KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 令和
  • 記者
  • 指定
  • こより
  • ひだ
  • スケール
  • 仏像
  • 傑作
  • 全国重点文物保護単位
  • 動き

「イントネーション」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
104
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
104
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • -
    Demon Intoning the Name of the Buddha (Oni no nenbutsu), 1700s.

    Demon Intoning the Name of the Buddha (Oni no nenbutsu), 1700s. Japan, Edo period (1615-1868). Hanging scroll, ink and color on paper; painting only: 59.2 x 22.1 cm (23 5/16 x 8 11/16 in.); including mounting: 126.4 x 33 cm (49 3/4 x 13 in.).、クレジット:Album/quintlox/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

    商品コード: 2022062703772

  • -
    百人一首 乳母かゑとき 柿の本人麿, Poem by Kakinomoto Hitomaro, from the series One Hundred Poems Explained by the Nurse

    百人一首 乳母かゑとき 柿の本人麿, Poem by Kakinomoto Hitomaro, from the series One Hundred Poems Explained by the Nurse (Hyakunin isshu uba ga etoki), Edo period (1615–1868), 1760–1849, Japan, Polychrome woodblock print; ink and color on paper, 10 1/8 x 14 5/8 in. (25.7 x 37.1 cm), Prints, Katsushika Hokusai (Japanese, Tokyo (Edo) 1760–1849 Tokyo (Edo)), Kakinomoto Hitomaro (act. late seventh–early eighth century), the author of this poem, was known for his intense language and subject matter. Like Hokusai, he had a gift for observation and for finding the human inflection in landscape.、クレジット:Sepia Times/Universal Images Group/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021091405537

  • 1974年06月26日
    [あんやたん あの日・あの時]

    オピあんやたん 6月26日 騒音調査=1974(昭和49)年6月26日、沖縄県那覇市、クレジット:沖縄タイムス/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021020807518

  • 1993年12月05日
    低空飛行のジャンボ機 空港建設海域で騒音調査

    離着陸時の騒音調査のため、低空飛行をする日航ジャンボ機=5日午後、愛知県・常滑市沖の中部新国際空港建設予定海域(B747、飛行中、日本航空)

    商品コード: 1993120500015

  • 1995年09月19日
    常滑市沖の海上環境測定局 中部新空港建設で騒音調査

    愛知県常滑市沖約3・2キロの中部新国際空港予定地付近に設置された海上環境測定局=平成6年10月(カラーネガ)

    商品コード: 1995091900011

  • 1996年04月28日
    電気式人工喉頭 自然な声出せる装置開発

    呼気の強弱を利用し、抑揚のある自然な声が出せる電気式人工喉頭(こうとう)(北海道大学、道立工業試験場と電子機器メーカー「電制」が共同開発)

    商品コード: 1996042800001

  • 1997年09月24日
    騒音調査する貝塚市長ら 貝塚市長らが騒音調査

    関西空港の「陸上ルート案」導入問題で騒音調査する吉道勇・貝塚市長(中央)ら=24日午前8時45分、大阪府摂津市鳥飼本町(よしみち・いさむ)

    商品コード: 1997092400009

  • 1999年11月11日
    揚陸艇の騒音調査 施設局の対応に住民反発

    ホーバークラフト型揚陸艇(奥中央)の騒音調査をする防衛施設局の職員ら=4日午後、長崎県西海町

    商品コード: 1999111100050

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2001年03月10日
    ヘリの騒音調査をする職員 米軍ヘリの騒音を調査

    米軍ヘリコプターを実際に飛行させて騒音調査をする那覇防衛施設局の職員=10日午後、沖縄県名護市辺野古

    商品コード: 2001031000085

  • 02:47.40
    2007年05月16日
    「いらっしゃい」で歓迎 食料品店の話すスズメ

    三重県紀北町の食料品店「中野章吾商店」で保護されているスズメのチビは「いらっしゃい」や「おはよう」など9つの言葉を話し、訪れる人を驚かせている。八重さんが毎朝、世話をしながら「おはよう」と優しく話し掛けていると、半年後ぐらいから突然、チビも「おはよう」とまねるようになった。その後「こんにちは」や「チビちゃん」も覚え、今では話す言葉も9種類に。八重さんの話す方言のイントネーションもそのままにはっきりと発音する<映像内容>商店外観、鳥かごの中でいくつもの言葉を発音するスズメ、専門家のコメント、撮影日:2007(平成19)年5月16日、撮影場所:三重県紀北町

    商品コード: 2020020703181

  • 2009年05月27日
    エレベーターガール 重文指定の百貨店を探検

    高島屋東京店のエレベーターガール。抑揚を抑えたクセのない話し方が高島屋の伝統という=東京・日本橋

    商品コード: 2009052700192

  • 2015年06月01日
    NTTが開発したソフト 音声を聞き取りやすく変換

    NTTが開発した、音声のイントネーションやリズムを変換し、聞き取りやすくするコンピューターソフト=1日午後、東京都千代田区

    商品コード: 2015060100525

  • 2017年01月14日
    調査続ける渡嘉敷健准教授 子どもへの影響懸念

    米軍機の騒音調査を続けている琉球大の渡嘉敷健准教授=沖縄県宜野湾市

    商品コード: 2017011400468

  • 04:48.15
    2018年08月14日
    「新華社」雪頓節で伝統演劇を楽しむチベット自治区ラサ市

    抑揚のある節回し、リズミカルなステップ。600年の歴史を持つチベット劇が中国チベット自治区ラサ市のポタラ宮の麓で生き生きと上演されている。同市では11~17日、地域伝統の「雪頓節」(ショトゥンせつ)が行われ、期間中はポタラ宮の裏側にある宗角禄康公園やラサ市郊外のノルブリンカで、毎日見ごたえのあるチベット劇が上演され、現地の人々に盛大な「文化の宴」を提供している。チベット語で「雪」はヨーグルト、「頓」は宴会を意味することから、雪頓節は別名「ヨーグルト祭り」とも呼ばれる。2006年に国務院によって中国国家級無形文化遺産の第1回リストに登録されたこのイベントは、ラサの伝統的な祝日で、タンカ(仏画)を掲げる儀式やチベット劇公演、文化・スポーツ活動などが行われる。(記者/余剛)<映像内容>チベットの雪頓節で伝統演劇、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018101801926

  • 02:39.51
    2018年08月27日
    「新華社」【字幕あり】観劇や読書文化に親しむ夏休み河北省唐山市

    頬紅や口紅を塗り、髪飾りをつけて…夏休みも終わりに近づく中、中国河北省唐山市路南区の小さな評劇(華北や東北部で盛んな中国の地方劇の一つ)俳優たちが地元の図書館を訪れ、まもなく新学期を迎える子どもたちに見事な評劇を披露した。この念入りに化粧をして着飾った2人は、同区燕京小学校の呂虹奕(ろこうえき)さんとその同級生。ふたりは区内の小山街道図書館の会場で、評劇の古典「花為媒」の一段を演じた。美しい節回しや抑揚の利いたメロディーに、その場の子どもたちは一味違った芸術体験を味わっていた。【解説】素晴らしい評劇の上演のほか、子どもたちはこの夏休みに同図書館でさまざまなジャンルの本に出合った。現在、館内には6千冊余りの蔵書がある。ピーク期には毎日100人を超える子どもとその保護者が本を読みに訪れた。(記者/曲瀾娟)<映像内容>評劇をする小学生のインタビュー、読書を楽しむ様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※白素材有り要問い合わせ

    商品コード: 2018082822915

  • 03:23.92
    2019年01月28日
    「新華社」唐山市で新春を歌う「フラッシュモブ」が行われる

    農暦(旧暦)12月23日の「小年」(今年は1月28日)に向けて、「中国年唐山紅」をテーマにした新春フラッシュモブ活動が中国河北省唐山市で行われた。人々は抑揚に富んだ歌声で奮闘精神を歌い上げ、偉大な祖国を祝福し、めでたい春節(旧正月)シーズンの到来を祝った。「今夜は眠れない……」。少女の歌声と耳に心地よい優美なバイオリンの調べから、なじみのあるメロディーが唐山飲食文化博物館で鳴り響くと、道行く人々は足を止め、次々とスマートフォンを取り出して、この素晴らしい一幕を撮影し始めた。皆が一緒に歌い、拍手し、春節ムードに包まれた。「フラッシュモブ」活動は約20分間にわたって続き、人々は集まって祖国を歌い、新時代を歌い、幸福な生活を歌った。(記者/曲瀾娟)<映像内容>春節シーズン到来を祝う「フラッシュモブ」活動、歌唱などの様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019013113482

  • 02:21.35
    2019年01月28日
    「新華社」碗と箸で奏でる協奏曲遼寧省朝陽市

    碗と箸は中国人が最も慣れ親しんだ食器で、一日3度の食事に手放すことができないものだ。遼寧省朝陽市カラチン左翼モンゴル族自治県の若者、張創(ちょう・そう)さんは、どこにでもある碗と箸を使い軽快な楽曲を奏でる。張さんが演奏に使う碗は特別に製作したものではなく、市場で購入したごく普通の磁器碗で、碗に水を加えて音調や音色を調整するのではなく、広く果てしない「碗の海」の中でひたすら試し打ちを続け、必要な音色の碗を探し出す。張さんは碗を使った演奏の基礎は何もなく、自らこつこつと模索・研究を続けた。張さんがいつも通う食器屋の主人とは今ではすっかり親しい間柄になっている。他の客はみな店の中で碗を選ぶが、張さんが訪れた際はいつも、主人の「特別な計らい」により、倉庫でゆっくりと碗を選ぶ。<映像内容>お椀とお箸で楽曲を奏でる様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012821663

