KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 令和
  • 住職
  • 境内
  • 日本
  • 建築
  • しせい
  • 中国政府
  • 唐招提寺金堂
  • 国宝
  • 大明寺

「オショウ」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
102
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
102
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • -
    上野の大仏

    上野の山には大仏があった。寛永8年(1631)年、堀丹後守直寄が忍ヶ丘の高台に土の大仏を造ったのが始まり。後に淨雲和尚が青銅仏に改鋳。元禄11年(1698)に殿舎が建立されるが、天保12年(1841)に焼失。天保14年(1843)に2代目の大仏と殿舎が再建。その殿舎も明治6年(1873)に取り払われたという。それでこの写真の大仏は露仏になっている。明治20年代後半の撮影か。=撮影年月日不明、東京、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号53‐7‐0]

    商品コード: 2017081002603

  • -
    神社

    円覚寺総門か。円覚寺総門には後光厳天皇の宸筆「瑞鹿山」の額が掲げられており、右の奥の方に「般若水」と呼ばれる泉水があり、鎌倉五名水の一つである。その名の由来は、かつて出雲藩主松平不昧が参詣したとき、この泉水の前で、誠屈和尚と般若の問答をしたところと伝える。=撮影年月日不明、鎌倉、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号16‐43‐0]

    商品コード: 2017080201516

  • 1949年03月31日
    耶馬渓

    青の洞門開鑿者の禅海和尚の記念碑。洞門地入り口にある=整理1949(昭和24)年3月、大分県(24年内地番号なし)

    商品コード: 2016052600272

  • 1952年01月31日
    禅海和尚の碑

    「禅海和尚得度之寺」と書かれた碑=1952(昭和27)年1月、大分県湯布院町(27年内地番号なし)

    商品コード: 2014021000372

  • 1999年01月05日

    「カラー」◎鈴木良韶、日本サッカー狂会の「サッカー和尚」=98(平成10)年5月29日撮影、愛知県東浦町緒川

    商品コード: 1999010500055

  • 2000年04月05日
    松本市内歩く山田さん 「原爆の火」を全国に

    「平和の火」を手に松本市内を歩く山田和尚さん

    商品コード: 2000040500017

  • 2000年04月14日
    山田和尚さん

    原爆の残り火を徒歩で全国に分けて回るボランティア団体代表、山田和尚(やまだ・おしょう)さん

    商品コード: 2000041400031

  • 2000年08月11日

    「カラー」◎山田和尚(やまだ・おしょう)、ボランティア団体「神戸元気村」代表、2000(平成12)年3月30日撮影、顔

    商品コード: 2000081100055

  • 2001年10月25日
    講話をする和尚 金閣寺和尚が“出前講話”

    京都市内の旅館に出向き、修学旅行生を前に話す金閣寺の江上泰山執事長

    商品コード: 2001102500004

  • 2002年01月11日
    山田和尚さん 「神戸元気村」が解散へ

    事務連絡に追われる「神戸元気村」代表の山田和尚さん=10日、神戸市灘区

    商品コード: 2002011100086

  • 2006年07月02日
    動物園を視察する観光相ら 5年で交流500万人増

    旭山動物園を視察する(左から)韓国の金明坤文化観光相、北側一雄国交相、中国の邵[7A45]偉国家観光局長=2日午後、北海道旭川市【編注】キム・ミョンゴンきたがわ・かずおしょう・きい

    商品コード: 2006070200195

  • 02:59.01
    2007年01月06日
    にぎわう新春「だるま市」 高崎の少林山達磨寺

    福だるま発祥の地とされる群馬県高崎市の少林山達磨寺で、新春恒例の「だるま市」が6日、始まった。約200年前に寺の和尚が、飢饉で生活に窮した農民に副業としてだるま作りを教え、七草の日に売ったのが市の始まり。近年では従来の赤いものに加え、黄色やピンクなどのカラフルなだるまも人気がある<映像内容>達磨寺へ向かう参拝客、境内のだるま市の様子、赤、黄、ピンク、紫、緑など市に並ぶさまざまな色のだるま、撮影日:2007(平成19)年1月6日、撮影場所:群馬県高崎市・少林山達磨寺

    商品コード: 2019111803784

  • 2007年05月02日
    県警が作成した経本 和尚さん、交通死減らして

    愛知県警が作成した「交通安全経本」

    商品コード: 2007050200222

  • 2008年07月08日
    Plaster casts

    Plaster casts, in stone, of two apostles. Circa 1150 AD. From the Kilpeck in Herefordshire. Found in the Chancel arch in the church of Scythe Mary and Scythe David.、クレジット:World History Archive/ニューズコム/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062706695

  • 2011年05月19日
    新緑の耶馬渓と禅海和尚像

    キーワード:屋外、渓谷、国定公園、初夏、新緑、森林、人物像、銅像、日本、風景、無人、耶馬日田英彦山国定公園、耶馬渓、禅海、風景メイン写真=2011(平成23)年5月19日、大分県中津市、クレジット:HIRO/a.collectionRF /アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051205017

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2011年11月05日
    片山秀光和尚 ジャズに乗せ語り継ぐ震災

    ジャズのドラムや三味線に合わせ、東日本大震災の被災の記憶を語り継ぐ「音楽法話」に取り組む、宮城県気仙沼市の地福寺住職の片山秀光和尚=5日、神奈川県鎌倉市の建長寺

    商品コード: 2011110500168

  • 2013年03月23日
    鈴木良韶さん サッカー和尚ヨルダンへ

    サッカーW杯アジア最終予選のヨルダン戦に駆けつける鈴木良韶さん=19日、愛知県東浦町

    商品コード: 2013032300034

  • 2014年06月07日
    元住職鈴木良韶さん サッカー和尚、現地へ

    日本代表の応援を続けて50年を超える元住職鈴木良韶さん=愛知県東浦町

    商品コード: 2014060700503

  • 2015年01月13日
    山田和尚氏 山田和尚氏が死去

    死去した山田和尚氏

    商品コード: 2015011300078

  • 2015年02月22日
    手を合わせる人たち 歌に包まれ冥福祈る

    「神戸元気村」の元代表、山田和尚さんのお別れ会で手を合わせる人たち=22日午後、東京都内のホテル

    商品コード: 2015022200334

  • 2015年12月31日
    宮城地上023 定点素材・東日本大震災

    大晦日に鐘を打つ宮城県気仙沼市の地福寺住職、片山秀光和尚=2015年12月31日

    商品コード: 2016053000660

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2016年03月05日
    宮城県気仙沼市の寺 震災5年、変貌する被災地

    2011年(左)と2015年の大みそかに鐘を打つ宮城県気仙沼市の地福寺住職、片山秀光和尚。津波に流され、クレーンでつられていた鐘は石塔に設置されたが、ハンマーで打ち鳴らす姿は変わらない

    商品コード: 2016030500242

  • 2017年07月06日
    行われた法要 回峰行の祖しのぶ

    相応和尚の御影を前に声明を唱える叡山学院の学生たち=6日、大津市

    商品コード: 2017070600688

  • 2017年07月06日
    行われた「御影供」 回峰行の祖しのぶ

    相応和尚の御影を前に声明を唱える叡山学院の学生たち=6日、大津市

    商品コード: 2017070600689

  • 2018年05月13日
    鈴木良韶さん 願うは過去最高ベスト8

    「サッカー和尚」の異名で知られるベテランサポーター鈴木良韶さん

    商品コード: 2018051300245

  • 2018年08月12日
    耶馬渓と禅海和尚の像

    キーワード:雲、屋外、夏、競秀峰、自然、青空、像、昼、銅像、日本、風景、本耶馬渓町、無人、名勝、耶馬渓、禅海、風景メイン写真=2018(平成30)年8月12日、大分県中津市、クレジット:west/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021010501439

  • 2018年11月15日
    Blue Bustard (Eupodotis caerulescens)

    キーワード:アオショウノガン、Blue Bustard (Eupodotis caerulescens), adult male, Mountain Zebra National Park, Eastern Cape, South Africa, Africa、クレジット:imageBROKER.com/Jürgen & Christine Sohns/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030110890

  • 2018年11月15日
    Blue Bustard (Eupodotis caerulescens)

    キーワード:アオショウノガン、Blue Bustard (Eupodotis caerulescens), adult male, Mountain Zebra National Park, Eastern Cape, South Africa, Africa、クレジット:imageBROKER.com/Jürgen & Christine Sohns/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030110863

  • 2018年11月15日
    Blue Bustard (Eupodotis caerulescens)

    キーワード:アオショウノガン、Blue Bustard (Eupodotis caerulescens), adult male, Mountain Zebra National Park, Eastern Cape, South Africa, Africa、クレジット:imageBROKER.com/Jürgen & Christine Sohns/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030110869

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年11月21日
    「佐波良の大杉」治療へ

    所々で枝が折れ、損傷が目立つようになった「佐波良の大杉」。大河ドラマ「武蔵」に登場した真庭市の天然記念物「佐波良の大杉」(同市社)の主要な枝が台風で折れるなど、損傷が目立つようになった。地域のシンボルを守ろうと、住民は市と協力して費用を捻出。年明けにも治療に乗り出す。大杉は、2002年に「武蔵」のロケ地となり、市川新之助(現・海老蔵)さん演じる武蔵が沢庵和尚によってつるされるシーンが撮影され、一躍話題になった地域のシンボル。=2018(平成30)年11月21日、岡山県真庭市、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018120622592

  • 2019年06月01日
    大亜湾原発基地に動植物200種超が生息·生育

    1日、大亜湾原発基地に生息するアオショウビン。中国広東省深圳市の大亜湾原発基地に生息・生育している動植物が、現時点で200種以上に達し、生物多様性の保護が高いレベルで実現していることが分かった。中国広核集団有限公司と深圳大鵬新区珊瑚保育志願連合会が1日、明らかにした。同基地では、陸上でイロカエカロテスやムクナなどの国家級重点保護動植物8種、周辺海域で国家2級保護動物のイシサンゴ7種が発見されている。(深圳=新華社配信/中国広核集団有限公司提供)=2019(令和元)年6月1日、クレジット:中国広核集団有限公司/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019060702755

  • 2019年07月26日
    習近平氏、全国退役軍人工作会議の代表と会見

    26日、習近平総書記の隣に座る張富清氏と朱再保氏。習近平(しゅう・きんぺい)、李克強(り・こくきょう)、王滬寧(おう・こねい)の各氏ら中国共産党と国家の指導者は26日、北京で全国退役軍人工作会議の全代表と会見した。張富清(ちょう・ふせい)氏(94)、朱再保(しゅ・さいほ)氏(90)、崔道植(さい・どうしょく)氏(85)、王於昌(おう・おしょう)氏(83)、王成幇(おう・せいほう)氏(83)の5人が、初心を忘れずに中国共産党と国家の事業に生涯を捧げた、傑出した全国退役軍人の代表として、記念写真の際に前列に座った。(北京=新華社記者/丁林)=2019(令和元)年7月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019072900230

  • 2020年01月05日
    中国で唯一現存、曜変天目茶碗の陶片が初公開浙江省杭州市

    5日、来場者に展示品の説明をする浄慈寺の戒清大和尚(左から5人目)。中国浙江省杭州市の浄慈寺美術館で5日、宋代の茶器を展示する「慧日峰下-宋代僧家茶事」展が開幕した。同展では、中国に唯一現存する南宋時代の「曜変天目(ようへんてんもく)」茶碗の陶片が初公開された。会場には茶碗や茶托、執壺(しっこ)、罐(かん)、渣斗(さとう)など宋代の茶道具114点が展示され、宋代の僧侶が行った茶事の歴史を余すことなく示している。(杭州=新華社配信)=2020(令和2)年1月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020011005845

  • 2020年01月05日
    中国で唯一現存、曜変天目茶碗の陶片が初公開浙江省杭州市

    浄慈寺美術館前の広場で開かれた開幕式で展覧会の開催経緯を説明する浄慈寺の戒清大和尚。中国浙江省杭州市の浄慈寺美術館で5日、宋代の茶器を展示する「慧日峰下-宋代僧家茶事」展が開幕した。同展では、中国に唯一現存する南宋時代の「曜変天目(ようへんてんもく)」茶碗の陶片が初公開された。会場には茶碗や茶托、執壺(しっこ)、罐(かん)、渣斗(さとう)など宋代の茶道具114点が展示され、宋代の僧侶が行った茶事の歴史を余すことなく示している。(杭州=新華社記者/翁忻暘)=2020(令和2)年1月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020011005820

