KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 令和
  • 記者
  • フフホト
  • 位置
  • 景観
  • 大地
  • ドローン
  • 動物
  • 木々
  • 流域

「ウーシン旗」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
35
( 1 35 件を表示)
  • 1
35
( 1 35 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2014年06月23日
    通りに並ぶ食堂 弾圧の歴史、今もタブー

    村の通りに並ぶ、モンゴル語と中国語で書かれた看板を掲げる食堂=15日、中国内モンゴル自治区ウーシン旗(共同)

    商品コード: 2014062301301

  • 2014年06月23日
    モンゴル族の男性 弾圧の歴史、今もタブー

    中国内モンゴル自治区ウーシン旗で、文革当時の様子を語るモンゴル族の男性=15日(共同)

    商品コード: 2014062301308

  • 2014年06月23日
    草原の火力発電所 弾圧の歴史、今もタブー

    中国内モンゴル自治区ウーシン旗近くの草原に建設された火力発電所=16日(共同)

    商品コード: 2014062301309

  • 2014年06月23日
    弾圧の歴史、今もタブー

    中国内モンゴル自治区・ウーシン旗、北京

    商品コード: 2014062301326

  • 2014年06月23日
    弾圧の歴史、今もタブー

    中国内モンゴル自治区・ウーシン旗、北京

    商品コード: 2014062301328

  • 2014年06月23日
    弾圧の歴史、今もタブー

    中国内モンゴル自治区・ウーシン旗、北京

    商品コード: 2014062301330

  • 2014年06月23日
    弾圧の歴史、今もタブー

    中国内モンゴル自治区・ウーシン旗、北京

    商品コード: 2014062301332

  • 2020年06月10日
    砂漠の名馬、ウーシン馬が絶滅の危機から復活内モンゴル自治区

    10日、内モンゴル自治区ウーシン旗巴音陶勒蓋ガチャで、馬の調教をする牧畜民。中国内モンゴル自治区オルドス市南部のモーウス砂漠に位置する烏審(ウーシン)旗とその周辺地域で生産されるウーシン馬は、砂漠に適した馬として知られている。新中国成立以降、地域の交通事情が改善され、牧畜地域の機械化が進んだことにより、これまで移動手段や労働力として利用してきた馬の数は、1960年代の3万頭から2000年代初めには約2千頭に激減。一度は絶滅の危機に瀕した。同自治区ではここ数年、馬文化の構築と「モウコウマ精神」の発揚により、馬産業が大きく発展し馬産数が増加。最新の統計によると、ウーシン馬の生産数は、ウーシン旗で3800頭以上、オルドス市全体で約2万頭に達しており、個体数が増えつつある。(フフホト=新華社記者/賈立君)=2020(令和2)年6月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020061706195

  • 2020年06月10日
    砂漠の名馬、ウーシン馬が絶滅の危機から復活内モンゴル自治区

    10日、内モンゴル自治区ウーシン旗巴音陶勒蓋ガチャに住む吉格吉扎布(ジグジジャブ)さんと愛馬。中国内モンゴル自治区オルドス市南部のモーウス砂漠に位置する烏審(ウーシン)旗とその周辺地域で生産されるウーシン馬は、砂漠に適した馬として知られている。新中国成立以降、地域の交通事情が改善され、牧畜地域の機械化が進んだことにより、これまで移動手段や労働力として利用してきた馬の数は、1960年代の3万頭から2000年代初めには約2千頭に激減。一度は絶滅の危機に瀕した。同自治区ではここ数年、馬文化の構築と「モウコウマ精神」の発揚により、馬産業が大きく発展し馬産数が増加。最新の統計によると、ウーシン馬の生産数は、ウーシン旗で3800頭以上、オルドス市全体で約2万頭に達しており、個体数が増えつつある。(フフホト=新華社記者/賈立君)=2020(令和2)年6月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020061706239

  • 2020年06月10日
    砂漠の名馬、ウーシン馬が絶滅の危機から復活内モンゴル自治区

    10日、内モンゴル自治区オルドス市で飼育されるウーシン馬。中国内モンゴル自治区オルドス市南部のモーウス砂漠に位置する烏審(ウーシン)旗とその周辺地域で生産されるウーシン馬は、砂漠に適した馬として知られている。新中国成立以降、地域の交通事情が改善され、牧畜地域の機械化が進んだことにより、これまで移動手段や労働力として利用してきた馬の数は、1960年代の3万頭から2000年代初めには約2千頭に激減。一度は絶滅の危機に瀕した。同自治区ではここ数年、馬文化の構築と「モウコウマ精神」の発揚により、馬産業が大きく発展し馬産数が増加。最新の統計によると、ウーシン馬の生産数は、ウーシン旗で3800頭以上、オルドス市全体で約2万頭に達しており、個体数が増えつつある。(フフホト=新華社記者/賈立君)=2020(令和2)年6月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020061706241

