KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージリンク

お問い合わせ
03-6252-6224
平日9:30-18:00
  • 微信
  • 令和
  • 記者
  • スマートフォン
  • 公式アカウント
  • 新型肺炎
  • 販売
  • テンセント
  • 人々
  • 生活

「ウィーチャット」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
388
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
388
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 猫と南方週末の写真 独裁揺さぶるSNS
    2013年01月14日
    猫と南方週末の写真 独裁揺さぶるSNS

    スマートフォン向けチャット用アプリ「微信」に投稿された猫と中国紙、南方週末の写真=12日(共同)

    商品コード: 2013011400148

  •  テンセントのアプリ
    2013年12月05日
    テンセントのアプリ

    キーワード:中国ネットサービス、騰訊控股、通信アプリ、WeChat Pay、微信支付、Tencent、ロゴマーク=2013(平成25)年12月5日、中国・北京(ロイター=共同)

    商品コード: 2018042500135

  •  WeChat Pay(微信支付)
    2017年05月09日
    WeChat Pay(微信支付)

    キーワード:中国の通信アプリ、WeChat Pay、微信支付、デモンストレーション、Tencent、テンセント、騰訊控股=2017(平成29)5月9日、中国・広州市(ロイター=共同)

    商品コード: 2018042400264

  •  WeChat Pay(微信支付)
    2017年05月09日
    WeChat Pay(微信支付)

    キーワード:WeChat Pay、微信支付、デモンストレーション、Tencent、騰訊控股有限会社=2017(平成29)5月9日、中国・広州市(ロイター=共同)

    商品コード: 2017092600479

  •  WeChat Pay(微信支付)
    2018年01月20日
    WeChat Pay(微信支付)

    キーワード:WeChat Pay、微信支付、サイン、WeChat Payポップアップストア=2018(平成30)1月20日、中国・上海(ロイター=共同)※中国での利用不可

    商品コード: 2018012300274

  • 「微信」の画面 サイト利用者の記録監視か
    2018年02月03日
    「微信」の画面 サイト利用者の記録監視か

    中国の通信アプリ「微信」の画面(共同)

    商品コード: 2018020300288

  • 通信アプリ「微信」 サイト利用者の記録監視か
    2018年02月03日
    通信アプリ「微信」 サイト利用者の記録監視か

    中国の通信アプリ「微信」の画面(共同)

    商品コード: 2018020300289

  • アプリの画面 お年玉もキャッシュレス
    2018年02月17日
    アプリの画面 お年玉もキャッシュレス

    通信アプリ「微信」の「紅包」を送る機能の画面=17日、中国・上海(共同)

    商品コード: 2018021700800

  • 「微信」を利用する僧侶 ネット監視、海外にも拡大
    2018年03月16日
    「微信」を利用する僧侶 ネット監視、海外にも拡大

    インド・ダラムサラで中国の通信アプリ「微信」を利用するチベット仏教僧侶=1月(共同)

    商品コード: 2018031600946

  •  Iran, Russia, China hold joint naval drills
    2018年04月16日
    Iran, Russia, China hold joint naval drills

    March 12, 2024, Undefined, Iran: The Chinese People‘s Liberation Army Navy (PLAN) type 903A replenishment ship (902) at sea during the ‘‘Maritime Security Belt 2024‘‘ combined naval exercise between Iran, Russia, and China in the Gulf of Oman. Iran has stepped up its military cooperation with Beijing and Moscow in response to regional tensions with the United States, including by supplying military drones to Russia before the European nation invaded Ukraine in 2022. The military activities -- to be conducted from March 11 through 15 -- are aimed at ‘‘jointly maintaining regional maritime security‘‘, according to a statement published on the social media platform WeChat by China‘s defense ministry. The joint exercises coincide with soaring tensions in the region as the war in Gaza rages and Iran-backed Huthi rebels in Yemen have launched a flurry of attacks on ships in the Red Sea...、クレジット:©Iranian Army Office/ZUMA Press Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2024031406586

  • 決済サービス 中国のスマホ決済全面導入
    2018年07月19日
    決済サービス 中国のスマホ決済全面導入

    富士急ハイランドで導入された決済サービス「ウィーチャット・ペイ」のスマートフォン画面=19日午後、山梨県富士吉田市

    商品コード: 2018071900735

  •  「新華社」スマホ救急システム始動、迅速で正確な対応進む西安市
    01:50.08
    2018年10月10日
    「新華社」スマホ救急システム始動、迅速で正確な対応進む西安市

    中国陝西省西安市120救急医療緊急指揮新システムがこのほど正式に運営を開始した。救急連絡機能を備えたアプリも同時にリリースされ、市民は救急連絡アプリをダウンロードするか、微信(ウィーチャット)公式アカウントを通じて、より迅速で正確な救急医療サービスを受けられるようになった。西安救急センターが9日明らかにした。市民は救急連絡アプリもしくはウィーチャット公式アカウントを通じて直接120に通報すれば、指令センターはリアルタイムに通報者の正確な位置特定ができ、通報、捜索、位置特定、車両派遣にかかる時間を大幅に短縮、「通報者が住所を正確に説明できない」「通報後連絡が途絶えた」などの状況に効果的に対応することが可能となった。(記者/藺娟)<映像内容>西安救急センターでスマホ救急システムを紹介する様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018101111436

  •  「双11」商戦に向けネット事業者ら準備に追われる
    2018年11月03日
    「双11」商戦に向けネット事業者ら準備に追われる

    3日、「双11」に向け商品を準備する貴渓市美納途箱包公司の従業員。中国江西省鹰潭(ようたん)市貴渓(きけい)市(鹰潭市の管轄下にある県級市)の電子商取引事業者や「微商」(ウィーチャットを利用して販売や宣伝を行う事業者)らは、中国で商戦日として定着している「双11」(11月11日、ネットショッピングの大規模販売促進イベント)の販売ピークに対応するため、在庫管理に力を入れている。(貴渓=新華社記者/宋振平)=2018(平成30)年11月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018110517249

  •  「双11」商戦に向けネット事業者ら準備に追われる
    2018年11月03日
    「双11」商戦に向けネット事業者ら準備に追われる

    3日、「双11」の先駆け販売活動を開始した貴渓市美納途箱包公司で、顧客の問い合わせに対応するカスタマーサポートのスタッフ。中国江西省鹰潭(ようたん)市貴渓(きけい)市(鹰潭市の管轄下にある県級市)の電子商取引事業者や「微商」(ウィーチャットを利用して販売や宣伝を行う事業者)らは、中国で商戦日として定着している「双11」(11月11日、ネットショッピングの大規模販売促進イベント)の販売ピークに対応するため、在庫管理に力を入れている。(貴渓=新華社記者/宋振平)=2018(平成30)年11月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018110517635

  •  「双11」商戦に向けネット事業者ら準備に追われる
    2018年11月03日
    「双11」商戦に向けネット事業者ら準備に追われる

    3日、「双11」に向け商品を準備する貴渓市欧緑多肉植物栽培基地の従業員。中国江西省鹰潭(ようたん)市貴渓(きけい)市(鹰潭市の管轄下にある県級市)の電子商取引事業者や「微商」(ウィーチャットを利用して販売や宣伝を行う事業者)らは、中国で商戦日として定着している「双11」(11月11日、ネットショッピングの大規模販売促進イベント)の販売ピークに対応するため、在庫管理に力を入れている。(貴渓=新華社記者/宋振平)=2018(平成30)年11月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018110517629

  •  世界インターネット最先端の成果を発表浙江省烏鎮
    2018年11月07日
    世界インターネット最先端の成果を発表浙江省烏鎮

    7日、5Gの新技術を紹介する米クアルコム社のスタッフ。第5回世界インターネット大会の主要プログラムである、世界インターネット最先端科学技術の成果発表会が7日、中国浙江省桐郷(とうきょう)市烏鎮(うちん)で開催された。同イベントでは微信(ウィーチャット)のミニプログラム、華為(ファーウェイ)のAscend310チップ、360の「安全大脳」、第5世代移動通信システム(5G)など、15の代表的な成果が披露された。(桐郷=新華社記者/徐昱)=2018(平成30)年11月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018111214793

  •  世界インターネット最先端の成果を発表浙江省烏鎮
    2018年11月07日
    世界インターネット最先端の成果を発表浙江省烏鎮

    7日、華為(ファーウェイ)のAscend310チップを紹介する同社スタッフ。第5回世界インターネット大会の主要プログラムである、世界インターネット最先端科学技術の成果発表会が7日、中国浙江省桐郷(とうきょう)市烏鎮(うちん)で開催された。同イベントでは微信(ウィーチャット)のミニプログラム、華為(ファーウェイ)のAscend310チップ、360の「安全大脳」、第5世代移動通信システム(5G)など、15の代表的な成果が披露された。(桐郷=新華社記者/徐昱)=2018(平成30)年11月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018111214782

  •  世界インターネット最先端の成果を発表浙江省烏鎮
    2018年11月07日
    世界インターネット最先端の成果を発表浙江省烏鎮

    7日、自動運転開放プラットフォームApolloを紹介する百度(バイドゥ)の張亜勤(ちょう・あきん)総裁。第5回世界インターネット大会の主要プログラムである、世界インターネット最先端科学技術の成果発表会が7日、中国浙江省桐郷(とうきょう)市烏鎮(うちん)で開催された。同イベントでは微信(ウィーチャット)のミニプログラム、華為(ファーウェイ)のAscend310チップ、360の「安全大脳」、第5世代移動通信システム(5G)など、15の代表的な成果が披露された。(桐郷=新華社記者/徐昱)=2018(平成30)年11月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018111214791

  •  世界インターネット最先端の成果を発表浙江省烏鎮
    2018年11月07日
    世界インターネット最先端の成果を発表浙江省烏鎮

    7日、米テスラ社のスマートアフターサービスを紹介する同社スタッフ。第5回世界インターネット大会の主要プログラムである、世界インターネット最先端科学技術の成果発表会が7日、中国浙江省桐郷(とうきょう)市烏鎮(うちん)で開催された。同イベントでは微信(ウィーチャット)のミニプログラム、華為(ファーウェイ)のAscend310チップ、360の「安全大脳」、第5世代移動通信システム(5G)など、15の代表的な成果が披露された。(桐郷=新華社記者/徐昱)=2018(平成30)年11月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018111214729

  •  世界インターネット最先端の成果を発表浙江省烏鎮
    2018年11月07日
    世界インターネット最先端の成果を発表浙江省烏鎮

    7日、微信ミニプログラムのイノベーションモデルを紹介するテンセント董事会主席兼最高経営責任者(CEO)の馬化騰(ポニー・マー)氏。第5回世界インターネット大会の主要プログラムである、世界インターネット最先端科学技術の成果発表会が7日、中国浙江省桐郷(とうきょう)市烏鎮(うちん)で開催された。同イベントでは微信(ウィーチャット)のミニプログラム、華為(ファーウェイ)のAscend310チップ、360の「安全大脳」、第5世代移動通信システム(5G)など、15の代表的な成果が披露された。(桐郷=新華社記者/陳曄華)=2018(平成30)年11月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018111214713

  •  世界インターネット最先端の成果を発表浙江省烏鎮
    2018年11月07日
    世界インターネット最先端の成果を発表浙江省烏鎮

    7日、微信ミニプログラムのイノベーションモデルを紹介するテンセント董事会主席兼最高経営責任者(CEO)の馬化騰(ポニー・マー)氏。第5回世界インターネット大会の主要プログラムである、世界インターネット最先端科学技術の成果発表会が7日、中国浙江省桐郷(とうきょう)市烏鎮(うちん)で開催された。同イベントでは微信(ウィーチャット)のミニプログラム、華為(ファーウェイ)のAscend310チップ、360の「安全大脳」、第5世代移動通信システム(5G)など、15の代表的な成果が披露された。(桐郷=新華社記者/徐昱)=2018(平成30)年11月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018111214873

  •  紙メディアの逆襲「新シニア世代」の支持集め230万部発行
    2018年11月21日
    紙メディアの逆襲「新シニア世代」の支持集め230万部発行

    自らの作品を見せる「快楽老人大学」長沙市香樟路校区絵画クラスの受講生たち。(2018年11月21日撮影)中南出版伝媒集団が主管し、瀟湘晨報が単独で発行する「快楽老人報」は2009年9月28日に創刊された。最大時発行部数は230万部に上り、一躍中国で発行部数最大の一般新聞の一つになった。現在のシニア世代の文化的老後生活のニーズフォーカスした「快楽老人報」は常に融合と発展を続け、新分野を開拓、国内最大のシニア向けポータルサイトを設立し、微信(ウィーチャット)のフォロワーは700万に達している。さらにシニア世代の教育活動についての良好な政策を頼みに、シニア世代が家の近くで学習、交流できる、情報、教育、社交、ショッピング、観光、健康などの機能を一体化した総合サービスプラットフォーム「快楽老人大学」を設立した。(長沙=新華社配信/李林冬)=2018(平成30)年11月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019091303629

