展モデル区に分けられる。計画面積100平方キロの同経済区内には、10平方キロの自由貿易試験区も設けられている。(記者/張碩)<映像内容>廊坊臨空経済区・自由貿易試験区の企業誘致発表会の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 02:33.70
    2019年11月11日
    「新華社」注文8分後に宅配便で商品が届く「中国スピード」を実現したハイテク遼寧省瀋陽

    中国遼寧省瀋陽市のある消費者は北京時間11日午前0時33分(日本時間同午前1時33分)、ネットで購入した商品を受け取った。同日に開催されたアリババ主催の世界最大のEコマースの祭典、「独身の日」(11月11日)で商品を注文してから、わずか8分後だった。中国国家郵政局のモニタリングデータによると、11日全日で各郵便局や宅配便企業が処理した宅配貨物は、昨年同日と比べ28・6%増の5億3500万件となり、過去最高を記録した。各宅配便企業は「独身の日」に備えて労働力や物資を準備した他、テクノロジー面にも力を入れた。ビッグデータ、クラウドコンピューティング、人工知能(AI)などの革新的技術はスマート意思決定を助け、「独身の日」における宅配貨物件数の予測精度は99・6%に達した。また自動重量計測器と荷物自動整列・ピッキングロボットは、鍵となる重要な部分で作業の質と量、効率を効果的に高めた。インテリジェントストレージ、スマートターミナル、スマート音声認識、スマート地図などの技術的手段は、サプライチェーンの保管、輸送、配送それぞれのつながりをより緊密にし、全プロセスのスマート化管理とリアルタイムでのモニタリングを実現させた。顧客のニーズに応える衝撃的な「8分配送」以外でも、商品の先行販売で予約購入をした多くの顧客が11日午前8時頃には宅配便を受け取っていた。この宅配便企業は「独身の日」の当日中配達率が6割を超え「注文を取り消そうか迷っているうちに宅配便が商品を届けに来る」という状況を実現してしまった。(記者/姜兆臣)<映像内容>注文8分後に配達、独身の日セールの宅配貨物の様子、撮影日:2019(令和元)年11月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:43.72
    2019年10月23日
    「新華社」5G自動運転ミニバス世界インターネット大会で注目

    中国浙江省嘉興市が管轄する県級市、桐郷市の烏(う)鎮で開催中の第6回世界インターネット大会で、5G自動運転ミニバスが注目を集めている。外観は普通の路線バスと変わらないが、レベル4(完全自動走行)の自動運転技術を搭載しており、運転手のハンドル操作なしに混雑した都市の一般道を自動走行できる。走行中、200メートル以内の歩行者や自動車など障害物を全方位で識別でき、インテリジェント路車クラウド協調システム(IVICS)で数キロメートル先の道路情報まで把握、合理的で安全な判断を瞬時に行い、安全を確保する。同鎮では今後、ミニバスの運用を試験的に拡大し、最終的に周囲110平方キロメートルの範囲でITS(高度道路交通システム)技術を実用化する予定だという。(記者/鄭夢雨、夏亮、李濤)<映像内容>第6回世界インターネット大会、5G自動運転ミニバスの様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:56.53
    2019年10月18日
    「新華社」甲骨文字のビッグデータ「殷契文淵」が完成

    甲骨文字の発祥地、中国河南省安陽市で18日、甲骨文字のビッグデータプラットフォーム「殷契文淵」が発表された。同プラットフォームはビッグデータを活用して研究を支援するもので、甲骨文字の研究がインテリジェント化の時代を迎えたことを示している。「殷契文淵」は甲骨学研究の第一人者、中国社会科学院甲骨学殷商史研究センターの宋鎮豪(そう・ちんごう)主任の指導により完成。文字と記録、文献データを一体化した甲骨文字の知識共有プラットフォームとなっている。2016年に始まった「殷契文淵」制作の第1期作業では、1899年の甲骨文字発見から120年間にわたってに公開されてきた2万本余りの論文、学術会議論文、修士・博士論文および甲骨文字246種の記録といった基本データが整理された。第2期作業では甲骨文字の画像、調査・識別、自動組み合わせシステムおよび文献検索などを含む基礎データを補充し、人工知能技術を使った研究を行う。宋氏は、甲骨文字の発見から120年が経つが、関連資料の量があまりにおびただしく、内容も複雑で、資料の収集も難しくなっていることから、一般の人がその研究に触れることは容易ではなくなっていると主張。「殷契文淵」は世界に現存する資料が最もそろい、最も規範化され、最も権威あるデータプラットフォームで、世界に無料で開放されており、興味のある人なら誰でも、このプラットフォームを通じて甲骨文字を知り、学び、研究することができると述べた。「殷契文淵」の設計、データ収集および整理作業は、安陽師範学院甲骨文字情報処理教育部重点実験室が行った。(記者/張彩霞、袁月明、楊静)<映像内容>甲骨文字のビッグデータプラットフォーム「殷契文淵」発表、撮影日:2019(令和元)年10月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:48.66
    2019年10月15日
    「新華社」国産砕氷船「雪竜2号」、南極へ初航海「双竜探極」時代が幕開け

