KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 解明
  • 令和
  • 研究者
  • 場所
  • 存在
  • 科学者
  • 資料
  • 避難所
  • 昆明
  • オーストラリア

「オルドビス紀」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
12
( 1 12 件を表示)
  • 1
12
( 1 12 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 1980年07月07日
    日本最古の化石発見

    日本最古の化石を発見した筑波大大学院生の安達修子さん。発見された化石は、オルドビス紀のエオレペルディシア属というミジンコの仲間=出稿1980(昭和55)年7月7日(55年内地6100)

    商品コード: 2018080200637

  • 1980年07月07日
    日本最古の化石発見

    発見されたオルドビス紀のエオレペルディシア属というミジンコの仲間の化石。発見された化石で日本最古=出稿1980(昭和55)年7月7日(55年内地6099)

    商品コード: 2018080200638

  • 1996年01月19日
    コノドント 国内最古の化石発見

    オルドビス紀のものと鑑定されたコノドント(左下の白線は0・1ミリ)(モノクロネガ)

    商品コード: 1996011900115

  • 2020年01月06日
    地球最初の大量絶滅、期間は20万年雲南省の地層で解明

    6日、今回の関連するオルドビス紀とシルル紀の地層境界面。中国科学院南京地質古生物研究所は6日、中国やオーストラリア、米国など多国籍の古生物学者からなる研究チームがこのほど、4億年以上前に起こった史上最初の生物大量絶滅の期間がわずか20万年だったことを発見したと発表した。今回の成果は、大量絶滅の原因と発生メカニズムを正確に研究する上で重要な根拠をもたらした。(南京=新華社配信)=2020(令和2)年1月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。

    商品コード: 2020011005805

  • 2020年01月06日
    地球最初の大量絶滅、期間は20万年雲南省の地層で解明

    6日、今回の研究に関連するオルドビス紀とシルル紀の地層境界面。中国科学院南京地質古生物研究所は6日、中国やオーストラリア、米国など多国籍の古生物学者からなる研究チームがこのほど、4億年以上前に起こった史上最初の生物大量絶滅の期間がわずか20万年だったことを発見したと発表した。今回の成果は、大量絶滅の原因と発生メカニズムを正確に研究する上で重要な根拠をもたらした。(南京=新華社配信)=2020(令和2)年1月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。

    商品コード: 2020011005837

  • 2020年01月06日
    地球最初の大量絶滅、期間は20万年雲南省の地層で解明

    6日、今回の研究に関連するオルドビス紀とシルル紀の地層境界面。(南京=新華社配信)中国科学院南京地質古生物研究所は6日、中国やオーストラリア、米国など多国籍の古生物学者からなる研究チームがこのほど、4億年以上前に起こった史上最初の生物大量絶滅の期間がわずか20万年だったことを発見したと発表した。今回の成果は、大量絶滅の原因と発生メカニズムを正確に研究する上で重要な根拠をもたらした。(南京=新華社配信)=2020(令和2)年1月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。

    商品コード: 2020011005880

  • 2020年09月27日
    中国の研究者ら、大量絶滅が新たな生命誕生を促したことを解明

    オルドビス紀の大量絶滅後に特殊な動物群に進化した腕足動物の図。(資料写真)中国科学院南京地質古生物研究所は24日、中国や英国、カナダの古生物学者の研究により、約4億4千万年前のオルドビス紀末に起きた最初の大量絶滅が新たな生命の誕生を促したことがわかったと発表した。研究成果はこのほど、学術誌「Earth-ScienceReviews」に掲載された。(南京=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020092806763

  • 2022年05月25日
    (4)生物大量絶滅期の古生物の「避難所」発見雲南省鎮雄県

    雲南省鎮雄県で発見された三葉虫動物相の化石。(資料写真)中国の科学者らは、2年余りの研究を経て、雲南省鎮雄(ちんゆう)県で、オルドビス紀末期の生物大量絶滅前の三葉虫動物相を初めて発見した。華南プレート西縁の海洋生物相の解明につながる重要な手がかりとなり、地域環境の悪化時に古生物らが避難した場所が存在したことを裏付けるものとなった。北京大学や中国科学院南京地質古生物研究所、中国地質調査局西安地質調査センターの研究者らは、2020年から鎮雄県で三葉虫動物相についての詳細な調査を実施。研究成果はこのほど、国際学術誌「Palaeoworld」のオンライン版に掲載された。(昆明=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年5月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022052507886

