KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 新型肺炎
  • バーコード
  • スタッフ
  • 貧困脱却
  • インターネット
  • 通信アプリ
  • アカウント
  • スキャン
  • 黒竜江省
  • 売り上げ

「ウィーチャット」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
268
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
268
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 2021年04月11日
    (1)施嶴遺跡で寧波地区最古の丸木舟を発見浙江省余姚市

    施嶴遺跡で出土した丸木舟。(資料写真)中国の浙江省文物考古研究所は10日、通信アプリの微信(ウィーチャット)の公式アカウントを通じて、同省余姚市の施嶴(しおう)遺跡で寧波地区最古の丸木舟が発見されたと発表した。丸木舟の残存部分は長さ5・6メートル、幅40~80センチで、現在は必要な保護・修復作業が進められているという。(杭州=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年4月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月11日
    (3)施嶴遺跡で寧波地区最古の丸木舟を発見浙江省余姚市

    施嶴遺跡で出土した丸木舟の木材切片の顕微鏡写真。(資料写真)中国の浙江省文物考古研究所は10日、通信アプリの微信(ウィーチャット)の公式アカウントを通じて、同省余姚市の施嶴(しおう)遺跡で寧波地区最古の丸木舟が発見されたと発表した。丸木舟の残存部分は長さ5・6メートル、幅40~80センチで、現在は必要な保護・修復作業が進められているという。(杭州=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年4月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月11日
    (2)施嶴遺跡で寧波地区最古の丸木舟を発見浙江省余姚市

    施嶴遺跡で出土した丸木舟の東端部分。(資料写真)中国の浙江省文物考古研究所は10日、通信アプリの微信(ウィーチャット)の公式アカウントを通じて、同省余姚市の施嶴(しおう)遺跡で寧波地区最古の丸木舟が発見されたと発表した。丸木舟の残存部分は長さ5・6メートル、幅40~80センチで、現在は必要な保護・修復作業が進められているという。(杭州=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年4月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:45.59
    2021年03月22日
    「新華社」現金10万元の落とし物、無事持ち主に返還河北省廊坊市

    中国河北省廊坊市で商売を営む孫微微(そん・びび)さんはこのほど、家族で経営する店で現金10万元(1元=約17円)の落とし物を発見、無事、落とし主に戻すことが出来た。14日午後1時頃、接客をしていた孫さんは偶然、店の冷蔵庫の上に緑色の布袋が置かれているのを見つけた。開けてみると中には10万元以上の現金が入っていた。一刻も早く落とし主を見つけるため、孫さんは直ちに動画を撮影して通信アプリ「微信(ウィーチャット)」のモーメンツに投稿した。ほどなくして、孫さんの店に忘れ物を探す1人の男性が現れた。よく確認をした後、孫さんは現金を落とし主の男性に返還した。今年36歳の孫さんは、市内の新春明市場で十数年にわたり魚介類を販売している。誠実で信頼のできる性格から、彼女の店には多くの常連客がついている。(記者/張碩) =配信日: 2021(令和3)年3月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:08.33
    2021年03月10日
    「新華社」村の女性、かぎ針編み作品の販売で暮らし豊かに黒竜江省

    中国黒竜江省鶴岡市綏浜(すいひん)県の忠仁鎮黎明村に住む李明鴿(り・めいこう)さんは昨年、かぎ針編み作品の販売や講師活動などで10万元(1元=約17円)の収入を得た。作品は国内だけでなく、日本や英国、マレーシアなどでも販売されている。李さんは1981年生まれで、もともとはごく普通の家庭の主婦だった。かぎ針編みを始めたきっかけは2015年に参加した県主催の研修会。その後もオンライン動画を見ながら腕を磨き、翌16年から作品の販売を始めた。昨年には地元の黎明村が李さんの名前を冠した「手編み工房」を設立。村の女性10数人が李さんの下でかぎ針編みを始め、手に職を付けて収入が得られるようになった。李さんはライブ配信や通信アプリ「微信(ウィーチャット)」を通じてオンライン講義も行っている。動画サイトのフォロワーは現在、1万8千人を超えているという。(記者/謝剣飛、侯鳴) =配信日: 2021(令和3)年3月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:42.47
    2021年03月09日
    「新華社」消防への理解深めるウィンターキャンプを実施黒竜江省黒河市

    中国黒竜江省黒河市の小中学生が今年の冬休み、オンライン形式で行われた消防ウィンターキャンプに参加した。参加者は通信アプリ「微信(ウィーチャット)」などのプラットフォームを通し、実用的な消防知識を学んだり、各種コンテストに作品をアップロードしたりして、消防隊員の仕事に対する理解を深めた。(記者/劉赫垚) =配信日: 2021(令和3)年3月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月05日
    ミニプログラム 中国アプリ、日本連携強化

    北海道富良野市、岐阜県、日本貿易振興機構が開設したウィーチャットの「ミニプログラム」(共同)

  • 2021年01月31日
    (6)膝をついて検体採取する看護師に注目集まる黒竜江省

    27日、黒竜江省綏化市の世紀方舟小区(居住区)で、市民の検体採取を行う任致君さん。中国黒竜江省綏化(すいか)市では、同市北林区第一人民医院の看護師、任致君(じん・ちくん)さんが階段の踊り場で片膝をつき、子どもの検体を採取する姿を捉えた写真がチャットアプリ「微信(ウィーチャット)」の朋友圈(モーメンツ)で注目を集め、人々の心を温めている。同区で住民全員を対象とした3回目の核酸検査が始まり、任さんは同僚と共に毎朝7時半に居住区を訪れ、検体採取を行っている。防護服を着たまま階段を上り、体が不自由な人の自宅まで出向くこともある。1日に700人以上の検体を採取するのは並大抵のことではない。任さんは「検体採取では通常、私たちが動いて、子どもたちに合わせた姿勢で行う。多くの医療従事者は同じようにしている」と語った。(綏化=新華社配信/張濤)= 配信日: 2021(令和3)年1月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月31日
    (2)膝をついて検体採取する看護師に注目集まる黒竜江省

    26日、黒竜江省綏化市の世紀方舟小区(居住区)で、住民の検体採取を行う任致君さん。中国黒竜江省綏化(すいか)市では、同市北林区第一人民医院の看護師、任致君(じん・ちくん)さんが階段の踊り場で片膝をつき、子どもの検体を採取する姿を捉えた写真がチャットアプリ「微信(ウィーチャット)」の朋友圈(モーメンツ)で注目を集め、人々の心を温めている。同区で住民全員を対象とした3回目の核酸検査が始まり、任さんは同僚と共に毎朝7時半に居住区を訪れ、検体採取を行っている。防護服を着たまま階段を上り、体が不自由な人の自宅まで出向くこともある。1日に700人以上の検体を採取するのは並大抵のことではない。任さんは「検体採取では通常、私たちが動いて、子どもたちに合わせた姿勢で行う。多くの医療従事者は同じようにしている」と語った。(綏化=新華社配信/張濤)= 配信日: 2021(令和3)年1月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月31日
    (5)膝をついて検体採取する看護師に注目集まる黒竜江省

    27日、黒竜江省綏化市の世紀方舟小区(居住区)で、住民の検体採取を行う任致君さん。中国黒竜江省綏化(すいか)市では、同市北林区第一人民医院の看護師、任致君(じん・ちくん)さんが階段の踊り場で片膝をつき、子どもの検体を採取する姿を捉えた写真がチャットアプリ「微信(ウィーチャット)」の朋友圈(モーメンツ)で注目を集め、人々の心を温めている。同区で住民全員を対象とした3回目の核酸検査が始まり、任さんは同僚と共に毎朝7時半に居住区を訪れ、検体採取を行っている。防護服を着たまま階段を上り、体が不自由な人の自宅まで出向くこともある。1日に700人以上の検体を採取するのは並大抵のことではない。任さんは「検体採取では通常、私たちが動いて、子どもたちに合わせた姿勢で行う。多くの医療従事者は同じようにしている」と語った。(綏化=新華社配信/張濤)= 配信日: 2021(令和3)年1月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月31日
    (7)膝をついて検体採取する看護師に注目集まる黒竜江省

    27日、黒竜江省綏化市の世紀方舟小区(居住区)で、同僚と共に作業を行う任致君さん(左)。中国黒竜江省綏化(すいか)市では、同市北林区第一人民医院の看護師、任致君(じん・ちくん)さんが階段の踊り場で片膝をつき、子どもの検体を採取する姿を捉えた写真がチャットアプリ「微信(ウィーチャット)」の朋友圈(モーメンツ)で注目を集め、人々の心を温めている。同区で住民全員を対象とした3回目の核酸検査が始まり、任さんは同僚と共に毎朝7時半に居住区を訪れ、検体採取を行っている。防護服を着たまま階段を上り、体が不自由な人の自宅まで出向くこともある。1日に700人以上の検体を採取するのは並大抵のことではない。任さんは「検体採取では通常、私たちが動いて、子どもたちに合わせた姿勢で行う。多くの医療従事者は同じようにしている」と語った。(綏化=新華社配信/張濤)= 配信日: 2021(令和3)年1月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月31日
    (3)膝をついて検体採取する看護師に注目集まる黒竜江省

    27日、黒竜江省綏化市の世紀方舟小区(居住区)で、膝をついて体が不自由な高齢者の検体を採取する任致君さん。中国黒竜江省綏化(すいか)市では、同市北林区第一人民医院の看護師、任致君(じん・ちくん)さんが階段の踊り場で片膝をつき、子どもの検体を採取する姿を捉えた写真がチャットアプリ「微信(ウィーチャット)」の朋友圈(モーメンツ)で注目を集め、人々の心を温めている。同区で住民全員を対象とした3回目の核酸検査が始まり、任さんは同僚と共に毎朝7時半に居住区を訪れ、検体採取を行っている。防護服を着たまま階段を上り、体が不自由な人の自宅まで出向くこともある。1日に700人以上の検体を採取するのは並大抵のことではない。任さんは「検体採取では通常、私たちが動いて、子どもたちに合わせた姿勢で行う。多くの医療従事者は同じようにしている」と語った。(綏化=新華社配信/張濤)= 配信日: 2021(令和3)年1月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:46.95
    2021年01月31日
    「新華社」膝をついて検体採取する看護師に注目集まる黒竜江省

    中国黒竜江省綏化(すいか)市ではこのほど、同市北林区第一人民医院の看護師、任致君(じん・ちくん)さんが階段の踊り場で片膝をつき、子どもの検体を採取する姿を捉えた写真がチャットアプリ「微信(ウィーチャット)」の朋友圈(モーメンツ)で注目を集め、人々の心を温めている。同区で住民全員を対象とした3回目の核酸検査が始まり、任さんは同僚と共に毎朝7時半に居住区を訪れ、検体採取を行っている。防護服を着たまま階段を上り、体が不自由な人の自宅まで出向くこともある。1日に700人以上の検体を採取するのは並大抵のことではない。任さんは「検体採取では通常、私たちが動いて、子どもたちに合わせた姿勢で行う。多くの医療従事者は同じようにしている」と語った。(記者/張濤) =配信日: 2021(令和3)年1月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月31日
    (8)膝をついて検体採取する看護師に注目集まる黒竜江省

    27日、黒竜江省綏化市の世紀方舟小区(居住区)で、同僚と共に作業を行う任致君さん(左)。中国黒竜江省綏化(すいか)市では、同市北林区第一人民医院の看護師、任致君(じん・ちくん)さんが階段の踊り場で片膝をつき、子どもの検体を採取する姿を捉えた写真がチャットアプリ「微信(ウィーチャット)」の朋友圈(モーメンツ)で注目を集め、人々の心を温めている。同区で住民全員を対象とした3回目の核酸検査が始まり、任さんは同僚と共に毎朝7時半に居住区を訪れ、検体採取を行っている。防護服を着たまま階段を上り、体が不自由な人の自宅まで出向くこともある。1日に700人以上の検体を採取するのは並大抵のことではない。任さんは「検体採取では通常、私たちが動いて、子どもたちに合わせた姿勢で行う。多くの医療従事者は同じようにしている」と語った。(綏化=新華社配信/張濤)= 配信日: 2021(令和3)年1月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月31日
    (1)膝をついて検体採取する看護師に注目集まる黒竜江省

