KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 記者
  • ドイツ
  • 令和
  • 新型コロナウイルス
  • 新型肺炎
  • 商品
  • 種類
  • 経営
  • 購入
  • 電子商取引

「オンラインショップ」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
195
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
195
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2001年08月06日
    ペドロ・リオセコ社長 初のオンラインショップ

    キューバ初のオンラインショッピングのウェブサイトを説明するヘネシスのペドロ・リオセコ社長(共同)

    商品コード: 2001080600125

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2013年05月18日
    一番摘みのノリ

    宮城県石巻市の漁師3人がオンラインショップで販売中の「天まで届くおやつ海苔」

    商品コード: 2013051800300

  • 01:40.30
    2017年05月01日
    日本素材でオリジナル商品 東京五輪向け販売開始

    東京五輪・パラリンピック組織委員会は1日、日本らしい素材に五輪エンブレムをあしらったTシャツやトートバッグ、タオルなどオリジナルグッズの販売を始めた。商品のラインナップはTシャツのほか、石川・加賀の山中漆器や岐阜の美濃焼を使った食器、愛媛県今治市のタオルなど。公式オンラインショップや、関東近郊の三越伊勢丹ホールディングス(HD)の小型店「エムアイプラザ」の一部の店で買える。〈映像内容〉それぞれの商品の物撮り、東京2020ライセンシング事務局 の小掛慎太郎事務局長インタビューなど。

    商品コード: 2017090200674

  • 2018年05月22日
    小米、フランスに初の正規代理店欧州市場をさらに開拓へ

    22日、パリにオープンした小米の正規代理店の前で、並んで入店を待つ人々。中国のスマホ大手、小米(シャオミ)は22日、フランスのパリで記者会見を開き、フランス市場に参入すると発表した。同国初となるパリの正規代理店とオフィシャルオンラインショップも同日、開業した。(パリ=新華社記者/徐甜)=2018(平成30)年5月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018052400335

  • 2018年05月22日
    小米、フランスに初の正規代理店欧州市場をさらに開拓へ

    22日、パリにオープンした小米の正規代理店で商品を陳列するスタッフ。中国のスマホ大手、小米(シャオミ)は22日、フランスのパリで記者会見を開き、フランス市場に参入すると発表した。同国初となるパリの正規代理店とオフィシャルオンラインショップも同日、開業した。(パリ=新華社記者/徐甜)=2018(平成30)年5月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018052400355

  • 2018年05月22日
    小米、フランスに初の正規代理店欧州市場をさらに開拓へ

    22日、パリにオープンした小米の正規代理店で買い物をする人々。中国のスマホ大手、小米(シャオミ)は22日、フランスのパリで記者会見を開き、フランス市場に参入すると発表した。同国初となるパリの正規代理店とオフィシャルオンラインショップも同日、開業した。(パリ=新華社記者/徐甜)=2018(平成30)年5月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018052400369

  • 2019年02月06日
    中国ゆかりのビール工場を訪ねてベルギー

    6日、ベルギー・フランデレン地域コルトレイクのDeFeniks醸造所で、棚に並ぶさまざまな種類のクラフトビール。ビールはベルギーの国民的な飲み物で、ベルギー産のクラフトビールは世界的に名高い。同国フランデレン地域コルトレイクにあるDeFeniks社は中国にゆかりのある醸造所で、中国湖南省出身の女性、王敏(おう・びん)さんが経営している。王さんは2016年、ベルギー人の夫KurtDecoeneさんと醸造所を開設した。自家製ビールの醸造から始め、王さん夫婦は自らのビールブランドを立ち上げ、さまざまな種類や味のクラフトビールを開発した。中国の対外開放や「一帯一路」構想が進展するにつれ、ベルギービールを知り、愛する中国人がますます増えている。王さん夫婦は2019年の春節(旧正月)前に中国で展開している自分たちのオンラインショップをグレードアップさせ、中国輸出用の製品の割合を増やしている。(ブリュッセル=新華社記者/鄭煥松)=2019(平成31)年2月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019021310147

  • 2019年02月06日
    中国ゆかりのビール工場を訪ねてベルギー

    6日、ベルギー・フランデレン地域コルトレイクのDeFeniks醸造所で、ビールの箱詰め作業をする作業員。ビールはベルギーの国民的な飲み物で、ベルギー産のクラフトビールは世界的に名高い。同国フランデレン地域コルトレイクにあるDeFeniks社は中国にゆかりのある醸造所で、中国湖南省出身の女性、王敏(おう・びん)さんが経営している。王さんは2016年、ベルギー人の夫KurtDecoeneさんと醸造所を開設した。自家製ビールの醸造から始め、王さん夫婦は自らのビールブランドを立ち上げ、さまざまな種類や味のクラフトビールを開発した。中国の対外開放や「一帯一路」構想が進展するにつれ、ベルギービールを知り、愛する中国人がますます増えている。王さん夫婦は2019年の春節(旧正月)前に中国で展開している自分たちのオンラインショップをグレードアップさせ、中国輸出用の製品の割合を増やしている。(ブリュッセル=新華社記者/鄭煥松)=2019(平成31)年2月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019021310119

  • 2019年02月06日
    中国ゆかりのビール工場を訪ねてベルギー

    6日、ベルギー・フランデレン地域コルトレイクのDeFeniks醸造所で、ビールの箱詰め作業をする作業員。ビールはベルギーの国民的な飲み物で、ベルギー産のクラフトビールは世界的に名高い。同国フランデレン地域コルトレイクにあるDeFeniks社は中国にゆかりのある醸造所で、中国湖南省出身の女性、王敏(おう・びん)さんが経営している。王さんは2016年、ベルギー人の夫KurtDecoeneさんと醸造所を開設した。自家製ビールの醸造から始め、王さん夫婦は自らのビールブランドを立ち上げ、さまざまな種類や味のクラフトビールを開発した。中国の対外開放や「一帯一路」構想が進展するにつれ、ベルギービールを知り、愛する中国人がますます増えている。王さん夫婦は2019年の春節(旧正月)前に中国で展開している自分たちのオンラインショップをグレードアップさせ、中国輸出用の製品の割合を増やしている。(ブリュッセル=新華社記者/鄭煥松)=2019(平成31)年2月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019021310112

  • 2019年02月06日
    中国ゆかりのビール工場を訪ねてベルギー

    6日、ベルギー・フランデレン地域コルトレイクのDeFeniks醸造所で、ビールの箱詰め作業をする作業員。ビールはベルギーの国民的な飲み物で、ベルギー産のクラフトビールは世界的に名高い。同国フランデレン地域コルトレイクにあるDeFeniks社は中国にゆかりのある醸造所で、中国湖南省出身の女性、王敏(おう・びん)さんが経営している。王さんは2016年、ベルギー人の夫KurtDecoeneさんと醸造所を開設した。自家製ビールの醸造から始め、王さん夫婦は自らのビールブランドを立ち上げ、さまざまな種類や味のクラフトビールを開発した。中国の対外開放や「一帯一路」構想が進展するにつれ、ベルギービールを知り、愛する中国人がますます増えている。王さん夫婦は2019年の春節(旧正月)前に中国で展開している自分たちのオンラインショップをグレードアップさせ、中国輸出用の製品の割合を増やしている。(ブリュッセル=新華社記者/鄭煥松)=2019(平成31)年2月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019021310138

  • 2019年02月06日
    中国ゆかりのビール工場を訪ねてベルギー

    6日、ベルギー・フランデレン地域コルトレイクのDeFeniks醸造所で、同工場で作られたビールをグラスに注ぐ王敏さん。ビールはベルギーの国民的な飲み物で、ベルギー産のクラフトビールは世界的に名高い。同国フランデレン地域コルトレイクにあるDeFeniks社は中国にゆかりのある醸造所で、中国湖南省出身の女性、王敏(おう・びん)さんが経営している。王さんは2016年、ベルギー人の夫KurtDecoeneさんと醸造所を開設した。自家製ビールの醸造から始め、王さん夫婦は自らのビールブランドを立ち上げ、さまざまな種類や味のクラフトビールを開発した。中国の対外開放や「一帯一路」構想が進展するにつれ、ベルギービールを知り、愛する中国人がますます増えている。王さん夫婦は2019年の春節(旧正月)前に中国で展開している自分たちのオンラインショップをグレードアップさせ、中国輸出用の製品の割合を増やしている。(ブリュッセル=新華社記者/鄭煥松)=2019(平成31)年2月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019021310126