  • 2022年05月25日
    (2)生物大量絶滅期の古生物の「避難所」発見雲南省鎮雄県

    雲南省鎮雄県で発見された三葉虫動物相の化石。(資料写真)中国の科学者らは、2年余りの研究を経て、雲南省鎮雄(ちんゆう)県で、オルドビス紀末期の生物大量絶滅前の三葉虫動物相を初めて発見した。華南プレート西縁の海洋生物相の解明につながる重要な手がかりとなり、地域環境の悪化時に古生物らが避難した場所が存在したことを裏付けるものとなった。北京大学や中国科学院南京地質古生物研究所、中国地質調査局西安地質調査センターの研究者らは、2020年から鎮雄県で三葉虫動物相についての詳細な調査を実施。研究成果はこのほど、国際学術誌「Palaeoworld」のオンライン版に掲載された。(昆明=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年5月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022052507881

  • 2022年05月25日
    (1)生物大量絶滅期の古生物の「避難所」発見雲南省鎮雄県

    雲南省鎮雄県で発見された三葉虫動物相の化石。(資料写真)中国の科学者らは、2年余りの研究を経て、雲南省鎮雄(ちんゆう)県で、オルドビス紀末期の生物大量絶滅前の三葉虫動物相を初めて発見した。華南プレート西縁の海洋生物相の解明につながる重要な手がかりとなり、地域環境の悪化時に古生物らが避難した場所が存在したことを裏付けるものとなった。北京大学や中国科学院南京地質古生物研究所、中国地質調査局西安地質調査センターの研究者らは、2020年から鎮雄県で三葉虫動物相についての詳細な調査を実施。研究成果はこのほど、国際学術誌「Palaeoworld」のオンライン版に掲載された。(昆明=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年5月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022052507879

  • 00:58.92
    2022年05月25日
    「新華社」生物大量絶滅期の古生物の「避難所」発見雲南省鎮雄県

    中国の科学者らは、2年余りの研究を経て、雲南省鎮雄(ちんゆう)県で、オルドビス紀末期の生物大量絶滅前の三葉虫動物相を初めて発見した。華南プレート西縁の海洋生物相の解明につながる重要な手がかりとなり、地域環境の悪化時に古生物らが避難した場所が存在したことを裏付けるものとなった。北京大学や中国科学院南京地質古生物研究所、中国地質調査局西安地質調査センターの研究者らは、2020年から鎮雄県で三葉虫動物相についての詳細な調査を実施。研究成果はこのほど、国際学術誌「Palaeoworld」のオンライン版に掲載された。論文筆頭著者である北京大学地球・空間科学学院の魏鑫(ぎ・きん)博士研究員は、これまで知られている地球史では計5回の大量絶滅イベントが発生したが、4億4300万年前に発生したオルドビス紀後期の生物大量絶滅はその最初に当たり、前後における生物と環境の相乗的進化関係の研究が注目を集めていると説明した。魏氏は「今回、鎮雄地区で見つかった三葉虫動物相は、オルドビス紀末期の生物大量絶滅よりやや前のもので、9科15属17種が含まれ、新種も4種含まれている」と紹介。同地区は地層の露出が良好で、化石が豊富で交通も便利なため、研究にとって理想的な地域だと述べた。研究者らは今回、層ごとのサンプリングと系統的古生物学・堆積学的研究により、大量絶滅前の鎮雄地域における三葉虫動物相を明らかにし、新たな三葉虫群を確立。同時期の華南地域における三葉虫動物相の生態的研究の基礎を築いた。魏氏はまた、三葉虫(種)の時空分布から、華南地域のオルドビス紀末期の生物大量絶滅前には生物の移動が起きていたと解説。華南プレートの海洋環境が地殻変動により徐々に悪化し、大部分で無酸素状態の半閉鎖性海盆が形成され、それにより多数の三葉虫が死滅し、少数の三葉虫が鎮雄地域のような比較的浅く酸素の豊富な環境、つまり「避難所」に移動する現象が起こったとの見解を示した。(記者/林碧鋒) =配信日: 2022(令和4)年5月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022052507882

  • 2022年05月25日
    (3)生物大量絶滅期の古生物の「避難所」発見雲南省鎮雄県

    雲南省鎮雄県で発見された三葉虫動物相の化石。(資料写真)中国の科学者らは、2年余りの研究を経て、雲南省鎮雄(ちんゆう)県で、オルドビス紀末期の生物大量絶滅前の三葉虫動物相を初めて発見した。華南プレート西縁の海洋生物相の解明につながる重要な手がかりとなり、地域環境の悪化時に古生物らが避難した場所が存在したことを裏付けるものとなった。北京大学や中国科学院南京地質古生物研究所、中国地質調査局西安地質調査センターの研究者らは、2020年から鎮雄県で三葉虫動物相についての詳細な調査を実施。研究成果はこのほど、国際学術誌「Palaeoworld」のオンライン版に掲載された。(昆明=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年5月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022052507877

  • 1