    27日、黒竜江省綏化市の世紀方舟小区(居住区)で、住民の検体採取を行う任致君さん。中国黒竜江省綏化(すいか)市では、同市北林区第一人民医院の看護師、任致君(じん・ちくん)さんが階段の踊り場で片膝をつき、子どもの検体を採取する姿を捉えた写真がチャットアプリ「微信(ウィーチャット)」の朋友圈(モーメンツ)で注目を集め、人々の心を温めている。同区で住民全員を対象とした3回目の核酸検査が始まり、任さんは同僚と共に毎朝7時半に居住区を訪れ、検体採取を行っている。防護服を着たまま階段を上り、体が不自由な人の自宅まで出向くこともある。1日に700人以上の検体を採取するのは並大抵のことではない。任さんは「検体採取では通常、私たちが動いて、子どもたちに合わせた姿勢で行う。多くの医療従事者は同じようにしている」と語った。(綏化=新華社配信/張濤)= 配信日: 2021(令和3)年1月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月31日
    (4)膝をついて検体採取する看護師に注目集まる黒竜江省

    27日、検体採取中、水滴で曇った任致君さんのフェースシールド。中国黒竜江省綏化(すいか)市では、同市北林区第一人民医院の看護師、任致君(じん・ちくん)さんが階段の踊り場で片膝をつき、子どもの検体を採取する姿を捉えた写真がチャットアプリ「微信(ウィーチャット)」の朋友圈(モーメンツ)で注目を集め、人々の心を温めている。同区で住民全員を対象とした3回目の核酸検査が始まり、任さんは同僚と共に毎朝7時半に居住区を訪れ、検体採取を行っている。防護服を着たまま階段を上り、体が不自由な人の自宅まで出向くこともある。1日に700人以上の検体を採取するのは並大抵のことではない。任さんは「検体採取では通常、私たちが動いて、子どもたちに合わせた姿勢で行う。多くの医療従事者は同じようにしている」と語った。(綏化=新華社配信/張濤)= 配信日: 2021(令和3)年1月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:15.00
    2021年01月24日
    「新華社」ペットは飼い主と一緒に上海市の感染症対策が話題

    中国上海市黄浦区昭通路の住民とペットの犬が感染症対策のため隔離先に向かうバスに乗り込む動画が、21日からインターネット上で話題となり、愛犬家から称賛の声が上がっている。小動物保護をテーマとした上海市内の微信(ウィーチャット)公式アカウント「TA上海」が22日朝、「上海人は隔離の際にペットを連れて行く」と題した文章を投稿すると、あっという間に10万件以上のアクセスがあった。動画には、マスク姿の住民が防護服を着た職員に誘導され、スーツケースを手にバスに乗り込む姿が映っており、女性に引かれた1匹の犬が一緒に乗り込む姿も見られる。この心温まる動画の背景には、同市の「人道的」な隔離措置がある。隔離措置が取られる住民は指定されたホテルにペットを連れて行くことができる。「TA上海」の責任者、劉金文(りゅう・きんぶん)氏は、昨年の感染症流行期間中、ペットと飼い主が別々に過ごさなければならなかったが、この措置によりその苦しさが適切に緩和されると述べた。(記者/王婧媛、夏康静、許暁青) =配信日: 2021(令和3)年1月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:54.18
    2021年01月21日
    「新華社」無人スマート青果販売機が登場、「非接触」で野菜購入浙江省紹興市

    中国浙江省紹興市柯橋区では現在、新型コロナウイルス感染症予防・抑制期間中に人々の接触を減らすため、一部の社区(コミュニティー)やオフィスビルに無人スマート青果販売機を設置している。住民は自由市場などに行かなくてもスマートフォンを使い商品を購入することができ、24時間いつでも利用することができる。スマホで2次元バーコードをスキャンすると、無人スマート青果販売機の扉を開けることができ、必要な野菜や果物を選んで取り出せる。扉を閉めると、微信支付(ウィーチャットペイ)で自動的に決済が完了し、スキャンから決済までわずか10秒程度で終えることができる。無人スマート青果販売機内には、肉類、野菜類、魚類、果物、飲み物などが全てそろっており、1日の食事の必要を基本的に満たしている。無人スマート青果販売機の商品は基本的に、当日補充したものを当日販売する形になっている。冷蔵庫は鮮度保持機能を備えているため、商品の鮮度が保たれているという。(記者/崔力) =配信日: 2021(令和3)年1月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月15日
    (7)ボランティアによる高齢者向けスマホ講座が好評湖南省

    12日、長沙市天心区金盆嶺街道の夏家沖社区で通信アプリ「微信(ウィーチャット)」の公式アカウントをフォローする方法を学ぶ高齢者。中国湖南省長沙市天心区金盆嶺街道の夏家沖社区(コミュニティー)は12日、ボランティア講師を招き、高齢者にスマートフォンの操作方法を教える講座を開いた。講座ではスマホに関する知識を教えたほか、操作方法の実演もあり、受講者の評判は上々だった。(長沙=新華社記者/陳沢国)= 配信日: 2021(令和3)年1月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月06日
    決済サービスの利用端末 トランプ氏、中国排除加速

    飲食店のレジに置かれた「アリペイ」(左)と「ウィーチャット」の電子決済サービスが利用できる端末=6日、北京(共同)

  • 2021年01月06日
    China US Trade China US Trade

    A customer buys goods using Alipay or WeChat at a supermarket in Hangzhou, east China‘s Zhejiang Province, Jan 6, 2021. Trump has signed a “ban“ on transactions with eight Chinese apps, including Alipay and WeChat.=2021(令和3)年1月6日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: 2021

  • 2021年01月06日
    China US Trade China US Trade

    A customer buys goods using Alipay or WeChat at a supermarket in Hangzhou, east China‘s Zhejiang Province, Jan 6, 2021. Trump has signed a “ban“ on transactions with eight Chinese apps, including Alipay and WeChat.=2021(令和3)年1月6日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: 2021

  • 2021年01月06日
    China US Trade China US Trade

    A customer buys goods using Alipay or WeChat at a supermarket in Hangzhou, east China‘s Zhejiang Province, Jan 6, 2021. Trump has signed a “ban“ on transactions with eight Chinese apps, including Alipay and WeChat.=2021(令和3)年1月6日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: 2021

  • 2021年01月05日
    (6)テクノロジーを駆使した核酸検査北京市順義区

    3日、北京市順義区双豊街道の臨時検体採取所で、検体を入れた試験管の情報を読み込むスタッフ。中国北京市順義区の双豊街道でこのほど、2回目の核酸検査が実施された。臨時に設置された検体採取所では、通信アプリ「WeChat(ウィーチャット)」の健康管理ミニアプリ「北京健康宝」による検査予約を受け付けているほか、ミニアプリを利用できない高齢者や子ども、外国人のために、身分証やパスポートの情報を読み取り、紙の予約コードを生成している。検体採取の現場では、検体を入れた試験管のバーコードと検査対象者の予約コードの情報を専用の機械でひも付け、全プロセスのデータを北京市が運営する核酸検査情報統一システムにリアルタイムで送信する。こうすることで、検体採取の効率を向上させ、検査対象者情報の取り違いを防止している。(北京=新華社記者/任超)= 配信日: 2021(令和3)年1月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月05日
    (5)テクノロジーを駆使した核酸検査北京市順義区

    3日、北京市順義区双豊街道の臨時検体採取所で、検査対象者の情報を読み込むスタッフ(左)。中国北京市順義区の双豊街道でこのほど、2回目の核酸検査が実施された。臨時に設置された検体採取所では、通信アプリ「WeChat(ウィーチャット)」の健康管理ミニアプリ「北京健康宝」による検査予約を受け付けているほか、ミニアプリを利用できない高齢者や子ども、外国人のために、身分証やパスポートの情報を読み取り、紙の予約コードを生成している。検体採取の現場では、検体を入れた試験管のバーコードと検査対象者の予約コードの情報を専用の機械でひも付け、全プロセスのデータを北京市が運営する核酸検査情報統一システムにリアルタイムで送信する。こうすることで、検体採取の効率を向上させ、検査対象者情報の取り違いを防止している。(北京=新華社記者/任超)= 配信日: 2021(令和3)年1月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月05日
    (2)テクノロジーを駆使した核酸検査北京市順義区

    3日、北京市順義区双豊街道の臨時検体採取所で検体を採取する医療スタッフ(右)。中国北京市順義区の双豊街道でこのほど、2回目の核酸検査が実施された。臨時に設置された検体採取所では、通信アプリ「WeChat(ウィーチャット)」の健康管理ミニアプリ「北京健康宝」による検査予約を受け付けているほか、ミニアプリを利用できない高齢者や子ども、外国人のために、身分証やパスポートの情報を読み取り、紙の予約コードを生成している。検体採取の現場では、検体を入れた試験管のバーコードと検査対象者の予約コードの情報を専用の機械でひも付け、全プロセスのデータを北京市が運営する核酸検査情報統一システムにリアルタイムで送信する。こうすることで、検体採取の効率を向上させ、検査対象者情報の取り違いを防止している。(北京=新華社記者/任超)= 配信日: 2021(令和3)年1月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月05日
    (1)テクノロジーを駆使した核酸検査北京市順義区

    3日、北京市順義区双豊街道の臨時検体採取所で、身分証の情報を基に生成された紙の予約コードを検査対象者(右)に手渡すスタッフ。中国北京市順義区の双豊街道でこのほど、2回目の核酸検査が実施された。臨時に設置された検体採取所では、通信アプリ「WeChat(ウィーチャット)」の健康管理ミニアプリ「北京健康宝」による検査予約を受け付けているほか、ミニアプリを利用できない高齢者や子ども、外国人のために、身分証やパスポートの情報を読み取り、紙の予約コードを生成している。検体採取の現場では、検体を入れた試験管のバーコードと検査対象者の予約コードの情報を専用の機械でひも付け、全プロセスのデータを北京市が運営する核酸検査情報統一システムにリアルタイムで送信する。こうすることで、検体採取の効率を向上させ、検査対象者情報の取り違いを防止している。(北京=新華社記者/任超)= 配信日: 2021(令和3)年1月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月05日
    (6)冬の味覚、ヤクと羊の肉を購入チベット自治区

    2020年12月31日、モバイル決済アプリ「微信支付(ウィーチャットペイ)」で肉の代金を支払う顧客。中国チベット自治区では、真冬の時期に多くの住民がヤクの肉を買い求める。ヤクの肉は冬季の食料や2月に控えたチベット暦の正月を祝う料理の材料として使われる。(ラサ=新華社記者/晋美多吉)= 配信日: 2021(令和3)年1月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月05日
    (3)テクノロジーを駆使した核酸検査北京市順義区

    3日、北京市順義区の核酸検査機関で、検体から核酸を抽出するスタッフ。中国北京市順義区の双豊街道でこのほど、2回目の核酸検査が実施された。臨時に設置された検体採取所では、通信アプリ「WeChat(ウィーチャット)」の健康管理ミニアプリ「北京健康宝」による検査予約を受け付けているほか、ミニアプリを利用できない高齢者や子ども、外国人のために、身分証やパスポートの情報を読み取り、紙の予約コードを生成している。検体採取の現場では、検体を入れた試験管のバーコードと検査対象者の予約コードの情報を専用の機械でひも付け、全プロセスのデータを北京市が運営する核酸検査情報統一システムにリアルタイムで送信する。こうすることで、検体採取の効率を向上させ、検査対象者情報の取り違いを防止している。(北京=新華社記者/任超)= 配信日: 2021(令和3)年1月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月05日
    (4)テクノロジーを駆使した核酸検査北京市順義区