  •  紙メディアの逆襲「新シニア世代」の支持集め230万部発行
    2018年11月24日
    紙メディアの逆襲「新シニア世代」の支持集め230万部発行

    練習する「快楽老人大学」長沙市香樟路校区太極拳クラスの受講生たち。(2018年11月24日撮影)中南出版伝媒集団が主管し、瀟湘晨報が単独で発行する「快楽老人報」は2009年9月28日に創刊された。最大時発行部数は230万部に上り、一躍中国で発行部数最大の一般新聞の一つになった。現在のシニア世代の文化的老後生活のニーズフォーカスした「快楽老人報」は常に融合と発展を続け、新分野を開拓、国内最大のシニア向けポータルサイトを設立し、微信(ウィーチャット)のフォロワーは700万に達している。さらにシニア世代の教育活動についての良好な政策を頼みに、シニア世代が家の近くで学習、交流できる、情報、教育、社交、ショッピング、観光、健康などの機能を一体化した総合サービスプラットフォーム「快楽老人大学」を設立した。(長沙=新華社配信/李林冬)=2018(平成30)年11月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019091303606

  •  紙メディアの逆襲「新シニア世代」の支持集め230万部発行
    2018年11月27日
    紙メディアの逆襲「新シニア世代」の支持集め230万部発行

    練習する「快楽老人大学」長沙市洪雅校区戯曲(現代京劇)クラスの受講生たち。(2018年11月27日撮影)中南出版伝媒集団が主管し、瀟湘晨報が単独で発行する「快楽老人報」は2009年9月28日に創刊された。最大時発行部数は230万部に上り、一躍中国で発行部数最大の一般新聞の一つになった。現在のシニア世代の文化的老後生活のニーズフォーカスした「快楽老人報」は常に融合と発展を続け、新分野を開拓、国内最大のシニア向けポータルサイトを設立し、微信(ウィーチャット)のフォロワーは700万に達している。さらにシニア世代の教育活動についての良好な政策を頼みに、シニア世代が家の近くで学習、交流できる、情報、教育、社交、ショッピング、観光、健康などの機能を一体化した総合サービスプラットフォーム「快楽老人大学」を設立した。(長沙=新華社配信/李林冬)=2018(平成30)年11月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019091303621

  •  紙メディアの逆襲「新シニア世代」の支持集め230万部発行
    2018年11月28日
    紙メディアの逆襲「新シニア世代」の支持集め230万部発行

    二胡の授業を受ける「快楽老人大学」長沙市香樟路校区の受講生たち。(2018年11月28日撮影)中南出版伝媒集団が主管し、瀟湘晨報が単独で発行する「快楽老人報」は2009年9月28日に創刊された。最大時発行部数は230万部に上り、一躍中国で発行部数最大の一般新聞の一つになった。現在のシニア世代の文化的老後生活のニーズフォーカスした「快楽老人報」は常に融合と発展を続け、新分野を開拓、国内最大のシニア向けポータルサイトを設立し、微信(ウィーチャット)のフォロワーは700万に達している。さらにシニア世代の教育活動についての良好な政策を頼みに、シニア世代が家の近くで学習、交流できる、情報、教育、社交、ショッピング、観光、健康などの機能を一体化した総合サービスプラットフォーム「快楽老人大学」を設立した。(長沙=新華社配信/李林冬)=2018(平成30)年11月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019091303642

  •  紙メディアの逆襲「新シニア世代」の支持集め230万部発行
    2018年11月29日
    紙メディアの逆襲「新シニア世代」の支持集め230万部発行

    公園で練習に励む「快楽老年大学」受講生たちの姿は、地元では日々の見慣れた情景の一つになっている。(2018年11月29日撮影)中南出版伝媒集団が主管し、瀟湘晨報が単独で発行する「快楽老人報」は2009年9月28日に創刊された。最大時発行部数は230万部に上り、一躍中国で発行部数最大の一般新聞の一つになった。現在のシニア世代の文化的老後生活のニーズフォーカスした「快楽老人報」は常に融合と発展を続け、新分野を開拓、国内最大のシニア向けポータルサイトを設立し、微信(ウィーチャット)のフォロワーは700万に達している。さらにシニア世代の教育活動についての良好な政策を頼みに、シニア世代が家の近くで学習、交流できる、情報、教育、社交、ショッピング、観光、健康などの機能を一体化した総合サービスプラットフォーム「快楽老人大学」を設立した。(長沙=新華社配信/李林冬)=2018(平成30)年11月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019091303622

  •  「やんちゃ」なスマートロボットが人気重慶市
    2018年12月18日
    「やんちゃ」なスマートロボットが人気重慶市

    重慶市にある農業銀行の店舗で客と会話するロボットアシスタント。中国重慶市の解放碑歩行者通りにある農業銀行の店舗では、スマートロボットの「萌萌」がちょっとした人気者になっている。身長1メートルほどのこのアシスタントは、銀行のさまざまな業務を熟知しているだけでなく、機知に富んだ会話もできる。(重慶=新華社配信/重慶市沙坪壩政務ウィーチャット公式アカウント提供)=2018(平成30)年12月18日、クレジット:重慶市沙坪壩政務ウィーチャット公式アカウント/新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。

    商品コード: 2019013112963

  •  高速道路全線でモバイル決済可能に貴州省
    2018年12月20日
    高速道路全線でモバイル決済可能に貴州省

    20日、貴陽北料金所で、運転手にモバイル決済を説明するスタッフ。中国貴州省交通運輸庁は20日、高速道路のモバイル決済に関する記者説明会を開き、2019年1月1日から高速料金のモバイル決済を正式導入すると発表した。省内全ての高速道路料金所で微信支付(ウィーチャットペイ)による支払いが可能になる。(貴陽=新華社記者/陶亮)=2018(平成30)年12月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018122520930

  •  高速道路全線でモバイル決済可能に貴州省
    2018年12月20日
    高速道路全線でモバイル決済可能に貴州省

    20日、貴陽北料金所で、スタッフの説明を受けながらモバイル決済で高速料金を支払う運転手。中国貴州省交通運輸庁は20日、高速道路のモバイル決済に関する記者説明会を開き、2019年1月1日から高速料金のモバイル決済を正式導入すると発表した。省内全ての高速道路料金所で微信支付(ウィーチャットペイ)による支払いが可能になる。(貴陽=新華社記者/陶亮)=2018(平成30)年12月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018122520915

  •  高速道路全線でモバイル決済可能に貴州省
    2018年12月20日
    高速道路全線でモバイル決済可能に貴州省

    20日、貴陽北料金所で、モバイル決済で高速料金を支払う運転手。中国貴州省交通運輸庁は20日、高速道路のモバイル決済に関する記者説明会を開き、2019年1月1日から高速料金のモバイル決済を正式導入すると発表した。省内全ての高速道路料金所で微信支付(ウィーチャットペイ)による支払いが可能になる。(貴陽=新華社配信/劉朝富)=2018(平成30)年12月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018122520892

  •  AIゴミ分別機、住民の環境保護活動を後押し山東省青島市
    2019年01月02日
    AIゴミ分別機、住民の環境保護活動を後押し山東省青島市

    2日、青島市同徳路社区(コミュニティ)で、AIゴミ分別機を利用する住民。中国山東省青島市合肥路街道で2日、人工知能(AI)ゴミ分別機の利用が始まった。住民はスマートフォンのアプリや微信(ウィーチャット)のスキャン機能などを通して、分別機を利用することができる。分別機は再利用が可能な金属、プラスチック、繊維製品、紙類、ガラス類など多種の生活ゴミの分類が可能で、コミュニティの環境保護への取り組みを後押しする。(青島=新華社配信/王海濱)=2019(平成31)年1月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019010700556

  •  AIゴミ分別機、住民の環境保護活動を後押し山東省青島市
    2019年01月02日
    AIゴミ分別機、住民の環境保護活動を後押し山東省青島市

    2日、青島市同徳路社区(コミュニティ)で、AIゴミ分別機を利用する住民。中国山東省青島市合肥路街道で2日、人工知能(AI)ゴミ分別機の利用が始まった。住民はスマートフォンのアプリや微信(ウィーチャット)のスキャン機能などを通して、分別機を利用することができる。分別機は再利用が可能な金属、プラスチック、繊維製品、紙類、ガラス類など多種の生活ゴミの分類が可能で、コミュニティの環境保護への取り組みを後押しする。(青島=新華社配信/王海濱)=2019(平成31)年1月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019010700536

  •  AIゴミ分別機、住民の環境保護活動を後押し山東省青島市
    2019年01月02日
    AIゴミ分別機、住民の環境保護活動を後押し山東省青島市

    2日、青島市同徳路社区(コミュニティ)で、AIゴミ分別機を見学する住民。中国山東省青島市合肥路街道で2日、人工知能(AI)ゴミ分別機の利用が始まった。住民はスマートフォンのアプリや微信(ウィーチャット)のスキャン機能などを通して、分別機を利用することができる。分別機は再利用が可能な金属、プラスチック、繊維製品、紙類、ガラス類など多種の生活ゴミの分類が可能で、コミュニティの環境保護への取り組みを後押しする。(青島=新華社配信/王海濱)=2019(平成31)年1月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019010700560

  •  多肉ガーデン経営で起業の夢を叶えた「90後」河北省衡水
    2019年01月10日
    多肉ガーデン経営で起業の夢を叶えた「90後」河北省衡水

    10日、劉振健さんがビニールハウスで多肉植物のミニ盆栽の手入れをしている。中国河北省衡水(こうすい)市出身で今年28歳になる「90後」(1990年代生まれの世代を指す)の劉振健(りゅう・しんけん)さんは2014年、同省省都・石家荘市から故郷へ戻った。劉さんは多肉植物の栽培の将来性を確信してから農村に根を下ろし、起業の計画を練り始め、2016年に衡水市の鄧庄(とうそう)現代農業総合モデルパークでビニールハウスを借りて多肉植物の栽培を開始し、起業の道を歩み始めた。多肉植物の栽培から手入れ、市場開拓まで0から学んだ劉さんが手掛けた「二月紅多肉ガーデン」は、わずか数年の経営を経て3つのビニールハウスを有するまで成長し、総面積は6千平方メートルを超えた。現在、劉さんはインターネットや微信(ウィーチャット)、実店舗などを利用して多肉植物を全国各地に販売しており、年間売上高は20万元(1元=約16円)近くに達しているという。(衡水=新華社記者/朱旭東)=2019(平成31)年1月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019011517127

  •  多肉ガーデン経営で起業の夢を叶えた「90後」河北省衡水
    2019年01月10日
    多肉ガーデン経営で起業の夢を叶えた「90後」河北省衡水

    10日、ビニールハウスで多肉植物のミニ盆栽の手入れをする劉振健さん。中国河北省衡水(こうすい)市出身で今年28歳になる「90後」(1990年代生まれの世代を指す)の劉振健(りゅう・しんけん)さんは2014年、同省省都・石家荘市から故郷へ戻った。劉さんは多肉植物の栽培の将来性を確信してから農村に根を下ろし、起業の計画を練り始め、2016年に衡水市の鄧庄(とうそう)現代農業総合モデルパークでビニールハウスを借りて多肉植物の栽培を開始し、起業の道を歩み始めた。多肉植物の栽培から手入れ、市場開拓まで0から学んだ劉さんが手掛けた「二月紅多肉ガーデン」は、わずか数年の経営を経て3つのビニールハウスを有するまで成長し、総面積は6千平方メートルを超えた。現在、劉さんはインターネットや微信(ウィーチャット)、実店舗などを利用して多肉植物を全国各地に販売しており、年間売上高は20万元(1元=約16円)近くに達しているという。(衡水=新華社記者/朱旭東)=2019(平成31)年1月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019011517296

  •  多肉ガーデン経営で起業の夢を叶えた「90後」河北省衡水
    2019年01月10日
    多肉ガーデン経営で起業の夢を叶えた「90後」河北省衡水

    10日、ビニールハウスでスマホのライブ配信機能を使い、多肉植物の盆栽をPRする劉振健さん。中国河北省衡水(こうすい)市出身で今年28歳になる「90後」(1990年代生まれの世代を指す)の劉振健(りゅう・しんけん)さんは2014年、同省省都・石家荘市から故郷へ戻った。劉さんは多肉植物の栽培の将来性を確信してから農村に根を下ろし、起業の計画を練り始め、2016年に衡水市の鄧庄(とうそう)現代農業総合モデルパークでビニールハウスを借りて多肉植物の栽培を開始し、起業の道を歩み始めた。多肉植物の栽培から手入れ、市場開拓まで0から学んだ劉さんが手掛けた「二月紅多肉ガーデン」は、わずか数年の経営を経て3つのビニールハウスを有するまで成長し、総面積は6千平方メートルを超えた。現在、劉さんはインターネットや微信(ウィーチャット)、実店舗などを利用して多肉植物を全国各地に販売しており、年間売上高は20万元(1元=約16円)近くに達しているという。(衡水=新華社記者/朱旭東)=2019(平成31)年1月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019011517121

