KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 令和
  • 記者
  • あいりょう
  • カナダ
  • スウェーデン
  • メード
  • ロシア
  • 世界
  • 地域
  • 大会

「エノキタケ」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
42
( 1 42 件を表示)
  • 1
42
( 1 42 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 1997年06月01日
    エノキダケ 工芸作物(エノキダケ)

    エノキダケ=1997(平成9)年6月1日、東京都、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ [04-B-3-7]

    商品コード: 2017080900692

  • 1999年10月29日
    エノキダケ 工芸作物(エノキダケ)

    エノキダケ栽培=1999(平成11)年10月29日、石川県河内村、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ [外11-2030-21]

    商品コード: 2017080900998

  • 2001年02月05日
    エノキダケ 工芸作物(エノキダケ)

    エノキダケ生産施設(JA信州うえだ農産物流通センター)=2001(平成13)年2月5日、長野県、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ [外13-237-18]

    商品コード: 2017080900564

  • 2001年02月05日
    エノキダケ 工芸作物(エノキダケ)

    エノキダケ生産施設(JA信州うえだ農産物流通センター)=2001(平成13)年2月5日、長野県、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ [外13-237-4]

    商品コード: 2017080900693

  • 2001年02月05日
    エノキダケ 工芸作物(エノキダケ)

    エノキダケ生産施設(JA信州うえだ農産物流通センター)=2001(平成13)年2月5日、長野県、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ [外13-237-8]

    商品コード: 2017080900618

  • 2001年02月05日
    エノキダケ 工芸作物(エノキダケ)

    エノキダケ生産施設(JA信州うえだ農産物流通センター)=2001(平成13)年2月5日、長野県、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ [外13-237-11]

    商品コード: 2017080900548

  • 2001年07月08日
    エノキダケ 工芸作物(エノキダケ)

    青色蛍光灯でエノキダケ栽培=2001(平成13)年7月8日、長野県中野市、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ [01-437-27]

    商品コード: 2017080900558

  • 2004年03月08日
    抗酸化作用あり

    キュウリとエノキタケのスモークサーモン巻き(2人分)

    商品コード: 2004030800048

  • 2013年03月09日
    エノキのヨーグルト

    エノキタケの抽出エキスが入った「信州発えのきヨーグルト」

    商品コード: 2013030900214

  • 2015年11月10日
    エノキタケ 暗い部屋で長く育つ

    なべ物をはじめ、さまざまな料理に人気のエノキタケ。細長い柄が特徴です

    商品コード: 2015111000431

  • 2021年03月08日
    さっと煮て食感生かす

    エノキタケの梅肉あえ

    商品コード: 2021030806559

  • 2021年12月24日
    (3)エノキタケのスマート生産工場が農村振興に貢献重慶市

    15日、叢林鎮緑水村にある近代化農業スマート工場の生産ラインでエノキタケをまとめる従業員。中国重慶市綦江(きこう)区の叢林鎮緑水村はここ数年、先進的な農業企業を誘致し、エノキタケ栽培を従来の1年周期のハウス生産からスマート工場での生産ライン方式に変更、年間を通じた生産を実現した。同村では工場の操業開始以降、年間5万トンのエノキタケを生産し、国内外に出荷している。近代農業の急速な発展は村の貧困脱却につながり、地元の振興と発展に大きな役割を果たしている。(重慶=新華社記者/劉潺)= 配信日: 2021(令和3)年12月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021122702573

  • 2021年12月24日
    (12)エノキタケのスマート生産工場が農村振興に貢献重慶市

    15日、叢林鎮緑水村の近代化農業スマート工場で働く従業員。中国重慶市綦江(きこう)区の叢林鎮緑水村はここ数年、先進的な農業企業を誘致し、エノキタケ栽培を従来の1年周期のハウス生産からスマート工場での生産ライン方式に変更、年間を通じた生産を実現した。同村では工場の操業開始以降、年間5万トンのエノキタケを生産し、国内外に出荷している。近代農業の急速な発展は村の貧困脱却につながり、地元の振興と発展に大きな役割を果たしている。(重慶=新華社記者/劉潺)= 配信日: 2021(令和3)年12月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021122702597