    3日、北京市順義区の核酸検査機関で、北京市の核酸検査情報統一システムについて説明するスタッフ。中国北京市順義区の双豊街道でこのほど、2回目の核酸検査が実施された。臨時に設置された検体採取所では、通信アプリ「WeChat(ウィーチャット)」の健康管理ミニアプリ「北京健康宝」による検査予約を受け付けているほか、ミニアプリを利用できない高齢者や子ども、外国人のために、身分証やパスポートの情報を読み取り、紙の予約コードを生成している。検体採取の現場では、検体を入れた試験管のバーコードと検査対象者の予約コードの情報を専用の機械でひも付け、全プロセスのデータを北京市が運営する核酸検査情報統一システムにリアルタイムで送信する。こうすることで、検体採取の効率を向上させ、検査対象者情報の取り違いを防止している。(北京=新華社記者/任超)= 配信日: 2021(令和3)年1月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月11日
    (6)新型コロナウイルスと闘う人々四川省成都市

    10日、?都区中医医院の核酸検査室で、核酸検査サンプルを処理する検査スタッフ。中国四川省成都市?都(ひと)区で7日に新型コロナウイルス感染症の本土症例が新たに確認されて以来、同区中医医院は24時間体制で対応している。同医院の情報科学技術スタッフは徹夜で「微信(ウィーチャット)」のオンライン核酸検査ミニプログラムを開発し、人々がスマートフォンで手軽に検査結果を確認できるようにした。また、核酸検査室の検査スタッフ14人が3交替勤務で、1日当たり2千件余りの検査を行っている。(成都=新華社記者/沈伯韓)=配信日:2020(令和2)年12月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月11日
    (1)新型コロナウイルスと闘う人々四川省成都市

    10日、?都区中医医院の核酸検査拠点で、新型コロナ核酸検査の注意事項を市民に説明する医療スタッフ。中国四川省成都市?都(ひと)区で7日に新型コロナウイルス感染症の本土症例が新たに確認されて以来、同区中医医院は24時間体制で対応している。同医院の情報科学技術スタッフは徹夜で「微信(ウィーチャット)」のオンライン核酸検査ミニプログラムを開発し、人々がスマートフォンで手軽に検査結果を確認できるようにした。また、核酸検査室の検査スタッフ14人が3交替勤務で、1日当たり2千件余りの検査を行っている。(成都=新華社記者/沈伯韓)=配信日:2020(令和2)年12月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月11日
    (3)新型コロナウイルスと闘う人々四川省成都市

    10日、?都区中医医院の核酸検査拠点で、新型コロナ核酸検査用の検体採取を行う医療スタッフ。中国四川省成都市?都(ひと)区で7日に新型コロナウイルス感染症の本土症例が新たに確認されて以来、同区中医医院は24時間体制で対応している。同医院の情報科学技術スタッフは徹夜で「微信(ウィーチャット)」のオンライン核酸検査ミニプログラムを開発し、人々がスマートフォンで手軽に検査結果を確認できるようにした。また、核酸検査室の検査スタッフ14人が3交替勤務で、1日当たり2千件余りの検査を行っている。(成都=新華社記者/沈伯韓)=配信日:2020(令和2)年12月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月11日
    (2)新型コロナウイルスと闘う人々四川省成都市

    10日、?都区中医医院の核酸検査拠点で、新型コロナ核酸検査用の検体採取を行う医療スタッフ。中国四川省成都市?都(ひと)区で7日に新型コロナウイルス感染症の本土症例が新たに確認されて以来、同区中医医院は24時間体制で対応している。同医院の情報科学技術スタッフは徹夜で「微信(ウィーチャット)」のオンライン核酸検査ミニプログラムを開発し、人々がスマートフォンで手軽に検査結果を確認できるようにした。また、核酸検査室の検査スタッフ14人が3交替勤務で、1日当たり2千件余りの検査を行っている。(成都=新華社記者/沈伯韓)=配信日:2020(令和2)年12月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月11日
    (5)新型コロナウイルスと闘う人々四川省成都市

    10日、?都区中医医院の核酸検査室で、核酸検査サンプルを処理する検査スタッフ。中国四川省成都市?都(ひと)区で7日に新型コロナウイルス感染症の本土症例が新たに確認されて以来、同区中医医院は24時間体制で対応している。同医院の情報科学技術スタッフは徹夜で「微信(ウィーチャット)」のオンライン核酸検査ミニプログラムを開発し、人々がスマートフォンで手軽に検査結果を確認できるようにした。また、核酸検査室の検査スタッフ14人が3交替勤務で、1日当たり2千件余りの検査を行っている。(成都=新華社記者/沈伯韓)=配信日:2020(令和2)年12月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月11日
    (4)新型コロナウイルスと闘う人々四川省成都市

    10日、核酸検査の検体を検査室に運ぶ?都区中医医院の検査スタッフ。中国四川省成都市?都(ひと)区で7日に新型コロナウイルス感染症の本土症例が新たに確認されて以来、同区中医医院は24時間体制で対応している。同医院の情報科学技術スタッフは徹夜で「微信(ウィーチャット)」のオンライン核酸検査ミニプログラムを開発し、人々がスマートフォンで手軽に検査結果を確認できるようにした。また、核酸検査室の検査スタッフ14人が3交替勤務で、1日当たり2千件余りの検査を行っている。(成都=新華社記者/沈伯韓)=配信日:2020(令和2)年12月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:59.78
    2020年11月27日
    「新華社」農産物のECで貧困脱却実現、山奥の「淘宝村」湖北省鄖西県

    中国湖北省十堰(じゅうえん)市鄖西県の下営村が「淘宝村」(注)の一つで、インターネットで生中継しながら商品を販売するライブコマースが毎日行われており、電子商取引(EC)の交流・研修が毎週行われている。村の「淘宝通り」では各店の入り口にECサイト「淘宝(タオバオ)」のアドレスや大手SNS微信(ウィーチャット)のIDが表示してある。2019年に同村では139世帯700人近くがECに携わった。ネットショップの開設数は500店余りで、村全体の売上高が2億元(1元=約16円)を超え、全国の「淘宝村」に仲間入りした。湖北省北西部の山奥にある同村は、交通の便も悪く、かつては県内に84ある重点貧困村の一つだった。同県は典型的な農業県で、栽培業と養殖業が充実している。同村は「農家がそれぞれ家畜を飼育し加工、ECで統一販売する」方式を採用し、ECプラットフォームを通じて特産品を全国に販売し、農家の増収を促進している。こうした取り組みによって、村は2017年に貧困からの脱却を果たした。注「淘宝村」とは、居住世帯の10%以上がネットショップを運営し、年間取引額が1千万元を超える農村を指す。<映像内容>淘宝村の街並みなど風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月12日
    ラオス人留学生と中国人学生が共同で中国ラオス鉄道関連のアカウント開設

    12日、間もなく卒業し帰国するラオスの留学生に、上海で開催された中国国際輸入博覧会の記念品を贈呈する上海市人民対外友好協会の景瑩(けい・えい)副会長(左)。中国の上海応用技術大学とラオス・ルアンプラバンのスパーヌウォン大学がこのほど、ビデオ会議形式で民間交流座談会を開催し、間もなく大学を卒業してラオスへ帰国する第1期のラオス人留学生8人が、中国の同級生と共同で対話アプリ「微信(ウィーチャット)」上に中国ラオス鉄道に関するアカウントを開設したと発表した。アカウント名は「中老鉄路通(中国ラオス鉄道通)」で、ラオス語と中国語の2カ国語版となっている。(上海=新華社記者/呉宇)=2020(令和2)年11月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※画質が良くありません。

  • 2020年11月12日
    ラオス人留学生と中国人学生が共同で中国ラオス鉄道関連のアカウント開設

    12日、民間交流座談会に出席したラオスの留学生。中国の上海応用技術大学とラオス・ルアンプラバンのスパーヌウォン大学がこのほど、ビデオ会議形式で民間交流座談会を開催し、間もなく大学を卒業してラオスへ帰国する第1期のラオス人留学生8人が、中国の同級生と共同で対話アプリ「微信(ウィーチャット)」上に中国ラオス鉄道に関するアカウントを開設したと発表した。アカウント名は「中老鉄路通(中国ラオス鉄道通)」で、ラオス語と中国語の2カ国語版となっている。(上海=新華社記者/呉宇)=2020(令和2)年11月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※画質が良くありません。

  • 2020年11月12日
    ラオス人留学生と中国人学生が共同で中国ラオス鉄道関連のアカウント開設

    12日、中国語とラオス語2カ国語で表記された民間交流座談会のポスター。中国の上海応用技術大学とラオス・ルアンプラバンのスパーヌウォン大学がこのほど、ビデオ会議形式で民間交流座談会を開催し、間もなく大学を卒業してラオスへ帰国する第1期のラオス人留学生8人が、中国の同級生と共同で対話アプリ「微信(ウィーチャット)」上に中国ラオス鉄道に関するアカウントを開設したと発表した。アカウント名は「中老鉄路通(中国ラオス鉄道通)」で、ラオス語と中国語の2カ国語版となっている。(上海=新華社記者/呉宇)=2020(令和2)年11月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月24日
    ウィーチャット アプリ禁止の差し止め維持

    中国系通信アプリ「微信(ウィーチャット)」(共同)

  • 2020年10月23日
    第3回輸入博、再利用可能なIDカード40万枚発行

    23日、第3回中国国際輸入博覧会登録・IDカード管理センターでデータを確認するボランティア。中国国際輸入博覧局は、第3回中国国際輸入博覧会(輸入博)で使用されるIDカード(身分証明カード)をこれまでに40万枚を発行し、SNSアプリ「微信(ウィーチャット)」によるセルフチェックとIDカードの再利用を実現させるとした。(上海=新華社記者/方喆)=2020(令和2)年10月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月23日
    第3回輸入博、再利用可能なIDカード40万枚発行

    23日、第3回中国国際輸入博覧会登録・IDカード管理センターの外観。中国国際輸入博覧局は、第3回中国国際輸入博覧会(輸入博)で使用されるIDカード(身分証明カード)をこれまでに40万枚を発行し、SNSアプリ「微信(ウィーチャット)」によるセルフチェックとIDカードの再利用を実現させるとした。(上海=新華社記者/方喆)=2020(令和2)年10月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月23日
    第3回輸入博、再利用可能なIDカード40万枚発行

    23日、第3回中国国際輸入博覧会登録・IDカード管理センターの内部。中国国際輸入博覧局は、第3回中国国際輸入博覧会(輸入博)で使用されるIDカード(身分証明カード)をこれまでに40万枚を発行し、SNSアプリ「微信(ウィーチャット)」によるセルフチェックとIDカードの再利用を実現させるとした。(上海=新華社記者/方喆)=2020(令和2)年10月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月21日
    ウィーチャット 中国系アプリ排除差し止め

    ウィーチャットのアプリのアイコン=19日(ロイター=共同)

    撮影: 19日

  • 2020年09月18日
    ウィーチャット 米、ダウンロード禁止へ

    中国の通信アプリ「微信(ウィーチャット)」(共同)

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月03日
    障害に負けない、養蜂で貧困脱却河南省嵩県