  •  多肉ガーデン経営で起業の夢を叶えた「90後」河北省衡水
    2019年01月10日
    多肉ガーデン経営で起業の夢を叶えた「90後」河北省衡水

    10日、ビニールハウスで劉振健さんが多肉植物の水やりをしている。中国河北省衡水(こうすい)市出身で今年28歳になる「90後」(1990年代生まれの世代を指す)の劉振健(りゅう・しんけん)さんは2014年、同省省都・石家荘市から故郷へ戻った。劉さんは多肉植物の栽培の将来性を確信してから農村に根を下ろし、起業の計画を練り始め、2016年に衡水市の鄧庄(とうそう)現代農業総合モデルパークでビニールハウスを借りて多肉植物の栽培を開始し、起業の道を歩み始めた。多肉植物の栽培から手入れ、市場開拓まで0から学んだ劉さんが手掛けた「二月紅多肉ガーデン」は、わずか数年の経営を経て3つのビニールハウスを有するまで成長し、総面積は6千平方メートルを超えた。現在、劉さんはインターネットや微信(ウィーチャット)、実店舗などを利用して多肉植物を全国各地に販売しており、年間売上高は20万元(1元=約16円)近くに達しているという。(衡水=新華社記者/朱旭東)=2019(平成31)年1月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019011517124

  •  多肉ガーデン経営で起業の夢を叶えた「90後」河北省衡水
    2019年01月10日
    多肉ガーデン経営で起業の夢を叶えた「90後」河北省衡水

    10日、ビニールハウスで多肉植物の成育状況を観察する劉振健さん。中国河北省衡水(こうすい)市出身で今年28歳になる「90後」(1990年代生まれの世代を指す)の劉振健(りゅう・しんけん)さんは2014年、同省省都・石家荘市から故郷へ戻った。劉さんは多肉植物の栽培の将来性を確信してから農村に根を下ろし、起業の計画を練り始め、2016年に衡水市の鄧庄(とうそう)現代農業総合モデルパークでビニールハウスを借りて多肉植物の栽培を開始し、起業の道を歩み始めた。多肉植物の栽培から手入れ、市場開拓まで0から学んだ劉さんが手掛けた「二月紅多肉ガーデン」は、わずか数年の経営を経て3つのビニールハウスを有するまで成長し、総面積は6千平方メートルを超えた。現在、劉さんはインターネットや微信(ウィーチャット)、実店舗などを利用して多肉植物を全国各地に販売しており、年間売上高は20万元(1元=約16円)近くに達しているという。(衡水=新華社記者/朱旭東)=2019(平成31)年1月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019011517749

  •  多肉ガーデン経営で起業の夢を叶えた「90後」河北省衡水
    2019年01月10日
    多肉ガーデン経営で起業の夢を叶えた「90後」河北省衡水

    10日、ビニールハウスで多肉植物の成育状況を観察する劉振健さん。中国河北省衡水(こうすい)市出身で今年28歳になる「90後」(1990年代生まれの世代を指す)の劉振健(りゅう・しんけん)さんは2014年、同省省都・石家荘市から故郷へ戻った。劉さんは多肉植物の栽培の将来性を確信してから農村に根を下ろし、起業の計画を練り始め、2016年に衡水市の鄧庄(とうそう)現代農業総合モデルパークでビニールハウスを借りて多肉植物の栽培を開始し、起業の道を歩み始めた。多肉植物の栽培から手入れ、市場開拓まで0から学んだ劉さんが手掛けた「二月紅多肉ガーデン」は、わずか数年の経営を経て3つのビニールハウスを有するまで成長し、総面積は6千平方メートルを超えた。現在、劉さんはインターネットや微信(ウィーチャット)、実店舗などを利用して多肉植物を全国各地に販売しており、年間売上高は20万元(1元=約16円)近くに達しているという。(衡水=新華社記者/朱旭東)=2019(平成31)年1月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019011517619

  •  多肉ガーデン経営で起業の夢を叶えた「90後」河北省衡水
    2019年01月10日
    多肉ガーデン経営で起業の夢を叶えた「90後」河北省衡水

    10日、ビニールハウスで自ら育てた多肉植物の世話をする劉振健さん。中国河北省衡水(こうすい)市出身で今年28歳になる「90後」(1990年代生まれの世代を指す)の劉振健(りゅう・しんけん)さんは2014年、同省省都・石家荘市から故郷へ戻った。劉さんは多肉植物の栽培の将来性を確信してから農村に根を下ろし、起業の計画を練り始め、2016年に衡水市の鄧庄(とうそう)現代農業総合モデルパークでビニールハウスを借りて多肉植物の栽培を開始し、起業の道を歩み始めた。多肉植物の栽培から手入れ、市場開拓まで0から学んだ劉さんが手掛けた「二月紅多肉ガーデン」は、わずか数年の経営を経て3つのビニールハウスを有するまで成長し、総面積は6千平方メートルを超えた。現在、劉さんはインターネットや微信(ウィーチャット)、実店舗などを利用して多肉植物を全国各地に販売しており、年間売上高は20万元(1元=約16円)近くに達しているという。(衡水=新華社記者/朱旭東)=2019(平成31)年1月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019011517066

  •  多肉ガーデン経営で起業の夢を叶えた「90後」河北省衡水
    2019年01月10日
    多肉ガーデン経営で起業の夢を叶えた「90後」河北省衡水

    10日、バイヤーに自ら育てた多肉植物を紹介する劉振健さん。中国河北省衡水(こうすい)市出身で今年28歳になる「90後」(1990年代生まれの世代を指す)の劉振健(りゅう・しんけん)さんは2014年、同省省都・石家荘市から故郷へ戻った。劉さんは多肉植物の栽培の将来性を確信してから農村に根を下ろし、起業の計画を練り始め、2016年に衡水市の鄧庄(とうそう)現代農業総合モデルパークでビニールハウスを借りて多肉植物の栽培を開始し、起業の道を歩み始めた。多肉植物の栽培から手入れ、市場開拓まで0から学んだ劉さんが手掛けた「二月紅多肉ガーデン」は、わずか数年の経営を経て3つのビニールハウスを有するまで成長し、総面積は6千平方メートルを超えた。現在、劉さんはインターネットや微信(ウィーチャット)、実店舗などを利用して多肉植物を全国各地に販売しており、年間売上高は20万元(1元=約16円)近くに達しているという。(衡水=新華社記者/朱旭東)=2019(平成31)年1月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019011517589

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年01月21日
    出稼ぎ労働者の長距離バイク帰省始まる福建省泉州市

    21日、出発する前に、スマートフォンから微信(ウィーチャット)を使い、故郷の家族と連絡する出稼ぎ労働者。2019年の「春運」(旧正月前後の帰省・Uターンラッシュ)が21日、正式に幕を開けた。中国福建省の泉州市、アモイ市、福州市、漳州市などの都市からは、出稼ぎ労働者500人以上がバイク428台に分乗し、長い帰省の途に就いた。福建省の他に、江西省、湖北省、湖南省、広西チワン族自治区、浙江省、貴州省の6省でもバイクによる帰省がスタートした。沿線の7省121カ所の中国石油天然気集団(CNPC)のガソリンスタンドでは、無料給油などさまざまなサービスを提供している。同集団によるこうした公益活動は今年で8年目になるという。(泉州=新華社記者/魏培全)=2019(平成31)年1月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012402936

  •  習近平氏、中共中央政治局第12回集団学習で重要演説
    2019年01月25日
    習近平氏、中共中央政治局第12回集団学習で重要演説

    25日、人民日報ニューメディアセンターで、同社の微博(ウェイボー)や微信(ウィーチャット)の公式アカウント、モバイルアプリの建設状況の報告を聴取し、ニューメディア製品の展示を見学する習近平(しゅう・きんぺい)、李克強(り・こくきょう)、栗戦書(りつ・せんしょ)、汪洋(おう・よう)、王滬寧(おう・こねい)、趙楽際(ちょう・らくさい)、韓正(かん・せい)の各氏。中国共産党中央政治局は25日、北京の人民日報社で第12回集団学習を行い、オムニメディア時代とメディアの融合発展について学んだ。習近平(しゅう・きんぺい)中国共産党中央委員会総書記が学習を主宰し、重要演説を行った。(北京=新華社記者/饒愛民)=2019(平成31)年1月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012820738

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:52.47
    2019年01月25日
    「新華社」スマートサービスで「ハイテク」春運を体験内モンゴル自治区

    顔認証による入場システム、自動改札機、セルフサービスの無人券売機、微信(ウィーチャット)や支付宝(アリペイ)によるオンライン決済、無人スーパーなど、今年の「春運」(旧正月の帰省・Uターンラッシュに伴う特別輸送態勢)はいたるところにテクノロジーが導入されている中国内モンゴル自治区中西部地区の各鉄道駅では、スマート化した利用者視点に立った取り組みが随所に見られる。今年の「春運」に備え、同自治区では各主要駅に実名制本人確認自動改札機を設置、乗客は身分証を持って「顔認証システム」を通り駅構内に入ることができる。各駅ではスマートロボットによる案内サービスも導入されており、いかなる問い合わせにも対応できるスマートガイドとして、かわいいロボットが広報・案内、旅行情報の提供を行っている。フフホトや包頭など12の主要バスターミナルでは、発券所や待合室など人の流れが集中するエリアに、黄色い帽子とベストを着用した「ミツバチ」と呼ばれるボランティアの姿が見られる。彼らは待合室や発券所、ホーム上で、高齢者や妊婦の代わりに重い荷物を持ったり子どもを抱いたりするほか、農民工(出稼ぎ農民)の切符購入や乗り換え案内の手助けも行っている。(記者/張晟)<映像内容>スマート化された中国の鉄道駅の風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012500884

  •  「新華社」多様なサービスでスキーシーズンの観光をより豊かに四川省西嶺雪山
    03:04.20
    2019年02月04日
    「新華社」多様なサービスでスキーシーズンの観光をより豊かに四川省西嶺雪山

    中国四川省成都市大邑(たいゆう)県に位置する西嶺雪山(せいれいせつざん)では、スキーシーズンを迎え、観光客が各種ウインタースポーツをより楽しめるよう、さまざまな取り組みを行っている。西嶺雪山風景区では、ロープウエーの待ち時間を知らせることができる順番待ち実名登録システムを作った。観光客は待ち時間に行列に並ぶことなく、食事や買い物、催し物の鑑賞を楽しめる。同風景区では今年から、微信(ウィーチャット)のスキャン機能や自動券売機によるチケット購入も可能にし、購入方法の多様化で観光客の利便性を向上させた。現地の売り場以外で購入したチケットはこれまで引き換えが必要だったが、そのプロセスをなくすことで時間を節約し、円滑に入場できるようにした。同風景区では今シーズン、第2回氷雪フェスティバルが開催されており、素晴らしいスキー場やさまざまなイベントが観光客やスキー愛好家の人気を集めている。(記者/張超群)<映像内容>西嶺雪山の観光風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019020412917

  •  アバ博物館、アリペイ導入で中国人観光客を誘致スウェーデン
    2019年02月04日
    アバ博物館、アリペイ導入で中国人観光客を誘致スウェーデン

    4日、ストックホルムのアバ・ザ・ミュージアムで、レジカウンターに置かれたアリペイのロゴを見せる同館スタッフ。スウェーデンのアバ・ザ・ミュージアムは、中国人観光客向けに多くの利便性を提供し、より大勢の来場者誘致を目指している。同ミュージアムのカロリーネ・ファーゲルリンド(CarolineFagerlind)館長は、このほど支付宝(アリペイ)サービスの導入により、中国人観光客は携帯電話を通してチケット購入やミュージアム内の売店で買い物ができるようになったと紹介した。また、ミュージアムは早い時期から中国語のホームページや微信(ウィーチャット)、微博(Weibo、ウェイボ)の公式アカウントをそれぞれ開設し、来場者にミュージアムの紹介や営業時間などの情報を提供してきたと述べた。(ストックホルム=新華社記者/付一鳴)=2019(平成31)年2月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019021216931

  •  アバ博物館、アリペイ導入で中国人観光客を誘致スウェーデン
    2019年02月04日
    アバ博物館、アリペイ導入で中国人観光客を誘致スウェーデン

    4日、ストックホルムのアバ・ザ・ミュージアムで、アリペイのロゴが置かれたレジカウンターの前に立つファーゲルリンド館長。スウェーデンのアバ・ザ・ミュージアムは、中国人観光客向けに多くの利便性を提供し、より大勢の来場者誘致を目指している。同ミュージアムのカロリーネ・ファーゲルリンド(CarolineFagerlind)館長は、このほど支付宝(アリペイ)サービスの導入により、中国人観光客は携帯電話を通してチケット購入やミュージアム内の売店で買い物ができるようになったと紹介した。また、ミュージアムは早い時期から中国語のホームページや微信(ウィーチャット)、微博(Weibo、ウェイボ)の公式アカウントをそれぞれ開設し、来場者にミュージアムの紹介や営業時間などの情報を提供してきたと述べた。(ストックホルム=新華社記者/付一鳴)=2019(平成31)年2月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019021217245

