KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 令和
  • 記者
  • 渡り鳥
  • ウルムチ
  • 生き物
  • ひき
  • 様子
  • 生存
  • 統計
  • 観測

「ウルング」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
83
( 1 83 件を表示)
  • 1
83
( 1 83 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • -
    Ignatius Cornelius Marinus, Flemish, 1599-1639, after Peter Paul Rubens, Flemish, 1577-1640, The Ascension of Christ

    Ignatius Cornelius Marinus, Flemish, 1599-1639, after Peter Paul Rubens, Flemish, 1577-1640, The Ascension of Christ, early 17th century, engraving printed in black ink on laid paper, Sheet (trimmed within plate mark): 17 3/4 x 13 1/8 inches (45.1 x 33.3 cm).、クレジット:Album/quintlox/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

    商品コード: 2020033003043

  • -
    Africa Central. Monte donde habita el Espíritu Mtombua. Vista del Mtombua Urungu a orillas del lago Tanganika. Grabado. Africa i

    Africa Central. Monte donde habita el Espíritu Mtombua. Vista del Mtombua Urungu a orillas del lago Tanganika. Grabado. Africa inexplorada, El Continente Misterioso, por Henry Morton Stanley, h. 1887. Biblioteca Histórico Militar de Barcelona, Cataluña, España.、クレジット:Album/Prisma/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

    商品コード: 2019081605225

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年06月09日
    ウルングル湖に集まる渡り鳥新疆アルタイ地区

    9日、ウルングル湖国家湿地公園で羽を休めるシラサギ。中国新疆ウイグル自治区アルタイ地区のウルングル(烏倫古)湖国家湿地公園では夏を迎え、多くの渡り鳥が空を舞ったり湿地にたたずんだりする様子が見られるようになり、美しい風景に彩りを添えている。(アルタイ=新華社記者/丁磊)=2019(令和元)年6月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019061108221

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年06月09日
    ウルングル湖に集まる渡り鳥新疆アルタイ地区

    9日、ウルングル湖国家湿地公園で餌を探すハジロクロハラアジサシ。中国新疆ウイグル自治区アルタイ地区のウルングル(烏倫古)湖国家湿地公園では夏を迎え、多くの渡り鳥が空を舞ったり湿地にたたずんだりする様子が見られるようになり、美しい風景に彩りを添えている。(アルタイ=新華社記者/丁磊)=2019(令和元)年6月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019061108202

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年06月09日
    ウルングル湖に集まる渡り鳥新疆アルタイ地区

    9日、ウルングル湖国家湿地公園の上空を飛ぶシラサギ。中国新疆ウイグル自治区アルタイ地区のウルングル(烏倫古)湖国家湿地公園では夏を迎え、多くの渡り鳥が空を舞ったり湿地にたたずんだりする様子が見られるようになり、美しい風景に彩りを添えている。(アルタイ=新華社記者/丁磊)=2019(令和元)年6月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019061108184

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年06月09日
    ウルングル湖に集まる渡り鳥新疆アルタイ地区

    9日、ウルングル湖国家湿地公園で餌を探すセイタカシギ。中国新疆ウイグル自治区アルタイ地区のウルングル(烏倫古)湖国家湿地公園では夏を迎え、多くの渡り鳥が空を舞ったり湿地にたたずんだりする様子が見られるようになり、美しい風景に彩りを添えている。(アルタイ=新華社記者/丁磊)=2019(令和元)年6月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019061108228

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年06月09日
    ウルングル湖に集まる渡り鳥新疆アルタイ地区

    9日、ウルングル湖国家湿地公園の上空を飛ぶ水鳥の群れ。中国新疆ウイグル自治区アルタイ地区のウルングル(烏倫古)湖国家湿地公園では夏を迎え、多くの渡り鳥が空を舞ったり湿地にたたずんだりする様子が見られるようになり、美しい風景に彩りを添えている。(アルタイ=新華社記者/丁磊)=2019(令和元)年6月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019061108227

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年06月09日
    ウルングル湖に集まる渡り鳥新疆アルタイ地区

    9日、ウルングル湖国家湿地公園で羽を休めるホシハジロ。中国新疆ウイグル自治区アルタイ地区のウルングル(烏倫古)湖国家湿地公園では夏を迎え、多くの渡り鳥が空を舞ったり湿地にたたずんだりする様子が見られるようになり、美しい風景に彩りを添えている。(アルタイ=新華社記者/丁磊)=2019(令和元)年6月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019061108212

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年06月09日
    ウルングル湖に集まる渡り鳥新疆アルタイ地区

    9日、ウルングル湖国家湿地公園で餌を探すアカアシシギ。中国新疆ウイグル自治区アルタイ地区のウルングル(烏倫古)湖国家湿地公園では夏を迎え、多くの渡り鳥が空を舞ったり湿地にたたずんだりする様子が見られるようになり、美しい風景に彩りを添えている。(アルタイ=新華社記者/丁磊)=2019(令和元)年6月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019061108234

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年01月05日
    極寒の中、最盛期迎えた冬季漁獲新疆ブルルトカイ県

    5日、アイスドリルを使って氷に穴を開ける漁民。中国新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州アルタイ地区にある福海(ブルルトカイ)県では1月から3月にかけて冬季漁獲の最盛期を迎える。漁民はこの時期、気温が氷点下17度から氷点下30度という極寒の中、氷上で7~8時間かけて漁をする。冬のひき網漁は同地で60年以上の歴史を持つ重要な漁業となっている。新疆最北端のアルタイ地区に位置する福海県にはエルティシ川と烏倫古(ウルングル)川の水系が広がり、烏倫古湖と吉力湖を持つ。水域面積は1035平方キロで養殖水域面積は同自治区の6分の1を占め、重要な漁業基地の一つとなっている。人口はわずか6万人だが、2019年の水産物取引量は9800トン、生産高は2億5500万元(1元=約16円)だった。同県漁業管轄部門の馬海元(ば・かいげん)氏によると、同県では盛んな漁業によって、観光業、飲食業、宿泊業の発展も加速しているという。(ブルルトカイ=新華社記者/張暁竜)=2020(令和2)年1月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020012320415

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年01月05日
    極寒の中、最盛期迎えた冬季漁獲新疆ブルルトカイ県

    5日午前8時、氷の上に張ったテント内で、トラクターのディーゼルエンジンをかかりやすくするためにオイルパンをバーナーで暖める漁民。中国新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州アルタイ地区にある福海(ブルルトカイ)県では1月から3月にかけて冬季漁獲の最盛期を迎える。漁民はこの時期、気温が氷点下17度から氷点下30度という極寒の中、氷上で7~8時間かけて漁をする。冬のひき網漁は同地で60年以上の歴史を持つ重要な漁業となっている。新疆最北端のアルタイ地区に位置する福海県にはエルティシ川と烏倫古(ウルングル)川の水系が広がり、烏倫古湖と吉力湖を持つ。水域面積は1035平方キロで養殖水域面積は同自治区の6分の1を占め、重要な漁業基地の一つとなっている。人口はわずか6万人だが、2019年の水産物取引量は9800トン、生産高は2億5500万元(1元=約16円)だった。同県漁業管轄部門の馬海元(ば・かいげん)氏によると、同県では盛んな漁業によって、観光業、飲食業、宿泊業の発展も加速しているという。(ブルルトカイ=新華社記者/張暁竜)=2020(令和2)年1月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020012320832

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年01月05日
    極寒の中、最盛期迎えた冬季漁獲新疆ブルルトカイ県

    5日、網を載せた木製のソリを引くブルルトカイ県の漁民。中国新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州アルタイ地区にある福海(ブルルトカイ)県では1月から3月にかけて冬季漁獲の最盛期を迎える。漁民はこの時期、気温が氷点下17度から氷点下30度という極寒の中、氷上で7~8時間かけて漁をする。冬のひき網漁は同地で60年以上の歴史を持つ重要な漁業となっている。新疆最北端のアルタイ地区に位置する福海県にはエルティシ川と烏倫古(ウルングル)川の水系が広がり、烏倫古湖と吉力湖を持つ。水域面積は1035平方キロで養殖水域面積は同自治区の6分の1を占め、重要な漁業基地の一つとなっている。人口はわずか6万人だが、2019年の水産物取引量は9800トン、生産高は2億5500万元(1元=約16円)だった。同県漁業管轄部門の馬海元(ば・かいげん)氏によると、同県では盛んな漁業によって、観光業、飲食業、宿泊業の発展も加速しているという。(ブルルトカイ=新華社記者/張暁竜)=2020(令和2)年1月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020012320712