  • 01:35.83
    2019年04月28日
    「新華社」「簫笛のふるさと」貴州省玉屏の伝統的な笛の展覧会始まる上海

    中国上海市の上海音楽学院芸術成果展示ホールで4月28日、貴州省玉屏(ぎょくへい)トン族自治県の簫笛(しょうてき)を展示する展覧会が開幕した。中国の「音楽家のゆりかご」と称される上海音楽学院と「中国の簫笛のふるさと」と呼ばれる同県が、今回の中国無形文化遺産の展覧会で「巡り合った」。開会式では、玉屏から来た簫笛楽団が祝いの曲「歓慶」を演奏し、抑揚のある軽快で美しい笛の音色で会場をお祝いムードに包んだ。今回の展覧会では、清朝、中華民国時代と新中国成立以降の約30本の簫笛が展示され、玉屏の簫笛文化の起源、各時期の工芸特色、現在の発展状況などを紹介している。同展は5月31日までの会期中、複数の専門講座や特別演奏会を行う。主催者は、今回の展示を通じて多くの人に玉屏の簫笛を知り、玉屏簫笛文化の発展に注目してもらい、共に国家級無形文化遺産の伝承と保護を行っていきたいと語った。(記者/有之炘、孫青)<映像内容>簫笛の展示、演奏の様子、撮影日:2019(平成31)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052402916

  • 2019年04月30日
    firo: 30.04.2019 Adidas, Herzogenaurach, Campus

    firo: 30.04.2019 Adidas, Herzogenaurach, Campus, Museum, Archive. , Adi Dassler‘s workbench, Adi Dassler, Schuster, In the inte of the room stands a wooden workbench from the company‘s early days. The workbench is surrounded by three floating, luminous stripes. The aim of this staging is, among other things, to identify the visitor with the founding father of the company. It is difficult to escape this treasure chamber atmosphere. It creates peace, concentration, also Ehrfurch | usage worldwide、クレジット:firo Sportphoto/DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019101604430

  • 2019年07月22日
    民族音楽の伴奏に合わせて「踊る」魚たち山東省青島市

    22日、演奏者をかたどった塑像の傍らをスイスイ泳ぐ魚。中国山東省青島市の海洋公園ではこのほど、水槽の中にさまざまな「女子十二楽坊(中国伝統楽器の女性音楽グループ)の塑像」を設置し、抑揚のある民族音楽の伴奏に合わせて魚が「踊る」様子を入場者に楽しんでもらうという一風変わったサービスを打ち出した。(青島=新華社記者/李紫恒)=2019(令和元)年7月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019072601847

  • 2019年07月22日
    民族音楽の伴奏に合わせて「踊る」魚たち山東省青島市

    22日、演奏者をかたどった塑像の傍らをスイスイ泳ぐ魚。中国山東省青島市の海洋公園ではこのほど、水槽の中にさまざまな「女子十二楽坊(中国伝統楽器の女性音楽グループ)の塑像」を設置し、抑揚のある民族音楽の伴奏に合わせて魚たちが「踊る」様子を入場者に楽しんでもらうという一風変わったサービスを打ち出した。(青島=新華社記者/李紫恒)=2019(令和元)年7月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019072601764

  • 2019年07月22日
    民族音楽の伴奏に合わせて「踊る」魚たち山東省青島市

    22日、演奏者をかたどった塑像の周りをスイスイ泳ぐ魚たち。中国山東省青島市の海洋公園ではこのほど、水槽の中にさまざまな「女子十二楽坊(中国伝統楽器の女性音楽グループ)の塑像」を設置し、抑揚のある民族音楽の伴奏に合わせて魚たちが「踊る」様子を入場者に楽しんでもらうという一風変わったサービスを打ち出した。(青島=新華社記者/李紫恒)=2019(令和元)年7月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019072601848

  • 2019年07月22日
    民族音楽の伴奏に合わせて「踊る」魚たち山東省青島市

    22日、演奏者をかたどった塑像の傍らをスイスイ泳ぐ魚。中国山東省青島市の海洋公園ではこのほど、水槽の中にさまざまな「女子十二楽坊(中国伝統楽器の女性音楽グループ)の塑像」を設置し、抑揚のある民族音楽の伴奏に合わせて魚たちが「踊る」様子を入場者に楽しんでもらうという一風変わったサービスを打ち出した。(青島=新華社記者/李紫恒)=2019(令和元)年7月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019072601760

  • 2019年07月22日
    民族音楽の伴奏に合わせて「踊る」魚たち山東省青島市

    22日、演奏者をかたどった塑像の周りをスイスイ泳ぐ魚たち。中国山東省青島市の海洋公園ではこのほど、水槽の中にさまざまな「女子十二楽坊(中国伝統楽器の女性音楽グループ)の塑像」を設置し、抑揚のある民族音楽の伴奏に合わせて魚たちが「踊る」様子を入場者に楽しんでもらうという一風変わったサービスを打ち出した。(青島=新華社記者/李紫恒)=2019(令和元)年7月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019072601849

  • 01:21.13
    2019年11月20日
    「新華社」遠隔地の古楽器と時空を超えて協奏5G技術で実現

    映像や音声の低遅延性が売りの一つである第5世代(5G)移動通信システムの技術を利用した伝統古楽器の演奏会がこのほど、中国湖北省と山東省の博物館で同時に上演され、観客は両地のアーティストの協演を堪能した。湖北省博物館所蔵の戦国時代前期の打楽器「曽侯乙編鐘」と、山東博物館所蔵の唐代の古琴「天風海濤」がセッションし、編鐘が奏でるいにしえの音と抑揚ある琴の調べが時空を超えて協奏した。(記者/潘志偉)<映像内容>5Gを活用した伝統古楽器の演奏会、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120201018

  • 2019年12月29日
    四川省カンゼ・チベット族自治州で伝統の年越し

    12月29日、四川省カンゼ・チベット族自治州雅江県で、たき火を囲み、音楽に合わせて歌い踊って新年を迎える民族衣装姿のチベット族の人々。元旦を迎え、中国四川省カンゼ・チベット族自治州はにぎやかで和やかな雰囲気に包まれている。同自治州雅江県では、民族衣装を身にまとったチベット族の人々がたき火を囲み、音楽に合わせて歌い踊って新年を祝った。四川省とチベット自治区の境界に位置する同自治州白玉県では、お待ちかねの「元旦特別文化恵民公演」が開催され、抑揚に富んだチベット族民謡や生き生きとした民族舞踊、チベット文字の書き初めなどが披露され、人々は笑顔で新たな一年に踏み出した。(カンゼ=新華社配信)=2019(令和元)年12月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020010901838

  • 2020年01月01日
    四川省カンゼ・チベット族自治州で伝統の年越し

    1日、カンゼ・チベット族自治州白玉県で行われた「元旦特別文化恵民公演」。元旦を迎え、中国四川省カンゼ・チベット族自治州はにぎやかで和やかな雰囲気に包まれている。同自治州雅江県では、民族衣装を身にまとったチベット族の人々がたき火を囲み、音楽に合わせて歌い踊って新年を祝った。四川省とチベット自治区の境界に位置する同自治州白玉県では、お待ちかねの「元旦特別文化恵民公演」が開催され、抑揚に富んだチベット族民謡や生き生きとした民族舞踊、チベット文字の書き初めなどが披露され、人々は笑顔で新たな一年に踏み出した。(カンゼ=新華社配信)=2020(令和2)年1月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020010901897

  • 2020年01月01日
    四川省カンゼ・チベット族自治州で伝統の年越し

    1日、カンゼ・チベット族自治州白玉県の「元旦特別文化恵民公演」会場で、チベット文字の書道を披露する書画芸術家。元旦を迎え、中国四川省カンゼ・チベット族自治州はにぎやかで和やかな雰囲気に包まれている。同自治州雅江県では、民族衣装を身にまとったチベット族の人々がたき火を囲み、音楽に合わせて歌い踊って新年を祝った。四川省とチベット自治区の境界に位置する同自治州白玉県では、お待ちかねの「元旦特別文化恵民公演」が開催され、抑揚に富んだチベット族民謡や生き生きとした民族舞踊、チベット文字の書き初めなどが披露され、人々は笑顔で新たな一年に踏み出した。(カンゼ=新華社配信)=2020(令和2)年1月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020010901912

  • 2020年01月01日
    四川省カンゼ・チベット族自治州で伝統の年越し

    1日、カンゼ・チベット族自治州白玉県で行われた「元旦特別文化恵民公演」。元旦を迎え、中国四川省カンゼ・チベット族自治州はにぎやかで和やかな雰囲気に包まれている。同自治州雅江県では、民族衣装を身にまとったチベット族の人々がたき火を囲み、音楽に合わせて歌い踊って新年を祝った。四川省とチベット自治区の境界に位置する同自治州白玉県では、お待ちかねの「元旦特別文化恵民公演」が開催され、抑揚に富んだチベット族民謡や生き生きとした民族舞踊、チベット文字の書き初めなどが披露され、人々は笑顔で新たな一年に踏み出した。(カンゼ=新華社配信)=2020(令和2)年1月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020010901911