  • 2020年07月28日
    豊川稲荷の辻和明和尚 進む高齢化、継続困難に

    「八七会」の活動を引き継ぐことになった豊川稲荷の辻和明和尚=13日、愛知県豊川市

    商品コード: 2020072806278

  • 2020年08月07日
    読経する辻和尚 永遠に手を合わせる場所を

    慰霊祭で読経する豊川稲荷の辻和明和尚=7日午後、愛知県豊川市

    商品コード: 2020080706742

  • 2021年01月07日
    (28)大明寺の鑑真記念堂を訪ねて江蘇省揚州市

    7日、鑑真記念堂の側壁に飾られたタペストリーに描かれた広東省肇慶(ちょうけい)市の七星岩。中国江蘇省揚州市の大明寺には鑑真記念堂があり、陳列室と門庁、碑亭、正殿の4部分からなる。記念堂は鑑真没後1200年にあたる1963年に中国政府が建設を決定。著名建築家の梁思成(りょう・しせい)氏が設計を手掛け、正殿は奈良の唐招提寺金堂を模して設計された。中日双方の友好人士の尽力により1980年3月に唐招提寺の国宝・鑑真和上坐像が「里帰り」した際には、多くの人が拝観に訪れた。1995年には鑑真が6度目の渡航で乗った遣唐使船の模型が日本から寄贈され、現在は鑑真像の西側に展示されている。記念堂の前の庭には、唐招提寺第81世長老(住職)の森本孝順(きょうじゅん)和尚が贈った大型の石灯篭1基が置かれている。灯明は今も絶えることなく、中日両国の末永い友好を祈願している。(揚州=新華社配信/畢建鴿)=配信日:2021(令和3)年1月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021011404142

  • 2021年01月07日
    大明寺の鑑真記念堂を訪ねて江蘇省揚州市

    7日、大明寺境内にある欧陽脩(北宋の文学者・政治家)を祭る欧陽祠。中国江蘇省揚州市の大明寺には鑑真記念堂があり、陳列室と門庁、碑亭、正殿の4部分からなる。記念堂は鑑真没後1200年にあたる1963年に中国政府が建設を決定。著名建築家の梁思成(りょう・しせい)氏が設計を手掛け、正殿は奈良の唐招提寺金堂を模して設計された。中日双方の友好人士の尽力により1980年3月に唐招提寺の国宝・鑑真和上坐像が「里帰り」した際には、多くの人が拝観に訪れた。1995年には鑑真が6度目の渡航で乗った遣唐使船の模型が日本から寄贈され、現在は鑑真像の西側に展示されている。記念堂の前の庭には、唐招提寺第81世長老(住職)の森本孝順(きょうじゅん)和尚が贈った大型の石灯篭1基が置かれている。灯明は今も絶えることなく、中日両国の末永い友好を祈願している。(揚州=新華社配信/畢建鴿)=配信日:2021(令和3)年1月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021011404137

  • 2021年01月13日
    (21)大明寺の鑑真記念堂を訪ねて江蘇省揚州市

    7日、大明寺山門付近の外壁にはめ込まれた「淮東第一観」石刻。清代の著名書家・蒋衡(しょう・こう)が揮毫した。中国江蘇省揚州市の大明寺には鑑真記念堂があり、陳列室と門庁、碑亭、正殿の4部分からなる。記念堂は鑑真没後1200年にあたる1963年に中国政府が建設を決定。著名建築家の梁思成(りょう・しせい)氏が設計を手掛け、正殿は奈良の唐招提寺金堂を模して設計された。中日双方の友好人士の尽力により1980年3月に唐招提寺の国宝・鑑真和上坐像が「里帰り」した際には、多くの人が拝観に訪れた。1995年には鑑真が6度目の渡航で乗った遣唐使船の模型が日本から寄贈され、現在は鑑真像の西側に展示されている。記念堂の前の庭には、唐招提寺第81世長老(住職)の森本孝順(きょうじゅん)和尚が贈った大型の石灯篭1基が置かれている。灯明は今も絶えることなく、中日両国の末永い友好を祈願している。(揚州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年1月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021006095

  • 2021年01月13日
    (25)大明寺の鑑真記念堂を訪ねて江蘇省揚州市

    7日、鑑真記念堂の碑亭脇に立つ趙樸初(中国の仏学家・書道家)の彫像。中国江蘇省揚州市の大明寺には鑑真記念堂があり、陳列室と門庁、碑亭、正殿の4部分からなる。記念堂は鑑真没後1200年にあたる1963年に中国政府が建設を決定。著名建築家の梁思成(りょう・しせい)氏が設計を手掛け、正殿は奈良の唐招提寺金堂を模して設計された。中日双方の友好人士の尽力により1980年3月に唐招提寺の国宝・鑑真和上坐像が「里帰り」した際には、多くの人が拝観に訪れた。1995年には鑑真が6度目の渡航で乗った遣唐使船の模型が日本から寄贈され、現在は鑑真像の西側に展示されている。記念堂の前の庭には、唐招提寺第81世長老(住職)の森本孝順(きょうじゅん)和尚が贈った大型の石灯篭1基が置かれている。灯明は今も絶えることなく、中日両国の末永い友好を祈願している。(揚州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年1月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021006107

  • 2021年01月13日
    (30)大明寺の鑑真記念堂を訪ねて江蘇省揚州市

    7日、鑑真記念堂の側壁に飾られたタペストリーに描かれた西安の大雁塔。中国江蘇省揚州市の大明寺には鑑真記念堂があり、陳列室と門庁、碑亭、正殿の4部分からなる。記念堂は鑑真没後1200年にあたる1963年に中国政府が建設を決定。著名建築家の梁思成(りょう・しせい)氏が設計を手掛け、正殿は奈良の唐招提寺金堂を模して設計された。中日双方の友好人士の尽力により1980年3月に唐招提寺の国宝・鑑真和上坐像が「里帰り」した際には、多くの人が拝観に訪れた。1995年には鑑真が6度目の渡航で乗った遣唐使船の模型が日本から寄贈され、現在は鑑真像の西側に展示されている。記念堂の前の庭には、唐招提寺第81世長老(住職)の森本孝順(きょうじゅん)和尚が贈った大型の石灯篭1基が置かれている。灯明は今も絶えることなく、中日両国の末永い友好を祈願している。(揚州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年1月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021006074

  • 2021年01月13日
    (11)大明寺の鑑真記念堂を訪ねて江蘇省揚州市

    7日、鑑真記念堂の門庁(正殿側)。中国江蘇省揚州市の大明寺には鑑真記念堂があり、陳列室と門庁、碑亭、正殿の4部分からなる。記念堂は鑑真没後1200年にあたる1963年に中国政府が建設を決定。著名建築家の梁思成(りょう・しせい)氏が設計を手掛け、正殿は奈良の唐招提寺金堂を模して設計された。中日双方の友好人士の尽力により1980年3月に唐招提寺の国宝・鑑真和上坐像が「里帰り」した際には、多くの人が拝観に訪れた。1995年には鑑真が6度目の渡航で乗った遣唐使船の模型が日本から寄贈され、現在は鑑真像の西側に展示されている。記念堂の前の庭には、唐招提寺第81世長老(住職)の森本孝順(きょうじゅん)和尚が贈った大型の石灯篭1基が置かれている。灯明は今も絶えることなく、中日両国の末永い友好を祈願している。(揚州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年1月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021006062

  • 2021年01月13日
    (19)大明寺の鑑真記念堂を訪ねて江蘇省揚州市

    7日、鑑真記念堂の四松堂。中国江蘇省揚州市の大明寺には鑑真記念堂があり、陳列室と門庁、碑亭、正殿の4部分からなる。記念堂は鑑真没後1200年にあたる1963年に中国政府が建設を決定。著名建築家の梁思成(りょう・しせい)氏が設計を手掛け、正殿は奈良の唐招提寺金堂を模して設計された。中日双方の友好人士の尽力により1980年3月に唐招提寺の国宝・鑑真和上坐像が「里帰り」した際には、多くの人が拝観に訪れた。1995年には鑑真が6度目の渡航で乗った遣唐使船の模型が日本から寄贈され、現在は鑑真像の西側に展示されている。記念堂の前の庭には、唐招提寺第81世長老(住職)の森本孝順(きょうじゅん)和尚が贈った大型の石灯篭1基が置かれている。灯明は今も絶えることなく、中日両国の末永い友好を祈願している。(揚州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年1月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021006034

  • 2021年01月13日
    (20)大明寺の鑑真記念堂を訪ねて江蘇省揚州市

    7日、大明寺付近の鑑真広場にある鑑真東渡塑像。中国江蘇省揚州市の大明寺には鑑真記念堂があり、陳列室と門庁、碑亭、正殿の4部分からなる。記念堂は鑑真没後1200年にあたる1963年に中国政府が建設を決定。著名建築家の梁思成(りょう・しせい)氏が設計を手掛け、正殿は奈良の唐招提寺金堂を模して設計された。中日双方の友好人士の尽力により1980年3月に唐招提寺の国宝・鑑真和上坐像が「里帰り」した際には、多くの人が拝観に訪れた。1995年には鑑真が6度目の渡航で乗った遣唐使船の模型が日本から寄贈され、現在は鑑真像の西側に展示されている。記念堂の前の庭には、唐招提寺第81世長老(住職)の森本孝順(きょうじゅん)和尚が贈った大型の石灯篭1基が置かれている。灯明は今も絶えることなく、中日両国の末永い友好を祈願している。(揚州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年1月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021006041

  • 2021年01月13日
    (5)大明寺の鑑真記念堂を訪ねて江蘇省揚州市

    7日、大明寺棲霊塔から見た鑑真広場。中国江蘇省揚州市の大明寺には鑑真記念堂があり、陳列室と門庁、碑亭、正殿の4部分からなる。記念堂は鑑真没後1200年にあたる1963年に中国政府が建設を決定。著名建築家の梁思成(りょう・しせい)氏が設計を手掛け、正殿は奈良の唐招提寺金堂を模して設計された。中日双方の友好人士の尽力により1980年3月に唐招提寺の国宝・鑑真和上坐像が「里帰り」した際には、多くの人が拝観に訪れた。1995年には鑑真が6度目の渡航で乗った遣唐使船の模型が日本から寄贈され、現在は鑑真像の西側に展示されている。記念堂の前の庭には、唐招提寺第81世長老(住職)の森本孝順(きょうじゅん)和尚が贈った大型の石灯篭1基が置かれている。灯明は今も絶えることなく、中日両国の末永い友好を祈願している。(揚州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年1月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021006044

  • 2021年01月13日
    (29)大明寺の鑑真記念堂を訪ねて江蘇省揚州市

    7日、鑑真記念堂の側壁に飾られたタペストリーに描かれた唐招提寺金堂。中国江蘇省揚州市の大明寺には鑑真記念堂があり、陳列室と門庁、碑亭、正殿の4部分からなる。記念堂は鑑真没後1200年にあたる1963年に中国政府が建設を決定。著名建築家の梁思成(りょう・しせい)氏が設計を手掛け、正殿は奈良の唐招提寺金堂を模して設計された。中日双方の友好人士の尽力により1980年3月に唐招提寺の国宝・鑑真和上坐像が「里帰り」した際には、多くの人が拝観に訪れた。1995年には鑑真が6度目の渡航で乗った遣唐使船の模型が日本から寄贈され、現在は鑑真像の西側に展示されている。記念堂の前の庭には、唐招提寺第81世長老(住職)の森本孝順(きょうじゅん)和尚が贈った大型の石灯篭1基が置かれている。灯明は今も絶えることなく、中日両国の末永い友好を祈願している。(揚州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年1月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021006069

  • 2021年01月13日
    (14)大明寺の鑑真記念堂を訪ねて江蘇省揚州市

    7日、鑑真記念堂の前庭(手前が記念堂、奥が碑亭)。中国江蘇省揚州市の大明寺には鑑真記念堂があり、陳列室と門庁、碑亭、正殿の4部分からなる。記念堂は鑑真没後1200年にあたる1963年に中国政府が建設を決定。著名建築家の梁思成(りょう・しせい)氏が設計を手掛け、正殿は奈良の唐招提寺金堂を模して設計された。中日双方の友好人士の尽力により1980年3月に唐招提寺の国宝・鑑真和上坐像が「里帰り」した際には、多くの人が拝観に訪れた。1995年には鑑真が6度目の渡航で乗った遣唐使船の模型が日本から寄贈され、現在は鑑真像の西側に展示されている。記念堂の前の庭には、唐招提寺第81世長老(住職)の森本孝順(きょうじゅん)和尚が贈った大型の石灯篭1基が置かれている。灯明は今も絶えることなく、中日両国の末永い友好を祈願している。(揚州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年1月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021006091