  • 2021年12月24日
    (1)エノキタケのスマート生産工場が農村振興に貢献重慶市

    15日、叢林鎮緑水村にある近代化農業スマート工場の恒温恒湿生産室内で成長するエノキタケ。中国重慶市綦江(きこう)区の叢林鎮緑水村はここ数年、先進的な農業企業を誘致し、エノキタケ栽培を従来の1年周期のハウス生産からスマート工場での生産ライン方式に変更、年間を通じた生産を実現した。同村では工場の操業開始以降、年間5万トンのエノキタケを生産し、国内外に出荷している。近代農業の急速な発展は村の貧困脱却につながり、地元の振興と発展に大きな役割を果たしている。(重慶=新華社記者/劉潺)= 配信日: 2021(令和3)年12月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021122702574

  • 2021年12月24日
    (5)エノキタケのスマート生産工場が農村振興に貢献重慶市

    15日、叢林鎮緑水村にある近代化農業スマート工場のエノキタケ生産ライン。中国重慶市綦江(きこう)区の叢林鎮緑水村はここ数年、先進的な農業企業を誘致し、エノキタケ栽培を従来の1年周期のハウス生産からスマート工場での生産ライン方式に変更、年間を通じた生産を実現した。同村では工場の操業開始以降、年間5万トンのエノキタケを生産し、国内外に出荷している。近代農業の急速な発展は村の貧困脱却につながり、地元の振興と発展に大きな役割を果たしている。(重慶=新華社記者/劉潺)= 配信日: 2021(令和3)年12月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021122702577

  • 2021年12月24日
    (10)エノキタケのスマート生産工場が農村振興に貢献重慶市

    15日、叢林鎮緑水村の近代化農業スマート工場で、顧客の注文に応じてエノキタケを箱詰めする従業員。中国重慶市綦江(きこう)区の叢林鎮緑水村はここ数年、先進的な農業企業を誘致し、エノキタケ栽培を従来の1年周期のハウス生産からスマート工場での生産ライン方式に変更、年間を通じた生産を実現した。同村では工場の操業開始以降、年間5万トンのエノキタケを生産し、国内外に出荷している。近代農業の急速な発展は村の貧困脱却につながり、地元の振興と発展に大きな役割を果たしている。(重慶=新華社記者/劉潺)= 配信日: 2021(令和3)年12月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021122702599

  • 2021年12月24日
    (6)エノキタケのスマート生産工場が農村振興に貢献重慶市

    15日、叢林鎮緑水村にある近代化農業スマート工場の生産ラインでエノキタケを計量し箱に詰める従業員。中国重慶市綦江(きこう)区の叢林鎮緑水村はここ数年、先進的な農業企業を誘致し、エノキタケ栽培を従来の1年周期のハウス生産からスマート工場での生産ライン方式に変更、年間を通じた生産を実現した。同村では工場の操業開始以降、年間5万トンのエノキタケを生産し、国内外に出荷している。近代農業の急速な発展は村の貧困脱却につながり、地元の振興と発展に大きな役割を果たしている。(重慶=新華社記者/劉潺)= 配信日: 2021(令和3)年12月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021122702585

  • 2021年12月24日
    (8)エノキタケのスマート生産工場が農村振興に貢献重慶市

    15日、叢林鎮緑水村の近代化農業スマート工場で働く従業員。中国重慶市綦江(きこう)区の叢林鎮緑水村はここ数年、先進的な農業企業を誘致し、エノキタケ栽培を従来の1年周期のハウス生産からスマート工場での生産ライン方式に変更、年間を通じた生産を実現した。同村では工場の操業開始以降、年間5万トンのエノキタケを生産し、国内外に出荷している。近代農業の急速な発展は村の貧困脱却につながり、地元の振興と発展に大きな役割を果たしている。(重慶=新華社記者/劉潺)= 配信日: 2021(令和3)年12月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021122702592

  • 2021年12月24日
    (4)エノキタケのスマート生産工場が農村振興に貢献重慶市

    15日、叢林鎮緑水村にある近代化農業スマート工場の生産ラインでエノキタケをまとめる従業員。中国重慶市綦江(きこう)区の叢林鎮緑水村はここ数年、先進的な農業企業を誘致し、エノキタケ栽培を従来の1年周期のハウス生産からスマート工場での生産ライン方式に変更、年間を通じた生産を実現した。同村では工場の操業開始以降、年間5万トンのエノキタケを生産し、国内外に出荷している。近代農業の急速な発展は村の貧困脱却につながり、地元の振興と発展に大きな役割を果たしている。(重慶=新華社記者/劉潺)= 配信日: 2021(令和3)年12月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021122702576

