KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 記者
  • 令和
  • 発展
  • 専門家
  • こだわり
  • エネルギー
  • グラファイト
  • ハルビン
  • ベテラン
  • ペースト

「エイホ」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
40
( 1 40 件を表示)
  • 1
40
( 1 40 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 1969年05月25日
    ダイシンボルガードが優勝 第36回日本ダービー

    2分35秒1のタイムで優勝したダイシンボルガード(18)。2着はミノル(1)、3着はハクエイホウ(27)=1969(昭和44)年5月25日、東京競馬場(昭和44年運動10134)

    商品コード: 2012051600290

  • 1998年10月20日

    「カラー」「98参院選」 ◎小安英峰(こやす・えいほう)、自民党・参院比例区、62、新1、党事務局審議役(事務局長代理)千葉県、法大

    商品コード: 1998102000053

  • 2018年09月14日
    北京栄宝斎で木板水印と表装修復技術の展覧会

    14日、北京市の栄宝斎で開催された「匠心神韻―国家級無形文化遺産の木版水印・表装修復技術展覧会」を見学する来場者。中国北京市にあり文房四宝や書画骨董の老舗として知られる栄宝斎(えいほうさい)で14日、「匠心神韻―国家級無形文化遺産の木版水印・表装修復技術展覧会」が行われた。栄宝斎が持つ木版水印(古代彩色版画印刷)と表装修復という2つの技術の発展の足跡とその過程で得られた成果が重点的に展示された。同店の「木板水印」と「表装修復」の技術はそれぞれ2006年と2008年に中国国務院により「国家級無形文化遺産」に認定されている。(北京=新華社記者/張玉薇)=2018(平成30)年9月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018091816585

  • 2018年09月14日
    北京栄宝斎で木板水印と表装修復技術の展覧会

    14日、展覧会で来場者に紹介する木版水印技術の国家級無形文化遺産継承者、崇徳富(すう・とくふ)氏(右)。中国北京市にあり文房四宝や書画骨董の老舗として知られる栄宝斎(えいほうさい)で14日、「匠心神韻―国家級無形文化遺産の木版水印・表装修復技術展覧会」が行われた。栄宝斎が持つ木版水印(古代彩色版画印刷)と表装修復という2つの技術の発展の足跡とその過程で得られた成果が重点的に展示された。同店の「木板水印」と「表装修復」の技術はそれぞれ2006年と2008年に中国国務院により「国家級無形文化遺産」に認定されている。(北京=新華社記者/張玉薇)=2018(平成30)年9月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018091816922

  • 2018年09月14日
    北京栄宝斎で木板水印と表装修復技術の展覧会

    14日、北京市の栄宝斎で開催された「匠心神韻―国家級無形文化遺産の木版水印・表装修復技術展覧会」を見学する来場者。中国北京市にあり文房四宝や書画骨董の老舗として知られる栄宝斎(えいほうさい)で14日、「匠心神韻―国家級無形文化遺産の木版水印・表装修復技術展覧会」が行われた。栄宝斎が持つ木版水印(古代彩色版画印刷)と表装修復という2つの技術の発展の足跡とその過程で得られた成果が重点的に展示された。同店の「木板水印」と「表装修復」の技術はそれぞれ2006年と2008年に中国国務院により「国家級無形文化遺産」に認定されている。(北京=新華社記者/張玉薇)=2018(平成30)年9月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018091816989

  • 2018年09月14日
    北京栄宝斎で木板水印と表装修復技術の展覧会

    14日、北京市の栄宝斎で開催された「匠心神韻―国家級無形文化遺産の木版水印・表装修復技術展覧会」を見学する来場者。中国北京市にあり文房四宝や書画骨董の老舗として知られる栄宝斎(えいほうさい)で14日、「匠心神韻―国家級無形文化遺産の木版水印・表装修復技術展覧会」が行われた。栄宝斎が持つ木版水印(古代彩色版画印刷)と表装修復という2つの技術の発展の足跡とその過程で得られた成果が重点的に展示された。同店の「木板水印」と「表装修復」の技術はそれぞれ2006年と2008年に中国国務院により「国家級無形文化遺産」に認定されている。(北京=新華社記者/張玉薇)=2018(平成30)年9月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018091816967