  • 2019年02月06日
    中国ゆかりのビール工場を訪ねてベルギー

    6日、ベルギー・フランデレン地域コルトレイクのDeFeniks醸造所で、同工場設立当時の設備と記念撮影をする王敏さん(右)と夫のKurtDecoeneさん。ビールはベルギーの国民的な飲み物で、ベルギー産のクラフトビールは世界的に名高い。同国フランデレン地域コルトレイクにあるDeFeniks社は中国にゆかりのある醸造所で、中国湖南省出身の女性、王敏(おう・びん)さんが経営している。王さんは2016年、ベルギー人の夫KurtDecoeneさんと醸造所を開設した。自家製ビールの醸造から始め、王さん夫婦は自らのビールブランドを立ち上げ、さまざまな種類や味のクラフトビールを開発した。中国の対外開放や「一帯一路」構想が進展するにつれ、ベルギービールを知り、愛する中国人がますます増えている。王さん夫婦は2019年の春節(旧正月)前に中国で展開している自分たちのオンラインショップをグレードアップさせ、中国輸出用の製品の割合を増やしている。(ブリュッセル=新華社記者/鄭煥松)=2019(平成31)年2月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019021310117

  • 2019年02月06日
    中国ゆかりのビール工場を訪ねてベルギー

    6日、ベルギー・フランデレン地域コルトレイクのDeFeniks醸造所で、ビールの瓶詰め工程を確認する同社幹部のGinoVantieghemさん。ビールはベルギーの国民的な飲み物で、ベルギー産のクラフトビールは世界的に名高い。同国フランデレン地域コルトレイクにあるDeFeniks社は中国にゆかりのある醸造所で、中国湖南省出身の女性、王敏(おう・びん)さんが経営している。王さんは2016年、ベルギー人の夫KurtDecoeneさんと醸造所を開設した。自家製ビールの醸造から始め、王さん夫婦は自らのビールブランドを立ち上げ、さまざまな種類や味のクラフトビールを開発した。中国の対外開放や「一帯一路」構想が進展するにつれ、ベルギービールを知り、愛する中国人がますます増えている。王さん夫婦は2019年の春節(旧正月)前に中国で展開している自分たちのオンラインショップをグレードアップさせ、中国輸出用の製品の割合を増やしている。(ブリュッセル=新華社記者/鄭煥松)=2019(平成31)年2月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019021310099

  • 2019年02月06日
    中国ゆかりのビール工場を訪ねてベルギー

    6日、ベルギー・フランデレン地域コルトレイクのDeFeniks醸造所で働く作業員。ビールはベルギーの国民的な飲み物で、ベルギー産のクラフトビールは世界的に名高い。同国フランデレン地域コルトレイクにあるDeFeniks社は中国にゆかりのある醸造所で、中国湖南省出身の女性、王敏(おう・びん)さんが経営している。王さんは2016年、ベルギー人の夫KurtDecoeneさんと醸造所を開設した。自家製ビールの醸造から始め、王さん夫婦は自らのビールブランドを立ち上げ、さまざまな種類や味のクラフトビールを開発した。中国の対外開放や「一帯一路」構想が進展するにつれ、ベルギービールを知り、愛する中国人がますます増えている。王さん夫婦は2019年の春節(旧正月)前に中国で展開している自分たちのオンラインショップをグレードアップさせ、中国輸出用の製品の割合を増やしている。(ブリュッセル=新華社記者/鄭煥松)=2019(平成31)年2月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019021310101

  • 2019年02月06日
    中国ゆかりのビール工場を訪ねてベルギー

    6日、ベルギー・フランデレン地域コルトレイクのDeFeniks醸造所で、ビールの箱詰め作業をする作業員。ビールはベルギーの国民的な飲み物で、ベルギー産のクラフトビールは世界的に名高い。同国フランデレン地域コルトレイクにあるDeFeniks社は中国にゆかりのある醸造所で、中国湖南省出身の女性、王敏(おう・びん)さんが経営している。王さんは2016年、ベルギー人の夫KurtDecoeneさんと醸造所を開設した。自家製ビールの醸造から始め、王さん夫婦は自らのビールブランドを立ち上げ、さまざまな種類や味のクラフトビールを開発した。中国の対外開放や「一帯一路」構想が進展するにつれ、ベルギービールを知り、愛する中国人がますます増えている。王さん夫婦は2019年の春節(旧正月)前に中国で展開している自分たちのオンラインショップをグレードアップさせ、中国輸出用の製品の割合を増やしている。(ブリュッセル=新華社記者/鄭煥松)=2019(平成31)年2月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019021310124

  • 2019年02月06日
    中国ゆかりのビール工場を訪ねてベルギー

    6日、ベルギー・フランデレン地域コルトレイクのDeFeniks醸造所で、ビールの箱詰め作業をする作業員。ビールはベルギーの国民的な飲み物で、ベルギー産のクラフトビールは世界的に名高い。同国フランデレン地域コルトレイクにあるDeFeniks社は中国にゆかりのある醸造所で、中国湖南省出身の女性、王敏(おう・びん)さんが経営している。王さんは2016年、ベルギー人の夫KurtDecoeneさんと醸造所を開設した。自家製ビールの醸造から始め、王さん夫婦は自らのビールブランドを立ち上げ、さまざまな種類や味のクラフトビールを開発した。中国の対外開放や「一帯一路」構想が進展するにつれ、ベルギービールを知り、愛する中国人がますます増えている。王さん夫婦は2019年の春節(旧正月)前に中国で展開している自分たちのオンラインショップをグレードアップさせ、中国輸出用の製品の割合を増やしている。(ブリュッセル=新華社記者/鄭煥松)=2019(平成31)年2月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019021310142

  • 2019年02月06日
    中国ゆかりのビール工場を訪ねてベルギー

    6日、ベルギー・フランデレン地域コルトレイクのDeFeniks醸造所で、同工場で作られたビールをグラスに注ぐ王敏さん。ビールはベルギーの国民的な飲み物で、ベルギー産のクラフトビールは世界的に名高い。同国フランデレン地域コルトレイクにあるDeFeniks社は中国にゆかりのある醸造所で、中国湖南省出身の女性、王敏(おう・びん)さんが経営している。王さんは2016年、ベルギー人の夫KurtDecoeneさんと醸造所を開設した。自家製ビールの醸造から始め、王さん夫婦は自らのビールブランドを立ち上げ、さまざまな種類や味のクラフトビールを開発した。中国の対外開放や「一帯一路」構想が進展するにつれ、ベルギービールを知り、愛する中国人がますます増えている。王さん夫婦は2019年の春節(旧正月)前に中国で展開している自分たちのオンラインショップをグレードアップさせ、中国輸出用の製品の割合を増やしている。(ブリュッセル=新華社記者/鄭煥松)=2019(平成31)年2月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019021310113

  • 02:18.83
    2019年04月03日
    「新華社」「三月三」をタニシの宴で祝う広西チワン族自治区

    中国の伝統的祝日の上巳(じょうし)節である「三月三」を間近に控え、特に盛大に祝うことで知られる中国広西チワン族自治区柳州(りゅうしゅう)市で3日、チワン族の群舞、トン族の大歌などの民族歌舞と共に、螺螄粉(タニシのビーフン)、タニシ料理、タニシのつまみなどのご当地グルメをメインとした盛大な宴が始まった。タニシの盛宴で、長さ1千メートル近くのテーブルに2千人以上が座り、螺螄粉など、名物のタニシ料理を味わった。宴席は、複数のテーブルを一列に並べてつなぎ合わせたもので、真っ白なテーブルクロスの上いっぱいにタニシとアヒルの足の煮込み料理、螺螄粉、螺螄粉月餅などが並んでいる。長テーブルの宴席は「百家宴」とも呼ばれ、現地のトン族が人をもてなす際の厳かで最高の儀礼だ。柳州の螺螄粉は、同自治区の地元名物の有名なB級グルメで、最近、産業化や規格化の推進と物流業の台頭や急速な発展によって、その名が広く知れ渡った。公式データによると、2018年の柳州螺螄粉の生産額は、40億元(1元=約17円)超。生産企業は58社、製品は米国やドイツなどにも大量に輸出されており、オンラインショップは1万2千店以上で、1日平均100万袋以上を販売している。(記者/張浩、朱麗莉、郝亜堃)<映像内容>伝統的祝日「三月三」を控え踊りやタニシ料理などでお祝いする様子、撮影日:2019(平成31)年4月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019040900659