  • 2021年12月24日
    (7)エノキタケのスマート生産工場が農村振興に貢献重慶市

    15日、叢林鎮緑水村の近代化農業スマート工場で生産されたエノキタケ。中国重慶市綦江(きこう)区の叢林鎮緑水村はここ数年、先進的な農業企業を誘致し、エノキタケ栽培を従来の1年周期のハウス生産からスマート工場での生産ライン方式に変更、年間を通じた生産を実現した。同村では工場の操業開始以降、年間5万トンのエノキタケを生産し、国内外に出荷している。近代農業の急速な発展は村の貧困脱却につながり、地元の振興と発展に大きな役割を果たしている。(重慶=新華社記者/劉潺)= 配信日: 2021(令和3)年12月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021122702588

  • 2021年12月24日
    (11)エノキタケのスマート生産工場が農村振興に貢献重慶市

    15日、叢林鎮緑水村の近代化農業スマート工場で生産されたエノキタケ。中国重慶市綦江(きこう)区の叢林鎮緑水村はここ数年、先進的な農業企業を誘致し、エノキタケ栽培を従来の1年周期のハウス生産からスマート工場での生産ライン方式に変更、年間を通じた生産を実現した。同村では工場の操業開始以降、年間5万トンのエノキタケを生産し、国内外に出荷している。近代農業の急速な発展は村の貧困脱却につながり、地元の振興と発展に大きな役割を果たしている。(重慶=新華社記者/劉潺)= 配信日: 2021(令和3)年12月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021122702594

  • 2021年12月24日
    (9)エノキタケのスマート生産工場が農村振興に貢献重慶市

    15日、叢林鎮緑水村の近代化農業スマート工場で、エノキタケの菌株の継代培養をする技術員。中国重慶市綦江(きこう)区の叢林鎮緑水村はここ数年、先進的な農業企業を誘致し、エノキタケ栽培を従来の1年周期のハウス生産からスマート工場での生産ライン方式に変更、年間を通じた生産を実現した。同村では工場の操業開始以降、年間5万トンのエノキタケを生産し、国内外に出荷している。近代農業の急速な発展は村の貧困脱却につながり、地元の振興と発展に大きな役割を果たしている。(重慶=新華社記者/劉潺)= 配信日: 2021(令和3)年12月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021122702590

  • 2021年12月24日
    (2)エノキタケのスマート生産工場が農村振興に貢献重慶市

    15日、叢林鎮緑水村の近代化農業スマート工場で、フォークリフトを使ってエノキタケの栽培容器を運ぶ従業員。中国重慶市綦江(きこう)区の叢林鎮緑水村はここ数年、先進的な農業企業を誘致し、エノキタケ栽培を従来の1年周期のハウス生産からスマート工場での生産ライン方式に変更、年間を通じた生産を実現した。同村では工場の操業開始以降、年間5万トンのエノキタケを生産し、国内外に出荷している。近代農業の急速な発展は村の貧困脱却につながり、地元の振興と発展に大きな役割を果たしている。(重慶=新華社記者/劉潺)= 配信日: 2021(令和3)年12月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021122702575

  • 2022年02月12日
    (4)金メダリストも利用した尖峰人工スキー場四川省成都市

    尖峰人工スキー場で使われている「エノキタケ」。(1月24日撮影)北京冬季五輪フリースタイルスキー女子ビッグエアで金メダルを獲得した中国の谷愛凌(こく・あいりょう)は1月末、五輪に向け、中国四川省成都市新都区の尖峰人工スキー場で5日間に及ぶ非公開合宿を行っていた。同スキー場は中国西南地区最大規模の人工スキー場で、「エノキタケ」と呼ばれる世界でも先進的なプラスノーと専用設備を採用しており、フリースタイルスキー中国代表もここで何度も合宿や大会を行ってきた。スキー場の責任者によると、スウェーデンや英国、米国、カナダ、ロシアなど9カ国・地域にあるスキー場15カ所が「メード・イン・成都」の人工スキー製品を採用している。スノーボードビッグエアとスロープスタイル中国代表の佐藤康弘ヘッドコーチは14年から成都の「エノキタケ」に注目し、日本にも導入した。(成都=新華社配信/陸超凡)= 配信日: 2022(令和4)年2月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022021205768

