KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 上昇
  • 中心
  • 令和
  • 伐採
  • 分類
  • 危急
  • 国家
  • 国際自然保護連合
  • 増加
  • 常緑広葉樹林

「エコトーン」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
8
( 1 8 件を表示)
  • 1
8
( 1 8 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2021年01月24日
    Marsh grasses along the Bill Williams River National Wildlife Refuge near Parker, Arizona.

    January 24, 2021, Arizona, United States: The Bill Williams River National Wildlife Refuge with the Buckskin Mountains at right. (Credit Image: © Jon G. Fuller/VW Pics via ZUMA Press Wire)、クレジット:©Jon G. Fuller/VW Pics via ZUMA Press Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021100400586

  • 2021年01月24日
    Marsh grasses along the Bill Williams River National Wildlife Refuge near Parker, Arizona.

    January 24, 2021, Arizona, United States: The Bill Williams River National Wildlife Refuge near its confluence with the Colorado River at Lake Havasu. In the distance are the Whipple Mountains in California. (Credit Image: © Jon G. Fuller/VW Pics via ZUMA Press Wire)、クレジット:©Jon G. Fuller/VW Pics via ZUMA Press Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021100408460

  • 2021年01月24日
    Marsh grasses along the Bill Williams River National Wildlife Refuge near Parker, Arizona.

    January 24, 2021, Arizona, United States: The Bill Williams River National Wildlife Refuge with the Buckskin Mountains behind. (Credit Image: © Jon G. Fuller/VW Pics via ZUMA Press Wire)、クレジット:©Jon G. Fuller/VW Pics via ZUMA Press Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021100400739

  • 2021年05月17日
    (2)国家1級保護野生動物キタブタオザルを撮影雲南省竜陵県

    13日、雲南省保山市竜陵県木城イ族リス族郷に現れたキタブタオザル。中国雲南省保山市竜陵県木城イ族リス族郷で13日、写真愛好家と地元の林業ステーション職員がキタブタオザルの撮影に成功した。キタブタオザルは「平頂猴」とも呼ばれ、ブタのような尾と「角刈り」のような形の頭を持つ。食物源が豊富で生態環境の質が高く、うっそうと茂った常緑・半常緑広葉樹林を主な生息地としており、中国の国家1級重点保護野生動物に指定されているほか、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストでも危急種(VU)に分類されている。同県はここ数年、野生動物の生息地や、性質の異なる環境がゆるやかに連なる移行帯(エコトーン)などを中心に、耕地を森林や草原に戻す「退耕還林・還草」、開墾・放牧・伐採を禁止して森林を育てる「封山育林」、植樹造林などさまざまな措置を実施。1978年に26・9%だった森林率は73・62%まで上昇し、草原総合植生率は2017年の78・75%から81・39%まで増加した。自然環境の改善に伴い、野生動物の生息空間も拡大している。(保山=新華社配信/蔡双発)= 配信日: 2021(令和3)年5月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021051708151

  • 2021年05月17日
    (5)国家1級保護野生動物キタブタオザルを撮影雲南省竜陵県

    13日、雲南省保山市竜陵県木城イ族リス族郷に現れたキタブタオザル。中国雲南省保山市竜陵県木城イ族リス族郷で13日、写真愛好家と地元の林業ステーション職員がキタブタオザルの撮影に成功した。キタブタオザルは「平頂猴」とも呼ばれ、ブタのような尾と「角刈り」のような形の頭を持つ。食物源が豊富で生態環境の質が高く、うっそうと茂った常緑・半常緑広葉樹林を主な生息地としており、中国の国家1級重点保護野生動物に指定されているほか、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストでも危急種(VU)に分類されている。同県はここ数年、野生動物の生息地や、性質の異なる環境がゆるやかに連なる移行帯(エコトーン)などを中心に、耕地を森林や草原に戻す「退耕還林・還草」、開墾・放牧・伐採を禁止して森林を育てる「封山育林」、植樹造林などさまざまな措置を実施。1978年に26・9%だった森林率は73・62%まで上昇し、草原総合植生率は2017年の78・75%から81・39%まで増加した。自然環境の改善に伴い、野生動物の生息空間も拡大している。(保山=新華社配信/蔡双発)= 配信日: 2021(令和3)年5月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021051708160