  • 2019年04月23日
    Apps from amazon and ebay

    23 April 2019, Berlin: ILLUSTRATION - The logos of the apps of the online shop Amazon and the online marketplace ebay can be seen on the display of a smartphone. Photo: Monika Skolimowska/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019042603781

  • 2019年04月23日
    amazon app

    23 April 2019, Berlin: ILLUSTRATION - The logo of the app of the online shop Amazon can be seen on the display of a smartphone. Photo: Monika Skolimowska/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019042603876

  • 2019年05月16日
    Christian Online Sex Shop

    16 May 2019, North Rhine-Westphalia, Bielefeld: A pair vibrator is shown by one of the company founders. It is one of the articles which is available in the Sexshop “Schöner Lieben“. “Love more beautifully“ is, according to the founders, the first erotic online shop in Germany with Christian values. He renounces nudity and pornography. Photo: Friso Gentsch/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019061702778

  • 2019年05月16日
    Christian Online Sex Shop

    16 May 2019, North Rhine-Westphalia, Bielefeld: A pair vibrator is shown by one of the company founders. It is one of the articles which is available in the Sexshop “Schöner Lieben“. “Love more beautifully“ is, according to the founders, the first erotic online shop in Germany with Christian values. He renounces nudity and pornography. Photo: Friso Gentsch/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019061702632

  • 2019年05月16日
    Christian Online Sex Shop

    16 May 2019, North Rhine-Westphalia, Bielefeld: The founders of the sex shop “Schöner Lieben“ sit in their office at computer screens showing an article from their online shop. “Love more beautifully“ is, according to the founders, the first erotic online shop in Germany with Christian values. He renounces nudity and pornography. Photo: Friso Gentsch/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019061702603

  • 2019年05月16日
    Christian Online Sex Shop

    16 May 2019, North Rhine-Westphalia, Bielefeld: A pair vibrator is shown by two of the company founders. It is one of the articles which is available in the Sexshop “Schöner Lieben“. “Love more beautifully“ is, according to the founders, the first erotic online shop in Germany with Christian values. He renounces nudity and pornography. Photo: Friso Gentsch/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019061702549

  • 2019年05月16日
    Christian Online Sex Shop

    16 May 2019, North Rhine-Westphalia, Bielefeld: Timon Rahn (l-r) and Gerhard Peters, founders of the sex shop “Schöner Lieben“, sit in their office at computer screens showing an article from their online shop. “Love more beautifully“ is, according to the founders, the first erotic online shop in Germany with Christian values. He renounces nudity and pornography. Photo: Friso Gentsch/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019061702795

  • 2019年05月16日
    Christian Online Sex Shop

    16 May 2019, North Rhine-Westphalia, Bielefeld: A pair of vibrators is lying on a table. It is one of the articles which is available in the Sexshop “Schöner Lieben“. “Love more beautifully“ is, according to the founders, the first erotic online shop in Germany with Christian values. He renounces nudity and pornography. Photo: Friso Gentsch/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019061702566

  • 2019年06月28日
    The blow to drug-related crime

    28 June 2019, Hessen, Wiesbaden: Secured ecstasy pills are lying on a table during a press conference at the Federal Criminal Police Office. After months of investigation, Germany‘s largest drug online shop was shut down. Eleven suspected responsible persons of the platform had been arrested in no small quantity because of the urgent suspicion of the gang‘s trade with narcotics. Photo: Silas Stein/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070205776

  • 2019年06月28日
    The blow to drug-related crime

    28 June 2019, Hessen, Wiesbaden: Seized cannabis is lying on a table during a press conference at the Federal Criminal Police Office. After months of investigation, Germany‘s largest drug online shop was shut down. Eleven suspected responsible persons of the platform had been arrested in no small quantity because of the urgent suspicion of the gang‘s trade with narcotics. Photo: Silas Stein/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070205782

  • 2019年06月28日
    The blow to drug-related crime

    28 June 2019, Hessen, Wiesbaden: Sabine Vogt, Head of the Department of Serious and Organised Crime at the Federal Criminal Police Office (BKA), speaks at a press conference at the Federal Criminal Police Office. After months of investigation, Germany‘s largest drug online shop was shut down. Eleven suspected responsible persons of the platform had been arrested in no small quantity because of the urgent suspicion of the gang‘s trade with narcotics. Photo: Silas Stein/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070205670

  • 2019年06月28日
    The blow to drug-related crime

    28 June 2019, Hessen, Wiesbaden: Sabine Vogt, Head of the Department of Serious and Organised Crime at the Federal Criminal Police Office (BKA), speaks at a press conference at the Federal Criminal Police Office. After months of investigation, Germany‘s largest drug online shop was shut down. Eleven suspected responsible persons of the platform had been arrested in no small quantity because of the urgent suspicion of the gang‘s trade with narcotics. Photo: Silas Stein/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070206148

  • 2019年06月28日
    The blow to drug-related crime

    28 June 2019, Hessen, Wiesbaden: Georg Ungefug, Press Spokesman of the Central Office for Combating Internet Crime of the Public Prosecutor‘s Office in Frankfurt am Main, speaks during a press conference at the Federal Criminal Police Office. After months of investigation, Germany‘s largest drug online shop was shut down. Eleven suspected responsible persons of the platform had been arrested in no small quantity because of the urgent suspicion of the gang‘s trade with narcotics. Photo: Silas Stein/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070205745

  • 2019年06月28日
    The blow to drug-related crime

    28 June 2019, Hessen, Wiesbaden: Secured ecstasy pills are lying on a table during a press conference at the Federal Criminal Police Office. After months of investigation, Germany‘s largest drug online shop was shut down. Eleven suspected responsible persons of the platform had been arrested in no small quantity because of the urgent suspicion of the gang‘s trade with narcotics. Photo: Silas Stein/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070205791

  • 2019年06月28日
    The blow to drug-related crime

    28 June 2019, Hessen, Wiesbaden: During a press conference at the Federal Criminal Police Office, cardboard sprinkled with LSD is lying on a table. After months of investigation, Germany‘s largest drug online shop was shut down. Eleven suspected responsible persons of the platform had been arrested in no small quantity because of the urgent suspicion of the gang‘s trade with narcotics. Photo: Silas Stein/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070205743

  • 2019年12月10日
    天猫、杭州アジア大会公式グッズのオンラインストアを開設

    10日、通販サイト「天猫」内に正式に開設された杭州アジア競技大会の公式旗艦店のイメージを表示したパネルの前で記念撮影する関係者。中国電子商取引(EC)大手のアリババグループは10日、同グループの通販サイト天猫(Tモール)内に2022年に杭州市で開催される第19回アジア競技大会の公式旗艦店を正式に開設したと発表した。世界初の同大会の公式ライセンス商品を扱うオンラインショップとなる。(杭州=新華社記者/殷暁聖)=2019(令和元)年12月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019121200856

  • 2019年12月10日
    天猫、杭州アジア大会公式グッズのオンラインストアを開設

    10日、通販サイト「天猫」内に開設された杭州アジア競技大会の公式旗艦店で発売中のAR(拡張現実)技術を搭載した記念切手セット。中国電子商取引(EC)大手のアリババグループは10日、同グループの通販サイト天猫(Tモール)内に2022年に杭州市で開催される第19回アジア競技大会(2022年杭州アジア競技大会)の公式旗艦店を正式に開設したと発表した。世界初の同大会の公式ライセンス商品を扱うオンラインショップとなる。(杭州=新華社記者/殷暁聖)=2019(令和元)年12月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019121200859

  • 2019年12月10日
    天猫、杭州アジア大会公式グッズのオンラインストアを開設

    10日、アリババ西渓園区に展示された大会の公式ライセンス商品。中国電子商取引(EC)大手のアリババグループは10日、同グループの通販サイト天猫(Tモール)内に2022年に杭州市で開催される第19回アジア競技大会の公式旗艦店を正式に開設したと発表した。世界初の同大会の公式ライセンス商品を扱うオンラインショップとなる。(杭州=新華社記者/殷暁聖)=2019(令和元)年12月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019121200872

  • 2019年12月17日
    MoBi 18.12.2019 - Ugly firs in Schleswig-Holstein

    17 December 2019, Schleswig-Holstein, Bredeneek: Frederik von Paepcke saws a fir tree that is too small. In his online shop, the Schleswig-Holstein native sells the bizarre specimens that grow together with the desirable specimens in the fields of the tree sellers. (to dpa: “Entrepreneur sells crooked fir trees for climate protection“) Photo: Frank Molter/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019121903936

