KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 令和
  • 記者
  • フフホト
  • 内容
  • 映像
  • 位置
  • 国境
  • 様子
  • 観光客
  • コンテナ

「ウラド後旗」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
27
( 1 27 件を表示)
  • 1
27
( 1 27 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 01:46.66
    2019年11月13日
    「新華社」「中国のゴビラクダの郷」を駆けるラクダたち

    「中国ゴビラクダの郷」と呼ばれる中国内モンゴル自治区ウラド後旗で13日、第4回国際ラクダ文化観光フェスティバルが開幕した。ウラド後旗は、中国で最も早くからラクダの飼育を始め、「中国のゴビラクダの郷」「ラクダポロの郷」「フタコブラクダの郷」「駿足ラクダの郷」と呼ばれている。ゴビラクダの数は現在、2002年の4千頭から5万頭まで増加している。開幕式には、無形文化遺産チーム、中国・モンゴル友好チーム、レスリングチーム、モンゴル代表チーム、ラクダポロ協会チームなどが相次いで登場した。国旗掲揚の後、聖火が灯され、モンゴル族の最高神である長生天(テングリ)からの恵みに感謝し、ウラド草原が天候に恵まれ、幸福であるよう祈りがささげられた。(記者/李雲平)<映像内容>第4回国際ラクダ文化観光フェスティバルの様子、撮影日:2019(令和元)年11月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019112003864

  • 00:28.73
    2020年03月13日
    「新華社」草原の妖精、コウジョウセンガゼルの群れ中国内モンゴル自治区

    中国内モンゴル自治区バヤンノール市ウラド後旗でこのほど、コウジョウセンガゼルの群れが姿を見せた。コウジョウセンガゼルは中国で「長尾黄羊」とも呼ばれる国家2級保護動物で、標高300~6千メートルの乾燥し荒涼とした砂漠や半砂漠地帯に生息している。ウラド草原では以前、コウジョウセンガゼルの姿はほとんど見られなかったが、ウラド後旗の生態環境がここ数年で次第に改善され、コウジョウセンガゼルが群れで生息・繁殖していることが確認されるようになった。<映像内容>コウジョウセンガゼルの群れの様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※サイズの小さい動画です。

    商品コード: 2020032303281

  • 01:23.68
    2020年04月08日
    「新華社」「金色の湖」に舞うオオハクチョウ内モンゴル自治区

    中国内モンゴル自治区バヤンノール市ウラド後旗の湖、西日淖爾(モンゴル語で「金色の湖」を意味する)ではこのところ、飛来したオオハクチョウが戯れたり、舞ったりしており、山々と青空と相まって、生気と活力にあふれた草原の景色を生み出している。(記者/李雲平)<映像内容>飛来したオオハクチョウの様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※画質が良くありません。

    商品コード: 2020040901899

  • 00:57.62
    2020年04月21日
    「新華社」草原のネズミ駆除にヘリコプター出動内モンゴル自治区

    中国内モンゴル自治区バヤンノール市ウラド後旗はこのほど、ペストの感染防止をより一層徹底するため、地元の牧畜民を組織して草原のネズミ駆除を全面的に実施し、ネズミの被害が深刻な地域では今回初めてヘリコプターからの殺鼠(さっそ)剤散布を行なった。ウラド後旗草原工作所によると、牧草地の面積は140万ムー(約9万3千ヘクタール)、うち35万ムー(約2万3千ヘクタール)の牧草地帯がネズミの被害を受けているという。被害地域は面積が広く、比較的集中しているため、ヘリコプターから殺鼠剤を散布することになった。対象となる防除面積は10万ムー(約6600ヘクタール)で、使用薬剤は殺鼠剤「世双鼠靶」5トンと殺虫剤に使われる植物由来の生薬「雷公藤」(らいこうとう)5トン。1回の飛行で面積6千ムー(約400ヘクタール)に薬剤600キロの散布を行い、計17回の飛行に技術者56人が参加したという。(記者/張晟)<映像内容>草原のネズミ駆除、殺鼠剤散布の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※画質が良くありません。

    商品コード: 2020042301868

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:38.27
    2020年07月21日
    「新華社」遠くに売られたラクダ、驚きの行動に感動の嵐内モンゴル自治区

