KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 令和
  • 確認
  • 生き物
  • アカハジロ
  • コウノトリ
  • ナベコウ
  • 渡り鳥
  • オシドリ
  • コウライアイサ
  • レッドデータブック

「カオジロダルマエナガ」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
18
( 1 18 件を表示)
  • 1
18
( 1 18 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2020年04月14日
    江蘇省連雲港市で希少な鳥、カオジロダルマエナガを確認

    14日、連雲港市のアシ原で羽を休めるカオジロダルマエナガ。中国の南京大学環境計画設計研究院の生物多様性調査チームはこのほど、江蘇省連雲中国の南京大学環境計画設計研究院の生物多様性調査チームが26日、江蘇省連雲港市徐圩(じょう)新区のアシ原でこのほど、50羽を超えるカオジロダルマエナガを確認したことを明らかにした。同チームは、市内の臨洪河河口湿地や焼香河湿地でも、数羽から数十羽の個体群を確認している。(連雲港=新華社配信/王明強)=2020(令和2)年4月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020050104613

  • 2020年04月14日
    江蘇省連雲港市で希少な鳥、カオジロダルマエナガを確認

    14日、連雲港市のアシ原で羽を休めるカオジロダルマエナガ。中国の南京大学環境計画設計研究院の生物多様性調査チームが26日、江蘇省連雲港市徐圩(じょう)新区のアシ原でこのほど、50羽を超えるカオジロダルマエナガを確認したことを明らかにした。同チームは、市内の臨洪河河口湿地や焼香河湿地でも、数羽から数十羽の個体群を確認している。(連雲港=新華社配信/王明強)=2020(令和2)年4月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020050104612

  • 2020年04月23日
    江蘇省連雲港市で希少な鳥、カオジロダルマエナガを確認

    23日、連雲港市のアシ原で羽を休めるカオジロダルマエナガ。中国の南京大学環境計画設計研究院の生物多様性調査チームが26日、江蘇省連雲港市徐圩(じょう)新区のアシ原でこのほど、50羽を超えるカオジロダルマエナガを確認したことを明らかにした。同チームは、市内の臨洪河河口湿地や焼香河湿地でも、数羽から数十羽の個体群を確認している。(連雲港=新華社配信/楊仕雄)=2020(令和2)年4月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020050104647

  • 2020年06月25日
    河北省武強県で「鳥類のパンダ」カオジロダルマエナガを確認

    河北省衡水市武強県天平溝で撮影したカオジロダルマエナガ。(6月25日撮影)中国河北省衡水市武強県天平溝でこのほど、写真愛好家がカオジロダルマエナガを撮影した。(石家荘=新華社配信/王青芝)=2020(令和2)年6月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072800689

  • 2020年06月25日
    河北省武強県で「鳥類のパンダ」カオジロダルマエナガを確認

    アシの茎に止まって羽を休めるカオジロダルマエナガ。(6月25日撮影)中国河北省衡水市武強県天平溝でこのほど、写真愛好家がカオジロダルマエナガを撮影した。(石家荘=新華社配信/王青芝)=2020(令和2)年6月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072800766

  • 2020年06月28日
    河北省武強県で「鳥類のパンダ」カオジロダルマエナガを確認

    アシの茎に止まって羽を休めるカオジロダルマエナガ。(6月28日撮影)中国河北省衡水市武強県天平溝でこのほど、写真愛好家がカオジロダルマエナガを撮影した。(石家荘=新華社配信/王青芝)=2020(令和2)年6月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072800764

  • 2020年07月12日
    河北省武強県で「鳥類のパンダ」カオジロダルマエナガを確認

    12日、アシの茎に止まって羽を休めるカオジロダルマエナガ。中国河北省衡水市武強県天平溝でこのほど、写真愛好家がカオジロダルマエナガを撮影した。(石家荘=新華社配信/王青芝)=2020(令和2)年7月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072800775

  • 2020年07月12日
    河北省武強県で「鳥類のパンダ」カオジロダルマエナガを確認

    12日、河北省衡水市武強県天平溝で撮影したカオジロダルマエナガ。中国河北省衡水市武強県天平溝でこのほど、写真愛好家がカオジロダルマエナガを撮影した。(石家荘=新華社配信/王青芝)=2020(令和2)年7月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072800754

  • 00:34.64
    2020年07月17日
    「新華社」河北省武強県で「鳥類のパンダ」カオジロダルマエナガを確認

    中国河北省衡水市武強県天平溝でこのほど、写真愛好家がカオジロダルマエナガを撮影した。カオジロダルマエナガは中国特有の希少な鳥で、「鳥類のジャイアントパンダ」と呼ばれている。体長は約18センチで性格は活発だが、飛翔能力に長けておらず、通常、アシの生い茂る浅い湖沼という生存環境に依存して生息している。世界的にも希少な鳥で、1980年代以降、20年余りにわたり目撃されていなかった。現在は、黒竜江の下流と遼寧省のアシ原、長江流域、江蘇省沿海地域のアシ原にのみ生息している。(記者/張碩)<映像内容>河北省武強県でカオジロダルマエナガを発見、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072801294