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年01月05日
    極寒の中、最盛期迎えた冬季漁獲新疆ブルルトカイ県

    5日、ブルルトカイ県で引き上げた網から水草を取る漁民。中国新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州アルタイ地区にある福海(ブルルトカイ)県では1月から3月にかけて冬季漁獲の最盛期を迎える。漁民はこの時期、気温が氷点下17度から氷点下30度という極寒の中、氷上で7~8時間かけて漁をする。冬のひき網漁は同地で60年以上の歴史を持つ重要な漁業となっている。新疆最北端のアルタイ地区に位置する福海県にはエルティシ川と烏倫古(ウルングル)川の水系が広がり、烏倫古湖と吉力湖を持つ。水域面積は1035平方キロで養殖水域面積は同自治区の6分の1を占め、重要な漁業基地の一つとなっている。人口はわずか6万人だが、2019年の水産物取引量は9800トン、生産高は2億5500万元(1元=約16円)だった。同県漁業管轄部門の馬海元(ば・かいげん)氏によると、同県では盛んな漁業によって、観光業、飲食業、宿泊業の発展も加速しているという。(ブルルトカイ=新華社記者/張暁竜)=2020(令和2)年1月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020012320868

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年01月05日
    極寒の中、最盛期迎えた冬季漁獲新疆ブルルトカイ県

    5日、漁民がアイスドリルを使って氷に開けた穴。中国新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州アルタイ地区にある福海(ブルルトカイ)県では1月から3月にかけて冬季漁獲の最盛期を迎える。漁民はこの時期、気温が氷点下17度から氷点下30度という極寒の中、氷上で7~8時間かけて漁をする。冬のひき網漁は同地で60年以上の歴史を持つ重要な漁業となっている。新疆最北端のアルタイ地区に位置する福海県にはエルティシ川と烏倫古(ウルングル)川の水系が広がり、烏倫古湖と吉力湖を持つ。水域面積は1035平方キロで養殖水域面積は同自治区の6分の1を占め、重要な漁業基地の一つとなっている。人口はわずか6万人だが、2019年の水産物取引量は9800トン、生産高は2億5500万元(1元=約16円)だった。同県漁業管轄部門の馬海元(ば・かいげん)氏によると、同県では盛んな漁業によって、観光業、飲食業、宿泊業の発展も加速しているという。(ブルルトカイ=新華社記者/張暁竜)=2020(令和2)年1月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020012320783

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年01月05日
    極寒の中、最盛期迎えた冬季漁獲新疆ブルルトカイ県

    5日、推計で700~800キロあるという1日の漁獲量。中国新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州アルタイ地区にある福海(ブルルトカイ)県では1月から3月にかけて冬季漁獲の最盛期を迎える。漁民はこの時期、気温が氷点下17度から氷点下30度という極寒の中、氷上で7~8時間かけて漁をする。冬のひき網漁は同地で60年以上の歴史を持つ重要な漁業となっている。新疆最北端のアルタイ地区に位置する福海県にはエルティシ川と烏倫古(ウルングル)川の水系が広がり、烏倫古湖と吉力湖を持つ。水域面積は1035平方キロで養殖水域面積は同自治区の6分の1を占め、重要な漁業基地の一つとなっている。人口はわずか6万人だが、2019年の水産物取引量は9800トン、生産高は2億5500万元(1元=約16円)だった。同県漁業管轄部門の馬海元(ば・かいげん)氏によると、同県では盛んな漁業によって、観光業、飲食業、宿泊業の発展も加速しているという。(ブルルトカイ=新華社記者/張暁竜)=2020(令和2)年1月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020012320429

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年01月05日
    極寒の中、最盛期迎えた冬季漁獲新疆ブルルトカイ県

    5日、ウインチを使って網に結ばれたスチールワイヤーを巻き上げる漁民。中国新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州アルタイ地区にある福海(ブルルトカイ)県では1月から3月にかけて冬季漁獲の最盛期を迎える。漁民はこの時期、気温が氷点下17度から氷点下30度という極寒の中、氷上で7~8時間かけて漁をする。冬のひき網漁は同地で60年以上の歴史を持つ重要な漁業となっている。新疆最北端のアルタイ地区に位置する福海県にはエルティシ川と烏倫古(ウルングル)川の水系が広がり、烏倫古湖と吉力湖を持つ。水域面積は1035平方キロで養殖水域面積は同自治区の6分の1を占め、重要な漁業基地の一つとなっている。人口はわずか6万人だが、2019年の水産物取引量は9800トン、生産高は2億5500万元(1元=約16円)だった。同県漁業管轄部門の馬海元(ば・かいげん)氏によると、同県では盛んな漁業によって、観光業、飲食業、宿泊業の発展も加速しているという。(ブルルトカイ=新華社記者/張暁竜)=2020(令和2)年1月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020012320342

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年01月05日
    極寒の中、最盛期迎えた冬季漁獲新疆ブルルトカイ県

    5日、冬の漁の合間にポットに入ったミルクティーを飲む漁民。中国新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州アルタイ地区にある福海(ブルルトカイ)県では1月から3月にかけて冬季漁獲の最盛期を迎える。漁民はこの時期、気温が氷点下17度から氷点下30度という極寒の中、氷上で7~8時間かけて漁をする。冬のひき網漁は同地で60年以上の歴史を持つ重要な漁業となっている。新疆最北端のアルタイ地区に位置する福海県にはエルティシ川と烏倫古(ウルングル)川の水系が広がり、烏倫古湖と吉力湖を持つ。水域面積は1035平方キロで養殖水域面積は同自治区の6分の1を占め、重要な漁業基地の一つとなっている。人口はわずか6万人だが、2019年の水産物取引量は9800トン、生産高は2億5500万元(1元=約16円)だった。同県漁業管轄部門の馬海元(ば・かいげん)氏によると、同県では盛んな漁業によって、観光業、飲食業、宿泊業の発展も加速しているという。(ブルルトカイ=新華社記者/張暁竜)=2020(令和2)年1月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020012320411

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年01月05日
    極寒の中、最盛期迎えた冬季漁獲新疆ブルルトカイ県

    5日、アイスドリルを使って厚さ37センチの氷に穴を開ける漁民。中国新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州アルタイ地区にある福海(ブルルトカイ)県では1月から3月にかけて冬季漁獲の最盛期を迎える。漁民はこの時期、気温が氷点下17度から氷点下30度という極寒の中、氷上で7~8時間かけて漁をする。冬のひき網漁は同地で60年以上の歴史を持つ重要な漁業となっている。新疆最北端のアルタイ地区に位置する福海県にはエルティシ川と烏倫古(ウルングル)川の水系が広がり、烏倫古湖と吉力湖を持つ。水域面積は1035平方キロで養殖水域面積は同自治区の6分の1を占め、重要な漁業基地の一つとなっている。人口はわずか6万人だが、2019年の水産物取引量は9800トン、生産高は2億5500万元(1元=約16円)だった。同県漁業管轄部門の馬海元(ば・かいげん)氏によると、同県では盛んな漁業によって、観光業、飲食業、宿泊業の発展も加速しているという。(ブルルトカイ=新華社記者/張暁竜)=2020(令和2)年1月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020012320419

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:12.32
    2020年03月14日
    「新華社」パンダより希少な中国ビーバー、生息数500頭超える

    動物界の「建築家」「生きた化石」と呼ばれるビーバーは、生態環境の改善に重要な役割を果たしている。中国新疆ウイグル自治区のアルタイ地区では、地元政府と民間公益団体の保護により、域内に生息するヨーロッパビーバーの中国固有種「蒙新河狸」(学名:Castorfiberbirulai)の数が500頭を超えた。新疆瞳之初自然保護協会の責任者、初雯雯(しょ・ぶんぶん)さんは「コクトカイ県のウルングル川流域でこのほど、5頭のビーバーが氷の上で食事をしているのを初めて観察できた」と語った。同協会は2018年からアルタイ地区林業局と共同でビーバーの生態観測と保護活動を行っている。ビーバーは生態環境の変化に非常に敏感だと言われる。蒙新河狸は中国で一級重点保護野生動物にしてされており、絶滅の危機に瀕したこともある。初さんは「蒙新河狸は生態環境を改善することができる。彼らが作るダムは小さな生息環境を形成し、多くの生物種を取り込み小さな生態循環を作り出している。同時に洪水のリスクも抑えることができる」と語る。アルタイ地区はここ数年、生態保護に力を入れている。野生動物の巡回保護制度を整備したほか、川辺の林で重点的にフェンスの設置や管理保護、植樹造林を実施したことで、ビーバーの生存環境は大きく改善された。最新の統計によると、域内の蒙新河狸の生息数は162群、510頭となっている。(記者/孫哲)<映像内容>野生のビーバーの様子、撮影日:2020(令和2)年3月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020032425790