    3日、三合村の自宅で、パソコンでハチミツに関する情報を収集する張嵩現さん。中国河南省嵩(すう)県三合村で暮らす張嵩現(ちょう・すうげん)さん(57)は、1972年に不慮の事故で右脚を失った。しかし、決して悲観することなく、小さな店を構えたり、仕立屋や溶接工の仕事をしたりして、生計を立ててきた。2014年には、体が不自由であることから、貧困者に認定登録された。貧困に甘んじない張さんは、地元政府の支援を得て養蜂を始めた。その後、持ち前の勤勉さを発揮して養蜂家に転身し、短文投稿サイト「微博(ウェイボ)」や通信アプリ「微信(ウィーチャット)」の使い方も習得。ソーシャルメディアを駆使して販売規模を拡大し、2017年には貧困からの脱却を果たした。近年、地元の観光産業が盛んになるにつれて、張さんの故郷にも大勢の観光客が訪れるようになり、ハチミツ製品の売り上げも増えていった。張さんが村民の貧困脱却を支援するため、蜜蜂養殖専業合作社(協同組合)を設立したことで、今では同村で養蜂産業に従事する貧困世帯は50戸余りに達し、ハチミツ生産量は年間1万キロに上るという。(嵩県=新華社記者/李安)=2020(令和2)年9月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月03日
    障害に負けない、養蜂で貧困脱却河南省嵩県

    3日、張嵩現さんが生産したハチミツ。中国河南省嵩(すう)県三合村で暮らす張嵩現(ちょう・すうげん)さん(57)は、1972年に不慮の事故で右脚を失った。しかし、決して悲観することなく、小さな店を構えたり、仕立屋や溶接工の仕事をしたりして、生計を立ててきた。2014年には、体が不自由であることから、貧困者に認定登録された。貧困に甘んじない張さんは、地元政府の支援を得て養蜂を始めた。その後、持ち前の勤勉さを発揮して養蜂家に転身し、短文投稿サイト「微博(ウェイボ)」や通信アプリ「微信(ウィーチャット)」の使い方も習得。ソーシャルメディアを駆使して販売規模を拡大し、2017年には貧困からの脱却を果たした。近年、地元の観光産業が盛んになるにつれて、張さんの故郷にも大勢の観光客が訪れるようになり、ハチミツ製品の売り上げも増えていった。張さんが村民の貧困脱却を支援するため、蜜蜂養殖専業合作社(協同組合)を設立したことで、今では同村で養蜂産業に従事する貧困世帯は50戸余りに達し、ハチミツ生産量は年間1万キロに上るという。(嵩県=新華社記者/李安)=2020(令和2)年9月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月03日
    障害に負けない、養蜂で貧困脱却河南省嵩県

    3日、三合村の自宅で、ハチミツの入った容器の重さを量る張嵩現さん。中国河南省嵩(すう)県三合村で暮らす張嵩現(ちょう・すうげん)さん(57)は、1972年に不慮の事故で右脚を失った。しかし、決して悲観することなく、小さな店を構えたり、仕立屋や溶接工の仕事をしたりして、生計を立ててきた。2014年には、体が不自由であることから、貧困者に認定登録された。貧困に甘んじない張さんは、地元政府の支援を得て養蜂を始めた。その後、持ち前の勤勉さを発揮して養蜂家に転身し、短文投稿サイト「微博(ウェイボ)」や通信アプリ「微信(ウィーチャット)」の使い方も習得。ソーシャルメディアを駆使して販売規模を拡大し、2017年には貧困からの脱却を果たした。近年、地元の観光産業が盛んになるにつれて、張さんの故郷にも大勢の観光客が訪れるようになり、ハチミツ製品の売り上げも増えていった。張さんが村民の貧困脱却を支援するため、蜜蜂養殖専業合作社(協同組合)を設立したことで、今では同村で養蜂産業に従事する貧困世帯は50戸余りに達し、ハチミツ生産量は年間1万キロに上るという。(嵩県=新華社記者/李安)=2020(令和2)年9月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月03日
    障害に負けない、養蜂で貧困脱却河南省嵩県

    3日、三合村の自宅を出る張嵩現さん。中国河南省嵩(すう)県三合村で暮らす張嵩現(ちょう・すうげん)さん(57)は、1972年に不慮の事故で右脚を失った。しかし、決して悲観することなく、小さな店を構えたり、仕立屋や溶接工の仕事をしたりして、生計を立ててきた。2014年には、体が不自由であることから、貧困者に認定登録された。貧困に甘んじない張さんは、地元政府の支援を得て養蜂を始めた。その後、持ち前の勤勉さを発揮して養蜂家に転身し、短文投稿サイト「微博(ウェイボ)」や通信アプリ「微信(ウィーチャット)」の使い方も習得。ソーシャルメディアを駆使して販売規模を拡大し、2017年には貧困からの脱却を果たした。近年、地元の観光産業が盛んになるにつれて、張さんの故郷にも大勢の観光客が訪れるようになり、ハチミツ製品の売り上げも増えていった。張さんが村民の貧困脱却を支援するため、蜜蜂養殖専業合作社(協同組合)を設立したことで、今では同村で養蜂産業に従事する貧困世帯は50戸余りに達し、ハチミツ生産量は年間1万キロに上るという。(嵩県=新華社記者/李安)=2020(令和2)年9月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月03日
    障害に負けない、養蜂で貧困脱却河南省嵩県

    3日、三合村の自宅で、顧客と通話する張嵩現さん。中国河南省嵩(すう)県三合村で暮らす張嵩現(ちょう・すうげん)さん(57)は、1972年に不慮の事故で右脚を失った。しかし、決して悲観することなく、小さな店を構えたり、仕立屋や溶接工の仕事をしたりして、生計を立ててきた。2014年には、体が不自由であることから、貧困者に認定登録された。貧困に甘んじない張さんは、地元政府の支援を得て養蜂を始めた。その後、持ち前の勤勉さを発揮して養蜂家に転身し、短文投稿サイト「微博(ウェイボ)」や通信アプリ「微信(ウィーチャット)」の使い方も習得。ソーシャルメディアを駆使して販売規模を拡大し、2017年には貧困からの脱却を果たした。近年、地元の観光産業が盛んになるにつれて、張さんの故郷にも大勢の観光客が訪れるようになり、ハチミツ製品の売り上げも増えていった。張さんが村民の貧困脱却を支援するため、蜜蜂養殖専業合作社(協同組合)を設立したことで、今では同村で養蜂産業に従事する貧困世帯は50戸余りに達し、ハチミツ生産量は年間1万キロに上るという。(嵩県=新華社記者/李安)=2020(令和2)年9月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月03日
    障害に負けない、養蜂で貧困脱却河南省嵩県

    3日、村の人たちに養蜂の経験を語る張嵩現さん(左から2人目)。中国河南省嵩(すう)県三合村で暮らす張嵩現(ちょう・すうげん)さん(57)は、1972年に不慮の事故で右脚を失った。しかし、決して悲観することなく、小さな店を構えたり、仕立屋や溶接工の仕事をしたりして、生計を立ててきた。2014年には、体が不自由であることから、貧困者に認定登録された。貧困に甘んじない張さんは、地元政府の支援を得て養蜂を始めた。その後、持ち前の勤勉さを発揮して養蜂家に転身し、短文投稿サイト「微博(ウェイボ)」や通信アプリ「微信(ウィーチャット)」の使い方も習得。ソーシャルメディアを駆使して販売規模を拡大し、2017年には貧困からの脱却を果たした。近年、地元の観光産業が盛んになるにつれて、張さんの故郷にも大勢の観光客が訪れるようになり、ハチミツ製品の売り上げも増えていった。張さんが村民の貧困脱却を支援するため、蜜蜂養殖専業合作社(協同組合)を設立したことで、今では同村で養蜂産業に従事する貧困世帯は50戸余りに達し、ハチミツ生産量は年間1万キロに上るという。(嵩県=新華社記者/李安)=2020(令和2)年9月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月02日
    障害に負けない、養蜂で貧困脱却河南省嵩県

    2日、三合村の自宅で、ハチミツの入った容器にラベルを貼る張嵩現さん。中国河南省嵩(すう)県三合村で暮らす張嵩現(ちょう・すうげん)さん(57)は、1972年に不慮の事故で右脚を失った。しかし、決して悲観することなく、小さな店を構えたり、仕立屋や溶接工の仕事をしたりして、生計を立ててきた。2014年には、体が不自由であることから、貧困者に認定登録された。貧困に甘んじない張さんは、地元政府の支援を得て養蜂を始めた。その後、持ち前の勤勉さを発揮して養蜂家に転身し、短文投稿サイト「微博(ウェイボ)」や通信アプリ「微信(ウィーチャット)」の使い方も習得。ソーシャルメディアを駆使して販売規模を拡大し、2017年には貧困からの脱却を果たした。近年、地元の観光産業が盛んになるにつれて、張さんの故郷にも大勢の観光客が訪れるようになり、ハチミツ製品の売り上げも増えていった。張さんが村民の貧困脱却を支援するため、蜜蜂養殖専業合作社(協同組合)を設立したことで、今では同村で養蜂産業に従事する貧困世帯は50戸余りに達し、ハチミツ生産量は年間1万キロに上るという。(嵩県=新華社記者/李安)=2020(令和2)年9月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月02日
    障害に負けない、養蜂で貧困脱却河南省嵩県

    2日、三合村にある丘の上に設置されたミツバチの巣箱を点検する張嵩現さん。中国河南省嵩(すう)県三合村で暮らす張嵩現(ちょう・すうげん)さん(57)は、1972年に不慮の事故で右脚を失った。しかし、決して悲観することなく、小さな店を構えたり、仕立屋や溶接工の仕事をしたりして、生計を立ててきた。2014年には、体が不自由であることから、貧困者に認定登録された。貧困に甘んじない張さんは、地元政府の支援を得て養蜂を始めた。その後、持ち前の勤勉さを発揮して養蜂家に転身し、短文投稿サイト「微博(ウェイボ)」や通信アプリ「微信(ウィーチャット)」の使い方も習得。ソーシャルメディアを駆使して販売規模を拡大し、2017年には貧困からの脱却を果たした。近年、地元の観光産業が盛んになるにつれて、張さんの故郷にも大勢の観光客が訪れるようになり、ハチミツ製品の売り上げも増えていった。張さんが村民の貧困脱却を支援するため、蜜蜂養殖専業合作社(協同組合)を設立したことで、今では同村で養蜂産業に従事する貧困世帯は50戸余りに達し、ハチミツ生産量は年間1万キロに上るという。(嵩県=新華社記者/李安)=2020(令和2)年9月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月02日
    障害に負けない、養蜂で貧困脱却河南省嵩県

    2日、三合村の自宅で、容器に入ったハチミツをチェックする張嵩現さん。中国河南省嵩(すう)県三合村で暮らす張嵩現(ちょう・すうげん)さん(57)は、1972年に不慮の事故で右脚を失った。しかし、決して悲観することなく、小さな店を構えたり、仕立屋や溶接工の仕事をしたりして、生計を立ててきた。2014年には、体が不自由であることから、貧困者に認定登録された。貧困に甘んじない張さんは、地元政府の支援を得て養蜂を始めた。その後、持ち前の勤勉さを発揮して養蜂家に転身し、短文投稿サイト「微博(ウェイボ)」や通信アプリ「微信(ウィーチャット)」の使い方も習得。ソーシャルメディアを駆使して販売規模を拡大し、2017年には貧困からの脱却を果たした。近年、地元の観光産業が盛んになるにつれて、張さんの故郷にも大勢の観光客が訪れるようになり、ハチミツ製品の売り上げも増えていった。張さんが村民の貧困脱却を支援するため、蜜蜂養殖専業合作社(協同組合)を設立したことで、今では同村で養蜂産業に従事する貧困世帯は50戸余りに達し、ハチミツ生産量は年間1万キロに上るという。(嵩県=新華社記者/李安)=2020(令和2)年9月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月02日
    障害に負けない、養蜂で貧困脱却河南省嵩県

