KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 亜種
  • 体長
  • 村民
  • ふじ
  • ぼう
  • ミャオ
  • ミャンマー
  • 人々
  • 他人
  • 仲間

「オオスズメバチ」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
19
( 1 19 件を表示)
  • 1
19
( 1 19 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2019年02月20日
    岡山県鏡野町円宗寺 スズメバチVSミツバチ 巨大オブジェ

    オオスズメバチに「熱殺蜂球」で立ち向かうミツバチを再現した巨大オブジェ。のどかな田園風景が広がる岡山県鏡野町円宗寺で、とある〝大バトル〞が繰り広げられている。その正体は体長1.2メートルのミツバチ38体が、1匹のオオスズメバチ(同4.7メートル)に立ち向かう様子を表現した巨大オブジェだ。オブジェは、ミツバチが天敵であるスズメバチを撃退する際、数百匹がまとまってスズメバチに取り付き、羽を振動させるなどして蒸し殺す「熱殺蜂球(ねっさつほうきゅう)」を再現した。蜂蜜関連製品製造販売の山田養蜂場(同町市場)の菓子工房「ぶんぶんファクトリー」にある。=2019(平成31)年2月20日、岡山県鏡野町円宗寺、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032503762

  • 2019年02月25日
    中国の昆虫専門家、体長6センチの巨大スズメバチを発見

    凶暴な虎の大きな牙のように見える中国オオスズメバチの頭部。(資料写真)中国四川省の成都華希昆虫博物館の昆虫専門家がこのほど、雲南省普洱(ふじ)市とミャンマーとの境界地域で、これまでに知られている中で最大となるスズメバチを発見した。(成都=新華社配信/成都華希昆虫博物館提供)=2019(平成31)年2月25日、クレジット:成都華希昆虫博物館/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019030714739

  • 2019年03月05日
    中国の昆虫専門家、体長6センチの巨大スズメバチを発見

    羽を広げると9・35センチに達する中国オオスズメバチの標本。(資料写真)中国四川省の成都華希昆虫博物館の昆虫専門家がこのほど、雲南省普洱(ふじ)市とミャンマーとの境界地域で、これまでに知られている中で最大となるスズメバチを発見した。(成都=新華社配信/成都華希昆虫博物館提供)=2019(平成31)年3月5日、クレジット:成都華希昆虫博物館/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019030714755

  • 2019年03月05日
    中国の昆虫専門家、体長6センチの巨大スズメバチを発見

    村民が撮影した中国オオスズメバチの巨大な巣。(資料写真)中国四川省の成都華希昆虫博物館の昆虫専門家がこのほど、雲南省普洱(ふじ)市とミャンマーとの境界地域で、これまでに知られている中で最大となるスズメバチを発見した。(成都=新華社配信/成都華希昆虫博物館提供)=2019(平成31)年3月5日、クレジット:成都華希昆虫博物館/新華社/共同通信イメージズ ※画像が荒れています。

    商品コード: 2019030714766

  • 2019年03月05日
    中国の昆虫専門家、体長6センチの巨大スズメバチを発見

    他の種類のスズメバチと対比した中国オオスズメバチ(中央)。(資料写真)中国四川省の成都華希昆虫博物館の昆虫専門家がこのほど、雲南省普洱(ふじ)市とミャンマーとの境界地域で、これまでに知られている中で最大となるスズメバチを発見した。(成都=新華社配信/成都華希昆虫博物館提供)=2019(平成31)年3月5日、クレジット:成都華希昆虫博物館/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019030714777

  • 2019年03月05日
    中国の昆虫専門家、体長6センチの巨大スズメバチを発見

    体長が6センチを超える中国オオスズメバチの標本。(資料写真)中国四川省の成都華希昆虫博物館の昆虫専門家がこのほど、雲南省普洱(ふじ)市とミャンマーとの境界地域で、これまでに知られている中で最大となるスズメバチを発見した。(成都=新華社配信/成都華希昆虫博物館提供)=2019(平成31)年3月5日、クレジット:成都華希昆虫博物館/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019030714750