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年06月18日
    渡り鳥の休息地、ウルングル湖国家湿地公園を訪ねて新疆アルタイ地区

    18日、新疆ウイグル自治区のウルングル湖国家湿地公園。(小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区アルタイ地区のウルングル(烏倫古)湖国家湿地公園は、ウルングル湖と吉力湖の二つの湖で構成され、天山、アルタイ両山脈を越える渡り鳥が英気を養う場所となっている。さまざまな渡り鳥が、この優れた環境を持つ湿地で繁殖したり羽を休めたりして、美しい景観を生み出している。(ブルルトカイ=新華社記者/沙達提)=2020(令和2)年6月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062508540

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年06月18日
    渡り鳥の休息地、ウルングル湖国家湿地公園を訪ねて新疆アルタイ地区

    18日、新疆ウイグル自治区のウルングル湖国家湿地公園。(小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区アルタイ地区のウルングル(烏倫古)湖国家湿地公園は、ウルングル湖と吉力湖の二つの湖で構成され、天山、アルタイ両山脈を越える渡り鳥が英気を養う場所となっている。さまざまな渡り鳥が、この優れた環境を持つ湿地で繁殖したり羽を休めたりして、美しい景観を生み出している。(ブルルトカイ=新華社記者/沙達提)=2020(令和2)年6月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062508572

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年06月18日
    渡り鳥の休息地、ウルングル湖国家湿地公園を訪ねて新疆アルタイ地区

    18日、新疆ウイグル自治区のウルングル湖国家湿地公園。(小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区アルタイ地区のウルングル(烏倫古)湖国家湿地公園は、ウルングル湖と吉力湖の二つの湖で構成され、天山、アルタイ両山脈を越える渡り鳥が英気を養う場所となっている。さまざまな渡り鳥が、この優れた環境を持つ湿地で繁殖したり羽を休めたりして、美しい景観を生み出している。(ブルルトカイ=新華社記者/沙達提)=2020(令和2)年6月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062508578

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年06月19日
    渡り鳥の休息地、ウルングル湖国家湿地公園を訪ねて新疆アルタイ地区

    19日、新疆ウイグル自治区のウルングル湖国家湿地公園。(小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区アルタイ地区のウルングル(烏倫古)湖国家湿地公園は、ウルングル湖と吉力湖の二つの湖で構成され、天山、アルタイ両山脈を越える渡り鳥が英気を養う場所となっている。さまざまな渡り鳥が、この優れた環境を持つ湿地で繁殖したり羽を休めたりして、美しい景観を生み出している。(ブルルトカイ=新華社記者/沙達提)=2020(令和2)年6月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062508503

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年06月19日
    渡り鳥の休息地、ウルングル湖国家湿地公園を訪ねて新疆アルタイ地区

    19日、新疆ウイグル自治区のウルングル湖国家湿地公園。(小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区アルタイ地区のウルングル(烏倫古)湖国家湿地公園は、ウルングル湖と吉力湖の二つの湖で構成され、天山、アルタイ両山脈を越える渡り鳥が英気を養う場所となっている。さまざまな渡り鳥が、この優れた環境を持つ湿地で繁殖したり羽を休めたりして、美しい景観を生み出している。(ブルルトカイ=新華社記者/沙達提)=2020(令和2)年6月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062508519

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年06月19日
    渡り鳥の休息地、ウルングル湖国家湿地公園を訪ねて新疆アルタイ地区

    19日、新疆ウイグル自治区のウルングル湖国家湿地公園で餌を探すアヒルの群れ。(小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区アルタイ地区のウルングル(烏倫古)湖国家湿地公園は、ウルングル湖と吉力湖の二つの湖で構成され、天山、アルタイ両山脈を越える渡り鳥が英気を養う場所となっている。さまざまな渡り鳥が、この優れた環境を持つ湿地で繁殖したり羽を休めたりして、美しい景観を生み出している。(ブルルトカイ=新華社記者/沙達提)=2020(令和2)年6月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062508579

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年06月19日
    渡り鳥の休息地、ウルングル湖国家湿地公園を訪ねて新疆アルタイ地区

    19日、新疆ウイグル自治区のウルングル湖国家湿地公園。(小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区アルタイ地区のウルングル(烏倫古)湖国家湿地公園は、ウルングル湖と吉力湖の二つの湖で構成され、天山、アルタイ両山脈を越える渡り鳥が英気を養う場所となっている。さまざまな渡り鳥が、この優れた環境を持つ湿地で繁殖したり羽を休めたりして、美しい景観を生み出している。(ブルルトカイ=新華社記者/沙達提)=2020(令和2)年6月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062508593

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年06月19日
    渡り鳥の休息地、ウルングル湖国家湿地公園を訪ねて新疆アルタイ地区

    19日、新疆ウイグル自治区のウルングル湖国家湿地公園で餌を探す水鳥。中国新疆ウイグル自治区アルタイ地区のウルングル(烏倫古)湖国家湿地公園は、ウルングル湖と吉力湖の二つの湖で構成され、天山、アルタイ両山脈を越える渡り鳥が英気を養う場所となっている。さまざまな渡り鳥が、この優れた環境を持つ湿地で繁殖したり羽を休めたりして、美しい景観を生み出している。(ブルルトカイ=新華社記者/沙達提)=2020(令和2)年6月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062508598

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月22日
    新疆ウイグル自治区の人気観光スポット

    新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州アルタイ地区ブルルトカイ(福海)県のウルングル(烏倫古)湖海上魔鬼城風景区。(9月22日撮影)中国新疆ウイグル自治区では新型コロナウイルスの予防・抑制の常態化を前提に、文化観光産業が全面的に回復、観光市場が急成長している。(ウルムチ=新華社記者/沙達提)=2020(令和2)年9月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020100703157

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月23日
    渡り鳥の楽園、ウルングル湖国家湿地公園新疆ウイグル自治区

    23日、ウルングル湖国家湿地公園の水面を泳ぐオオハクチョウ。中国新疆ウイグル自治区アルタイ地区はここ数年、生態環境の改善を進めている。ブルルトカイ(福海)県のウルングル(烏倫古)湖国家湿地公園でもハクチョウやクロヅル、アカハシハジロ、オシドリ、ガン、タンチョウヅル、シラサギ、ソデグロヅルなど渡り鳥の個体数が増加した。(ブルルトカイ=新華社記者/沙達提)=2020(令和2)年9月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020092901063

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月23日
    渡り鳥の楽園、ウルングル湖国家湿地公園新疆ウイグル自治区

    23日、ウルングル湖国家湿地公園ではばたくオオハクチョウ。中国新疆ウイグル自治区アルタイ地区はここ数年、生態環境の改善を進めている。ブルルトカイ(福海)県のウルングル(烏倫古)湖国家湿地公園でもハクチョウやクロヅル、アカハシハジロ、オシドリ、ガン、タンチョウヅル、シラサギ、ソデグロヅルなど渡り鳥の個体数が増加した。(ブルルトカイ=新華社記者/張誉東)=2020(令和2)年9月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020092901093

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月23日
    渡り鳥の楽園、ウルングル湖国家湿地公園新疆ウイグル自治区

    23日、ウルングル湖国家湿地公園で餌を捕る水鳥。中国新疆ウイグル自治区アルタイ地区はここ数年、生態環境の改善を進めている。ブルルトカイ(福海)県のウルングル(烏倫古)湖国家湿地公園でもハクチョウやクロヅル、アカハシハジロ、オシドリ、ガン、タンチョウヅル、シラサギ、ソデグロヅルなど渡り鳥の個体数が増加した。(ブルルトカイ=新華社記者/沙達提)=2020(令和2)年9月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020092901142