  • 2020年01月01日
    四川省カンゼ・チベット族自治州で伝統の年越し

    1日、カンゼ・チベット族自治州白玉県で行われた「元旦特別文化恵民公演」。元旦を迎え、中国四川省カンゼ・チベット族自治州はにぎやかで和やかな雰囲気に包まれている。同自治州雅江県では、民族衣装を身にまとったチベット族の人々がたき火を囲み、音楽に合わせて歌い踊って新年を祝った。四川省とチベット自治区の境界に位置する同自治州白玉県では、お待ちかねの「元旦特別文化恵民公演」が開催され、抑揚に富んだチベット族民謡や生き生きとした民族舞踊、チベット文字の書き初めなどが披露され、人々は笑顔で新たな一年に踏み出した。(カンゼ=新華社配信)=2020(令和2)年1月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020010901835

  • 2020年01月01日
    四川省カンゼ・チベット族自治州で伝統の年越し

    1日、カンゼ・チベット族自治州白玉県で行われた「元旦特別文化恵民公演」。元旦を迎え、中国四川省カンゼ・チベット族自治州はにぎやかで和やかな雰囲気に包まれている。同自治州雅江県では、民族衣装を身にまとったチベット族の人々がたき火を囲み、音楽に合わせて歌い踊って新年を祝った。四川省とチベット自治区の境界に位置する同自治州白玉県では、お待ちかねの「元旦特別文化恵民公演」が開催され、抑揚に富んだチベット族民謡や生き生きとした民族舞踊、チベット文字の書き初めなどが披露され、人々は笑顔で新たな一年に踏み出した。(カンゼ=新華社配信)=2020(令和2)年1月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020010901913

  • 2020年01月01日
    四川省カンゼ・チベット族自治州で伝統の年越し

    1日、カンゼ・チベット族自治州白玉県で行われた「元旦特別文化恵民公演」。元旦を迎え、中国四川省カンゼ・チベット族自治州はにぎやかで和やかな雰囲気に包まれている。同自治州雅江県では、民族衣装を身にまとったチベット族の人々がたき火を囲み、音楽に合わせて歌い踊って新年を祝った。四川省とチベット自治区の境界に位置する同自治州白玉県では、お待ちかねの「元旦特別文化恵民公演」が開催され、抑揚に富んだチベット族民謡や生き生きとした民族舞踊、チベット文字の書き初めなどが披露され、人々は笑顔で新たな一年に踏み出した。(カンゼ=新華社配信)=2020(令和2)年1月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020010901826

  • 2020年11月15日
    CEV EuroVolley 2021 Women Pool C - Slovakia v Italy

    November 14, 2020, Zadar, Croatia: Zadar, Croatia, August 23th 2021 Italian team during nationala anathem intonation before CEV EuroVolley 2021 Women volleyball game between Slovakia v Italy - Kresimir Cosic Hall in Zadar, Croatia (Credit Image: © Nenad Opacic/Sport Press Photo via ZUMA Press)、クレジット:©Nenad Opacic/Sport Press Photo via ZUMA Press/共同通信イメージズ ※Brazil Rights OUT

    商品コード: 2021082405471

  • 2020年11月15日
    CEV EuroVolley 2021 Women Pool C - Slovakia v Italy

    November 14, 2020, Zadar, Croatia: Zadar, Croatia, August 23th 2021 Slovakian team during nationala anathem intonation before CEV EuroVolley 2021 Women volleyball game between Slovakia v Italy - Kresimir Cosic Hall in Zadar, Croatia (Credit Image: © Nenad Opacic/Sport Press Photo via ZUMA Press)、クレジット:©Nenad Opacic/Sport Press Photo via ZUMA Press/共同通信イメージズ ※Brazil Rights OUT

    商品コード: 2021082405516

  • 2020年11月15日
    CEV EuroVolley 2021 Women Pool C - Slovakia v Italy

    November 14, 2020, Zadar, Croatia: Zadar, Croatia, August 23th 2021 Slovakian team during nationala anathem intonation before CEV EuroVolley 2021 Women volleyball game between Slovakia v Italy - Kresimir Cosic Hall in Zadar, Croatia (Credit Image: © Nenad Opacic/Sport Press Photo via ZUMA Press)、クレジット:©Nenad Opacic/Sport Press Photo via ZUMA Press/共同通信イメージズ ※Brazil Rights OUT

    商品コード: 2021082405517

  • 2020年11月15日
    CEV EuroVolley 2021 Women Pool C - Slovakia v Italy

    November 14, 2020, Zadar, Croatia: Zadar, Croatia, August 23th 2021 Italian team during nationala anathem intonation before CEV EuroVolley 2021 Women volleyball game between Slovakia v Italy - Kresimir Cosic Hall in Zadar, Croatia (Credit Image: © Nenad Opacic/Sport Press Photo via ZUMA Press)、クレジット:©Nenad Opacic/Sport Press Photo via ZUMA Press/共同通信イメージズ ※Brazil Rights OUT

    商品コード: 2021082405703

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月02日
    (8)貧困脱却の道に響く「花児」の旋律寧夏回族自治区

    2月23日、故郷の山の上で「花児」のオリジナル曲を高らかに歌う馬瑞峰さん。中国寧夏回族自治区呉忠市同心県王団鎮白土崾峴(はくどようけん)村出身の馬瑞峰(ば・ずいほう)さんは、「花児」と呼ばれる民謡の名人。子どもの頃から故郷の山あいで祖父や父親が羊を放牧しながら「花児」を口ずさむ姿に触れ、自然と自身も上手な歌い手となっていた。生活条件の厳しかった馬さんだが、長年にわたる出稼ぎなどを経て、徐々に暮らし向きを好転させ、2015年には同県の中心部に家を購入した。馬さんはまた、インターネットライブ配信プラットフォームの盛り上がりを受け、2年前に「花児」のライブ配信ルームを開設した他、余暇を利用して学校に赴き、小中学生に無償で歌唱の指導を行っている。「花児」は中国北西部に伝わる農村民謡で、高らかな歌声と美しい抑揚、起伏に富んだ曲調から、世界無形文化遺産リストに登録されている。(銀川=新華社記者/王鵬)= 配信日: 2021(令和3)年3月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030301598

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月02日
    (5)貧困脱却の道に響く「花児」の旋律寧夏回族自治区

    2月23日、自宅で「花児」の歌唱をライブ配信する馬瑞峰さん。中国寧夏回族自治区呉忠市同心県王団鎮白土崾峴(はくどようけん)村出身の馬瑞峰(ば・ずいほう)さんは、「花児」と呼ばれる民謡の名人。子どもの頃から故郷の山あいで祖父や父親が羊を放牧しながら「花児」を口ずさむ姿に触れ、自然と自身も上手な歌い手となっていた。生活条件の厳しかった馬さんだが、長年にわたる出稼ぎなどを経て、徐々に暮らし向きを好転させ、2015年には同県の中心部に家を購入した。馬さんはまた、インターネットライブ配信プラットフォームの盛り上がりを受け、2年前に「花児」のライブ配信ルームを開設した他、余暇を利用して学校に赴き、小中学生に無償で歌唱の指導を行っている。「花児」は中国北西部に伝わる農村民謡で、高らかな歌声と美しい抑揚、起伏に富んだ曲調から、世界無形文化遺産リストに登録されている。(銀川=新華社記者/王鵬)= 配信日: 2021(令和3)年3月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030301763

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月02日
    (2)貧困脱却の道に響く「花児」の旋律寧夏回族自治区

    甘粛省玉門市で出稼ぎをしていた頃の馬瑞峰さん。(2019年撮影、資料写真)中国寧夏回族自治区呉忠市同心県王団鎮白土崾峴(はくどようけん)村出身の馬瑞峰(ば・ずいほう)さんは、「花児」と呼ばれる民謡の名人。子どもの頃から故郷の山あいで祖父や父親が羊を放牧しながら「花児」を口ずさむ姿に触れ、自然と自身も上手な歌い手となっていた。生活条件の厳しかった馬さんだが、長年にわたる出稼ぎなどを経て、徐々に暮らし向きを好転させ、2015年には同県の中心部に家を購入した。馬さんはまた、インターネットライブ配信プラットフォームの盛り上がりを受け、2年前に「花児」のライブ配信ルームを開設した他、余暇を利用して学校に赴き、小中学生に無償で歌唱の指導を行っている。「花児」は中国北西部に伝わる農村民謡で、高らかな歌声と美しい抑揚、起伏に富んだ曲調から、世界無形文化遺産リストに登録されている。(銀川=新華社記者/王鵬)= 配信日: 2021(令和3)年3月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030301008

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月02日
    (6)貧困脱却の道に響く「花児」の旋律寧夏回族自治区

    2月23日、故郷の古い家の前で「花児」を歌う馬瑞峰さん。中国寧夏回族自治区呉忠市同心県王団鎮白土崾峴(はくどようけん)村出身の馬瑞峰(ば・ずいほう)さんは、「花児」と呼ばれる民謡の名人。子どもの頃から故郷の山あいで祖父や父親が羊を放牧しながら「花児」を口ずさむ姿に触れ、自然と自身も上手な歌い手となっていた。生活条件の厳しかった馬さんだが、長年にわたる出稼ぎなどを経て、徐々に暮らし向きを好転させ、2015年には同県の中心部に家を購入した。馬さんはまた、インターネットライブ配信プラットフォームの盛り上がりを受け、2年前に「花児」のライブ配信ルームを開設した他、余暇を利用して学校に赴き、小中学生に無償で歌唱の指導を行っている。「花児」は中国北西部に伝わる農村民謡で、高らかな歌声と美しい抑揚、起伏に富んだ曲調から、世界無形文化遺産リストに登録されている。(銀川=新華社記者/王鵬)= 配信日: 2021(令和3)年3月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030301494

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月02日
    (7)貧困脱却の道に響く「花児」の旋律寧夏回族自治区

