KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージリンク

お問い合わせ
03-6252-6224
平日9:30-18:00
  • 令和
  • 解明
  • 研究成果
  • 研究者
  • 場所
  • 存在
  • 実施
  • 発表
  • 科学者
  • 資料

「オルドビス紀」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
38
( 1 38 件を表示)
  • 1
38
( 1 38 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  •  Orthoceras annulatum, Print,
    -
    Orthoceras annulatum, Print,

    Orthoceras annulatum, Print, Orthoceras (“straight horn“) is a genus of extinct nautiloid cephalopod restricted to Middle Ordovician-aged marine limestones of the Baltic States and Sweden. This genus is sometimes called Orthoceratites.、クレジット:Album/quintlox/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

    商品コード: 2023061411162

  •  Orthoceras multistriata, Print,
    -
    Orthoceras multistriata, Print,

    Orthoceras multistriata, Print, Orthoceras (“straight horn“) is a genus of extinct nautiloid cephalopod restricted to Middle Ordovician-aged marine limestones of the Baltic States and Sweden. This genus is sometimes called Orthoceratites.、クレジット:Album/quintlox/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

    商品コード: 2023060600265

  •  Calymene blumenbachii, Print, Calymene blumenbachii, sometimes erroneously spelled blumenbachi,
    -
    Calymene blumenbachii, Print, Calymene blumenbachii, sometimes erroneously spelled blumenbachi,

    Calymene blumenbachii, Print, Calymene blumenbachii, sometimes erroneously spelled blumenbachi, is a species of trilobite discovered in the limestone quarries of Wren‘s Nest Hill in Dudley, England. Nicknamed the Dudley Bug or Dudley Locust by 18th century quarrymen it became a symbol of the town and featured on the Dudley County Borough Council coat-of-arms. Calymene blumenbachii is commonly found in Silurian rocks (422.5-427.5 million years ago) and is thought to have lived in the shallow waters of the Silurian, in low energy reefs. This particular species of Calymene (a fairly common genus in the Ordovician-Silurian) is unique to the Wenlock series in England, and comes from the Wenlock Limestone in Much Wenlock and Wren‘s Nest in Dudley. These sites seem to yield trilobites more readily than any other areas on the Wenlock Edge, and the rock here is dark grey as opposed to yellowish o、クレジット:Album/quintlox/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

    商品コード: 2023060909837

  •  Catenipora escharoides, Print, Catenipora is an extinct genus of tabulate corals in the family Halysitidae,
    -
    Catenipora escharoides, Print, Catenipora is an extinct genus of tabulate corals in the family Halysitidae,

    Catenipora escharoides, Print, Catenipora is an extinct genus of tabulate corals in the family Halysitidae, known from the Ordovician to the Silurian.、クレジット:Album/quintlox/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

    商品コード: 2022102709854

  •  Orthoceras regularis, Print, Orthoceras (“straight horn“)
    -
    Orthoceras regularis, Print, Orthoceras (“straight horn“)

    Orthoceras regularis, Print, Orthoceras (“straight horn“) is a genus of extinct nautiloid cephalopod restricted to Middle Ordovician-aged marine limestones of the Baltic States and Sweden. This genus is sometimes called Orthoceratites.、クレジット:Album/quintlox/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

    商品コード: 2022091009772

  •  Atrypa, Print, Atrypa is a genus of brachiopod with shells round to short egg-shaped,
    -
    Atrypa, Print, Atrypa is a genus of brachiopod with shells round to short egg-shaped,

    Atrypa, Print, Atrypa is a genus of brachiopod with shells round to short egg-shaped, covered with many fine radial ridges (or costae), that split further out and growthlines perpendicular to the costae and 2-3 times wider spaced. The pedunculate valve is a little convex, but tends to level out or even become slightly concave toward the anterior margin (that is: opposite hinge and pedicle). The brachial valve is highly convex. There is no interarea (that is a flat area bordering the hinge line approximately perpendicular with the rest of the valve) in either valve. Atrypa was a cosmopolitan and occurred from the late Lower Silurian (Telychian) to the early Upper Devonian (Frasnian). Other sources expand the range from the Late Ordovician to Carboniferous, approximately from 449 to 336 Ma. A proposed new species, A. harrisi, was found in the trilobite-rich Floresta Formation in Boyacá, Co、クレジット:Album/quintlox/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

    商品コード: 2023011106880

  •  The Selenopeltis slab.
    -
    The Selenopeltis slab.