  • 2019年03月05日
    中国の昆虫専門家、体長6センチの巨大スズメバチを発見

    オオスズメバチの巣の捜索前に、集合写真を撮る調査チーム。(資料写真)中国四川省の成都華希昆虫博物館の昆虫専門家がこのほど、雲南省普洱(ふじ)市とミャンマーとの境界地域で、これまでに知られている中で最大となるスズメバチを発見した。(成都=新華社配信/成都華希昆虫博物館提供)=2019(平成31)年3月5日、クレジット:成都華希昆虫博物館/新華社/共同通信イメージズ ※画像が荒れています。

    商品コード: 2019030714785

  • 2019年03月05日
    中国の昆虫専門家、体長6センチの巨大スズメバチを発見

    体長が6センチを超える中国オオスズメバチの標本。(資料写真)中国四川省の成都華希昆虫博物館の昆虫専門家がこのほど、雲南省普洱(ふじ)市とミャンマーとの境界地域で、これまでに知られている中で最大となるスズメバチを発見した。(成都=新華社配信/成都華希昆虫博物館提供)=2019(平成31)年3月5日、クレジット:成都華希昆虫博物館/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019030714723

  • 2019年03月05日
    中国の昆虫専門家、体長6センチの巨大スズメバチを発見

    ニワトリの卵と大きさを比べた中国オオスズメバチ。(資料写真)中国四川省の成都華希昆虫博物館の昆虫専門家がこのほど、雲南省普洱(ふじ)市とミャンマーとの境界地域で、これまでに知られている中で最大となるスズメバチを発見した。(成都=新華社配信/成都華希昆虫博物館提供)=2019(平成31)年3月5日、クレジット:成都華希昆虫博物館/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019030714771

  • 00:39.35
    2019年03月07日
    「新華社」中国の昆虫専門家、体長6センチの巨大スズメバチを発見

    中国四川省の成都華希昆虫博物館の昆虫専門家がこのほど、雲南省普洱(ふじ)市とミャンマーとの境界地域で、これまでに知られている中で最大となるスズメバチを発見した。この中国オオスズメバチ(Vespamandarinia)は世界で最も大きなスズメバチの種で、一般にスズメバチもしくはオオスズメバチと呼ばれている。主な生息地はアジア東部と南部の温帯・亜熱帯地域となっている。同博物館が雲南省で実地調査を行った際、普洱地域に巨大な中国オオスズメバチが存在することを発見した。体長は6センチを超えており、羽を広げると9・35センチに達した。この大きさは、世界でこれまでに知られている5千種以上のスズメバチの中で最大で、記録を更新した。普洱地域の中国オオスズメバチがなぜこれほど巨大なのかについて、同博物館の趙力(ちょう・りき)館長は、普洱地域は北回帰線付近に位置し、冬が非常に短いため、エサを捕食し成長する期間がほかの分布地のスズメバチよりも長いからではないかと推測している。他のスズメバチが木の上に巣を作るのとは異なり、これらの巨大なスズメバチは、地面の下に巣を作る。台湾地区ではかつて、土中のハチの巣を誤って踏みつけた牛が刺されて死んだ事件が何度も報道されていた。オオスズメバチのさなぎは味が良いので、雲南省などの地元の村人は、ハチの視力が低下して攻撃能力が大幅に弱まった夜間に、ハチの巣を掘り起こしてさなぎを捕まえている。趙氏は、今回発見された超巨大な中国オオスズメバチが、独立した亜種あるいは種なのかどうかを証明するため、さらに研究を進めると述べた。(記者/李倩薇)<映像内容>中国で発見されたこれまでで最大のスズメバチの標本、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019030714674