    2月23日、故郷の山の上で「花児」のオリジナル曲を高らかに歌う馬瑞峰さん。中国寧夏回族自治区呉忠市同心県王団鎮白土崾峴(はくどようけん)村出身の馬瑞峰(ば・ずいほう)さんは、「花児」と呼ばれる民謡の名人。子どもの頃から故郷の山あいで祖父や父親が羊を放牧しながら「花児」を口ずさむ姿に触れ、自然と自身も上手な歌い手となっていた。生活条件の厳しかった馬さんだが、長年にわたる出稼ぎなどを経て、徐々に暮らし向きを好転させ、2015年には同県の中心部に家を購入した。馬さんはまた、インターネットライブ配信プラットフォームの盛り上がりを受け、2年前に「花児」のライブ配信ルームを開設した他、余暇を利用して学校に赴き、小中学生に無償で歌唱の指導を行っている。「花児」は中国北西部に伝わる農村民謡で、高らかな歌声と美しい抑揚、起伏に富んだ曲調から、世界無形文化遺産リストに登録されている。(銀川=新華社記者/王鵬)= 配信日: 2021(令和3)年3月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030301512

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月02日
    (4)貧困脱却の道に響く「花児」の旋律寧夏回族自治区

    2月23日、衣裳に着替え、自宅からのライブ配信に備える馬瑞峰さん。中国寧夏回族自治区呉忠市同心県王団鎮白土崾峴(はくどようけん)村出身の馬瑞峰(ば・ずいほう)さんは、「花児」と呼ばれる民謡の名人。子どもの頃から故郷の山あいで祖父や父親が羊を放牧しながら「花児」を口ずさむ姿に触れ、自然と自身も上手な歌い手となっていた。生活条件の厳しかった馬さんだが、長年にわたる出稼ぎなどを経て、徐々に暮らし向きを好転させ、2015年には同県の中心部に家を購入した。馬さんはまた、インターネットライブ配信プラットフォームの盛り上がりを受け、2年前に「花児」のライブ配信ルームを開設した他、余暇を利用して学校に赴き、小中学生に無償で歌唱の指導を行っている。「花児」は中国北西部に伝わる農村民謡で、高らかな歌声と美しい抑揚、起伏に富んだ曲調から、世界無形文化遺産リストに登録されている。(銀川=新華社記者/王鵬)= 配信日: 2021(令和3)年3月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030301619

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月02日
    (1)貧困脱却の道に響く「花児」の旋律寧夏回族自治区

    2月23日、故郷の山の上で「花児」のオリジナル曲を高らかに歌う馬瑞峰さん。中国寧夏回族自治区呉忠市同心県王団鎮白土崾峴(はくどようけん)村出身の馬瑞峰(ば・ずいほう)さんは、「花児」と呼ばれる民謡の名人。子どもの頃から故郷の山あいで祖父や父親が羊を放牧しながら「花児」を口ずさむ姿に触れ、自然と自身も上手な歌い手となっていた。生活条件の厳しかった馬さんだが、長年にわたる出稼ぎなどを経て、徐々に暮らし向きを好転させ、2015年には同県の中心部に家を購入した。馬さんはまた、インターネットライブ配信プラットフォームの盛り上がりを受け、2年前に「花児」のライブ配信ルームを開設した他、余暇を利用して学校に赴き、小中学生に無償で歌唱の指導を行っている。「花児」は中国北西部に伝わる農村民謡で、高らかな歌声と美しい抑揚、起伏に富んだ曲調から、世界無形文化遺産リストに登録されている。(銀川=新華社記者/王鵬)= 配信日: 2021(令和3)年3月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030301007

  • 2021年03月26日
    Elbphilharmonie - Presentation of the cleaned organ

    26 March 2021, Hamburg: Iveta Apkalna (l-r), titular organist of the Elbphilharmonie, Christoph Lieben-Seutter, General Director Elbphilharmonie & Laeiszhalle, and Philipp Klais, Managing Director Orgelbau Klais, stand at the organ table on the stage in the Elbphilharmonie during a photo session. After weeks of cleaning and re-intonation, the organ of the Elbphilharmonie in Hamburg shines in new splendour. Photo: Christian Charisius/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021032700525

  • 2021年03月26日
    Elbphilharmonie - Presentation of the cleaned organ

    26 March 2021, Hamburg: Iveta Apkalna (l-r), titular organist of the Elbphilharmonie, Philipp Klais, managing director of Orgelbau Klais, and Christoph Lieben-Seutter, general director of the Elbphilharmonie & Laeiszhalle, sit on the stage in the Elbphilharmonie during a photo session. After weeks of cleaning and re-intonation, the organ of the Hamburg Elbphilharmonie shines in new splendour. Photo: Christian Charisius/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021032700523

  • 2021年03月26日
    Elbphilharmonie - Presentation of the cleaned organ

    26 March 2021, Hamburg: Iveta Apkalna, titular organist of the Elbphilharmonie, plays the freshly cleaned and re-voiced organ on stage in the Elbphilharmonie. After weeks of cleaning and re-intonation, the organ of the Elbphilharmonie in Hamburg shines in new splendour. Photo: Christian Charisius/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021032700513

  • 2021年03月26日
    Elbphilharmonie - Presentation of the cleaned organ

    26 March 2021, Hamburg: Iveta Apkalna, titular organist of the Elbphilharmonie, plays the freshly cleaned and re-voiced organ on stage in the Elbphilharmonie. After weeks of cleaning and re-intonation, the organ of the Elbphilharmonie in Hamburg shines in new splendour. Photo: Christian Charisius/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021032700530

  • 2021年03月26日
    Elbphilharmonie - Presentation of the cleaned organ

    26 March 2021, Hamburg: Iveta Apkalna, titular organist of the Elbphilharmonie, plays the freshly cleaned and re-voiced organ on stage in the Elbphilharmonie. After weeks of cleaning and re-intonation, the organ of the Elbphilharmonie in Hamburg shines in new splendour. Photo: Christian Charisius/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021032700531

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    02:32.61
    2021年05月16日
    空撮と地上撮 鹿児島・馬毛島で騒音調査 米軍訓練候補地

    米軍空母艦載機による陸上空母離着陸訓練(FCLP)の移転候補地で、自衛隊基地建設が予定されている馬毛島(鹿児島県西之表市)の周辺で16日、防衛省が航空自衛隊F15戦闘機を飛行させて騒音状況を調べた。地元の要望を受けたもの。防衛省によると、F15は宮崎県の新田原(にゅうたばる)基地所属で、日中、5機が島周辺を約1時間旋回した。<映像内容>鹿児島県西之表市の種子島から撮影した、馬毛島上空を飛行するF15戦闘機の様子、基地建設に反対する八板俊輔(やいた・しゅんすけ)市長の囲みなど、鹿児島県の塩田康一知事の囲み取材。鹿児島・馬毛島のドローン映像など、撮影日:2021(令和3)年5月16日、撮影場所:鹿児島県西之表市

    商品コード: 2021051706891

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年05月16日
    西之表市役所で音聞く住民 鹿児島・馬毛島で騒音調査

    鹿児島県西之表市役所で、馬毛島周辺を飛行する航空自衛隊F15戦闘機を見つめ、音を聞く地元住民ら=16日午後

    商品コード: 2021051610762

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年05月16日
    西之表市役所の住民ら 鹿児島・馬毛島で騒音調査

    鹿児島県西之表市役所で、馬毛島周辺を飛行する航空自衛隊F15戦闘機を見つめ、音を聞く地元住民ら=16日午後

    商品コード: 2021051610763

  • 2021年05月16日
    取材に応じる西之表市長 鹿児島・馬毛島で騒音調査

    騒音調査後、鹿児島県西之表市役所で取材に応じる八板俊輔市長=16日午後

    商品コード: 2021051610764

  • 2021年05月16日
    ドローン空撮の馬毛島 鹿児島・馬毛島で騒音調査

    鹿児島県西之表市の馬毛島=15日(小型無人機から)

    商品コード: 2021051610766

  • 2021年05月16日
    馬毛島のドローン空撮 鹿児島・馬毛島で騒音調査

    鹿児島県西之表市の馬毛島=15日(小型無人機から)

    商品コード: 2021051610767

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年05月16日
    馬毛島周辺飛行のF15 鹿児島・馬毛島で騒音調査

    騒音状況を調べるため、鹿児島県西之表市の馬毛島周辺を飛行する航空自衛隊F15戦闘機(右上)=16日午後

    商品コード: 2021051610807

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年05月16日
    F15見つめる鹿児島県知事 鹿児島・馬毛島で騒音調査

    馬毛島周辺を飛行する航空自衛隊F15戦闘機を見つめる塩田康一鹿児島県知事(中央)=16日午後、鹿児島県西之表市

    商品コード: 2021051610823

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年05月16日
    双眼鏡でF15見る知事 鹿児島・馬毛島で騒音調査

    馬毛島周辺を飛行する航空自衛隊F15戦闘機を双眼鏡で見る塩田康一鹿児島県知事(手前)=16日午後、鹿児島県西之表市

    商品コード: 2021051610825

  • 2021年05月16日
    取材に応じる鹿児島県知事 鹿児島・馬毛島で騒音調査

    取材に応じる塩田康一鹿児島県知事=16日午後、鹿児島県西之表市

    商品コード: 2021051610824

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年05月16日
    騒音測定する防衛省職員 鹿児島・馬毛島で騒音調査

    馬毛島周辺を飛行する航空自衛隊F15戦闘機の騒音を測定する防衛省の職員=16日午後、鹿児島県西之表市

    商品コード: 2021051610843

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年05月16日
    F15騒音測定の防衛省職員 鹿児島・馬毛島で騒音調査