  • 2020年06月11日
    よみがえった幻の紅茶の香り江西省浮梁県

    11日、「過紅鍋」と呼ばれる釜炒りの工程に精を出す作業員。中国江西省景徳鎮市浮梁(ふりょう)県で作られる「孚釘(ふてい)」紅茶は、こだわりの製法ときめ細かく艶やかな黒色をした外観を特徴とする。1950年代に有名になったものの、歴史的な原因により徐々に人々から忘れられてしまった。茶人の王永峰(おう・えいほう)さんは、この幻の紅茶を復活させようと、ベテランの専門家を何度も訪ねて紅茶の製法を学んだ。長年努力を積み重ねた結果、失われていた「孚釘」紅茶は2012年に再び人々の前に姿を現した。(景徳鎮=新華社記者/周密)=2020(令和2)年6月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020061809278

  • 2020年06月11日
    よみがえった幻の紅茶の香り江西省浮梁県

    11日、「孚釘」紅茶を入れる作業員。中国江西省景徳鎮市浮梁(ふりょう)県で作られる「孚釘(ふてい)」紅茶は、こだわりの製法ときめ細かく艶やかな黒色をした外観を特徴とする。1950年代に有名になったものの、歴史的な原因により徐々に人々から忘れられてしまった。茶人の王永峰(おう・えいほう)さんは、この幻の紅茶を復活させようと、ベテランの専門家を何度も訪ねて紅茶の製法を学んだ。長年努力を積み重ねた結果、失われていた「孚釘」紅茶は2012年に再び人々の前に姿を現した。(景徳鎮=新華社記者/周密)=2020(令和2)年6月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020061809287

  • 2020年06月11日
    よみがえった幻の紅茶の香り江西省浮梁県

    11日、茶畑で茶摘みをする作業員。中国江西省景徳鎮市浮梁(ふりょう)県で作られる「孚釘(ふてい)」紅茶は、こだわりの製法ときめ細かく艶やかな黒色をした外観を特徴とする。1950年代に有名になったものの、歴史的な原因により徐々に人々から忘れられてしまった。茶人の王永峰(おう・えいほう)さんは、この幻の紅茶を復活させようと、ベテランの専門家を何度も訪ねて紅茶の製法を学んだ。長年努力を積み重ねた結果、失われていた「孚釘」紅茶は2012年に再び人々の前に姿を現した。(景徳鎮=新華社記者/周密)=2020(令和2)年6月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020061809354

  • 2020年06月11日
    よみがえった幻の紅茶の香り江西省浮梁県

    11日、茶葉をもむ王永峰さん。中国江西省景徳鎮市浮梁(ふりょう)県で作られる「孚釘(ふてい)」紅茶は、こだわりの製法ときめ細かく艶やかな黒色をした外観を特徴とする。1950年代に有名になったものの、歴史的な原因により徐々に人々から忘れられてしまった。茶人の王永峰(おう・えいほう)さんは、この幻の紅茶を復活させようと、ベテランの専門家を何度も訪ねて紅茶の製法を学んだ。長年努力を積み重ねた結果、失われていた「孚釘」紅茶は2012年に再び人々の前に姿を現した。(景徳鎮=新華社記者/周密)=2020(令和2)年6月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020061809386

  • 2020年06月11日
    よみがえった幻の紅茶の香り江西省浮梁県

    11日、「過紅鍋」と呼ばれる釜炒りの工程に精を出す作業員。中国江西省景徳鎮市浮梁(ふりょう)県で作られる「孚釘(ふてい)」紅茶は、こだわりの製法ときめ細かく艶やかな黒色をした外観を特徴とする。1950年代に有名になったものの、歴史的な原因により徐々に人々から忘れられてしまった。茶人の王永峰(おう・えいほう)さんは、この幻の紅茶を復活させようと、ベテランの専門家を何度も訪ねて紅茶の製法を学んだ。長年努力を積み重ねた結果、失われていた「孚釘」紅茶は2012年に再び人々の前に姿を現した。(景徳鎮=新華社記者/周密)=2020(令和2)年6月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020061809387