  • 2019年12月17日
    Ugly firs in Schleswig-Holstein

    17 December 2019, Schleswig-Holstein, Bredeneek: Frederik von Paepcke sits in a field where firs that have become too small grow together with the desirable specimens. In his online shop, the Schleswig-Holsteiner sells his hidden beauties and saves them from the garbage. (to dpa: “Entrepreneur sells crooked fir trees for climate protection“) Photo: Frank Molter/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019121904031

  • 2019年12月17日
    Ugly firs from Schleswig-Holstein

    17 December 2019, Schleswig-Holstein, Bredeneek: Frederik von Paepcke sits in a field where firs that have become too small grow together with the desirable specimens. In his online shop, the Schleswig-Holsteiner sells his hidden beauties and saves them from the garbage. (to dpa: “Entrepreneur sells crooked fir trees for climate protection“) Photo: Frank Molter/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019121904739

  • 2019年12月17日
    Ugly firs from Schleswig-Holstein

    17 December 2019, Schleswig-Holstein, Bredeneek: Frederik von Paepcke stands in a field where firs that have become too small grow together with the desirable specimens. In his online shop, the Schleswig-Holsteiner sells his hidden beauties and saves them from the garbage. (to dpa: “Entrepreneur sells crooked fir trees for climate protection“) Photo: Frank Molter/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019121904900

  • 2019年12月17日
    Ugly firs in Schleswig-Holstein

    17 December 2019, Schleswig-Holstein, Bredeneek: Frederik von Paepcke stands in a field where firs that have become too small grow together with the desirable specimens. In his online shop, the Schleswig-Holsteiner sells his hidden beauties and saves them from the garbage. (to dpa: “Entrepreneur sells crooked fir trees for climate protection“) Photo: Frank Molter/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019121903872

  • 2019年12月17日
    Ugly firs in Schleswig-Holstein

    17 December 2019, Schleswig-Holstein, Bredeneek: Frederik von Paepcke stands in a field where firs that have become too small grow together with the desirable specimens. In his online shop, the Schleswig-Holsteiner sells his hidden beauties and saves them from the garbage. (to dpa: “Entrepreneur sells crooked fir trees for climate protection“) Photo: Frank Molter/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019121904055

  • 2019年12月17日
    Ugly firs from Schleswig-Holstein

    17 December 2019, Schleswig-Holstein, Bredeneek: Frederik von Paepcke stands in a field where firs that have become too small grow together with the desirable specimens. In his online shop, the Schleswig-Holsteiner sells his hidden beauties and saves them from the garbage. (to dpa: “Entrepreneur sells crooked fir trees for climate protection“) Photo: Frank Molter/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019121904884

  • 2019年12月17日
    Ugly firs from Schleswig-Holstein

    17 December 2019, Schleswig-Holstein, Bredeneek: Frederik von Paepcke saws a fir tree that is too small. In his online shop, the Schleswig-Holstein native sells the bizarre specimens that grow together with the desirable specimens in the fields of the tree sellers. (to dpa: “Entrepreneur sells crooked fir trees for climate protection“) Photo: Frank Molter/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019121904750

  • 2019年12月17日
    Ugly firs in Schleswig-Holstein

    17 December 2019, Schleswig-Holstein, Bredeneek: Frederik von Paepcke stands in a field where firs that have become too small grow together with the desirable specimens. In his online shop, the Schleswig-Holsteiner sells his hidden beauties and saves them from the garbage. (to dpa: “Entrepreneur sells crooked fir trees for climate protection“) Photo: Frank Molter/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019121903891

  • 2019年12月17日
    Ugly firs from Schleswig-Holstein

    17 December 2019, Schleswig-Holstein, Bredeneek: Frederik von Paepcke stands in a field where firs that have become too small grow together with the desirable specimens. In his online shop, the Schleswig-Holsteiner sells his hidden beauties and saves them from the garbage. (to dpa: “Entrepreneur sells crooked fir trees for climate protection“) Photo: Frank Molter/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019121904768

  • 2020年03月27日
    Coronavirus - Bochum

    27 March 2020, North Rhine-Westphalia, Bochum: A shoe retailer has hung the voucher code “Corona“ for a 10 percent discount for his online shop in his shop window. To contain the corona virus, NRW has banned all accumulations of three or more people in public. Photo: Bernd Thissen/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020033104488

  • 2020年03月30日
    ZALANDO E-COMMERCE

    Illustration picture shows a parcel of European e-commerce company Zalando, Monday 30 March 2020, in Brussels. BELGA PHOTO LAURIE DIEFFEMBACQ、クレジット:BELGA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020040602044

  • 2020年03月30日
    ZALANDO E-COMMERCE

    Illustration picture shows a parcel of European e-commerce company Zalando, Monday 30 March 2020, in Brussels. BELGA PHOTO LAURIE DIEFFEMBACQ、クレジット:BELGA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020040602050

  • 2020年04月08日
    テレワークなど感染症対策で、中国のインテリア消費に変化

    8日、イケア上海徐匯店のオンラインショップと連動したモデルルーム「ペットスペース」で商品を見る客。新型コロナウイルス感染症の影響を受けている中国上海市ではこのところ、見た目は地味だが腰や背中、頭を保護する機能を備えた黒いオフィスチェアが、意外な人気商品となっている。スウェーデンの家具販売大手イケア(IKEA)上海徐匯店のスタッフによると、今年第1四半期以来の売れ筋商品にはほかにオフィス用品、調理器具、家庭用観葉植物があるという。中国の大都市住民は今年1月から、感染症の予防・抑制のため不要な外出を控え、自宅で過ごす時間が増えている。同社は、営業を再開する企業が増えているものの、依然として多くの人が自宅で仕事や料理をし、休校中の子どもと時間を過ごすなど長時間家にいるため、さまざまな客観的要素が家具・インテリアの売り上げを押し上げていると分析している。(上海=新華社記者/劉穎)=2020(令和2)年4月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020041701918

  • 2020年04月27日
    Coronavirus - Berlin designers create mouthguards

    27 April 2020, Berlin: The designer Kilian Kerner wears a mouth and nose mask of his label KXXK, which he currently offers in his online shop. He donates five euros of every mouthguard sold to Berliner Tafel e.V., which had to set up a delivery service due to the closure of the distribution points during the corona epidemic. Photo: Jens Kalaene/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020050803605

  • 2020年04月27日
    EXCLUSIVE - Designer Kilian Kerner with face mask

    27 April 2020, Berlin: The designer Kilian Kerner wears a mouth and nose mask of his label KXXK, which he currently offers in his online shop. He donates five euros of every mouthguard sold to Berliner Tafel e.V., which had to set up a delivery service due to the closure of the distribution points during the corona epidemic. Photo: Jens Kalaene/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020050802626

  • 2020年04月27日
    EXCLUSIVE - Designer Kilian Kerner with face mask

    27 April 2020, Berlin: The designer Kilian Kerner wears a mouth and nose mask of his label KXXK, which he currently offers in his online shop. He donates five euros of every mouthguard sold to Berliner Tafel e.V., which had to set up a delivery service due to the closure of the distribution points during the corona epidemic. Photo: Jens Kalaene/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020050802652

  • 2020年04月27日
    EXCLUSIVE - Designer Kilian Kerner with face mask

    27 April 2020, Berlin: The designer Kilian Kerner wears a mouth and nose mask of his label KXXK, which he currently offers in his online shop. He donates five euros of every mouthguard sold to Berliner Tafel e.V., which had to set up a delivery service due to the closure of the distribution points during the corona epidemic. Photo: Jens Kalaene/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020050802396

  • 2020年04月27日
    EXCLUSIVE - Designer Kilian Kerner with face mask

    27 April 2020, Berlin: The designer Kilian Kerner wears a mouth and nose mask of his label KXXK, which he currently offers in his online shop. He donates five euros of every mouthguard sold to Berliner Tafel e.V., which had to set up a delivery service due to the closure of the distribution points during the corona epidemic. Photo: Jens Kalaene/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020050802719

  • 2020年04月27日
    Coronavirus - Berlin designers create mouthguards

    27 April 2020, Berlin: The designer Kilian Kerner wears a mouth and nose mask of his label KXXK, which he currently offers in his online shop. He donates five euros of every mouthguard sold to the Berliner Tafel e.V., which had to set up a delivery service due to the closure of the distribution points in the Corona pandemic. Photo: Jens Kalaene/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020050803514