  •  アバ博物館、アリペイ導入で中国人観光客を誘致スウェーデン
    2019年02月04日
    アバ博物館、アリペイ導入で中国人観光客を誘致スウェーデン

    4日、ストックホルムのアバ・ザ・ミュージアムで、同館のWeiboアカウントの2次元バーコードを見せるファーゲルリンド館長。スウェーデンのアバ・ザ・ミュージアムは、中国人観光客向けに多くの利便性を提供し、より大勢の来場者誘致を目指している。同ミュージアムのカロリーネ・ファーゲルリンド(CarolineFagerlind)館長は、このほど支付宝(アリペイ)サービスの導入により、中国人観光客は携帯電話を通してチケット購入やミュージアム内の売店で買い物ができるようになったと紹介した。また、ミュージアムは早い時期から中国語のホームページや微信(ウィーチャット)、微博(Weibo、ウェイボ)の公式アカウントをそれぞれ開設し、来場者にミュージアムの紹介や営業時間などの情報を提供してきたと述べた。(ストックホルム=新華社記者/付一鳴)=2019(平成31)年2月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019021217661

  •  「新華社」上海の公共交通、3大決済プラットフォームの利用可能に
    01:46.02
    2019年02月07日
    「新華社」上海の公共交通、3大決済プラットフォームの利用可能に

    微信支付(ウィーチャットペイ)、支付宝(アリペイ)が中国上海市の「バス乗車バーコード」との接続を実現したのに続いて、上海の公共交通機関を利用する乗客にもう1つ新たな選択肢が増えた。同市の「バス乗車バーコード」が2018年12月28日、中国銀聯(ChinaUnionPay)が国内の30以上の銀行と共同で提供する銀行業界で統一されたモバイル決済サービス、雲閃付(MobileQuickPass)で利用できるようになった。スマホで雲閃付アプリを開くと、ユーザーは同市の1万6千台近いバスに2次元バーコードをスキャンして乗車することができる。注目に値するのは、雲閃付アプリはオフラインでも乗車バーコードを利用できることで、デバイスの反応速度は0・2秒以内となっており、ユーザーは「先に乗車し、後で支払い」することが可能となっている。これにより人々のモビリティー体験は大きく進歩し、決済効率も向上した。雲閃付以外にも、中国銀聯は今後さらに各大手商業銀行や提携パートナーに対し銀聯の乗車バーコードを開放し、開放型プラットフォームというシステムを作り上げていく。統計によれば、現在上海のNFC(近距離無線通信)タイプのモバイル交通カードや公共交通機関用乗車バーコードのユーザー数は1千万を超え、1日当たりの利用数は最高250万件近くに達し、交通機関利用数全体の4分の1を占めている。<映像内容>モバイル決済サービス「雲閃付」を利用する人たちの様子など、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019020717846

  •  元宵節ランタン祭りの「なぞなぞ遊び」もオンラインの時代へ
    2019年02月19日
    元宵節ランタン祭りの「なぞなぞ遊び」もオンラインの時代へ

    19日、南寧市で開かれた園博園元宵ランタンフェスティバルの「猜灯謎」回廊の入り口。中国広西チワン族自治区南寧市では、旧暦1月15日の元宵節(げんしょうせつ)に当たる19日に園博園元宵ランタンフェスティバルが開かれ、全国各地から多くの観光客が訪れた。会場では大型ランタンの展示、灯籠に張ったなぞなぞを解く遊び「猜灯謎(さいとうめい)」、もち米を団子にしたデザート「湯円(タンユェン)」の品評会、紙ランタンの制作などのイベントが行われ、人々は春節の最後のイベントを楽しんだ。観光客はSNSアプリ「微信(ウィーチャット)」で二次元バーコードを読み取り、なぞなぞの番号と回答を入力することで「猜灯謎」に参加することもできた。(南寧=新華社記者/朱麗莉)=2019(平成31)年2月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019022500647

  •  元宵節ランタン祭りの「なぞなぞ遊び」もオンラインの時代へ
    2019年02月19日
    元宵節ランタン祭りの「なぞなぞ遊び」もオンラインの時代へ

    19日、南寧市で開かれた園博園元宵ランタンフェスティバルで展示された豚をモチーフにした大型ランタン。中国広西チワン族自治区南寧市では、旧暦1月15日の元宵節(げんしょうせつ)に当たる19日に園博園元宵ランタンフェスティバルが開かれ、全国各地から多くの観光客が訪れた。会場では大型ランタンの展示、灯籠に張ったなぞなぞを解く遊び「猜灯謎(さいとうめい)」、もち米を団子にしたデザート「湯円(タンユェン)」の品評会、紙ランタンの制作などのイベントが行われ、人々は春節の最後のイベントを楽しんだ。観光客はSNSアプリ「微信(ウィーチャット)」で二次元バーコードを読み取り、なぞなぞの番号と回答を入力することで「猜灯謎」に参加することもできた。(南寧=新華社記者/朱麗莉)=2019(平成31)年2月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019022500527

  •  元宵節ランタン祭りの「なぞなぞ遊び」もオンラインの時代へ
    2019年02月19日
    元宵節ランタン祭りの「なぞなぞ遊び」もオンラインの時代へ

    19日、南寧市で開かれた園博園元宵ランタンフェスティバルの「猜灯謎」回廊で、なぞなぞ遊びを楽しむ観光客。中国広西チワン族自治区南寧市では、旧暦1月15日の元宵節(げんしょうせつ)に当たる19日に園博園元宵ランタンフェスティバルが開かれ、全国各地から多くの観光客が訪れた。会場では大型ランタンの展示、灯籠に張ったなぞなぞを解く遊び「猜灯謎(さいとうめい)」、もち米を団子にしたデザート「湯円(タンユェン)」の品評会、紙ランタンの制作などのイベントが行われ、人々は春節の最後のイベントを楽しんだ。観光客はSNSアプリ「微信(ウィーチャット)」で二次元バーコードを読み取り、なぞなぞの番号と回答を入力することで「猜灯謎」に参加することもできた。(南寧=新華社記者/朱麗莉)=2019(平成31)年2月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019022500530

  •  「新華社」元宵節ランタン祭りの「なぞなぞ遊び」もオンラインの時代へ
    01:00.11
    2019年02月19日
    「新華社」元宵節ランタン祭りの「なぞなぞ遊び」もオンラインの時代へ

    中国広西チワン族自治区南寧市では、旧暦1月15日の元宵節(げんしょうせつ)に当たる19日に園博園元宵ランタンフェスティバルが開かれ、全国各地から多くの観光客が訪れた。会場では大型ランタンの展示、灯籠に張ったなぞなぞを解く遊び「猜灯謎(さいとうめい)」、もち米を団子にしたデザート「湯円(タンユェン)」の品評会、紙ランタンの制作などのイベントが行われ、人々は春節の最後のイベントを楽しんだ。長さ25メートルの「猜灯謎」回廊には、伝統的色彩に彩られたランタン100個が隙間なく並んだ。一つひとつのランタンには「灯謎」(なぞなぞ)が書かれており、人々は足を止めさまざまな「灯謎」を眺めていた。観光客はスマートフォンの交流サイト(SNS)アプリ「微信(ウィーチャット)」で二次元バーコードを読み取り、なぞなぞの番号と回答を入力することで「猜灯謎」に参加することができるという。(記者/呉思思、朱麗莉、郭軼凡)<映像内容>園博園元宵ランタンフェスティバルの様子、撮影日:2019(平成31)年2月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019022604094

  •  元宵節ランタン祭りの「なぞなぞ遊び」もオンラインの時代へ
    2019年02月19日
    元宵節ランタン祭りの「なぞなぞ遊び」もオンラインの時代へ

    19日、南寧市で開かれた園博園元宵ランタンフェスティバルで展示された魚をモチーフにした大型ランタン。中国広西チワン族自治区南寧市では、旧暦1月15日の元宵節(げんしょうせつ)に当たる19日に園博園元宵ランタンフェスティバルが開かれ、全国各地から多くの観光客が訪れた。会場では大型ランタンの展示、灯籠に張ったなぞなぞを解く遊び「猜灯謎(さいとうめい)」、もち米を団子にしたデザート「湯円(タンユェン)」の品評会、紙ランタンの制作などのイベントが行われ、人々は春節の最後のイベントを楽しんだ。観光客はSNSアプリ「微信(ウィーチャット)」で二次元バーコードを読み取り、なぞなぞの番号と回答を入力することで「猜灯謎」に参加することもできた。(南寧=新華社記者/呉思思)=2019(平成31)年2月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019022500639

  •  元宵節ランタン祭りの「なぞなぞ遊び」もオンラインの時代へ
    2019年02月19日
    元宵節ランタン祭りの「なぞなぞ遊び」もオンラインの時代へ

    19日、南寧市で開かれた園博園元宵ランタンフェスティバルで、大勢の人が訪れた「猜灯謎」回廊。中国広西チワン族自治区南寧市では、旧暦1月15日の元宵節(げんしょうせつ)に当たる19日に園博園元宵ランタンフェスティバルが開かれ、全国各地から多くの観光客が訪れた。会場では大型ランタンの展示、灯籠に張ったなぞなぞを解く遊び「猜灯謎(さいとうめい)」、もち米を団子にしたデザート「湯円(タンユェン)」の品評会、紙ランタンの制作などのイベントが行われ、人々は春節の最後のイベントを楽しんだ。観光客はSNSアプリ「微信(ウィーチャット)」で二次元バーコードを読み取り、なぞなぞの番号と回答を入力することで「猜灯謎」に参加することもできた。(南寧=新華社記者/朱麗莉)=2019(平成31)年2月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019022500638

  •  元宵節ランタン祭りの「なぞなぞ遊び」もオンラインの時代へ
    2019年02月19日
    元宵節ランタン祭りの「なぞなぞ遊び」もオンラインの時代へ

    19日、南寧市で開かれた園博園元宵ランタンフェスティバルでスマートフォンを使いオンラインで謎解きをする観光客。中国広西チワン族自治区南寧市では、旧暦1月15日の元宵節(げんしょうせつ)に当たる19日に園博園元宵ランタンフェスティバルが開かれ、全国各地から多くの観光客が訪れた。会場では大型ランタンの展示、灯籠に張ったなぞなぞを解く遊び「猜灯謎(さいとうめい)」、もち米を団子にしたデザート「湯円(タンユェン)」の品評会、紙ランタンの制作などのイベントが行われ、人々は春節の最後のイベントを楽しんだ。観光客はSNSアプリ「微信(ウィーチャット)」で二次元バーコードを読み取り、なぞなぞの番号と回答を入力することで「猜灯謎」に参加することもできた。(南寧=新華社記者/朱麗莉)=2019(平成31)年2月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019022500641

  •  元宵節ランタン祭りの「なぞなぞ遊び」もオンラインの時代へ
    2019年02月19日
    元宵節ランタン祭りの「なぞなぞ遊び」もオンラインの時代へ

    19日、南寧市で開かれた園博園元宵ランタンフェスティバルで展示された「2019」モチーフにした大型ランタン。中国広西チワン族自治区南寧市では、旧暦1月15日の元宵節(げんしょうせつ)に当たる19日に園博園元宵ランタンフェスティバルが開かれ、全国各地から多くの観光客が訪れた。会場では大型ランタンの展示、灯籠に張ったなぞなぞを解く遊び「猜灯謎(さいとうめい)」、もち米を団子にしたデザート「湯円(タンユェン)」の品評会、紙ランタンの制作などのイベントが行われ、人々は春節の最後のイベントを楽しんだ。観光客はSNSアプリ「微信(ウィーチャット)」で二次元バーコードを読み取り、なぞなぞの番号と回答を入力することで「猜灯謎」に参加することもできた。(南寧=新華社記者/朱麗莉)=2019(平成31)年2月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019022500640

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年03月11日
    中国で盗掘された文化財、東京のオークションで「合法化」