  • 2020年07月08日
    スズメバチの養蜂で貧困脱却貴州省望謨県

    8日、「地雷蜂」の状態を調べた後、重厚な防護服を着たまま帰路に就く王小良さん。中国貴州省黔西南(けんせいなん)プイ族ミャオ族自治州望謨(ぼうぼ)県の打易鎮辺王村は、高い山と深い谷に囲まれた森林資源が豊富な地域。森に生息するオオスズメバチの亜種「紅娘スズメバチ」は巣穴を掘ることに長け、性格は攻撃的で、針で刺されると命に危険を及ぼすため、地元の人々からは「地雷蜂」と呼ばれている。他人からは煙たがられる「地雷蜂」であっても、同村に住む王小良(おう・しょうりょう)さんから見れば、「地雷蜂」は豊かさをもたらす「新たな仲間」。王さんは同省興義市で養蜂技術を学び、昨年地元に戻って養蜂を始めた。より多くの村民に収入増をもたらすため、王さんは30万元(1元=約15円)を投資して養蜂基地を建設。村の農民専業合作社(協同組合)と協力し、貧困層の人たちが紅娘スズメバチの養蜂で配当金を得られるよう取り組んでいる。(望謨=新華社記者/鄭明鴻)=2020(令和2)年7月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072801980

  • 2020年07月08日
    スズメバチの養蜂で貧困脱却貴州省望謨県

    8日、「地雷蜂」の状態を確認する王小良さん。中国貴州省黔西南(けんせいなん)プイ族ミャオ族自治州望謨(ぼうぼ)県の打易鎮辺王村は、高い山と深い谷に囲まれた森林資源が豊富な地域。森に生息するオオスズメバチの亜種「紅娘スズメバチ」は巣穴を掘ることに長け、性格は攻撃的で、針で刺されると命に危険を及ぼすため、地元の人々からは「地雷蜂」と呼ばれている。他人からは煙たがられる「地雷蜂」であっても、同村に住む王小良(おう・しょうりょう)さんから見れば、「地雷蜂」は豊かさをもたらす「新たな仲間」。王さんは同省興義市で養蜂技術を学び、昨年地元に戻って養蜂を始めた。より多くの村民に収入増をもたらすため、王さんは30万元(1元=約15円)を投資して養蜂基地を建設。村の農民専業合作社(協同組合)と協力し、貧困層の人たちが紅娘スズメバチの養蜂で配当金を得られるよう取り組んでいる。(望謨=新華社記者/鄭明鴻)=2020(令和2)年7月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072802093

  • 2020年07月08日
    スズメバチの養蜂で貧困脱却貴州省望謨県

    8日、「地雷蜂」の状態を調べる王小良さん。中国貴州省黔西南(けんせいなん)プイ族ミャオ族自治州望謨(ぼうぼ)県の打易鎮辺王村は、高い山と深い谷に囲まれた森林資源が豊富な地域。森に生息するオオスズメバチの亜種「紅娘スズメバチ」は巣穴を掘ることに長け、性格は攻撃的で、針で刺されると命に危険を及ぼすため、地元の人々からは「地雷蜂」と呼ばれている。他人からは煙たがられる「地雷蜂」であっても、同村に住む王小良(おう・しょうりょう)さんから見れば、「地雷蜂」は豊かさをもたらす「新たな仲間」。王さんは同省興義市で養蜂技術を学び、昨年地元に戻って養蜂を始めた。より多くの村民に収入増をもたらすため、王さんは30万元(1元=約15円)を投資して養蜂基地を建設。村の農民専業合作社(協同組合)と協力し、貧困層の人たちが紅娘スズメバチの養蜂で配当金を得られるよう取り組んでいる。(望謨=新華社記者/鄭明鴻)=2020(令和2)年7月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072802134