    馬毛島周辺を飛行する航空自衛隊F15戦闘機の騒音を測定する防衛省の職員=16日午後、鹿児島県西之表市

    商品コード: 2021051610844

  • 2021年05月18日
    New coronavirus New coronavirus

    New coronavirus A medical worker points to a notice saying, “Cover your mouth with a mask,“ as she conducts coronavirus tests at a makeshift clinic in front of Seoul Station on May 18, 2021. South Korea‘s daily new coronavirus cases fell below 600 the same day on fewer tests over the weekend, but health authorities remained alert over a potential hike amid continued cluster inflections and spreading variant cases. (Yonhap)/2021-05-18 10:12:11/<Copyright ⓒ 1980-2021 YONHAPNEWS AGENCY. All rights reserved.>=クレジット:Yonhap News Agency/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021051914747

  • 2021年05月20日
    New coronavirus New coronavirus

    New coronavirus People stand in line to take coronavirus tests at a makeshift clinic in front of Seoul Station on May 20, 2021. South Korea‘s daily new coronavirus cases rose above 600 for the second day amid continued cluster inflections and spreading variant cases. (Yonhap)/2021-05-20 10:02:19/<Copyright ⓒ 1980-2021 YONHAPNEWS AGENCY. All rights reserved.>=クレジット:Yonhap News Agency/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021052115849

  • 2021年05月21日
    New coronavirus New coronavirus

    New coronavirus People stand in line in the rain to take coronavirus tests at a makeshift clinic in front of Seoul Station on May 21, 2021. South Korea‘s daily new coronavirus cases fell below 600 the same day, as health authorities decided to extend the current distancing rules for another three weeks amid continued cluster inflections and spreading variant cases. (Yonhap)/2021-05-21 10:12:45/<Copyright ⓒ 1980-2021 YONHAPNEWS AGENCY. All rights reserved.>=クレジット:Yonhap News Agency/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021052410750

  • 2021年06月06日
    Federal Elecctions In Mexico

    June 7, 2021, Mexico City, Mexico: MEXICO Mexico City, MEXICO - JUNE 6: A person is applied indelible ink after their vote during the Mexico‘s Federal Elections for federal deputies, deputations to the Mexico City congress and Mexico‘s mayors on June 6, 2021 in Mexico City, Mexico. (Credit Image: © Luis Barron/IPA via ZUMA Press)、クレジット:©Luis Barron/IPA via ZUMA Press/共同通信イメージズ ※Europe Rights OUT

    商品コード: 2021060704586

  • 2021年06月06日
    Federal Elecctions In Mexico

    June 7, 2021, Mexico City, Mexico: MEXICO Mexico City, MEXICO - JUNE 6: A woman is seen makes their vote during the Mexico‘s Federal Elections for federal deputies, deputations to the Mexico City congress and Mexico‘s mayors on June 6, 2021 in Mexico City, Mexico. (Credit Image: © Luis Barron/IPA via ZUMA Press)、クレジット:©Luis Barron/IPA via ZUMA Press/共同通信イメージズ ※Europe Rights OUT

    商品コード: 2021060704483

  • 2021年06月06日
    Federal Elecctions In Mexico

    June 7, 2021, Mexico City, Mexico: MEXICO Mexico City, MEXICO - JUNE 6: A woman is seen makes their vote during the Mexico‘s Federal Elections for federal deputies, deputations to the Mexico City congress and Mexico‘s mayors on June 6, 2021 in Mexico City, Mexico. (Credit Image: © Luis Barron/IPA via ZUMA Press)、クレジット:©Luis Barron/IPA via ZUMA Press/共同通信イメージズ ※Europe Rights OUT

    商品コード: 2021060704643

  • 2021年06月06日
    Federal Elecctions In Mexico

    June 7, 2021, Mexico City, Mexico: MEXICO Mexico City, MEXICO - JUNE 6: A woman is seen makes their vote during the Mexico‘s Federal Elections for federal deputies, deputations to the Mexico City congress and Mexico‘s mayors on June 6, 2021 in Mexico City, Mexico. (Credit Image: © Luis Barron/IPA via ZUMA Press)、クレジット:©Luis Barron/IPA via ZUMA Press/共同通信イメージズ ※Europe Rights OUT

    商品コード: 2021060704610

  • 2021年06月06日
    Federal Elecctions In Mexico

    June 7, 2021, Mexico City, Mexico: MEXICO Mexico City, MEXICO - JUNE 6: A woman is seen makes their vote during the Mexico‘s Federal Elections for federal deputies, deputations to the Mexico City congress and Mexico‘s mayors on June 6, 2021 in Mexico City, Mexico. (Credit Image: © Luis Barron/IPA via ZUMA Press)、クレジット:©Luis Barron/IPA via ZUMA Press/共同通信イメージズ ※Europe Rights OUT

    商品コード: 2021060704648

  • 2021年06月06日
    Federal Elecctions In Mexico

    June 7, 2021, Mexico City, Mexico: MEXICO Mexico City, MEXICO - JUNE 6: A woman is seen makes their vote during the Mexico‘s Federal Elections for federal deputies, deputations to the Mexico City congress and Mexico‘s mayors on June 6, 2021 in Mexico City, Mexico. (Credit Image: © Luis Barron/IPA via ZUMA Press)、クレジット:©Luis Barron/IPA via ZUMA Press/共同通信イメージズ ※Europe Rights OUT

    商品コード: 2021060704650

  • 2021年06月06日
    Federal Elecctions In Mexico

    June 7, 2021, Mexico City, Mexico: MEXICO Mexico City, MEXICO - JUNE 6: General view of electoral ballot boxes during the Mexico‘s Federal Elections for federal deputies, deputations to the Mexico City congress and Mexico‘s mayors on June 6, 2021 in Mexico City, Mexico. (Credit Image: © Luis Barron/IPA via ZUMA Press)、クレジット:©Luis Barron/IPA via ZUMA Press/共同通信イメージズ ※Europe Rights OUT

    商品コード: 2021060704694

  • 2021年06月06日
    Federal Elecctions In Mexico

    June 7, 2021, Mexico City, Mexico: MEXICO Mexico City, MEXICO - JUNE 6: A man is seen makes their vote during the Mexico‘s Federal Elections for federal deputies, deputations to the Mexico City congress and Mexico‘s mayors on June 6, 2021 in Mexico City, Mexico. (Credit Image: © Luis Barron/IPA via ZUMA Press)、クレジット:©Luis Barron/IPA via ZUMA Press/共同通信イメージズ ※Europe Rights OUT

    商品コード: 2021060704658

  • 2021年06月06日
    Federal Elecctions In Mexico

    June 7, 2021, Mexico City, Mexico: MEXICO Mexico City, MEXICO - JUNE 6: A person is applied indelible ink after their vote during the Mexico‘s Federal Elections for federal deputies, deputations to the Mexico City congress and Mexico‘s mayors on June 6, 2021 in Mexico City, Mexico. (Credit Image: © Luis Barron/IPA via ZUMA Press)、クレジット:©Luis Barron/IPA via ZUMA Press/共同通信イメージズ ※Europe Rights OUT

    商品コード: 2021060704524

  • 2021年06月06日
    Federal Elecctions In Mexico

    June 7, 2021, Mexico City, Mexico: MEXICO Mexico City, MEXICO - JUNE 6: A woman is seen makes their vote during the Mexico‘s Federal Elections for federal deputies, deputations to the Mexico City congress and Mexico‘s mayors on June 6, 2021 in Mexico City, Mexico. (Credit Image: © Luis Barron/IPA via ZUMA Press)、クレジット:©Luis Barron/IPA via ZUMA Press/共同通信イメージズ ※Europe Rights OUT

    商品コード: 2021060704467

  • 2021年06月09日
    Governor Andrew Cuomo announced the grand opening of Pier 76

    June 9, 2021, New York, New York, United States: Artists from Acute Inflections (Sadiki Pierre and Elasea Douglas) perform during ceremony for grand opening of Pier 76 as part of Hudson River Park in New York on June 9, 2021. Pier 76 was used for many years as ugly tow pound after it was decomissioned as frieght pier. It was converted into open space park and added to Hudson River Park in just few months. It was opened just in time for the summer season. (Credit Image: © Lev Radin/Pacific Press via ZUMA Wire)、クレジット:©Lev Radin/Pacific Press via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061013217

  • 2021年07月14日
    Several people sing the ‘Pobre de Mí‘ in Pamplona

    July 14, 2021, Pamplona, Madrid, Spain: a woman cries in the Plaza del Ayuntamiento in Pamplona, where traditionally the ‘Pobre de mí‘ is intoned to say goodbye to the Sanfermines, despite not having been celebrated, on July 13, 2021, in Pamplona, Navarra (Spain). Due to the coronavirus pandemic both this year and last year, when the transmission of COVID-19 began, the San Fermin festivities have been cancelled in the capital of Navarra. However, some people have not wanted to miss the opportunity to gather at the point where the celebration usually begins and ends...Eduardo Sanz / Europa Press..07/14/2021 (Credit Image: © Eduardo Sanz/Contacto via ZUMA Press)、クレジット:©Eduardo Sanz/Contacto via ZUMA Press/共同通信イメージズ ※France, Germany , UK and Spain Rights OUT