    考古学者の呉鎮烽(ご・ちんほう)氏が編さんした「商周青銅器銘文曁図像集成(続編)」(「商周青銅器銘文および画像集成(続編)」、上海古籍出版社、2016年)に収録された曽伯克父青銅器とその銘文。(資料写真、組み合わせ写真)「極めて珍しい西周時代の青銅器が東京のオークションに出展される」。中国のSNSアプリ「微信(ウィーチャット)」を通して情報が考古学専門家の間を駆け巡った。多くの学者や専門家は、12日に日本でオークションに出品される周代の青銅器のセットが、主催者側の言うような中華民国期の所蔵品ではなく、中国で近年盗掘され国外に持ち出された重要な文化財だとしている。専門家によると、今回出展される「曽伯克父青銅組器」は、周代の諸侯国、曽国の高級貴族の克父(こくふ)が所有していたもので、鼎(かなえ)や簋(き)、壺(こ)、甗(げん)、霝(れい)、盨(しゅ)など6種類計8点から成る。どの青銅器にも先祖の徳を称え、末代までの加護を願う銘文が刻まれている。オークション主催者側は、この青銅器セットが中華民国期の所蔵品だと紹介しているが、多くの学者や専門家は、盗掘犯が書簡を偽造し、上書きだけを換えるなどの方法で、海外に流出した盗掘文化財をオークションで「ロンダリング(洗浄)」するつもりだと悲嘆と憤慨をあらわにしている。専門家によると、ユネスコは1970年11月14日にパリで「文化財の不法な輸入、輸出及び所有権移転を禁止し及び防止する手段に関する条約」(文化財不法輸出入等禁止条約)を採択しているが、近年盗掘・密輸された文化財でも「中華民国」期の所蔵品に偽装することで同条約の適用を回避し、「ロンダリング」により「合法化」できてしまうという。しかも、落札したコレクターが転売することも合法となる。(成都=新華社配信)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019031101387

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    03:37.28
    2019年03月15日
    「新華社」夢を追い続けて60年新疆の農民画家アブリキムさん

    中国新疆ウイグル自治区ホータン(和田)地区カラカシュ(墨玉)県ザワ(扎瓦)鎮で生まれ育った農民画家、アブリキム・メメトイミンさん。半世紀以上にわたって働きながら絵を描き、1万5千点以上の絵画作品を描いてきた。土と顔料まみれの手が描き出すのはアブリキムさんの心象風景で、ずっと思い描いている美しい生活だ。絵画との出会いは60年前にさかのぼる。15歳の時に油絵に触れ、西洋の芸術スタイルで描かれた濃厚な中国民間芸術に深く感動し、この絵画の方法を学ぼうと決意した。最初、アブリキムさんは絵画の本の図案通りに模写し続けた。貧しかったその時代、色の調整から塗り方まで、全て自分の感覚をたよりに研究を重ねた。絵画技術の向上に伴い、アブリキムさんは革新的な試みを始めた。地元の材料を絵に取り入れるようになり、胡楊を描く時には、枝葉のざらざらした質感をさらに出すために、近くでたやすく入手できる細かい砂を使っている。アブリキムさんが最も得意としているもう一つの革新的な試みがある。それはカンバスの代わりに、地元特有の桑の樹皮で作った紙に油絵を描くというものだ。桑の皮の紙は普通の画用紙よりも分厚いので、潑墨(はつぼく)や渲染(せんせん)といった画法を何度も繰り返すことができ、完成した作品は重厚な印象を与える仕上がりとなり、人々の美的感覚にさらに符合する。アブリキムさんには現在、約3千点の作品があり、毎年多くの絵画ファンや美術専攻の学生がその名を慕ってやって来て、絵画の技法を学んでいる。これまでに1500人近くの愛好家に絵を指導し、美術関係に従事する弟子を30人以上輩出してきた。アブリキムさんは2014年、息子と会社を設立。作品の販売を始めるとともに、微信(ウィーチャット)の公式アカウントを開設し、地元でさらに多くの美術系人材を育成するための絵画教室や各種展覧会、交流会を開いている。(記者/丁磊、高晗)<映像内容>中国の農民画家の制作などの様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019031502061

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年03月19日
    青春を楽しむ中国の「ネットで人気の高齢者」

    北京で行われた「ファッション女性盛典」第1シーズンに出席した「おしゃれなおばあさん」。(3月19日撮影)中国北京市に住む64歳の林瑋(りん・い)さんは退職後、友人3人とモデルとして活躍している。林さんらが出演した動画が、2カ月前にショート動画共有アプリ「抖音」(TikTok)で思いがけず話題となった。平均年齢67歳の4人は「おしゃれなおばあさん」というグループ名で微信(ウィーチャット)公式アカウントとTikTokのアカウントを開設。TikTokの同グループに関する動画には現在、約600万の「いいね!」が付いている。動画のアップロードやコメントへの返信が、新たに林さんの生活の一部となった。林さんは「今ほど自信を持てたことはない。インターネット上の友人たちが私にたくさんの励ましと賛同をくれた」と語る。中国インターネット情報センター(CNNIC)が発表した「中国インターネット発展状況統計報告」によると、2018年12月時点で、中国のインターネット利用者に占める50歳以上の割合は、2017年末の10・5%から2018年末には12・5%まで拡大した。ショートムービーアプリも中高年層の間で急速に浸透している。中国インターネット視聴番組サービス協会(CNSA)が発表した「2019中国ネット視聴発展研究報告」によると、50歳以上の利用者による使用率は2018年6月の54・5%から同年12月には66・7%に上昇した。TikTokの責任者によると、TikTokの日次利用者数(DAU)は現在3億2千万人以上で、このうち約4千万人が50歳以上だという。(北京=新華社配信/陳振仁)=2019(平成31)年3月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019082800584

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年03月19日
    青春を楽しむ中国の「ネットで人気の高齢者」

    公園にたたずむ「おしゃれなおばあさん」。(3月19日撮影)中国北京市に住む64歳の林瑋(りん・い)さんは退職後、友人3人とモデルとして活躍している。林さんらが出演した動画が、2カ月前にショート動画共有アプリ「抖音」(TikTok)で思いがけず話題となった。平均年齢67歳の4人は「おしゃれなおばあさん」というグループ名で微信(ウィーチャット)公式アカウントとTikTokのアカウントを開設。TikTokの同グループに関する動画には現在、約600万の「いいね!」が付いている。動画のアップロードやコメントへの返信が、新たに林さんの生活の一部となった。林さんは「今ほど自信を持てたことはない。インターネット上の友人たちが私にたくさんの励ましと賛同をくれた」と語る。中国インターネット情報センター(CNNIC)が発表した「中国インターネット発展状況統計報告」によると、2018年12月時点で、中国のインターネット利用者に占める50歳以上の割合は、2017年末の10・5%から2018年末には12・5%まで拡大した。ショートムービーアプリも中高年層の間で急速に浸透している。中国インターネット視聴番組サービス協会(CNSA)が発表した「2019中国ネット視聴発展研究報告」によると、50歳以上の利用者による使用率は2018年6月の54・5%から同年12月には66・7%に上昇した。TikTokの責任者によると、TikTokの日次利用者数(DAU)は現在3億2千万人以上で、このうち約4千万人が50歳以上だという。(北京=新華社配信/呉宏輝)=2019(平成元)年3月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019082800583

  •  上海の玉仏寺でごみ分別中日交流が環境保護理念普及を後押し
    2019年03月20日
    上海の玉仏寺でごみ分別中日交流が環境保護理念普及を後押し

    20日、玉仏寺の微信(ウィーチャット)公式アカウントに登場した新しいコラム「釈小白が教えるごみ分別」。中国上海市にある玉仏寺の僧侶はこのほど、環境保護の理念を伝え、ゴミ分別の実践に積極的に取り組んでいる。玉仏寺の住職である覚醒法師は、僧侶らの実際の行動を通して、寺を訪れる信徒や観光客に影響を与え、ごみの分別による環境保護と資源リサイクルの理念を人々の心に刻みたいと考えている。ここ数年の中日仏教交流も、この環境保護の理念の広がりを後押ししているという。(上海=新華社配信/上海玉仏寺提供)=2019(平成31)年3月20日、クレジット:上海玉仏寺/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032902186

  •  バーチャル資産、中国人の遺言登録の有力な選択肢に
    2019年03月21日
    バーチャル資産、中国人の遺言登録の有力な選択肢に

    「中華遺嘱庫」(遺言バンク)の江蘇第一登録センターで、法務スタッフに遺言について相談する人たち。(資料写真)「もし私がいなくなったら、支付宝(アリペイ)・微信銭包(ウィーチャットウォレット)の残高、淘宝アカウント、QQアカウント、ゲームのアカウントはどうなるのだろう」。ますます多くの中国人がこんな心配を始めている。清明節(先祖を祭る中国の伝統的な祭日、今年は4月5日)を迎え、ネットでは「死後」をめぐる議論が活発化している。中国の伝統的観念では、遺言を定めたり、事前に葬儀を準備することはタブーとされている。また、死について話すことが災難をもたらすと考えている人さえいる。しかし、今ではこのタブーを打ち破り、「死後の事務処理」を早々と済ませる若い人たちがますます増えており、バーチャル資産も彼らが遺言を登録する際の有力な選択肢になっている。(広州=新華社配信/中華遺嘱庫提供)=2019(平成31)年3月21日、クレジット:中華遺嘱庫/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041700454

  •  バーチャル資産、中国人の遺言登録の有力な選択肢に
    2019年04月01日
    バーチャル資産、中国人の遺言登録の有力な選択肢に

    中国各地の「中華遺嘱庫」(遺言バンク)の登録センターに設置された「幸福メッセージ」用のポスト。(資料写真)「もし私がいなくなったら、支付宝(アリペイ)・微信銭包(ウィーチャットウォレット)の残高、淘宝アカウント、QQアカウント、ゲームのアカウントはどうなるのだろう」。ますます多くの中国人がこんな心配を始めている。清明節(先祖を祭る中国の伝統的な祭日、今年は4月5日)を迎え、ネットでは「死後」をめぐる議論が活発化している。中国の伝統的観念では、遺言を定めたり、事前に葬儀を準備することはタブーとされている。また、死について話すことが災難をもたらすと考えている人さえいる。しかし、今ではこのタブーを打ち破り、「死後の事務処理」を早々と済ませる若い人たちがますます増えており、バーチャル資産も彼らが遺言を登録する際の有力な選択肢になっている。(広州=新華社配信/中華遺嘱庫提供)=2019(平成31)年4月1日、クレジット:中華遺嘱庫/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041700460

  •  バーチャル資産、中国人の遺言登録の有力な選択肢に
    2019年04月08日
    バーチャル資産、中国人の遺言登録の有力な選択肢に

    「中華遺嘱庫」(遺言バンク)の登録者が身内に残した「幸福メッセージカード」。(資料写真)「もし私がいなくなったら、支付宝(アリペイ)・微信銭包(ウィーチャットウォレット)の残高、淘宝アカウント、QQアカウント、ゲームのアカウントはどうなるのだろう」。ますます多くの中国人がこんな心配を始めている。清明節(先祖を祭る中国の伝統的な祭日、今年は4月5日)を迎え、ネットでは「死後」をめぐる議論が活発化している。中国の伝統的観念では、遺言を定めたり、事前に葬儀を準備することはタブーとされている。また、死について話すことが災難をもたらすと考えている人さえいる。しかし、今ではこのタブーを打ち破り、「死後の事務処理」を早々と済ませる若い人たちがますます増えており、バーチャル資産も彼らが遺言を登録する際の有力な選択肢になっている。(広州=新華社配信/中華遺嘱庫提供)=撮影日不明、クレジット:中華遺嘱庫/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041700319

  •  バーチャル資産、中国人の遺言登録の有力な選択肢に
    2019年04月08日
    バーチャル資産、中国人の遺言登録の有力な選択肢に

    「中華遺嘱庫」(遺言バンク)の広東第一登録センターで、依頼者の質問に答える法務スタッフ。(資料写真)「もし私がいなくなったら、支付宝(アリペイ)・微信銭包(ウィーチャットウォレット)の残高、淘宝アカウント、QQアカウント、ゲームのアカウントはどうなるのだろう」。ますます多くの中国人がこんな心配を始めている。清明節(先祖を祭る中国の伝統的な祭日、今年は4月5日)を迎え、ネットでは「死後」をめぐる議論が活発化している。中国の伝統的観念では、遺言を定めたり、事前に葬儀を準備することはタブーとされている。また、死について話すことが災難をもたらすと考えている人さえいる。しかし、今ではこのタブーを打ち破り、「死後の事務処理」を早々と済ませる若い人たちがますます増えており、バーチャル資産も彼らが遺言を登録する際の有力な選択肢になっている。(広州=新華社配信/中華遺嘱庫提供)=撮影日不明、クレジット:中華遺嘱庫/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041700415

  •  バーチャル資産、中国人の遺言登録の有力な選択肢に
    2019年04月08日
    バーチャル資産、中国人の遺言登録の有力な選択肢に

    「中華遺嘱庫」(遺言バンク)の上海第一登録センターで、依頼者の質問に答える法務スタッフ。(資料写真)「もし私がいなくなったら、支付宝(アリペイ)・微信銭包(ウィーチャットウォレット)の残高、淘宝アカウント、QQアカウント、ゲームのアカウントはどうなるのだろう」。ますます多くの中国人がこんな心配を始めている。清明節(先祖を祭る中国の伝統的な祭日、今年は4月5日)を迎え、ネットでは「死後」をめぐる議論が活発化している。中国の伝統的観念では、遺言を定めたり、事前に葬儀を準備することはタブーとされている。また、死について話すことが災難をもたらすと考えている人さえいる。しかし、今ではこのタブーを打ち破り、「死後の事務処理」を早々と済ませる若い人たちがますます増えており、バーチャル資産も彼らが遺言を登録する際の有力な選択肢になっている。(広州=新華社配信/中華遺嘱庫提供)=撮影日不明、クレジット:中華遺嘱庫/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041700352