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月23日
    渡り鳥の楽園、ウルングル湖国家湿地公園新疆ウイグル自治区

    23日、ウルングル湖国家湿地公園の水面を泳ぐオオハクチョウ。中国新疆ウイグル自治区アルタイ地区はここ数年、生態環境の改善を進めている。ブルルトカイ(福海)県のウルングル(烏倫古)湖国家湿地公園でもハクチョウやクロヅル、アカハシハジロ、オシドリ、ガン、タンチョウヅル、シラサギ、ソデグロヅルなど渡り鳥の個体数が増加した。(ブルルトカイ=新華社記者/沙達提)=2020(令和2)年9月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020092901155

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月23日
    渡り鳥の楽園、ウルングル湖国家湿地公園新疆ウイグル自治区

    23日、ウルングル湖国家湿地公園の上空を飛ぶ水鳥の群れ。中国新疆ウイグル自治区アルタイ地区はここ数年、生態環境の改善を進めている。ブルルトカイ(福海)県のウルングル(烏倫古)湖国家湿地公園でもハクチョウやクロヅル、アカハシハジロ、オシドリ、ガン、タンチョウヅル、シラサギ、ソデグロヅルなど渡り鳥の個体数が増加した。(ブルルトカイ=新華社記者/張誉東)=2020(令和2)年9月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020092901197

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月23日
    渡り鳥の楽園、ウルングル湖国家湿地公園新疆ウイグル自治区

    23日、ウルングル湖国家湿地公園の上空を飛ぶ水鳥。中国新疆ウイグル自治区アルタイ地区はここ数年、生態環境の改善を進めている。ブルルトカイ(福海)県のウルングル(烏倫古)湖国家湿地公園でもハクチョウやクロヅル、アカハシハジロ、オシドリ、ガン、タンチョウヅル、シラサギ、ソデグロヅルなど渡り鳥の個体数が増加した。(ブルルトカイ=新華社記者/張誉東)=2020(令和2)年9月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020092901200

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月23日
    渡り鳥の楽園、ウルングル湖国家湿地公園新疆ウイグル自治区

    23日、ウルングル湖国家湿地公園の上空を飛ぶオオハクチョウ。中国新疆ウイグル自治区アルタイ地区はここ数年、生態環境の改善を進めている。ブルルトカイ(福海)県のウルングル(烏倫古)湖国家湿地公園でもハクチョウやクロヅル、アカハシハジロ、オシドリ、ガン、タンチョウヅル、シラサギ、ソデグロヅルなど渡り鳥の個体数が増加した。(ブルルトカイ=新華社記者/沙達提)=2020(令和2)年9月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020092901067

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月23日
    渡り鳥の楽園、ウルングル湖国家湿地公園新疆ウイグル自治区

    23日、ウルングル湖国家湿地公園の上空を飛ぶ水鳥の群れ。中国新疆ウイグル自治区アルタイ地区はここ数年、生態環境の改善を進めている。ブルルトカイ(福海)県のウルングル(烏倫古)湖国家湿地公園でもハクチョウやクロヅル、アカハシハジロ、オシドリ、ガン、タンチョウヅル、シラサギ、ソデグロヅルなど渡り鳥の個体数が増加した。(ブルルトカイ=新華社記者/沙達提)=2020(令和2)年9月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020092901137

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月23日
    渡り鳥の楽園、ウルングル湖国家湿地公園新疆ウイグル自治区

    23日、ウルングル湖国家湿地公園ではばたくオオハクチョウ。中国新疆ウイグル自治区アルタイ地区はここ数年、生態環境の改善を進めている。ブルルトカイ(福海)県のウルングル(烏倫古)湖国家湿地公園でもハクチョウやクロヅル、アカハシハジロ、オシドリ、ガン、タンチョウヅル、シラサギ、ソデグロヅルなど渡り鳥の個体数が増加した。(ブルルトカイ=新華社記者/張誉東)=2020(令和2)年9月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020092901170

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月23日
    渡り鳥の楽園、ウルングル湖国家湿地公園新疆ウイグル自治区

    23日、ウルングル湖国家湿地公園の上空を飛ぶオオハクチョウ。中国新疆ウイグル自治区アルタイ地区はここ数年、生態環境の改善を進めている。ブルルトカイ(福海)県のウルングル(烏倫古)湖国家湿地公園でもハクチョウやクロヅル、アカハシハジロ、オシドリ、ガン、タンチョウヅル、シラサギ、ソデグロヅルなど渡り鳥の個体数が増加した。(ブルルトカイ=新華社記者/沙達提)=2020(令和2)年9月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020092901213

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月23日
    渡り鳥の楽園、ウルングル湖国家湿地公園新疆ウイグル自治区

    23日、ウルングル湖国家湿地公園ではばたくオオハクチョウ。中国新疆ウイグル自治区アルタイ地区はここ数年、生態環境の改善を進めている。ブルルトカイ(福海)県のウルングル(烏倫古)湖国家湿地公園でもハクチョウやクロヅル、アカハシハジロ、オシドリ、ガン、タンチョウヅル、シラサギ、ソデグロヅルなど渡り鳥の個体数が増加した。(ブルルトカイ=新華社記者/沙達提)=2020(令和2)年9月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020092901171

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月23日
    渡り鳥の楽園、ウルングル湖国家湿地公園新疆ウイグル自治区

    23日、ウルングル湖国家湿地公園に生息する水鳥。中国新疆ウイグル自治区アルタイ地区はここ数年、生態環境の改善を進めている。ブルルトカイ(福海)県のウルングル(烏倫古)湖国家湿地公園でもハクチョウやクロヅル、アカハシハジロ、オシドリ、ガン、タンチョウヅル、シラサギ、ソデグロヅルなど渡り鳥の個体数が増加した。(ブルルトカイ=新華社記者/沙達提)=2020(令和2)年9月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020092901201

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月23日
    渡り鳥の楽園、ウルングル湖国家湿地公園新疆ウイグル自治区

    23日、ウルングル湖国家湿地公園の上空を飛ぶオオハクチョウ。中国新疆ウイグル自治区アルタイ地区はここ数年、生態環境の改善を進めている。ブルルトカイ(福海)県のウルングル(烏倫古)湖国家湿地公園でもハクチョウやクロヅル、アカハシハジロ、オシドリ、ガン、タンチョウヅル、シラサギ、ソデグロヅルなど渡り鳥の個体数が増加した。(ブルルトカイ=新華社記者/張誉東)=2020(令和2)年9月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020092901205

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月23日
    渡り鳥の楽園、ウルングル湖国家湿地公園新疆ウイグル自治区

    23日、ウルングル湖国家湿地公園の水面を泳ぐオオハクチョウ。中国新疆ウイグル自治区アルタイ地区はここ数年、生態環境の改善を進めている。ブルルトカイ(福海)県のウルングル(烏倫古)湖国家湿地公園でもハクチョウやクロヅル、アカハシハジロ、オシドリ、ガン、タンチョウヅル、シラサギ、ソデグロヅルなど渡り鳥の個体数が増加した。(ブルルトカイ=新華社記者/沙達提)=2020(令和2)年9月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020092901097

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月23日
    渡り鳥の楽園、ウルングル湖国家湿地公園新疆ウイグル自治区

    23日、ウルングル湖国家湿地公園の上空を飛ぶオオハクチョウ。中国新疆ウイグル自治区アルタイ地区はここ数年、生態環境の改善を進めている。ブルルトカイ(福海)県のウルングル(烏倫古)湖国家湿地公園でもハクチョウやクロヅル、アカハシハジロ、オシドリ、ガン、タンチョウヅル、シラサギ、ソデグロヅルなど渡り鳥の個体数が増加した。(ブルルトカイ=新華社記者/張誉東)=2020(令和2)年9月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020092901108

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年12月30日
    (10)ウルングル湖で「冬漁」が最盛期新疆ウイグル自治区

    27日、ウルングル湖で、漁の準備をする漁師たち。中国新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州アルタイ地区ブルルトカイ(福海)県にある中国内陸の10大淡水湖の一つ、ウルングル(烏倫古)湖では、毎年12月の中下旬に「冬漁」の最盛期を迎える。同湖で漁師らが伝統漁法、氷下ひき網漁をする様子はダイナミックで、迫力に満ちている。(ブルルトカイ=新華社記者/沙達提)= 配信日: 2020(令和2)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020123001479