  • 2020年07月08日
    スズメバチの養蜂で貧困脱却貴州省望謨県

    8日、王小良さんが育てた「地雷蜂」。中国貴州省黔西南(けんせいなん)プイ族ミャオ族自治州望謨(ぼうぼ)県の打易鎮辺王村は、高い山と深い谷に囲まれた森林資源が豊富な地域。森に生息するオオスズメバチの亜種「紅娘スズメバチ」は巣穴を掘ることに長け、性格は攻撃的で、針で刺されると命に危険を及ぼすため、地元の人々からは「地雷蜂」と呼ばれている。他人からは煙たがられる「地雷蜂」であっても、同村に住む王小良(おう・しょうりょう)さんから見れば、「地雷蜂」は豊かさをもたらす「新たな仲間」。王さんは同省興義市で養蜂技術を学び、昨年地元に戻って養蜂を始めた。より多くの村民に収入増をもたらすため、王さんは30万元(1元=約15円)を投資して養蜂基地を建設。村の農民専業合作社(協同組合)と協力し、貧困層の人たちが紅娘スズメバチの養蜂で配当金を得られるよう取り組んでいる。(望謨=新華社記者/鄭明鴻)=2020(令和2)年7月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072802154

  • 2020年07月08日
    スズメバチの養蜂で貧困脱却貴州省望謨県

    8日、育ったハチの群れを木に掛ける王小良さん。中国貴州省黔西南(けんせいなん)プイ族ミャオ族自治州望謨(ぼうぼ)県の打易鎮辺王村は、高い山と深い谷に囲まれた森林資源が豊富な地域。森に生息するオオスズメバチの亜種「紅娘スズメバチ」は巣穴を掘ることに長け、性格は攻撃的で、針で刺されると命に危険を及ぼすため、地元の人々からは「地雷蜂」と呼ばれている。他人からは煙たがられる「地雷蜂」であっても、同村に住む王小良(おう・しょうりょう)さんから見れば、「地雷蜂」は豊かさをもたらす「新たな仲間」。王さんは同省興義市で養蜂技術を学び、昨年地元に戻って養蜂を始めた。より多くの村民に収入増をもたらすため、王さんは30万元(1元=約15円)を投資して養蜂基地を建設。村の農民専業合作社(協同組合)と協力し、貧困層の人たちが紅娘スズメバチの養蜂で配当金を得られるよう取り組んでいる。(望謨=新華社記者/施銭貴)=2020(令和2)年7月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072802156

  • 2020年07月08日
    スズメバチの養蜂で貧困脱却貴州省望謨県

    8日、深い山に囲まれた貴州省黔西南プイ族ミャオ族自治州望謨県の打易鎮辺王村。中国貴州省黔西南(けんせいなん)プイ族ミャオ族自治州望謨(ぼうぼ)県の打易鎮辺王村は、高い山と深い谷に囲まれた森林資源が豊富な地域。森に生息するオオスズメバチの亜種「紅娘スズメバチ」は巣穴を掘ることに長け、性格は攻撃的で、針で刺されると命に危険を及ぼすため、地元の人々からは「地雷蜂」と呼ばれている。他人からは煙たがられる「地雷蜂」であっても、同村に住む王小良(おう・しょうりょう)さんから見れば、「地雷蜂」は豊かさをもたらす「新たな仲間」。王さんは同省興義市で養蜂技術を学び、昨年地元に戻って養蜂を始めた。より多くの村民に収入増をもたらすため、王さんは30万元(1元=約15円)を投資して養蜂基地を建設。村の農民専業合作社(協同組合)と協力し、貧困層の人たちが紅娘スズメバチの養蜂で配当金を得られるよう取り組んでいる。(望謨=新華社記者/鄭明鴻)=2020(令和2)年7月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072802118