  • 2022年02月12日
    (1)金メダリストも利用した尖峰人工スキー場四川省成都市

    四川省成都市にある尖峰人工スキー場。(1月24日撮影)北京冬季五輪フリースタイルスキー女子ビッグエアで金メダルを獲得した中国の谷愛凌(こく・あいりょう)は1月末、五輪に向け、中国四川省成都市新都区の尖峰人工スキー場で5日間に及ぶ非公開合宿を行っていた。同スキー場は中国西南地区最大規模の人工スキー場で、「エノキタケ」と呼ばれる世界でも先進的なプラスノーと専用設備を採用しており、フリースタイルスキー中国代表もここで何度も合宿や大会を行ってきた。スキー場の責任者によると、スウェーデンや英国、米国、カナダ、ロシアなど9カ国・地域にあるスキー場15カ所が「メード・イン・成都」の人工スキー製品を採用している。スノーボードビッグエアとスロープスタイル中国代表の佐藤康弘ヘッドコーチは14年から成都の「エノキタケ」に注目し、日本にも導入した。(成都=新華社配信/陸超凡)= 配信日: 2022(令和4)年2月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022021205745

  • 2022年02月12日
    (2)金メダリストも利用した尖峰人工スキー場四川省成都市

    四川省成都市にある尖峰人工スキー場。(1月24日撮影)北京冬季五輪フリースタイルスキー女子ビッグエアで金メダルを獲得した中国の谷愛凌(こく・あいりょう)は1月末、五輪に向け、中国四川省成都市新都区の尖峰人工スキー場で5日間に及ぶ非公開合宿を行っていた。同スキー場は中国西南地区最大規模の人工スキー場で、「エノキタケ」と呼ばれる世界でも先進的なプラスノーと専用設備を採用しており、フリースタイルスキー中国代表もここで何度も合宿や大会を行ってきた。スキー場の責任者によると、スウェーデンや英国、米国、カナダ、ロシアなど9カ国・地域にあるスキー場15カ所が「メード・イン・成都」の人工スキー製品を採用している。スノーボードビッグエアとスロープスタイル中国代表の佐藤康弘ヘッドコーチは14年から成都の「エノキタケ」に注目し、日本にも導入した。(成都=新華社配信/陸超凡)= 配信日: 2022(令和4)年2月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022021205746

  • 2022年02月12日
    (7)金メダリストも利用した尖峰人工スキー場四川省成都市

    佐藤康弘コーチが自身のトレーニング場で使用するオーダーメイドの「エノキタケ」。(1月24日撮影)北京冬季五輪フリースタイルスキー女子ビッグエアで金メダルを獲得した中国の谷愛凌(こく・あいりょう)は1月末、五輪に向け、中国四川省成都市新都区の尖峰人工スキー場で5日間に及ぶ非公開合宿を行っていた。同スキー場は中国西南地区最大規模の人工スキー場で、「エノキタケ」と呼ばれる世界でも先進的なプラスノーと専用設備を採用しており、フリースタイルスキー中国代表もここで何度も合宿や大会を行ってきた。スキー場の責任者によると、スウェーデンや英国、米国、カナダ、ロシアなど9カ国・地域にあるスキー場15カ所が「メード・イン・成都」の人工スキー製品を採用している。スノーボードビッグエアとスロープスタイル中国代表の佐藤康弘ヘッドコーチは14年から成都の「エノキタケ」に注目し、日本にも導入した。(成都=新華社配信/陸超凡)= 配信日: 2022(令和4)年2月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022021205788

  • 2022年02月12日
    (10)金メダリストも利用した尖峰人工スキー場四川省成都市

    10日、尖峰人工スキー場で遊ぶ利用者。北京冬季五輪フリースタイルスキー女子ビッグエアで金メダルを獲得した中国の谷愛凌(こく・あいりょう)は1月末、五輪に向け、中国四川省成都市新都区の尖峰人工スキー場で5日間に及ぶ非公開合宿を行っていた。同スキー場は中国西南地区最大規模の人工スキー場で、「エノキタケ」と呼ばれる世界でも先進的なプラスノーと専用設備を採用しており、フリースタイルスキー中国代表もここで何度も合宿や大会を行ってきた。スキー場の責任者によると、スウェーデンや英国、米国、カナダ、ロシアなど9カ国・地域にあるスキー場15カ所が「メード・イン・成都」の人工スキー製品を採用している。スノーボードビッグエアとスロープスタイル中国代表の佐藤康弘ヘッドコーチは14年から成都の「エノキタケ」に注目し、日本にも導入した。(成都=新華社記者/謝佼)= 配信日: 2022(令和4)年2月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022021205795