  • 2020年06月11日
    よみがえった幻の紅茶の香り江西省浮梁県

    11日、茶葉をもむ王永峰さん。中国江西省景徳鎮市浮梁(ふりょう)県で作られる「孚釘(ふてい)」紅茶は、こだわりの製法ときめ細かく艶やかな黒色をした外観を特徴とする。1950年代に有名になったものの、歴史的な原因により徐々に人々から忘れられてしまった。茶人の王永峰(おう・えいほう)さんは、この幻の紅茶を復活させようと、ベテランの専門家を何度も訪ねて紅茶の製法を学んだ。長年努力を積み重ねた結果、失われていた「孚釘」紅茶は2012年に再び人々の前に姿を現した。(景徳鎮=新華社記者/周密)=2020(令和2)年6月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020061809322

  • 2020年06月11日
    よみがえった幻の紅茶の香り江西省浮梁県

    11日、炒った茶葉を選別する作業員。中国江西省景徳鎮市浮梁(ふりょう)県で作られる「孚釘(ふてい)」紅茶は、こだわりの製法ときめ細かく艶やかな黒色をした外観を特徴とする。1950年代に有名になったものの、歴史的な原因により徐々に人々から忘れられてしまった。茶人の王永峰(おう・えいほう)さんは、この幻の紅茶を復活させようと、ベテランの専門家を何度も訪ねて紅茶の製法を学んだ。長年努力を積み重ねた結果、失われていた「孚釘」紅茶は2012年に再び人々の前に姿を現した。(景徳鎮=新華社記者/周密)=2020(令和2)年6月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020061809346

  • 2020年06月11日
    よみがえった幻の紅茶の香り江西省浮梁県

    11日、茶畑で茶摘みをする作業員。中国江西省景徳鎮市浮梁(ふりょう)県で作られる「孚釘(ふてい)」紅茶は、こだわりの製法ときめ細かく艶やかな黒色をした外観を特徴とする。1950年代に有名になったものの、歴史的な原因により徐々に人々から忘れられてしまった。茶人の王永峰(おう・えいほう)さんは、この幻の紅茶を復活させようと、ベテランの専門家を何度も訪ねて紅茶の製法を学んだ。長年努力を積み重ねた結果、失われていた「孚釘」紅茶は2012年に再び人々の前に姿を現した。(景徳鎮=新華社記者/周密)=2020(令和2)年6月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020061809390

  • 2020年06月11日
    よみがえった幻の紅茶の香り江西省浮梁県

    11日、「孚釘」紅茶を入れる作業員。中国江西省景徳鎮市浮梁(ふりょう)県で作られる「孚釘(ふてい)」紅茶は、こだわりの製法ときめ細かく艶やかな黒色をした外観を特徴とする。1950年代に有名になったものの、歴史的な原因により徐々に人々から忘れられてしまった。茶人の王永峰(おう・えいほう)さんは、この幻の紅茶を復活させようと、ベテランの専門家を何度も訪ねて紅茶の製法を学んだ。長年努力を積み重ねた結果、失われていた「孚釘」紅茶は2012年に再び人々の前に姿を現した。(景徳鎮=新華社記者/周密)=2020(令和2)年6月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020061809395

  • 2020年07月20日
    石炭ビジネスから転換、技術革新に活路見いだす資源企業

    黒竜江省華升石墨のグラフェン生産工場。(7月20日撮影)グラファイトは「黒い金」として知られる近代工業やハイテク技術の発展に欠かせない戦略的鉱物資源。このグラファイトよりさらに貴重で「黒いダイヤモンド」と呼ばれるグラフェンは、優れた光学・電気学・力学特性により、材料学やエネルギー、バイオ医学などの分野で高い将来性が見込まれ、革命的な材料の一つとみなされている。中国黒竜江省鶴岡市で企業を経営する単永宝(ぜん・えいほう)さんは、長い間石炭ビジネスに携わっていたが、2014年に資源の豊富な鶴岡市にグラファイトを開発・生産する企業「黒竜江省華升石墨」を設立した。単さんの科学研究チームは現在、多年にわたる研究開発の成果として数十件の特許を取得している。リチウムイオン電池用のグラフェン導電性ペーストやグラフェン潤滑油など独自で開発した製品も多い。(ハルビン=新華社記者/王君宝)=2020(令和2)年7月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081700857