    2日、三合村でミツバチの巣を点検する張嵩現さん。中国河南省嵩(すう)県三合村で暮らす張嵩現(ちょう・すうげん)さん(57)は、1972年に不慮の事故で右脚を失った。しかし、決して悲観することなく、小さな店を構えたり、仕立屋や溶接工の仕事をしたりして、生計を立ててきた。2014年には、体が不自由であることから、貧困者に認定登録された。貧困に甘んじない張さんは、地元政府の支援を得て養蜂を始めた。その後、持ち前の勤勉さを発揮して養蜂家に転身し、短文投稿サイト「微博(ウェイボ)」や通信アプリ「微信(ウィーチャット)」の使い方も習得。ソーシャルメディアを駆使して販売規模を拡大し、2017年には貧困からの脱却を果たした。近年、地元の観光産業が盛んになるにつれて、張さんの故郷にも大勢の観光客が訪れるようになり、ハチミツ製品の売り上げも増えていった。張さんが村民の貧困脱却を支援するため、蜜蜂養殖専業合作社(協同組合)を設立したことで、今では同村で養蜂産業に従事する貧困世帯は50戸余りに達し、ハチミツ生産量は年間1万キロに上るという。(嵩県=新華社記者/李安)=2020(令和2)年9月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月02日
    障害に負けない、養蜂で貧困脱却河南省嵩県

    2日、三合村にある丘の上に設置されたミツバチの巣箱を点検に訪れた張嵩現さん。中国河南省嵩(すう)県三合村で暮らす張嵩現(ちょう・すうげん)さん(57)は、1972年に不慮の事故で右脚を失った。しかし、決して悲観することなく、小さな店を構えたり、仕立屋や溶接工の仕事をしたりして、生計を立ててきた。2014年には、体が不自由であることから、貧困者に認定登録された。貧困に甘んじない張さんは、地元政府の支援を得て養蜂を始めた。その後、持ち前の勤勉さを発揮して養蜂家に転身し、短文投稿サイト「微博(ウェイボ)」や通信アプリ「微信(ウィーチャット)」の使い方も習得。ソーシャルメディアを駆使して販売規模を拡大し、2017年には貧困からの脱却を果たした。近年、地元の観光産業が盛んになるにつれて、張さんの故郷にも大勢の観光客が訪れるようになり、ハチミツ製品の売り上げも増えていった。張さんが村民の貧困脱却を支援するため、蜜蜂養殖専業合作社(協同組合)を設立したことで、今では同村で養蜂産業に従事する貧困世帯は50戸余りに達し、ハチミツ生産量は年間1万キロに上るという。(嵩県=新華社記者/李安)=2020(令和2)年9月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月02日
    障害に負けない、養蜂で貧困脱却河南省嵩県

    2日、三合村にある丘の上に設置されたミツバチの巣箱を点検に訪れた張嵩現さん。中国河南省嵩(すう)県三合村で暮らす張嵩現(ちょう・すうげん)さん(57)は、1972年に不慮の事故で右脚を失った。しかし、決して悲観することなく、小さな店を構えたり、仕立屋や溶接工の仕事をしたりして、生計を立ててきた。2014年には、体が不自由であることから、貧困者に認定登録された。貧困に甘んじない張さんは、地元政府の支援を得て養蜂を始めた。その後、持ち前の勤勉さを発揮して養蜂家に転身し、短文投稿サイト「微博(ウェイボ)」や通信アプリ「微信(ウィーチャット)」の使い方も習得。ソーシャルメディアを駆使して販売規模を拡大し、2017年には貧困からの脱却を果たした。近年、地元の観光産業が盛んになるにつれて、張さんの故郷にも大勢の観光客が訪れるようになり、ハチミツ製品の売り上げも増えていった。張さんが村民の貧困脱却を支援するため、蜜蜂養殖専業合作社(協同組合)を設立したことで、今では同村で養蜂産業に従事する貧困世帯は50戸余りに達し、ハチミツ生産量は年間1万キロに上るという。(嵩県=新華社記者/李安)=2020(令和2)年9月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月02日
    障害に負けない、養蜂で貧困脱却河南省嵩県

    2日、三合村にある丘の階段を降りる張嵩現さん。中国河南省嵩(すう)県三合村で暮らす張嵩現(ちょう・すうげん)さん(57)は、1972年に不慮の事故で右脚を失った。しかし、決して悲観することなく、小さな店を構えたり、仕立屋や溶接工の仕事をしたりして、生計を立ててきた。2014年には、体が不自由であることから、貧困者に認定登録された。貧困に甘んじない張さんは、地元政府の支援を得て養蜂を始めた。その後、持ち前の勤勉さを発揮して養蜂家に転身し、短文投稿サイト「微博(ウェイボ)」や通信アプリ「微信(ウィーチャット)」の使い方も習得。ソーシャルメディアを駆使して販売規模を拡大し、2017年には貧困からの脱却を果たした。近年、地元の観光産業が盛んになるにつれて、張さんの故郷にも大勢の観光客が訪れるようになり、ハチミツ製品の売り上げも増えていった。張さんが村民の貧困脱却を支援するため、蜜蜂養殖専業合作社(協同組合)を設立したことで、今では同村で養蜂産業に従事する貧困世帯は50戸余りに達し、ハチミツ生産量は年間1万キロに上るという。(嵩県=新華社記者/李安)=2020(令和2)年9月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月02日
    障害に負けない、養蜂で貧困脱却河南省嵩県

    2日、三合村でミツバチの巣を点検する張嵩現さん。中国河南省嵩(すう)県三合村で暮らす張嵩現(ちょう・すうげん)さん(57)は、1972年に不慮の事故で右脚を失った。しかし、決して悲観することなく、小さな店を構えたり、仕立屋や溶接工の仕事をしたりして、生計を立ててきた。2014年には、体が不自由であることから、貧困者に認定登録された。貧困に甘んじない張さんは、地元政府の支援を得て養蜂を始めた。その後、持ち前の勤勉さを発揮して養蜂家に転身し、短文投稿サイト「微博(ウェイボ)」や通信アプリ「微信(ウィーチャット)」の使い方も習得。ソーシャルメディアを駆使して販売規模を拡大し、2017年には貧困からの脱却を果たした。近年、地元の観光産業が盛んになるにつれて、張さんの故郷にも大勢の観光客が訪れるようになり、ハチミツ製品の売り上げも増えていった。張さんが村民の貧困脱却を支援するため、蜜蜂養殖専業合作社(協同組合)を設立したことで、今では同村で養蜂産業に従事する貧困世帯は50戸余りに達し、ハチミツ生産量は年間1万キロに上るという。(嵩県=新華社記者/李安)=2020(令和2)年9月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月12日
    アカウント閉鎖の通知 中国、アプリで国民統制

    微信(ウィーチャット)のアカウント閉鎖を通知するメッセージ(共同)

  • 2020年08月08日
    野生ゾウの群れを追い続ける監視員雲南省シーサンパンナ

    8日、ソーシャルメディアの微信(ウィーチャット)を使って同僚と連絡を取る普宗信さん。中国雲南省シーサンパンナ・ダイ族自治州では現在、約280頭の野生アジアゾウが生息しており、国内最大の個体群の生息地となっている。中国は近年、アジアゾウ保護の取り組みを強化しているが、ゾウの数が増えたことで生活区域が人間と重なり「人とゾウの衝突」が頻繁に起きるようになった。同自治州勐海(もうかい)県のアジアゾウ監視・早期警戒センターで監視員を務める普宗信(ふ・そうしん)さん(49)の仕事は、野生ゾウの群れの動きを監視し、周辺住民に注意を促して、ゾウによる住民への被害を減らすこと。普さんは毎日、同僚らと共に移動するゾウの群れを小型無人機(ドローン)で追跡し、早期警戒プラットフォームにリアルタイムに情報を提供している。風雨が強くドローンを飛ばせない時は、監視員の経験に頼ってゾウの群れを追い掛けることになるという。(シーサンパンナ=新華社配信/陳欣波)=2020(令和2)年8月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月07日
    ウィーチャット 中国ITと「取引禁止」

    中国の通信アプリ「微信(ウィーチャット)」(共同)

  • 2020年08月07日
    社屋とマスコット 中国ITと「取引禁止」

    中国・広州の騰訊控股(テンセント)社屋に飾られたWeChat(ウィーチャット)のマスコット=2017年5月(ロイター=共同)

  • 2020年08月06日
    ウィーチャットのアプリ 米、中国通信事業を制限へ

    通信アプリ「微信(ウィーチャット)」(共同)

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:38.27
    2020年07月21日
    「新華社」遠くに売られたラクダ、驚きの行動に感動の嵐内モンゴル自治区

    中国内モンゴル自治区バヤンノール市ウラド後旗で繰り広げられたラクダと飼い主の感動エピソードがSNSで話題を呼んでいる。物語は、遠くに売られたラクダが元の飼い主に会いたい一心で「家出」したところから始まる。ウラド後旗のホグチソムに住む牧畜民が昨年秋、長年飼っていた雌のラクダを約300キロ離れたウガイソムの友人に譲った。ラクダを飼うのが初めてという友人のために群れの中で最もおとなしく従順な1頭を選んだ結果、この高齢のラクダに白羽の矢が立った。冬の間はウガイソムの友人宅周辺で飼われていたが、先月27日、山に放牧された途端、行方不明になってしまった。ラクダは1週間後、約100キロ離れたバインウンドル山の麓で発見された。いくつもの山を越え、川を渡ったラクダの体は傷だらけの状態。地元牧畜民が保護し手厚く世話をしていたが、行方を捜していたウガイソムの飼い主が連れ戻しにやって来たため、ラクダは来た道を戻ることになった。道中、傷だらけのラクダがとぼとぼと歩く姿に同情した人々が写真に撮り、ソーシャルメディア「微信(ウィーチャット)」の朋友圏(モーメンツ)に次々と投稿。これが元の飼い主のティムールさんとナレンさん夫妻の目に留まった。驚いた夫妻はすぐにウガイソムの友人に連絡。ラクダのあまりのいじらしさに胸を打たれた夫妻は、別の雌の1頭と交換してもらい、このラクダをホグチソムに連れ帰った。元の生活に戻ったラクダは現在、大好きな夫妻の下で幸せに暮らしている。(記者/李雲平)<映像内容>遠くに売られたが家出をし、元の飼い主に引き取られるラクダ、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月25日
    北京動物園、ジャイアントパンダたちに特製ちまきを用意

    25日、ハスの葉にリンゴやスイカ、ニンジンなどを餡にしたシロサイ用のちまきを見せる飼育員。旧暦5月5日の端午節(今年は6月25日)は中国の伝統的な節句で、ちまきを食べる習慣が現在まで続いている。北京動物園では飼育員らが、オランウータンやジャイアントパンダ、シロサイなどに、それぞれの好みに合わせた「特製ちまき」を制作して振る舞った。同園は25~27日の端午節連休期間中、新型コロナウイルス感染症対策として来園者の入場制限を行ったが、SNS(交流サイト)の微信(ウィーチャット)や微博(ウェイボー)、短編動画共有アプリ抖音(ドウイン)の公式アカウントにスペシャルコンテンツ「端午節オンライン旅行」を開設した。これにより視聴者は、飼育員らが特製ちまきを作って動物たちに与えるまでの全過程を、写真や動画で楽しめる。(北京=新華社配信/王漢琦)=2020(令和2)年6月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月25日
    北京動物園、ジャイアントパンダたちに特製ちまきを用意

    25日、シロサイにちまきを与える飼育員。旧暦5月5日の端午節(今年は6月25日)は中国の伝統的な節句で、ちまきを食べる習慣が現在まで続いている。北京動物園では飼育員らが、オランウータンやジャイアントパンダ、シロサイなどに、それぞれの好みに合わせた「特製ちまき」を制作して振る舞った。同園は25~27日の端午節連休期間中、新型コロナウイルス感染症対策として来園者の入場制限を行ったが、SNS(交流サイト)の微信(ウィーチャット)や微博(ウェイボー)、短編動画共有アプリ抖音(ドウイン)の公式アカウントにスペシャルコンテンツ「端午節オンライン旅行」を開設した。これにより視聴者は、飼育員らが特製ちまきを作って動物たちに与えるまでの全過程を、写真や動画で楽しめる。(北京=新華社配信/王漢琦)=2020(令和2)年6月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月25日
    北京動物園、ジャイアントパンダたちに特製ちまきを用意

