KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • メディシン
  • 世界的
  • 存在
  • 学術
  • 権威
  • 発見
  • 紹介
  • 論文
  • 遺伝医学
  • 配信

「インパクトファクター」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
3
( 1 3 件を表示)
  • 1
3
( 1 3 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2019年07月17日
    中南大学湘雅医院の研究チーム、新たな難聴原因遺伝子を発見

    17日、難聴を患う児童を診察する馮永教授。中国湖南省長沙市の中南大学は16日、同大学湘雅医院耳鼻咽喉頭頸外科の馮永(ふう・えい)教授の研究チームが、世界的に権威のある遺伝医学の学術誌「ジェネティクス・イン・メディシン」(インパクトファクター9・937)のオンライン版で論文を発表したことを明らかにした。論文は難聴の原因遺伝子分野における新発見を紹介しており、ABCC1と呼ばれる新たな難聴原因遺伝子の存在と、内耳のタンパク排出機能障害が難聴を引き起こすことを初めて突き止めたとしている。(長沙=新華社配信/中南大学提供)=2019(令和元)年7月17日、クレジット:中南大学/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019072600278

  • 2019年07月17日
    中南大学湘雅医院の研究チーム、新たな難聴原因遺伝子を発見

    17日、難聴を患う児童の人工内耳手術を行う馮永教授のチーム。中国湖南省長沙市の中南大学は16日、同大学湘雅医院耳鼻咽喉頭頸外科の馮永(ふう・えい)教授の研究チームが、世界的に権威のある遺伝医学の学術誌「ジェネティクス・イン・メディシン」(インパクトファクター9・937)のオンライン版で論文を発表したことを明らかにした。論文は難聴の原因遺伝子分野における新発見を紹介しており、ABCC1と呼ばれる新たな難聴原因遺伝子の存在と、内耳のタンパク排出機能障害が難聴を引き起こすことを初めて突き止めたとしている。(長沙=新華社配信/中南大学提供)=2019(令和元)年7月17日、クレジット:中南大学/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019072600217

  • 2019年07月22日
    中南大学湘雅医院の研究チーム、新たな難聴原因遺伝子を発見

    馮永教授のチームが作成した(A)家系図、(B)家系内患者の聴力図、(C)ABCC1遺伝子コードのタンパク(MRP1)の構造図。(資料写真)中国湖南省長沙市の中南大学は16日、同大学湘雅医院耳鼻咽喉頭頸外科の馮永(ふう・えい)教授の研究チームが、世界的に権威のある遺伝医学の学術誌「ジェネティクス・イン・メディシン」(インパクトファクター9・937)のオンライン版で論文を発表したことを明らかにした。論文は難聴の原因遺伝子分野における新発見を紹介しており、ABCC1と呼ばれる新たな難聴原因遺伝子の存在と、内耳のタンパク排出機能障害が難聴を引き起こすことを初めて突き止めたとしている。(長沙=新華社配信/中南大学提供)=撮影日不明、クレジット:中南大学/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019072600239

  • 1