  • 2020年06月10日
    砂漠の名馬、ウーシン馬が絶滅の危機から復活内モンゴル自治区

    10日、内モンゴル自治区オルドス市で飼育されるウーシン馬。中国内モンゴル自治区オルドス市南部のモーウス砂漠に位置する烏審(ウーシン)旗とその周辺地域で生産されるウーシン馬は、砂漠に適した馬として知られている。新中国成立以降、地域の交通事情が改善され、牧畜地域の機械化が進んだことにより、これまで移動手段や労働力として利用してきた馬の数は、1960年代の3万頭から2000年代初めには約2千頭に激減。一度は絶滅の危機に瀕した。同自治区ではここ数年、馬文化の構築と「モウコウマ精神」の発揚により、馬産業が大きく発展し馬産数が増加。最新の統計によると、ウーシン馬の生産数は、ウーシン旗で3800頭以上、オルドス市全体で約2万頭に達しており、個体数が増えつつある。(フフホト=新華社記者/賈立君)=2020(令和2)年6月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020061706187

  • 2020年06月10日
    砂漠の名馬、ウーシン馬が絶滅の危機から復活内モンゴル自治区

    10日、内モンゴル自治区ウーシン旗巴音陶勒蓋ガチャで開かれた競馬レース。中国内モンゴル自治区オルドス市南部のモーウス砂漠に位置する烏審(ウーシン)旗とその周辺地域で生産されるウーシン馬は、砂漠に適した馬として知られている。新中国成立以降、地域の交通事情が改善され、牧畜地域の機械化が進んだことにより、これまで移動手段や労働力として利用してきた馬の数は、1960年代の3万頭から2000年代初めには約2千頭に激減。一度は絶滅の危機に瀕した。同自治区ではここ数年、馬文化の構築と「モウコウマ精神」の発揚により、馬産業が大きく発展し馬産数が増加。最新の統計によると、ウーシン馬の生産数は、ウーシン旗で3800頭以上、オルドス市全体で約2万頭に達しており、個体数が増えつつある。(フフホト=新華社記者/賈立君)=2020(令和2)年6月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020061706204

  • 2020年06月12日
    無定河のほとりに広がる田園風景内モンゴル自治区

    12日、内モンゴル自治区オルドス市ウーシン旗無定河鎮に広がる水田。中国内モンゴル自治区オルドス市ウーシン旗無定河鎮を流れる無定河は黄河の1級支流で、同鎮内を流れるのは91キロメートル。水量、水深、透明度が安定しないことからこの名が付いた。流域はかつて植生がまばらで、生態環境が劣っていたが、現在では森林被覆率が44・3%、植生被覆率が82・8%に達しており、夏の日差しの下、底が見えるほど透き通った川が田園風景の中を流れている。(オルドス=新華社記者/賈立君)=2020(令和2)年6月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062204892

  • 2020年06月12日
    無定河のほとりに広がる田園風景内モンゴル自治区

    12日、内モンゴル自治区オルドス市ウーシン旗無定河鎮に広がる水田。中国内モンゴル自治区オルドス市ウーシン旗無定河鎮を流れる無定河は黄河の1級支流で、同鎮内を流れるのは91キロメートル。水量、水深、透明度が安定しないことからこの名が付いた。流域はかつて植生がまばらで、生態環境が劣っていたが、現在では森林被覆率が44・3%、植生被覆率が82・8%に達しており、夏の日差しの下、底が見えるほど透き通った川が田園風景の中を流れている。(オルドス=新華社記者/賈立君)=2020(令和2)年6月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062204940

  • 2020年06月12日
    無定河のほとりに広がる田園風景内モンゴル自治区

    12日、内モンゴル自治区オルドス市ウーシン旗を流れる無定河の流域。中国内モンゴル自治区オルドス市ウーシン旗無定河鎮を流れる無定河は黄河の1級支流で、同鎮内を流れるのは91キロメートル。水量、水深、透明度が安定しないことからこの名が付いた。流域はかつて植生がまばらで、生態環境が劣っていたが、現在では森林被覆率が44・3%、植生被覆率が82・8%に達しており、夏の日差しの下、底が見えるほど透き通った川が田園風景の中を流れている。(オルドス=新華社記者/賈立君)=2020(令和2)年6月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062204949