  • 2020年07月20日
    石炭ビジネスから転換、技術革新に活路見いだす資源企業

    黒竜江省華升石墨の専門家チームを紹介するパネル。(7月20日撮影)グラファイトは「黒い金」として知られる近代工業やハイテク技術の発展に欠かせない戦略的鉱物資源。このグラファイトよりさらに貴重で「黒いダイヤモンド」と呼ばれるグラフェンは、優れた光学・電気学・力学特性により、材料学やエネルギー、バイオ医学などの分野で高い将来性が見込まれ、革命的な材料の一つとみなされている。中国黒竜江省鶴岡市で企業を経営する単永宝(ぜん・えいほう)さんは、長い間石炭ビジネスに携わっていたが、2014年に資源の豊富な鶴岡市にグラファイトを開発・生産する企業「黒竜江省華升石墨」を設立した。単さんの科学研究チームは現在、多年にわたる研究開発の成果として数十件の特許を取得している。リチウムイオン電池用のグラフェン導電性ペーストやグラフェン潤滑油など独自で開発した製品も多い。(ハルビン=新華社記者/王君宝)=2020(令和2)年7月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081700941

  • 2020年07月20日
    石炭ビジネスから転換、技術革新に活路見いだす資源企業

    黒竜江省華升石墨のグラフェン潤滑油生産ライン。(7月20日撮影)グラファイトは「黒い金」として知られる近代工業やハイテク技術の発展に欠かせない戦略的鉱物資源。このグラファイトよりさらに貴重で「黒いダイヤモンド」と呼ばれるグラフェンは、優れた光学・電気学・力学特性により、材料学やエネルギー、バイオ医学などの分野で高い将来性が見込まれ、革命的な材料の一つとみなされている。中国黒竜江省鶴岡市で企業を経営する単永宝(ぜん・えいほう)さんは、長い間石炭ビジネスに携わっていたが、2014年に資源の豊富な鶴岡市にグラファイトを開発・生産する企業「黒竜江省華升石墨」を設立した。単さんの科学研究チームは現在、多年にわたる研究開発の成果として数十件の特許を取得している。リチウムイオン電池用のグラフェン導電性ペーストやグラフェン潤滑油など独自で開発した製品も多い。(ハルビン=新華社記者/王君宝)=2020(令和2)年7月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081700942

  • 2020年07月20日
    石炭ビジネスから転換、技術革新に活路見いだす資源企業

    黒竜江省華升石墨のグラフェン潤滑油生産ライン。(7月20日撮影)グラファイトは「黒い金」として知られる近代工業やハイテク技術の発展に欠かせない戦略的鉱物資源。このグラファイトよりさらに貴重で「黒いダイヤモンド」と呼ばれるグラフェンは、優れた光学・電気学・力学特性により、材料学やエネルギー、バイオ医学などの分野で高い将来性が見込まれ、革命的な材料の一つとみなされている。中国黒竜江省鶴岡市で企業を経営する単永宝(ぜん・えいほう)さんは、長い間石炭ビジネスに携わっていたが、2014年に資源の豊富な鶴岡市にグラファイトを開発・生産する企業「黒竜江省華升石墨」を設立した。単さんの科学研究チームは現在、多年にわたる研究開発の成果として数十件の特許を取得している。リチウムイオン電池用のグラフェン導電性ペーストやグラフェン潤滑油など独自で開発した製品も多い。(ハルビン=新華社記者/王君宝)=2020(令和2)年7月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081700737