  • 2022年02月12日
    (3)金メダリストも利用した尖峰人工スキー場四川省成都市

    10日、尖峰人工スキー場でエノキタケの形をしたプラスノーを見せる責任者。北京冬季五輪フリースタイルスキー女子ビッグエアで金メダルを獲得した中国の谷愛凌(こく・あいりょう)は1月末、五輪に向け、中国四川省成都市新都区の尖峰人工スキー場で5日間に及ぶ非公開合宿を行っていた。同スキー場は中国西南地区最大規模の人工スキー場で、「エノキタケ」と呼ばれる世界でも先進的なプラスノーと専用設備を採用しており、フリースタイルスキー中国代表もここで何度も合宿や大会を行ってきた。スキー場の責任者によると、スウェーデンや英国、米国、カナダ、ロシアなど9カ国・地域にあるスキー場15カ所が「メード・イン・成都」の人工スキー製品を採用している。スノーボードビッグエアとスロープスタイル中国代表の佐藤康弘ヘッドコーチは14年から成都の「エノキタケ」に注目し、日本にも導入した。(成都=新華社記者/謝佼)= 配信日: 2022(令和4)年2月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022021205766

  • 2022年02月12日
    (6)金メダリストも利用した尖峰人工スキー場四川省成都市

    尖峰人工スキー場で使われている「エノキタケ」。(1月24日撮影)北京冬季五輪フリースタイルスキー女子ビッグエアで金メダルを獲得した中国の谷愛凌(こく・あいりょう)は1月末、五輪に向け、中国四川省成都市新都区の尖峰人工スキー場で5日間に及ぶ非公開合宿を行っていた。同スキー場は中国西南地区最大規模の人工スキー場で、「エノキタケ」と呼ばれる世界でも先進的なプラスノーと専用設備を採用しており、フリースタイルスキー中国代表もここで何度も合宿や大会を行ってきた。スキー場の責任者によると、スウェーデンや英国、米国、カナダ、ロシアなど9カ国・地域にあるスキー場15カ所が「メード・イン・成都」の人工スキー製品を採用している。スノーボードビッグエアとスロープスタイル中国代表の佐藤康弘ヘッドコーチは14年から成都の「エノキタケ」に注目し、日本にも導入した。(成都=新華社配信/陸超凡)= 配信日: 2022(令和4)年2月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022021205767

  • 2022年02月12日
    (5)金メダリストも利用した尖峰人工スキー場四川省成都市

    尖峰人工スキー場で使われている「エノキタケ」。(1月24日撮影)北京冬季五輪フリースタイルスキー女子ビッグエアで金メダルを獲得した中国の谷愛凌(こく・あいりょう)は1月末、五輪に向け、中国四川省成都市新都区の尖峰人工スキー場で5日間に及ぶ非公開合宿を行っていた。同スキー場は中国西南地区最大規模の人工スキー場で、「エノキタケ」と呼ばれる世界でも先進的なプラスノーと専用設備を採用しており、フリースタイルスキー中国代表もここで何度も合宿や大会を行ってきた。スキー場の責任者によると、スウェーデンや英国、米国、カナダ、ロシアなど9カ国・地域にあるスキー場15カ所が「メード・イン・成都」の人工スキー製品を採用している。スノーボードビッグエアとスロープスタイル中国代表の佐藤康弘ヘッドコーチは14年から成都の「エノキタケ」に注目し、日本にも導入した。(成都=新華社配信/陸超凡)= 配信日: 2022(令和4)年2月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022021205774

  • 2022年02月12日
    (9)金メダリストも利用した尖峰人工スキー場四川省成都市

    10日、尖峰人工スキー場の来場者。北京冬季五輪フリースタイルスキー女子ビッグエアで金メダルを獲得した中国の谷愛凌(こく・あいりょう)は1月末、五輪に向け、中国四川省成都市新都区の尖峰人工スキー場で5日間に及ぶ非公開合宿を行っていた。同スキー場は中国西南地区最大規模の人工スキー場で、「エノキタケ」と呼ばれる世界でも先進的なプラスノーと専用設備を採用しており、フリースタイルスキー中国代表もここで何度も合宿や大会を行ってきた。スキー場の責任者によると、スウェーデンや英国、米国、カナダ、ロシアなど9カ国・地域にあるスキー場15カ所が「メード・イン・成都」の人工スキー製品を採用している。スノーボードビッグエアとスロープスタイル中国代表の佐藤康弘ヘッドコーチは14年から成都の「エノキタケ」に注目し、日本にも導入した。(成都=新華社記者/謝佼)= 配信日: 2022(令和4)年2月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022021205785