    中国内モンゴル自治区バヤンノール市ウラド後旗で繰り広げられたラクダと飼い主の感動エピソードがSNSで話題を呼んでいる。物語は、遠くに売られたラクダが元の飼い主に会いたい一心で「家出」したところから始まる。ウラド後旗のホグチソムに住む牧畜民が昨年秋、長年飼っていた雌のラクダを約300キロ離れたウガイソムの友人に譲った。ラクダを飼うのが初めてという友人のために群れの中で最もおとなしく従順な1頭を選んだ結果、この高齢のラクダに白羽の矢が立った。冬の間はウガイソムの友人宅周辺で飼われていたが、先月27日、山に放牧された途端、行方不明になってしまった。ラクダは1週間後、約100キロ離れたバインウンドル山の麓で発見された。いくつもの山を越え、川を渡ったラクダの体は傷だらけの状態。地元牧畜民が保護し手厚く世話をしていたが、行方を捜していたウガイソムの飼い主が連れ戻しにやって来たため、ラクダは来た道を戻ることになった。道中、傷だらけのラクダがとぼとぼと歩く姿に同情した人々が写真に撮り、ソーシャルメディア「微信(ウィーチャット)」の朋友圏(モーメンツ)に次々と投稿。これが元の飼い主のティムールさんとナレンさん夫妻の目に留まった。驚いた夫妻はすぐにウガイソムの友人に連絡。ラクダのあまりのいじらしさに胸を打たれた夫妻は、別の雌の1頭と交換してもらい、このラクダをホグチソムに連れ帰った。元の生活に戻ったラクダは現在、大好きな夫妻の下で幸せに暮らしている。(記者/李雲平)<映像内容>遠くに売られたが家出をし、元の飼い主に引き取られるラクダ、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072701909

  • 2020年09月30日
    草原で観光イベント、ラクダ文化テーマに内モンゴル自治区

    9月30日、ラクダ文化観光イベントの開幕式で馬術を披露する出演者。中国内モンゴル自治区バヤンノール市ウラド後旗で9月30日、2020年ラクダ文化観光イベントが開幕した。5日間にわたり、ラクダレースや競馬、ウラド民謡大会など、民族色豊かなスポーツ競技や文化公演・展示などが行われる。草原には大勢の観光客が集まり、特色あるモンゴル族の文化に触れ、国慶節と中秋節の休暇を満喫している。(バヤンノール=新華社配信/王正)=2020(令和2)年9月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020100500758

  • 2020年09月30日
    草原で観光イベント、ラクダ文化テーマに内モンゴル自治区

    9月30日、ラクダ文化観光イベントの開幕式で踊りを披露する出演者。中国内モンゴル自治区バヤンノール市ウラド後旗で9月30日、2020年ラクダ文化観光イベントが開幕した。5日間にわたり、ラクダレースや競馬、ウラド民謡大会など、民族色豊かなスポーツ競技や文化公演・展示などが行われる。草原には大勢の観光客が集まり、特色あるモンゴル族の文化に触れ、国慶節と中秋節の休暇を満喫している。(バヤンノール=新華社配信/王正)=2020(令和2)年9月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020100500629

  • 2020年09月30日
    草原で観光イベント、ラクダ文化テーマに内モンゴル自治区

    9月30日、ラクダ文化観光イベントの開幕式で馬術を披露する出演者。中国内モンゴル自治区バヤンノール市ウラド後旗で9月30日、2020年ラクダ文化観光イベントが開幕した。5日間にわたり、ラクダレースや競馬、ウラド民謡大会など、民族色豊かなスポーツ競技や文化公演・展示などが行われる。草原には大勢の観光客が集まり、特色あるモンゴル族の文化に触れ、国慶節と中秋節の休暇を満喫している。(バヤンノール=新華社配信/王正)=2020(令和2)年9月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020100500759

  • 2020年09月30日
    草原で観光イベント、ラクダ文化テーマに内モンゴル自治区

    9月30日、ラクダ文化観光イベントの開幕式で馬術を披露する出演者。中国内モンゴル自治区バヤンノール市ウラド後旗で9月30日、2020年ラクダ文化観光イベントが開幕した。5日間にわたり、ラクダレースや競馬、ウラド民謡大会など、民族色豊かなスポーツ競技や文化公演・展示などが行われる。草原には大勢の観光客が集まり、特色あるモンゴル族の文化に触れ、国慶節と中秋節の休暇を満喫している。(バヤンノール=新華社配信/王正)=2020(令和2)年9月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020100500402