    商品コード: 2021071506110

  • 2021年07月14日
    Several people sing the ‘Pobre de Mí‘ in Pamplona

    July 14, 2021, Pamplona, Madrid, Spain: a woman cries in the Plaza del Ayuntamiento in Pamplona, where traditionally the ‘Pobre de mí‘ is intoned to say goodbye to the Sanfermines, despite not having been celebrated, on July 13, 2021, in Pamplona, Navarra (Spain). Due to the coronavirus pandemic both this year and last year, when the transmission of COVID-19 began, the San Fermin festivities have been cancelled in the capital of Navarra. However, some people have not wanted to miss the opportunity to gather at the point where the celebration usually begins and ends...Eduardo Sanz / Europa Press..07/14/2021 (Credit Image: © Eduardo Sanz/Contacto via ZUMA Press)、クレジット:©Eduardo Sanz/Contacto via ZUMA Press/共同通信イメージズ ※France, Germany , UK and Spain Rights OUT

    商品コード: 2021071506135

  • 2021年07月14日
    Several people sing the ‘Pobre de Mí‘ in Pamplona

    July 14, 2021, Pamplona, Madrid, Spain: a woman cries in the Plaza del Ayuntamiento in Pamplona, where traditionally the ‘Pobre de mí‘ is intoned to say goodbye to the Sanfermines, despite not having been celebrated, on July 13, 2021, in Pamplona, Navarra (Spain). Due to the coronavirus pandemic both this year and last year, when the transmission of COVID-19 began, the San Fermin festivities have been cancelled in the capital of Navarra. However, some people have not wanted to miss the opportunity to gather at the point where the celebration usually begins and ends...Eduardo Sanz / Europa Press..07/14/2021 (Credit Image: © Eduardo Sanz/Contacto via ZUMA Press)、クレジット:©Eduardo Sanz/Contacto via ZUMA Press/共同通信イメージズ ※France, Germany , UK and Spain Rights OUT

    商品コード: 2021071506101

  • 2021年07月14日
    Several people sing the ‘Pobre de Mí‘ in Pamplona

    July 14, 2021, Pamplona, Madrid, Spain: National Police in the Plaza del Ayuntamiento in Pamplona, where traditionally the ‘Pobre de mí‘ is intoned to say goodbye to the San Fermin festival, despite not having been celebrated, on July 13, 2021, in Pamplona, Navarra (Spain). Due to the coronavirus pandemic both this year and last year, when the transmission of COVID-19 began, the San Fermin festivities have been cancelled in the capital of Navarra. However, some people have not wanted to miss the opportunity to gather at the point where the celebration usually begins and ends...Eduardo Sanz / Europa Press..07/14/2021 (Credit Image: © Eduardo Sanz/Contacto via ZUMA Press)、クレジット:©Eduardo Sanz/Contacto via ZUMA Press/共同通信イメージズ ※France, Germany , UK and Spain Rights OUT

    商品コード: 2021071506105

  • 2021年07月14日
    Several people sing the ‘Pobre de Mí‘ in Pamplona

    July 14, 2021, Pamplona, Madrid, Spain: a woman cries in the Plaza del Ayuntamiento in Pamplona, where traditionally the ‘Pobre de mí‘ is intoned to say goodbye to the Sanfermines, despite not having been celebrated, on July 13, 2021, in Pamplona, Navarra (Spain). Due to the coronavirus pandemic both this year and last year, when the transmission of COVID-19 began, the San Fermin festivities have been cancelled in the capital of Navarra. However, some people have not wanted to miss the opportunity to gather at the point where the celebration usually begins and ends...Eduardo Sanz / Europa Press..07/14/2021 (Credit Image: © Eduardo Sanz/Contacto via ZUMA Press)、クレジット:©Eduardo Sanz/Contacto via ZUMA Press/共同通信イメージズ ※France, Germany , UK and Spain Rights OUT

    商品コード: 2021071506174

  • 2021年07月14日
    Several people sing the ‘Pobre de Mí‘ in Pamplona

    July 14, 2021, Pamplona, Madrid, Spain: detail of a handkerchief before several people gather in the Plaza del Ayuntamiento in Pamplona, where traditionally the ‘Pobre de mí‘ is intoned to say goodbye to the Sanfermines, despite not having been celebrated, as of July 13, 2021, in Pamplona, Navarra (Spain). Due to the coronavirus pandemic both this year and last year, when the transmission of COVID-19 began, the San Fermin festivities have been cancelled in the capital of Navarra. However, some people have not wanted to miss the opportunity to gather at the point where the celebration usually begins and ends...Eduardo Sanz / Europa Press..07/14/2021 (Credit Image: © Eduardo Sanz/Contacto via ZUMA Press)、クレジット:©Eduardo Sanz/Contacto via ZUMA Press/共同通信イメージズ ※France, Germany , UK and Spain Rights OUT

    商品コード: 2021071506117

  • 2021年09月08日
    (11)中国最古の木造高層建築、応県木塔の華麗な壁画山西省朔州市

    8月24日、応県木塔内の壁画(部分)。中国山西省朔州市応県にある応県仏宮寺釈迦塔、通称「応県木塔」は、世界で最大最古の木造高層建築として知られる。遼代の清寧2(1056年)年の建立で、1961年に第1次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。塔内部の下層階を囲むように描かれた壁画は304・65平方メートルにわたり、主に濃厚で華麗な色彩と平塗りを用い、輪郭の筆遣いは力強く、流れるように自在な筆運びが見られる。仏像の衣装のひだは長さ数メートルに達し、覆いは「こより」で輪郭を描き出している。天王や金剛、飛天などが、輪郭線の抑揚や緩急の付け方を工夫することで、衣装の動きや重なりばかりか、描かれた人物の聡明さまでもが際立つよう表現されている。壁画の全体的なスタイルからは、隋・唐代の壁画の系譜を踏襲していることが分かる。これらの遼・金代の巨大な壁画は、塔の基部の防湿と壁の構造のおかげで、千年の時を経てなお腐敗を免れている。壁画群は全体としてスケールが大きく、素朴で力強さにあふれ、寺院壁画の傑作の名にふさわしい。(応県=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年9月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021090808361

  • 2021年09月08日
    (12)中国最古の木造高層建築、応県木塔の華麗な壁画山西省朔州市

    8月24日、応県木塔内の壁画(部分)。中国山西省朔州市応県にある応県仏宮寺釈迦塔、通称「応県木塔」は、世界で最大最古の木造高層建築として知られる。遼代の清寧2(1056年)年の建立で、1961年に第1次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。塔内部の下層階を囲むように描かれた壁画は304・65平方メートルにわたり、主に濃厚で華麗な色彩と平塗りを用い、輪郭の筆遣いは力強く、流れるように自在な筆運びが見られる。仏像の衣装のひだは長さ数メートルに達し、覆いは「こより」で輪郭を描き出している。天王や金剛、飛天などが、輪郭線の抑揚や緩急の付け方を工夫することで、衣装の動きや重なりばかりか、描かれた人物の聡明さまでもが際立つよう表現されている。壁画の全体的なスタイルからは、隋・唐代の壁画の系譜を踏襲していることが分かる。これらの遼・金代の巨大な壁画は、塔の基部の防湿と壁の構造のおかげで、千年の時を経てなお腐敗を免れている。壁画群は全体としてスケールが大きく、素朴で力強さにあふれ、寺院壁画の傑作の名にふさわしい。(応県=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年9月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021090808348

  • 2021年09月08日
    (1)中国最古の木造高層建築、応県木塔の華麗な壁画山西省朔州市

    8月24日、応県木塔内で仏像を取り囲むようにして描かれた壁画(部分)。中国山西省朔州市応県にある応県仏宮寺釈迦塔、通称「応県木塔」は、中国で最大最古の木造高層建築として知られる。遼代の清寧2(1056年)年の建立で、1961年に第1次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。塔内部の下層階を囲むように描かれた壁画は304・65平方メートルにわたり、主に濃厚で華麗な色彩と平塗りを用い、輪郭の筆遣いは力強く、流れるように自在な筆運びが見られる。仏像の衣装のひだは長さ数メートルに達し、こよりで輪郭を描き出している。天王や金剛、飛天などが、輪郭線の抑揚や緩急の付け方を工夫することで、衣装の動きや重なりばかりか、描かれた人物の聡明さまでもが際立つよう表現されている。壁画の全体的なスタイルからは、隋・唐代の壁画の系譜を踏襲していることが分かる。これらの遼・金代の巨大な壁画は、塔の基部の防湿と壁の構造のおかげで、千年の時を経てなお腐敗を免れている。壁画群は全体としてスケールが大きく、素朴で力強さにあふれ、寺院壁画の傑作の名にふさわしい。(応県=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年9月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021090808131

  • 2021年09月08日
    (16)中国最古の木造高層建築、応県木塔の華麗な壁画山西省朔州市

    8月24日、応県木塔内の壁画(部分)。中国山西省朔州市応県にある応県仏宮寺釈迦塔、通称「応県木塔」は、世界で最大最古の木造高層建築として知られる。遼代の清寧2(1056年)年の建立で、1961年に第1次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。塔内部の下層階を囲むように描かれた壁画は304・65平方メートルにわたり、主に濃厚で華麗な色彩と平塗りを用い、輪郭の筆遣いは力強く、流れるように自在な筆運びが見られる。仏像の衣装のひだは長さ数メートルに達し、覆いは「こより」で輪郭を描き出している。天王や金剛、飛天などが、輪郭線の抑揚や緩急の付け方を工夫することで、衣装の動きや重なりばかりか、描かれた人物の聡明さまでもが際立つよう表現されている。壁画の全体的なスタイルからは、隋・唐代の壁画の系譜を踏襲していることが分かる。これらの遼・金代の巨大な壁画は、塔の基部の防湿と壁の構造のおかげで、千年の時を経てなお腐敗を免れている。壁画群は全体としてスケールが大きく、素朴で力強さにあふれ、寺院壁画の傑作の名にふさわしい。(応県=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年9月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021090808592