  •  「新華社」スマート製造で進む服装産業の高度化浙江省寧波市
    03:47.22
    2019年04月24日
    「新華社」スマート製造で進む服装産業の高度化浙江省寧波市

    中国浙江省はこのほど、昨年の同省における従来型製造業の構造転換・高度化業界別試行事業について、ベンチマーク分析を通知した。同省寧波市海曙(かいしょ)区の繊維・アパレル産業は年間の利益が約前年の3・9倍(289・1%増)、技術(研究)開発費の支出も約2・2倍(122・8%増)となり、伸び率は省内34のテスト試行事業中それぞれ1位、2位となった。「中国製造2025」試行事業の実施、従来型産業のスマート化という重責を担い、雅戈爾(ヤンガー)は2017年初めからの1年半に、従来型のアパレル産業をスマート型工場へと転換する道を積極的に模索してきた。本社の展示ホールでは、入口に設置されている2台のディスプレーが同社のストア3千店における販売データの変動をリアルタイムに表示しており、直感的で透明なデータで、生産・注文がより正確に理解できるようになっている。体験館の試着室では、画面上で携帯電話番号を入力して採寸スキャンを行うと、機械が体に関するデータをディスプレー画面上に伝送する。そして、メッセンジャーアプリの微信(ウィーチャット)を起動してディスプレー上のコードをスキャンし、会員登録して携帯電話番号とのひも付けを行うと、リアルタイムに採寸データを見ることができる。ディスプレー上には本人の人体モデルが出現して、自由に衣服を組み合わせて試着し、体に合った服を買うことができる。生産面におけるスマート化では昨年5月、1億6千万元(1元=約17円)を投資してスマート製造工場を建設し生産を開始した。(記者/夏亮、宋立峰)<映像内容>中国のアパレル市場、採寸スキャンの様子など、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019042401004

  •  紙メディアの逆襲「新シニア世代」の支持集め230万部発行
    2019年05月30日
    紙メディアの逆襲「新シニア世代」の支持集め230万部発行

    観光船で卒業を祝う「快楽老人大学」長沙市科大景園校区の受講生たち。(5月30日撮影)中南出版伝媒集団が主管し、瀟湘晨報が単独で発行する「快楽老人報」は2009年9月28日に創刊された。最大時発行部数は230万部に上り、一躍中国で発行部数最大の一般新聞の一つになった。現在のシニア世代の文化的老後生活のニーズフォーカスした「快楽老人報」は常に融合と発展を続け、新分野を開拓、国内最大のシニア向けポータルサイトを設立し、微信(ウィーチャット)のフォロワーは700万に達している。さらにシニア世代の教育活動についての良好な政策を頼みに、シニア世代が家の近くで学習、交流できる、情報、教育、社交、ショッピング、観光、健康などの機能を一体化した総合サービスプラットフォーム「快楽老人大学」を設立した。(長沙=新華社配信/曽東明)=2019(令和元)年5月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019091303643

  •  故宮博物院、7種類のデジタル製品を発表
    2019年07月16日
    故宮博物院、7種類のデジタル製品を発表

    16日、微信(ウィーチャット)アプリの「故宮ポケット宮匠」を見せる職員。中国北京市の故宮博物院で16日、「融古鑠今無界未来――デジタル故宮発表会」が行われ、「故宮名画記」「パノラマ故宮」「故宮を楽しむ」など7種類のデジタル製品が発表された。同博物院は文化財をデジタル化し、これらのデジタル資源の保護と研究、活用を巡る取り組みを進めていく。(北京=新華社記者/金良快)=2019(令和元)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019071902723

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年07月28日
    青春を楽しむ中国の「ネットで人気の高齢者」

    「おしゃれなおばあさん」の4人。(7月28日撮影)中国北京市に住む64歳の林瑋(りん・い)さんは退職後、友人3人とモデルとして活躍している。林さんらが出演した動画が、2カ月前にショート動画共有アプリ「抖音」(TikTok)で思いがけず話題となった。平均年齢67歳の4人は「おしゃれなおばあさん」というグループ名で微信(ウィーチャット)公式アカウントとTikTokのアカウントを開設。TikTokの同グループに関する動画には現在、約600万の「いいね!」が付いている。動画のアップロードやコメントへの返信が、新たに林さんの生活の一部となった。林さんは「今ほど自信を持てたことはない。インターネット上の友人たちが私にたくさんの励ましと賛同をくれた」と語る。中国インターネット情報センター(CNNIC)が発表した「中国インターネット発展状況統計報告」によると、2018年12月時点で、中国のインターネット利用者に占める50歳以上の割合は、2017年末の10・5%から2018年末には12・5%まで拡大した。ショートムービーアプリも中高年層の間で急速に浸透している。中国インターネット視聴番組サービス協会(CNSA)が発表した「2019中国ネット視聴発展研究報告」によると、50歳以上の利用者による使用率は2018年6月の54・5%から同年12月には66・7%に上昇した。TikTokの責任者によると、TikTokの日次利用者数(DAU)は現在3億2千万人以上で、このうち約4千万人が50歳以上だという。(北京=新華社配信/陳振仁)=2019(令和元)年7月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019082800567

  •  ウィーチャットペイのロゴマーク
    2019年08月09日
    ウィーチャットペイのロゴマーク

    キーワード:ウィチャットペイ、微信支付、WeChatPay、バーコード決済、QR決済、キャッシュレス、財布レス、看板、ロゴ、ロゴマーク=2019(令和元)年8月9日、東京都千代田区、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019082303678

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年08月12日
    青春を楽しむ中国の「ネットで人気の高齢者」

    北京の古い伝統的家屋建築、四合院の庭で世間話をする「おしゃれなおばあさん」。(8月12日撮影)中国北京市に住む64歳の林瑋(りん・い)さんは退職後、友人3人とモデルとして活躍している。林さんらが出演した動画が、2カ月前にショート動画共有アプリ「抖音」(TikTok)で思いがけず話題となった。平均年齢67歳の4人は「おしゃれなおばあさん」というグループ名で微信(ウィーチャット)公式アカウントとTikTokのアカウントを開設。TikTokの同グループに関する動画には現在、約600万の「いいね!」が付いている。動画のアップロードやコメントへの返信が、新たに林さんの生活の一部となった。林さんは「今ほど自信を持てたことはない。インターネット上の友人たちが私にたくさんの励ましと賛同をくれた」と語る。中国インターネット情報センター(CNNIC)が発表した「中国インターネット発展状況統計報告」によると、2018年12月時点で、中国のインターネット利用者に占める50歳以上の割合は、2017年末の10・5%から2018年末には12・5%まで拡大した。ショートムービーアプリも中高年層の間で急速に浸透している。中国インターネット視聴番組サービス協会(CNSA)が発表した「2019中国ネット視聴発展研究報告」によると、50歳以上の利用者による使用率は2018年6月の54・5%から同年12月には66・7%に上昇した。TikTokの責任者によると、TikTokの日次利用者数(DAU)は現在3億2千万人以上で、このうち約4千万人が50歳以上だという。(北京=新華社配信/呉宏輝)=2019(令和元)年8月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019082800542

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年08月12日
    青春を楽しむ中国の「ネットで人気の高齢者」

    街を歩く「おしゃれなおばあさん」。(8月12日撮影)中国北京市に住む64歳の林瑋(りん・い)さんは退職後、友人3人とモデルとして活躍している。林さんらが出演した動画が、2カ月前にショート動画共有アプリ「抖音」(TikTok)で思いがけず話題となった。平均年齢67歳の4人は「おしゃれなおばあさん」というグループ名で微信(ウィーチャット)公式アカウントとTikTokのアカウントを開設。TikTokの同グループに関する動画には現在、約600万の「いいね!」が付いている。動画のアップロードやコメントへの返信が、新たに林さんの生活の一部となった。林さんは「今ほど自信を持てたことはない。インターネット上の友人たちが私にたくさんの励ましと賛同をくれた」と語る。中国インターネット情報センター(CNNIC)が発表した「中国インターネット発展状況統計報告」によると、2018年12月時点で、中国のインターネット利用者に占める50歳以上の割合は、2017年末の10・5%から2018年末には12・5%まで拡大した。ショートムービーアプリも中高年層の間で急速に浸透している。中国インターネット視聴番組サービス協会(CNSA)が発表した「2019中国ネット視聴発展研究報告」によると、50歳以上の利用者による使用率は2018年6月の54・5%から同年12月には66・7%に上昇した。TikTokの責任者によると、TikTokの日次利用者数(DAU)は現在3億2千万人以上で、このうち約4千万人が50歳以上だという。(北京=新華社配信/呉宏輝)=2019(令和元)年8月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019082800587

  •  紙メディアの逆襲「新シニア世代」の支持集め230万部発行
    2019年09月02日
    紙メディアの逆襲「新シニア世代」の支持集め230万部発行

    2019年秋季クラス開講を一緒に祝う「快楽老年大学」芙蓉南路校区の受講生たち。(9月2日撮影)中南出版伝媒集団が主管し、瀟湘晨報が単独で発行する「快楽老人報」は2009年9月28日に創刊された。最大時発行部数は230万部に上り、一躍中国で発行部数最大の一般新聞の一つになった。現在のシニア世代の文化的老後生活のニーズフォーカスした「快楽老人報」は常に融合と発展を続け、新分野を開拓、国内最大のシニア向けポータルサイトを設立し、微信(ウィーチャット)のフォロワーは700万に達している。さらにシニア世代の教育活動についての良好な政策を頼みに、シニア世代が家の近くで学習、交流できる、情報、教育、社交、ショッピング、観光、健康などの機能を一体化した総合サービスプラットフォーム「快楽老人大学」を設立した。(長沙=新華社配信/劉宇航)=2019(令和元)年9月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019091303609

  •  紙メディアの逆襲「新シニア世代」の支持集め230万部発行
    2019年09月05日
    紙メディアの逆襲「新シニア世代」の支持集め230万部発行

    「快楽老人大学」の受講生、朱元亮(しゅ・げんりょう)さんは「快楽老人報」を通じ、市内在住の多くの同年代の友人ができた。それぞれが企画するイベントにもよく参加し、仲間の動画づくりを助けるために動画編集のソフトを独学でマスターした。前日撮影したシニアイベントの動画を編集する朱元亮さん。(9月5日撮影)中南出版伝媒集団が主管し、瀟湘晨報が単独で発行する「快楽老人報」は2009年9月28日に創刊された。最大時発行部数は230万部に上り、一躍中国で発行部数最大の一般新聞の一つになった。現在のシニア世代の文化的老後生活のニーズフォーカスした「快楽老人報」は常に融合と発展を続け、新分野を開拓、国内最大のシニア向けポータルサイトを設立し、微信(ウィーチャット)のフォロワーは700万に達している。さらにシニア世代の教育活動についての良好な政策を頼みに、シニア世代が家の近くで学習、交流できる、情報、教育、社交、ショッピング、観光、健康などの機能を一体化した総合サービスプラットフォーム「快楽老人大学」を設立した。(長沙=新華社記者/張玉潔)=2019(令和元)年9月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019091303597

  •  紙メディアの逆襲「新シニア世代」の支持集め230万部発行
    2019年09月05日
    紙メディアの逆襲「新シニア世代」の支持集め230万部発行

    「快楽老人大学」の受講生、朱元亮(しゅ・げんりょう)さんが10年来購読してきた「快楽老人報」。(9月5日撮影)中南出版伝媒集団が主管し、瀟湘晨報が単独で発行する「快楽老人報」は2009年9月28日に創刊された。最大時発行部数は230万部に上り、一躍中国で発行部数最大の一般新聞の一つになった。現在のシニア世代の文化的老後生活のニーズフォーカスした「快楽老人報」は常に融合と発展を続け、新分野を開拓、国内最大のシニア向けポータルサイトを設立し、微信(ウィーチャット)のフォロワーは700万に達している。さらにシニア世代の教育活動についての良好な政策を頼みに、シニア世代が家の近くで学習、交流できる、情報、教育、社交、ショッピング、観光、健康などの機能を一体化した総合サービスプラットフォーム「快楽老人大学」を設立した。(長沙=新華社配信/朱元亮)=2019(令和元)年9月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019091303599