    The Selenopeltis slab. This slab of sandstone comes from 450 million year old Ordovician rocks of the Mecissi-Alnif area, Morocco. Three trilobite genera are present, Selenopeltis, Calymenella and Dalmantina.、クレジット:World History Archive/ニューズコム/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019022007104

  •  Tentaculites ornatus, Print, Tentaculites is an extinct genus of conical fossils of uncertain affinity,
    -
    Tentaculites ornatus, Print, Tentaculites is an extinct genus of conical fossils of uncertain affinity,

    Tentaculites ornatus, Print, Tentaculites is an extinct genus of conical fossils of uncertain affinity, class Tentaculita, although it is not the only member of the class. It is known from Lower Ordovician to Upper Devonian deposits both as calcitic shells with a brachiopod-like microstructureand carbonaceous ‘linings‘. The “tentaculites“ (i.e. tentaculita) are also referred to as the styliolinids.、クレジット:Album/quintlox/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

    商品コード: 2023061209042

  •  Conocardium, Print, Conocardium is an extinct genus of Rostroconchia.
    -
    Conocardium, Print, Conocardium is an extinct genus of Rostroconchia.

    Conocardium, Print, Conocardium is an extinct genus of Rostroconchia. Its shell-mouth grew to be 23 inches (5176 mm) across. It fed on tiny plants and animals in the water. Fossils have been found all over the world from Ordovician to Permian formations.、クレジット:Album/quintlox/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

    商品コード: 2023061514015

  •  Syringopora caespitosa, Print, Syringopora is an extinct genus of phaceloid tabulate coral.
    -
    Syringopora caespitosa, Print, Syringopora is an extinct genus of phaceloid tabulate coral.

    Syringopora caespitosa, Print, Syringopora is an extinct genus of phaceloid tabulate coral. It has been found in rocks ranging in age from the Ordovician to the Permian, although it was most widespread during the Silurian, Devonian, and Carboniferous periods. Among other places, it has been found in the Columbus Limestone in Ohio, and in the Spring Branch Member of the Lecompton Limestone in Kansas.、クレジット:Album/quintlox/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

    商品コード: 2023022606553

  •  Spirifer trigonalis, Print,
    -
    Spirifer trigonalis, Print,

    Spirifer trigonalis, Print, Spirifer is a genus of marine brachiopods belonging to the order Spiriferida and family Spiriferidae. Species belonging to the genus lived from the Middle Ordovician (Sandbian) through to the Middle Triassic (Carnian) with a global distribution. They were stationary epifaunal suspension feeders.、クレジット:Album/quintlox/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

    商品コード: 2023062007709

  •  Spirifer speciosus, Print,
    -
    Spirifer speciosus, Print,

    Spirifer speciosus, Print, Spirifer is a genus of marine brachiopods belonging to the order Spiriferida and family Spiriferidae. Species belonging to the genus lived from the Middle Ordovician (Sandbian) through to the Middle Triassic (Carnian) with a global distribution. They were stationary epifaunal suspension feeders.、クレジット:Album/quintlox/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

    商品コード: 2023061411196

  •  Columnaria alveolata, Print,
    -
    Columnaria alveolata, Print,

    Columnaria alveolata, Print, Columnaria is an extinct genus of rugose coral that lived from the Late Ordovician to the Late Devonian. Its remains have been found in Australia, Europe, and North America.、クレジット:Album/quintlox/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

    商品コード: 2023022605812

  •  Calymene blumenbachii, Print, Calymene blumenbachii, sometimes erroneously spelled blumenbachi,
    -
    Calymene blumenbachii, Print, Calymene blumenbachii, sometimes erroneously spelled blumenbachi,

    Calymene blumenbachii, Print, Calymene blumenbachii, sometimes erroneously spelled blumenbachi, is a species of trilobite discovered in the limestone quarries of Wren‘s Nest Hill in Dudley, England. Nicknamed the Dudley Bug or Dudley Locust by 18th century quarrymen it became a symbol of the town and featured on the Dudley County Borough Council coat-of-arms. Calymene blumenbachii is commonly found in Silurian rocks (422.5-427.5 million years ago) and is thought to have lived in the shallow waters of the Silurian, in low energy reefs. This particular species of Calymene (a fairly common genus in the Ordovician-Silurian) is unique to the Wenlock series in England, and comes from the Wenlock Limestone in Much Wenlock and Wren‘s Nest in Dudley. These sites seem to yield trilobites more readily than any other areas on the Wenlock Edge, and the rock here is dark grey as opposed to yellowish o、クレジット:Album/quintlox/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