  • 2020年06月12日
    無定河のほとりに広がる田園風景内モンゴル自治区

    12日、内モンゴル自治区オルドス市ウーシン旗を流れる無定河。中国内モンゴル自治区オルドス市ウーシン旗無定河鎮を流れる無定河は黄河の1級支流で、同鎮内を流れるのは91キロメートル。水量、水深、透明度が安定しないことからこの名が付いた。流域はかつて植生がまばらで、生態環境が劣っていたが、現在では森林被覆率が44・3%、植生被覆率が82・8%に達しており、夏の日差しの下、底が見えるほど透き通った川が田園風景の中を流れている。(オルドス=新華社記者/賈立君)=2020(令和2)年6月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062204956

  • 2020年06月12日
    砂漠の名馬、ウーシン馬が絶滅の危機から復活内モンゴル自治区

    12日、内モンゴル自治区ウーシン旗スリデ・ソムで飼育されるウーシン馬と牧畜民。中国内モンゴル自治区オルドス市南部のモーウス砂漠に位置する烏審(ウーシン)旗とその周辺地域で生産されるウーシン馬は、砂漠に適した馬として知られている。新中国成立以降、地域の交通事情が改善され、牧畜地域の機械化が進んだことにより、これまで移動手段や労働力として利用してきた馬の数は、1960年代の3万頭から2000年代初めには約2千頭に激減。一度は絶滅の危機に瀕した。同自治区ではここ数年、馬文化の構築と「モウコウマ精神」の発揚により、馬産業が大きく発展し馬産数が増加。最新の統計によると、ウーシン馬の生産数は、ウーシン旗で3800頭以上、オルドス市全体で約2万頭に達しており、個体数が増えつつある。(フフホト=新華社記者/賈立君)=2020(令和2)年6月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020061706185

  • 2020年06月12日
    無定河のほとりに広がる田園風景内モンゴル自治区

    12日、内モンゴル自治区オルドス市ウーシン旗を流れる無定河の流域。中国内モンゴル自治区オルドス市ウーシン旗無定河鎮を流れる無定河は黄河の1級支流で、同鎮内を流れるのは91キロメートル。水量、水深、透明度が安定しないことからこの名が付いた。流域はかつて植生がまばらで、生態環境が劣っていたが、現在では森林被覆率が44・3%、植生被覆率が82・8%に達しており、夏の日差しの下、底が見えるほど透き通った川が田園風景の中を流れている。(オルドス=新華社記者/賈立君)=2020(令和2)年6月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062204958

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年06月12日
    中国内モンゴル自治区で干ばつ続く

    12日、内モンゴル自治区オルドス市ウーシン旗にある農地にできたアリの巣。中国内モンゴル自治区気象台は15日、降雨不足により同自治区内で干ばつが進んでおり、14日時点で干ばつ面積が総面積の50・7%を占める49万9900平方キロメートルとなったと発表した。(フフホト=新華社記者/賈立君)=2020(令和2)年6月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062204591

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年06月12日
    中国内モンゴル自治区で干ばつ続く

    12日、内モンゴル自治区オルドス市ウーシン旗の干ばつが深刻な農地。中国内モンゴル自治区気象台は15日、降雨不足により同自治区内で干ばつが進んでおり、14日時点で干ばつ面積が総面積の50・7%を占める49万9900平方キロメートルとなったと発表した。(フフホト=新華社記者/賈立君)=2020(令和2)年6月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062204722

  • 2020年06月12日
    砂漠の名馬、ウーシン馬が絶滅の危機から復活内モンゴル自治区

    12日、内モンゴル自治区ウーシン旗スリデ・ソムで飼育されるウーシン馬と牧畜民。中国内モンゴル自治区オルドス市南部のモーウス砂漠に位置する烏審(ウーシン)旗とその周辺地域で生産されるウーシン馬は、砂漠に適した馬として知られている。新中国成立以降、地域の交通事情が改善され、牧畜地域の機械化が進んだことにより、これまで移動手段や労働力として利用してきた馬の数は、1960年代の3万頭から2000年代初めには約2千頭に激減。一度は絶滅の危機に瀕した。同自治区ではここ数年、馬文化の構築と「モウコウマ精神」の発揚により、馬産業が大きく発展し馬産数が増加。最新の統計によると、ウーシン馬の生産数は、ウーシン旗で3800頭以上、オルドス市全体で約2万頭に達しており、個体数が増えつつある。(フフホト=新華社記者/賈立君)=2020(令和2)年6月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020061706164