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年12月30日
    (5)ウルングル湖で「冬漁」が最盛期新疆ウイグル自治区

    27日、ウルングル湖で漁をする漁師たち。中国新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州アルタイ地区ブルルトカイ(福海)県にある中国内陸の10大淡水湖の一つ、ウルングル(烏倫古)湖では、毎年12月の中下旬に「冬漁」の最盛期を迎える。同湖で漁師らが伝統漁法、氷下ひき網漁をする様子はダイナミックで、迫力に満ちている。(ブルルトカイ=新華社記者/沙達提)= 配信日: 2020(令和2)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020123001470

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年12月30日
    (4)ウルングル湖で「冬漁」が最盛期新疆ウイグル自治区

    27日、ウルングル湖の氷に穴をあける漁師たち。中国新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州アルタイ地区ブルルトカイ(福海)県にある中国内陸の10大淡水湖の一つ、ウルングル(烏倫古)湖では、毎年12月の中下旬に「冬漁」の最盛期を迎える。同湖で漁師らが伝統漁法、氷下ひき網漁をする様子はダイナミックで、迫力に満ちている。(ブルルトカイ=新華社記者/沙達提)= 配信日: 2020(令和2)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020123001473

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年12月30日
    (9)ウルングル湖で「冬漁」が最盛期新疆ウイグル自治区

    27日、ウルングル湖に沈む夕日の風景。中国新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州アルタイ地区ブルルトカイ(福海)県にある中国内陸の10大淡水湖の一つ、ウルングル(烏倫古)湖では、毎年12月の中下旬に「冬漁」の最盛期を迎える。同湖で漁師らが伝統漁法、氷下ひき網漁をする様子はダイナミックで、迫力に満ちている。(ブルルトカイ=新華社記者/沙達提)= 配信日: 2020(令和2)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020123001475

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年12月30日
    (7)ウルングル湖で「冬漁」が最盛期新疆ウイグル自治区

    27日、ウルングル湖で、漁網を運ぶ漁師。中国新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州アルタイ地区ブルルトカイ(福海)県にある中国内陸の10大淡水湖の一つ、ウルングル(烏倫古)湖では、毎年12月の中下旬に「冬漁」の最盛期を迎える。同湖で漁師らが伝統漁法、氷下ひき網漁をする様子はダイナミックで、迫力に満ちている。(ブルルトカイ=新華社記者/沙達提)= 配信日: 2020(令和2)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020123001471

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年12月30日
    (2)ウルングル湖で「冬漁」が最盛期新疆ウイグル自治区

    27日、ウルングル湖で、網の中で飛び跳ねる魚。中国新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州アルタイ地区ブルルトカイ(福海)県にある中国内陸の10大淡水湖の一つ、ウルングル(烏倫古)湖では、毎年12月の中下旬に「冬漁」の最盛期を迎える。同湖で漁師らが伝統漁法、氷下ひき網漁をする様子はダイナミックで、迫力に満ちている。(ブルルトカイ=新華社記者/沙達提)= 配信日: 2020(令和2)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020123001472

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年12月30日
    (3)ウルングル湖で「冬漁」が最盛期新疆ウイグル自治区

    27日、ウルングル湖で、網から勢いよく飛び出した魚。中国新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州アルタイ地区ブルルトカイ(福海)県にある中国内陸の10大淡水湖の一つ、ウルングル(烏倫古)湖では、毎年12月の中下旬に「冬漁」の最盛期を迎える。同湖で漁師らが伝統漁法、氷下ひき網漁をする様子はダイナミックで、迫力に満ちている。(ブルルトカイ=新華社記者/沙達提)= 配信日: 2020(令和2)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020123001468

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年12月30日
    (6)ウルングル湖で「冬漁」が最盛期新疆ウイグル自治区

    27日、ウルングル湖で漁をする漁師たち。中国新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州アルタイ地区ブルルトカイ(福海)県にある中国内陸の10大淡水湖の一つ、ウルングル(烏倫古)湖では、毎年12月の中下旬に「冬漁」の最盛期を迎える。同湖で漁師らが伝統漁法、氷下ひき網漁をする様子はダイナミックで、迫力に満ちている。(ブルルトカイ=新華社記者/沙達提)= 配信日: 2020(令和2)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020123001476

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年12月30日
    (1)ウルングル湖で「冬漁」が最盛期新疆ウイグル自治区

    27日、ウルングル湖で、網の中で飛び跳ねる魚。中国新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州アルタイ地区ブルルトカイ(福海)県にある中国内陸の10大淡水湖の一つ、ウルングル(烏倫古)湖では、毎年12月の中下旬に「冬漁」の最盛期を迎える。同湖で漁師らが伝統漁法、氷下ひき網漁をする様子はダイナミックで、迫力に満ちている。(ブルルトカイ=新華社記者/沙達提)= 配信日: 2020(令和2)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020123001469

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年12月30日
    (8)ウルングル湖で「冬漁」が最盛期新疆ウイグル自治区

    27日、凍結したウルングル湖の氷に穴をあける漁師。中国新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州アルタイ地区ブルルトカイ(福海)県にある中国内陸の10大淡水湖の一つ、ウルングル(烏倫古)湖では、毎年12月の中下旬に「冬漁」の最盛期を迎える。同湖で漁師らが伝統漁法、氷下ひき網漁をする様子はダイナミックで、迫力に満ちている。(ブルルトカイ=新華社記者/沙達提)= 配信日: 2020(令和2)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020123001474

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:08.58
    2021年04月06日
    「新華社」春のブルルトカイ県に渡り鳥が飛来新疆ウイグル自治区

    中国新疆ウイグル自治区アルタイ地区ブルルトカイ県のウルングル(烏倫古)湖国家湿地公園では暖かくなるにつれ、多くの渡り鳥が飛来し、羽根を休めたり餌をついばんだりする様子が見られるようになった。同県はここ数年、自然環境が改善を続け、渡り鳥が同公園で生息や繁殖をするようになった。現在は、カワウやカモメ、シラサギ、コウライアイサ、ハクチョウなど、10種類以上の鳥が生息している。(記者/沙達提) =配信日: 2021(令和3)年4月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021040606687

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年06月15日
    (4)ウルングル湖国家湿地公園を訪ねて新疆ウイグル自治区

    7日、空から見たウルングル湖国家湿地公園。(小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州アルタイ地区のウルングル(烏倫古)湖国家湿地公園は総面積12万ヘクタール余り、湿地性植物と砂地植物の両方が生育する地帯にあり、渡り鳥に豊富な食物と生存、繁殖環境を提供している。湿地公園はここ数年、鳥類を保護するため複数の取り組みを行っている。同自治区各級政府は、湿地の保護・回復事業、ウルングル湖の鳥類に関する科学普及教育活動などを含む、生態系構築に約1億2千万元(1元=約17円)を相次いで投入した。統計によると2020年末時点で、同湿地公園では計269種類の鳥類が観測されている。同年観測された国家1級保護動物のカオジロオタテガモの数は、17年より157羽多い162羽だった。(ウルムチ=新華社記者/沙達提)= 配信日: 2021(令和3)年6月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061511718

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年06月15日
    (1)ウルングル湖国家湿地公園を訪ねて新疆ウイグル自治区

    7日、ウルングル湖国家湿地公園で羽ばたく水鳥。中国新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州アルタイ地区のウルングル(烏倫古)湖国家湿地公園は総面積12万ヘクタール余り、湿地性植物と砂地植物の両方が生育する地帯にあり、渡り鳥に豊富な食物と生存、繁殖環境を提供している。湿地公園はここ数年、鳥類を保護するため複数の取り組みを行っている。同自治区各級政府は、湿地の保護・回復事業、ウルングル湖の鳥類に関する科学普及教育活動などを含む、生態系構築に約1億2千万元(1元=約17円)を相次いで投入した。統計によると2020年末時点で、同湿地公園では計269種類の鳥類が観測されている。同年観測された国家1級保護動物のカオジロオタテガモの数は、17年より157羽多い162羽だった。(ウルムチ=新華社記者/沙達提)= 配信日: 2021(令和3)年6月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061511727

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年06月15日
    (10)ウルングル湖国家湿地公園を訪ねて新疆ウイグル自治区