  • 2020年09月30日
    草原で観光イベント、ラクダ文化テーマに内モンゴル自治区

    9月30日、ラクダ文化観光イベントの開幕式で馬術を披露する出演者。中国内モンゴル自治区バヤンノール市ウラド後旗で9月30日、2020年ラクダ文化観光イベントが開幕した。5日間にわたり、ラクダレースや競馬、ウラド民謡大会など、民族色豊かなスポーツ競技や文化公演・展示などが行われる。草原には大勢の観光客が集まり、特色あるモンゴル族の文化に触れ、国慶節と中秋節の休暇を満喫している。(バヤンノール=新華社配信/王正)=2020(令和2)年9月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020100500753

  • 00:54.56
    2020年10月04日
    「新華社」草原でラクダ文化イベント、各種レースに歓声内モンゴル自治区

    国内モンゴル自治区バヤンノール市ウラド後旗で4日、ラクダ文化観光イベントが開催された。会場ではオートバイやモンゴル馬、ラクダによるレースが行われ、訪れた多くの観光客は草原で繰り広げられるスピードの競演を楽しんだ。(記者/李雲平)<映像内容>レースの様子、撮影日:2020(令和2)年10月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020100901156

  • 01:17.24
    2020年10月05日
    「新華社」ゴビラクダの里で文化観光イベント開催内モンゴル自治区

    中国内モンゴル自治区バヤンノール市ウラド後旗で9月30日~10月4日、ラクダ文化観光イベントが開催され、ラクダのポロやレースなどを多くの観光客が見物した。ゴビラクダの主要飼育地であることから「ゴビラクダの里」と呼ばれるウラド後旗では、現在約5万頭が飼育されている。「ウラドゴビラクダ」は2019年、中国無形農業文化遺産に指定され、「ゴビラクダ」は国家地理的表示の商標を得た。(記者/李雲平)<映像内容>ラクダ文化観光イベントの様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020100702103

  • 01:22.92
    2020年10月06日
    「新華社」ラクダ文化を盛り上げる、ラクダコンテスト開催内モンゴル自治区

    中国内モンゴル自治区バヤンノール市ウラド後旗では国慶節と中秋節の大型連休(1~8日)中、ゴビラクダ文化を発揚する目的でラクダコンテストが開催された。ウラド後旗はゴビラクダの主要飼育地で「ゴビラクダの里」と呼ばれ、現在約5万頭が飼育されている。(記者/李雲平)<映像内容>内モンゴル自治区で開催されたラクダコンテストの様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020100705828

  • 00:44.68
    2021年01月05日
    「新華社」内モンゴル自治区に氷瀑が出現

    中国内モンゴル自治区バヤンノール市ウラド後旗の山間部では、このところ続いた寒気の影響で滝が凍り付く「氷瀑」が出現した。外観はモミの木に似ており、高さは20メートルを超える。湧き水が切り立った崖から流れ落ちる途中で凍結し、氷の滝となった。氷瀑は氷点下まで冷えた地表面に水が流れ込み、岩石と共に凍結する自然現象で、中国では黄河壺口瀑布や天生橋瀑布などで出現することがよく知られている。(記者/李雲平) =配信日: 2021(令和3)年1月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021700063

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:57.80
    2021年07月19日
    「新華社」内モンゴル自治区、草原保険試行に4千万元投入

    中国内モンゴル自治区は今年、草原保険の試行事業を実施する。4千万元(1元=約17円)余りを投じ、3797万8800ムー(約253万2千ヘクタール)の草原に保険をかける。同自治区林草局などの部門が明らかにした。試験事業のエリアは、フルンボイル市の陳バルグ旗、赤峰市のアルホルチン旗、バヤンノール市のウラド後旗など8盟・市の13旗・県に及ぶ。これらの地域の草原が干ばつや火災、ネズミ害、砂嵐などの自然災害に見舞われた場合、現地牧民は保険会社から保険金を受け取ることができる。同自治区での草原保険試行事業の期間は3年間。今後は計画的、段階的に自治区全域に広げる。生態環境の改善を強化し、草原をよりよく保護することで、より多くの牧民に恩恵をもたらす。(記者/李雲平) =配信日: 2021(令和3)年7月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021071904522