  • 2020年06月12日
    無定河のほとりに広がる田園風景内モンゴル自治区

    12日、内モンゴル自治区オルドス市ウーシン旗無定河鎮に広がる水田。中国内モンゴル自治区オルドス市ウーシン旗無定河鎮を流れる無定河は黄河の1級支流で、同鎮内を流れるのは91キロメートル。水量、水深、透明度が安定しないことからこの名が付いた。流域はかつて植生がまばらで、生態環境が劣っていたが、現在では森林被覆率が44・3%、植生被覆率が82・8%に達しており、夏の日差しの下、底が見えるほど透き通った川が田園風景の中を流れている。(オルドス=新華社記者/賈立君)=2020(令和2)年6月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062204902

  • 2020年06月12日
    無定河のほとりに広がる田園風景内モンゴル自治区

    12日、内モンゴル自治区オルドス市ウーシン旗無定河鎮に広がる水田。中国内モンゴル自治区オルドス市ウーシン旗無定河鎮を流れる無定河は黄河の1級支流で、同鎮内を流れるのは91キロメートル。水量、水深、透明度が安定しないことからこの名が付いた。流域はかつて植生がまばらで、生態環境が劣っていたが、現在では森林被覆率が44・3%、植生被覆率が82・8%に達しており、夏の日差しの下、底が見えるほど透き通った川が田園風景の中を流れている。(オルドス=新華社記者/賈立君)=2020(令和2)年6月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062204911

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年06月13日
    中国内モンゴル自治区で干ばつ続く

    13日、トウモロコシの種をまき直す内モンゴル自治区オルドス市ウーシン旗の農民、張愛琴(ちょう・あいきん)さん。以前にまいた種は干ばつにより苗が出そろわなかったため、2度目の種まきを行っている。中国内モンゴル自治区気象台は15日、降雨不足により同自治区内で干ばつが進んでおり、14日時点で干ばつ面積が総面積の50・7%を占める49万9900平方キロメートルとなったと発表した。(フフホト=新華社記者/賈立君)=2020(令和2)年6月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062204757

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年06月13日
    中国内モンゴル自治区で干ばつ続く

    13日、内モンゴル自治区オルドス市ウーシン旗の干ばつが深刻な農地で、草を食べる馬。中国内モンゴル自治区気象台は15日、降雨不足により同自治区内で干ばつが進んでおり、14日時点で干ばつ面積が総面積の50・7%を占める49万9900平方キロメートルとなったと発表した。(フフホト=新華社記者/賈立君)=2020(令和2)年6月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062204588

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年06月13日
    中国内モンゴル自治区で干ばつ続く

    13日、トウモロコシの種をまき直す内モンゴル自治区オルドス市ウーシン旗の農民、張愛琴(ちょう・あいきん)さん。以前にまいた種は干ばつにより苗が出そろわなかったため、2度目の種まきを行っている。中国内モンゴル自治区気象台は15日、降雨不足により同自治区内で干ばつが進んでおり、14日時点で干ばつ面積が総面積の50・7%を占める49万9900平方キロメートルとなったと発表した。(フフホト=新華社記者/賈立君)=2020(令和2)年6月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062204590

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月07日
    空から見たムウス砂漠緑化進む砂の大地

    7日、空から見た内モンゴル自治区オルドス市ウーシン旗のムウス砂漠。(小型無人機から)中国四大砂漠の一つで総面積約4万2200平方キロのムウス(毛烏素)砂漠は、陝西省北部の楡林地区と内モンゴル自治区オルドス市の間に位置する。かつては黄砂が空一面を覆い、砂漠化による居住地域の縮小が進んでいたが、数十年にわたる整備を経て、今では木々の茂る緑豊かな地に変わりつつある。(フフホト=新華社記者/連振)=2020(令和2)年9月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020091605262

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月07日
    空から見たムウス砂漠緑化進む砂の大地

    7日、空から見た内モンゴル自治区オルドス市ウーシン旗のムウス砂漠。(小型無人機から)中国四大砂漠の一つで総面積約4万2200平方キロのムウス(毛烏素)砂漠は、陝西省北部の楡林地区と内モンゴル自治区オルドス市の間に位置する。かつては黄砂が空一面を覆い、砂漠化による居住地域の縮小が進んでいたが、数十年にわたる整備を経て、今では木々の茂る緑豊かな地に変わりつつある。(フフホト=新華社記者/連振)=2020(令和2)年9月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020091605310