  • 2021年01月13日
    (6)大明寺の鑑真記念堂を訪ねて江蘇省揚州市

    7日、大明寺境内に立つ棲霊塔。中国江蘇省揚州市の大明寺には鑑真記念堂があり、陳列室と門庁、碑亭、正殿の4部分からなる。記念堂は鑑真没後1200年にあたる1963年に中国政府が建設を決定。著名建築家の梁思成(りょう・しせい)氏が設計を手掛け、正殿は奈良の唐招提寺金堂を模して設計された。中日双方の友好人士の尽力により1980年3月に唐招提寺の国宝・鑑真和上坐像が「里帰り」した際には、多くの人が拝観に訪れた。1995年には鑑真が6度目の渡航で乗った遣唐使船の模型が日本から寄贈され、現在は鑑真像の西側に展示されている。記念堂の前の庭には、唐招提寺第81世長老(住職)の森本孝順(きょうじゅん)和尚が贈った大型の石灯篭1基が置かれている。灯明は今も絶えることなく、中日両国の末永い友好を祈願している。(揚州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年1月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021006016

  • 2021年01月13日
    (17)大明寺の鑑真記念堂を訪ねて江蘇省揚州市

    7日、鑑真記念堂正殿に安置された鑑真の木像。中国江蘇省揚州市の大明寺には鑑真記念堂があり、陳列室と門庁、碑亭、正殿の4部分からなる。記念堂は鑑真没後1200年にあたる1963年に中国政府が建設を決定。著名建築家の梁思成(りょう・しせい)氏が設計を手掛け、正殿は奈良の唐招提寺金堂を模して設計された。中日双方の友好人士の尽力により1980年3月に唐招提寺の国宝・鑑真和上坐像が「里帰り」した際には、多くの人が拝観に訪れた。1995年には鑑真が6度目の渡航で乗った遣唐使船の模型が日本から寄贈され、現在は鑑真像の西側に展示されている。記念堂の前の庭には、唐招提寺第81世長老(住職)の森本孝順(きょうじゅん)和尚が贈った大型の石灯篭1基が置かれている。灯明は今も絶えることなく、中日両国の末永い友好を祈願している。(揚州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年1月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021006037

  • 2021年01月13日
    (24)大明寺の鑑真記念堂を訪ねて江蘇省揚州市

    7日、大明寺境内にある「古大明寺唐鑑真和尚遺跡碑記」。中国江蘇省揚州市の大明寺には鑑真記念堂があり、陳列室と門庁、碑亭、正殿の4部分からなる。記念堂は鑑真没後1200年にあたる1963年に中国政府が建設を決定。著名建築家の梁思成(りょう・しせい)氏が設計を手掛け、正殿は奈良の唐招提寺金堂を模して設計された。中日双方の友好人士の尽力により1980年3月に唐招提寺の国宝・鑑真和上坐像が「里帰り」した際には、多くの人が拝観に訪れた。1995年には鑑真が6度目の渡航で乗った遣唐使船の模型が日本から寄贈され、現在は鑑真像の西側に展示されている。記念堂の前の庭には、唐招提寺第81世長老(住職)の森本孝順(きょうじゅん)和尚が贈った大型の石灯篭1基が置かれている。灯明は今も絶えることなく、中日両国の末永い友好を祈願している。(揚州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年1月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021006045

  • 2021年01月13日
    (12)大明寺の鑑真記念堂を訪ねて江蘇省揚州市

    7日、鑑真記念堂内にある梁思成(りょう・しせい)氏の胸像。中国江蘇省揚州市の大明寺には鑑真記念堂があり、陳列室と門庁、碑亭、正殿の4部分からなる。記念堂は鑑真没後1200年にあたる1963年に中国政府が建設を決定。著名建築家の梁思成(りょう・しせい)氏が設計を手掛け、正殿は奈良の唐招提寺金堂を模して設計された。中日双方の友好人士の尽力により1980年3月に唐招提寺の国宝・鑑真和上坐像が「里帰り」した際には、多くの人が拝観に訪れた。1995年には鑑真が6度目の渡航で乗った遣唐使船の模型が日本から寄贈され、現在は鑑真像の西側に展示されている。記念堂の前の庭には、唐招提寺第81世長老(住職)の森本孝順(きょうじゅん)和尚が贈った大型の石灯篭1基が置かれている。灯明は今も絶えることなく、中日両国の末永い友好を祈願している。(揚州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年1月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021006048

  • 2021年01月13日
    (3)大明寺の鑑真記念堂を訪ねて江蘇省揚州市

    7日、鑑真記念堂正殿に展示されている遣唐使船の模型。中国江蘇省揚州市の大明寺には鑑真記念堂があり、陳列室と門庁、碑亭、正殿の4部分からなる。記念堂は鑑真没後1200年にあたる1963年に中国政府が建設を決定。著名建築家の梁思成(りょう・しせい)氏が設計を手掛け、正殿は奈良の唐招提寺金堂を模して設計された。中日双方の友好人士の尽力により1980年3月に唐招提寺の国宝・鑑真和上坐像が「里帰り」した際には、多くの人が拝観に訪れた。1995年には鑑真が6度目の渡航で乗った遣唐使船の模型が日本から寄贈され、現在は鑑真像の西側に展示されている。記念堂の前の庭には、唐招提寺第81世長老(住職)の森本孝順(きょうじゅん)和尚が贈った大型の石灯篭1基が置かれている。灯明は今も絶えることなく、中日両国の末永い友好を祈願している。(揚州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年1月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021006040

  • 2021年01月13日
    (16)大明寺の鑑真記念堂を訪ねて江蘇省揚州市

    7日、鑑真記念堂の正殿と前庭。中国江蘇省揚州市の大明寺には鑑真記念堂があり、陳列室と門庁、碑亭、正殿の4部分からなる。記念堂は鑑真没後1200年にあたる1963年に中国政府が建設を決定。著名建築家の梁思成(りょう・しせい)氏が設計を手掛け、正殿は奈良の唐招提寺金堂を模して設計された。中日双方の友好人士の尽力により1980年3月に唐招提寺の国宝・鑑真和上坐像が「里帰り」した際には、多くの人が拝観に訪れた。1995年には鑑真が6度目の渡航で乗った遣唐使船の模型が日本から寄贈され、現在は鑑真像の西側に展示されている。記念堂の前の庭には、唐招提寺第81世長老(住職)の森本孝順(きょうじゅん)和尚が贈った大型の石灯篭1基が置かれている。灯明は今も絶えることなく、中日両国の末永い友好を祈願している。(揚州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年1月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021006050

  • 2021年01月13日
    (23)大明寺の鑑真記念堂を訪ねて江蘇省揚州市

    7日、大明寺の谷林堂。中国江蘇省揚州市の大明寺には鑑真記念堂があり、陳列室と門庁、碑亭、正殿の4部分からなる。記念堂は鑑真没後1200年にあたる1963年に中国政府が建設を決定。著名建築家の梁思成(りょう・しせい)氏が設計を手掛け、正殿は奈良の唐招提寺金堂を模して設計された。中日双方の友好人士の尽力により1980年3月に唐招提寺の国宝・鑑真和上坐像が「里帰り」した際には、多くの人が拝観に訪れた。1995年には鑑真が6度目の渡航で乗った遣唐使船の模型が日本から寄贈され、現在は鑑真像の西側に展示されている。記念堂の前の庭には、唐招提寺第81世長老(住職)の森本孝順(きょうじゅん)和尚が贈った大型の石灯篭1基が置かれている。灯明は今も絶えることなく、中日両国の末永い友好を祈願している。(揚州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年1月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021006055

  • 2021年01月13日
    (26)大明寺の鑑真記念堂を訪ねて江蘇省揚州市

    7日、鑑真記念堂の正殿。中国江蘇省揚州市の大明寺には鑑真記念堂があり、陳列室と門庁、碑亭、正殿の4部分からなる。記念堂は鑑真没後1200年にあたる1963年に中国政府が建設を決定。著名建築家の梁思成(りょう・しせい)氏が設計を手掛け、正殿は奈良の唐招提寺金堂を模して設計された。中日双方の友好人士の尽力により1980年3月に唐招提寺の国宝・鑑真和上坐像が「里帰り」した際には、多くの人が拝観に訪れた。1995年には鑑真が6度目の渡航で乗った遣唐使船の模型が日本から寄贈され、現在は鑑真像の西側に展示されている。記念堂の前の庭には、唐招提寺第81世長老(住職)の森本孝順(きょうじゅん)和尚が贈った大型の石灯篭1基が置かれている。灯明は今も絶えることなく、中日両国の末永い友好を祈願している。(揚州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年1月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021006065

  • 2021年01月13日
    (13)大明寺の鑑真記念堂を訪ねて江蘇省揚州市

    7日、大明寺の戒壇。中国江蘇省揚州市の大明寺には鑑真記念堂があり、陳列室と門庁、碑亭、正殿の4部分からなる。記念堂は鑑真没後1200年にあたる1963年に中国政府が建設を決定。著名建築家の梁思成(りょう・しせい)氏が設計を手掛け、正殿は奈良の唐招提寺金堂を模して設計された。中日双方の友好人士の尽力により1980年3月に唐招提寺の国宝・鑑真和上坐像が「里帰り」した際には、多くの人が拝観に訪れた。1995年には鑑真が6度目の渡航で乗った遣唐使船の模型が日本から寄贈され、現在は鑑真像の西側に展示されている。記念堂の前の庭には、唐招提寺第81世長老(住職)の森本孝順(きょうじゅん)和尚が贈った大型の石灯篭1基が置かれている。灯明は今も絶えることなく、中日両国の末永い友好を祈願している。(揚州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年1月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021006022

  • 2021年01月13日
    (22)大明寺の鑑真記念堂を訪ねて江蘇省揚州市

    7日、大明寺境内にある鼓楼と思源の桜。中国江蘇省揚州市の大明寺には鑑真記念堂があり、陳列室と門庁、碑亭、正殿の4部分からなる。記念堂は鑑真没後1200年にあたる1963年に中国政府が建設を決定。著名建築家の梁思成(りょう・しせい)氏が設計を手掛け、正殿は奈良の唐招提寺金堂を模して設計された。中日双方の友好人士の尽力により1980年3月に唐招提寺の国宝・鑑真和上坐像が「里帰り」した際には、多くの人が拝観に訪れた。1995年には鑑真が6度目の渡航で乗った遣唐使船の模型が日本から寄贈され、現在は鑑真像の西側に展示されている。記念堂の前の庭には、唐招提寺第81世長老(住職)の森本孝順(きょうじゅん)和尚が贈った大型の石灯篭1基が置かれている。灯明は今も絶えることなく、中日両国の末永い友好を祈願している。(揚州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年1月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021006038

  • 2021年01月13日
    (7)大明寺の鑑真記念堂を訪ねて江蘇省揚州市

    7日、大明寺境内の平山堂。中国江蘇省揚州市の大明寺には鑑真記念堂があり、陳列室と門庁、碑亭、正殿の4部分からなる。記念堂は鑑真没後1200年にあたる1963年に中国政府が建設を決定。著名建築家の梁思成(りょう・しせい)氏が設計を手掛け、正殿は奈良の唐招提寺金堂を模して設計された。中日双方の友好人士の尽力により1980年3月に唐招提寺の国宝・鑑真和上坐像が「里帰り」した際には、多くの人が拝観に訪れた。1995年には鑑真が6度目の渡航で乗った遣唐使船の模型が日本から寄贈され、現在は鑑真像の西側に展示されている。記念堂の前の庭には、唐招提寺第81世長老(住職)の森本孝順(きょうじゅん)和尚が贈った大型の石灯篭1基が置かれている。灯明は今も絶えることなく、中日両国の末永い友好を祈願している。(揚州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年1月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021006046

  • 2021年01月13日
    (31)大明寺の鑑真記念堂を訪ねて江蘇省揚州市

    7日、鑑真記念堂の碑亭。中国江蘇省揚州市の大明寺には鑑真記念堂があり、陳列室と門庁、碑亭、正殿の4部分からなる。記念堂は鑑真没後1200年にあたる1963年に中国政府が建設を決定。著名建築家の梁思成(りょう・しせい)氏が設計を手掛け、正殿は奈良の唐招提寺金堂を模して設計された。中日双方の友好人士の尽力により1980年3月に唐招提寺の国宝・鑑真和上坐像が「里帰り」した際には、多くの人が拝観に訪れた。1995年には鑑真が6度目の渡航で乗った遣唐使船の模型が日本から寄贈され、現在は鑑真像の西側に展示されている。記念堂の前の庭には、唐招提寺第81世長老(住職)の森本孝順(きょうじゅん)和尚が贈った大型の石灯篭1基が置かれている。灯明は今も絶えることなく、中日両国の末永い友好を祈願している。(揚州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年1月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021006086