  • 2020年07月20日
    石炭ビジネスから転換、技術革新に活路見いだす資源企業

    黒竜江省華升石墨の検査研究開発センターに置かれた実験品。(7月20日撮影)グラファイトは「黒い金」として知られる近代工業やハイテク技術の発展に欠かせない戦略的鉱物資源。このグラファイトよりさらに貴重で「黒いダイヤモンド」と呼ばれるグラフェンは、優れた光学・電気学・力学特性により、材料学やエネルギー、バイオ医学などの分野で高い将来性が見込まれ、革命的な材料の一つとみなされている。中国黒竜江省鶴岡市で企業を経営する単永宝(ぜん・えいほう)さんは、長い間石炭ビジネスに携わっていたが、2014年に資源の豊富な鶴岡市にグラファイトを開発・生産する企業「黒竜江省華升石墨」を設立した。単さんの科学研究チームは現在、多年にわたる研究開発の成果として数十件の特許を取得している。リチウムイオン電池用のグラフェン導電性ペーストやグラフェン潤滑油など独自で開発した製品も多い。(ハルビン=新華社記者/王君宝)=2020(令和2)年7月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081700932

  • 2020年07月20日
    石炭ビジネスから転換、技術革新に活路見いだす資源企業

    黒竜江省華升石墨のグラフェン潤滑油生産ライン。(7月20日撮影)グラファイトは「黒い金」として知られる近代工業やハイテク技術の発展に欠かせない戦略的鉱物資源。このグラファイトよりさらに貴重で「黒いダイヤモンド」と呼ばれるグラフェンは、優れた光学・電気学・力学特性により、材料学やエネルギー、バイオ医学などの分野で高い将来性が見込まれ、革命的な材料の一つとみなされている。中国黒竜江省鶴岡市で企業を経営する単永宝(ぜん・えいほう)さんは、長い間石炭ビジネスに携わっていたが、2014年に資源の豊富な鶴岡市にグラファイトを開発・生産する企業「黒竜江省華升石墨」を設立した。単さんの科学研究チームは現在、多年にわたる研究開発の成果として数十件の特許を取得している。リチウムイオン電池用のグラフェン導電性ペーストやグラフェン潤滑油など独自で開発した製品も多い。(ハルビン=新華社記者/王君宝)=2020(令和2)年7月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081700993

  • 2020年07月20日
    石炭ビジネスから転換、技術革新に活路見いだす資源企業

    黒竜江省華升石墨のグラフェン潤滑油倉庫。(7月20日撮影)グラファイトは「黒い金」として知られる近代工業やハイテク技術の発展に欠かせない戦略的鉱物資源。このグラファイトよりさらに貴重で「黒いダイヤモンド」と呼ばれるグラフェンは、優れた光学・電気学・力学特性により、材料学やエネルギー、バイオ医学などの分野で高い将来性が見込まれ、革命的な材料の一つとみなされている。中国黒竜江省鶴岡市で企業を経営する単永宝(ぜん・えいほう)さんは、長い間石炭ビジネスに携わっていたが、2014年に資源の豊富な鶴岡市にグラファイトを開発・生産する企業「黒竜江省華升石墨」を設立した。単さんの科学研究チームは現在、多年にわたる研究開発の成果として数十件の特許を取得している。リチウムイオン電池用のグラフェン導電性ペーストやグラフェン潤滑油など独自で開発した製品も多い。(ハルビン=新華社記者/王君宝)=2020(令和2)年7月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081700853

  • 2020年07月20日
    石炭ビジネスから転換、技術革新に活路見いだす資源企業

    黒竜江省華升石墨の検査研究開発センターで研究開発に従事する技術者。(7月20日撮影)グラファイトは「黒い金」として知られる近代工業やハイテク技術の発展に欠かせない戦略的鉱物資源。このグラファイトよりさらに貴重で「黒いダイヤモンド」と呼ばれるグラフェンは、優れた光学・電気学・力学特性により、材料学やエネルギー、バイオ医学などの分野で高い将来性が見込まれ、革命的な材料の一つとみなされている。中国黒竜江省鶴岡市で企業を経営する単永宝(ぜん・えいほう)さんは、長い間石炭ビジネスに携わっていたが、2014年に資源の豊富な鶴岡市にグラファイトを開発・生産する企業「黒竜江省華升石墨」を設立した。単さんの科学研究チームは現在、多年にわたる研究開発の成果として数十件の特許を取得している。リチウムイオン電池用のグラフェン導電性ペーストやグラフェン潤滑油など独自で開発した製品も多い。(ハルビン=新華社記者/王君宝)=2020(令和2)年7月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081700959