    中国が独自に建造した初の極地科学調査砕氷船「雪竜2号」が15日、深圳を出発し南極に向けての初航海に出る。今後、「雪竜号」と共に中国の極地探査の「双竜極地探査」という新たな構図を展開していく。「雪竜2号」は船首と船尾双方向砕氷技術を採用した世界初の極地科学調査砕氷船であり、2〜3ノットで1・5メートルの氷と0・2メートルの雪を連続的に砕いて進む双方向砕氷機能を持ち、極地を含むあらゆる航行区域での航行と作業のニーズを満たせる。「雪竜2号」の船体内部には多数のセンサーが装備されており、船舶全体で情報のインテリジェントセンシング、取得、交換および表示を実現。データ処理・分析などの技術に基づく船舶と科学観測のインテリジェント化された運用と意思決定補助を可能にしている。また「雪竜2号」にはヘリコプター「雪鷹301」(AW169型)が配備され、南極到達後、特に密集した流氷に遭遇した場合には、氷の探査に出動させることができる。「雪竜2号」はまず中国の南極中山基地で作業を行い、その後、南極海のコスモノート海での包括的な観測調査と長城基地での調査を実施、2020年3月下旬の帰国を予定している。(記者/毛思倩、李思佳)<映像内容>極地科学調査砕氷船「雪竜2号」の様子、撮影日:2019(令和元)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:32.18
    2019年10月15日
    「新華社」5G自動運転マイクロバス、世界インターネット大会で走行

    中国浙江省桐郷(とうきょう)市烏鎮(うちん)で間もなく開幕する第6回世界インターネット大会で、第5世代移動通信システム(5G)を活用した自動運転マイクロバスが注目を集めそうだ。同マイクロバスは、中国で初めて都市の一般道の混雑した交通状況下でテストに合格した、5G自動運転マイクロバスの量産車となっている。5G通信技術などを通じて、自動車、道路、インターネット、クラウドを一体化したインテリジェントな自動運転ルートが構築された。人の運転に比べ、自動運転マイクロバスは運転視野が広く、反応速度が速いなどの優位性があり、交通効率と運転の安全性を向上させることができる。会期中は、会場の一部が走行距離4キロの5G自動運転マイクロバスの走行ルートとなる予定で、来賓は同マイクロバスの試乗もできる。(記者/鄭夢雨、黄宗治)<映像内容>5Gを活用した自動運転マイクロバスが一般道を走行する様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:09.52
    2019年09月18日
    「新華社」ファーウェイ、AIトレーニングクラスター「Atlas900」を発表

    中国通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)の年次イベント「HUAWEICONNECT2019」が18日、上海世博展覧館で開幕した。大会期間中、「インテリジェンスの新たな高みを共に創造する」をテーマに、人工知能(AI)とクラウドの最新製品・ソリューションの発表、AIとクラウド技術の応用法の共有、デジタル化転換の新たな実践が行われる。同社はまた、今大会でAIをベースにしたコンピューティング(データ処理)の全体的な戦略を初めて発表。超強力な計算能力を備えたAIトレーニングクラスター「Atlas900」を披露した。「Atlas900」はAIプロセッサー「Ascend910(昇騰910)」を数千個搭載した他、優れた冷却システムなどを備えている。このコンピュータークラスターは、天文探索や気象予測、自動運転、石油探査など、科学研究やビジネスイノベーションのインテリジェント化プロセスの加速に注力する。ファーウェイは今大会で、世界最大の天文装置であるスクエア・キロメートル・アレイ(SKA)電波望遠鏡プロジェクトの代表者を会場に招き、「Atlas900」の強力な計算能力を実演した。「Atlas900」は現在、10・02秒以内に20万個以上の星を探索し、その中の特定の星について分類や識別、測位ができるため、科学者とチームは通常の演算時間を大幅に短縮できる。ファーウェイがインテリジェントコンピューティング分野に投資して10年。同社はネットワーク事業や端末事業だけでなく、パブリッククラウド関連サービスまでカバーしている。胡厚崑(こ・こうこん)副董事長は「あらゆるシーンのインテリジェント化」は同社事業のインテリジェント化の基本的なニーズだと説明。同社の関連ビジネス戦略において、ハードウエアの開放とソフトウエアのオープンソースをサポートし、パートナーがより効率的にアプリケーションの開発や移行ができるよう支援していく考えを示した。(記者/狄春)<映像内容>華為技術の年次イベントの様子、撮影日:2019(令和元)年9月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※再編集不可