  • 2021年05月17日
    (3)国家1級保護野生動物キタブタオザルを撮影雲南省竜陵県

    13日、雲南省保山市竜陵県木城イ族リス族郷に現れたキタブタオザル。中国雲南省保山市竜陵県木城イ族リス族郷で13日、写真愛好家と地元の林業ステーション職員がキタブタオザルの撮影に成功した。キタブタオザルは「平頂猴」とも呼ばれ、ブタのような尾と「角刈り」のような形の頭を持つ。食物源が豊富で生態環境の質が高く、うっそうと茂った常緑・半常緑広葉樹林を主な生息地としており、中国の国家1級重点保護野生動物に指定されているほか、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストでも危急種(VU)に分類されている。同県はここ数年、野生動物の生息地や、性質の異なる環境がゆるやかに連なる移行帯(エコトーン)などを中心に、耕地を森林や草原に戻す「退耕還林・還草」、開墾・放牧・伐採を禁止して森林を育てる「封山育林」、植樹造林などさまざまな措置を実施。1978年に26・9%だった森林率は73・62%まで上昇し、草原総合植生率は2017年の78・75%から81・39%まで増加した。自然環境の改善に伴い、野生動物の生息空間も拡大している。(保山=新華社配信/蔡双発)= 配信日: 2021(令和3)年5月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021051708152

  • 2021年05月17日
    (4)国家1級保護野生動物キタブタオザルを撮影雲南省竜陵県

    13日、雲南省保山市竜陵県木城イ族リス族郷に現れたキタブタオザル。中国雲南省保山市竜陵県木城イ族リス族郷で13日、写真愛好家と地元の林業ステーション職員がキタブタオザルの撮影に成功した。キタブタオザルは「平頂猴」とも呼ばれ、ブタのような尾と「角刈り」のような形の頭を持つ。食物源が豊富で生態環境の質が高く、うっそうと茂った常緑・半常緑広葉樹林を主な生息地としており、中国の国家1級重点保護野生動物に指定されているほか、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストでも危急種(VU)に分類されている。同県はここ数年、野生動物の生息地や、性質の異なる環境がゆるやかに連なる移行帯(エコトーン)などを中心に、耕地を森林や草原に戻す「退耕還林・還草」、開墾・放牧・伐採を禁止して森林を育てる「封山育林」、植樹造林などさまざまな措置を実施。1978年に26・9%だった森林率は73・62%まで上昇し、草原総合植生率は2017年の78・75%から81・39%まで増加した。自然環境の改善に伴い、野生動物の生息空間も拡大している。(保山=新華社配信/蔡双発)= 配信日: 2021(令和3)年5月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021051708150

  • 2021年05月17日
    (1)国家1級保護野生動物キタブタオザルを撮影雲南省竜陵県

    13日、雲南省保山市竜陵県木城イ族リス族郷に現れたキタブタオザル。中国雲南省保山市竜陵県木城イ族リス族郷で13日、写真愛好家と地元の林業ステーション職員がキタブタオザルの撮影に成功した。キタブタオザルは「平頂猴」とも呼ばれ、ブタのような尾と「角刈り」のような形の頭を持つ。食物源が豊富で生態環境の質が高く、うっそうと茂った常緑・半常緑広葉樹林を主な生息地としており、中国の国家1級重点保護野生動物に指定されているほか、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストでも危急種(VU)に分類されている。同県はここ数年、野生動物の生息地や、性質の異なる環境がゆるやかに連なる移行帯(エコトーン)などを中心に、耕地を森林や草原に戻す「退耕還林・還草」、開墾・放牧・伐採を禁止して森林を育てる「封山育林」、植樹造林などさまざまな措置を実施。1978年に26・9%だった森林率は73・62%まで上昇し、草原総合植生率は2017年の78・75%から81・39%まで増加した。自然環境の改善に伴い、野生動物の生息空間も拡大している。(保山=新華社配信/蔡双発)= 配信日: 2021(令和3)年5月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021051708149

  • 1