  • 2020年07月20日
    石炭ビジネスから転換、技術革新に活路見いだす資源企業

    黒竜江省華升石墨の社内に飾られた表彰パネル。(7月20日撮影)グラファイトは「黒い金」として知られる近代工業やハイテク技術の発展に欠かせない戦略的鉱物資源。このグラファイトよりさらに貴重で「黒いダイヤモンド」と呼ばれるグラフェンは、優れた光学・電気学・力学特性により、材料学やエネルギー、バイオ医学などの分野で高い将来性が見込まれ、革命的な材料の一つとみなされている。中国黒竜江省鶴岡市で企業を経営する単永宝(ぜん・えいほう)さんは、長い間石炭ビジネスに携わっていたが、2014年に資源の豊富な鶴岡市にグラファイトを開発・生産する企業「黒竜江省華升石墨」を設立した。単さんの科学研究チームは現在、多年にわたる研究開発の成果として数十件の特許を取得している。リチウムイオン電池用のグラフェン導電性ペーストやグラフェン潤滑油など独自で開発した製品も多い。(ハルビン=新華社記者/王君宝)=2020(令和2)年7月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081700988

  • 2020年09月27日
    北京の書画骨董の老舗「栄宝斎」で蘇州刺しゅう展開催

    27日、蘇州刺しゅう作品「千里江山図」を撮影する来場者。中国北京の書画骨董の老舗「栄宝斎(えいほうさい)」で27日、「天工繍美-蘇州刺しゅう芸術展」が開幕した。同展には現代蘇州刺しゅう芸術の発展の成果を象徴する作品50点余りが展示されている。(北京=新華社記者/金良快)=2020(令和2)年9月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020092901079

  • 2020年09月27日
    北京の書画骨董の老舗「栄宝斎」で蘇州刺しゅう展開催

    27日、蘇州刺しゅう作品を見つめる来場者。中国北京の書画骨董の老舗「栄宝斎(えいほうさい)」で27日、「天工繍美-蘇州刺しゅう芸術展」が開幕した。同展には現代蘇州刺しゅう芸術の発展の成果を象徴する作品50点余りが展示されている。(北京=新華社記者/金良快)=2020(令和2)年9月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020092901204

  • 2020年09月27日
    北京の書画骨董の老舗「栄宝斎」で蘇州刺しゅう展開催

    27日、蘇州刺しゅう作品「撫琴図」を見つめる来場者。中国北京の書画骨董の老舗「栄宝斎(えいほうさい)」で27日、「天工繍美-蘇州刺しゅう芸術展」が開幕した。同展には現代蘇州刺しゅう芸術の発展の成果を象徴する作品50点余りが展示されている。(北京=新華社記者/金良快)=2020(令和2)年9月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020092901235

  • 2020年09月27日
    北京の書画骨董の老舗「栄宝斎」で蘇州刺しゅう展開催

    27日、蘇州刺しゅう作品を見つめる来場者。中国北京の書画骨董の老舗「栄宝斎(えいほうさい)」で27日、「天工繍美-蘇州刺しゅう芸術展」が開幕した。同展には現代蘇州刺しゅう芸術の発展の成果を象徴する作品50点余りが展示されている。(北京=新華社記者/金良快)=2020(令和2)年9月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020092901179

  • 2020年09月27日
    北京の書画骨董の老舗「栄宝斎」で蘇州刺しゅう展開催

    27日、姚建萍(よう・けんぺい)氏の蘇州刺しゅう作品「螳螂(とうろう)猫」を見つめる来場者。中国北京の書画骨董の老舗「栄宝斎(えいほうさい)」で27日、「天工繍美-蘇州刺しゅう芸術展」が開幕した。同展には現代蘇州刺しゅう芸術の発展の成果を象徴する作品50点余りが展示されている。(北京=新華社記者/金良快)=2020(令和2)年9月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020092901044