  • 2020年04月27日
    Coronavirus - Berlin designers create mouthguards

    27 April 2020, Berlin: The designer Kilian Kerner wears a mouth and nose mask of his label KXXK, which he currently offers in his online shop. He donates five euros of every mouthguard sold to Berliner Tafel e.V., which had to set up a delivery service due to the closure of the distribution points during the corona epidemic. Photo: Jens Kalaene/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020050803606

  • 2020年04月27日
    EXCLUSIVE - Designer Kilian Kerner with face mask

    27 April 2020, Berlin: The designer Kilian Kerner wears a mouth and nose mask of his label KXXK, which he currently offers in his online shop. He donates five euros of every mouthguard sold to Berliner Tafel e.V., which had to set up a delivery service due to the closure of the distribution points during the corona epidemic. Photo: Jens Kalaene/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020050802723

  • 2020年04月27日
    EXCLUSIVE - Designer Kilian Kerner with face mask

    27 April 2020, Berlin: The designer Kilian Kerner wears a mouth and nose mask of his label KXXK, which he currently offers in his online shop. He donates five euros of every mouthguard sold to Berliner Tafel e.V., which had to set up a delivery service due to the closure of the distribution points during the corona epidemic. Photo: Jens Kalaene/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020050802484

  • 2020年04月27日
    EXCLUSIVE - Designer Kilian Kerner with face mask

    27 April 2020, Berlin: The designer Kilian Kerner wears a mouth and nose mask of his label KXXK, which he currently offers in his online shop. He donates five euros of every mouthguard sold to Berliner Tafel e.V., which had to set up a delivery service due to the closure of the distribution points during the corona epidemic. Photo: Jens Kalaene/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020050802734

  • 2020年04月27日
    EXCLUSIVE - Designer Kilian Kerner with face mask

    27 April 2020, Berlin: The designer Kilian Kerner wears a mouth and nose mask of his label KXXK, which he currently offers in his online shop. He donates five euros of every mouthguard sold to Berliner Tafel e.V., which had to set up a delivery service due to the closure of the distribution points during the corona epidemic. Photo: Jens Kalaene/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020050802283

  • 2020年04月28日
    EXCLUSIVE - Face masks from the Maisonnoee label

    28 April 2020, Berlin: The designer Sophie Oemus wears a mouth and nose mask from her label Maisonnoee. The masks are currently offered in different patterns in the online shop. In addition, a charity sweatshirt will be sold, 60 percent of the proceeds of which will be donated to associations, small businesses and needy individuals. Photo: Jens Kalaene/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020050901828

  • 2020年04月28日
    EXCLUSIVE - Face masks from the Maisonnoee label

    28 April 2020, Berlin: The designer Sophie Oemus holds a mouth and nose mask from her label Maisonnoee. The masks are currently offered in different patterns in the online shop. A charity sweatshirt is also being sold, 60 percent of the proceeds of which will be donated to associations, small businesses and needy individuals. Photo: Jens Kalaene/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020050901962

  • 2020年04月28日
    EXCLUSIVE - Face masks from the Maisonnoee label

    28 April 2020, Berlin: The designer Sophie Oemus wears a mouth and nose mask from her label Maisonnoee. The masks are currently offered in different patterns in the online shop. In addition, a charity sweatshirt will be sold, 60 percent of the proceeds of which will be donated to associations, small businesses and needy individuals. Photo: Jens Kalaene/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020050902163

  • 2020年04月28日
    Coronavirus - Berlin designers create mouthguards

    28 April 2020, Berlin: Designer Sophie Oemus selects fabrics for the mouth and nose masks of her label Maisonnoee in the fabric warehouse. The masks are currently offered in different patterns in the online shop. In addition, a charity sweatshirt will be sold, 60 percent of the proceeds of which will be donated to associations, small businesses and needy individuals. Photo: Jens Kalaene/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020050803712

  • 2020年04月28日
    Coronavirus - Berlin designers create mouthguards

    28 April 2020, Berlin: The designer Sophie Oemus holds a mouth and nose mask from her label Maisonnoee. The masks are currently offered in different patterns in the online shop. A charity sweatshirt is also being sold, 60 percent of the proceeds of which will be donated to associations, small businesses and individuals in need. Photo: Jens Kalaene/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020050803551

  • 2020年04月28日
    EXCLUSIVE - Face masks from the Maisonnoee label

    28 April 2020, Berlin: The designer Sophie Oemus wears a mouth and nose mask from her label Maisonnoee. The masks are currently offered in different patterns in the online shop. In addition, a charity sweatshirt will be sold, 60 percent of the proceeds of which will be donated to associations, small businesses and needy individuals. Photo: Jens Kalaene/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020050901985

  • 2020年04月28日
    EXCLUSIVE - designer Sophie Oemus

    28 April 2020, Berlin: The designer Sophie Oemus from the Maisonnoee label. Currently she offers mouth and nose masks in different patterns in her online shop. A charity sweatshirt is also being sold, 60 percent of the proceeds of which will be donated to associations, small businesses and needy individuals. Photo: Jens Kalaene/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020050901990

  • 2020年04月28日
    EXCLUSIVE - Face masks from the Maisonnoee label

    28 April 2020, Berlin: Mouth and nose masks from the Maisonnoee label are sewn in the fashion label‘s studio. The masks are currently offered in different patterns in the online shop. A charity sweatshirt is also being sold, 60 percent of the proceeds of which will be donated to associations, small businesses and needy individuals. Photo: Jens Kalaene/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020050902127

  • 2020年04月28日
    EXCLUSIVE - designer Sophie Oemus

    28 April 2020, Berlin: The designer Sophie Oemus from the Maisonnoee label. Currently she offers mouth and nose masks in different patterns in her online shop. A charity sweatshirt is also being sold, 60 percent of the proceeds of which will be donated to associations, small businesses and needy individuals. Photo: Jens Kalaene/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020050902149

  • 2020年04月28日
    EXCLUSIVE - Face masks from the Maisonnoee label

    28 April 2020, Berlin: The designer Sophie Oemus wears a mouth and nose mask from her label Maisonnoee. The masks are currently offered in different patterns in the online shop. In addition, a charity sweatshirt will be sold, 60 percent of the proceeds of which will be donated to associations, small businesses and needy individuals. Photo: Jens Kalaene/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020050901758

  • 2020年04月28日
    EXCLUSIVE - Face masks from the Maisonnoee label

    28 April 2020, Berlin: The designer Sophie Oemus wears a mouth and nose mask from her label Maisonnoee. The masks are currently offered in different patterns in the online shop. In addition, a charity sweatshirt will be sold, 60 percent of the proceeds of which will be donated to associations, small businesses and needy individuals. Photo: Jens Kalaene/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020050901816

  • 2020年04月28日
    EXCLUSIVE - Face masks from the Maisonnoee label

    28 April 2020, Berlin: Mouth and nose masks from the Maisonnoee label are sewn in the fashion label‘s studio. The masks are currently offered in different patterns in the online shop. A charity sweatshirt is also being sold, 60 percent of the proceeds of which will be donated to associations, small businesses and needy individuals. Photo: Jens Kalaene/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020050901871

  • 2020年04月28日
    EXCLUSIVE - Face masks from the Maisonnoee label

    28 April 2020, Berlin: A mouth and nose mask from the Maisonnoee label. The masks are currently offered in different patterns in the online shop. In addition, the charity sweatshirt is sold, 60 percent of the proceeds of which are donated to associations, small businesses and needy individuals. Photo: Jens Kalaene/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020050902018

  • 2020年04月28日
    EXCLUSIVE - Face masks from the Maisonnoee label

    28 April 2020, Berlin: A mouth and nose mask from the Maisonnoee label. The masks are currently offered in different patterns in the online shop. A charity sweatshirt is also being sold, 60 percent of which will be donated to associations, small businesses and individuals in need. Photo: Jens Kalaene/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020050902043

  • 2020年04月28日
    EXCLUSIVE - Face masks from the Maisonnoee label

    28 April 2020, Berlin: A mouth and nose mask from the Maisonnoee label. The masks are currently offered in different patterns in the online shop. In addition, the charity sweatshirt is sold, 60 percent of the proceeds of which are donated to associations, small businesses and needy individuals. Photo: Jens Kalaene/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020050902172

  • 2020年04月28日
    Coronavirus - Berlin designers create mouthguards

    28 April 2020, Berlin: Mouth and nose masks from the Maisonnoee label are sewn in the fashion label‘s studio in different patterns and are offered in the online shop. In addition, a charity sweatshirt is sold, 60 percent of the proceeds of which are donated to associations, small businesses and individuals in need. Photo: Jens Kalaene/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020050803597