    商品コード: 2022122904714

  •  Asaphus corniger, Print, Asaphus is a genus of trilobites,
    -
    Asaphus corniger, Print, Asaphus is a genus of trilobites,

    Asaphus corniger, Print, Asaphus is a genus of trilobites, that is known from the Lower (upper Arenig) and Middle Ordovician of northwestern Europe (Sweden, Estonia, Saint Petersburg Area).、クレジット:Album/quintlox/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

    商品コード: 2023061208666

  •  Orthoceras annelatus, Print,
    -
    Orthoceras annelatus, Print,

    Orthoceras annelatus, Print, Orthoceras (“straight horn“) is a genus of extinct nautiloid cephalopod restricted to Middle Ordovician-aged marine limestones of the Baltic States and Sweden. This genus is sometimes called Orthoceratites.、クレジット:Album/quintlox/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

    商品コード: 2023061209008

  •  Calymene blumenbachii, Print, Calymene blumenbachii, sometimes erroneously spelled blumenbachi,
    -
    Calymene blumenbachii, Print, Calymene blumenbachii, sometimes erroneously spelled blumenbachi,

    Calymene blumenbachii, Print, Calymene blumenbachii, sometimes erroneously spelled blumenbachi, is a species of trilobite discovered in the limestone quarries of Wren‘s Nest Hill in Dudley, England. Nicknamed the Dudley Bug or Dudley Locust by 18th century quarrymen it became a symbol of the town and featured on the Dudley County Borough Council coat-of-arms. Calymene blumenbachii is commonly found in Silurian rocks (422.5-427.5 million years ago) and is thought to have lived in the shallow waters of the Silurian, in low energy reefs. This particular species of Calymene (a fairly common genus in the Ordovician-Silurian) is unique to the Wenlock series in England, and comes from the Wenlock Limestone in Much Wenlock and Wren‘s Nest in Dudley. These sites seem to yield trilobites more readily than any other areas on the Wenlock Edge, and the rock here is dark grey as opposed to yellowish o、クレジット:Album/quintlox/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

    商品コード: 2023062007610

  •  Orthoceras annulosa, Print, Orthoceras (“straight horn“)
    -
    Orthoceras annulosa, Print, Orthoceras (“straight horn“)

    Orthoceras annulosa, Print, Orthoceras (“straight horn“) is a genus of extinct nautiloid cephalopod restricted to Middle Ordovician-aged marine limestones of the Baltic States and Sweden. This genus is sometimes called Orthoceratites.、クレジット:Album/quintlox/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

    商品コード: 2022101705699

  •  Orthoceras knorii, Print, Orthoceras (“straight horn“) is a genus of extinct nautiloid cephalopod restricted to Middle
    -
    Orthoceras knorii, Print, Orthoceras (“straight horn“) is a genus of extinct nautiloid cephalopod restricted to Middle

    Orthoceras knorii, Print, Orthoceras (“straight horn“) is a genus of extinct nautiloid cephalopod restricted to Middle Ordovician-aged marine limestones of the Baltic States and Sweden. This genus is sometimes called Orthoceratites.、クレジット:Album/quintlox/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

    商品コード: 2023061209435

  •  Lituites, Print,
    -
    Lituites, Print,

    Lituites, Print, Lituites is an extinct nautiloid genus from the Middle Ordovician and type for the Lituitidae (a tarphycerid family) that in some more recent taxonomies has been classified with the orthocerids and listed under the order Lituitida. Fossils have been found in New York, Argentina, Norway, Sweden, Estonia, and China.、クレジット:Album/quintlox/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

    商品コード: 2023060711420

  •  Chonetes, Print, Chonetes is an extinct genus of brachiopods. It ranged from the Late Ordovician to the Middle Jurassic.
    -
    Chonetes, Print, Chonetes is an extinct genus of brachiopods. It ranged from the Late Ordovician to the Middle Jurassic.

    Chonetes, Print, Chonetes is an extinct genus of brachiopods. It ranged from the Late Ordovician to the Middle Jurassic.、クレジット:Album/quintlox/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

    商品コード: 2023022606642

  •  Orthoceras semistriata, Print, Orthoceras (“straight horn“)
    -
    Orthoceras semistriata, Print, Orthoceras (“straight horn“)

    Orthoceras semistriata, Print, Orthoceras (“straight horn“) is a genus of extinct nautiloid cephalopod restricted to Middle Ordovician-aged marine limestones of the Baltic States and Sweden. This genus is sometimes called Orthoceratites.、クレジット:Album/quintlox/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

    商品コード: 2023062007498

  •  The Selenopeltis slab.
    -
    The Selenopeltis slab.