    7日、ウルングル湖国家湿地公園をパトロールする管理スタッフの阿依木拉提·達吾列提別克(アイムラト・ダオレトベキ)さん(36)。中国新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州アルタイ地区のウルングル(烏倫古)湖国家湿地公園は総面積12万ヘクタール余り、湿地性植物と砂地植物の両方が生育する地帯にあり、渡り鳥に豊富な食物と生存、繁殖環境を提供している。湿地公園はここ数年、鳥類を保護するため複数の取り組みを行っている。同自治区各級政府は、湿地の保護・回復事業、ウルングル湖の鳥類に関する科学普及教育活動などを含む、生態系構築に約1億2千万元(1元=約17円)を相次いで投入した。統計によると2020年末時点で、同湿地公園では計269種類の鳥類が観測されている。同年観測された国家1級保護動物のカオジロオタテガモの数は、17年より157羽多い162羽だった。(ウルムチ=新華社記者/沙達提)= 配信日: 2021(令和3)年6月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061511796

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年06月15日
    (13)ウルングル湖国家湿地公園を訪ねて新疆ウイグル自治区

    7日、ウルングル湖国家湿地公園で羽ばたく水鳥。中国新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州アルタイ地区のウルングル(烏倫古)湖国家湿地公園は総面積12万ヘクタール余り、湿地性植物と砂地植物の両方が生育する地帯にあり、渡り鳥に豊富な食物と生存、繁殖環境を提供している。湿地公園はここ数年、鳥類を保護するため複数の取り組みを行っている。同自治区各級政府は、湿地の保護・回復事業、ウルングル湖の鳥類に関する科学普及教育活動などを含む、生態系構築に約1億2千万元(1元=約17円)を相次いで投入した。統計によると2020年末時点で、同湿地公園では計269種類の鳥類が観測されている。同年観測された国家1級保護動物のカオジロオタテガモの数は、17年より157羽多い162羽だった。(ウルムチ=新華社記者/沙達提)= 配信日: 2021(令和3)年6月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061511801

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年06月15日
    (16)ウルングル湖国家湿地公園を訪ねて新疆ウイグル自治区

    7日、ウルングル湖国家湿地公園で餌を探す水鳥。中国新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州アルタイ地区のウルングル(烏倫古)湖国家湿地公園は総面積12万ヘクタール余り、湿地性植物と砂地植物の両方が生育する地帯にあり、渡り鳥に豊富な食物と生存、繁殖環境を提供している。湿地公園はここ数年、鳥類を保護するため複数の取り組みを行っている。同自治区各級政府は、湿地の保護・回復事業、ウルングル湖の鳥類に関する科学普及教育活動などを含む、生態系構築に約1億2千万元(1元=約17円)を相次いで投入した。統計によると2020年末時点で、同湿地公園では計269種類の鳥類が観測されている。同年観測された国家1級保護動物のカオジロオタテガモの数は、17年より157羽多い162羽だった。(ウルムチ=新華社記者/沙達提)= 配信日: 2021(令和3)年6月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061511802

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年06月15日
    (7)ウルングル湖国家湿地公園を訪ねて新疆ウイグル自治区

    7日、ウルングル湖国家湿地公園で羽ばたく水鳥。中国新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州アルタイ地区のウルングル(烏倫古)湖国家湿地公園は総面積12万ヘクタール余り、湿地性植物と砂地植物の両方が生育する地帯にあり、渡り鳥に豊富な食物と生存、繁殖環境を提供している。湿地公園はここ数年、鳥類を保護するため複数の取り組みを行っている。同自治区各級政府は、湿地の保護・回復事業、ウルングル湖の鳥類に関する科学普及教育活動などを含む、生態系構築に約1億2千万元(1元=約17円)を相次いで投入した。統計によると2020年末時点で、同湿地公園では計269種類の鳥類が観測されている。同年観測された国家1級保護動物のカオジロオタテガモの数は、17年より157羽多い162羽だった。(ウルムチ=新華社記者/沙達提)= 配信日: 2021(令和3)年6月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061511756

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年06月15日
    (11)ウルングル湖国家湿地公園を訪ねて新疆ウイグル自治区

    7日、ウルングル湖国家湿地公園で羽ばたく水鳥。中国新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州アルタイ地区のウルングル(烏倫古)湖国家湿地公園は総面積12万ヘクタール余り、湿地性植物と砂地植物の両方が生育する地帯にあり、渡り鳥に豊富な食物と生存、繁殖環境を提供している。湿地公園はここ数年、鳥類を保護するため複数の取り組みを行っている。同自治区各級政府は、湿地の保護・回復事業、ウルングル湖の鳥類に関する科学普及教育活動などを含む、生態系構築に約1億2千万元(1元=約17円)を相次いで投入した。統計によると2020年末時点で、同湿地公園では計269種類の鳥類が観測されている。同年観測された国家1級保護動物のカオジロオタテガモの数は、17年より157羽多い162羽だった。(ウルムチ=新華社記者/沙達提)= 配信日: 2021(令和3)年6月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061511788

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年06月15日
    (5)ウルングル湖国家湿地公園を訪ねて新疆ウイグル自治区

    7日、新疆ウイグル自治区のウルングル湖国家湿地公園。中国新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州アルタイ地区のウルングル(烏倫古)湖国家湿地公園は総面積12万ヘクタール余り、湿地性植物と砂地植物の両方が生育する地帯にあり、渡り鳥に豊富な食物と生存、繁殖環境を提供している。湿地公園はここ数年、鳥類を保護するため複数の取り組みを行っている。同自治区各級政府は、湿地の保護・回復事業、ウルングル湖の鳥類に関する科学普及教育活動などを含む、生態系構築に約1億2千万元(1元=約17円)を相次いで投入した。統計によると2020年末時点で、同湿地公園では計269種類の鳥類が観測されている。同年観測された国家1級保護動物のカオジロオタテガモの数は、17年より157羽多い162羽だった。(ウルムチ=新華社記者/沙達提)= 配信日: 2021(令和3)年6月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061511751

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年06月15日
    (15)ウルングル湖国家湿地公園を訪ねて新疆ウイグル自治区

    7日、ウルングル湖国家湿地公園をパトロールする管理スタッフの阿依木拉提·達吾列提別克(アイムラト・ダオレトベキ)さん(36)。中国新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州アルタイ地区のウルングル(烏倫古)湖国家湿地公園は総面積12万ヘクタール余り、湿地性植物と砂地植物の両方が生育する地帯にあり、渡り鳥に豊富な食物と生存、繁殖環境を提供している。湿地公園はここ数年、鳥類を保護するため複数の取り組みを行っている。同自治区各級政府は、湿地の保護・回復事業、ウルングル湖の鳥類に関する科学普及教育活動などを含む、生態系構築に約1億2千万元(1元=約17円)を相次いで投入した。統計によると2020年末時点で、同湿地公園では計269種類の鳥類が観測されている。同年観測された国家1級保護動物のカオジロオタテガモの数は、17年より157羽多い162羽だった。(ウルムチ=新華社記者/沙達提)= 配信日: 2021(令和3)年6月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061511799

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年06月15日
    (18)ウルングル湖国家湿地公園を訪ねて新疆ウイグル自治区

    7日、ウルングル湖国家湿地公園で餌を探す水鳥。中国新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州アルタイ地区のウルングル(烏倫古)湖国家湿地公園は総面積12万ヘクタール余り、湿地性植物と砂地植物の両方が生育する地帯にあり、渡り鳥に豊富な食物と生存、繁殖環境を提供している。湿地公園はここ数年、鳥類を保護するため複数の取り組みを行っている。同自治区各級政府は、湿地の保護・回復事業、ウルングル湖の鳥類に関する科学普及教育活動などを含む、生態系構築に約1億2千万元(1元=約17円)を相次いで投入した。統計によると2020年末時点で、同湿地公園では計269種類の鳥類が観測されている。同年観測された国家1級保護動物のカオジロオタテガモの数は、17年より157羽多い162羽だった。(ウルムチ=新華社記者/沙達提)= 配信日: 2021(令和3)年6月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061511815

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年06月15日
    (9)ウルングル湖国家湿地公園を訪ねて新疆ウイグル自治区