  • 2020年04月28日
    EXCLUSIVE - Face masks from the Maisonnoee label

    28 April 2020, Berlin: Mouth and nose masks from the Maisonnoee label are sewn in the fashion label‘s studio. The masks are currently offered in different patterns in the online shop. A charity sweatshirt is also being sold, 60 percent of the proceeds of which will be donated to associations, small businesses and needy individuals. Photo: Jens Kalaene/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020050902092

  • 2020年04月28日
    EXCLUSIVE - Face masks from the Maisonnoee label

    28 April 2020, Berlin: The designer Sophie Oemus holds a mouth and nose mask from her label Maisonnoee. The masks are currently offered in different patterns in the online shop. A charity sweatshirt is also being sold, 60 percent of the proceeds of which will be donated to associations, small businesses and individuals in need. Photo: Jens Kalaene/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020050902124

  • 2020年04月28日
    EXCLUSIVE - Face masks from the Maisonnoee label

    28 April 2020, Berlin: Mouth and nose masks from the Maisonnoee label are sewn in the fashion label‘s studio. The masks are currently offered in different patterns in the online shop. A charity sweatshirt is also being sold, 60 percent of the proceeds of which will be donated to associations, small businesses and needy individuals. Photo: Jens Kalaene/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020050901788

  • 2020年04月28日
    EXCLUSIVE - designer Sophie Oemus

    28 April 2020, Berlin: The designer Sophie Oemus from the Maisonnoee label. Currently she offers mouth and nose masks in different patterns in her online shop. A charity sweatshirt is also being sold, 60 percent of the proceeds of which will be donated to associations, small businesses and needy individuals. Photo: Jens Kalaene/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020050901959

  • 2020年04月28日
    EXCLUSIVE - Face masks from the Maisonnoee label

    28 April 2020, Berlin: Designer Sophie Oemus selects fabrics for the mouth and nose masks of her label Maisonnoee imStofflager. The masks are currently offered in different patterns in the online shop. In addition, a charity sweatshirt will be sold, 60 percent of the proceeds of which will be donated to associations, small businesses and needy individuals. Photo: Jens Kalaene/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020050902158

  • 2020年05月04日
    HSV protective masks

    04 May 2020, Hamburg: An employee of Hamburger SV holds a mouth-and-nose protection mask in the colours of HSV in front of the Volkspark Stadium. Second division football club Hamburger SV has started sending 57,000 protective masks in the club colours. The blue, white and black mouth-nose protection was offered in the online shop in mid-April and sold out after a few days. Photo: Christian Charisius/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020050901761

  • 2020年05月04日
    HSV protective masks

    04 May 2020, Hamburg: Three mouth-nose protection masks in the colours of Hamburger SV are in a shipping box. Second division football club Hamburger SV has started shipping 57,000 protective masks in the club colours. The blue-white-black mouth-nose protectors were offered in the online shop in mid-April and sold out after a few days. Photo: Christian Charisius/dpa - IMPORTANT NOTE: In accordance with the regulations of the DFL Deutsche Fußball Liga and the DFB Deutscher Football-Bund, it is prohibited to exploit or have exploited in the stadium and/or from the game taken photographs in the form of sequence images and/or video-like photo series.、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020050901838

  • 2020年05月04日
    HSV protective masks

    04 May 2020, Hamburg: A mouth-nose protection mask in the colours of the Hamburger SV is lying on a stone football in the car park in front of the Volkspark Stadium. Second division football club Hamburger SV has started sending 57,000 protective masks in the club colours. The blue-white-black mouth-nose protection had been offered in the online shop in mid-April and sold out after a few days. Photo: Christian Charisius/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020050902045

  • 2020年05月06日
    Coronavirus - Karlsruhe

    06 May 2020, Baden-Wuerttemberg, Karlsruhe: People go to the Karlsruhe Zoo, which has reopened. The zoo was closed for almost eight weeks because of the corona crisis. The number of visitors is currently limited to 2000 people who are allowed to be in the zoo and Stadtgarten at the same time. Only holders of a season ticket have access after making a reservation in the online shop. Photo: Uli Deck/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020050803804

  • 2020年05月06日
    Coronavirus - Karlsruhe Zoo has opened again

    06 May 2020, Baden-Wuerttemberg, Karlsruhe: Visitors to the Karlsruhe Zoo, which has reopened, stand by an enclosure. The zoo was closed for almost eight weeks because of the corona crisis. The number of visitors is currently limited to 2000 people who are allowed to be in the zoo and Stadtgarten at the same time. Only holders of a season ticket have access after making a reservation in the online shop. Photo: Uli Deck/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020050803755

  • 2020年05月06日
    Coronavirus - Karlsruhe

    06 May 2020, Baden-Wuerttemberg, Karlsruhe: Visitors of the Karlsruhe Zoo, which has reopened, stand at the penguin enclosure. The zoo was closed for almost eight weeks because of the corona crisis. The number of visitors is currently limited to 2000 people who are allowed to be in the zoo and Stadtgarten at the same time. Only holders of a season ticket have access after making a reservation in the online shop. Photo: Uli Deck/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020050803752

  • 2020年05月06日
    Coronavirus - Karlsruhe Zoo has opened again

    06 May 2020, Baden-Wuerttemberg, Karlsruhe: People go to the Karlsruhe Zoo, which has reopened. The zoo was closed for almost eight weeks because of the corona crisis. The number of visitors is currently limited to 2000 people who are allowed to be in the zoo and Stadtgarten at the same time. Only holders of a season ticket have access after making a reservation in the online shop. Photo: Uli Deck/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020050803808

  • 2020年05月06日
    Coronavirus - Karlsruhe Zoo has opened again

    06 May 2020, Baden-Wuerttemberg, Karlsruhe: In the Karlsruhe Zoo, which has reopened, distance markings are placed on the floor in front of an enclosure. The zoo was closed for almost eight weeks because of the corona crisis. The number of visitors is currently limited to 2000 people who are allowed to be in the zoo and Stadtgarten at the same time. Only holders of a season ticket have access after making a reservation in the online shop. Photo: Uli Deck/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020050803941

  • 2020年05月06日
    Coronavirus - Karlsruhe Zoo has opened again

    06 May 2020, Baden-Wuerttemberg, Karlsruhe: Visitors to the Karlsruhe Zoo, which has reopened, stand at the sea lion enclosure. The zoo was closed for almost eight weeks because of the corona crisis. The number of visitors is currently limited to 2000 people who are allowed to be in the zoo and Stadtgarten at the same time. Only holders of a season ticket have access after making a reservation in the online shop. Photo: Uli Deck/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020050803669

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年05月14日
    大学生が故郷で起業江蘇省沭陽県

    14日、沭陽県章集街道大瀋荘村で、母親の趙紅霞(ちょう・こうか)さんから花木の手入れについて学ぶ趙紫瑄さん(右)。中国江蘇省宿遷市沭陽(じゅつよう)県は、中国の南と北気候帯の中間地点に位置することから、さまざまな種類の花木の生育に適している。同県の花木の栽培面積は60万ムー(4万ヘクタール)、育成品種は3千種以上あり、省内最大の花木生産県となっている。2019年の花木売上高は200億元(1元=約15円)に上った。同県は近年、起業家に対し優遇策を次々と打ち出しており、19年は故郷に戻って起業した若者が20万人に達した。1996年生まれの趙紫瑄(ちょう・しせん)さんは大学卒業後、都会での就職をやめ、故郷に戻ってオンラインショップ「彩鼎園鮮花」を立ち上げた。ネット販売と店舗での対面販売を組み合わせ、切り花や観葉植物、盆栽などを大規模に栽培している。趙さんはこれまで、中国の通販サイト「淘宝網(タオバオ)」やライブ配信の運営について全く知識がなかったが、空いた時間に専門知識を身に付け、ライブ配信中はできる限り詳しく商品を紹介した。数カ月後、趙さんのフォロワー数は増え、番組配信中に毎日何万人ものフォロワーから問い合わせや購入が続くようになった。趙さんの花木栽培基地は現在、面積が千ムー(約67ヘクタール)余りに達し、年間売上高は300万元を超え、周辺地域や県外から従業員50人余りを雇用するまでになった。同県新河鎮の楊婷婷(よう・ていてい)さんも現在、コウシンバラの栽培基地を経営している。楊さんは17年初め、20ムー(約1・3ヘクタール)余りの土地を借り、コウシンバラの栽培を始め、各種規格の苗を育てた。楊さんの栽培基地は今では60ムー(4ヘクタール)以上に広がり、栽培するバラの種類は200品種を超えた。苗の生産量は年間150万株以上、年間売上高は180万元以上になった。(南京=新華社記者/季春鵬)=2020(令和2)年5月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020052104648