  • 2022年02月12日
    (8)金メダリストも利用した尖峰人工スキー場四川省成都市

    10日、尖峰人工スキー場で遊ぶ利用者。北京冬季五輪フリースタイルスキー女子ビッグエアで金メダルを獲得した中国の谷愛凌(こく・あいりょう)は1月末、五輪に向け、中国四川省成都市新都区の尖峰人工スキー場で5日間に及ぶ非公開合宿を行っていた。同スキー場は中国西南地区最大規模の人工スキー場で、「エノキタケ」と呼ばれる世界でも先進的なプラスノーと専用設備を採用しており、フリースタイルスキー中国代表もここで何度も合宿や大会を行ってきた。スキー場の責任者によると、スウェーデンや英国、米国、カナダ、ロシアなど9カ国・地域にあるスキー場15カ所が「メード・イン・成都」の人工スキー製品を採用している。スノーボードビッグエアとスロープスタイル中国代表の佐藤康弘ヘッドコーチは14年から成都の「エノキタケ」に注目し、日本にも導入した。(成都=新華社記者/謝佼)= 配信日: 2022(令和4)年2月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022021205786

  • 01:01.96
    2022年02月12日
    「新華社」金メダリストも利用した尖峰人工スキー場四川省成都市

    北京冬季五輪フリースタイルスキー女子ビッグエアで金メダルを獲得した中国の谷愛凌(こく・あいりょう)は1月末、五輪に向け、中国四川省成都市新都区の尖峰人工スキー場で5日間に及ぶ非公開合宿を行っていた。同スキー場は中国西南地区最大規模の人工スキー場で、「エノキタケ」と呼ばれる世界でも先進的なプラスノーと専用設備を採用しており、フリースタイルスキー中国代表もここで何度も合宿や大会を行ってきた。尖峰人工スキー場は初心者向けコースやハーフパイプコース、上級者コース、五輪に向けて建設された高さ43メートル、長さ112メートルのジャンプ台などを備える。2020年6月に完成し、7月から専門チームのトレーニングも受け入れ始めた。スキー場の責任者によると、スウェーデンや英国、米国、カナダ、ロシアなど9カ国・地域にあるスキー場15カ所が「メード・イン・成都」の人工スキー製品を採用している。スノーボードビッグエアとスロープスタイル中国代表の佐藤康弘ヘッドコーチは14年から成都の「エノキタケ」に注目し、日本にも導入した。 =配信日: 2022(令和4)年2月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022021204991

  • 2022年02月17日
    (1)金メダリストも利用した尖峰人工スキー場四川省成都市

    10日、「エノキタケ」と呼ばれるプラスノー。北京冬季五輪フリースタイルスキー女子ビッグエアで金メダルを獲得した中国の谷愛凌(こく・あいりょう)は1月末、五輪に向け、中国四川省成都市新都区の尖峰人工スキー場で5日間に及ぶ非公開合宿を行っていた。同スキー場は中国西南地区最大規模の人工スキー場で、「エノキタケ」と呼ばれる世界でも先進的なプラスノーと専用設備を採用しており、フリースタイルスキー中国代表もここで何度も合宿や大会を行ってきた。尖峰人工スキー場は初心者向けコースやハーフパイプコース、上級者コース、五輪に向けて建設された高さ43メートル、長さ112メートルのジャンプ台などを備える。2020年6月に完成し、7月から専門チームのトレーニングも受け入れ始めた。スキー場の責任者によると、スウェーデンや英国、米国、カナダ、ロシアなど9カ国・地域にあるスキー場15カ所が「メード・イン・成都」の人工スキー製品を採用している。スノーボードビッグエアとスロープスタイル中国代表の佐藤康弘ヘッドコーチは14年から成都の「エノキタケ」に注目し、日本にも導入した。(成都=新華社記者/薛晨)= 配信日: 2022(令和4)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022021711137

  • 2022年02月17日
    (4)金メダリストも利用した尖峰人工スキー場四川省成都市

    10日、尖峰人工スキー場で設けられた専用設備を利用して基礎的な練習に励む利用者。北京冬季五輪フリースタイルスキー女子ビッグエアで金メダルを獲得した中国の谷愛凌(こく・あいりょう)は1月末、五輪に向け、中国四川省成都市新都区の尖峰人工スキー場で5日間に及ぶ非公開合宿を行っていた。同スキー場は中国西南地区最大規模の人工スキー場で、「エノキタケ」と呼ばれる世界でも先進的なプラスノーと専用設備を採用しており、フリースタイルスキー中国代表もここで何度も合宿や大会を行ってきた。尖峰人工スキー場は初心者向けコースやハーフパイプコース、上級者コース、五輪に向けて建設された高さ43メートル、長さ112メートルのジャンプ台などを備える。2020年6月に完成し、7月から専門チームのトレーニングも受け入れ始めた。スキー場の責任者によると、スウェーデンや英国、米国、カナダ、ロシアなど9カ国・地域にあるスキー場15カ所が「メード・イン・成都」の人工スキー製品を採用している。スノーボードビッグエアとスロープスタイル中国代表の佐藤康弘ヘッドコーチは14年から成都の「エノキタケ」に注目し、日本にも導入した。(成都=新華社記者/薛晨)= 配信日: 2022(令和4)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022021711145