  • 00:58.40
    2021年10月05日
    「新華社」北京市が動物保護に注力外来種サーバルも「新生活」

    中国北京市房山区でこのほど、ネコ科の動物サーバル1匹が住民に発見され、近くで活動していた動物保護団体と北京市園林緑化局の専門スタッフの協力により保護された。サーバルはアフリカ西部、中部、東部の草原を主な生息地としており、今回は飼われていたものが逃げ出した可能性がある。同市野生動物救護センターの胡厳(こ・げん)副主任は、外来種については研究目的の展示や教育用の飼育を行うのが一般的で、国際条約の規定により、サーバルをアフリカに戻すことはできないと説明した。北京市園林緑化局の発表によると、同市の野生動植物は近年、数と種類共に増え続けている。2020年時点で2669種が生息・生育しており、うち陸生脊椎野生動物約581種にはミミキジ、ナベコウ、シフゾウなど国家重点保護野生動物81種が含まれる。また、多くの渡り鳥が飛来するようになり、カオジロダルマエナガ、アカハジロ、コウノトリなど絶滅の危機にある鳥類も頻繁に現れている。北京市は1985年に松山、百花山の2カ所に自然保護区を設けて以降、40年近くかけて森林公園、湿地公園、地質公園、風景区など自然保護地79カ所を整備してきた。総面積は36万8千ヘクタールで、市全体の約22%に当たる。自然保護区の役割を多彩な自然公園が補う生物多様性保護の枠組みを構築しているという。また、野生動物の保護業務を絶えず強化しており、今年に入り収容した動物は227種2384匹に上る。(記者/趙旭、倪元錦) =配信日: 2021(令和3)年10月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021100505387

  • 2022年03月15日
    (5)公園で春の訪れを告げる鳥たち北京市

    8日、北京市房山区の牛口峪湿地公園で、木の枝に止まるカオジロダルマエナガ。3月になり、暖かくなってきた中国北京市の公園では、春の訪れを告げる鳥たちのさえずりがあちこちから聞こえ、活気に満ちた風景が広がっている。(北京=新華社配信/黄良堅)= 配信日: 2022(令和4)年3月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022031512596

  • 2022年03月15日
    (9)公園で春の訪れを告げる鳥たち北京市

    8日、北京市房山区の牛口峪湿地公園で、羽を休めるカオジロダルマエナガ。3月になり、暖かくなってきた中国北京市の公園では、春の訪れを告げる鳥たちのさえずりがあちこちから聞こえ、活気に満ちた風景が広がっている。(北京=新華社配信/黄良堅)= 配信日: 2022(令和4)年3月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022031512599

  • 2022年03月30日
    (4)「生きた化石」コウライアイサが飛来北京市

    北京市の平谷水域上空を飛ぶホオジロガモ。(3月撮影、資料写真)中国北京市は渡り鳥の重要な移動ルートに位置しており、毎年春に多くの鳥が北上していく。同市平谷区の西峪貯水池にある観察スポットでこのほど、園林緑化部門の担当者がコウライアイサ2羽を含む渡り鳥3千羽以上を確認した。また同区の金海湖では絶滅危惧種のアカハジロ3羽が見つかった。この2種の確認は今回が初めて。コウライアイサは第三紀氷河期から1千万年以上にわたり存在し続けていることから「生きた化石」と呼ばれ、絶滅危惧種として国際自然保護連合(IUCN)のレッドデータブックに掲載されており、中国の国家1級保護野生動物にも指定されている。ここ数年、市内ではカオジロダルマエナガ、アカハジロ、コウノトリなどの希少鳥類が頻繁に姿を見せるようになり、ナベコウやオシドリなどの生息域拡大も確認されている。(北京=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年3月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022033007338

  • 2022年03月30日
    (6)「生きた化石」コウライアイサが飛来北京市

    北京市の平谷水域で羽を休めるハクチョウの群れ。(3月撮影、資料写真)中国北京市は渡り鳥の重要な移動ルートに位置しており、毎年春に多くの鳥が北上していく。同市平谷区の西峪貯水池にある観察スポットでこのほど、園林緑化部門の担当者がコウライアイサ2羽を含む渡り鳥3千羽以上を確認した。また同区の金海湖では絶滅危惧種のアカハジロ3羽が見つかった。この2種の確認は今回が初めて。コウライアイサは第三紀氷河期から1千万年以上にわたり存在し続けていることから「生きた化石」と呼ばれ、絶滅危惧種として国際自然保護連合(IUCN)のレッドデータブックに掲載されており、中国の国家1級保護野生動物にも指定されている。ここ数年、市内ではカオジロダルマエナガ、アカハジロ、コウノトリなどの希少鳥類が頻繁に姿を見せるようになり、ナベコウやオシドリなどの生息域拡大も確認されている。(北京=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年3月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022033007332