    25日、ナツメ餡の窩頭(トウモロコシ粉の蒸しパン)をアレンジしたちまきを堪能するジャイアントパンダ。旧暦5月5日の端午節(今年は6月25日)は中国の伝統的な節句で、ちまきを食べる習慣が現在まで続いている。北京動物園では飼育員らが、オランウータンやジャイアントパンダ、シロサイなどに、それぞれの好みに合わせた「特製ちまき」を制作して振る舞った。同園は25~27日の端午節連休期間中、新型コロナウイルス感染症対策として来園者の入場制限を行ったが、SNS(交流サイト)の微信(ウィーチャット)や微博(ウェイボー)、短編動画共有アプリ抖音(ドウイン)の公式アカウントにスペシャルコンテンツ「端午節オンライン旅行」を開設した。これにより視聴者は、飼育員らが特製ちまきを作って動物たちに与えるまでの全過程を、写真や動画で楽しめる。(北京=新華社配信/王漢琦)=2020(令和2)年6月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月24日
    リアル書店がオンラインサービスを強化黒竜江省ハルビン市

    24日、ハルビン市の何所有書店で、オンラインイベントのキャッチコピーについて話し合うスタッフ。中国黒竜江省ハルビン市の書店では、新型コロナウイルス感染症の発生以降、店頭販売が影響を受けている。一部のリアル書店はオンラインサービスを強化しており、微信(ウィーチャット)グループでのオンラインチャット開催やショートビデオによる推薦図書の紹介、書籍の配達、ライブコマースなどさまざまな方式を採用。新たなサービスの構築に注力することで、書店の売り上げを増やしている。(ハルビン=新華社記者/謝剣飛)=2020(令和2)年6月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月24日
    リアル書店がオンラインサービスを強化黒竜江省ハルビン市

    24日、ハルビン市の何所有書店で、書籍を推薦するショートビデオを撮影するため、照明を調整するスタッフ。中国黒竜江省ハルビン市の書店では、新型コロナウイルス感染症の発生以降、店頭販売が影響を受けている。一部のリアル書店はオンラインサービスを強化しており、微信(ウィーチャット)グループでのオンラインチャット開催やショートビデオによる推薦図書の紹介、書籍の配達、ライブコマースなどさまざまな方式を採用。新たなサービスの構築に注力することで、書店の売り上げを増やしている。(ハルビン=新華社記者/謝剣飛)=2020(令和2)年6月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月24日
    リアル書店がオンラインサービスを強化黒竜江省ハルビン市

    24日、ハルビン市の何所有書店で、書籍を推薦するショートビデオを撮影するスタッフ。中国黒竜江省ハルビン市の書店では、新型コロナウイルス感染症の発生以降、店頭販売が影響を受けている。一部のリアル書店はオンラインサービスを強化しており、微信(ウィーチャット)グループでのオンラインチャット開催やショートビデオによる推薦図書の紹介、書籍の配達、ライブコマースなどさまざまな方式を採用。新たなサービスの構築に注力することで、書店の売り上げを増やしている。(ハルビン=新華社記者/謝剣飛)=2020(令和2)年6月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月24日
    リアル書店がオンラインサービスを強化黒竜江省ハルビン市

    24日、ハルビン市の何所有書店で、書籍を推薦するショートビデオを撮影するスタッフ。中国黒竜江省ハルビン市の書店では、新型コロナウイルス感染症の発生以降、店頭販売が影響を受けている。一部のリアル書店はオンラインサービスを強化しており、微信(ウィーチャット)グループでのオンラインチャット開催やショートビデオによる推薦図書の紹介、書籍の配達、ライブコマースなどさまざまな方式を採用。新たなサービスの構築に注力することで、書店の売り上げを増やしている。(ハルビン=新華社記者/謝剣飛)=2020(令和2)年6月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月24日
    リアル書店がオンラインサービスを強化黒竜江省ハルビン市

    24日、ハルビン市の何所有書店で、書籍を推薦するショートビデオの撮影準備を行うスタッフ。中国黒竜江省ハルビン市の書店では、新型コロナウイルス感染症の発生以降、店頭販売が影響を受けている。一部のリアル書店はオンラインサービスを強化しており、微信(ウィーチャット)グループでのオンラインチャット開催やショートビデオによる推薦図書の紹介、書籍の配達、ライブコマースなどさまざまな方式を採用。新たなサービスの構築に注力することで、書店の売り上げを増やしている。(ハルビン=新華社記者/謝剣飛)=2020(令和2)年6月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月24日
    リアル書店がオンラインサービスを強化黒竜江省ハルビン市

    24日、ハルビン市の何所有書店で、小説「呼蘭河伝」を推薦するショートビデオを撮影するスタッフ。中国黒竜江省ハルビン市の書店では、新型コロナウイルス感染症の発生以降、店頭販売が影響を受けている。一部のリアル書店はオンラインサービスを強化しており、微信(ウィーチャット)グループでのオンラインチャット開催やショートビデオによる推薦図書の紹介、書籍の配達、ライブコマースなどさまざまな方式を採用。新たなサービスの構築に注力することで、書店の売り上げを増やしている。(ハルビン=新華社記者/謝剣飛)=2020(令和2)年6月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月24日
    リアル書店がオンラインサービスを強化黒竜江省ハルビン市

    24日、ハルビン市の何所有書店。中国黒竜江省ハルビン市の書店では、新型コロナウイルス感染症の発生以降、店頭販売が影響を受けている。一部のリアル書店はオンラインサービスを強化しており、微信(ウィーチャット)グループでのオンラインチャット開催やショートビデオによる推薦図書の紹介、書籍の配達、ライブコマースなどさまざまな方式を採用。新たなサービスの構築に注力することで、書店の売り上げを増やしている。(ハルビン=新華社記者/謝剣飛)=2020(令和2)年6月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月24日
    リアル書店がオンラインサービスを強化黒竜江省ハルビン市

    24日、ハルビン市の何所有書店で、書籍を推薦するショートビデオの撮影準備を行うスタッフ。中国黒竜江省ハルビン市の書店では、新型コロナウイルス感染症の発生以降、店頭販売が影響を受けている。一部のリアル書店はオンラインサービスを強化しており、微信(ウィーチャット)グループでのオンラインチャット開催やショートビデオによる推薦図書の紹介、書籍の配達、ライブコマースなどさまざまな方式を採用。新たなサービスの構築に注力することで、書店の売り上げを増やしている。(ハルビン=新華社記者/謝剣飛)=2020(令和2)年6月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月24日
    リアル書店がオンラインサービスを強化黒竜江省ハルビン市

    24日、ハルビン市の何所有書店で、書籍を推薦するショートビデオの編集作業を行うスタッフ。中国黒竜江省ハルビン市の書店では、新型コロナウイルス感染症の発生以降、店頭販売が影響を受けている。一部のリアル書店はオンラインサービスを強化しており、微信(ウィーチャット)グループでのオンラインチャット開催やショートビデオによる推薦図書の紹介、書籍の配達、ライブコマースなどさまざまな方式を採用。新たなサービスの構築に注力することで、書店の売り上げを増やしている。(ハルビン=新華社記者/謝剣飛)=2020(令和2)年6月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月24日
    北京動物園、ジャイアントパンダたちに特製ちまきを用意

    24日、オランウータンが自分で食べられるよう、ちまきをおりの中の遊具にぶら下げる飼育員。旧暦5月5日の端午節(今年は6月25日)は中国の伝統的な節句で、ちまきを食べる習慣が現在まで続いている。北京動物園では飼育員らが、オランウータンやジャイアントパンダ、シロサイなどに、それぞれの好みに合わせた「特製ちまき」を制作して振る舞った。同園は25~27日の端午節連休期間中、新型コロナウイルス感染症対策として来園者の入場制限を行ったが、SNS(交流サイト)の微信(ウィーチャット)や微博(ウェイボー)、短編動画共有アプリ抖音(ドウイン)の公式アカウントにスペシャルコンテンツ「端午節オンライン旅行」を開設した。これにより視聴者は、飼育員らが特製ちまきを作って動物たちに与えるまでの全過程を、写真や動画で楽しめる。(北京=新華社配信/王漢琦)=2020(令和2)年6月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月24日
    リアル書店がオンラインサービスを強化黒竜江省ハルビン市

    24日、ハルビン市の何所有書店で、書籍を推薦するショートビデオの編集作業を行うスタッフ。中国黒竜江省ハルビン市の書店では、新型コロナウイルス感染症の発生以降、店頭販売が影響を受けている。一部のリアル書店はオンラインサービスを強化しており、微信(ウィーチャット)グループでのオンラインチャット開催やショートビデオによる推薦図書の紹介、書籍の配達、ライブコマースなどさまざまな方式を採用。新たなサービスの構築に注力することで、書店の売り上げを増やしている。(ハルビン=新華社記者/謝剣飛)=2020(令和2)年6月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月24日
    北京動物園、ジャイアントパンダたちに特製ちまきを用意

    24日、オランウータン用に、バナナやパイナップルを餡にしたちまきを作る北京動物園の飼育員。旧暦5月5日の端午節(今年は6月25日)は中国の伝統的な節句で、ちまきを食べる習慣が現在まで続いている。北京動物園では飼育員らが、オランウータンやジャイアントパンダ、シロサイなどに、それぞれの好みに合わせた「特製ちまき」を制作して振る舞った。同園は25~27日の端午節連休期間中、新型コロナウイルス感染症対策として来園者の入場制限を行ったが、SNS(交流サイト)の微信(ウィーチャット)や微博(ウェイボー)、短編動画共有アプリ抖音(ドウイン)の公式アカウントにスペシャルコンテンツ「端午節オンライン旅行」を開設した。これにより視聴者は、飼育員らが特製ちまきを作って動物たちに与えるまでの全過程を、写真や動画で楽しめる。(北京=新華社配信/王漢琦)=2020(令和2)年6月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月24日
    リアル書店がオンラインサービスを強化黒竜江省ハルビン市

    24日、ハルビン市の何所有書店でオンラインイベントのキャッチコピーを入力するスタッフ。中国黒竜江省ハルビン市の書店では、新型コロナウイルス感染症の発生以降、店頭販売が影響を受けている。一部のリアル書店はオンラインサービスを強化しており、微信(ウィーチャット)グループでのオンラインチャット開催やショートビデオによる推薦図書の紹介、書籍の配達、ライブコマースなどさまざまな方式を採用。新たなサービスの構築に注力することで、書店の売り上げを増やしている。(ハルビン=新華社記者/謝剣飛)=2020(令和2)年6月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月24日
    リアル書店がオンラインサービスを強化黒竜江省ハルビン市

    24日、ハルビン市の何所有書店で、書籍を推薦するショートビデオの撮影準備を行うスタッフ。中国黒竜江省ハルビン市の書店では、新型コロナウイルス感染症の発生以降、店頭販売が影響を受けている。一部のリアル書店はオンラインサービスを強化しており、微信(ウィーチャット)グループでのオンラインチャット開催やショートビデオによる推薦図書の紹介、書籍の配達、ライブコマースなどさまざまな方式を採用。新たなサービスの構築に注力することで、書店の売り上げを増やしている。(ハルビン=新華社記者/謝剣飛)=2020(令和2)年6月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月24日
    北京動物園、ジャイアントパンダたちに特製ちまきを用意