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:27.48
    2019年08月27日
    「新華社」福建省の電力網、5Gでインテリジェント時代に突入

    中国福建省三明市初となる変電所の第5世代移動通信システム(5G)共用基地局が27日、220キロボルト列西変電所に建設され、検査の上引き渡された。同基地局の建設と運用により、従来の光ファイバー敷設の柔軟性の無さや、ユビキタスパワー電力IoT(モノのインターネット)センサーデバイスの大量設置をサポートできないなどの問題が解決されただけでなく、電力網のインテリジェントな運用・保守のために、柔軟で効率的、かつ安全で信頼性の高い無線アクセスチャンネルが提供された。また、インテリジェント化されたオンライン監視・制御の実現により、電力網の動作故障の検出・調査・処理の有効性を大幅に高め、人的・物的資源を削減するとともに、自然災害や山火事等の特殊な状況下で、現場巡回の安全性に関するリスクを効果的に軽減することができる。(記者/林凱)<映像内容>変電所の5G共用基地局の様子、撮影日:2019(令和元)年8月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:12.32
    2019年08月06日
    「新華社」中国初の全自動化コンテナふ頭福建省

    中国福建省アモイ市海滄区にある遠海自動化ふ頭は、スマートで安全、環境に配慮された中国初の全自動化コンテナふ頭で、クラウドコンピューティングや自動GPS測位、インテリジェント識別、無人自動化設備、リチウムバッテリー駆動などの先進技術や設備を備えている。ガントリークレーンが巨大アームを動かしてコンテナを正確につかみ取り、自動運転の電気トラックが輸送に行き来している。機能の大半をコンピューターで制御され、操作される自動的荷役機械設備が担う近未来的な光景から、業界内では讃嘆を込めて「悪魔の埠頭」と呼ばれている。(記者/林凱)<映像内容>中国初の全自動化コンテナふ頭の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:03.63
    2019年07月17日
    「新華社」リチウム電池のスマート工場を訪ねて広東省恵州市

    中国広東省恵州市で2001年に設立されたリチウム電池メーカー億緯鋰能(EVEEnergy)はすでに業界のけん引役となっている。同社は国際的な先進設備・技術を導入するとともに、独自のイノベーションと組み合わせ、情報化、自動化、スマート化された生産ラインを立ち上げ、製品のスマート製造と完全なトレーサビリティー(生産流通履歴)を実現した。恵州市にある同社のリチウム電池の中核的生産ラインには、製造スタッフはほとんど見られない。インテリジェントデバイスの助けによって高速運転を実現し、直径18ミリ、長さ65ミリのリチウム電池だけで1日あたり30万個の生産が可能になった。同社製品は、新エネルギー車、商用車、乗用車などさまざまな分野をカバーすることが可能で、一部のニッチ分野では業界の隠れたチャンピオンになっている。(記者/劉大江、王瑞平、毛鑫)<映像内容>リチウム電池メーカー億緯鋰能の生産ライン、撮影日:撮影日不明、クレジット:億緯鋰能/新華社/共同通信イメージズ

  • 01:17.07
    2019年07月08日
    「新華社」蘇寧と中国聯通による初の5G体験型店舗、上海にオープン

    今年は次世代移動通信システム「5G」の商用化元年とされている。中国家電販売大手の蘇寧易購と大手通信事業者の中国聯通(チャイナユニコム)が共同で設立した初の5G体験型店舗がこのほど、上海で正式にオープンした。店舗には5G通信対応の携帯電話、8Kテレビ、AR(拡張現実)、VR(仮想現実)、クラウドオフィスなど、インテリジェント製品とその応用シーンが展示されている。上海の中山公園にある蘇寧易購の5G体験型店舗では、華為技術(ファーウェイ)、OPPO、VIVO、小米(シャオミ)などのメーカーによる5G試作品が陳列され、消費者はそれらを体験できる。店員が現場で測定したところ、4Gで通信する下り速度は最大で約40Mbpsだが、5Gで通信した場合は最大で900Mbpsを超え、前者の約20倍となっている。スマートフォンのほか、クラウドオフィス、クラウドゲーム、高画質の動画送信、高画質でリアルタイムなエンターテインメント体験など、消費者は店舗で5Gの重要な応用シーンを確かめることができる。蘇寧易購によると、第1弾の5G対応携帯電話は7月末、8月初めに発売され、続いて上海にある全ての蘇寧の店舗で5G信号がカバーされる予定だという。(記者/張夢潔)<映像内容>5G体験型店舗の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    02:54.95
    2019年06月22日
    「新華社」深圳で国際ドローン展覧会開催世界から400社以上が出展

