KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 令和
  • 個体
  • 一種
  • 国家
  • 指定
  • ラングール属
  • レッドリスト
  • 分類
  • 国際自然保護連合
  • 増加

「オナガザル」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
32
( 1 32 件を表示)
  • 1
32
( 1 32 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 1951年05月09日
    サルと元お殿様

    オナガザルと戯れる元公爵の蜂須賀正氏理学博士=出稿1951(昭和26)年5月9日、静岡県熱海市の蜂須賀氏別邸(26年内地1359)

    商品コード: 2013080700066

  • 1951年05月09日
    サルと元お殿様

    オナガザルと戯れる元公爵の蜂須賀正氏理学博士=1951(昭和26)年5月、静岡県熱海市の蜂須賀氏別邸(26年内地1359関連)

    商品コード: 2013080700067

  • 1975年01月24日
    ボク“珍ザル”の赤ちゃん

    母ザルにしっかり抱かれお目見えしたクロシロコロブスの赤ちゃん。サル仲間では最も美しいと言われ、乱獲でパンダ並みの“珍獣”となったクロシロコロブス(オナガザル科)の赤ちゃんが誕生、初公開された。日本での2世誕生は初めて=1975(昭和50)年1月24日、東京・上野動物園(50年内地 477)

    商品コード: 2012073100408

  • 1977年04月27日
    パタスザル 上野動物園はベビーブーム

    母親に抱かれたパタスザルの赤ちゃんはオッパイから離れない。オナガザルの仲間で、体高約15センチ、親ザルの胸に抱きついたまま=1977(昭和52)年4月27日、東京・上野動物園

    商品コード: 2014081800128

  • 1999年02月22日
    オナガザル科の「ドリル」 エイズウイルスの起源か

    動物園で飼育されているオナガザル科の「ドリル」

    商品コード: 1999022200009

  • 2009年11月07日
    フランソワルトンの子ども 金色の毛に黒目の赤ちゃん

    来園者に大人気のオナガザル科フランソワルトンの赤ちゃん=6日、福井県の鯖江市西山動物園

    商品コード: 2009110700011

  • 2010年09月28日
    警備ザル

    インド・ニューデリーの英連邦競技大会本部前に座るオナガザルの一種、ラングール。ほかのサルが邪魔しに来ないよう見張っています。(ロイター=共同)

    商品コード: 2010092800322

  • 2012年11月07日
    ニホンザルの親子

    キーワード:2匹、ニホンザル、愛情、屋外、かわいい、午後、自然公園、秋、神庭の滝自然公園、親子、生き物、動物、日本、抱っこ、無人、霊長目、サル目、オナガザル科、マカク属、Macacafuscata、哺乳綱、動植物メイン写真=2012(平成24)年11月7日、岡山県真庭市、クレジット:BUD international/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021012709263

  • 2012年11月07日
    ニホンザルの群れ

    キーワード:コロニー、ニホンザル、屋外、かわいい、群れ、午後、自然、自然公園、秋、神庭の滝自然公園、生き物、動物、日本、複数、無人、霊長目、サル目、オナガザル科、マカク属、Macacafuscata、哺乳綱、動植物メイン写真=2012(平成24)年11月7日、岡山県真庭市、クレジット:BUD international/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021012709355

  • 2016年10月13日
    チベットモンキー

    キーワード:Macaca、サル、チベット、チベットモンキー、屋外、神奈川県、生き物、動物、動物園、日本、複数、無人、霊長目、macaque、thibetana、モンキー、よこはま動物園ズーラシア、オナガザル科、暗褐色、動植物メイン写真、チベットマカク=2016(平成28)年10月13日、神奈川県、クレジット:officek/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021041512799