  • 2021年01月13日
    (18)大明寺の鑑真記念堂を訪ねて江蘇省揚州市

    7日、大明寺境内の鑑真戒壇院。中国江蘇省揚州市の大明寺には鑑真記念堂があり、陳列室と門庁、碑亭、正殿の4部分からなる。記念堂は鑑真没後1200年にあたる1963年に中国政府が建設を決定。著名建築家の梁思成(りょう・しせい)氏が設計を手掛け、正殿は奈良の唐招提寺金堂を模して設計された。中日双方の友好人士の尽力により1980年3月に唐招提寺の国宝・鑑真和上坐像が「里帰り」した際には、多くの人が拝観に訪れた。1995年には鑑真が6度目の渡航で乗った遣唐使船の模型が日本から寄贈され、現在は鑑真像の西側に展示されている。記念堂の前の庭には、唐招提寺第81世長老(住職)の森本孝順(きょうじゅん)和尚が贈った大型の石灯篭1基が置かれている。灯明は今も絶えることなく、中日両国の末永い友好を祈願している。(揚州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年1月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021006089

  • 2021年01月13日
    (1)大明寺の鑑真記念堂を訪ねて江蘇省揚州市

    7日、鑑真記念堂の臥仏殿。中国江蘇省揚州市の大明寺には鑑真記念堂があり、陳列室と門庁、碑亭、正殿の4部分からなる。記念堂は鑑真没後1200年にあたる1963年に中国政府が建設を決定。著名建築家の梁思成(りょう・しせい)氏が設計を手掛け、正殿は奈良の唐招提寺金堂を模して設計された。中日双方の友好人士の尽力により1980年3月に唐招提寺の国宝・鑑真和上坐像が「里帰り」した際には、多くの人が拝観に訪れた。1995年には鑑真が6度目の渡航で乗った遣唐使船の模型が日本から寄贈され、現在は鑑真像の西側に展示されている。記念堂の前の庭には、唐招提寺第81世長老(住職)の森本孝順(きょうじゅん)和尚が贈った大型の石灯篭1基が置かれている。灯明は今も絶えることなく、中日両国の末永い友好を祈願している。(揚州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年1月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021006017

  • 2021年01月13日
    (8)大明寺の鑑真記念堂を訪ねて江蘇省揚州市

    7日、大明寺の牌坊(はいぼう)と山門。中国江蘇省揚州市の大明寺には鑑真記念堂があり、陳列室と門庁、碑亭、正殿の4部分からなる。記念堂は鑑真没後1200年にあたる1963年に中国政府が建設を決定。著名建築家の梁思成(りょう・しせい)氏が設計を手掛け、正殿は奈良の唐招提寺金堂を模して設計された。中日双方の友好人士の尽力により1980年3月に唐招提寺の国宝・鑑真和上坐像が「里帰り」した際には、多くの人が拝観に訪れた。1995年には鑑真が6度目の渡航で乗った遣唐使船の模型が日本から寄贈され、現在は鑑真像の西側に展示されている。記念堂の前の庭には、唐招提寺第81世長老(住職)の森本孝順(きょうじゅん)和尚が贈った大型の石灯篭1基が置かれている。灯明は今も絶えることなく、中日両国の末永い友好を祈願している。(揚州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年1月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021006023

  • 2021年01月13日
    (2)大明寺の鑑真記念堂を訪ねて江蘇省揚州市

    7日、鑑真記念堂の前庭に立つ石灯篭。中国江蘇省揚州市の大明寺には鑑真記念堂があり、陳列室と門庁、碑亭、正殿の4部分からなる。記念堂は鑑真没後1200年にあたる1963年に中国政府が建設を決定。著名建築家の梁思成(りょう・しせい)氏が設計を手掛け、正殿は奈良の唐招提寺金堂を模して設計された。中日双方の友好人士の尽力により1980年3月に唐招提寺の国宝・鑑真和上坐像が「里帰り」した際には、多くの人が拝観に訪れた。1995年には鑑真が6度目の渡航で乗った遣唐使船の模型が日本から寄贈され、現在は鑑真像の西側に展示されている。記念堂の前の庭には、唐招提寺第81世長老(住職)の森本孝順(きょうじゅん)和尚が贈った大型の石灯篭1基が置かれている。灯明は今も絶えることなく、中日両国の末永い友好を祈願している。(揚州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年1月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021006039

  • 2021年01月13日
    (4)大明寺の鑑真記念堂を訪ねて江蘇省揚州市

    7日、大明寺棲霊塔から見た痩西湖。中国江蘇省揚州市の大明寺には鑑真記念堂があり、陳列室と門庁、碑亭、正殿の4部分からなる。記念堂は鑑真没後1200年にあたる1963年に中国政府が建設を決定。著名建築家の梁思成(りょう・しせい)氏が設計を手掛け、正殿は奈良の唐招提寺金堂を模して設計された。中日双方の友好人士の尽力により1980年3月に唐招提寺の国宝・鑑真和上坐像が「里帰り」した際には、多くの人が拝観に訪れた。1995年には鑑真が6度目の渡航で乗った遣唐使船の模型が日本から寄贈され、現在は鑑真像の西側に展示されている。記念堂の前の庭には、唐招提寺第81世長老(住職)の森本孝順(きょうじゅん)和尚が贈った大型の石灯篭1基が置かれている。灯明は今も絶えることなく、中日両国の末永い友好を祈願している。(揚州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年1月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021006047

  • 2021年01月13日
    (27)大明寺の鑑真記念堂を訪ねて江蘇省揚州市

    7日、大明寺の大雄宝殿。中国江蘇省揚州市の大明寺には鑑真記念堂があり、陳列室と門庁、碑亭、正殿の4部分からなる。記念堂は鑑真没後1200年にあたる1963年に中国政府が建設を決定。著名建築家の梁思成(りょう・しせい)氏が設計を手掛け、正殿は奈良の唐招提寺金堂を模して設計された。中日双方の友好人士の尽力により1980年3月に唐招提寺の国宝・鑑真和上坐像が「里帰り」した際には、多くの人が拝観に訪れた。1995年には鑑真が6度目の渡航で乗った遣唐使船の模型が日本から寄贈され、現在は鑑真像の西側に展示されている。記念堂の前の庭には、唐招提寺第81世長老(住職)の森本孝順(きょうじゅん)和尚が贈った大型の石灯篭1基が置かれている。灯明は今も絶えることなく、中日両国の末永い友好を祈願している。(揚州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年1月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021006053

  • 2021年01月13日
    (10)大明寺の鑑真記念堂を訪ねて江蘇省揚州市

    7日、鑑真記念堂の門庁(四松堂側)。中国江蘇省揚州市の大明寺には鑑真記念堂があり、陳列室と門庁、碑亭、正殿の4部分からなる。記念堂は鑑真没後1200年にあたる1963年に中国政府が建設を決定。著名建築家の梁思成(りょう・しせい)氏が設計を手掛け、正殿は奈良の唐招提寺金堂を模して設計された。中日双方の友好人士の尽力により1980年3月に唐招提寺の国宝・鑑真和上坐像が「里帰り」した際には、多くの人が拝観に訪れた。1995年には鑑真が6度目の渡航で乗った遣唐使船の模型が日本から寄贈され、現在は鑑真像の西側に展示されている。記念堂の前の庭には、唐招提寺第81世長老(住職)の森本孝順(きょうじゅん)和尚が贈った大型の石灯篭1基が置かれている。灯明は今も絶えることなく、中日両国の末永い友好を祈願している。(揚州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年1月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021006057

  • 2021年01月13日
    (15)大明寺の鑑真記念堂を訪ねて江蘇省揚州市

    7日、鑑真記念堂の回廊。中国江蘇省揚州市の大明寺には鑑真記念堂があり、陳列室と門庁、碑亭、正殿の4部分からなる。記念堂は鑑真没後1200年にあたる1963年に中国政府が建設を決定。著名建築家の梁思成(りょう・しせい)氏が設計を手掛け、正殿は奈良の唐招提寺金堂を模して設計された。中日双方の友好人士の尽力により1980年3月に唐招提寺の国宝・鑑真和上坐像が「里帰り」した際には、多くの人が拝観に訪れた。1995年には鑑真が6度目の渡航で乗った遣唐使船の模型が日本から寄贈され、現在は鑑真像の西側に展示されている。記念堂の前の庭には、唐招提寺第81世長老(住職)の森本孝順(きょうじゅん)和尚が贈った大型の石灯篭1基が置かれている。灯明は今も絶えることなく、中日両国の末永い友好を祈願している。(揚州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年1月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021006093

  • 2021年01月15日
    中国児童芸術劇院、マカオで「三人の和尚」を初公演

    15日、マカオのブロードウェーシアターで上演された舞台版「三人の和尚」の一場面。中国児童芸術劇院は15日、マカオ特別行政区のブロードウェーシアターでノンバーバル演劇「三人の和尚」を上演し、観客から大喝采を浴びた。(マカオ=新華社記者/張金加)=配信日:2021(令和3)年1月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021012002888

  • 2021年01月19日
    (1)中国児童芸術劇院、マカオで「三人の和尚」を初公演

    15日、マカオのブロードウェーシアターで上演された舞台版「三人の和尚」の一場面。中国児童芸術劇院は15日、マカオ特別行政区のブロードウェーシアターでノンバーバル演劇「三人の和尚」を上演し、観客から大喝采を浴びた。(マカオ=新華社記者/張金加)= 配信日: 2021(令和3)年1月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021011904015

  • 2021年01月19日
    (5)中国児童芸術劇院、マカオで「三人の和尚」を初公演

    15日、マカオのブロードウェーシアターで上演された舞台版「三人の和尚」の一場面。中国児童芸術劇院は15日、マカオ特別行政区のブロードウェーシアターでノンバーバル演劇「三人の和尚」を上演し、観客から大喝采を浴びた。(マカオ=新華社記者/張金加)= 配信日: 2021(令和3)年1月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021011904019

  • 2021年01月19日
    (7)中国児童芸術劇院、マカオで「三人の和尚」を初公演

    15日、マカオのブロードウェーシアターで上演された舞台版「三人の和尚」の一場面。中国児童芸術劇院は15日、マカオ特別行政区のブロードウェーシアターでノンバーバル演劇「三人の和尚」を上演し、観客から大喝采を浴びた。(マカオ=新華社記者/張金加)= 配信日: 2021(令和3)年1月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021011904030

  • 2021年01月19日
    (2)中国児童芸術劇院、マカオで「三人の和尚」を初公演

    15日、マカオのブロードウェーシアターで上演された舞台版「三人の和尚」の一場面。中国児童芸術劇院は15日、マカオ特別行政区のブロードウェーシアターでノンバーバル演劇「三人の和尚」を上演し、観客から大喝采を浴びた。(マカオ=新華社記者/張金加)= 配信日: 2021(令和3)年1月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021011904018

  • 2021年01月19日
    (3)中国児童芸術劇院、マカオで「三人の和尚」を初公演

    15日、マカオのブロードウェーシアターで上演された舞台版「三人の和尚」の一場面。中国児童芸術劇院は15日、マカオ特別行政区のブロードウェーシアターでノンバーバル演劇「三人の和尚」を上演し、観客から大喝采を浴びた。(マカオ=新華社記者/張金加)= 配信日: 2021(令和3)年1月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021011904016

  • 2021年01月19日
    (4)中国児童芸術劇院、マカオで「三人の和尚」を初公演

    15日、マカオのブロードウェーシアターで上演された舞台版「三人の和尚」の一場面。中国児童芸術劇院は15日、マカオ特別行政区のブロードウェーシアターでノンバーバル演劇「三人の和尚」を上演し、観客から大喝采を浴びた。(マカオ=新華社記者/張金加)= 配信日: 2021(令和3)年1月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021011904017

  • 2021年03月04日
    精緻な表情や彩色 薫的さん50年ぶり開帳へ

    高知市洞ケ島町の薫的神社のご神体の神像が、22日から28日まで、およそ50年ぶりに開帳される。祭神となっている江戸時代の僧・薫的和尚の生前の姿を写した像と伝えられ、精緻な表情や色鮮やかな彩色が特徴で、開帳に向け専門家による補修作業が行われている。開帳に向け補修が行われている「薫的和尚像」=2021(令和3)年3月4日、高知市洞ケ島町の薫的神社 、クレジット:高知新聞社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021031203000