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月07日
    空から見たムウス砂漠緑化進む砂の大地

    7日、空から見た内モンゴル自治区オルドス市ウーシン旗のムウス砂漠。(小型無人機から)中国四大砂漠の一つで総面積約4万2200平方キロのムウス(毛烏素)砂漠は、陝西省北部の楡林地区と内モンゴル自治区オルドス市の間に位置する。かつては黄砂が空一面を覆い、砂漠化による居住地域の縮小が進んでいたが、数十年にわたる整備を経て、今では木々の茂る緑豊かな地に変わりつつある。(フフホト=新華社記者/連振)=2020(令和2)年9月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020091605243

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月07日
    空から見たムウス砂漠緑化進む砂の大地

    7日、空から見た内モンゴル自治区オルドス市ウーシン旗のムウス砂漠。(小型無人機から)中国四大砂漠の一つで総面積約4万2200平方キロのムウス(毛烏素)砂漠は、陝西省北部の楡林地区と内モンゴル自治区オルドス市の間に位置する。かつては黄砂が空一面を覆い、砂漠化による居住地域の縮小が進んでいたが、数十年にわたる整備を経て、今では木々の茂る緑豊かな地に変わりつつある。(フフホト=新華社記者/連振)=2020(令和2)年9月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020091605225

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月08日
    空から見たムウス砂漠緑化進む砂の大地

    8日、空から見た内モンゴル自治区オルドス市ウーシン旗のムウス砂漠。(小型無人機から)中国四大砂漠の一つで総面積約4万2200平方キロのムウス(毛烏素)砂漠は、陝西省北部の楡林地区と内モンゴル自治区オルドス市の間に位置する。かつては黄砂が空一面を覆い、砂漠化による居住地域の縮小が進んでいたが、数十年にわたる整備を経て、今では木々の茂る緑豊かな地に変わりつつある。(フフホト=新華社記者/連振)=2020(令和2)年9月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020091605209

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月08日
    空から見たムウス砂漠緑化進む砂の大地

    8日、空から見た内モンゴル自治区オルドス市ウーシン旗のムウス砂漠。(小型無人機から)中国四大砂漠の一つで総面積約4万2200平方キロのムウス(毛烏素)砂漠は、陝西省北部の楡林地区と内モンゴル自治区オルドス市の間に位置する。かつては黄砂が空一面を覆い、砂漠化による居住地域の縮小が進んでいたが、数十年にわたる整備を経て、今では木々の茂る緑豊かな地に変わりつつある。(フフホト=新華社記者/連振)=2020(令和2)年9月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020091605191

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月08日
    空から見たムウス砂漠緑化進む砂の大地

    8日、空から見た内モンゴル自治区オルドス市ウーシン旗のムウス砂漠。(小型無人機から)中国四大砂漠の一つで総面積約4万2200平方キロのムウス(毛烏素)砂漠は、陝西省北部の楡林地区と内モンゴル自治区オルドス市の間に位置する。かつては黄砂が空一面を覆い、砂漠化による居住地域の縮小が進んでいたが、数十年にわたる整備を経て、今では木々の茂る緑豊かな地に変わりつつある。(フフホト=新華社記者/連振)=2020(令和2)年9月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020091605211

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月08日
    空から見たムウス砂漠緑化進む砂の大地

    8日、空から見た内モンゴル自治区オルドス市ウーシン旗のムウス砂漠。(小型無人機から)中国四大砂漠の一つで総面積約4万2200平方キロのムウス(毛烏素)砂漠は、陝西省北部の楡林地区と内モンゴル自治区オルドス市の間に位置する。かつては黄砂が空一面を覆い、砂漠化による居住地域の縮小が進んでいたが、数十年にわたる整備を経て、今では木々の茂る緑豊かな地に変わりつつある。(フフホト=新華社記者/連振)=2020(令和2)年9月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020091605202

  • 2021年08月20日
    (18)多彩な表情、大地を空中散歩内モンゴル自治区

    内モンゴル自治区オルドス市ウーシン旗に広がるムウス(毛烏素)砂漠のコノテガシワ自然保護区。(2020年9月15日撮影、小型無人機から)中国北部の内モンゴル自治区は、多様性に富んだ自然が相互依存しつつ密接に結びつき、山や川、林、田畑、湖、草原、砂漠などが一体となった生態系を形成している。同自治区に、フルンボイルやシリンゴル、オルドスなど世界的に有名な多種の草原があり、中国最大の原始林が広がる大興安嶺原始林区もある。また、アジアで最大かつ最も完全な状態の火山群の地形が見られるアルシャン世界地質公園や、国内8番目の大きさを誇る淡水湖で黄河流域最大の機能性湿地の烏梁素海(ウランスハイ)などが、真珠のように点在している。(フフホト=新華社記者/連振)= 配信日: 2021(令和3)年8月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021082104415

  • 1