  • 00:35.54
    2018年11月29日
    「新華社」野生のキンシコウ、住民居住地に「定住」四川省都江堰

    四川省都江堰(とこうえん)市竜渓(りゅうけい)‐虹口(こうこう)国家級自然保護区で11月29日、巡視員が山を巡回していたところ、キンシコウが標高の低い住民居住地で活動しているのを初めて発見した。キンシコウは、霊長目オナガザル科に属する中型サル類で、中国固有種であり、中国の国家一級重点保護野生動物に指定されている。キンシコウは一般的に標高の高い(1500メートル以上)人のいない地域で活動するとされているが、今回発見された地点は標高1100メートル前後で、しかも11月に発見されてから現在まで、依然として同地域で活動しており、「定住」しているとみられている。スタッフは、保護区では1997年から厳格な保護を行い、キンシコウの個体群は大いに増加しており、生態環境も大いに改善している。キンシコウの生活区域は徐々に拡大をみせ、今回人の多い地域で活動していたことは、現地住民とキンシコウが互いに干渉せず、共存していることを物語っていると見ている。(記者/蕭永航、李力可)<映像内容>野生のキンシコウの様子、撮影日:2018(平成30)年11月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018121420550

  • 02:53.35
    2019年01月04日
    「新華社」アトラス山脈に生息する絶滅危惧種のサルモロッコ·イフレン

    モロッコ中部の小都市イフレンは、ヨーロッパ式の建築や冬の雪景色から「モロッコのスイス」と呼ばれている。自然の風景やスキーなどのウインタースポーツが人気だが、周辺にはさまざまな動植物が生息しており、こちらも観光客の人気を集めている。2004年に設立されたイフレン国立公園は、中アトラス山脈(モワヤンアトラス山脈)の西側にあり、面積は約5万1800ヘクタールとなっている。公園内には、主にアトラス山脈付近に分布するヒマラヤスギの一種、アトラスシダーがまっすぐに立ち並んでいる。同国立公園には鳥類140種類と哺乳類37種類が生息しており、その中で最も有名なのはオナガザル科のバーバリーマカクだ。絶滅の危機に瀕しているこのサルは、マカク属としては唯一、アジア以外に生息している。同国立公園のスタッフによると、公園内に生息するバーバリーマカクの数は2009年の統計で約5千匹となっており、15年前と比べて大幅に減少しているという。(記者/陳斌傑)<映像内容>モロッコの絶滅危惧種のサル、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019011120784

  • 2020年05月18日
    わんぱーくこうち オナガザル赤ちゃん誕生

    母親にしがみつくアビシニアコロブスの赤ちゃん。つぶらな瞳が愛らしい=2020(令和2)年5月18日、高知市のわんぱーくこうちアニマルランド 、クレジット:高知新聞社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020102706615

  • 2020年05月18日
    高知市のわんぱーくこうち オナガザル赤ちゃん誕生

    母親にしがみつくオナガザルの一種「アビシニアコロブス」の赤ちゃん。つぶらな瞳が愛らしい(わんぱーくこうちアニマルランド)=2020(令和2)年5月18日、高知県高知市、クレジット:高知新聞社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020060210690

  • 2021年01月26日
    (8)絶滅危惧種ファイヤールトンの赤ちゃん撮影雲南省

    18日、森の中から現れたファイヤールトン。中国雲南省徳宏ダイ族チンポー族自治州の芒市軒崗郷ではこのところ、生態写真家によって生まれたばかりの赤ちゃんファイヤールトンの姿が多く撮影されている。この地域でファイヤールトンの個体数が着実に増えてきていることがうかがえる。生態写真家がこのほど軒崗郷を訪れ撮影を行う際、森の中から約70匹のファイヤールトンが現れ、うち11匹は赤ちゃんだったという。ファイヤールトンはオナガザル科コロブス亜科ラングール属に分類されるサルの一種で、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストに絶滅危惧種として掲載され、中国の国家1級重点保護野生動物にも指定されている。(昆明=新華社配信/朱辺勇)= 配信日: 2021(令和3)年1月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021012702213

