KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 記者
  • インドネシア気象気候地球物理庁
  • データ
  • 令和
  • 協力
  • 参加
  • 完成
  • 杜宇
  • 災害
  • 開発

「インドネシアの地震」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
6
( 1 6 件を表示)
  • 1
6
( 1 6 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2016年12月26日
    インドネシアの地震観測室 津波警報の発出不能に

    インドネシア技術評価応用庁にある地震観測室。欧米の観測機関のデータを24時間体制で警戒する=20日、ジャカルタ(共同)

    商品コード: 2016122600370

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年08月08日
    中国、インドネシアの地震で緊急人道援助

    8日、ジャカルタで行われた引き渡し式に出席した肖千駐インドネシア中国大使(左)とインドネシア赤十字社のギナンジャール・カルタサスミタ臨時総裁。在インドネシア中国大使館は8日、ジャカルタでインドネシア赤十字社に、同国ロンボク島で起きた地震被害への中国からの緊急人道援助の物資と現金を引き渡した。インドネシア政府が被災地で行っている救援作業に協力し、被災地の人々が困難を乗り越えるよう支援する。(ジャカルタ=新華社記者/杜宇)=2018(平成30)年8月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018081000622

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年10月08日
    液状化した地区 地震死者2千人に迫る

    インドネシアの地震と液状化で被害が出た地区に立つ兵士=8日、パル郊外のプトボ地区(ロイター=共同)

    商品コード: 2018100800668

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    02:55.42
    2019年08月15日
    「新華社」中国、インドネシアの地震早期警報システム構築に参加

    インドネシア気象気候地球物理庁(BMKG)と中国の成都高新減災研究所によるインドネシア地震早期警報システムの共同構築始動式が15日、インドネシアの首都ジャカルタで開催された。同研究所が開発した地震早期警報システムの共同構築が完成すると、インドネシアは地震早期警報能力を持つ世界で6番目の国となる。同庁長官のドゥイコリタ・カルナワティ氏は始動式で、同システムは地震発生後数秒以内に震度などのデータを記録すると同時に、速やかに早期警報情報を発信すると説明。影響を受ける地域は事前に早期警報を受けて予防措置を取れるという。また、両機関が地震研究や早期警報の活用などで協力をより一層強化し、地震早期警報技術の減災効果を向上させることに期待を示した。同研究所所長の王暾(おう・とん)氏は、インドネシアはネパールに次いで、中国の地震早期警報技術を導入する「一帯一路」参加国であると指摘。今後、より多くの国が中国の地震早期警報技術を採用するよう推進するとともに、共に全世界の地震早期警報事業の進歩を促進していくと語った。(記者/宗萍萍)<映像内容>中国が参加するインドネシア地震早期警報システムの共同構築始動式の様子、撮影日:2019(令和元)年8月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019082001896

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年08月15日
    中国、インドネシアの地震早期警報システム構築に参加

    15日、調印式に臨む(左から)在インドネシア中国大使館の周斌(しゅう・ひん)文化参事官、成都高新減災研究所の王暾(おう・とん)所長、インドネシア気象気候地球物理庁のユスフ法務・人事局長、同庁のドゥイコリタ・カルナワティ長官。インドネシア気象気候地球物理庁(BMKG)と中国の成都高新減災研究所によるインドネシア地震早期警報システムの共同構築始動式が15日、インドネシアの首都ジャカルタで開催された。同研究所が開発した地震早期警報システムの共同構築が完成すると、インドネシアは地震早期警報能力を持つ世界で6番目の国となる。(ジャカルタ=新華社記者/杜宇)=2019(令和元)年8月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019081900576

  • 2021年09月27日
    Three Years After Earthquake And Tsunami In Indonesia

    September 27, 2021, Palu, Central Sulawesi, Indonesia: The condition of the Arqam Baburahman Palu Floating Mosque which witnessed the devastating tsunami disaster on September 28, 2018. Until now, the mosque which was badly damaged and included in the red zone area is still one of the community‘s favorite tourist attractions. (Credit Image: © Adi Pranata/ZUMA Wire)、クレジット:©Adi Pranata/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021092809126

  • 1