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年05月14日
    大学生が故郷で起業江蘇省沭陽県

    14日、沭陽県章集街道大瀋荘村に広がる花木栽培用のビニールハウス。(小型無人機から)中国江蘇省宿遷市沭陽(じゅつよう)県は、中国の南と北気候帯の中間地点に位置することから、さまざまな種類の花木の生育に適している。同県の花木の栽培面積は60万ムー(4万ヘクタール)、育成品種は3千種以上あり、省内最大の花木生産県となっている。2019年の花木売上高は200億元(1元=約15円)に上った。同県は近年、起業家に対し優遇策を次々と打ち出しており、19年は故郷に戻って起業した若者が20万人に達した。1996年生まれの趙紫瑄(ちょう・しせん)さんは大学卒業後、都会での就職をやめ、故郷に戻ってオンラインショップ「彩鼎園鮮花」を立ち上げた。ネット販売と店舗での対面販売を組み合わせ、切り花や観葉植物、盆栽などを大規模に栽培している。趙さんはこれまで、中国の通販サイト「淘宝網(タオバオ)」やライブ配信の運営について全く知識がなかったが、空いた時間に専門知識を身に付け、ライブ配信中はできる限り詳しく商品を紹介した。数カ月後、趙さんのフォロワー数は増え、番組配信中に毎日何万人ものフォロワーから問い合わせや購入が続くようになった。趙さんの花木栽培基地は現在、面積が千ムー(約67ヘクタール)余りに達し、年間売上高は300万元を超え、周辺地域や県外から従業員50人余りを雇用するまでになった。同県新河鎮の楊婷婷(よう・ていてい)さんも現在、コウシンバラの栽培基地を経営している。楊さんは17年初め、20ムー(約1・3ヘクタール)余りの土地を借り、コウシンバラの栽培を始め、各種規格の苗を育てた。楊さんの栽培基地は今では60ムー(4ヘクタール)以上に広がり、栽培するバラの種類は200品種を超えた。苗の生産量は年間150万株以上、年間売上高は180万元以上になった。(南京=新華社記者/韓瑜慶)=2020(令和2)年5月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020052104698

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年05月14日
    大学生が故郷で起業江蘇省沭陽県

    14日、沭陽県章集街道大瀋荘村で、淘宝のライブ配信でフォロワーに花木の手入れについて紹介する趙紫瑄さん。中国江蘇省宿遷市沭陽(じゅつよう)県は、中国の南と北気候帯の中間地点に位置することから、さまざまな種類の花木の生育に適している。同県の花木の栽培面積は60万ムー(4万ヘクタール)、育成品種は3千種以上あり、省内最大の花木生産県となっている。2019年の花木売上高は200億元(1元=約15円)に上った。同県は近年、起業家に対し優遇策を次々と打ち出しており、19年は故郷に戻って起業した若者が20万人に達した。1996年生まれの趙紫瑄(ちょう・しせん)さんは大学卒業後、都会での就職をやめ、故郷に戻ってオンラインショップ「彩鼎園鮮花」を立ち上げた。ネット販売と店舗での対面販売を組み合わせ、切り花や観葉植物、盆栽などを大規模に栽培している。趙さんはこれまで、中国の通販サイト「淘宝網(タオバオ)」やライブ配信の運営について全く知識がなかったが、空いた時間に専門知識を身に付け、ライブ配信中はできる限り詳しく商品を紹介した。数カ月後、趙さんのフォロワー数は増え、番組配信中に毎日何万人ものフォロワーから問い合わせや購入が続くようになった。趙さんの花木栽培基地は現在、面積が千ムー(約67ヘクタール)余りに達し、年間売上高は300万元を超え、周辺地域や県外から従業員50人余りを雇用するまでになった。同県新河鎮の楊婷婷(よう・ていてい)さんも現在、コウシンバラの栽培基地を経営している。楊さんは17年初め、20ムー(約1・3ヘクタール)余りの土地を借り、コウシンバラの栽培を始め、各種規格の苗を育てた。楊さんの栽培基地は今では60ムー(4ヘクタール)以上に広がり、栽培するバラの種類は200品種を超えた。苗の生産量は年間150万株以上、年間売上高は180万元以上になった。(南京=新華社記者/季春鵬)=2020(令和2)年5月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020052104693

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年05月15日
    大学生が故郷で起業江蘇省沭陽県

    15日、沭陽県新河鎮の栽培基地でコウシンバラの苗を運ぶ楊婷婷さん(左)と夫の陳武(ちん・ぶ)さん。中国江蘇省宿遷市沭陽(じゅつよう)県は、中国の南と北気候帯の中間地点に位置することから、さまざまな種類の花木の生育に適している。同県の花木の栽培面積は60万ムー(4万ヘクタール)、育成品種は3千種以上あり、省内最大の花木生産県となっている。2019年の花木売上高は200億元(1元=約15円)に上った。同県は近年、起業家に対し優遇策を次々と打ち出しており、19年は故郷に戻って起業した若者が20万人に達した。1996年生まれの趙紫瑄(ちょう・しせん)さんは大学卒業後、都会での就職をやめ、故郷に戻ってオンラインショップ「彩鼎園鮮花」を立ち上げた。ネット販売と店舗での対面販売を組み合わせ、切り花や観葉植物、盆栽などを大規模に栽培している。趙さんはこれまで、中国の通販サイト「淘宝網(タオバオ)」やライブ配信の運営について全く知識がなかったが、空いた時間に専門知識を身に付け、ライブ配信中はできる限り詳しく商品を紹介した。数カ月後、趙さんのフォロワー数は増え、番組配信中に毎日何万人ものフォロワーから問い合わせや購入が続くようになった。趙さんの花木栽培基地は現在、面積が千ムー(約67ヘクタール)余りに達し、年間売上高は300万元を超え、周辺地域や県外から従業員50人余りを雇用するまでになった。同県新河鎮の楊婷婷(よう・ていてい)さんも現在、コウシンバラの栽培基地を経営している。楊さんは17年初め、20ムー(約1・3ヘクタール)余りの土地を借り、コウシンバラの栽培を始め、各種規格の苗を育てた。楊さんの栽培基地は今では60ムー(4ヘクタール)以上に広がり、栽培するバラの種類は200品種を超えた。苗の生産量は年間150万株以上、年間売上高は180万元以上になった。(南京=新華社記者/季春鵬)=2020(令和2)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020052104650

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年05月15日
    大学生が故郷で起業江蘇省沭陽県

    15日、沭陽県新河鎮の栽培基地で顧客にコウシンバラの説明をする楊婷婷さん(左)。中国江蘇省宿遷市沭陽(じゅつよう)県は、中国の南と北気候帯の中間地点に位置することから、さまざまな種類の花木の生育に適している。同県の花木の栽培面積は60万ムー(4万ヘクタール)、育成品種は3千種以上あり、省内最大の花木生産県となっている。2019年の花木売上高は200億元(1元=約15円)に上った。同県は近年、起業家に対し優遇策を次々と打ち出しており、19年は故郷に戻って起業した若者が20万人に達した。1996年生まれの趙紫瑄(ちょう・しせん)さんは大学卒業後、都会での就職をやめ、故郷に戻ってオンラインショップ「彩鼎園鮮花」を立ち上げた。ネット販売と店舗での対面販売を組み合わせ、切り花や観葉植物、盆栽などを大規模に栽培している。趙さんはこれまで、中国の通販サイト「淘宝網(タオバオ)」やライブ配信の運営について全く知識がなかったが、空いた時間に専門知識を身に付け、ライブ配信中はできる限り詳しく商品を紹介した。数カ月後、趙さんのフォロワー数は増え、番組配信中に毎日何万人ものフォロワーから問い合わせや購入が続くようになった。趙さんの花木栽培基地は現在、面積が千ムー(約67ヘクタール)余りに達し、年間売上高は300万元を超え、周辺地域や県外から従業員50人余りを雇用するまでになった。同県新河鎮の楊婷婷(よう・ていてい)さんも現在、コウシンバラの栽培基地を経営している。楊さんは17年初め、20ムー(約1・3ヘクタール)余りの土地を借り、コウシンバラの栽培を始め、各種規格の苗を育てた。楊さんの栽培基地は今では60ムー(4ヘクタール)以上に広がり、栽培するバラの種類は200品種を超えた。苗の生産量は年間150万株以上、年間売上高は180万元以上になった。(南京=新華社記者/韓瑜慶)=2020(令和2)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020052104672