  • 2021年03月08日
    唐代の古刹、霊山寺を訪ねて広東省汕頭市

    8日、霊山寺境内にある「敕賜霊山開善禅院之記」(左)。中国広東省汕頭市潮陽区北西部の銅盂鎮に、同省東部の古刹、霊山寺(霊山護国禅寺)がある。潮陽区の市街地からは25キロ離れている。同寺は、中国禅宗六祖の慧能(えのう)の曽孫弟子に当たる大顛(だいてん)が唐の貞元7(791)年に開いた。大顛は同寺を釈迦が仏法を説いたインドの霊鷲山(りょうじゅせん)になぞらえ「霊山」と命名した。霊山寺は歴代王朝によって拡張され、現在は約5千平方メートルの敷地を持つ。大顛祖師塔は「舌鏡塔」とも呼ばれ、高さは2・8メートル、直径は最大1・8メートル。古代インドのストゥーパ様式を模しており、広東省内で数少ない唐代の墓塔として同省の重点保護文物(重要文化財)に指定されている。境内にある留衣亭は、大顛と唐代の文人・政治家、韓愈(かん・ゆ)の友情を今に伝える。元和14(819)年に潮州に左遷された韓愈は、同地で大顛と交流を重ねた。同年10月に潮州から袁州(現在の江西省宜春市一帯)に転任する際には、わざわざ霊山寺に赴き大顛に別れを告げ、大顛もまた寺の外の小さな橋まで韓愈を見送った。韓愈はその時、感動のあまり着ていた官袍を脱いで大顛に記念の品として贈ったとされており、後世の人々は2人の友情を記念して留衣亭を建てた。同寺は「壁蘭(へきらん)」があることでも知られる。建物の壁に生えているランを指し、言い伝えによると、清の康熙45(1706)年に潮陽の信如和尚が霊山寺の補修を担当した際、丹精込めて育てたランの株を思いつきで壁に植えたところ、土もかけず、水や肥料をやらずとも四季を通じて葉を絶やすことがなかったという。壁蘭は「信蘭」とも呼ばれ、現在では寺宝の一つになっている。(汕頭=新華社配信/畢建鴿)=配信日:2021(令和3)年3月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021031903723

  • 2021年03月18日
    (15)唐代の古刹、霊山寺を訪ねて広東省汕頭市

    霊山寺の「壁蘭」。(2020年12月3日撮影)中国広東省汕頭市潮陽区北西部の銅盂鎮に、同省東部の古刹、霊山寺(霊山護国禅寺)がある。潮陽区の市街地からは25キロ離れている。同寺は、中国禅宗六祖の慧能(えのう)の曽孫弟子に当たる大顛(だいてん)が唐の貞元7(791)年に開いた。大顛は同寺を釈迦が仏法を説いたインドの霊鷲山(りょうじゅせん)になぞらえ「霊山」と命名した。霊山寺は歴代王朝によって拡張され、現在は約5千平方メートルの敷地を持つ。大顛祖師塔は「舌鏡塔」とも呼ばれ、高さは2・8メートル、直径は最大1・8メートル。古代インドのストゥーパ様式を模しており、広東省内で数少ない唐代の墓塔として同省の重点保護文物(重要文化財)に指定されている。境内にある留衣亭は、大顛と唐代の文人・政治家、韓愈(かん・ゆ)の友情を今に伝える。元和14(819)年に潮州に左遷された韓愈は、同地で大顛と交流を重ねた。同年10月に潮州から袁州(現在の江西省宜春市一帯)に転任する際には、わざわざ霊山寺に赴き大顛に別れを告げ、大顛もまた寺の外の小さな橋まで韓愈を見送った。韓愈はその時、感動のあまり着ていた官袍を脱いで大顛に記念の品として贈ったとされており、後世の人々は2人の友情を記念して留衣亭を建てた。同寺は「壁蘭(へきらん)」があることでも知られる。建物の壁に生えているランを指し、言い伝えによると、清の康熙45(1706)年に潮陽の信如和尚が霊山寺の補修を担当した際、丹精込めて育てたランの株を思いつきで壁に植えたところ、土もかけず、水や肥料をやらずとも四季を通じて葉を絶やすことがなかったという。壁蘭は「信蘭」とも呼ばれ、現在では寺宝の一つになっている。(汕頭=新華社配信/耀開法師)= 配信日: 2021(令和3)年3月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021031814446

  • 2021年03月18日
    (5)唐代の古刹、霊山寺を訪ねて広東省汕頭市

    11日、霊山寺の大雄宝殿内部。中国広東省汕頭市潮陽区北西部の銅盂鎮に、同省東部の古刹、霊山寺(霊山護国禅寺)がある。潮陽区の市街地からは25キロ離れている。同寺は、中国禅宗六祖の慧能(えのう)の曽孫弟子に当たる大顛(だいてん)が唐の貞元7(791)年に開いた。大顛は同寺を釈迦が仏法を説いたインドの霊鷲山(りょうじゅせん)になぞらえ「霊山」と命名した。霊山寺は歴代王朝によって拡張され、現在は約5千平方メートルの敷地を持つ。大顛祖師塔は「舌鏡塔」とも呼ばれ、高さは2・8メートル、直径は最大1・8メートル。古代インドのストゥーパ様式を模しており、広東省内で数少ない唐代の墓塔として同省の重点保護文物(重要文化財)に指定されている。境内にある留衣亭は、大顛と唐代の文人・政治家、韓愈(かん・ゆ)の友情を今に伝える。元和14(819)年に潮州に左遷された韓愈は、同地で大顛と交流を重ねた。同年10月に潮州から袁州(現在の江西省宜春市一帯)に転任する際には、わざわざ霊山寺に赴き大顛に別れを告げ、大顛もまた寺の外の小さな橋まで韓愈を見送った。韓愈はその時、感動のあまり着ていた官袍を脱いで大顛に記念の品として贈ったとされており、後世の人々は2人の友情を記念して留衣亭を建てた。同寺は「壁蘭(へきらん)」があることでも知られる。建物の壁に生えているランを指し、言い伝えによると、清の康熙45(1706)年に潮陽の信如和尚が霊山寺の補修を担当した際、丹精込めて育てたランの株を思いつきで壁に植えたところ、土もかけず、水や肥料をやらずとも四季を通じて葉を絶やすことがなかったという。壁蘭は「信蘭」とも呼ばれ、現在では寺宝の一つになっている。(汕頭=新華社配信/耀開法師)= 配信日: 2021(令和3)年3月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021031813980

  • 2021年03月18日
    (17)唐代の古刹、霊山寺を訪ねて広東省汕頭市

    16日、霊山寺の傍らにある同寺の施主、洪氏一族を祭る洪氏宗祠。中国広東省汕頭市潮陽区北西部の銅盂鎮に、同省東部の古刹、霊山寺(霊山護国禅寺)がある。潮陽区の市街地からは25キロ離れている。同寺は、中国禅宗六祖の慧能(えのう)の曽孫弟子に当たる大顛(だいてん)が唐の貞元7(791)年に開いた。大顛は同寺を釈迦が仏法を説いたインドの霊鷲山(りょうじゅせん)になぞらえ「霊山」と命名した。霊山寺は歴代王朝によって拡張され、現在は約5千平方メートルの敷地を持つ。大顛祖師塔は「舌鏡塔」とも呼ばれ、高さは2・8メートル、直径は最大1・8メートル。古代インドのストゥーパ様式を模しており、広東省内で数少ない唐代の墓塔として同省の重点保護文物(重要文化財)に指定されている。境内にある留衣亭は、大顛と唐代の文人・政治家、韓愈(かん・ゆ)の友情を今に伝える。元和14(819)年に潮州に左遷された韓愈は、同地で大顛と交流を重ねた。同年10月に潮州から袁州(現在の江西省宜春市一帯)に転任する際には、わざわざ霊山寺に赴き大顛に別れを告げ、大顛もまた寺の外の小さな橋まで韓愈を見送った。韓愈はその時、感動のあまり着ていた官袍を脱いで大顛に記念の品として贈ったとされており、後世の人々は2人の友情を記念して留衣亭を建てた。同寺は「壁蘭(へきらん)」があることでも知られる。建物の壁に生えているランを指し、言い伝えによると、清の康熙45(1706)年に潮陽の信如和尚が霊山寺の補修を担当した際、丹精込めて育てたランの株を思いつきで壁に植えたところ、土もかけず、水や肥料をやらずとも四季を通じて葉を絶やすことがなかったという。壁蘭は「信蘭」とも呼ばれ、現在では寺宝の一つになっている。(汕頭=新華社配信/耀開法師)= 配信日: 2021(令和3)年3月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021031814557

  • 2021年03月18日
    (27)唐代の古刹、霊山寺を訪ねて広東省汕頭市

    16日、霊山寺の唐大顛祖師塔(舌鏡塔)。中国広東省汕頭市潮陽区北西部の銅盂鎮に、同省東部の古刹、霊山寺(霊山護国禅寺)がある。潮陽区の市街地からは25キロ離れている。同寺は、中国禅宗六祖の慧能(えのう)の曽孫弟子に当たる大顛(だいてん)が唐の貞元7(791)年に開いた。大顛は同寺を釈迦が仏法を説いたインドの霊鷲山(りょうじゅせん)になぞらえ「霊山」と命名した。霊山寺は歴代王朝によって拡張され、現在は約5千平方メートルの敷地を持つ。大顛祖師塔は「舌鏡塔」とも呼ばれ、高さは2・8メートル、直径は最大1・8メートル。古代インドのストゥーパ様式を模しており、広東省内で数少ない唐代の墓塔として同省の重点保護文物(重要文化財)に指定されている。境内にある留衣亭は、大顛と唐代の文人・政治家、韓愈(かん・ゆ)の友情を今に伝える。元和14(819)年に潮州に左遷された韓愈は、同地で大顛と交流を重ねた。同年10月に潮州から袁州(現在の江西省宜春市一帯)に転任する際には、わざわざ霊山寺に赴き大顛に別れを告げ、大顛もまた寺の外の小さな橋まで韓愈を見送った。韓愈はその時、感動のあまり着ていた官袍を脱いで大顛に記念の品として贈ったとされており、後世の人々は2人の友情を記念して留衣亭を建てた。同寺は「壁蘭(へきらん)」があることでも知られる。建物の壁に生えているランを指し、言い伝えによると、清の康熙45(1706)年に潮陽の信如和尚が霊山寺の補修を担当した際、丹精込めて育てたランの株を思いつきで壁に植えたところ、土もかけず、水や肥料をやらずとも四季を通じて葉を絶やすことがなかったという。壁蘭は「信蘭」とも呼ばれ、現在では寺宝の一つになっている。(汕頭=新華社配信/耀開法師)= 配信日: 2021(令和3)年3月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021031900239

  • 2021年03月18日
    (1)唐代の古刹、霊山寺を訪ねて広東省汕頭市

    8日、霊山寺の山門。中国広東省汕頭市潮陽区北西部の銅盂鎮に、同省東部の古刹、霊山寺(霊山護国禅寺)がある。潮陽区の市街地からは25キロ離れている。同寺は、中国禅宗六祖の慧能(えのう)の曽孫弟子に当たる大顛(だいてん)が唐の貞元7(791)年に開いた。大顛は同寺を釈迦が仏法を説いたインドの霊鷲山(りょうじゅせん)になぞらえ「霊山」と命名した。霊山寺は歴代王朝によって拡張され、現在は約5千平方メートルの敷地を持つ。大顛祖師塔は「舌鏡塔」とも呼ばれ、高さは2・8メートル、直径は最大1・8メートル。古代インドのストゥーパ様式を模しており、広東省内で数少ない唐代の墓塔として同省の重点保護文物(重要文化財)に指定されている。境内にある留衣亭は、大顛と唐代の文人・政治家、韓愈(かん・ゆ)の友情を今に伝える。元和14(819)年に潮州に左遷された韓愈は、同地で大顛と交流を重ねた。同年10月に潮州から袁州(現在の江西省宜春市一帯)に転任する際には、わざわざ霊山寺に赴き大顛に別れを告げ、大顛もまた寺の外の小さな橋まで韓愈を見送った。韓愈はその時、感動のあまり着ていた官袍を脱いで大顛に記念の品として贈ったとされており、後世の人々は2人の友情を記念して留衣亭を建てた。同寺は「壁蘭(へきらん)」があることでも知られる。建物の壁に生えているランを指し、言い伝えによると、清の康熙45(1706)年に潮陽の信如和尚が霊山寺の補修を担当した際、丹精込めて育てたランの株を思いつきで壁に植えたところ、土もかけず、水や肥料をやらずとも四季を通じて葉を絶やすことがなかったという。壁蘭は「信蘭」とも呼ばれ、現在では寺宝の一つになっている。(汕頭=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年3月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021031813594