  • 2020年11月01日
    BC Dnipro 84-72 BC Odesa

    November 1, 2020, Dnipro, Ukraine: DNIPRO, UKRAINE - NOVEMBER 1, 2020 - Businessman Ihor Kolomoiskyi (C) and president of BC Dnipro Valerii Kondratiev (2nd R) watch the Ukrainian Basketball SuperLeague game between BC Dnipro and BC Odesa in Dnipro, central Ukraine. (Credit Image: © Mykola Miakshykov/Ukrinform via ZUMA Wire)、クレジット:©Mykola Miakshykov/Ukrinform via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020110509085

  • 2022年04月15日
    (1)歯小嚢幹細胞を用いた歯周病治療研究、四川省成都市で開始

    12日、幹細胞の保管状況について説明する四川省幹細胞技術・細胞治療協会の湯穎峰(とう・えいほう)副秘書長。中国四川省成都市で12日、歯小嚢幹細胞を用いた歯周病治療の臨床研究が始まった。歯小嚢幹細胞とは、乳歯や永久歯の発生過程で歯根表面に存在する幹細胞のこと。今回の開始は、歯周炎治療における歯小嚢幹細胞の臨床応用が重要な進展を遂げ、中国の幹細胞加工医薬品の空白を埋める確かな一歩を踏み出したことを示している。(成都=新華社記者/董小紅)= 配信日: 2022(令和4)年4月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022041507006

  • 2022年05月16日
    (7)中国の学者、月土壌の触媒作用を発見酸素と燃料を生成

    9日、「嫦娥5号」の月土壌試料を計量する南京大学の姚穎方教授。中国の月探査機「嫦娥5号」が持ち帰った月の土壌試料から、また新たな発見があった。南京大学の鄒志剛(すう・しごう)院士(アカデミー会員)と姚穎方(よう・えいほう)教授のチームはこのほど、複数の大学や研究所と共同で0・2グラムの月の土壌試料を研究し、その成分の一部が太陽光の作用の下で、水と二酸化炭素(CO2)を酸素と燃料に変換する触媒として使用できることを発見した。(南京=新華社記者/陳席元)= 配信日: 2022(令和4)年5月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022051602741

  • 2022年05月16日
    (2)中国の学者、月土壌の触媒作用を発見酸素と燃料を生成

    研究室のデスクに座る中国科学院院士(アカデミー会員)の鄒志剛(すう・しごう)南京大学教授。(2015年11月18日撮影)中国の月探査機「嫦娥5号」が持ち帰った月の土壌試料から、また新たな発見があった。南京大学の鄒志剛(すう・しごう)院士(アカデミー会員)と姚穎方(よう・えいほう)教授のチームはこのほど、複数の大学や研究所と共同で0・2グラムの月の土壌試料を研究し、その成分の一部が太陽光の作用の下で、水と二酸化炭素(CO2)を酸素と燃料に変換する触媒として使用できることを発見した。(南京=新華社記者/陳席元)= 配信日: 2022(令和4)年5月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022051602871

  • 2022年05月16日
    (1)中国の学者、月土壌の触媒作用を発見酸素と燃料を生成

    9日、「嫦娥5号」の月土壌試料を手にする南京大学の姚穎方教授。中国の月探査機「嫦娥5号」が持ち帰った月の土壌試料から、また新たな発見があった。南京大学の鄒志剛(すう・しごう)院士(アカデミー会員)と姚穎方(よう・えいほう)教授のチームはこのほど、複数の大学や研究所と共同で0・2グラムの月の土壌試料を研究し、その成分の一部が太陽光の作用の下で、水と二酸化炭素(CO2)を酸素と燃料に変換する触媒として使用できることを発見した。(南京=新華社記者/陳席元)= 配信日: 2022(令和4)年5月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022051602806