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:42.35
    2021年09月03日
    「新華社」家畜の反射バンド装着で交通事故を防ぐ内モンゴル自治区

    中国内モンゴル自治区バヤンノール市政府によると、夜間に路上に出た大型家畜の交通事故を効果的に防ぐため、地元の交通警察が草原の主要幹線道路沿いを入念に巡回し、牧畜民に対して大型家畜の脚に装着するための反射バンドを無償で提供している。同市に広がるウラド草原は、北はモンゴルと国境を接しており、面積は7600万ムー(約507万ヘクタール)以上に達する。主にウラド前旗や中旗、後旗などに広がり、地元の牧畜民が飼育する馬やラクダなどの大型家畜が国道331号線や他の幹線道路を横断することが多く、交通安全上の潜在的リスクとなっている。国道331号線のウラド中旗区間は全長180キロ以上あり、沿道には牧畜民300世帯以上、牛やラクダなどの大型家畜3万頭以上が暮らしている。そのため地元では、車両と大型家畜が衝突する交通事故が起こることがあり、特に夜間は早めに気付くことが難しい。同旗交通警察大隊の警察官、高継平(こう・けいへい)さんによると、牛や馬、ラクダなどの大型家畜の脚に装着する反射バンドは、低温に強く360度の視認性を備えており、反射効果に優れ、200メートル以上の視認距離を確保できるという。同警察大隊は2020年から、主要幹線道路沿いの牧畜世帯に大型家畜用の反射バンドを配布しており、これまでに1万本以上が配られた。ウラド後旗でも「大型家畜の反射バンド装着キャンペーン」を実施。交通警察が組織的に牧畜地域を回り、牧畜民に反射バンドの使用方法を実演しており、これまでに2万本以上の反射バンドが牧畜民世帯に配布された。(記者/哈麗娜、李雲平) =配信日: 2021(令和3)年9月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021090309789

  • 2022年01月13日
    (2)ウラド後旗発の「中欧班列」第1便が出発内モンゴル自治区

    12日、ウラド後旗工業パークを出発するモスクワ行き「中欧班列」の第1便。中国内モンゴル自治区バヤンノール市ウラド後旗とロシアのモスクワを結ぶ「中欧班列」(中国-欧州間の国際定期貨物列車)が12日、ウラド後旗工業パークを出発した。ヒマワリの実などの農産物1150トンを積んだコンテナ50個を運ぶ。同自治区エレンホトから出国し、10日後にモスクワに到着する。ウラド後旗発の中欧班列の正式運行は今回が初めてで、地元が新たな発展枠組みに溶け込むための重要な支えになる。中国北部に位置するバヤンノール市はモンゴルと国境を接する。同国につながる重要なハブであり、「一帯一路」の重要な結節点になっている。同市では通関地や保税物流センター、中欧班列を備える全方位的な対外開放の新局面がすでに形成されている。(フフホト=新華社記者/李雲平)= 配信日: 2022(令和4)年1月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022011306753

  • 2022年01月13日
    (3)ウラド後旗発の「中欧班列」第1便が出発内モンゴル自治区

    12日、ウラド後旗工業パークを出発するモスクワ行き「中欧班列」の第1便。中国内モンゴル自治区バヤンノール市ウラド後旗とロシアのモスクワを結ぶ「中欧班列」(中国-欧州間の国際定期貨物列車)が12日、ウラド後旗工業パークを出発した。ヒマワリの実などの農産物1150トンを積んだコンテナ50個を運ぶ。同自治区エレンホトから出国し、10日後にモスクワに到着する。ウラド後旗発の中欧班列の正式運行は今回が初めてで、地元が新たな発展枠組みに溶け込むための重要な支えになる。中国北部に位置するバヤンノール市はモンゴルと国境を接する。同国につながる重要なハブであり、「一帯一路」の重要な結節点になっている。同市では通関地や保税物流センター、中欧班列を備える全方位的な対外開放の新局面がすでに形成されている。(フフホト=新華社記者/李雲平)= 配信日: 2022(令和4)年1月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022011306751