  • 2021年03月18日
    (9)唐代の古刹、霊山寺を訪ねて広東省汕頭市

    8日、霊山寺境内にある韓愈が大顛に贈った手紙の碑刻。中国広東省汕頭市潮陽区北西部の銅盂鎮に、同省東部の古刹、霊山寺(霊山護国禅寺)がある。潮陽区の市街地からは25キロ離れている。同寺は、中国禅宗六祖の慧能(えのう)の曽孫弟子に当たる大顛(だいてん)が唐の貞元7(791)年に開いた。大顛は同寺を釈迦が仏法を説いたインドの霊鷲山(りょうじゅせん)になぞらえ「霊山」と命名した。霊山寺は歴代王朝によって拡張され、現在は約5千平方メートルの敷地を持つ。大顛祖師塔は「舌鏡塔」とも呼ばれ、高さは2・8メートル、直径は最大1・8メートル。古代インドのストゥーパ様式を模しており、広東省内で数少ない唐代の墓塔として同省の重点保護文物(重要文化財)に指定されている。境内にある留衣亭は、大顛と唐代の文人・政治家、韓愈(かん・ゆ)の友情を今に伝える。元和14(819)年に潮州に左遷された韓愈は、同地で大顛と交流を重ねた。同年10月に潮州から袁州(現在の江西省宜春市一帯)に転任する際には、わざわざ霊山寺に赴き大顛に別れを告げ、大顛もまた寺の外の小さな橋まで韓愈を見送った。韓愈はその時、感動のあまり着ていた官袍を脱いで大顛に記念の品として贈ったとされており、後世の人々は2人の友情を記念して留衣亭を建てた。同寺は「壁蘭(へきらん)」があることでも知られる。建物の壁に生えているランを指し、言い伝えによると、清の康熙45(1706)年に潮陽の信如和尚が霊山寺の補修を担当した際、丹精込めて育てたランの株を思いつきで壁に植えたところ、土もかけず、水や肥料をやらずとも四季を通じて葉を絶やすことがなかったという。壁蘭は「信蘭」とも呼ばれ、現在では寺宝の一つになっている。(汕頭=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年3月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021031814047

  • 2021年03月18日
    (8)唐代の古刹、霊山寺を訪ねて広東省汕頭市

    8日、霊山寺の観音殿内部。中国広東省汕頭市潮陽区北西部の銅盂鎮に、同省東部の古刹、霊山寺(霊山護国禅寺)がある。潮陽区の市街地からは25キロ離れている。同寺は、中国禅宗六祖の慧能(えのう)の曽孫弟子に当たる大顛(だいてん)が唐の貞元7(791)年に開いた。大顛は同寺を釈迦が仏法を説いたインドの霊鷲山(りょうじゅせん)になぞらえ「霊山」と命名した。霊山寺は歴代王朝によって拡張され、現在は約5千平方メートルの敷地を持つ。大顛祖師塔は「舌鏡塔」とも呼ばれ、高さは2・8メートル、直径は最大1・8メートル。古代インドのストゥーパ様式を模しており、広東省内で数少ない唐代の墓塔として同省の重点保護文物(重要文化財)に指定されている。境内にある留衣亭は、大顛と唐代の文人・政治家、韓愈(かん・ゆ)の友情を今に伝える。元和14(819)年に潮州に左遷された韓愈は、同地で大顛と交流を重ねた。同年10月に潮州から袁州(現在の江西省宜春市一帯)に転任する際には、わざわざ霊山寺に赴き大顛に別れを告げ、大顛もまた寺の外の小さな橋まで韓愈を見送った。韓愈はその時、感動のあまり着ていた官袍を脱いで大顛に記念の品として贈ったとされており、後世の人々は2人の友情を記念して留衣亭を建てた。同寺は「壁蘭(へきらん)」があることでも知られる。建物の壁に生えているランを指し、言い伝えによると、清の康熙45(1706)年に潮陽の信如和尚が霊山寺の補修を担当した際、丹精込めて育てたランの株を思いつきで壁に植えたところ、土もかけず、水や肥料をやらずとも四季を通じて葉を絶やすことがなかったという。壁蘭は「信蘭」とも呼ばれ、現在では寺宝の一つになっている。(汕頭=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年3月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021031814048

  • 2021年03月18日
    (13)唐代の古刹、霊山寺を訪ねて広東省汕頭市

    8日、霊山寺の留衣亭。中国広東省汕頭市潮陽区北西部の銅盂鎮に、同省東部の古刹、霊山寺(霊山護国禅寺)がある。潮陽区の市街地からは25キロ離れている。同寺は、中国禅宗六祖の慧能(えのう)の曽孫弟子に当たる大顛(だいてん)が唐の貞元7(791)年に開いた。大顛は同寺を釈迦が仏法を説いたインドの霊鷲山(りょうじゅせん)になぞらえ「霊山」と命名した。霊山寺は歴代王朝によって拡張され、現在は約5千平方メートルの敷地を持つ。大顛祖師塔は「舌鏡塔」とも呼ばれ、高さは2・8メートル、直径は最大1・8メートル。古代インドのストゥーパ様式を模しており、広東省内で数少ない唐代の墓塔として同省の重点保護文物(重要文化財)に指定されている。境内にある留衣亭は、大顛と唐代の文人・政治家、韓愈(かん・ゆ)の友情を今に伝える。元和14(819)年に潮州に左遷された韓愈は、同地で大顛と交流を重ねた。同年10月に潮州から袁州(現在の江西省宜春市一帯)に転任する際には、わざわざ霊山寺に赴き大顛に別れを告げ、大顛もまた寺の外の小さな橋まで韓愈を見送った。韓愈はその時、感動のあまり着ていた官袍を脱いで大顛に記念の品として贈ったとされており、後世の人々は2人の友情を記念して留衣亭を建てた。同寺は「壁蘭(へきらん)」があることでも知られる。建物の壁に生えているランを指し、言い伝えによると、清の康熙45(1706)年に潮陽の信如和尚が霊山寺の補修を担当した際、丹精込めて育てたランの株を思いつきで壁に植えたところ、土もかけず、水や肥料をやらずとも四季を通じて葉を絶やすことがなかったという。壁蘭は「信蘭」とも呼ばれ、現在では寺宝の一つになっている。(汕頭=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年3月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021031814434

  • 2021年03月18日
    (3)唐代の古刹、霊山寺を訪ねて広東省汕頭市

    8日、霊山寺のツバキと禅楼。中国広東省汕頭市潮陽区北西部の銅盂鎮に、同省東部の古刹、霊山寺(霊山護国禅寺)がある。潮陽区の市街地からは25キロ離れている。同寺は、中国禅宗六祖の慧能(えのう)の曽孫弟子に当たる大顛(だいてん)が唐の貞元7(791)年に開いた。大顛は同寺を釈迦が仏法を説いたインドの霊鷲山(りょうじゅせん)になぞらえ「霊山」と命名した。霊山寺は歴代王朝によって拡張され、現在は約5千平方メートルの敷地を持つ。大顛祖師塔は「舌鏡塔」とも呼ばれ、高さは2・8メートル、直径は最大1・8メートル。古代インドのストゥーパ様式を模しており、広東省内で数少ない唐代の墓塔として同省の重点保護文物(重要文化財)に指定されている。境内にある留衣亭は、大顛と唐代の文人・政治家、韓愈(かん・ゆ)の友情を今に伝える。元和14(819)年に潮州に左遷された韓愈は、同地で大顛と交流を重ねた。同年10月に潮州から袁州(現在の江西省宜春市一帯)に転任する際には、わざわざ霊山寺に赴き大顛に別れを告げ、大顛もまた寺の外の小さな橋まで韓愈を見送った。韓愈はその時、感動のあまり着ていた官袍を脱いで大顛に記念の品として贈ったとされており、後世の人々は2人の友情を記念して留衣亭を建てた。同寺は「壁蘭(へきらん)」があることでも知られる。建物の壁に生えているランを指し、言い伝えによると、清の康熙45(1706)年に潮陽の信如和尚が霊山寺の補修を担当した際、丹精込めて育てたランの株を思いつきで壁に植えたところ、土もかけず、水や肥料をやらずとも四季を通じて葉を絶やすことがなかったという。壁蘭は「信蘭」とも呼ばれ、現在では寺宝の一つになっている。(汕頭=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年3月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021031813598

  • 2021年03月18日
    (21)唐代の古刹、霊山寺を訪ねて広東省汕頭市

    8日、霊山寺の唐大顛祖師塔(舌鏡塔)。中国広東省汕頭市潮陽区北西部の銅盂鎮に、同省東部の古刹、霊山寺(霊山護国禅寺)がある。潮陽区の市街地からは25キロ離れている。同寺は、中国禅宗六祖の慧能(えのう)の曽孫弟子に当たる大顛(だいてん)が唐の貞元7(791)年に開いた。大顛は同寺を釈迦が仏法を説いたインドの霊鷲山(りょうじゅせん)になぞらえ「霊山」と命名した。霊山寺は歴代王朝によって拡張され、現在は約5千平方メートルの敷地を持つ。大顛祖師塔は「舌鏡塔」とも呼ばれ、高さは2・8メートル、直径は最大1・8メートル。古代インドのストゥーパ様式を模しており、広東省内で数少ない唐代の墓塔として同省の重点保護文物(重要文化財)に指定されている。境内にある留衣亭は、大顛と唐代の文人・政治家、韓愈(かん・ゆ)の友情を今に伝える。元和14(819)年に潮州に左遷された韓愈は、同地で大顛と交流を重ねた。同年10月に潮州から袁州(現在の江西省宜春市一帯)に転任する際には、わざわざ霊山寺に赴き大顛に別れを告げ、大顛もまた寺の外の小さな橋まで韓愈を見送った。韓愈はその時、感動のあまり着ていた官袍を脱いで大顛に記念の品として贈ったとされており、後世の人々は2人の友情を記念して留衣亭を建てた。同寺は「壁蘭(へきらん)」があることでも知られる。建物の壁に生えているランを指し、言い伝えによると、清の康熙45(1706)年に潮陽の信如和尚が霊山寺の補修を担当した際、丹精込めて育てたランの株を思いつきで壁に植えたところ、土もかけず、水や肥料をやらずとも四季を通じて葉を絶やすことがなかったという。壁蘭は「信蘭」とも呼ばれ、現在では寺宝の一つになっている。(汕頭=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年3月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021031814702

  • 2021年03月18日
    (23)唐代の古刹、霊山寺を訪ねて広東省汕頭市

    12日、霊山寺の雲板(右)と木魚。雲板は主に食事の時を知らせるために叩く。中国広東省汕頭市潮陽区北西部の銅盂鎮に、同省東部の古刹、霊山寺(霊山護国禅寺)がある。潮陽区の市街地からは25キロ離れている。同寺は、中国禅宗六祖の慧能(えのう)の曽孫弟子に当たる大顛(だいてん)が唐の貞元7(791)年に開いた。大顛は同寺を釈迦が仏法を説いたインドの霊鷲山(りょうじゅせん)になぞらえ「霊山」と命名した。霊山寺は歴代王朝によって拡張され、現在は約5千平方メートルの敷地を持つ。大顛祖師塔は「舌鏡塔」とも呼ばれ、高さは2・8メートル、直径は最大1・8メートル。古代インドのストゥーパ様式を模しており、広東省内で数少ない唐代の墓塔として同省の重点保護文物(重要文化財)に指定されている。境内にある留衣亭は、大顛と唐代の文人・政治家、韓愈(かん・ゆ)の友情を今に伝える。元和14(819)年に潮州に左遷された韓愈は、同地で大顛と交流を重ねた。同年10月に潮州から袁州(現在の江西省宜春市一帯)に転任する際には、わざわざ霊山寺に赴き大顛に別れを告げ、大顛もまた寺の外の小さな橋まで韓愈を見送った。韓愈はその時、感動のあまり着ていた官袍を脱いで大顛に記念の品として贈ったとされており、後世の人々は2人の友情を記念して留衣亭を建てた。同寺は「壁蘭(へきらん)」があることでも知られる。建物の壁に生えているランを指し、言い伝えによると、清の康熙45(1706)年に潮陽の信如和尚が霊山寺の補修を担当した際、丹精込めて育てたランの株を思いつきで壁に植えたところ、土もかけず、水や肥料をやらずとも四季を通じて葉を絶やすことがなかったという。壁蘭は「信蘭」とも呼ばれ、現在では寺宝の一つになっている。(汕頭=新華社配信/耀開法師)= 配信日: 2021(令和3)年3月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021031900050

  • 2021年03月18日
    (4)唐代の古刹、霊山寺を訪ねて広東省汕頭市

    8日、霊山寺の大顛祖師像。中国広東省汕頭市潮陽区北西部の銅盂鎮に、同省東部の古刹、霊山寺(霊山護国禅寺)がある。潮陽区の市街地からは25キロ離れている。同寺は、中国禅宗六祖の慧能(えのう)の曽孫弟子に当たる大顛(だいてん)が唐の貞元7(791)年に開いた。大顛は同寺を釈迦が仏法を説いたインドの霊鷲山(りょうじゅせん)になぞらえ「霊山」と命名した。霊山寺は歴代王朝によって拡張され、現在は約5千平方メートルの敷地を持つ。大顛祖師塔は「舌鏡塔」とも呼ばれ、高さは2・8メートル、直径は最大1・8メートル。古代インドのストゥーパ様式を模しており、広東省内で数少ない唐代の墓塔として同省の重点保護文物(重要文化財)に指定されている。境内にある留衣亭は、大顛と唐代の文人・政治家、韓愈(かん・ゆ)の友情を今に伝える。元和14(819)年に潮州に左遷された韓愈は、同地で大顛と交流を重ねた。同年10月に潮州から袁州(現在の江西省宜春市一帯)に転任する際には、わざわざ霊山寺に赴き大顛に別れを告げ、大顛もまた寺の外の小さな橋まで韓愈を見送った。韓愈はその時、感動のあまり着ていた官袍を脱いで大顛に記念の品として贈ったとされており、後世の人々は2人の友情を記念して留衣亭を建てた。同寺は「壁蘭(へきらん)」があることでも知られる。建物の壁に生えているランを指し、言い伝えによると、清の康熙45(1706)年に潮陽の信如和尚が霊山寺の補修を担当した際、丹精込めて育てたランの株を思いつきで壁に植えたところ、土もかけず、水や肥料をやらずとも四季を通じて葉を絶やすことがなかったという。壁蘭は「信蘭」とも呼ばれ、現在では寺宝の一つになっている。(汕頭=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年3月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021031813726