    The Selenopeltis slab. This slab of sandstone comes from 450 million year old Ordovician rocks of the Mecissi-Alnif area, Morocco. Three trilobite genera are present, Selenopeltis, Calymenella and Dalmantina.、クレジット:World History Archive/ニューズコム/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019022007105

  •  Syringopora ramulosa, Print, Syringopora is an extinct genus of phaceloid tabulate coral.
    -
    Syringopora ramulosa, Print, Syringopora is an extinct genus of phaceloid tabulate coral.

    Syringopora ramulosa, Print, Syringopora is an extinct genus of phaceloid tabulate coral. It has been found in rocks ranging in age from the Ordovician to the Permian, although it was most widespread during the Silurian, Devonian, and Carboniferous periods. Among other places, it has been found in the Columbus Limestone in Ohio, and in the Spring Branch Member of the Lecompton Limestone in Kansas.、クレジット:Album/quintlox/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

    商品コード: 2023060600580

  •  日本最古の化石発見
    1980年07月07日
    日本最古の化石発見

    日本最古の化石を発見した筑波大大学院生の安達修子さん。発見された化石は、オルドビス紀のエオレペルディシア属というミジンコの仲間=出稿1980(昭和55)年7月7日(55年内地6100)

    商品コード: 2018080200637

  •  日本最古の化石発見
    1980年07月07日
    日本最古の化石発見

    発見されたオルドビス紀のエオレペルディシア属というミジンコの仲間の化石。発見された化石で日本最古=出稿1980(昭和55)年7月7日(55年内地6099)

    商品コード: 2018080200638

  • コノドント 国内最古の化石発見
    1996年01月19日
    コノドント 国内最古の化石発見

    オルドビス紀のものと鑑定されたコノドント(左下の白線は0・1ミリ)(モノクロネガ)

    商品コード: 1996011900115

  •  地球最初の大量絶滅、期間は20万年雲南省の地層で解明
    2020年01月06日
    地球最初の大量絶滅、期間は20万年雲南省の地層で解明

    6日、今回の研究に関連するオルドビス紀とシルル紀の地層境界面。中国科学院南京地質古生物研究所は6日、中国やオーストラリア、米国など多国籍の古生物学者からなる研究チームがこのほど、4億年以上前に起こった史上最初の生物大量絶滅の期間がわずか20万年だったことを発見したと発表した。今回の成果は、大量絶滅の原因と発生メカニズムを正確に研究する上で重要な根拠をもたらした。(南京=新華社配信)=2020(令和2)年1月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。

    商品コード: 2020011005837

  •  地球最初の大量絶滅、期間は20万年雲南省の地層で解明
    2020年01月06日
    地球最初の大量絶滅、期間は20万年雲南省の地層で解明

    6日、今回の関連するオルドビス紀とシルル紀の地層境界面。中国科学院南京地質古生物研究所は6日、中国やオーストラリア、米国など多国籍の古生物学者からなる研究チームがこのほど、4億年以上前に起こった史上最初の生物大量絶滅の期間がわずか20万年だったことを発見したと発表した。今回の成果は、大量絶滅の原因と発生メカニズムを正確に研究する上で重要な根拠をもたらした。(南京=新華社配信)=2020(令和2)年1月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。

    商品コード: 2020011005805

  •  地球最初の大量絶滅、期間は20万年雲南省の地層で解明
    2020年01月06日
    地球最初の大量絶滅、期間は20万年雲南省の地層で解明

    6日、今回の研究に関連するオルドビス紀とシルル紀の地層境界面。(南京=新華社配信)中国科学院南京地質古生物研究所は6日、中国やオーストラリア、米国など多国籍の古生物学者からなる研究チームがこのほど、4億年以上前に起こった史上最初の生物大量絶滅の期間がわずか20万年だったことを発見したと発表した。今回の成果は、大量絶滅の原因と発生メカニズムを正確に研究する上で重要な根拠をもたらした。(南京=新華社配信)=2020(令和2)年1月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。

    商品コード: 2020011005880

  •  中国の研究者ら、大量絶滅が新たな生命誕生を促したことを解明
    2020年09月27日
    中国の研究者ら、大量絶滅が新たな生命誕生を促したことを解明