    中国広東省深圳市で20日から22日まで開催された2019世界小型無人機(ドローン)大会および第4回深圳国際ドローン展覧会では、国内外の関連企業400社余りが千台以上のドローンを披露した。今回の展示面積は2万2500平方メートルで、中国国内外の企業400社以上が、各種無人ヘリコプターや固定翼無人機、マルチコプター、無人飛行船、ハンググライダー型無人機、羽ばたき式無人機、関連製品を展示した。人工知能(AI)や無人機の技術革新と産業応用についても強く打ち出され、警察用、消防用、空撮用、農業用、測量製図用、物流用、送電線点検用、陸空両用救助用の各種無人機、無人機迎撃システム、無人機の付属品が展示された。今年に入って多くの無人機メーカーが「無人機+」の関連製品とソリューションを打ち出している。深層学習(ディープラーニング)やAI、モノのインターネット(IoT)などに基づく無人機のインテリジェント・エコシステムの構築を目指すとともに、次世代移動通信システム「5G」の技術を活用し、AIを応用した無人機市場の拡大を図っている。(記者/李思佳)<映像内容>第4回深圳国際ドローン展覧会の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:29.43
    2019年03月04日
    「新華社」北京市ICVモデル走行区、運用開始

    中国北京市インテリジェント・コネクテッド・ビークル(ICV)モデル走行区(首鋼パーク)がこのほど、正式に運用を開始した。同市が自動運転車のテストを集中的に行う試行地区となる。面積は8・63平方キロで、自動乗り換え、隊列走行、時間計算のカーシェアリング、無人宅配、無人清掃、無人配送、無人販売、無人巡回検査の8分野に関わる自動運転テストを行っていく。(記者/孫蕾)<映像内容>自動運転車の走行テストの様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 03:51.51
    2019年01月25日
    「新華社」スマート化で帰省をより快適に浙江省杭州市

    中国浙江省の杭州東駅は今年、利用者にとって一層便利になるように、多くのインフラや関連サービスを改善した。一部では「ブラックテクノロジー」(画期的で先進的な技術)が導入され、利用者はスマート化による新たな体験を味わえる。同駅では春節(旧正月)の帰省・Uターンラッシュに伴う特別輸送態勢「春運」が21日から始まったのに合わせ、「インテリジェントトイレ」が設置された。トイレの使用状況をより直感的に表示することで、利用者は使用時に気まずい思いをすることがなくなった。「インテリジェントトイレ」はトイレの個室の利用状況をリアルタイムに反映できるだけでなく、利用ピーク時には、男女の個室の数が調整され、利用者が長い列を作らないようになっている。待合室の中央ホールの両脇にあるサービスカウンターの周りにはタッチパネルの情報端末を増設し、よりスマート化、現代化、情報化された。利用者は自ら操作して列車、切符、落とし物などの情報を調べることができる。利用者がスムーズに改札の検査を終えて駅に入れるように、杭州東駅は今年、南口と北口に新たに「顔認識システム」を導入した。利用者は身分証を機械の上に乗せ、顔を映すだけで、改札を終え入場することができる。これらインテリジェントな要素のほか、無料で記念撮影をしてもらえる「幸福写真館」や可動式の授乳室など人々に便利なサービスも好評だ。杭州東駅当務駅長楊咪さん今年の杭州東駅は一連のサービスに関する措置を取っています。これらは安全で秩序あり心温まる「春運」を目指すという私たちの目標に合致しており、お客さまにより良い「春運」を体験していただけます。(記者/夏亮、李涛)<映像内容>スマート化された杭州東駅の風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 02:05.86
    2018年09月18日
    「新華社」蘭州科学技術成果博覧会、興味深い展示品

    中国甘粛省科学技術庁、蘭州市人民政府が主催する、第3回蘭州科学技術成果博覧会が甘粛国際コンベンション・アンド・エキジビションセンターで開幕した。出展団体は300上回り、インテリジェントロボット、小型無人機(ドローン)、VR製品、スマートフィッティングミラー(バーチャルに試着ができる鏡型ディスプレー)など科学技術の成果と展示品合わせて千種類余りが、これまでにない見学体験を来場者に提供した。(記者/王朋)<映像内容>蘭州科学技術成果博覧会の様子、撮影日:2018(平成30)年9月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 1