  • 2021年01月26日
    (1)絶滅危惧種ファイヤールトンの赤ちゃん撮影雲南省

    18日、赤ちゃんを連れたファイヤールトン。中国雲南省徳宏ダイ族チンポー族自治州の芒市軒崗郷ではこのところ、生態写真家によって生まれたばかりの赤ちゃんファイヤールトンの姿が多く撮影されている。この地域でファイヤールトンの個体数が着実に増えてきていることがうかがえる。生態写真家がこのほど軒崗郷を訪れ撮影を行う際、森の中から約70匹のファイヤールトンが現れ、うち11匹は赤ちゃんだったという。ファイヤールトンはオナガザル科コロブス亜科ラングール属に分類されるサルの一種で、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストに絶滅危惧種として掲載され、中国の国家1級重点保護野生動物にも指定されている。(昆明=新華社配信/朱辺勇)= 配信日: 2021(令和3)年1月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021012702211

  • 2021年01月26日
    (6)絶滅危惧種ファイヤールトンの赤ちゃん撮影雲南省

    18日、赤ちゃんを連れたファイヤールトン。中国雲南省徳宏ダイ族チンポー族自治州の芒市軒崗郷ではこのところ、生態写真家によって生まれたばかりの赤ちゃんファイヤールトンの姿が多く撮影されている。この地域でファイヤールトンの個体数が着実に増えてきていることがうかがえる。生態写真家がこのほど軒崗郷を訪れ撮影を行う際、森の中から約70匹のファイヤールトンが現れ、うち11匹は赤ちゃんだったという。ファイヤールトンはオナガザル科コロブス亜科ラングール属に分類されるサルの一種で、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストに絶滅危惧種として掲載され、中国の国家1級重点保護野生動物にも指定されている。(昆明=新華社配信/朱辺勇)= 配信日: 2021(令和3)年1月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021012702210

  • 2021年01月26日
    (5)絶滅危惧種ファイヤールトンの赤ちゃん撮影雲南省

    18日、赤ちゃんを連れたファイヤールトン。中国雲南省徳宏ダイ族チンポー族自治州の芒市軒崗郷ではこのところ、生態写真家によって生まれたばかりの赤ちゃんファイヤールトンの姿が多く撮影されている。この地域でファイヤールトンの個体数が着実に増えてきていることがうかがえる。生態写真家がこのほど軒崗郷を訪れ撮影を行う際、森の中から約70匹のファイヤールトンが現れ、うち11匹は赤ちゃんだったという。ファイヤールトンはオナガザル科コロブス亜科ラングール属に分類されるサルの一種で、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストに絶滅危惧種として掲載され、中国の国家1級重点保護野生動物にも指定されている。(昆明=新華社配信/朱辺勇)= 配信日: 2021(令和3)年1月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021012702215

  • 2021年01月26日
    (4)絶滅危惧種ファイヤールトンの赤ちゃん撮影雲南省

    18日、森の中から現れたファイヤールトン。中国雲南省徳宏ダイ族チンポー族自治州の芒市軒崗郷ではこのところ、生態写真家によって生まれたばかりの赤ちゃんファイヤールトンの姿が多く撮影されている。この地域でファイヤールトンの個体数が着実に増えてきていることがうかがえる。生態写真家がこのほど軒崗郷を訪れ撮影を行う際、森の中から約70匹のファイヤールトンが現れ、うち11匹は赤ちゃんだったという。ファイヤールトンはオナガザル科コロブス亜科ラングール属に分類されるサルの一種で、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストに絶滅危惧種として掲載され、中国の国家1級重点保護野生動物にも指定されている。(昆明=新華社配信/朱辺勇)= 配信日: 2021(令和3)年1月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021012702217