    オルドビス紀の大量絶滅後に特殊な動物群に進化した腕足動物の図。(資料写真)中国科学院南京地質古生物研究所は24日、中国や英国、カナダの古生物学者の研究により、約4億4千万年前のオルドビス紀末に起きた最初の大量絶滅が新たな生命の誕生を促したことがわかったと発表した。研究成果はこのほど、学術誌「Earth-ScienceReviews」に掲載された。(南京=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020092806763

  •  (4)生物大量絶滅期の古生物の「避難所」発見雲南省鎮雄県
    2022年05月25日
    (4)生物大量絶滅期の古生物の「避難所」発見雲南省鎮雄県

    雲南省鎮雄県で発見された三葉虫動物相の化石。(資料写真)中国の科学者らは、2年余りの研究を経て、雲南省鎮雄(ちんゆう)県で、オルドビス紀末期の生物大量絶滅前の三葉虫動物相を初めて発見した。華南プレート西縁の海洋生物相の解明につながる重要な手がかりとなり、地域環境の悪化時に古生物らが避難した場所が存在したことを裏付けるものとなった。北京大学や中国科学院南京地質古生物研究所、中国地質調査局西安地質調査センターの研究者らは、2020年から鎮雄県で三葉虫動物相についての詳細な調査を実施。研究成果はこのほど、国際学術誌「Palaeoworld」のオンライン版に掲載された。(昆明=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年5月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022052507886

  •  (2)生物大量絶滅期の古生物の「避難所」発見雲南省鎮雄県
    2022年05月25日
    (2)生物大量絶滅期の古生物の「避難所」発見雲南省鎮雄県

    雲南省鎮雄県で発見された三葉虫動物相の化石。(資料写真)中国の科学者らは、2年余りの研究を経て、雲南省鎮雄(ちんゆう)県で、オルドビス紀末期の生物大量絶滅前の三葉虫動物相を初めて発見した。華南プレート西縁の海洋生物相の解明につながる重要な手がかりとなり、地域環境の悪化時に古生物らが避難した場所が存在したことを裏付けるものとなった。北京大学や中国科学院南京地質古生物研究所、中国地質調査局西安地質調査センターの研究者らは、2020年から鎮雄県で三葉虫動物相についての詳細な調査を実施。研究成果はこのほど、国際学術誌「Palaeoworld」のオンライン版に掲載された。(昆明=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年5月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022052507881

  •  (1)生物大量絶滅期の古生物の「避難所」発見雲南省鎮雄県
    2022年05月25日
    (1)生物大量絶滅期の古生物の「避難所」発見雲南省鎮雄県

    雲南省鎮雄県で発見された三葉虫動物相の化石。(資料写真)中国の科学者らは、2年余りの研究を経て、雲南省鎮雄(ちんゆう)県で、オルドビス紀末期の生物大量絶滅前の三葉虫動物相を初めて発見した。華南プレート西縁の海洋生物相の解明につながる重要な手がかりとなり、地域環境の悪化時に古生物らが避難した場所が存在したことを裏付けるものとなった。北京大学や中国科学院南京地質古生物研究所、中国地質調査局西安地質調査センターの研究者らは、2020年から鎮雄県で三葉虫動物相についての詳細な調査を実施。研究成果はこのほど、国際学術誌「Palaeoworld」のオンライン版に掲載された。(昆明=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年5月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022052507879

  •  (3)生物大量絶滅期の古生物の「避難所」発見雲南省鎮雄県
    2022年05月25日
    (3)生物大量絶滅期の古生物の「避難所」発見雲南省鎮雄県

    雲南省鎮雄県で発見された三葉虫動物相の化石。(資料写真)中国の科学者らは、2年余りの研究を経て、雲南省鎮雄(ちんゆう)県で、オルドビス紀末期の生物大量絶滅前の三葉虫動物相を初めて発見した。華南プレート西縁の海洋生物相の解明につながる重要な手がかりとなり、地域環境の悪化時に古生物らが避難した場所が存在したことを裏付けるものとなった。北京大学や中国科学院南京地質古生物研究所、中国地質調査局西安地質調査センターの研究者らは、2020年から鎮雄県で三葉虫動物相についての詳細な調査を実施。研究成果はこのほど、国際学術誌「Palaeoworld」のオンライン版に掲載された。(昆明=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年5月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022052507877

  •  「新華社」生物大量絶滅期の古生物の「避難所」発見雲南省鎮雄県
    00:58.92
    2022年05月25日
    「新華社」生物大量絶滅期の古生物の「避難所」発見雲南省鎮雄県