  • 2021年03月18日
    (11)唐代の古刹、霊山寺を訪ねて広東省汕頭市

    8日、霊山寺の唐大顛祖師記念堂。中国広東省汕頭市潮陽区北西部の銅盂鎮に、同省東部の古刹、霊山寺(霊山護国禅寺)がある。潮陽区の市街地からは25キロ離れている。同寺は、中国禅宗六祖の慧能(えのう)の曽孫弟子に当たる大顛(だいてん)が唐の貞元7(791)年に開いた。大顛は同寺を釈迦が仏法を説いたインドの霊鷲山(りょうじゅせん)になぞらえ「霊山」と命名した。霊山寺は歴代王朝によって拡張され、現在は約5千平方メートルの敷地を持つ。大顛祖師塔は「舌鏡塔」とも呼ばれ、高さは2・8メートル、直径は最大1・8メートル。古代インドのストゥーパ様式を模しており、広東省内で数少ない唐代の墓塔として同省の重点保護文物(重要文化財)に指定されている。境内にある留衣亭は、大顛と唐代の文人・政治家、韓愈(かん・ゆ)の友情を今に伝える。元和14(819)年に潮州に左遷された韓愈は、同地で大顛と交流を重ねた。同年10月に潮州から袁州(現在の江西省宜春市一帯)に転任する際には、わざわざ霊山寺に赴き大顛に別れを告げ、大顛もまた寺の外の小さな橋まで韓愈を見送った。韓愈はその時、感動のあまり着ていた官袍を脱いで大顛に記念の品として贈ったとされており、後世の人々は2人の友情を記念して留衣亭を建てた。同寺は「壁蘭(へきらん)」があることでも知られる。建物の壁に生えているランを指し、言い伝えによると、清の康熙45(1706)年に潮陽の信如和尚が霊山寺の補修を担当した際、丹精込めて育てたランの株を思いつきで壁に植えたところ、土もかけず、水や肥料をやらずとも四季を通じて葉を絶やすことがなかったという。壁蘭は「信蘭」とも呼ばれ、現在では寺宝の一つになっている。(汕頭=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年3月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021031814291

  • 2021年03月18日
    (18)唐代の古刹、霊山寺を訪ねて広東省汕頭市

    8日、霊山寺に残る再建や修復に関する石碑。中国広東省汕頭市潮陽区北西部の銅盂鎮に、同省東部の古刹、霊山寺(霊山護国禅寺)がある。潮陽区の市街地からは25キロ離れている。同寺は、中国禅宗六祖の慧能(えのう)の曽孫弟子に当たる大顛(だいてん)が唐の貞元7(791)年に開いた。大顛は同寺を釈迦が仏法を説いたインドの霊鷲山(りょうじゅせん)になぞらえ「霊山」と命名した。霊山寺は歴代王朝によって拡張され、現在は約5千平方メートルの敷地を持つ。大顛祖師塔は「舌鏡塔」とも呼ばれ、高さは2・8メートル、直径は最大1・8メートル。古代インドのストゥーパ様式を模しており、広東省内で数少ない唐代の墓塔として同省の重点保護文物(重要文化財)に指定されている。境内にある留衣亭は、大顛と唐代の文人・政治家、韓愈(かん・ゆ)の友情を今に伝える。元和14(819)年に潮州に左遷された韓愈は、同地で大顛と交流を重ねた。同年10月に潮州から袁州(現在の江西省宜春市一帯)に転任する際には、わざわざ霊山寺に赴き大顛に別れを告げ、大顛もまた寺の外の小さな橋まで韓愈を見送った。韓愈はその時、感動のあまり着ていた官袍を脱いで大顛に記念の品として贈ったとされており、後世の人々は2人の友情を記念して留衣亭を建てた。同寺は「壁蘭(へきらん)」があることでも知られる。建物の壁に生えているランを指し、言い伝えによると、清の康熙45(1706)年に潮陽の信如和尚が霊山寺の補修を担当した際、丹精込めて育てたランの株を思いつきで壁に植えたところ、土もかけず、水や肥料をやらずとも四季を通じて葉を絶やすことがなかったという。壁蘭は「信蘭」とも呼ばれ、現在では寺宝の一つになっている。(汕頭=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年3月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021031814559

  • 2021年03月18日
    (16)唐代の古刹、霊山寺を訪ねて広東省汕頭市

    8日、霊山寺の山門。中国広東省汕頭市潮陽区北西部の銅盂鎮に、同省東部の古刹、霊山寺(霊山護国禅寺)がある。潮陽区の市街地からは25キロ離れている。同寺は、中国禅宗六祖の慧能(えのう)の曽孫弟子に当たる大顛(だいてん)が唐の貞元7(791)年に開いた。大顛は同寺を釈迦が仏法を説いたインドの霊鷲山(りょうじゅせん)になぞらえ「霊山」と命名した。霊山寺は歴代王朝によって拡張され、現在は約5千平方メートルの敷地を持つ。大顛祖師塔は「舌鏡塔」とも呼ばれ、高さは2・8メートル、直径は最大1・8メートル。古代インドのストゥーパ様式を模しており、広東省内で数少ない唐代の墓塔として同省の重点保護文物(重要文化財)に指定されている。境内にある留衣亭は、大顛と唐代の文人・政治家、韓愈(かん・ゆ)の友情を今に伝える。元和14(819)年に潮州に左遷された韓愈は、同地で大顛と交流を重ねた。同年10月に潮州から袁州(現在の江西省宜春市一帯)に転任する際には、わざわざ霊山寺に赴き大顛に別れを告げ、大顛もまた寺の外の小さな橋まで韓愈を見送った。韓愈はその時、感動のあまり着ていた官袍を脱いで大顛に記念の品として贈ったとされており、後世の人々は2人の友情を記念して留衣亭を建てた。同寺は「壁蘭(へきらん)」があることでも知られる。建物の壁に生えているランを指し、言い伝えによると、清の康熙45(1706)年に潮陽の信如和尚が霊山寺の補修を担当した際、丹精込めて育てたランの株を思いつきで壁に植えたところ、土もかけず、水や肥料をやらずとも四季を通じて葉を絶やすことがなかったという。壁蘭は「信蘭」とも呼ばれ、現在では寺宝の一つになっている。(汕頭=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年3月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021031814562

  • 2021年03月18日
    (2)唐代の古刹、霊山寺を訪ねて広東省汕頭市

    8日、霊山寺の碑林。中国広東省汕頭市潮陽区北西部の銅盂鎮に、同省東部の古刹、霊山寺(霊山護国禅寺)がある。潮陽区の市街地からは25キロ離れている。同寺は、中国禅宗六祖の慧能(えのう)の曽孫弟子に当たる大顛(だいてん)が唐の貞元7(791)年に開いた。大顛は同寺を釈迦が仏法を説いたインドの霊鷲山(りょうじゅせん)になぞらえ「霊山」と命名した。霊山寺は歴代王朝によって拡張され、現在は約5千平方メートルの敷地を持つ。大顛祖師塔は「舌鏡塔」とも呼ばれ、高さは2・8メートル、直径は最大1・8メートル。古代インドのストゥーパ様式を模しており、広東省内で数少ない唐代の墓塔として同省の重点保護文物(重要文化財)に指定されている。境内にある留衣亭は、大顛と唐代の文人・政治家、韓愈(かん・ゆ)の友情を今に伝える。元和14(819)年に潮州に左遷された韓愈は、同地で大顛と交流を重ねた。同年10月に潮州から袁州(現在の江西省宜春市一帯)に転任する際には、わざわざ霊山寺に赴き大顛に別れを告げ、大顛もまた寺の外の小さな橋まで韓愈を見送った。韓愈はその時、感動のあまり着ていた官袍を脱いで大顛に記念の品として贈ったとされており、後世の人々は2人の友情を記念して留衣亭を建てた。同寺は「壁蘭(へきらん)」があることでも知られる。建物の壁に生えているランを指し、言い伝えによると、清の康熙45(1706)年に潮陽の信如和尚が霊山寺の補修を担当した際、丹精込めて育てたランの株を思いつきで壁に植えたところ、土もかけず、水や肥料をやらずとも四季を通じて葉を絶やすことがなかったという。壁蘭は「信蘭」とも呼ばれ、現在では寺宝の一つになっている。(汕頭=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年3月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021031813601

  • 2021年03月18日
    (6)唐代の古刹、霊山寺を訪ねて広東省汕頭市

    11日、霊山寺の大雄宝殿。中国広東省汕頭市潮陽区北西部の銅盂鎮に、同省東部の古刹、霊山寺(霊山護国禅寺)がある。潮陽区の市街地からは25キロ離れている。同寺は、中国禅宗六祖の慧能(えのう)の曽孫弟子に当たる大顛(だいてん)が唐の貞元7(791)年に開いた。大顛は同寺を釈迦が仏法を説いたインドの霊鷲山(りょうじゅせん)になぞらえ「霊山」と命名した。霊山寺は歴代王朝によって拡張され、現在は約5千平方メートルの敷地を持つ。大顛祖師塔は「舌鏡塔」とも呼ばれ、高さは2・8メートル、直径は最大1・8メートル。古代インドのストゥーパ様式を模しており、広東省内で数少ない唐代の墓塔として同省の重点保護文物(重要文化財)に指定されている。境内にある留衣亭は、大顛と唐代の文人・政治家、韓愈(かん・ゆ)の友情を今に伝える。元和14(819)年に潮州に左遷された韓愈は、同地で大顛と交流を重ねた。同年10月に潮州から袁州(現在の江西省宜春市一帯)に転任する際には、わざわざ霊山寺に赴き大顛に別れを告げ、大顛もまた寺の外の小さな橋まで韓愈を見送った。韓愈はその時、感動のあまり着ていた官袍を脱いで大顛に記念の品として贈ったとされており、後世の人々は2人の友情を記念して留衣亭を建てた。同寺は「壁蘭(へきらん)」があることでも知られる。建物の壁に生えているランを指し、言い伝えによると、清の康熙45(1706)年に潮陽の信如和尚が霊山寺の補修を担当した際、丹精込めて育てたランの株を思いつきで壁に植えたところ、土もかけず、水や肥料をやらずとも四季を通じて葉を絶やすことがなかったという。壁蘭は「信蘭」とも呼ばれ、現在では寺宝の一つになっている。(汕頭=新華社配信/耀開法師)= 配信日: 2021(令和3)年3月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021031814038

  • 2021年03月18日
    (7)唐代の古刹、霊山寺を訪ねて広東省汕頭市

    8日、霊山寺の観音殿。中国広東省汕頭市潮陽区北西部の銅盂鎮に、同省東部の古刹、霊山寺(霊山護国禅寺)がある。潮陽区の市街地からは25キロ離れている。同寺は、中国禅宗六祖の慧能(えのう)の曽孫弟子に当たる大顛(だいてん)が唐の貞元7(791)年に開いた。大顛は同寺を釈迦が仏法を説いたインドの霊鷲山(りょうじゅせん)になぞらえ「霊山」と命名した。霊山寺は歴代王朝によって拡張され、現在は約5千平方メートルの敷地を持つ。大顛祖師塔は「舌鏡塔」とも呼ばれ、高さは2・8メートル、直径は最大1・8メートル。古代インドのストゥーパ様式を模しており、広東省内で数少ない唐代の墓塔として同省の重点保護文物(重要文化財)に指定されている。境内にある留衣亭は、大顛と唐代の文人・政治家、韓愈(かん・ゆ)の友情を今に伝える。元和14(819)年に潮州に左遷された韓愈は、同地で大顛と交流を重ねた。同年10月に潮州から袁州(現在の江西省宜春市一帯)に転任する際には、わざわざ霊山寺に赴き大顛に別れを告げ、大顛もまた寺の外の小さな橋まで韓愈を見送った。韓愈はその時、感動のあまり着ていた官袍を脱いで大顛に記念の品として贈ったとされており、後世の人々は2人の友情を記念して留衣亭を建てた。同寺は「壁蘭(へきらん)」があることでも知られる。建物の壁に生えているランを指し、言い伝えによると、清の康熙45(1706)年に潮陽の信如和尚が霊山寺の補修を担当した際、丹精込めて育てたランの株を思いつきで壁に植えたところ、土もかけず、水や肥料をやらずとも四季を通じて葉を絶やすことがなかったという。壁蘭は「信蘭」とも呼ばれ、現在では寺宝の一つになっている。(汕頭=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年3月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021031814046