  •  中国北方最大の民窯、磁州窯で守り抜かれる伝統の技河北省
    2019年09月12日
    中国北方最大の民窯、磁州窯で守り抜かれる伝統の技河北省

    12日、河北省邯鄲市峰峰鉱区の磁州窯芸術館で、来場者がスマホで磁州窯の陶器の大皿に焼き込まれた2次元バーコードを読み取っている。伝統的な黒釉掛け・掻き落としの技法で作られた大皿には磁州窯芸術館のWeChat(ウィーチャット、微信)の2次元バーコードがついており、来場者はスマホで磁州窯の関連情報を知ることができる。今年75歳になる劉立忠(りゅう・りつちゅう)さんは、第1陣の国家級無形文化遺産プロジェクトに指定された「磁州窯焼成技法」の代表的伝承者であり、「中国工芸美術大師」と「中国陶磁器芸術大師」として知られ、磁州窯塩店遺跡博物館の館長も務めている。陶芸の道に入ってから、ひたすら伝統技法の保存と研究に力を尽くしてきた。劉さんの整理と発掘により、伝統的な磁州窯焼成技法の72の工程が完全に保存・継承されたほか、失われていた20余りの装飾技法も復元された。磁州窯は中国北方最大の民窯体系で、古代民間の窯における代表的な存在でもある。同窯は中国の伝統的な絵画や書道の技法と製磁の技法を創造的に結びつけ、素朴でシンプルな芸術的スタイルを生み出した。今から7500年前の「磁山文化」の時代には、早くも先住民による陶器の生産が始まっており、それが現在に至るまで続いているという。劉さんは磁州窯の文化と技法をより確実に伝えるために、百名以上の弟子を受け入れ、若い世代に磁州窯の伝統的焼成技法の工程を教えている。(石家荘=新華社記者/王暁)=2019(令和元)年9月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019091909206

  • 偽中国語のスタンプ 日本の〝偽中国語〟に注目
    2019年09月20日
    偽中国語のスタンプ 日本の〝偽中国語〟に注目

    通信アプリ「微信」で使われている〝偽中国語〟のスタンプ(共同)

    商品コード: 2019092012775

  •  「新華社」世界軍人運動会、公式ゲーム「兵兵突撃」を発表
    01:21.68
    2019年10月10日
    「新華社」世界軍人運動会、公式ゲーム「兵兵突撃」を発表

    第7回世界軍人運動会の公式ゲーム「兵兵突撃」が10日、武漢市で発表された。大会マスコット「兵兵」にちなんで名付けられたニュースゲーム(時事問題を盛り込んだゲーム)で、オンラインの対戦競技を通じて一般人が同大会への理解を深めながら参加できる。一般人が参加しやすいように「兵兵突撃」はスマートフォンの体験版とスクリーンの対戦版がある。スマホ版は2次元バーコードを読み取るか同大会の微信(ウィーチャット)公式アカウントをフォローすれば体験でき、スクリーン対戦版は同大会メインメディアセンターにある関連展示エリアで体験できる。(記者/潘志偉)<映像内容>第7回世界軍人運動会の公式ゲーム「兵兵突撃」、撮影日:2019(令和元)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019101605359

  •  「新華社」外国人も中国でスマホ決済可能に!
    00:16.42
    2019年11月06日
    「新華社」外国人も中国でスマホ決済可能に!

    中国の電子決済サービス「支付宝(アリペイ)」を運営する螞蟻金服(アントフィナンシャル)は6日、中国国内の外国人観光客向けにアリペイ海外版のサービスを開始したと発表した。アプリをダウンロードして海外の携帯電話番号で登録し、ミニプログラムを開いて身分認証をするだけでサービスの利用が可能になる。海外の銀行カードと紐づけてチャージすれば、中国全域の店舗でアリペイを使った決済ができる。上海市では、多くの外国人観光客がモバイル決済の利用を始めている。外出する際は、モバイル決済可能な携帯電話さえあれば、財布を持たずに街で飲食や遊びを楽しむことができる。中国IT大手、騰訊控股(テンセント)も同日、クレジットカードの世界5大ブランドと提携し、中国香港・マカオ・台湾や外国籍のユーザーが中国大陸でモバイル決済サービス「微信支付(ウィーチャットペイ)」を使えるようにすると発表した。(記者/殷曉聖)<映像内容>中国国内の外国人観光客向けにアリペイ海外版のサービス開始、撮影日:2019(令和元)年11月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019111104034

  •  【輸入博】米EVスタートアップ創業者、中国市場進出の抱負を語る
    2019年11月07日
    【輸入博】米EVスタートアップ創業者、中国市場進出の抱負を語る

    7日、第2回輸入博の展示ブースのバックヤードで話し合う北京昌盛投資の韓凱然総経理(右)と「NeuronEV」共同創業者のScottZheng氏。テーブルの上にはZheng氏が会場で使うスマートフォン7台が並ぶ。米電気自動車(EV)スタートアップ「NeuronEV」は7日、中国上海市で開催された第2回中国国際輸入博覧会で新モデル2車種を発表した。一つは、バン型トラックと軽トラック、乗用ピックアップトラックの機能を併せ持つ乗用車市場に向けの多機能EV。もう一つは、バン型トラックとセミまたはフルトレーラーの機能を持つ商用車市場向けのスマートトラック。2車種ともユーザーの使用目的に合わせて形状や積載容量、用途を臨機応変に変えられる。会場で同社の共同創業者ScottZheng氏を取材すると、同氏はスマートフォン7台を手にしていた。質問を外れてその事を尋ねると「4台は古いもので臨時に持ってきた。3台は中国で新たに購入した。複数の微信(ウィーチャット、中国のSNS)のアカウントを登録したが、ブースでの問い合わせが多すぎて携帯への問い合わせに応じきれない。同僚を呼び出して助けてもらっている」と答えた。Zheng氏は、ユーザーからの質問に即座に答えることも究極のユーザー体験の一つだと語る。それこそが有望な顧客を開拓する絶好の機会なのだという。(上海=新華社記者/王琳琳)=2019(令和元)年11月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019111104080

  •  【輸入博】米EVスタートアップ創業者、中国市場進出の抱負を語る
    2019年11月07日
    【輸入博】米EVスタートアップ創業者、中国市場進出の抱負を語る

    7日、第2回輸入博の展示ブースのバックヤードで話し合う北京昌盛投資の韓凱然総経理(右)と「NeuronEV」共同創業者のScottZheng氏。机上にはZheng氏。テーブルの上にはZheng氏が会場で使う7台のスマートフォン7台が並ぶ。米電気自動車(EV)スタートアップ「NeuronEV」は7日、中国上海市で開催された第2回中国国際輸入博覧会で新モデル2車種を発表した。一つは、バン型トラックと軽トラック、乗用ピックアップトラックの機能を併せ持つ乗用車市場に向けの多機能EV。もう一つは、バン型トラックとセミまたはフルトレーラーの機能を持つ商用車市場向けのスマートトラック。2車種ともユーザーの使用目的に合わせて形状や積載容量、用途を臨機応変に変えられる。会場で同社の共同創業者ScottZheng氏を取材すると、同氏はスマートフォン7台を手にしていた。質問を外れてその事を尋ねると「4台は古いもので臨時に持ってきた。3台は中国で新たに購入した。複数の微信(ウィーチャット、中国のSNS)のアカウントを登録したが、ブースでの問い合わせが多すぎて携帯への問い合わせに応じきれない。同僚を呼び出して助けてもらっている」と答えた。Zheng氏は、ユーザーからの質問に即座に答えることも究極のユーザー体験の一つだと語る。それこそが有望な顧客を開拓する絶好の機会なのだという。(上海=新華社記者/王琳琳)=2019(令和元)年11月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019111104496

  •  【輸入博】米EVスタートアップ創業者、中国市場進出の抱負を語る
    2019年11月07日
    【輸入博】米EVスタートアップ創業者、中国市場進出の抱負を語る

    7日、第2回輸入博で発表された「NeuronEV」の新型モデル。米電気自動車(EV)スタートアップ「NeuronEV」は7日、中国上海市で開催された第2回中国国際輸入博覧会で新モデル2車種を発表した。一つは、バン型トラックと軽トラック、乗用ピックアップトラックの機能を併せ持つ乗用車市場に向けの多機能EV。もう一つは、バン型トラックとセミまたはフルトレーラーの機能を持つ商用車市場向けのスマートトラック。2車種ともユーザーの使用目的に合わせて形状や積載容量、用途を臨機応変に変えられる。会場で同社の共同創業者ScottZheng氏を取材すると、同氏はスマートフォン7台を手にしていた。質問を外れてその事を尋ねると「4台は古いもので臨時に持ってきた。3台は中国で新たに購入した。複数の微信(ウィーチャット、中国のSNS)のアカウントを登録したが、ブースでの問い合わせが多すぎて携帯への問い合わせに応じきれない。同僚を呼び出して助けてもらっている」と答えた。Zheng氏は、ユーザーからの質問に即座に答えることも究極のユーザー体験の一つだと語る。それこそが有望な顧客を開拓する絶好の機会なのだという。(上海=新華社記者/王琳琳)=2019(令和元)年11月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019111104103

  •  【輸入博】米EVスタートアップ創業者、中国市場進出の抱負を語る
    2019年11月07日
    【輸入博】米EVスタートアップ創業者、中国市場進出の抱負を語る

    7日、「NeuronEV」が第2回輸入博会場で開いた新車発表会。米電気自動車(EV)スタートアップ「NeuronEV」は7日、中国上海市で開催された第2回中国国際輸入博覧会で新モデル2車種を発表した。一つは、バン型トラックと軽トラック、乗用ピックアップトラックの機能を併せ持つ乗用車市場に向けの多機能EV。もう一つは、バン型トラックとセミまたはフルトレーラーの機能を持つ商用車市場向けのスマートトラック。2車種ともユーザーの使用目的に合わせて形状や積載容量、用途を臨機応変に変えられる。会場で同社の共同創業者ScottZheng氏を取材すると、同氏はスマートフォン7台を手にしていた。質問を外れてその事を尋ねると「4台は古いもので臨時に持ってきた。3台は中国で新たに購入した。複数の微信(ウィーチャット、中国のSNS)のアカウントを登録したが、ブースでの問い合わせが多すぎて携帯への問い合わせに応じきれない。同僚を呼び出して助けてもらっている」と答えた。Zheng氏は、ユーザーからの質問に即座に答えることも究極のユーザー体験の一つだと語る。それこそが有望な顧客を開拓する絶好の機会なのだという。(上海=新華社記者/王琳琳)=2019(令和元)年11月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019111104460

  •  中ロ国境の街で商売をするロシア人女性内モンゴル自治区
    2019年11月11日
    中ロ国境の街で商売をするロシア人女性内モンゴル自治区

    11日、ビクトリアさんがWeChat(ウィーチャット、微信)のモーメンツ(朋友圏)に送った商品の写真をチェックしている。ロシア出身のビクトリアさんは2011年、中国人の夫、尹訓沖(いん・くんちゅう)さんとともに中国内モンゴル自治区満州里(まんしゅうり)市に移り住んだ。中ロ国境貿易が盛んになるに伴い、ビクトリアさんは2016年、同市の中ロ互市貿易区の免税エリアに1号店を開き、主にロシア製の腕時計や革製品、陶器の人形などの特色ある商品を販売している。ビクトリアさんは中国語が話せるという強みと店の特色ある商品で、多くの消費者を引きつけている。彼女は今年6月、免税エリアに2号店を開いた。(満州里=新華社記者/徐欽)=2019(令和元)年11月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019111803609

  •  中国の大学の米国人英語講師、自作動画で中国を応援
    2019年11月26日
    中国の大学の米国人英語講師、自作動画で中国を応援

    「福」の字が書かれた紙を手に持ち、記念撮影するベンジャミン・キャリーさん夫婦。(2019年11月26日撮影)中国河北省廊坊市の北華航天工業学院で英語を教える米国人教師のベンジャミン・キャリーさんは、新型コロナウイルスによる肺炎が発生した後、中国人の妻とともに「団結した中国はこんなに強い!」という動画を制作した。動画はSNSアプリ微信(ウィーチャット)を通じて広がり、反響を呼んでいる。キャリーさんは動画で、新型肺炎発生以降の自らの体験や中国の肺炎との闘いの中で起きた感動的な話を紹介している。同動画は電子メールで米国にいる家族に送られ、フェイスブックにも投稿された。動画は各地に広がり、多くの米国人の共感を呼んでいる。(廊坊=新華社配信)=2019(令和元)年11月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020030203654

  •  貴州省貴陽市、市民にマスク30万枚を適正価格で提供
    2020年02月03日
    貴州省貴陽市、市民にマスク30万枚を適正価格で提供

    3日、貴陽市雲岩区北京路の薬局で、予約したマスクを買い求める市民。中国貴州省貴陽市は3~5日、1日10万枚、計30万枚のサージカルマスクを適正価格で市民に提供する。市民は同市市場監管局の微信(ウィーチャット)公式アカウント「貴陽市場監管」から予約できる。(貴陽=新華社記者/李黔渝)=2020(令和2)年2月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020020604975