  • 2021年09月08日
    (13)中国最古の木造高層建築、応県木塔の華麗な壁画山西省朔州市

    8月24日、応県木塔内の壁画(部分)。中国山西省朔州市応県にある応県仏宮寺釈迦塔、通称「応県木塔」は、世界で最大最古の木造高層建築として知られる。遼代の清寧2(1056年)年の建立で、1961年に第1次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。塔内部の下層階を囲むように描かれた壁画は304・65平方メートルにわたり、主に濃厚で華麗な色彩と平塗りを用い、輪郭の筆遣いは力強く、流れるように自在な筆運びが見られる。仏像の衣装のひだは長さ数メートルに達し、覆いは「こより」で輪郭を描き出している。天王や金剛、飛天などが、輪郭線の抑揚や緩急の付け方を工夫することで、衣装の動きや重なりばかりか、描かれた人物の聡明さまでもが際立つよう表現されている。壁画の全体的なスタイルからは、隋・唐代の壁画の系譜を踏襲していることが分かる。これらの遼・金代の巨大な壁画は、塔の基部の防湿と壁の構造のおかげで、千年の時を経てなお腐敗を免れている。壁画群は全体としてスケールが大きく、素朴で力強さにあふれ、寺院壁画の傑作の名にふさわしい。(応県=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年9月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021090808563

  • 2021年09月08日
    (7)中国最古の木造高層建築、応県木塔の華麗な壁画山西省朔州市

    8月24日、応県木塔内の壁画(部分)。中国山西省朔州市応県にある応県仏宮寺釈迦塔、通称「応県木塔」は、世界で最大最古の木造高層建築として知られる。遼代の清寧2(1056年)年の建立で、1961年に第1次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。塔内部の下層階を囲むように描かれた壁画は304・65平方メートルにわたり、主に濃厚で華麗な色彩と平塗りを用い、輪郭の筆遣いは力強く、流れるように自在な筆運びが見られる。仏像の衣装のひだは長さ数メートルに達し、覆いは「こより」で輪郭を描き出している。天王や金剛、飛天などが、輪郭線の抑揚や緩急の付け方を工夫することで、衣装の動きや重なりばかりか、描かれた人物の聡明さまでもが際立つよう表現されている。壁画の全体的なスタイルからは、隋・唐代の壁画の系譜を踏襲していることが分かる。これらの遼・金代の巨大な壁画は、塔の基部の防湿と壁の構造のおかげで、千年の時を経てなお腐敗を免れている。壁画群は全体としてスケールが大きく、素朴で力強さにあふれ、寺院壁画の傑作の名にふさわしい。(応県=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年9月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021090808314

  • 2021年09月08日
    (15)中国最古の木造高層建築、応県木塔の華麗な壁画山西省朔州市

    8月24日、応県木塔内の壁画(部分)。中国山西省朔州市応県にある応県仏宮寺釈迦塔、通称「応県木塔」は、世界で最大最古の木造高層建築として知られる。遼代の清寧2(1056年)年の建立で、1961年に第1次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。塔内部の下層階を囲むように描かれた壁画は304・65平方メートルにわたり、主に濃厚で華麗な色彩と平塗りを用い、輪郭の筆遣いは力強く、流れるように自在な筆運びが見られる。仏像の衣装のひだは長さ数メートルに達し、覆いは「こより」で輪郭を描き出している。天王や金剛、飛天などが、輪郭線の抑揚や緩急の付け方を工夫することで、衣装の動きや重なりばかりか、描かれた人物の聡明さまでもが際立つよう表現されている。壁画の全体的なスタイルからは、隋・唐代の壁画の系譜を踏襲していることが分かる。これらの遼・金代の巨大な壁画は、塔の基部の防湿と壁の構造のおかげで、千年の時を経てなお腐敗を免れている。壁画群は全体としてスケールが大きく、素朴で力強さにあふれ、寺院壁画の傑作の名にふさわしい。(応県=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年9月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021090808579

  • 2021年09月08日
    (14)中国最古の木造高層建築、応県木塔の華麗な壁画山西省朔州市

    8月24日、応県木塔内の壁画(部分)。中国山西省朔州市応県にある応県仏宮寺釈迦塔、通称「応県木塔」は、世界で最大最古の木造高層建築として知られる。遼代の清寧2(1056年)年の建立で、1961年に第1次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。塔内部の下層階を囲むように描かれた壁画は304・65平方メートルにわたり、主に濃厚で華麗な色彩と平塗りを用い、輪郭の筆遣いは力強く、流れるように自在な筆運びが見られる。仏像の衣装のひだは長さ数メートルに達し、覆いは「こより」で輪郭を描き出している。天王や金剛、飛天などが、輪郭線の抑揚や緩急の付け方を工夫することで、衣装の動きや重なりばかりか、描かれた人物の聡明さまでもが際立つよう表現されている。壁画の全体的なスタイルからは、隋・唐代の壁画の系譜を踏襲していることが分かる。これらの遼・金代の巨大な壁画は、塔の基部の防湿と壁の構造のおかげで、千年の時を経てなお腐敗を免れている。壁画群は全体としてスケールが大きく、素朴で力強さにあふれ、寺院壁画の傑作の名にふさわしい。(応県=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年9月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021090808583

  • 2021年09月08日
    (3)中国最古の木造高層建築、応県木塔の華麗な壁画山西省朔州市

    8月24日、応県木塔内の壁画(部分)。中国山西省朔州市応県にある応県仏宮寺釈迦塔、通称「応県木塔」は、世界で最大最古の木造高層建築として知られる。遼代の清寧2(1056年)年の建立で、1961年に第1次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。塔内部の下層階を囲むように描かれた壁画は304・65平方メートルにわたり、主に濃厚で華麗な色彩と平塗りを用い、輪郭の筆遣いは力強く、流れるように自在な筆運びが見られる。仏像の衣装のひだは長さ数メートルに達し、覆いは「こより」で輪郭を描き出している。天王や金剛、飛天などが、輪郭線の抑揚や緩急の付け方を工夫することで、衣装の動きや重なりばかりか、描かれた人物の聡明さまでもが際立つよう表現されている。壁画の全体的なスタイルからは、隋・唐代の壁画の系譜を踏襲していることが分かる。これらの遼・金代の巨大な壁画は、塔の基部の防湿と壁の構造のおかげで、千年の時を経てなお腐敗を免れている。壁画群は全体としてスケールが大きく、素朴で力強さにあふれ、寺院壁画の傑作の名にふさわしい。(応県=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年9月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021090808226

  • 2021年09月08日
    (6)中国最古の木造高層建築、応県木塔の華麗な壁画山西省朔州市

    8月24日、応県木塔の外観。中国山西省朔州市応県にある応県仏宮寺釈迦塔、通称「応県木塔」は、世界で最大最古の木造高層建築として知られる。遼代の清寧2(1056年)年の建立で、1961年に第1次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。塔内部の下層階を囲むように描かれた壁画は304・65平方メートルにわたり、主に濃厚で華麗な色彩と平塗りを用い、輪郭の筆遣いは力強く、流れるように自在な筆運びが見られる。仏像の衣装のひだは長さ数メートルに達し、覆いは「こより」で輪郭を描き出している。天王や金剛、飛天などが、輪郭線の抑揚や緩急の付け方を工夫することで、衣装の動きや重なりばかりか、描かれた人物の聡明さまでもが際立つよう表現されている。壁画の全体的なスタイルからは、隋・唐代の壁画の系譜を踏襲していることが分かる。これらの遼・金代の巨大な壁画は、塔の基部の防湿と壁の構造のおかげで、千年の時を経てなお腐敗を免れている。壁画群は全体としてスケールが大きく、素朴で力強さにあふれ、寺院壁画の傑作の名にふさわしい。(応県=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年9月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021090808236

  • 2021年09月08日
    (5)中国最古の木造高層建築、応県木塔の華麗な壁画山西省朔州市

    8月24日、応県木塔内の壁画(部分)。中国山西省朔州市応県にある応県仏宮寺釈迦塔、通称「応県木塔」は、世界で最大最古の木造高層建築として知られる。遼代の清寧2(1056年)年の建立で、1961年に第1次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。塔内部の下層階を囲むように描かれた壁画は304・65平方メートルにわたり、主に濃厚で華麗な色彩と平塗りを用い、輪郭の筆遣いは力強く、流れるように自在な筆運びが見られる。仏像の衣装のひだは長さ数メートルに達し、覆いは「こより」で輪郭を描き出している。天王や金剛、飛天などが、輪郭線の抑揚や緩急の付け方を工夫することで、衣装の動きや重なりばかりか、描かれた人物の聡明さまでもが際立つよう表現されている。壁画の全体的なスタイルからは、隋・唐代の壁画の系譜を踏襲していることが分かる。これらの遼・金代の巨大な壁画は、塔の基部の防湿と壁の構造のおかげで、千年の時を経てなお腐敗を免れている。壁画群は全体としてスケールが大きく、素朴で力強さにあふれ、寺院壁画の傑作の名にふさわしい。(応県=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年9月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021090808229