  • 2022年02月17日
    (2)金メダリストも利用した尖峰人工スキー場四川省成都市

    10日、尖峰人工スキー場のプラスノーで遊ぶ利用者。北京冬季五輪フリースタイルスキー女子ビッグエアで金メダルを獲得した中国の谷愛凌(こく・あいりょう)は1月末、五輪に向け、中国四川省成都市新都区の尖峰人工スキー場で5日間に及ぶ非公開合宿を行っていた。同スキー場は中国西南地区最大規模の人工スキー場で、「エノキタケ」と呼ばれる世界でも先進的なプラスノーと専用設備を採用しており、フリースタイルスキー中国代表もここで何度も合宿や大会を行ってきた。尖峰人工スキー場は初心者向けコースやハーフパイプコース、上級者コース、五輪に向けて建設された高さ43メートル、長さ112メートルのジャンプ台などを備える。2020年6月に完成し、7月から専門チームのトレーニングも受け入れ始めた。スキー場の責任者によると、スウェーデンや英国、米国、カナダ、ロシアなど9カ国・地域にあるスキー場15カ所が「メード・イン・成都」の人工スキー製品を採用している。スノーボードビッグエアとスロープスタイル中国代表の佐藤康弘ヘッドコーチは14年から成都の「エノキタケ」に注目し、日本にも導入した。(成都=新華社記者/薛晨)= 配信日: 2022(令和4)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022021711138

  • 2022年02月17日
    (3)金メダリストも利用した尖峰人工スキー場四川省成都市

    10日、尖峰人工スキー場のプラスノーで遊ぶ利用者。北京冬季五輪フリースタイルスキー女子ビッグエアで金メダルを獲得した中国の谷愛凌(こく・あいりょう)は1月末、五輪に向け、中国四川省成都市新都区の尖峰人工スキー場で5日間に及ぶ非公開合宿を行っていた。同スキー場は中国西南地区最大規模の人工スキー場で、「エノキタケ」と呼ばれる世界でも先進的なプラスノーと専用設備を採用しており、フリースタイルスキー中国代表もここで何度も合宿や大会を行ってきた。尖峰人工スキー場は初心者向けコースやハーフパイプコース、上級者コース、五輪に向けて建設された高さ43メートル、長さ112メートルのジャンプ台などを備える。2020年6月に完成し、7月から専門チームのトレーニングも受け入れ始めた。スキー場の責任者によると、スウェーデンや英国、米国、カナダ、ロシアなど9カ国・地域にあるスキー場15カ所が「メード・イン・成都」の人工スキー製品を採用している。スノーボードビッグエアとスロープスタイル中国代表の佐藤康弘ヘッドコーチは14年から成都の「エノキタケ」に注目し、日本にも導入した。(成都=新華社記者/薛晨)= 配信日: 2022(令和4)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022021711141

  • 2022年02月17日
    (5)金メダリストも利用した尖峰人工スキー場四川省成都市

    10日、尖峰人工スキー場でコーチの指導の下、練習に励むスキー愛好者。北京冬季五輪フリースタイルスキー女子ビッグエアで金メダルを獲得した中国の谷愛凌(こく・あいりょう)は1月末、五輪に向け、中国四川省成都市新都区の尖峰人工スキー場で5日間に及ぶ非公開合宿を行っていた。同スキー場は中国西南地区最大規模の人工スキー場で、「エノキタケ」と呼ばれる世界でも先進的なプラスノーと専用設備を採用しており、フリースタイルスキー中国代表もここで何度も合宿や大会を行ってきた。尖峰人工スキー場は初心者向けコースやハーフパイプコース、上級者コース、五輪に向けて建設された高さ43メートル、長さ112メートルのジャンプ台などを備える。2020年6月に完成し、7月から専門チームのトレーニングも受け入れ始めた。スキー場の責任者によると、スウェーデンや英国、米国、カナダ、ロシアなど9カ国・地域にあるスキー場15カ所が「メード・イン・成都」の人工スキー製品を採用している。スノーボードビッグエアとスロープスタイル中国代表の佐藤康弘ヘッドコーチは14年から成都の「エノキタケ」に注目し、日本にも導入した。(成都=新華社記者/薛晨)= 配信日: 2022(令和4)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022021711155

