KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • アリペイ
  • 決済サービス
  • テクノロジー
  • 携帯電話
  • チェーン
  • バーコード
  • モバイル
  • ユーザー
  • 新型顔認証
  • 本人確認

「オンライン決済」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 映像
  • 向き
  • カテゴリ
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
7
( 1 7 件を表示)
  • 1
7
( 1 7 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 00:23.40
    2021年01月13日
    「新華社」中国、新年3連休中のオンライン支払額が史上最高額に

    中国のオンライン決済機関、網聯清算(NUCC)とカード決済大手の中国銀聯(UnionPay)はこのほど、今月1~3日の連休中に両社を通じて行われたオンライン決済の総額が、3兆8900億元(1元=約16円)に達し、過去最高を記録したことを明らかにした。両決済機関の報告によると、3日間の取引の中で最も大きな割合を占めていたのは、日用品、ホテルなどの宿泊施設、出前のオンライン支払いだった。網聯がこの3日間で処理したオンライン決済取引は43億6千万件、前年比で28・4%増加した。銀聯のデータによると、旅行関連の消費が1年前から着実に増加しているという。商務部によると、中国の消費者市場は新年の3連休の間も好調で、主要小売企業の1日の平均売上高は前年比で6・2%増加した。 =配信日: 2021(令和3)年1月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:34.77
    2020年05月06日
    「新華社」中国のオンライン決済利用者、今年3月時点で7億6800万人に

    中国のオンライン決済利用者数が、今年3月時点で7億6800万人に達し、2018年末から1億6800万人増加したことが、中国のインターネットの発展に関する報告書で明らかになった。中国ネットワークインフォメーションセンター(CNNIC)が公表した報告書によると、オンライン決済の利用者は、中国のネット利用者9億400万人の85%を占めるという。携帯電話でオンライン決済を行ったことのある利用者は、3月時点で7億6500万人に上り、携帯電話のネット利用者全体の85・3%を占めた。報告書によると、2019年のノンバンク決済サービスを利用したオンライン決済は、前年比35・7%増の7200億件、総額は20・1%増の250兆元(1元=約15円)近くに上った。(記者/林琳)<映像内容>微信支付で買い物をする様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:01.44
    2019年12月24日
    「新華社」浙江省の大学生、無人売店を運営都市の移り変わり見守る

    中国浙江省台州市路橋区十里長街に、2年余り営業している「誠信売店」がある。店主の王金偉(おう・きんい)さんは今年24歳。大学卒業後、十里長街にスイーツ店を開き、通りに面した店内に広さ約5、6平方メートルの誠信売店を設置した。売店ではミネラルウォーターや駄菓子、子どもたちに人気のおもちゃなどを販売し、コイン投入箱とオンライン決済用の二次元バーコードを置いている。顧客は商品に表示された価格を見て、自ら決済する。王さんは、頻繁に来店する顧客の多くは近所の子どもたちで、2年余りの間にコイン投入箱の中の硬貨が減り、オンライン決済の利用者が増えるという変化があったと振り返った。また、人々の信用意識もますます高まったと語った。(記者/崔力、王俊禄)<映像内容>浙江省にある無人売店の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:21.30
    2019年09月30日
    「新華社」アリペイのバーチャル植林、2019年度「チャンピオン・オブ・ジ・アース」を受賞

    中国では2016年から、スマホ上で木を育てる機能「アント・フォレスト」(螞蟻森林)を通じて1日平均約11万本の木が砂漠に植えられている。同機能のユーザー5億人によって、今年8月までに二酸化炭素排出量が累計792万トン削減され、1億2200万本の「本物の」木が植えられた。アント・フォレストの植林場は人工衛星を通じて確認することもできる。この環境保護に関する公益プロジェクトがこのほど、国連環境計画(UNEP)の「チャンピオン・オブ・ジ・アース(発想・行動部門)」を受賞し、米ニューヨークで現地時間26日夜(北京時間27日午前)に授賞式が行われた。アリババ傘下の金融関連会社、螞蟻金服(アント・フィナンシャル)が運営するモバイル決済サービス「支付宝(アリペイ)」に2016年8月、環境保護に関する公益プラットフォーム「アント・フォレスト」が開設された。ユーザーは徒歩や地下鉄・バス・シェア自転車の利用、オンライン決済など環境に配慮した行動を取ることで、削減した二酸化炭素排出量を「グリーンエネルギー」のポイントに交換する。たまったポイントで本物の木を植樹するか相応の面積の土地を保護するかが選べる。(記者/殷暁聖)<映像内容>アリペイのバーチャル植林の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 02:36.86
    2019年07月16日
    「新華社」浙江省の新華書店、支付宝の顔認証決済を導入