  • 2021年01月26日
    (10)絶滅危惧種ファイヤールトンの赤ちゃん撮影雲南省

    18日、森の中から現れたファイヤールトン。中国雲南省徳宏ダイ族チンポー族自治州の芒市軒崗郷ではこのところ、生態写真家によって生まれたばかりの赤ちゃんファイヤールトンの姿が多く撮影されている。この地域でファイヤールトンの個体数が着実に増えてきていることがうかがえる。生態写真家がこのほど軒崗郷を訪れ撮影を行う際、森の中から約70匹のファイヤールトンが現れ、うち11匹は赤ちゃんだったという。ファイヤールトンはオナガザル科コロブス亜科ラングール属に分類されるサルの一種で、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストに絶滅危惧種として掲載され、中国の国家1級重点保護野生動物にも指定されている。(昆明=新華社配信/朱辺勇)= 配信日: 2021(令和3)年1月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021012702219

  • 2021年01月26日
    (3)絶滅危惧種ファイヤールトンの赤ちゃん撮影雲南省

    18日、赤ちゃんを連れたファイヤールトン。中国雲南省徳宏ダイ族チンポー族自治州の芒市軒崗郷ではこのところ、生態写真家によって生まれたばかりの赤ちゃんファイヤールトンの姿が多く撮影されている。この地域でファイヤールトンの個体数が着実に増えてきていることがうかがえる。生態写真家がこのほど軒崗郷を訪れ撮影を行う際、森の中から約70匹のファイヤールトンが現れ、うち11匹は赤ちゃんだったという。ファイヤールトンはオナガザル科コロブス亜科ラングール属に分類されるサルの一種で、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストに絶滅危惧種として掲載され、中国の国家1級重点保護野生動物にも指定されている。(昆明=新華社配信/朱辺勇)= 配信日: 2021(令和3)年1月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021012702212

  • 2021年01月26日
    (2)絶滅危惧種ファイヤールトンの赤ちゃん撮影雲南省

    18日、森の中から現れたファイヤールトン。中国雲南省徳宏ダイ族チンポー族自治州の芒市軒崗郷ではこのところ、生態写真家によって生まれたばかりの赤ちゃんファイヤールトンの姿が多く撮影されている。この地域でファイヤールトンの個体数が着実に増えてきていることがうかがえる。生態写真家がこのほど軒崗郷を訪れ撮影を行う際、森の中から約70匹のファイヤールトンが現れ、うち11匹は赤ちゃんだったという。ファイヤールトンはオナガザル科コロブス亜科ラングール属に分類されるサルの一種で、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストに絶滅危惧種として掲載され、中国の国家1級重点保護野生動物にも指定されている。(昆明=新華社配信/朱辺勇)= 配信日: 2021(令和3)年1月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021012702214

  • 2021年01月26日
    (9)絶滅危惧種ファイヤールトンの赤ちゃん撮影雲南省

    18日、赤ちゃんを連れたファイヤールトン。中国雲南省徳宏ダイ族チンポー族自治州の芒市軒崗郷ではこのところ、生態写真家によって生まれたばかりの赤ちゃんファイヤールトンの姿が多く撮影されている。この地域でファイヤールトンの個体数が着実に増えてきていることがうかがえる。生態写真家がこのほど軒崗郷を訪れ撮影を行う際、森の中から約70匹のファイヤールトンが現れ、うち11匹は赤ちゃんだったという。ファイヤールトンはオナガザル科コロブス亜科ラングール属に分類されるサルの一種で、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストに絶滅危惧種として掲載され、中国の国家1級重点保護野生動物にも指定されている。(昆明=新華社配信/朱辺勇)= 配信日: 2021(令和3)年1月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021012702218