    7日、ウルングル湖国家湿地公園をパトロールする管理スタッフの阿依木拉提·達吾列提別克(アイムラト・ダオレトベキ)さん(36)。中国新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州アルタイ地区のウルングル(烏倫古)湖国家湿地公園は総面積12万ヘクタール余り、湿地性植物と砂地植物の両方が生育する地帯にあり、渡り鳥に豊富な食物と生存、繁殖環境を提供している。湿地公園はここ数年、鳥類を保護するため複数の取り組みを行っている。同自治区各級政府は、湿地の保護・回復事業、ウルングル湖の鳥類に関する科学普及教育活動などを含む、生態系構築に約1億2千万元(1元=約17円)を相次いで投入した。統計によると2020年末時点で、同湿地公園では計269種類の鳥類が観測されている。同年観測された国家1級保護動物のカオジロオタテガモの数は、17年より157羽多い162羽だった。(ウルムチ=新華社記者/沙達提)= 配信日: 2021(令和3)年6月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061511793

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年06月15日
    (3)ウルングル湖国家湿地公園を訪ねて新疆ウイグル自治区

    7日、ウルングル湖国家湿地公園で羽ばたく水鳥。中国新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州アルタイ地区のウルングル(烏倫古)湖国家湿地公園は総面積12万ヘクタール余り、湿地性植物と砂地植物の両方が生育する地帯にあり、渡り鳥に豊富な食物と生存、繁殖環境を提供している。湿地公園はここ数年、鳥類を保護するため複数の取り組みを行っている。同自治区各級政府は、湿地の保護・回復事業、ウルングル湖の鳥類に関する科学普及教育活動などを含む、生態系構築に約1億2千万元(1元=約17円)を相次いで投入した。統計によると2020年末時点で、同湿地公園では計269種類の鳥類が観測されている。同年観測された国家1級保護動物のカオジロオタテガモの数は、17年より157羽多い162羽だった。(ウルムチ=新華社記者/沙達提)= 配信日: 2021(令和3)年6月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061511734

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年06月15日
    (8)ウルングル湖国家湿地公園を訪ねて新疆ウイグル自治区

    7日、ウルングル湖国家湿地公園をパトロールする管理スタッフの阿依木拉提·達吾列提別克(アイムラト・ダオレトベキ)さん(36)。中国新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州アルタイ地区のウルングル(烏倫古)湖国家湿地公園は総面積12万ヘクタール余り、湿地性植物と砂地植物の両方が生育する地帯にあり、渡り鳥に豊富な食物と生存、繁殖環境を提供している。湿地公園はここ数年、鳥類を保護するため複数の取り組みを行っている。同自治区各級政府は、湿地の保護・回復事業、ウルングル湖の鳥類に関する科学普及教育活動などを含む、生態系構築に約1億2千万元(1元=約17円)を相次いで投入した。統計によると2020年末時点で、同湿地公園では計269種類の鳥類が観測されている。同年観測された国家1級保護動物のカオジロオタテガモの数は、17年より157羽多い162羽だった。(ウルムチ=新華社記者/沙達提)= 配信日: 2021(令和3)年6月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061511775

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年06月15日
    (2)ウルングル湖国家湿地公園を訪ねて新疆ウイグル自治区

    7日、空から見たウルングル湖国家湿地公園。(小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州アルタイ地区のウルングル(烏倫古)湖国家湿地公園は総面積12万ヘクタール余り、湿地性植物と砂地植物の両方が生育する地帯にあり、渡り鳥に豊富な食物と生存、繁殖環境を提供している。湿地公園はここ数年、鳥類を保護するため複数の取り組みを行っている。同自治区各級政府は、湿地の保護・回復事業、ウルングル湖の鳥類に関する科学普及教育活動などを含む、生態系構築に約1億2千万元(1元=約17円)を相次いで投入した。統計によると2020年末時点で、同湿地公園では計269種類の鳥類が観測されている。同年観測された国家1級保護動物のカオジロオタテガモの数は、17年より157羽多い162羽だった。(ウルムチ=新華社記者/沙達提)= 配信日: 2021(令和3)年6月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061511730

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年06月15日
    (17)ウルングル湖国家湿地公園を訪ねて新疆ウイグル自治区

    7日、ウルングル湖国家湿地公園をパトロールする管理スタッフの阿依木拉提·達吾列提別克(アイムラト・ダオレトベキ)さん(36)。中国新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州アルタイ地区のウルングル(烏倫古)湖国家湿地公園は総面積12万ヘクタール余り、湿地性植物と砂地植物の両方が生育する地帯にあり、渡り鳥に豊富な食物と生存、繁殖環境を提供している。湿地公園はここ数年、鳥類を保護するため複数の取り組みを行っている。同自治区各級政府は、湿地の保護・回復事業、ウルングル湖の鳥類に関する科学普及教育活動などを含む、生態系構築に約1億2千万元(1元=約17円)を相次いで投入した。統計によると2020年末時点で、同湿地公園では計269種類の鳥類が観測されている。同年観測された国家1級保護動物のカオジロオタテガモの数は、17年より157羽多い162羽だった。(ウルムチ=新華社記者/沙達提)= 配信日: 2021(令和3)年6月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061511818

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年06月15日
    (14)ウルングル湖国家湿地公園を訪ねて新疆ウイグル自治区

    7日、ウルングル湖国家湿地公園をパトロールする管理スタッフの阿依木拉提·達吾列提別克(アイムラト・ダオレトベキ)さん(36)。中国新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州アルタイ地区のウルングル(烏倫古)湖国家湿地公園は総面積12万ヘクタール余り、湿地性植物と砂地植物の両方が生育する地帯にあり、渡り鳥に豊富な食物と生存、繁殖環境を提供している。湿地公園はここ数年、鳥類を保護するため複数の取り組みを行っている。同自治区各級政府は、湿地の保護・回復事業、ウルングル湖の鳥類に関する科学普及教育活動などを含む、生態系構築に約1億2千万元(1元=約17円)を相次いで投入した。統計によると2020年末時点で、同湿地公園では計269種類の鳥類が観測されている。同年観測された国家1級保護動物のカオジロオタテガモの数は、17年より157羽多い162羽だった。(ウルムチ=新華社記者/沙達提)= 配信日: 2021(令和3)年6月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061511791

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年06月15日
    (6)ウルングル湖国家湿地公園を訪ねて新疆ウイグル自治区

    7日、空から見たウルングル湖国家湿地公園。(小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州アルタイ地区のウルングル(烏倫古)湖国家湿地公園は総面積12万ヘクタール余り、湿地性植物と砂地植物の両方が生育する地帯にあり、渡り鳥に豊富な食物と生存、繁殖環境を提供している。湿地公園はここ数年、鳥類を保護するため複数の取り組みを行っている。同自治区各級政府は、湿地の保護・回復事業、ウルングル湖の鳥類に関する科学普及教育活動などを含む、生態系構築に約1億2千万元(1元=約17円)を相次いで投入した。統計によると2020年末時点で、同湿地公園では計269種類の鳥類が観測されている。同年観測された国家1級保護動物のカオジロオタテガモの数は、17年より157羽多い162羽だった。(ウルムチ=新華社記者/沙達提)= 配信日: 2021(令和3)年6月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061511753

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年06月15日
    (12)ウルングル湖国家湿地公園を訪ねて新疆ウイグル自治区

    7日、新疆ウイグル自治区のウルングル湖国家湿地公園。(小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州アルタイ地区のウルングル(烏倫古)湖国家湿地公園は総面積12万ヘクタール余り、湿地性植物と砂地植物の両方が生育する地帯にあり、渡り鳥に豊富な食物と生存、繁殖環境を提供している。湿地公園はここ数年、鳥類を保護するため複数の取り組みを行っている。同自治区各級政府は、湿地の保護・回復事業、ウルングル湖の鳥類に関する科学普及教育活動などを含む、生態系構築に約1億2千万元(1元=約17円)を相次いで投入した。統計によると2020年末時点で、同湿地公園では計269種類の鳥類が観測されている。同年観測された国家1級保護動物のカオジロオタテガモの数は、17年より157羽多い162羽だった。(ウルムチ=新華社記者/沙達提)= 配信日: 2021(令和3)年6月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061511773

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:05.68
    2021年12月03日
    「新華社」氷結したウルングル湖が生み出す絶景新疆ウイグル自治区