    24日、特製ちまきを堪能するチンパンジー。旧暦5月5日の端午節(今年は6月25日)は中国の伝統的な節句で、ちまきを食べる習慣が現在まで続いている。北京動物園では飼育員らが、オランウータンやジャイアントパンダ、シロサイなどに、それぞれの好みに合わせた「特製ちまき」を制作して振る舞った。同園は25~27日の端午節連休期間中、新型コロナウイルス感染症対策として来園者の入場制限を行ったが、SNS(交流サイト)の微信(ウィーチャット)や微博(ウェイボー)、短編動画共有アプリ抖音(ドウイン)の公式アカウントにスペシャルコンテンツ「端午節オンライン旅行」を開設した。これにより視聴者は、飼育員らが特製ちまきを作って動物たちに与えるまでの全過程を、写真や動画で楽しめる。(北京=新華社配信/王漢琦)=2020(令和2)年6月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年06月22日
    新疆出身の夫婦、コウシンバラ栽培で増収目指す江蘇省

    22日、沭陽県扎下鎮にあるコウシンバラ栽培基地で、コウシンバラの成長具合をチェックする早然木・吐爾遜(下)さんとパートナーの胡婷婷(こ・ていてい)さん。(小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区カシュガル地区ファイザバード(伽師)県出身の米爾扎提・吾馬爾(ミアルザティー・ウマル)さん(44)と妻の早然木・吐爾遜(ザーランム・トルサン)さんは、「花木の里」と呼ばれる江蘇省宿遷市沭陽(じゅつよう)県で生活して1年余りになる。米爾扎提さん夫婦は、同県扎下鎮で20ムー(約1・3ヘクタール)余りの土地の使用権譲渡を受け、コウシンバラを栽培しながら、現代農業の技術を学んでいる。米爾扎提さんは2019年の初め、地元政府の支援を受けて、現地のパートナーと新しい事業を始めた。米爾扎提さん夫婦は技術と管理の勉強やコウシンバラ基地の管理、オンライン販売などで忙しい毎日を送っており、同年の利益は40万元(1元=約15円)近くに上った。彼らはコウシンバラの苗を新疆各地で販売し、栽培技術をライブ配信や微信(ウィーチャット)の公式アカウントを通じて同郷たちに教えている。同鎮で米爾扎提さんとコウシンバラ栽培を学ぶ人もいる。米爾扎提さんは、「これまで新疆の農家約500世帯と提携してコウシンバラを栽培し、共に利益を上げてきた。そのうちの100世帯余りが貧困者で、既に貧困脱却を果たした人もいる」と語った。(宿遷=新華社記者/季春鵬)=2020(令和2)年6月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年06月22日
    新疆出身の夫婦、コウシンバラ栽培で増収目指す江蘇省

    22日、沭陽県扎下鎮にある栽培基地で、コウシンバラの手入れをする米爾扎提・吾馬爾さんと妻の早然木・吐爾遜さん。中国新疆ウイグル自治区カシュガル地区ファイザバード(伽師)県出身の米爾扎提・吾馬爾(ミアルザティー・ウマル)さん(44)と妻の早然木・吐爾遜(ザーランム・トルサン)さんは、「花木の里」と呼ばれる江蘇省宿遷市沭陽(じゅつよう)県で生活して1年余りになる。米爾扎提さん夫婦は、同県扎下鎮で20ムー(約1・3ヘクタール)余りの土地の使用権譲渡を受け、コウシンバラを栽培しながら、現代農業の技術を学んでいる。米爾扎提さんは2019年の初め、地元政府の支援を受けて、現地のパートナーと新しい事業を始めた。米爾扎提さん夫婦は技術と管理の勉強やコウシンバラ基地の管理、オンライン販売などで忙しい毎日を送っており、同年の利益は40万元(1元=約15円)近くに上った。彼らはコウシンバラの苗を新疆各地で販売し、栽培技術をライブ配信や微信(ウィーチャット)の公式アカウントを通じて同郷たちに教えている。同鎮で米爾扎提さんとコウシンバラ栽培を学ぶ人もいる。米爾扎提さんは、「これまで新疆の農家約500世帯と提携してコウシンバラを栽培し、共に利益を上げてきた。そのうちの100世帯余りが貧困者で、既に貧困脱却を果たした人もいる」と語った。(宿遷=新華社記者/季春鵬)=2020(令和2)年6月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年06月22日
    新疆出身の夫婦、コウシンバラ栽培で増収目指す江蘇省

    22日、沭陽県扎下鎮にあるコウシンバラ栽培基地の中を歩く米爾扎提・吾馬爾さんと妻の早然木・吐爾遜さん。(小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区カシュガル地区ファイザバード(伽師)県出身の米爾扎提・吾馬爾(ミアルザティー・ウマル)さん(44)と妻の早然木・吐爾遜(ザーランム・トルサン)さんは、「花木の里」と呼ばれる江蘇省宿遷市沭陽(じゅつよう)県で生活して1年余りになる。米爾扎提さん夫婦は、同県扎下鎮で20ムー(約1・3ヘクタール)余りの土地の使用権譲渡を受け、コウシンバラを栽培しながら、現代農業の技術を学んでいる。米爾扎提さんは2019年の初め、地元政府の支援を受けて、現地のパートナーと新しい事業を始めた。米爾扎提さん夫婦は技術と管理の勉強やコウシンバラ基地の管理、オンライン販売などで忙しい毎日を送っており、同年の利益は40万元(1元=約15円)近くに上った。彼らはコウシンバラの苗を新疆各地で販売し、栽培技術をライブ配信や微信(ウィーチャット)の公式アカウントを通じて同郷たちに教えている。同鎮で米爾扎提さんとコウシンバラ栽培を学ぶ人もいる。米爾扎提さんは、「これまで新疆の農家約500世帯と提携してコウシンバラを栽培し、共に利益を上げてきた。そのうちの100世帯余りが貧困者で、既に貧困脱却を果たした人もいる」と語った。(宿遷=新華社記者/季春鵬)=2020(令和2)年6月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年06月22日
    新疆出身の夫婦、コウシンバラ栽培で増収目指す江蘇省

    22日、沭陽県扎下鎮にあるコウシンバラ栽培基地でかんがい設備を設置する米爾扎提・吾馬爾さんと妻の早然木・吐爾遜さん。中国新疆ウイグル自治区カシュガル地区ファイザバード(伽師)県出身の米爾扎提・吾馬爾(ミアルザティー・ウマル)さん(44)と妻の早然木・吐爾遜(ザーランム・トルサン)さんは、「花木の里」と呼ばれる江蘇省宿遷市沭陽(じゅつよう)県で生活して1年余りになる。米爾扎提さん夫婦は、同県扎下鎮で20ムー(約1・3ヘクタール)余りの土地の使用権譲渡を受け、コウシンバラを栽培しながら、現代農業の技術を学んでいる。米爾扎提さんは2019年の初め、地元政府の支援を受けて、現地のパートナーと新しい事業を始めた。米爾扎提さん夫婦は技術と管理の勉強やコウシンバラ基地の管理、オンライン販売などで忙しい毎日を送っており、同年の利益は40万元(1元=約15円)近くに上った。彼らはコウシンバラの苗を新疆各地で販売し、栽培技術をライブ配信や微信(ウィーチャット)の公式アカウントを通じて同郷たちに教えている。同鎮で米爾扎提さんとコウシンバラ栽培を学ぶ人もいる。米爾扎提さんは、「これまで新疆の農家約500世帯と提携してコウシンバラを栽培し、共に利益を上げてきた。そのうちの100世帯余りが貧困者で、既に貧困脱却を果たした人もいる」と語った。(宿遷=新華社記者/季春鵬)=2020(令和2)年6月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年06月22日
    新疆出身の夫婦、コウシンバラ栽培で増収目指す江蘇省

    22日、沭陽県扎下鎮にあるコウシンバラ栽培基地で、ライブ配信を行う米爾扎提・吾馬爾さん。中国新疆ウイグル自治区カシュガル地区ファイザバード(伽師)県出身の米爾扎提・吾馬爾(ミアルザティー・ウマル)さん(44)と妻の早然木・吐爾遜(ザーランム・トルサン)さんは、「花木の里」と呼ばれる江蘇省宿遷市沭陽(じゅつよう)県で生活して1年余りになる。米爾扎提さん夫婦は、同県扎下鎮で20ムー(約1・3ヘクタール)余りの土地の使用権譲渡を受け、コウシンバラを栽培しながら、現代農業の技術を学んでいる。米爾扎提さんは2019年の初め、地元政府の支援を受けて、現地のパートナーと新しい事業を始めた。米爾扎提さん夫婦は技術と管理の勉強やコウシンバラ基地の管理、オンライン販売などで忙しい毎日を送っており、同年の利益は40万元(1元=約15円)近くに上った。彼らはコウシンバラの苗を新疆各地で販売し、栽培技術をライブ配信や微信(ウィーチャット)の公式アカウントを通じて同郷たちに教えている。同鎮で米爾扎提さんとコウシンバラ栽培を学ぶ人もいる。米爾扎提さんは、「これまで新疆の農家約500世帯と提携してコウシンバラを栽培し、共に利益を上げてきた。そのうちの100世帯余りが貧困者で、既に貧困脱却を果たした人もいる」と語った。(宿遷=新華社記者/季春鵬)=2020(令和2)年6月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年06月22日
    新疆出身の夫婦、コウシンバラ栽培で増収目指す江蘇省

    22日、沭陽県扎下鎮にあるコウシンバラ栽培基地で、ライブ配信の準備をする米爾扎提・吾馬爾さん。中国新疆ウイグル自治区カシュガル地区ファイザバード(伽師)県出身の米爾扎提・吾馬爾(ミアルザティー・ウマル)さん(44)と妻の早然木・吐爾遜(ザーランム・トルサン)さんは、「花木の里」と呼ばれる江蘇省宿遷市沭陽(じゅつよう)県で生活して1年余りになる。米爾扎提さん夫婦は、同県扎下鎮で20ムー(約1・3ヘクタール)余りの土地の使用権譲渡を受け、コウシンバラを栽培しながら、現代農業の技術を学んでいる。米爾扎提さんは2019年の初め、地元政府の支援を受けて、現地のパートナーと新しい事業を始めた。米爾扎提さん夫婦は技術と管理の勉強やコウシンバラ基地の管理、オンライン販売などで忙しい毎日を送っており、同年の利益は40万元(1元=約15円)近くに上った。彼らはコウシンバラの苗を新疆各地で販売し、栽培技術をライブ配信や微信(ウィーチャット)の公式アカウントを通じて同郷たちに教えている。同鎮で米爾扎提さんとコウシンバラ栽培を学ぶ人もいる。米爾扎提さんは、「これまで新疆の農家約500世帯と提携してコウシンバラを栽培し、共に利益を上げてきた。そのうちの100世帯余りが貧困者で、既に貧困脱却を果たした人もいる」と語った。(宿遷=新華社記者/季春鵬)=2020(令和2)年6月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年06月22日
    新疆出身の夫婦、コウシンバラ栽培で増収目指す江蘇省