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年05月15日
    大学生が故郷で起業江蘇省沭陽県

    15日、沭陽県新河鎮周圏村の盆栽市場。(小型無人機から)中国江蘇省宿遷市沭陽(じゅつよう)県は、中国の南と北気候帯の中間地点に位置することから、さまざまな種類の花木の生育に適している。同県の花木の栽培面積は60万ムー(4万ヘクタール)、育成品種は3千種以上あり、省内最大の花木生産県となっている。2019年の花木売上高は200億元(1元=約15円)に上った。同県は近年、起業家に対し優遇策を次々と打ち出しており、19年は故郷に戻って起業した若者が20万人に達した。1996年生まれの趙紫瑄(ちょう・しせん)さんは大学卒業後、都会での就職をやめ、故郷に戻ってオンラインショップ「彩鼎園鮮花」を立ち上げた。ネット販売と店舗での対面販売を組み合わせ、切り花や観葉植物、盆栽などを大規模に栽培している。趙さんはこれまで、中国の通販サイト「淘宝網(タオバオ)」やライブ配信の運営について全く知識がなかったが、空いた時間に専門知識を身に付け、ライブ配信中はできる限り詳しく商品を紹介した。数カ月後、趙さんのフォロワー数は増え、番組配信中に毎日何万人ものフォロワーから問い合わせや購入が続くようになった。趙さんの花木栽培基地は現在、面積が千ムー(約67ヘクタール)余りに達し、年間売上高は300万元を超え、周辺地域や県外から従業員50人余りを雇用するまでになった。同県新河鎮の楊婷婷(よう・ていてい)さんも現在、コウシンバラの栽培基地を経営している。楊さんは17年初め、20ムー(約1・3ヘクタール)余りの土地を借り、コウシンバラの栽培を始め、各種規格の苗を育てた。楊さんの栽培基地は今では60ムー(4ヘクタール)以上に広がり、栽培するバラの種類は200品種を超えた。苗の生産量は年間150万株以上、年間売上高は180万元以上になった。(南京=新華社記者/李博)=2020(令和2)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020052104697

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年05月15日
    大学生が故郷で起業江蘇省沭陽県

    15日、沭陽県新河鎮の栽培基地でコウシンバラの苗の手入れをする楊婷婷さん。中国江蘇省宿遷市沭陽(じゅつよう)県は、中国の南と北気候帯の中間地点に位置することから、さまざまな種類の花木の生育に適している。同県の花木の栽培面積は60万ムー(4万ヘクタール)、育成品種は3千種以上あり、省内最大の花木生産県となっている。2019年の花木売上高は200億元(1元=約15円)に上った。同県は近年、起業家に対し優遇策を次々と打ち出しており、19年は故郷に戻って起業した若者が20万人に達した。1996年生まれの趙紫瑄(ちょう・しせん)さんは大学卒業後、都会での就職をやめ、故郷に戻ってオンラインショップ「彩鼎園鮮花」を立ち上げた。ネット販売と店舗での対面販売を組み合わせ、切り花や観葉植物、盆栽などを大規模に栽培している。趙さんはこれまで、中国の通販サイト「淘宝網(タオバオ)」やライブ配信の運営について全く知識がなかったが、空いた時間に専門知識を身に付け、ライブ配信中はできる限り詳しく商品を紹介した。数カ月後、趙さんのフォロワー数は増え、番組配信中に毎日何万人ものフォロワーから問い合わせや購入が続くようになった。趙さんの花木栽培基地は現在、面積が千ムー(約67ヘクタール)余りに達し、年間売上高は300万元を超え、周辺地域や県外から従業員50人余りを雇用するまでになった。同県新河鎮の楊婷婷(よう・ていてい)さんも現在、コウシンバラの栽培基地を経営している。楊さんは17年初め、20ムー(約1・3ヘクタール)余りの土地を借り、コウシンバラの栽培を始め、各種規格の苗を育てた。楊さんの栽培基地は今では60ムー(4ヘクタール)以上に広がり、栽培するバラの種類は200品種を超えた。苗の生産量は年間150万株以上、年間売上高は180万元以上になった。(南京=新華社記者/李博)=2020(令和2)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020052104704

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年05月15日
    大学生が故郷で起業江蘇省沭陽県

    15日、沭陽県新河鎮で育てたコウシンバラを見せる楊婷婷さん。中国江蘇省宿遷市沭陽(じゅつよう)県は、中国の南と北気候帯の中間地点に位置することから、さまざまな種類の花木の生育に適している。同県の花木の栽培面積は60万ムー(4万ヘクタール)、育成品種は3千種以上あり、省内最大の花木生産県となっている。2019年の花木売上高は200億元(1元=約15円)に上った。同県は近年、起業家に対し優遇策を次々と打ち出しており、19年は故郷に戻って起業した若者が20万人に達した。1996年生まれの趙紫瑄(ちょう・しせん)さんは大学卒業後、都会での就職をやめ、故郷に戻ってオンラインショップ「彩鼎園鮮花」を立ち上げた。ネット販売と店舗での対面販売を組み合わせ、切り花や観葉植物、盆栽などを大規模に栽培している。趙さんはこれまで、中国の通販サイト「淘宝網(タオバオ)」やライブ配信の運営について全く知識がなかったが、空いた時間に専門知識を身に付け、ライブ配信中はできる限り詳しく商品を紹介した。数カ月後、趙さんのフォロワー数は増え、番組配信中に毎日何万人ものフォロワーから問い合わせや購入が続くようになった。趙さんの花木栽培基地は現在、面積が千ムー(約67ヘクタール)余りに達し、年間売上高は300万元を超え、周辺地域や県外から従業員50人余りを雇用するまでになった。同県新河鎮の楊婷婷(よう・ていてい)さんも現在、コウシンバラの栽培基地を経営している。楊さんは17年初め、20ムー(約1・3ヘクタール)余りの土地を借り、コウシンバラの栽培を始め、各種規格の苗を育てた。楊さんの栽培基地は今では60ムー(4ヘクタール)以上に広がり、栽培するバラの種類は200品種を超えた。苗の生産量は年間150万株以上、年間売上高は180万元以上になった。(南京=新華社記者/李博)=2020(令和2)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020052104757

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年05月15日
    大学生が故郷で起業江蘇省沭陽県

    15日、沭陽県新河鎮の栽培基地でコウシンバラの苗を手入れする楊婷婷さん。(小型無人機から)中国江蘇省宿遷市沭陽(じゅつよう)県は、中国の南と北気候帯の中間地点に位置することから、さまざまな種類の花木の生育に適している。同県の花木の栽培面積は60万ムー(4万ヘクタール)、育成品種は3千種以上あり、省内最大の花木生産県となっている。2019年の花木売上高は200億元(1元=約15円)に上った。同県は近年、起業家に対し優遇策を次々と打ち出しており、19年は故郷に戻って起業した若者が20万人に達した。1996年生まれの趙紫瑄(ちょう・しせん)さんは大学卒業後、都会での就職をやめ、故郷に戻ってオンラインショップ「彩鼎園鮮花」を立ち上げた。ネット販売と店舗での対面販売を組み合わせ、切り花や観葉植物、盆栽などを大規模に栽培している。趙さんはこれまで、中国の通販サイト「淘宝網(タオバオ)」やライブ配信の運営について全く知識がなかったが、空いた時間に専門知識を身に付け、ライブ配信中はできる限り詳しく商品を紹介した。数カ月後、趙さんのフォロワー数は増え、番組配信中に毎日何万人ものフォロワーから問い合わせや購入が続くようになった。趙さんの花木栽培基地は現在、面積が千ムー(約67ヘクタール)余りに達し、年間売上高は300万元を超え、周辺地域や県外から従業員50人余りを雇用するまでになった。同県新河鎮の楊婷婷(よう・ていてい)さんも現在、コウシンバラの栽培基地を経営している。楊さんは17年初め、20ムー(約1・3ヘクタール)余りの土地を借り、コウシンバラの栽培を始め、各種規格の苗を育てた。楊さんの栽培基地は今では60ムー(4ヘクタール)以上に広がり、栽培するバラの種類は200品種を超えた。苗の生産量は年間150万株以上、年間売上高は180万元以上になった。(南京=新華社記者/李博)=2020(令和2)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020052104643

  • 1
  • 2