  • 2022年02月17日
    (7)金メダリストも利用した尖峰人工スキー場四川省成都市

    10日、尖峰人工スキー場でコーチの指導の下、スキーの練習に励む子ども。北京冬季五輪フリースタイルスキー女子ビッグエアで金メダルを獲得した中国の谷愛凌(こく・あいりょう)は1月末、五輪に向け、中国四川省成都市新都区の尖峰人工スキー場で5日間に及ぶ非公開合宿を行っていた。同スキー場は中国西南地区最大規模の人工スキー場で、「エノキタケ」と呼ばれる世界でも先進的なプラスノーと専用設備を採用しており、フリースタイルスキー中国代表もここで何度も合宿や大会を行ってきた。尖峰人工スキー場は初心者向けコースやハーフパイプコース、上級者コース、五輪に向けて建設された高さ43メートル、長さ112メートルのジャンプ台などを備える。2020年6月に完成し、7月から専門チームのトレーニングも受け入れ始めた。スキー場の責任者によると、スウェーデンや英国、米国、カナダ、ロシアなど9カ国・地域にあるスキー場15カ所が「メード・イン・成都」の人工スキー製品を採用している。スノーボードビッグエアとスロープスタイル中国代表の佐藤康弘ヘッドコーチは14年から成都の「エノキタケ」に注目し、日本にも導入した。(成都=新華社記者/薛晨)= 配信日: 2022(令和4)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022021711148

  • 00:58.16
    2022年02月17日
    「新華社」金メダリストも利用した尖峰人工スキー場四川省成都市

    北京冬季五輪フリースタイルスキー女子ビッグエアで金メダルを獲得した中国の谷愛凌(こく・あいりょう)は1月末、五輪に向け、中国四川省成都市新都区の尖峰人工スキー場で5日間に及ぶ非公開合宿を行っていた。同スキー場は中国西南地区最大規模の人工スキー場で、「エノキタケ」と呼ばれる世界でも先進的なプラスノーと専用設備を採用しており、フリースタイルスキー中国代表もここで何度も合宿や大会を行ってきた。尖峰人工スキー場は初心者向けコースやハーフパイプコース、上級者コース、五輪に向けて建設された高さ43メートル、長さ112メートルのジャンプ台などを備える。2020年6月に完成し、7月から専門チームのトレーニングも受け入れ始めた。スキー場の責任者によると、スウェーデンや英国、米国、カナダ、ロシアなど9カ国・地域にあるスキー場15カ所が「メード・イン・成都」の人工スキー製品を採用している。スノーボードビッグエアとスロープスタイル中国代表の佐藤康弘ヘッドコーチは14年から成都の「エノキタケ」に注目し、日本にも導入した。(記者/薛晨) =配信日: 2022(令和4)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022021710800

  • 2022年02月17日
    (6)金メダリストも利用した尖峰人工スキー場四川省成都市

    10日、尖峰人工スキー場のプラスノーで遊ぶ利用者。北京冬季五輪フリースタイルスキー女子ビッグエアで金メダルを獲得した中国の谷愛凌(こく・あいりょう)は1月末、五輪に向け、中国四川省成都市新都区の尖峰人工スキー場で5日間に及ぶ非公開合宿を行っていた。同スキー場は中国西南地区最大規模の人工スキー場で、「エノキタケ」と呼ばれる世界でも先進的なプラスノーと専用設備を採用しており、フリースタイルスキー中国代表もここで何度も合宿や大会を行ってきた。尖峰人工スキー場は初心者向けコースやハーフパイプコース、上級者コース、五輪に向けて建設された高さ43メートル、長さ112メートルのジャンプ台などを備える。2020年6月に完成し、7月から専門チームのトレーニングも受け入れ始めた。スキー場の責任者によると、スウェーデンや英国、米国、カナダ、ロシアなど9カ国・地域にあるスキー場15カ所が「メード・イン・成都」の人工スキー製品を採用している。スノーボードビッグエアとスロープスタイル中国代表の佐藤康弘ヘッドコーチは14年から成都の「エノキタケ」に注目し、日本にも導入した。(成都=新華社記者/薛晨)= 配信日: 2022(令和4)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022021711144

  • 1