  • 2021年09月08日
    (8)中国最古の木造高層建築、応県木塔の華麗な壁画山西省朔州市

    8月24日、応県木塔内の壁画(部分)。中国山西省朔州市応県にある応県仏宮寺釈迦塔、通称「応県木塔」は、世界で最大最古の木造高層建築として知られる。遼代の清寧2(1056年)年の建立で、1961年に第1次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。塔内部の下層階を囲むように描かれた壁画は304・65平方メートルにわたり、主に濃厚で華麗な色彩と平塗りを用い、輪郭の筆遣いは力強く、流れるように自在な筆運びが見られる。仏像の衣装のひだは長さ数メートルに達し、覆いは「こより」で輪郭を描き出している。天王や金剛、飛天などが、輪郭線の抑揚や緩急の付け方を工夫することで、衣装の動きや重なりばかりか、描かれた人物の聡明さまでもが際立つよう表現されている。壁画の全体的なスタイルからは、隋・唐代の壁画の系譜を踏襲していることが分かる。これらの遼・金代の巨大な壁画は、塔の基部の防湿と壁の構造のおかげで、千年の時を経てなお腐敗を免れている。壁画群は全体としてスケールが大きく、素朴で力強さにあふれ、寺院壁画の傑作の名にふさわしい。(応県=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年9月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021090808311

  • 2021年09月08日
    (9)中国最古の木造高層建築、応県木塔の華麗な壁画山西省朔州市

    8月24日、応県木塔内の壁画(部分)。中国山西省朔州市応県にある応県仏宮寺釈迦塔、通称「応県木塔」は、世界で最大最古の木造高層建築として知られる。遼代の清寧2(1056年)年の建立で、1961年に第1次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。塔内部の下層階を囲むように描かれた壁画は304・65平方メートルにわたり、主に濃厚で華麗な色彩と平塗りを用い、輪郭の筆遣いは力強く、流れるように自在な筆運びが見られる。仏像の衣装のひだは長さ数メートルに達し、覆いは「こより」で輪郭を描き出している。天王や金剛、飛天などが、輪郭線の抑揚や緩急の付け方を工夫することで、衣装の動きや重なりばかりか、描かれた人物の聡明さまでもが際立つよう表現されている。壁画の全体的なスタイルからは、隋・唐代の壁画の系譜を踏襲していることが分かる。これらの遼・金代の巨大な壁画は、塔の基部の防湿と壁の構造のおかげで、千年の時を経てなお腐敗を免れている。壁画群は全体としてスケールが大きく、素朴で力強さにあふれ、寺院壁画の傑作の名にふさわしい。(応県=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年9月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021090808350

  • 2021年09月08日
    (10)中国最古の木造高層建築、応県木塔の華麗な壁画山西省朔州市

    8月24日、応県木塔内の壁画(部分)。中国山西省朔州市応県にある応県仏宮寺釈迦塔、通称「応県木塔」は、世界で最大最古の木造高層建築として知られる。遼代の清寧2(1056年)年の建立で、1961年に第1次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。塔内部の下層階を囲むように描かれた壁画は304・65平方メートルにわたり、主に濃厚で華麗な色彩と平塗りを用い、輪郭の筆遣いは力強く、流れるように自在な筆運びが見られる。仏像の衣装のひだは長さ数メートルに達し、覆いは「こより」で輪郭を描き出している。天王や金剛、飛天などが、輪郭線の抑揚や緩急の付け方を工夫することで、衣装の動きや重なりばかりか、描かれた人物の聡明さまでもが際立つよう表現されている。壁画の全体的なスタイルからは、隋・唐代の壁画の系譜を踏襲していることが分かる。これらの遼・金代の巨大な壁画は、塔の基部の防湿と壁の構造のおかげで、千年の時を経てなお腐敗を免れている。壁画群は全体としてスケールが大きく、素朴で力強さにあふれ、寺院壁画の傑作の名にふさわしい。(応県=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年9月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021090808358

  • 2021年09月08日
    (4)中国最古の木造高層建築、応県木塔の華麗な壁画山西省朔州市

    8月24日、応県木塔内の壁画(部分)。中国山西省朔州市応県にある応県仏宮寺釈迦塔、通称「応県木塔」は、世界で最大最古の木造高層建築として知られる。遼代の清寧2(1056年)年の建立で、1961年に第1次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。塔内部の下層階を囲むように描かれた壁画は304・65平方メートルにわたり、主に濃厚で華麗な色彩と平塗りを用い、輪郭の筆遣いは力強く、流れるように自在な筆運びが見られる。仏像の衣装のひだは長さ数メートルに達し、覆いは「こより」で輪郭を描き出している。天王や金剛、飛天などが、輪郭線の抑揚や緩急の付け方を工夫することで、衣装の動きや重なりばかりか、描かれた人物の聡明さまでもが際立つよう表現されている。壁画の全体的なスタイルからは、隋・唐代の壁画の系譜を踏襲していることが分かる。これらの遼・金代の巨大な壁画は、塔の基部の防湿と壁の構造のおかげで、千年の時を経てなお腐敗を免れている。壁画群は全体としてスケールが大きく、素朴で力強さにあふれ、寺院壁画の傑作の名にふさわしい。(応県=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年9月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021090808214

  • 2021年09月08日
    (2)中国最古の木造高層建築、応県木塔の華麗な壁画山西省朔州市

    8月24日、応県木塔内の壁画(部分)。中国山西省朔州市応県にある応県仏宮寺釈迦塔、通称「応県木塔」は、世界で最大最古の木造高層建築として知られる。遼代の清寧2(1056年)年の建立で、1961年に第1次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。塔内部の下層階を囲むように描かれた壁画は304・65平方メートルにわたり、主に濃厚で華麗な色彩と平塗りを用い、輪郭の筆遣いは力強く、流れるように自在な筆運びが見られる。仏像の衣装のひだは長さ数メートルに達し、覆いは「こより」で輪郭を描き出している。天王や金剛、飛天などが、輪郭線の抑揚や緩急の付け方を工夫することで、衣装の動きや重なりばかりか、描かれた人物の聡明さまでもが際立つよう表現されている。壁画の全体的なスタイルからは、隋・唐代の壁画の系譜を踏襲していることが分かる。これらの遼・金代の巨大な壁画は、塔の基部の防湿と壁の構造のおかげで、千年の時を経てなお腐敗を免れている。壁画群は全体としてスケールが大きく、素朴で力強さにあふれ、寺院壁画の傑作の名にふさわしい。(応県=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年9月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021090808216

  • 2021年09月21日
    「鉄道版インフラドクター」を導入した東急電鉄

    東急電鉄は鉄道保守業務のデジタル変革(DX)化を推進する。道路維持管理システム「インフラドクター」を鉄道の維持管理に応用し、トンネル特別全般検査などに導入した。作業の効率化を進めることなどにより、検査費用を最大で約3割減少を目指す。東急、首都高速道路、首都高技術と共同で、「鉄道版インフラドクター」として開発に取り組んだ。レーザースキャナーによる3次元(3D)点群データと高解像度カメラの画像データを取得、解析する。3D点群データや高解像度カメラ画像の解析により、トンネル各部位の浮きや剝離などの要注意箇所を効率的に抽出でき、打音調査などが必要な箇所の絞り込みが可能になる。これにより検査作業の効率化や、精度の向上につなげる。東急電鉄によると、トンネルの特別全般検査などは主に終電後、技術者による目視や計測などで実施してきた。一方、多くの人手が必要で、検査精度のバラつきや検査費用の増加などが課題となっていたという。=2021(令和3)年9月21日、撮影場所不明、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021093009891

  • 2022年02月05日
    Daily life in Betong, Thailand - 04 Feb 2022

    February 5, 2022, Betong, Yala, Thailand: Colorful buildings line the streets of downtown Betong in Yala Province..Daily life around Betong, Yala Province, Thailand. Located on the Thai-Malaysian border, Betong is flush with mixed cultures, colorful inflections, art, and lush jungle landscapes. Yala province has been under an emergency decree to quell violence stemming from religious and separatist insurgents for over a decade. Although the southernmost provinces remain under the emergency decree, Betong is preparing for tourism as it opens its first international airport this month. (Credit Image: © Matt Hunt/SOPA Images via ZUMA Press Wire)、クレジット:©Matt Hunt/SOPA Images via ZUMA Press Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022020507742

  • 2022年02月05日
    Daily life in Betong, Thailand - 04 Feb 2022

    February 5, 2022, Betong, Yala, Thailand: View of clock tower at the center of downtown Betong in Yala Province..Daily life around Betong, Yala Province, Thailand. Located on the Thai-Malaysian border, Betong is flush with mixed cultures, colorful inflections, art, and lush jungle landscapes. Yala province has been under an emergency decree to quell violence stemming from religious and separatist insurgents for over a decade. Although the southernmost provinces remain under the emergency decree, Betong is preparing for tourism as it opens its first international airport this month. (Credit Image: © Matt Hunt/SOPA Images via ZUMA Press Wire)、クレジット:©Matt Hunt/SOPA Images via ZUMA Press Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022020507750

  • 2022年02月05日
    Daily life in Betong, Thailand - 04 Feb 2022

    February 5, 2022, Betong, Yala, Thailand: A woman sells food from a pushcart in Betong..Daily life around Betong, Yala Province, Thailand. Located on the Thai-Malaysian border, Betong is flush with mixed cultures, colorful inflections, art, and lush jungle landscapes. Yala province has been under an emergency decree to quell violence stemming from religious and separatist insurgents for over a decade. Although the southernmost provinces remain under the emergency decree, Betong is preparing for tourism as it opens its first international airport this month. (Credit Image: © Matt Hunt/SOPA Images via ZUMA Press Wire)、クレジット:©Matt Hunt/SOPA Images via ZUMA Press Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022020507741

  • 1
  • 2