    画面にタッチするだけで、顔認証で支払いが完了する。顔認証決済という人に優しいテクノロジーが庶民の生活に入り込むに連れて、財布や携帯電話を持たずに自分の顔一つで支払いを完了できる場面がますます増えている。中国の書店チェーン新華書店の浙江省にある約40店舗で16日、オンライン決済サービス支付宝(アリペイ)の新型顔認証端末「蜻蜓(トンボ)」が初めて導入された。杭州市の新華書店慶春路店では、画面にタッチしただけで顔のスキャンが始まるだけでなく、カメラに美顔の機能まで備わっている。手軽で便利な決済サービスを享受できると同時に、気持ちもよくなってきたことで、女性ユーザーから大好評だ。(記者/夏亮、李濤)<映像内容>書店で支付宝の顔認証決済導入の様子、撮影日:2019(令和元)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:52.47
    2019年01月25日
    「新華社」スマートサービスで「ハイテク」春運を体験内モンゴル自治区

    顔認証による入場システム、自動改札機、セルフサービスの無人券売機、微信(ウィーチャット)や支付宝(アリペイ)によるオンライン決済、無人スーパーなど、今年の「春運」(旧正月の帰省・Uターンラッシュに伴う特別輸送態勢)はいたるところにテクノロジーが導入されている中国内モンゴル自治区中西部地区の各鉄道駅では、スマート化した利用者視点に立った取り組みが随所に見られる。今年の「春運」に備え、同自治区では各主要駅に実名制本人確認自動改札機を設置、乗客は身分証を持って「顔認証システム」を通り駅構内に入ることができる。各駅ではスマートロボットによる案内サービスも導入されており、いかなる問い合わせにも対応できるスマートガイドとして、かわいいロボットが広報・案内、旅行情報の提供を行っている。フフホトや包頭など12の主要バスターミナルでは、発券所や待合室など人の流れが集中するエリアに、黄色い帽子とベストを着用した「ミツバチ」と呼ばれるボランティアの姿が見られる。彼らは待合室や発券所、ホーム上で、高齢者や妊婦の代わりに重い荷物を持ったり子どもを抱いたりするほか、農民工(出稼ぎ農民)の切符購入や乗り換え案内の手助けも行っている。(記者/張晟)<映像内容>スマート化された中国の鉄道駅の風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 03:15.26
    2018年12月27日
    「新華社」財布もケータイもいらない顔認証決済スタート

    中国の大手ベーカリーチェーンの味多美(wedome)は27日、支付宝(アリペイ)顔認証決済を導入した。従来型食品業界の経営モデルと最新のモバイル決済テクノロジーが結び付き、買い物客が携帯電話を出さずに支払いを完了できるようになった。支付宝(アリペイ)商業決済事業部北京地区担当者劉炎夥(りゅう・えんか)氏これにより実現できることが二つあります。まず、レジ係の代金受領の効率向上と時間的コストの低減をサポートできます。同時に、顧客がより素早く支払いできるようになります。顧客の携帯電話の電池が切れていたり、たくさんの荷物で手がふさがっていたり、携帯電話がフリーズしたりすると、レジには長蛇の列ができ、待ち時間を長くさせ、支払いに影響します。しかし、顔認証決済はこれらの問題を解消し、顔で支払いを完了できるようになりました。スタッフの紹介によると、2018年現在、すでに顔認証機能対応のセルフレジが物販、飲食、医療など大型商業施設で利用されている。今後の生活の中では、顔認証技術が携帯電話のロック解除、本人確認、決済など広範囲で使用され、市民の日常業務と生活を便利にしていくという。(記者/王君璐、馬暁冬)<映像内容>顔認証決済利用の様子、撮影日:2018(平成30)年12月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 1