  • 2022年03月30日
    (3)「生きた化石」コウライアイサが飛来北京市

    北京市の平谷水域で撮影したアカハジロ。(3月撮影、資料写真)中国北京市は渡り鳥の重要な移動ルートに位置しており、毎年春に多くの鳥が北上していく。同市平谷区の西峪貯水池にある観察スポットでこのほど、園林緑化部門の担当者がコウライアイサ2羽を含む渡り鳥3千羽以上を確認した。また同区の金海湖では絶滅危惧種のアカハジロ3羽が見つかった。この2種の確認は今回が初めて。コウライアイサは第三紀氷河期から1千万年以上にわたり存在し続けていることから「生きた化石」と呼ばれ、絶滅危惧種として国際自然保護連合(IUCN)のレッドデータブックに掲載されており、中国の国家1級保護野生動物にも指定されている。ここ数年、市内ではカオジロダルマエナガ、アカハジロ、コウノトリなどの希少鳥類が頻繁に姿を見せるようになり、ナベコウやオシドリなどの生息域拡大も確認されている。(北京=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年3月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022033007341

  • 2022年03月30日
    (5)「生きた化石」コウライアイサが飛来北京市

    北京市の平谷水域で羽を休めるハクチョウの群れ。(3月撮影、資料写真)中国北京市は渡り鳥の重要な移動ルートに位置しており、毎年春に多くの鳥が北上していく。同市平谷区の西峪貯水池にある観察スポットでこのほど、園林緑化部門の担当者がコウライアイサ2羽を含む渡り鳥3千羽以上を確認した。また同区の金海湖では絶滅危惧種のアカハジロ3羽が見つかった。この2種の確認は今回が初めて。コウライアイサは第三紀氷河期から1千万年以上にわたり存在し続けていることから「生きた化石」と呼ばれ、絶滅危惧種として国際自然保護連合(IUCN)のレッドデータブックに掲載されており、中国の国家1級保護野生動物にも指定されている。ここ数年、市内ではカオジロダルマエナガ、アカハジロ、コウノトリなどの希少鳥類が頻繁に姿を見せるようになり、ナベコウやオシドリなどの生息域拡大も確認されている。(北京=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年3月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022033007342

  • 2022年03月30日
    (1)「生きた化石」コウライアイサが飛来北京市

    北京市の平谷水域で撮影したコウライアイサ。(3月撮影、資料写真)中国北京市は渡り鳥の重要な移動ルートに位置しており、毎年春に多くの鳥が北上していく。同市平谷区の西峪貯水池にある観察スポットでこのほど、園林緑化部門の担当者がコウライアイサ2羽を含む渡り鳥3千羽以上を確認した。また同区の金海湖では絶滅危惧種のアカハジロ3羽が見つかった。この2種の確認は今回が初めて。コウライアイサは第三紀氷河期から1千万年以上にわたり存在し続けていることから「生きた化石」と呼ばれ、絶滅危惧種として国際自然保護連合(IUCN)のレッドデータブックに掲載されており、中国の国家1級保護野生動物にも指定されている。ここ数年、市内ではカオジロダルマエナガ、アカハジロ、コウノトリなどの希少鳥類が頻繁に姿を見せるようになり、ナベコウやオシドリなどの生息域拡大も確認されている。(北京=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年3月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022033007320

  • 2022年03月30日
    (2)「生きた化石」コウライアイサが飛来北京市

    北京市の平谷水域で撮影したコウライアイサ。(3月撮影、資料写真)中国北京市は渡り鳥の重要な移動ルートに位置しており、毎年春に多くの鳥が北上していく。同市平谷区の西峪貯水池にある観察スポットでこのほど、園林緑化部門の担当者がコウライアイサ2羽を含む渡り鳥3千羽以上を確認した。また同区の金海湖では絶滅危惧種のアカハジロ3羽が見つかった。この2種の確認は今回が初めて。コウライアイサは第三紀氷河期から1千万年以上にわたり存在し続けていることから「生きた化石」と呼ばれ、絶滅危惧種として国際自然保護連合(IUCN)のレッドデータブックに掲載されており、中国の国家1級保護野生動物にも指定されている。ここ数年、市内ではカオジロダルマエナガ、アカハジロ、コウノトリなどの希少鳥類が頻繁に姿を見せるようになり、ナベコウやオシドリなどの生息域拡大も確認されている。(北京=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年3月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022033007385

  • 1