  • 2022年01月13日
    (1)ウラド後旗発の「中欧班列」第1便が出発内モンゴル自治区

    12日、ウラド後旗工業パークを出発するモスクワ行き「中欧班列」の第1便。中国内モンゴル自治区バヤンノール市ウラド後旗とロシアのモスクワを結ぶ「中欧班列」(中国-欧州間の国際定期貨物列車)が12日、ウラド後旗工業パークを出発した。ヒマワリの実などの農産物1150トンを積んだコンテナ50個を運ぶ。同自治区エレンホトから出国し、10日後にモスクワに到着する。ウラド後旗発の中欧班列の正式運行は今回が初めてで、地元が新たな発展枠組みに溶け込むための重要な支えになる。中国北部に位置するバヤンノール市はモンゴルと国境を接する。同国につながる重要なハブであり、「一帯一路」の重要な結節点になっている。同市では通関地や保税物流センター、中欧班列を備える全方位的な対外開放の新局面がすでに形成されている。(フフホト=新華社記者/李雲平)= 配信日: 2022(令和4)年1月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022011306749

  • 2022年01月13日
    (4)ウラド後旗発の「中欧班列」第1便が出発内モンゴル自治区

    12日、ウラド後旗工業パークを出発するモスクワ行き「中欧班列」の第1便。中国内モンゴル自治区バヤンノール市ウラド後旗とロシアのモスクワを結ぶ「中欧班列」(中国-欧州間の国際定期貨物列車)が12日、ウラド後旗工業パークを出発した。ヒマワリの実などの農産物1150トンを積んだコンテナ50個を運ぶ。同自治区エレンホトから出国し、10日後にモスクワに到着する。ウラド後旗発の中欧班列の正式運行は今回が初めてで、地元が新たな発展枠組みに溶け込むための重要な支えになる。中国北部に位置するバヤンノール市はモンゴルと国境を接する。同国につながる重要なハブであり、「一帯一路」の重要な結節点になっている。同市では通関地や保税物流センター、中欧班列を備える全方位的な対外開放の新局面がすでに形成されている。(フフホト=新華社記者/李雲平)= 配信日: 2022(令和4)年1月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022011306754

  • 2022年01月13日
    (5)ウラド後旗発の「中欧班列」第1便が出発内モンゴル自治区

    12日、ウラド後旗工業パークを出発するモスクワ行き「中欧班列」の第1便。中国内モンゴル自治区バヤンノール市ウラド後旗とロシアのモスクワを結ぶ「中欧班列」(中国-欧州間の国際定期貨物列車)が12日、ウラド後旗工業パークを出発した。ヒマワリの実などの農産物1150トンを積んだコンテナ50個を運ぶ。同自治区エレンホトから出国し、10日後にモスクワに到着する。ウラド後旗発の中欧班列の正式運行は今回が初めてで、地元が新たな発展枠組みに溶け込むための重要な支えになる。中国北部に位置するバヤンノール市はモンゴルと国境を接する。同国につながる重要なハブであり、「一帯一路」の重要な結節点になっている。同市では通関地や保税物流センター、中欧班列を備える全方位的な対外開放の新局面がすでに形成されている。(フフホト=新華社記者/李雲平)= 配信日: 2022(令和4)年1月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022011306770

  • 00:25.13
    2022年01月13日
    「新華社」ウラド後旗発の「中欧班列」第1便が出発内モンゴル自治区

    中国内モンゴル自治区バヤンノール市ウラド後旗とロシアのモスクワを結ぶ「中欧班列」(中国-欧州間の国際定期貨物列車)が12日、ウラド後旗工業パークを出発した。ヒマワリの実などの農産物1150トンを積んだコンテナ50個を運ぶ。同自治区エレンホトから出国し、10日後にモスクワに到着する。ウラド後旗発の中欧班列の正式運行は今回が初めてで、地元が新たな発展枠組みに溶け込むための重要な支えになる。中国北部に位置するバヤンノール市はモンゴルと国境を接する。同国につながる重要なハブであり、「一帯一路」の重要な結節点になっている。同市では通関地や保税物流センター、中欧班列を備える全方位的な対外開放の新局面がすでに形成されている。(記者/李雲平) =配信日: 2022(令和4)年1月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022011306774