    中国の科学者らは、2年余りの研究を経て、雲南省鎮雄(ちんゆう)県で、オルドビス紀末期の生物大量絶滅前の三葉虫動物相を初めて発見した。華南プレート西縁の海洋生物相の解明につながる重要な手がかりとなり、地域環境の悪化時に古生物らが避難した場所が存在したことを裏付けるものとなった。北京大学や中国科学院南京地質古生物研究所、中国地質調査局西安地質調査センターの研究者らは、2020年から鎮雄県で三葉虫動物相についての詳細な調査を実施。研究成果はこのほど、国際学術誌「Palaeoworld」のオンライン版に掲載された。論文筆頭著者である北京大学地球・空間科学学院の魏鑫(ぎ・きん)博士研究員は、これまで知られている地球史では計5回の大量絶滅イベントが発生したが、4億4300万年前に発生したオルドビス紀後期の生物大量絶滅はその最初に当たり、前後における生物と環境の相乗的進化関係の研究が注目を集めていると説明した。魏氏は「今回、鎮雄地区で見つかった三葉虫動物相は、オルドビス紀末期の生物大量絶滅よりやや前のもので、9科15属17種が含まれ、新種も4種含まれている」と紹介。同地区は地層の露出が良好で、化石が豊富で交通も便利なため、研究にとって理想的な地域だと述べた。研究者らは今回、層ごとのサンプリングと系統的古生物学・堆積学的研究により、大量絶滅前の鎮雄地域における三葉虫動物相を明らかにし、新たな三葉虫群を確立。同時期の華南地域における三葉虫動物相の生態的研究の基礎を築いた。魏氏はまた、三葉虫(種)の時空分布から、華南地域のオルドビス紀末期の生物大量絶滅前には生物の移動が起きていたと解説。華南プレートの海洋環境が地殻変動により徐々に悪化し、大部分で無酸素状態の半閉鎖性海盆が形成され、それにより多数の三葉虫が死滅し、少数の三葉虫が鎮雄地域のような比較的浅く酸素の豊富な環境、つまり「避難所」に移動する現象が起こったとの見解を示した。(記者/林碧鋒) =配信日: 2022(令和4)年5月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022052507882

  •  「新華社」世界地質遺産100選、中国から7遺産が入選
    00:41.28
    2022年10月29日
    「新華社」世界地質遺産100選、中国から7遺産が入選

    国際地質科学連合(IUGS)がこのほど発表した「世界地質遺産100選」に、中国から七つの遺産が選ばれた。七つの遺産は次の通り。①長興煤山のペルム紀~トリアス紀大量絶滅と「金の釘(ゴールデンスパイク、GSSP)」断面②バダインジャラン砂漠のビルト巨大砂丘と湖沼③香港の白亜紀前期の酸性火成岩柱状節理④澄江のカンブリア紀化石産地と化石鉱脈⑤石林のカルスト⑥西蔵(シーザン)南部のロンブク谷のすべり構造系⑦チョモランマ山のオルドビス紀岩石(中国・ネパール共同申請)今回選出された中国の地質遺産は、岩石学や構造地質学、層序・古生物学、湖沼学、地形学などを広く網羅している。うち、長興煤山のペルム紀~トリアス紀大量絶滅と「金の釘」断面は、地球史における世界三大断面の一つ、地球史上最大規模の大量絶滅と環境変化に関する境界層型であり、アジアの地質進化を研究する上で重要な意義を持つ。(記者/段菁菁、殷暁聖、宋立峰、呉夢) =配信日: 2022(令和4)年10月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022102903179

  •  CHINA-JIANGSU-NANJING-SEA SCORPION FOSSILS (CN)
    2023年05月16日
    CHINA-JIANGSU-NANJING-SEA SCORPION FOSSILS (CN)

    (230516) -- NANJING, May 16, 2023 (Xinhua) -- This picture provided by the Nanjing Institute of Geology and Palaeontology of the Chinese Academy of Sciences shows the restored image of a sea scorpion based on some 450-million-year-old fossils. Researchers from China and the United Kingdom have discovered fossils of a previously unknown eurypterid, more commonly referred to as a sea scorpion, dating back 450 million years to the Ordovician period in east China‘s Zhejiang Province, the earliest recorded in the country. A joint working group led by the Nanjing Institute of Geology and Palaeontology reported the rare eurypterid from Wenchang Formation of Anji County.TO GO WITH “Cute but fierce! 450-mln-yr-old sea scorpion fossils found in China“ (Xinhua)= 配信日: 2023(令和5)年5月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023051610074

  • 1