  • 2021年01月26日
    (11)絶滅危惧種ファイヤールトンの赤ちゃん撮影雲南省

    18日、赤ちゃんを連れたファイヤールトン。中国雲南省徳宏ダイ族チンポー族自治州の芒市軒崗郷ではこのところ、生態写真家によって生まれたばかりの赤ちゃんファイヤールトンの姿が多く撮影されている。この地域でファイヤールトンの個体数が着実に増えてきていることがうかがえる。生態写真家がこのほど軒崗郷を訪れ撮影を行う際、森の中から約70匹のファイヤールトンが現れ、うち11匹は赤ちゃんだったという。ファイヤールトンはオナガザル科コロブス亜科ラングール属に分類されるサルの一種で、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストに絶滅危惧種として掲載され、中国の国家1級重点保護野生動物にも指定されている。(昆明=新華社配信/朱辺勇)= 配信日: 2021(令和3)年1月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021012702220

  • 2021年01月26日
    (12)絶滅危惧種ファイヤールトンの赤ちゃん撮影雲南省

    18日、森の中から現れたファイヤールトン。中国雲南省徳宏ダイ族チンポー族自治州の芒市軒崗郷ではこのところ、生態写真家によって生まれたばかりの赤ちゃんファイヤールトンの姿が多く撮影されている。この地域でファイヤールトンの個体数が着実に増えてきていることがうかがえる。生態写真家がこのほど軒崗郷を訪れ撮影を行う際、森の中から約70匹のファイヤールトンが現れ、うち11匹は赤ちゃんだったという。ファイヤールトンはオナガザル科コロブス亜科ラングール属に分類されるサルの一種で、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストに絶滅危惧種として掲載され、中国の国家1級重点保護野生動物にも指定されている。(昆明=新華社配信/朱辺勇)= 配信日: 2021(令和3)年1月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021012702221

  • 2021年01月26日
    (7)絶滅危惧種ファイヤールトンの赤ちゃん撮影雲南省

    18日、森の中から現れたファイヤールトン。中国雲南省徳宏ダイ族チンポー族自治州の芒市軒崗郷ではこのところ、生態写真家によって生まれたばかりの赤ちゃんファイヤールトンの姿が多く撮影されている。この地域でファイヤールトンの個体数が着実に増えてきていることがうかがえる。生態写真家がこのほど軒崗郷を訪れ撮影を行う際、森の中から約70匹のファイヤールトンが現れ、うち11匹は赤ちゃんだったという。ファイヤールトンはオナガザル科コロブス亜科ラングール属に分類されるサルの一種で、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストに絶滅危惧種として掲載され、中国の国家1級重点保護野生動物にも指定されている。(昆明=新華社配信/朱辺勇)= 配信日: 2021(令和3)年1月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021012702216

  • 01:01.76
    2021年01月26日
    「新華社」絶滅危惧種ファイヤールトンの赤ちゃん撮影雲南省

    中国雲南省徳宏ダイ族チンポー族自治州の芒市軒崗郷ではこのところ、生態写真家によって生まれたばかりの赤ちゃんファイヤールトンの姿が多く撮影されている。この地域でファイヤールトンの個体数が着実に増えてきていることがうかがえる。生態写真家がこのほど軒崗郷を訪れ撮影を行う際、森の中から約70匹のファイヤールトンが現れ、うち11匹は赤ちゃんだったという。ファイヤールトンはオナガザル科コロブス亜科ラングール属に分類されるサルの一種で、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストに絶滅危惧種として掲載され、中国の国家1級重点保護野生動物にも指定されている。同自治州に生息するファイヤールトンは雲南西部亜種(T.phayreishanicus)に属する。中国科学院昆明動物学研究所の研究者らは2018年、野外調査や研究により、軒崗郷などに生息するファイヤールトンの個体数は少なくとも5群、320匹に上ることを明らかにした。(記者/姚兵) =配信日: 2021(令和3)年1月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021012703751