  • 2020年07月08日
    スズメバチの養蜂で貧困脱却貴州省望謨県

    8日、王小良さんのスズメバチ養殖基地にある養蜂箱。中国貴州省黔西南(けんせいなん)プイ族ミャオ族自治州望謨(ぼうぼ)県の打易鎮辺王村は、高い山と深い谷に囲まれた森林資源が豊富な地域。森に生息するオオスズメバチの亜種「紅娘スズメバチ」は巣穴を掘ることに長け、性格は攻撃的で、針で刺されると命に危険を及ぼすため、地元の人々からは「地雷蜂」と呼ばれている。他人からは煙たがられる「地雷蜂」であっても、同村に住む王小良(おう・しょうりょう)さんから見れば、「地雷蜂」は豊かさをもたらす「新たな仲間」。王さんは同省興義市で養蜂技術を学び、昨年地元に戻って養蜂を始めた。より多くの村民に収入増をもたらすため、王さんは30万元(1元=約15円)を投資して養蜂基地を建設。村の農民専業合作社(協同組合)と協力し、貧困層の人たちが紅娘スズメバチの養蜂で配当金を得られるよう取り組んでいる。(望謨=新華社記者/施銭貴)=2020(令和2)年7月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072802143

  • 2020年07月08日
    スズメバチの養蜂で貧困脱却貴州省望謨県

    8日、「地雷蜂」に刺された痕を見せる王小良さん。中国貴州省黔西南(けんせいなん)プイ族ミャオ族自治州望謨(ぼうぼ)県の打易鎮辺王村は、高い山と深い谷に囲まれた森林資源が豊富な地域。森に生息するオオスズメバチの亜種「紅娘スズメバチ」は巣穴を掘ることに長け、性格は攻撃的で、針で刺されると命に危険を及ぼすため、地元の人々からは「地雷蜂」と呼ばれている。他人からは煙たがられる「地雷蜂」であっても、同村に住む王小良(おう・しょうりょう)さんから見れば、「地雷蜂」は豊かさをもたらす「新たな仲間」。王さんは同省興義市で養蜂技術を学び、昨年地元に戻って養蜂を始めた。より多くの村民に収入増をもたらすため、王さんは30万元(1元=約15円)を投資して養蜂基地を建設。村の農民専業合作社(協同組合)と協力し、貧困層の人たちが紅娘スズメバチの養蜂で配当金を得られるよう取り組んでいる。(望謨=新華社記者/施銭貴)=2020(令和2)年7月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072802073

  • 01:27.01
    2020年07月15日
    「新華社」スズメバチの養蜂で貧困脱却貴州省望謨県

    中国貴州省黔西南(けんせいなん)プイ族ミャオ族自治州望謨(ぼうぼ)県の打易鎮辺王村は、高い山と深い谷に囲まれた森林資源が豊富な地域。森に生息するオオスズメバチの亜種「紅娘スズメバチ」は巣穴を掘ることに長け、性格は攻撃的で、針で刺されると命に危険を及ぼすため、地元の人々からは「地雷蜂」と呼ばれている。他人からは煙たがられる「地雷蜂」であっても、同村に住む王小良(おう・しょうりょう)さんから見れば、「地雷蜂」は豊かさをもたらす「新たな仲間」。王さんは同省興義市で養蜂技術を学び、昨年地元に戻って養蜂を始めた。同時に、養蜂エリアから数メートル離れた場所に黒いネットを張って、人や動物が迷い込むのを防いだ。王さんによると、養蜂は卵、幼虫、さなぎ、成虫の4段階を経る。越冬から覚めた女王バチが巣を作り、産卵し、産まれた働きバチが約20匹になると、働きバチを野に放して自力で成長させる。一般的にはメーデー(5月初め)の前後に放ち、中秋節(旧暦の8月15日)の頃に、さなぎ20~25キロを収穫できるようになる。雲南省と貴州省では、さなぎはグルメとしてよく知られ、市場での需要が高く収益も比較的良いという。より多くの村民に収入増をもたらすため、王さんは30万元(1元=約15円)を投資して養蜂基地を建設。村の農民専業合作社(協同組合)と協力し、貧困層の人たちが紅娘スズメバチの養蜂で配当金を得られるよう取り組んでいる。<映像内容>スズメバチの養蜂の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072703953

  • 1