  • 2022年06月06日
    (1)内モンゴル自治区で1億2500万年前の恐竜化石を発見

    化石を発掘するスタッフ。(資料写真)中国内モンゴル自治区のバヤンノール自然博物館は、ウラド後旗の楚魯廟(そろびょう)地区でこのほど実施した日常的な巡回調査で保存状態の良い恐竜の化石を発見したと発表した。骨格の形態からイグアノドン類の恐竜の化石とほぼ断定した。バヤンノール自然博物館の戴瑞明(たい・ずいめい)館長によると、化石は約1億2500万年前の白亜紀初期のイグアノドン類のもので、出土した骨格化石から、体格が大きく、成体に近い状態だと分かった。(フフホト=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年6月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022060604187

  • 2022年06月06日
    (2)内モンゴル自治区で1億2500万年前の恐竜化石を発見

    発掘した化石を見せるスタッフ。(資料写真)中国内モンゴル自治区のバヤンノール自然博物館は、ウラド後旗の楚魯廟(そろびょう)地区でこのほど実施した日常的な巡回調査で保存状態の良い恐竜の化石を発見したと発表した。骨格の形態からイグアノドン類の恐竜の化石とほぼ断定した。バヤンノール自然博物館の戴瑞明(たい・ずいめい)館長によると、化石は約1億2500万年前の白亜紀初期のイグアノドン類のもので、出土した骨格化石から、体格が大きく、成体に近い状態だと分かった。(フフホト=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年6月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022060604189

  • 2022年06月06日
    (3)内モンゴル自治区で1億2500万年前の恐竜化石を発見

    化石を発掘するスタッフ。(資料写真)中国内モンゴル自治区のバヤンノール自然博物館は、ウラド後旗の楚魯廟(そろびょう)地区でこのほど実施した日常的な巡回調査で保存状態の良い恐竜の化石を発見したと発表した。骨格の形態からイグアノドン類の恐竜の化石とほぼ断定した。バヤンノール自然博物館の戴瑞明(たい・ずいめい)館長によると、化石は約1億2500万年前の白亜紀初期のイグアノドン類のもので、出土した骨格化石から、体格が大きく、成体に近い状態だと分かった。(フフホト=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年6月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022060604188

  • 00:59.22
    2022年06月06日
    「新華社」内モンゴル自治区で1億2500万年前の恐竜化石を発見

    中国内モンゴル自治区のバヤンノール自然博物館は、ウラド後旗の楚魯廟(そろびょう)地区でこのほど実施した日常的な巡回調査で保存状態の良い恐竜の化石を発見したと発表した。骨格の形態からイグアノドン類の恐竜の化石とほぼ断定した。取材に訪れた発見現場では、化石の一部が地表に露出し、スタッフが発掘作業と保護作業を行っていた。バヤンノール自然博物館の戴瑞明(たい・ずいめい)館長によると、化石は約1億2500万年前の白亜紀初期のイグアノドン類のもので、出土した骨格化石から、体格が大きく、成体に近い状態だと分かった。戴氏は、化石の数に応じて適切な保護措置を取ると説明。単独の個体であれば博物館に持ち帰って引き続き研究を行うが、数が多く、保存状態が良ければ保存施設を建てて全面的に保護することも検討できると述べた。ウラド後旗ではイグアノドン類恐竜の化石の発見が少ないため、今回の発見は古生物、古層序、古環境、古気候の研究に大きな意義を持つ。イグアノドン類恐竜の地理的分布、習性、進化の研究でも高い学術的価値があるという。ウラド後旗はバヤンノール市の北西部に位置する。管区内のバヤンマンダフ恐竜化石地質遺跡は世界的にも恐竜化石の出土地として知られ、これまでに16属19種の恐竜化石が見つかっている。(記者/李雲平) =配信日: 2022(令和4)年6月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022060604191

  • 2022年06月06日
    (4)内モンゴル自治区で1億2500万年前の恐竜化石を発見

    ウラド後旗のバヤンマンダフ恐竜化石保護区。(資料写真)中国内モンゴル自治区のバヤンノール自然博物館は、ウラド後旗の楚魯廟(そろびょう)地区でこのほど実施した日常的な巡回調査で保存状態の良い恐竜の化石を発見したと発表した。骨格の形態からイグアノドン類の恐竜の化石とほぼ断定した。バヤンノール自然博物館の戴瑞明(たい・ずいめい)館長によると、化石は約1億2500万年前の白亜紀初期のイグアノドン類のもので、出土した骨格化石から、体格が大きく、成体に近い状態だと分かった。(フフホト=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年6月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022060604190

  • 1