    22日、沭陽県扎下鎮にあるコウシンバラ栽培基地で、コウシンバラの成長具合をチェックする米爾扎提・吾馬爾さん(左)と妻の早然木・吐爾遜さん(中)、パートナーの胡婷婷(こ・ていてい)さん。(小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区カシュガル地区ファイザバード(伽師)県出身の米爾扎提・吾馬爾(ミアルザティー・ウマル)さん(44)と妻の早然木・吐爾遜(ザーランム・トルサン)さんは、「花木の里」と呼ばれる江蘇省宿遷市沭陽(じゅつよう)県で生活して1年余りになる。米爾扎提さん夫婦は、同県扎下鎮で20ムー(約1・3ヘクタール)余りの土地の使用権譲渡を受け、コウシンバラを栽培しながら、現代農業の技術を学んでいる。米爾扎提さんは2019年の初め、地元政府の支援を受けて、現地のパートナーと新しい事業を始めた。米爾扎提さん夫婦は技術と管理の勉強やコウシンバラ基地の管理、オンライン販売などで忙しい毎日を送っており、同年の利益は40万元(1元=約15円)近くに上った。彼らはコウシンバラの苗を新疆各地で販売し、栽培技術をライブ配信や微信(ウィーチャット)の公式アカウントを通じて同郷たちに教えている。同鎮で米爾扎提さんとコウシンバラ栽培を学ぶ人もいる。米爾扎提さんは、「これまで新疆の農家約500世帯と提携してコウシンバラを栽培し、共に利益を上げてきた。そのうちの100世帯余りが貧困者で、既に貧困脱却を果たした人もいる」と語った。(宿遷=新華社記者/季春鵬)=2020(令和2)年6月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年06月22日
    新疆出身の夫婦、コウシンバラ栽培で増収目指す江蘇省

    22日、沭陽県扎下鎮の栽培基地で、コウシンバラの手入れをする米爾扎提・吾馬爾さんと妻の早然木・吐爾遜さん。中国新疆ウイグル自治区カシュガル地区ファイザバード(伽師)県出身の米爾扎提・吾馬爾(ミアルザティー・ウマル)さん(44)と妻の早然木・吐爾遜(ザーランム・トルサン)さんは、「花木の里」と呼ばれる江蘇省宿遷市沭陽(じゅつよう)県で生活して1年余りになる。米爾扎提さん夫婦は、同県扎下鎮で20ムー(約1・3ヘクタール)余りの土地の使用権譲渡を受け、コウシンバラを栽培しながら、現代農業の技術を学んでいる。米爾扎提さんは2019年の初め、地元政府の支援を受けて、現地のパートナーと新しい事業を始めた。米爾扎提さん夫婦は技術と管理の勉強やコウシンバラ基地の管理、オンライン販売などで忙しい毎日を送っており、同年の利益は40万元(1元=約15円)近くに上った。彼らはコウシンバラの苗を新疆各地で販売し、栽培技術をライブ配信や微信(ウィーチャット)の公式アカウントを通じて同郷たちに教えている。同鎮で米爾扎提さんとコウシンバラ栽培を学ぶ人もいる。米爾扎提さんは、「これまで新疆の農家約500世帯と提携してコウシンバラを栽培し、共に利益を上げてきた。そのうちの100世帯余りが貧困者で、既に貧困脱却を果たした人もいる」と語った。(宿遷=新華社記者/季春鵬)=2020(令和2)年6月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年06月22日
    新疆出身の夫婦、コウシンバラ栽培で増収目指す江蘇省

    22日、沭陽県扎下鎮にあるコウシンバラ栽培基地で、新疆から来た男性2人に温室の技術について説明する米爾扎提・吾馬爾さん。中国新疆ウイグル自治区カシュガル地区ファイザバード(伽師)県出身の米爾扎提・吾馬爾(ミアルザティー・ウマル)さん(44)と妻の早然木・吐爾遜(ザーランム・トルサン)さんは、「花木の里」と呼ばれる江蘇省宿遷市沭陽(じゅつよう)県で生活して1年余りになる。米爾扎提さん夫婦は、同県扎下鎮で20ムー(約1・3ヘクタール)余りの土地の使用権譲渡を受け、コウシンバラを栽培しながら、現代農業の技術を学んでいる。米爾扎提さんは2019年の初め、地元政府の支援を受けて、現地のパートナーと新しい事業を始めた。米爾扎提さん夫婦は技術と管理の勉強やコウシンバラ基地の管理、オンライン販売などで忙しい毎日を送っており、同年の利益は40万元(1元=約15円)近くに上った。彼らはコウシンバラの苗を新疆各地で販売し、栽培技術をライブ配信や微信(ウィーチャット)の公式アカウントを通じて同郷たちに教えている。同鎮で米爾扎提さんとコウシンバラ栽培を学ぶ人もいる。米爾扎提さんは、「これまで新疆の農家約500世帯と提携してコウシンバラを栽培し、共に利益を上げてきた。そのうちの100世帯余りが貧困者で、既に貧困脱却を果たした人もいる」と語った。(宿遷=新華社記者/季春鵬)=2020(令和2)年6月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年06月22日
    新疆出身の夫婦、コウシンバラ栽培で増収目指す江蘇省

    22日、沭陽県扎下鎮にあるコウシンバラ栽培基地で、新疆から来た男性2人に病虫害防除について説明する米爾扎提・吾馬爾さん。中国新疆ウイグル自治区カシュガル地区ファイザバード(伽師)県出身の米爾扎提・吾馬爾(ミアルザティー・ウマル)さん(44)と妻の早然木・吐爾遜(ザーランム・トルサン)さんは、「花木の里」と呼ばれる江蘇省宿遷市沭陽(じゅつよう)県で生活して1年余りになる。米爾扎提さん夫婦は、同県扎下鎮で20ムー(約1・3ヘクタール)余りの土地の使用権譲渡を受け、コウシンバラを栽培しながら、現代農業の技術を学んでいる。米爾扎提さんは2019年の初め、地元政府の支援を受けて、現地のパートナーと新しい事業を始めた。米爾扎提さん夫婦は技術と管理の勉強やコウシンバラ基地の管理、オンライン販売などで忙しい毎日を送っており、同年の利益は40万元(1元=約15円)近くに上った。彼らはコウシンバラの苗を新疆各地で販売し、栽培技術をライブ配信や微信(ウィーチャット)の公式アカウントを通じて同郷たちに教えている。同鎮で米爾扎提さんとコウシンバラ栽培を学ぶ人もいる。米爾扎提さんは、「これまで新疆の農家約500世帯と提携してコウシンバラを栽培し、共に利益を上げてきた。そのうちの100世帯余りが貧困者で、既に貧困脱却を果たした人もいる」と語った。(宿遷=新華社記者/季春鵬)=2020(令和2)年6月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年06月22日
    新疆出身の夫婦、コウシンバラ栽培で増収目指す江蘇省

    22日、沭陽県扎下鎮にあるコウシンバラ栽培基地で、農作業に励む人米爾扎提・吾馬爾やスタッフたち。(小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区カシュガル地区ファイザバード(伽師)県出身の米爾扎提・吾馬爾(ミアルザティー・ウマル)さん(44)と妻の早然木・吐爾遜(ザーランム・トルサン)さんは、「花木の里」と呼ばれる江蘇省宿遷市沭陽(じゅつよう)県で生活して1年余りになる。米爾扎提さん夫婦は、同県扎下鎮で20ムー(約1・3ヘクタール)余りの土地の使用権譲渡を受け、コウシンバラを栽培しながら、現代農業の技術を学んでいる。米爾扎提さんは2019年の初め、地元政府の支援を受けて、現地のパートナーと新しい事業を始めた。米爾扎提さん夫婦は技術と管理の勉強やコウシンバラ基地の管理、オンライン販売などで忙しい毎日を送っており、同年の利益は40万元(1元=約15円)近くに上った。彼らはコウシンバラの苗を新疆各地で販売し、栽培技術をライブ配信や微信(ウィーチャット)の公式アカウントを通じて同郷たちに教えている。同鎮で米爾扎提さんとコウシンバラ栽培を学ぶ人もいる。米爾扎提さんは、「これまで新疆の農家約500世帯と提携してコウシンバラを栽培し、共に利益を上げてきた。そのうちの100世帯余りが貧困者で、既に貧困脱却を果たした人もいる」と語った。(宿遷=新華社記者/季春鵬)=2020(令和2)年6月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月02日
    天津市の消費クーポン、6月以降も継続総額4300万元

    2日、天津市のショッピングモール。中国天津市商務局は、同市で先月まで実施していた消費クーポンキャンペーンを今月以降も継続すると明らかにした。4300万元(1元=約15円)のクーポンを配布する。実店舗の集客を支援し、消費の回復を促す。飲食や小売り、百貨店、自動車などの消費をさらに喚起する。同市は3月31日から5月28日の期間、東麗、和平、河西、津南、武清、宝坻(ほうてい)、南開の七つの区で、美団点評や支付宝(アリペイ)、微信(ウィーチャット)などのプラットフォームを通じ総額4350万元の消費クーポンを配布した。(天津=新華社配信)=2020(令和2)年6月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月02日
    天津市の消費クーポン、6月以降も継続総額4300万元

    2日、顧客を接客する天津の自動車販売会社。中国天津市商務局は、同市で先月まで実施していた消費クーポンキャンペーンを今月以降も継続すると明らかにした。4300万元(1元=約15円)のクーポンを配布する。実店舗の集客を支援し、消費の回復を促す。飲食や小売り、百貨店、自動車などの消費をさらに喚起する。同市は3月31日から5月28日の期間、東麗、和平、河西、津南、武清、宝坻(ほうてい)、南開の七つの区で、美団点評や支付宝(アリペイ)、微信(ウィーチャット)などのプラットフォームを通じ総額4350万元の消費クーポンを配布した。(天津=新華社配信)=2020(令和2)年6月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月01日
    天津市の消費クーポン、6月以降も継続総額4300万元

    1日、天津市津南区で開かれた総額1千万元の自動車購入用消費クーポンと総額500万元の共通消費クーポンの配布キャンペーン。中国天津市商務局は、同市で先月まで実施していた消費クーポンキャンペーンを今月以降も継続すると明らかにした。4300万元(1元=約15円)のクーポンを配布する。実店舗の集客を支援し、消費の回復を促す。飲食や小売り、百貨店、自動車などの消費をさらに喚起する。同市は3月31日から5月28日の期間、東麗、和平、河西、津南、武清、宝坻(ほうてい)、南開の七つの区で、美団点評や支付宝(アリペイ)、微信(ウィーチャット)などのプラットフォームを通じ総額4350万元の消費クーポンを配布した。(天津=新華社配信)=2020(令和2)年6月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月26日
    ホームドクターがライブ配信、地域の「オンライン診療」サービス加速上海市

    26日、上海市黄浦区の打浦橋街道社区衛生服務センターの「打浦スマート医療」オンラインサービスで、当番医に相談する同区住民。中国上海市黄浦区の打浦橋街道社区衛生服務センターはこのほど、ネットサービス大手、騰訊控股(テンセント)のチャットアプリ「微信(ウィーチャット)」のサービスアカウントで「打浦スマート医療」プラットフォームを立ち上げ、インターネット診療サービスを開始し、オンラインとオフラインの両方で地域住民と地域内企業で働く人々の健康を守る「健康管理人」としてスタートを切った。同センターは、ホームドクター(かかりつけ医)のライブ配信ルーム「オンライン問診」を開設、23人のホームドクターが交代で科学普及教育や健康相談に当たっている。(上海=新華社記者/劉頴)=2020(令和2)年5月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月26日
    ホームドクターがライブ配信、地域の「オンライン診療」サービス加速上海市

    26日、上海市黄浦区の打浦橋街道社区衛生服務センターでライブ配信を通じてマスクの着け方について視聴者と言葉を交わすホームドクターの呉舒窈(ご・じょよう)さん。中国上海市黄浦区の打浦橋街道社区衛生服務センターはこのほど、ネットサービス大手、騰訊控股(テンセント)のチャットアプリ「微信(ウィーチャット)」のサービスアカウントで「打浦スマート医療」プラットフォームを立ち上げ、インターネット診療サービスを開始し、オンラインとオフラインの両方で地域住民と地域内企業で働く人々の健康を守る「健康管理人」としてスタートを切った。同センターは、ホームドクター(かかりつけ医)のライブ配信ルーム「オンライン問診」を開設、23人のホームドクターが交代で科学普及教育や健康相談に当たっている。(上海=新華社記者/劉頴)=2020(令和2)年5月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 1
  • 2
  • 3