  •  貴州省貴陽市、市民にマスク30万枚を適正価格で提供
    2020年02月03日
    貴州省貴陽市、市民にマスク30万枚を適正価格で提供

    3日、貴陽市雲岩区北京路の薬局で、予約したマスクを買うために列を作る市民。中国貴州省貴陽市は3~5日、1日10万枚、計30万枚のサージカルマスクを適正価格で市民に提供する。市民は同市市場監管局の微信(ウィーチャット)公式アカウント「貴陽市場監管」から予約できる。(貴陽=新華社記者/李黔渝)=2020(令和2)年2月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020020604881

  •  貴州省貴陽市、市民にマスク30万枚を適正価格で提供
    2020年02月03日
    貴州省貴陽市、市民にマスク30万枚を適正価格で提供

    3日、貴陽市雲岩区北京路の薬局で、マスクを5枚1組にして袋に入れるスタッフ。中国貴州省貴陽市は3~5日、1日10万枚、計30万枚のサージカルマスクを適正価格で市民に提供する。市民は同市市場監管局の微信(ウィーチャット)公式アカウント「貴陽市場監管」から予約できる。(貴陽=新華社記者/李黔渝)=2020(令和2)年2月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020020604863

  •  自宅を出られない住民のため、社区職員が買い物代行江西省南昌市
    2020年02月05日
    自宅を出られない住民のため、社区職員が買い物代行江西省南昌市

    5日、江西省南昌市紅谷灘新区の居住区で、住民に代わって購入した品物を仕分けする社区職員。新型コロナウイルスによる肺炎対策で、中国江西省南昌市の一部居住区や村では封鎖式管理が実施されている。それらの地区では、感染拡大を防ぐため自宅で過ごす住民の不便さを解消しようと、行政区である街道や社区(コミュニティー)の職員が住民に買い物代行サービスを提供している。艾志雲(がい・しうん)さんと胡春麗(こ・しゅんれい)さんは同市紅谷灘(こうこくたん)新区沙井街道が管轄する社区の職員。1月29日から社区内の住宅1棟で封鎖式管理が実施されているため、2人はこの棟に住む75戸の住民に代わって、生活必需品の購入を担当している。住民が前日に買い物リストを微信(ウィーチャット)のグループチャットに送信すると、艾さんと胡さんがそのリストに基づいて品物を購入。品物を戸別に仕分けて棟の下まで届け、住民たちが降りてきて品物を受け取る仕組みになっている。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年2月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020021001007

  •  自宅を出られない住民のため、社区職員が買い物代行江西省南昌市
    2020年02月05日
    自宅を出られない住民のため、社区職員が買い物代行江西省南昌市

    5日、封鎖式管理が行われている棟の住民のため、スーパーマーケットで商品を購入する艾志雲さん(右)と胡春麗さん(中央)。新型コロナウイルスによる肺炎対策で、中国江西省南昌市の一部居住区や村では封鎖式管理が実施されている。それらの地区では、感染拡大を防ぐため自宅で過ごす住民の不便さを解消しようと、行政区である街道や社区(コミュニティー)の職員が住民に買い物代行サービスを提供している。艾志雲(がい・しうん)さんと胡春麗(こ・しゅんれい)さんは同市紅谷灘(こうこくたん)新区沙井街道が管轄する社区の職員。1月29日から社区内の住宅1棟で封鎖式管理が実施されているため、2人はこの棟に住む75戸の住民に代わって、生活必需品の購入を担当している。住民が前日に買い物リストを微信(ウィーチャット)のグループチャットに送信すると、艾さんと胡さんがそのリストに基づいて品物を購入。品物を戸別に仕分けて棟の下まで届け、住民たちが降りてきて品物を受け取る仕組みになっている。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年2月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020021001110

  •  自宅を出られない住民のため、社区職員が買い物代行江西省南昌市
    2020年02月05日
    自宅を出られない住民のため、社区職員が買い物代行江西省南昌市

    5日、江西省南昌市紅谷灘新区の居住区で、住民に代わって購入した品物を仕分けする艾志雲さん(左)と胡春麗さん。新型コロナウイルスによる肺炎対策で、中国江西省南昌市の一部居住区や村では封鎖式管理が実施されている。それらの地区では、感染拡大を防ぐため自宅で過ごす住民の不便さを解消しようと、行政区である街道や社区(コミュニティー)の職員が住民に買い物代行サービスを提供している。艾志雲(がい・しうん)さんと胡春麗(こ・しゅんれい)さんは同市紅谷灘(こうこくたん)新区沙井街道が管轄する社区の職員。1月29日から社区内の住宅1棟で封鎖式管理が実施されているため、2人はこの棟に住む75戸の住民に代わって、生活必需品の購入を担当している。住民が前日に買い物リストを微信(ウィーチャット)のグループチャットに送信すると、艾さんと胡さんがそのリストに基づいて品物を購入。品物を戸別に仕分けて棟の下まで届け、住民たちが降りてきて品物を受け取る仕組みになっている。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年2月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020021000954

  •  自宅を出られない住民のため、社区職員が買い物代行江西省南昌市
    2020年02月05日
    自宅を出られない住民のため、社区職員が買い物代行江西省南昌市

    5日、江西省南昌市紅谷灘新区の居住区で、封鎖式管理が行われている棟の住民のため、ボランティアと一緒に購入した品物を届ける艾志雲さん(右端)と胡春麗さん(中央)。新型コロナウイルスによる肺炎対策で、中国江西省南昌市の一部居住区や村では封鎖式管理が実施されている。それらの地区では、感染拡大を防ぐため自宅で過ごす住民の不便さを解消しようと、行政区である街道や社区(コミュニティー)の職員が住民に買い物代行サービスを提供している。艾志雲(がい・しうん)さんと胡春麗(こ・しゅんれい)さんは同市紅谷灘(こうこくたん)新区沙井街道が管轄する社区の職員。1月29日から社区内の住宅1棟で封鎖式管理が実施されているため、2人はこの棟に住む75戸の住民に代わって、生活必需品の購入を担当している。住民が前日に買い物リストを微信(ウィーチャット)のグループチャットに送信すると、艾さんと胡さんがそのリストに基づいて品物を購入。品物を戸別に仕分けて棟の下まで届け、住民たちが降りてきて品物を受け取る仕組みになっている。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年2月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020021000950

  •  自宅を出られない住民のため、社区職員が買い物代行江西省南昌市
    2020年02月05日
    自宅を出られない住民のため、社区職員が買い物代行江西省南昌市

    5日、江西省南昌市紅谷灘新区の居住区で、封鎖式管理が行われている棟の住民のためボランティアと一緒に野菜を購入する艾志雲さん(左端)と胡春麗さん(中央)。新型コロナウイルスによる肺炎対策で、中国江西省南昌市の一部居住区や村では封鎖式管理が実施されている。それらの地区では、感染拡大を防ぐため自宅で過ごす住民の不便さを解消しようと、行政区である街道や社区(コミュニティー)の職員が住民に買い物代行サービスを提供している。艾志雲(がい・しうん)さんと胡春麗(こ・しゅんれい)さんは同市紅谷灘(こうこくたん)新区沙井街道が管轄する社区の職員。1月29日から社区内の住宅1棟で封鎖式管理が実施されているため、2人はこの棟に住む75戸の住民に代わって、生活必需品の購入を担当している。住民が前日に買い物リストを微信(ウィーチャット)のグループチャットに送信すると、艾さんと胡さんがそのリストに基づいて品物を購入。品物を戸別に仕分けて棟の下まで届け、住民たちが降りてきて品物を受け取る仕組みになっている。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年2月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020021001054

  •  自宅を出られない住民のため、社区職員が買い物代行江西省南昌市
    2020年02月05日
    自宅を出られない住民のため、社区職員が買い物代行江西省南昌市

    5日、江西省南昌市紅谷灘新区の居住区で、封鎖式管理が行われている棟の住民のため、ボランティアと一緒に購入した品物を届ける艾志雲さん(右端)と胡春麗さん(中央)。新型コロナウイルスによる肺炎対策で、中国江西省南昌市の一部居住区や村では封鎖式管理が実施されている。それらの地区では、感染拡大を防ぐため自宅で過ごす住民の不便さを解消しようと、行政区である街道や社区(コミュニティー)の職員が住民に買い物代行サービスを提供している。艾志雲(がい・しうん)さんと胡春麗(こ・しゅんれい)さんは同市紅谷灘(こうこくたん)新区沙井街道が管轄する社区の職員。1月29日から社区内の住宅1棟で封鎖式管理が実施されているため、2人はこの棟に住む75戸の住民に代わって、生活必需品の購入を担当している。住民が前日に買い物リストを微信(ウィーチャット)のグループチャットに送信すると、艾さんと胡さんがそのリストに基づいて品物を購入。品物を戸別に仕分けて棟の下まで届け、住民たちが降りてきて品物を受け取る仕組みになっている。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年2月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020021001080

  •  自宅を出られない住民のため、社区職員が買い物代行江西省南昌市
    2020年02月05日
    自宅を出られない住民のため、社区職員が買い物代行江西省南昌市

    5日、封鎖式管理が行われている棟の住民のため、スーパーマーケットで品物を購入する艾志雲さん。新型コロナウイルスによる肺炎対策で、中国江西省南昌市の一部居住区や村では封鎖式管理が実施されている。それらの地区では、感染拡大を防ぐため自宅で過ごす住民の不便さを解消しようと、行政区である街道や社区(コミュニティー)の職員が住民に買い物代行サービスを提供している。艾志雲(がい・しうん)さんと胡春麗(こ・しゅんれい)さんは同市紅谷灘(こうこくたん)新区沙井街道が管轄する社区の職員。1月29日から社区内の住宅1棟で封鎖式管理が実施されているため、2人はこの棟に住む75戸の住民に代わって、生活必需品の購入を担当している。住民が前日に買い物リストを微信(ウィーチャット)のグループチャットに送信すると、艾さんと胡さんがそのリストに基づいて品物を購入。品物を戸別に仕分けて棟の下まで届け、住民たちが降りてきて品物を受け取る仕組みになっている。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年2月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020021000952

  •  自宅を出られない住民のため、社区職員が買い物代行江西省南昌市
    2020年02月05日
    自宅を出られない住民のため、社区職員が買い物代行江西省南昌市

    5日、江西省南昌市紅谷灘新区の居住区で、購入した品物の写真を住民に送り、下りて来て受け取るよう知らせる胡春麗さん。新型コロナウイルスによる肺炎対策で、中国江西省南昌市の一部居住区や村では封鎖式管理が実施されている。それらの地区では、感染拡大を防ぐため自宅で過ごす住民の不便さを解消しようと、行政区である街道や社区(コミュニティー)の職員が住民に買い物代行サービスを提供している。艾志雲(がい・しうん)さんと胡春麗(こ・しゅんれい)さんは同市紅谷灘(こうこくたん)新区沙井街道が管轄する社区の職員。1月29日から社区内の住宅1棟で封鎖式管理が実施されているため、2人はこの棟に住む75戸の住民に代わって、生活必需品の購入を担当している。住民が前日に買い物リストを微信(ウィーチャット)のグループチャットに送信すると、艾さんと胡さんがそのリストに基づいて品物を購入。品物を戸別に仕分けて棟の下まで届け、住民たちが降りてきて品物を受け取る仕組みになっている。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年2月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020021001026

  •  なぜ彼らはウイルスとの闘いに勝利できたのか回復患者の追跡取材
    2020年02月08日
    なぜ彼らはウイルスとの闘いに勝利できたのか回復患者の追跡取材

    チャットアプリ微信(ウィーチャット)での問い合わせに返信する李霖琳(り・りんりん)さん(仮名)。(2月8日撮影)新型コロナウイルスによる肺炎の感染対策において、中国中央政府が湖北省で提唱した「収容すべき患者は全て収容し、漏れなく治療する」という徹底的な方針により、全国各地で「予防」と「治療」が両輪となって効果を発揮し、回復患者数が増加し続けている。(鄭州=新華社記者/李安)=2020(令和2)年2月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020030503702

  •  山西省晋中市のボランティア、医療関係者子女にネット指導
    2020年02月08日
    山西省晋中市のボランティア、医療関係者子女にネット指導

    2月8日、小学校2年生の宋馨宇(そう・しんう)さんにオンラインで英語を教える山西伝媒学院のボランティア、許婧(きょ・せい)さんのスマホ画面。(ウィーチャットからのスクリーンショット)中国湖北省武漢市で新型コロナウイルスによる肺炎が発生してから、山西省晋中市は大学生と教師のボランティア196人を招集。新型肺炎対策の第一線で働く医療関係者の子女58人にオンラインで絵画や詩歌、勉強などを教える活動を6500回以上にわたって行ってきた。(晋中=新華社配信)=2020(令和2)年2月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020030901003

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4