  • 2022年05月16日
    (8)中国の学者、月土壌の触媒作用を発見酸素と燃料を生成

    9日、南京大学の月試料実験室で月土壌試料を保護するために用意されたグローブボックス。中国の月探査機「嫦娥5号」が持ち帰った月の土壌試料から、また新たな発見があった。南京大学の鄒志剛(すう・しごう)院士(アカデミー会員)と姚穎方(よう・えいほう)教授のチームはこのほど、複数の大学や研究所と共同で0・2グラムの月の土壌試料を研究し、その成分の一部が太陽光の作用の下で、水と二酸化炭素(CO2)を酸素と燃料に変換する触媒として使用できることを発見した。(南京=新華社記者/陳席元)= 配信日: 2022(令和4)年5月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022051602767

  • 2022年05月16日
    (3)中国の学者、月土壌の触媒作用を発見酸素と燃料を生成

    9日、南京大学の月試料実験室で使われた「嫦娥5号」の月土壌試料。中国の月探査機「嫦娥5号」が持ち帰った月の土壌試料から、また新たな発見があった。南京大学の鄒志剛(すう・しごう)院士(アカデミー会員)と姚穎方(よう・えいほう)教授のチームはこのほど、複数の大学や研究所と共同で0・2グラムの月の土壌試料を研究し、その成分の一部が太陽光の作用の下で、水と二酸化炭素(CO2)を酸素と燃料に変換する触媒として使用できることを発見した。(南京=新華社記者/陳席元)= 配信日: 2022(令和4)年5月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022051602775

  • 2022年05月16日
    (6)中国の学者、月土壌の触媒作用を発見酸素と燃料を生成

    9日、南京大学の姚穎方教授。中国の月探査機「嫦娥5号」が持ち帰った月の土壌試料から、また新たな発見があった。南京大学の鄒志剛(すう・しごう)院士(アカデミー会員)と姚穎方(よう・えいほう)教授のチームはこのほど、複数の大学や研究所と共同で0・2グラムの月の土壌試料を研究し、その成分の一部が太陽光の作用の下で、水と二酸化炭素(CO2)を酸素と燃料に変換する触媒として使用できることを発見した。(南京=新華社記者/陳席元)= 配信日: 2022(令和4)年5月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022051602820

  • 2022年05月16日
    (5)中国の学者、月土壌の触媒作用を発見酸素と燃料を生成

    9日、南京大学の姚穎方教授。中国の月探査機「嫦娥5号」が持ち帰った月の土壌試料から、また新たな発見があった。南京大学の鄒志剛(すう・しごう)院士(アカデミー会員)と姚穎方(よう・えいほう)教授のチームはこのほど、複数の大学や研究所と共同で0・2グラムの月の土壌試料を研究し、その成分の一部が太陽光の作用の下で、水と二酸化炭素(CO2)を酸素と燃料に変換する触媒として使用できることを発見した。(南京=新華社記者/陳席元)= 配信日: 2022(令和4)年5月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022051602793

  • 2022年05月16日
    (9)中国の学者、月土壌の触媒作用を発見酸素と燃料を生成

    9日、南京大学が研究のために建設した月試料実験室。中国の月探査機「嫦娥5号」が持ち帰った月の土壌試料から、また新たな発見があった。南京大学の鄒志剛(すう・しごう)院士(アカデミー会員)と姚穎方(よう・えいほう)教授のチームはこのほど、複数の大学や研究所と共同で0・2グラムの月の土壌試料を研究し、その成分の一部が太陽光の作用の下で、水と二酸化炭素(CO2)を酸素と燃料に変換する触媒として使用できることを発見した。(南京=新華社記者/陳席元)= 配信日: 2022(令和4)年5月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022051602823

  • 2022年05月16日
    (4)中国の学者、月土壌の触媒作用を発見酸素と燃料を生成

    9日、南京大学の月試料実験室で使われた「嫦娥5号」の月土壌試料。中国の月探査機「嫦娥5号」が持ち帰った月の土壌試料から、また新たな発見があった。南京大学の鄒志剛(すう・しごう)院士(アカデミー会員)と姚穎方(よう・えいほう)教授のチームはこのほど、複数の大学や研究所と共同で0・2グラムの月の土壌試料を研究し、その成分の一部が太陽光の作用の下で、水と二酸化炭素(CO2)を酸素と燃料に変換する触媒として使用できることを発見した。(南京=新華社記者/陳席元)= 配信日: 2022(令和4)年5月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022051602769

  • 1