  • 2021年10月02日
    (3)雲南省北部で絶滅危惧生物種の個体数が増加

    怒江キンシコウ。(資料写真)中国雲南省昆明市で9月29日、国連生物多様性条約第15回締約国会議(COP15)の関連イベント、雲南省生物多様性保護シリーズ記者会見が開かれた。会見では、同省北部の保山市、怒江リス族自治州、徳宏ダイ族チンポー族自治州でここ数年、生物多様性資源の保護とモニタリングの強化が行われ、ツツジ科植物の大樹杜鵑、モクレン科植物の長蕊木蘭、オナガザル科動物の怒江キンシコウなど、絶滅危惧生物種の個体数が着実に増加していることが明らかになった。(昆明=新華社配信/王斌)= 配信日: 2021(令和3)年10月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021100210976

  • 2021年10月02日
    (2)雲南省北部で絶滅危惧生物種の個体数が増加

    ファイヤールトン。(資料写真)中国雲南省昆明市で9月29日、国連生物多様性条約第15回締約国会議(COP15)の関連イベント、雲南省生物多様性保護シリーズ記者会見が開かれた。会見では、同省北部の保山市、怒江リス族自治州、徳宏ダイ族チンポー族自治州でここ数年、生物多様性資源の保護とモニタリングの強化が行われ、ツツジ科植物の大樹杜鵑、モクレン科植物の長蕊木蘭、オナガザル科動物の怒江キンシコウなど、絶滅危惧生物種の個体数が着実に増加していることが明らかになった。(昆明=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年10月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021100208971

  • 2021年10月02日
    (4)雲南省北部で絶滅危惧生物種の個体数が増加

    オオサイチョウ。(資料写真)中国雲南省昆明市で9月29日、国連生物多様性条約第15回締約国会議(COP15)の関連イベント、雲南省生物多様性保護シリーズ記者会見が開かれた。会見では、同省北部の保山市、怒江リス族自治州、徳宏ダイ族チンポー族自治州でここ数年、生物多様性資源の保護とモニタリングの強化が行われ、ツツジ科植物の大樹杜鵑、モクレン科植物の長蕊木蘭、オナガザル科動物の怒江キンシコウなど、絶滅危惧生物種の個体数が着実に増加していることが明らかになった。(昆明=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年10月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021100212054

  • 2021年10月02日
    (1)雲南省北部で絶滅危惧生物種の個体数が増加

    雲南省保山市竜陵小黒山省級自然保護区で発見された大理コリバス。(資料写真)中国雲南省昆明市で9月29日、国連生物多様性条約第15回締約国会議(COP15)の関連イベント、雲南省生物多様性保護シリーズ記者会見が開かれた。会見では、同省北部の保山市、怒江リス族自治州、徳宏ダイ族チンポー族自治州でここ数年、生物多様性資源の保護とモニタリングの強化が行われ、ツツジ科植物の大樹杜鵑、モクレン科植物の長蕊木蘭、オナガザル科動物の怒江キンシコウなど、絶滅危惧生物種の個体数が着実に増加していることが明らかになった。(昆明=新華社配信/李家華)= 配信日: 2021(令和3)年10月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021100208970

  • 01:20.16
    2022年01月09日
    「新華社」写真愛好家が絶滅危惧種のファイヤールトンを撮影雲南省

    中国雲南省の高黎貢山(こうれいこうざん)の東麓に位置する怒江リス族自治州瀘水(ろすい)市魯掌鎮三河村で6日、地元の写真愛好家が生まれたばかりの赤ちゃん2匹を含む絶滅危惧種のサルの一種、ファイヤールトンの撮影に成功した。撮影時には、約26頭のファイヤールトンが道路わきの林で、のんびりと餌を食べたり、枝の間で遊んだりしていたという。群れには子ども十数匹と赤ちゃん2匹がおり、同地でファイヤールトンの個体数が安定的に増加していることが分かる。ファイヤールトンはオナガザル科コロブス亜科ラングール属に分類されるサルの一種で、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストに絶滅危惧種として掲載され、中国の国家1級重点保護野生動物にも指定されている。同自治州に生息するファイヤールトンは滇西亜種に属し、主に高黎貢山の瀘水地区に分布している。 =配信日: 2022(令和4)年1月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022010905680

  • 1