  • 2021年03月18日
    (10)唐代の古刹、霊山寺を訪ねて広東省汕頭市

    16日、霊山寺の傍らにある同寺の施主、洪氏一族を祭る洪氏宗祠の正門。中国広東省汕頭市潮陽区北西部の銅盂鎮に、同省東部の古刹、霊山寺(霊山護国禅寺)がある。潮陽区の市街地からは25キロ離れている。同寺は、中国禅宗六祖の慧能(えのう)の曽孫弟子に当たる大顛(だいてん)が唐の貞元7(791)年に開いた。大顛は同寺を釈迦が仏法を説いたインドの霊鷲山(りょうじゅせん)になぞらえ「霊山」と命名した。霊山寺は歴代王朝によって拡張され、現在は約5千平方メートルの敷地を持つ。大顛祖師塔は「舌鏡塔」とも呼ばれ、高さは2・8メートル、直径は最大1・8メートル。古代インドのストゥーパ様式を模しており、広東省内で数少ない唐代の墓塔として同省の重点保護文物(重要文化財)に指定されている。境内にある留衣亭は、大顛と唐代の文人・政治家、韓愈(かん・ゆ)の友情を今に伝える。元和14(819)年に潮州に左遷された韓愈は、同地で大顛と交流を重ねた。同年10月に潮州から袁州(現在の江西省宜春市一帯)に転任する際には、わざわざ霊山寺に赴き大顛に別れを告げ、大顛もまた寺の外の小さな橋まで韓愈を見送った。韓愈はその時、感動のあまり着ていた官袍を脱いで大顛に記念の品として贈ったとされており、後世の人々は2人の友情を記念して留衣亭を建てた。同寺は「壁蘭(へきらん)」があることでも知られる。建物の壁に生えているランを指し、言い伝えによると、清の康熙45(1706)年に潮陽の信如和尚が霊山寺の補修を担当した際、丹精込めて育てたランの株を思いつきで壁に植えたところ、土もかけず、水や肥料をやらずとも四季を通じて葉を絶やすことがなかったという。壁蘭は「信蘭」とも呼ばれ、現在では寺宝の一つになっている。(汕頭=新華社配信/耀開法師)= 配信日: 2021(令和3)年3月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021031814432

  • 2021年03月18日
    (12)唐代の古刹、霊山寺を訪ねて広東省汕頭市

    8日、霊山寺唐大顛祖師記念堂の前庭。中国広東省汕頭市潮陽区北西部の銅盂鎮に、同省東部の古刹、霊山寺(霊山護国禅寺)がある。潮陽区の市街地からは25キロ離れている。同寺は、中国禅宗六祖の慧能(えのう)の曽孫弟子に当たる大顛(だいてん)が唐の貞元7(791)年に開いた。大顛は同寺を釈迦が仏法を説いたインドの霊鷲山(りょうじゅせん)になぞらえ「霊山」と命名した。霊山寺は歴代王朝によって拡張され、現在は約5千平方メートルの敷地を持つ。大顛祖師塔は「舌鏡塔」とも呼ばれ、高さは2・8メートル、直径は最大1・8メートル。古代インドのストゥーパ様式を模しており、広東省内で数少ない唐代の墓塔として同省の重点保護文物(重要文化財)に指定されている。境内にある留衣亭は、大顛と唐代の文人・政治家、韓愈(かん・ゆ)の友情を今に伝える。元和14(819)年に潮州に左遷された韓愈は、同地で大顛と交流を重ねた。同年10月に潮州から袁州(現在の江西省宜春市一帯)に転任する際には、わざわざ霊山寺に赴き大顛に別れを告げ、大顛もまた寺の外の小さな橋まで韓愈を見送った。韓愈はその時、感動のあまり着ていた官袍を脱いで大顛に記念の品として贈ったとされており、後世の人々は2人の友情を記念して留衣亭を建てた。同寺は「壁蘭(へきらん)」があることでも知られる。建物の壁に生えているランを指し、言い伝えによると、清の康熙45(1706)年に潮陽の信如和尚が霊山寺の補修を担当した際、丹精込めて育てたランの株を思いつきで壁に植えたところ、土もかけず、水や肥料をやらずとも四季を通じて葉を絶やすことがなかったという。壁蘭は「信蘭」とも呼ばれ、現在では寺宝の一つになっている。(汕頭=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年3月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021031814437

  • 2021年03月18日
    (22)唐代の古刹、霊山寺を訪ねて広東省汕頭市

    8日、霊山寺に残る唐代の井戸。中国広東省汕頭市潮陽区北西部の銅盂鎮に、同省東部の古刹、霊山寺(霊山護国禅寺)がある。潮陽区の市街地からは25キロ離れている。同寺は、中国禅宗六祖の慧能(えのう)の曽孫弟子に当たる大顛(だいてん)が唐の貞元7(791)年に開いた。大顛は同寺を釈迦が仏法を説いたインドの霊鷲山(りょうじゅせん)になぞらえ「霊山」と命名した。霊山寺は歴代王朝によって拡張され、現在は約5千平方メートルの敷地を持つ。大顛祖師塔は「舌鏡塔」とも呼ばれ、高さは2・8メートル、直径は最大1・8メートル。古代インドのストゥーパ様式を模しており、広東省内で数少ない唐代の墓塔として同省の重点保護文物(重要文化財)に指定されている。境内にある留衣亭は、大顛と唐代の文人・政治家、韓愈(かん・ゆ)の友情を今に伝える。元和14(819)年に潮州に左遷された韓愈は、同地で大顛と交流を重ねた。同年10月に潮州から袁州(現在の江西省宜春市一帯)に転任する際には、わざわざ霊山寺に赴き大顛に別れを告げ、大顛もまた寺の外の小さな橋まで韓愈を見送った。韓愈はその時、感動のあまり着ていた官袍を脱いで大顛に記念の品として贈ったとされており、後世の人々は2人の友情を記念して留衣亭を建てた。同寺は「壁蘭(へきらん)」があることでも知られる。建物の壁に生えているランを指し、言い伝えによると、清の康熙45(1706)年に潮陽の信如和尚が霊山寺の補修を担当した際、丹精込めて育てたランの株を思いつきで壁に植えたところ、土もかけず、水や肥料をやらずとも四季を通じて葉を絶やすことがなかったという。壁蘭は「信蘭」とも呼ばれ、現在では寺宝の一つになっている。(汕頭=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年3月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021031814697

  • 2021年03月18日
    (20)唐代の古刹、霊山寺を訪ねて広東省汕頭市

    8日、霊山寺の塔院と建築群。中国広東省汕頭市潮陽区北西部の銅盂鎮に、同省東部の古刹、霊山寺(霊山護国禅寺)がある。潮陽区の市街地からは25キロ離れている。同寺は、中国禅宗六祖の慧能(えのう)の曽孫弟子に当たる大顛(だいてん)が唐の貞元7(791)年に開いた。大顛は同寺を釈迦が仏法を説いたインドの霊鷲山(りょうじゅせん)になぞらえ「霊山」と命名した。霊山寺は歴代王朝によって拡張され、現在は約5千平方メートルの敷地を持つ。大顛祖師塔は「舌鏡塔」とも呼ばれ、高さは2・8メートル、直径は最大1・8メートル。古代インドのストゥーパ様式を模しており、広東省内で数少ない唐代の墓塔として同省の重点保護文物(重要文化財)に指定されている。境内にある留衣亭は、大顛と唐代の文人・政治家、韓愈(かん・ゆ)の友情を今に伝える。元和14(819)年に潮州に左遷された韓愈は、同地で大顛と交流を重ねた。同年10月に潮州から袁州(現在の江西省宜春市一帯)に転任する際には、わざわざ霊山寺に赴き大顛に別れを告げ、大顛もまた寺の外の小さな橋まで韓愈を見送った。韓愈はその時、感動のあまり着ていた官袍を脱いで大顛に記念の品として贈ったとされており、後世の人々は2人の友情を記念して留衣亭を建てた。同寺は「壁蘭(へきらん)」があることでも知られる。建物の壁に生えているランを指し、言い伝えによると、清の康熙45(1706)年に潮陽の信如和尚が霊山寺の補修を担当した際、丹精込めて育てたランの株を思いつきで壁に植えたところ、土もかけず、水や肥料をやらずとも四季を通じて葉を絶やすことがなかったという。壁蘭は「信蘭」とも呼ばれ、現在では寺宝の一つになっている。(汕頭=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年3月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021031814700

  • 2021年03月18日
    (14)唐代の古刹、霊山寺を訪ねて広東省汕頭市

    8日、霊山寺の牌坊(はいぼう)。中国広東省汕頭市潮陽区北西部の銅盂鎮に、同省東部の古刹、霊山寺(霊山護国禅寺)がある。潮陽区の市街地からは25キロ離れている。同寺は、中国禅宗六祖の慧能(えのう)の曽孫弟子に当たる大顛(だいてん)が唐の貞元7(791)年に開いた。大顛は同寺を釈迦が仏法を説いたインドの霊鷲山(りょうじゅせん)になぞらえ「霊山」と命名した。霊山寺は歴代王朝によって拡張され、現在は約5千平方メートルの敷地を持つ。大顛祖師塔は「舌鏡塔」とも呼ばれ、高さは2・8メートル、直径は最大1・8メートル。古代インドのストゥーパ様式を模しており、広東省内で数少ない唐代の墓塔として同省の重点保護文物(重要文化財)に指定されている。境内にある留衣亭は、大顛と唐代の文人・政治家、韓愈(かん・ゆ)の友情を今に伝える。元和14(819)年に潮州に左遷された韓愈は、同地で大顛と交流を重ねた。同年10月に潮州から袁州(現在の江西省宜春市一帯)に転任する際には、わざわざ霊山寺に赴き大顛に別れを告げ、大顛もまた寺の外の小さな橋まで韓愈を見送った。韓愈はその時、感動のあまり着ていた官袍を脱いで大顛に記念の品として贈ったとされており、後世の人々は2人の友情を記念して留衣亭を建てた。同寺は「壁蘭(へきらん)」があることでも知られる。建物の壁に生えているランを指し、言い伝えによると、清の康熙45(1706)年に潮陽の信如和尚が霊山寺の補修を担当した際、丹精込めて育てたランの株を思いつきで壁に植えたところ、土もかけず、水や肥料をやらずとも四季を通じて葉を絶やすことがなかったという。壁蘭は「信蘭」とも呼ばれ、現在では寺宝の一つになっている。(汕頭=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年3月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021031814449

  • 2021年03月18日
    (24)唐代の古刹、霊山寺を訪ねて広東省汕頭市

    8日、霊山寺の斎堂(禅寺で食事をする堂)。中国広東省汕頭市潮陽区北西部の銅盂鎮に、同省東部の古刹、霊山寺(霊山護国禅寺)がある。潮陽区の市街地からは25キロ離れている。同寺は、中国禅宗六祖の慧能(えのう)の曽孫弟子に当たる大顛(だいてん)が唐の貞元7(791)年に開いた。大顛は同寺を釈迦が仏法を説いたインドの霊鷲山(りょうじゅせん)になぞらえ「霊山」と命名した。霊山寺は歴代王朝によって拡張され、現在は約5千平方メートルの敷地を持つ。大顛祖師塔は「舌鏡塔」とも呼ばれ、高さは2・8メートル、直径は最大1・8メートル。古代インドのストゥーパ様式を模しており、広東省内で数少ない唐代の墓塔として同省の重点保護文物(重要文化財)に指定されている。境内にある留衣亭は、大顛と唐代の文人・政治家、韓愈(かん・ゆ)の友情を今に伝える。元和14(819)年に潮州に左遷された韓愈は、同地で大顛と交流を重ねた。同年10月に潮州から袁州(現在の江西省宜春市一帯)に転任する際には、わざわざ霊山寺に赴き大顛に別れを告げ、大顛もまた寺の外の小さな橋まで韓愈を見送った。韓愈はその時、感動のあまり着ていた官袍を脱いで大顛に記念の品として贈ったとされており、後世の人々は2人の友情を記念して留衣亭を建てた。同寺は「壁蘭(へきらん)」があることでも知られる。建物の壁に生えているランを指し、言い伝えによると、清の康熙45(1706)年に潮陽の信如和尚が霊山寺の補修を担当した際、丹精込めて育てたランの株を思いつきで壁に植えたところ、土もかけず、水や肥料をやらずとも四季を通じて葉を絶やすことがなかったという。壁蘭は「信蘭」とも呼ばれ、現在では寺宝の一つになっている。(汕頭=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年3月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021031900053

  • 1
  • 2