    中国新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州アルタイ地区ブルルトカイ(福海)県にあるウルングル(烏倫古)湖ではこのところ、天候の影響を受け、氷に亀裂が生じる現象が起こっている。ウルングル湖はジュンガル盆地北部に位置し、水域面積は1035平方キロメートル、中国十大内陸淡水湖の一つであり、同自治区の重要な漁業生産拠点でもある。毎年冬になり気温が急激に下がって湖面が氷結し始めると、数万枚の不規則な鏡を敷き詰めたように広がる氷が太陽の光に照らされ、キラキラと輝く景観が見られる。(記者/丁磊、張暁竜) =配信日: 2021(令和3)年12月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021120314345

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2022年01月18日
    (4)ウルングル湖で伝統漁の「冬漁」が最盛期新疆ウイグル自治区

    15日、ウルングル湖の「冬漁」イベント会場で、氷の下から引き揚げられた網にかかった漁。中国新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州アルタイ地区ブルルトカイ(福海)県にあるウルングル(烏倫古)湖でこのほど、「冬漁」と呼ばれる地元の伝統的な漁が最盛期を迎えている。関連するイベントも開催され、多くの観光客が楽しんでいる。同湖の面積は1035平方キロメートル、ノーザンパイクやシベリアウグイ、ボストチュニュイレッシュなど冷水魚20種以上が水揚げされる。(ウルムチ=新華社記者/張嘯誠)= 配信日: 2022(令和4)年1月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022011808815

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2022年01月18日
    (9)ウルングル湖で伝統漁の「冬漁」が最盛期新疆ウイグル自治区

    15日、ウルングル湖の「冬漁」イベント会場で、「冬漁」を前に行われた湖の神を祭る儀式。中国新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州アルタイ地区ブルルトカイ(福海)県にあるウルングル(烏倫古)湖でこのほど、「冬漁」と呼ばれる地元の伝統的な漁が最盛期を迎えている。関連するイベントも開催され、多くの観光客が楽しんでいる。同湖の面積は1035平方キロメートル、ノーザンパイクやシベリアウグイ、ボストチュニュイレッシュなど冷水魚20種以上が水揚げされる。(ウルムチ=新華社記者/張嘯誠)= 配信日: 2022(令和4)年1月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022011808844

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2022年01月18日
    (3)ウルングル湖で伝統漁の「冬漁」が最盛期新疆ウイグル自治区

    15日、ウルングル湖の「冬漁」イベント会場で、地元政府により無料で振る舞われた魚のスープを味わう観光客。中国新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州アルタイ地区ブルルトカイ(福海)県にあるウルングル(烏倫古)湖でこのほど、「冬漁」と呼ばれる地元の伝統的な漁が最盛期を迎えている。関連するイベントも開催され、多くの観光客が楽しんでいる。同湖の面積は1035平方キロメートル、ノーザンパイクやシベリアウグイ、ボストチュニュイレッシュなど冷水魚20種以上が水揚げされる。(ウルムチ=新華社記者/孫少雄)= 配信日: 2022(令和4)年1月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022011808818

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2022年01月18日
    (2)ウルングル湖で伝統漁の「冬漁」が最盛期新疆ウイグル自治区

    15日、漢民族の伝統的な衣装「漢服」を着て「冬漁」を祝う地元の若者。中国新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州アルタイ地区ブルルトカイ(福海)県にあるウルングル(烏倫古)湖でこのほど、「冬漁」と呼ばれる地元の伝統的な漁が最盛期を迎えている。関連するイベントも開催され、多くの観光客が楽しんでいる。同湖の面積は1035平方キロメートル、ノーザンパイクやシベリアウグイ、ボストチュニュイレッシュなど冷水魚20種以上が水揚げされる。(ウルムチ=新華社記者/孫少雄)= 配信日: 2022(令和4)年1月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022011808817

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2022年01月18日
    (6)ウルングル湖で伝統漁の「冬漁」が最盛期新疆ウイグル自治区

    15日、ウルングル湖の「冬漁」イベント会場で、にぎやかに行われる氷上ドラゴンボートレース。中国新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州アルタイ地区ブルルトカイ(福海)県にあるウルングル(烏倫古)湖でこのほど、「冬漁」と呼ばれる地元の伝統的な漁が最盛期を迎えている。関連するイベントも開催され、多くの観光客が楽しんでいる。同湖の面積は1035平方キロメートル、ノーザンパイクやシベリアウグイ、ボストチュニュイレッシュなど冷水魚20種以上が水揚げされる。(ウルムチ=新華社記者/孫少雄)= 配信日: 2022(令和4)年1月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022011808845

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2022年01月18日
    (1)ウルングル湖で伝統漁の「冬漁」が最盛期新疆ウイグル自治区

    15日、ウルングル湖の「冬漁」イベント会場で、観光客に水揚げした魚を見せる漁師。中国新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州アルタイ地区ブルルトカイ(福海)県にあるウルングル(烏倫古)湖でこのほど、「冬漁」と呼ばれる地元の伝統的な漁が最盛期を迎えている。関連するイベントも開催され、多くの観光客が楽しんでいる。同湖の面積は1035平方キロメートル、ノーザンパイクやシベリアウグイ、ボストチュニュイレッシュなど冷水魚20種以上が水揚げされる。(ウルムチ=新華社記者/張嘯誠)= 配信日: 2022(令和4)年1月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022011808816

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2022年01月18日
    (8)ウルングル湖で伝統漁の「冬漁」が最盛期新疆ウイグル自治区

    15日、ウルングル湖の「冬漁」イベント会場で、地元政府から振る舞われた魚のスープを持って記念撮影する観光客。中国新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州アルタイ地区ブルルトカイ(福海)県にあるウルングル(烏倫古)湖でこのほど、「冬漁」と呼ばれる地元の伝統的な漁が最盛期を迎えている。関連するイベントも開催され、多くの観光客が楽しんでいる。同湖の面積は1035平方キロメートル、ノーザンパイクやシベリアウグイ、ボストチュニュイレッシュなど冷水魚20種以上が水揚げされる。(ウルムチ=新華社記者/孫少雄)= 配信日: 2022(令和4)年1月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022011808842

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2022年01月18日
    (5)ウルングル湖で伝統漁の「冬漁」が最盛期新疆ウイグル自治区

    15日、ウルングル湖の「冬漁」イベント会場で、網にかかった魚を取り上げる漁師。中国新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州アルタイ地区ブルルトカイ(福海)県にあるウルングル(烏倫古)湖でこのほど、「冬漁」と呼ばれる地元の伝統的な漁が最盛期を迎えている。関連するイベントも開催され、多くの観光客が楽しんでいる。同湖の面積は1035平方キロメートル、ノーザンパイクやシベリアウグイ、ボストチュニュイレッシュなど冷水魚20種以上が水揚げされる。(ウルムチ=新華社記者/張嘯誠)= 配信日: 2022(令和4)年1月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022011808839

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2022年01月18日
    (7)ウルングル湖で伝統漁の「冬漁」が最盛期新疆ウイグル自治区

    15日、ウルングル湖の「冬漁」イベント会場で、観光客に漁獲物を見せる漁師。中国新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州アルタイ地区ブルルトカイ(福海)県にあるウルングル(烏倫古)湖でこのほど、「冬漁」と呼ばれる地元の伝統的な漁が最盛期を迎えている。関連するイベントも開催され、多くの観光客が楽しんでいる。同湖の面積は1035平方キロメートル、ノーザンパイクやシベリアウグイ、ボストチュニュイレッシュなど冷水魚20種以上が水揚げされる。(ウルムチ=新華社記者/張嘯誠)= 配信日: 2022(令和4)年1月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022011808840

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:51.18
    2022年04月05日
    「新華社」中国ビーバー6頭の撮影に成功新疆ウイグル自治区

    中国新疆ウイグル自治区アルタイ地区でこのほど、ブルガン・ビーバー自然保護区管理局の監視カメラがヨーロッパビーバーの中国固有種「蒙新河狸」(学名:Castorfiberbirulai)6頭の姿を撮影した。これほど多くの個体が1カ所に集まるのは珍しい。ブルガン川では気温上昇に伴い、両岸の雪が解け始めており、冬ごもりしていた蒙新河狸が餌を探すため巣穴を出たとみられる。同種は中国に唯一生息するビーバーで、国家1級保護動物に指定されている。国内ではウルングル川と上流の青格里河、ブルガン川の流域にのみ分布する。(記者/阿曼) =配信日: 2022(令和4)年4月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022040607433

  • 1