KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージリンク

お問い合わせ
03-6252-6224
平日9:30-18:00
  • カモメ
  • 生き物
  • 学名
  • 記者
  • 平成
  • 指定
  • 令和
  • びん
  • 世界的
  • 河口

「カモメ科」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
61
( 1 61 件を表示)
  • 1
61
( 1 61 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  •  Larus marinus, Print, The great black-backed gull (Larus marinus), mistakenly called greater black-backed gull by some,
    -
    Larus marinus, Print, The great black-backed gull (Larus marinus), mistakenly called greater black-backed gull by some,

    Larus marinus, Print, The great black-backed gull (Larus marinus), mistakenly called greater black-backed gull by some, is the largest member of the gull family. It breeds on the European and North American coasts and islands of the North Atlantic and is fairly sedentary, though some move farther south or inland to large lakes or reservoirs. The adult great black-backed gull has a white head, neck and underparts, dark grey wings and back, pink legs and yellow bill., 1700-1880.、クレジット:Album/quintlox/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

    商品コード: 2022122904565

  •  Rhynchops nigra, Print, The black skimmer (Rynchops niger) is a tern-like seabird,
    -
    Rhynchops nigra, Print, The black skimmer (Rynchops niger) is a tern-like seabird,

    Rhynchops nigra, Print, The black skimmer (Rynchops niger) is a tern-like seabird, one of three very similar birds species in the skimmer genus Rynchops in the gull family Laridae. It breeds in North and South America. Northern populations winter in the warmer waters of the Caribbean and the tropical and subtropical Pacific coasts, but the South American races make only shorter movements in response to annual floods which extend their feeding areas in the river shallows., 1770-1829.、クレジット:Album/quintlox/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

    商品コード: 2023022605907

  •  Larus marinus, Print, The great black-backed gull (Larus marinus), mistakenly called greater black-backed gull by some,
    -
    Larus marinus, Print, The great black-backed gull (Larus marinus), mistakenly called greater black-backed gull by some,

    Larus marinus, Print, The great black-backed gull (Larus marinus), mistakenly called greater black-backed gull by some, is the largest member of the gull family. It breeds on the European and North American coasts and islands of the North Atlantic and is fairly sedentary, though some move farther south or inland to large lakes or reservoirs. The adult great black-backed gull has a white head, neck and underparts, dark grey wings and back, pink legs and yellow bill., 1833-1839.、クレジット:Album/quintlox/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

    商品コード: 2023060601247

  •  Larus marinus, Print, The great black-backed gull (Larus marinus), mistakenly called greater black-backed gull by some,
    -
    Larus marinus, Print, The great black-backed gull (Larus marinus), mistakenly called greater black-backed gull by some,

    Larus marinus, Print, The great black-backed gull (Larus marinus), mistakenly called greater black-backed gull by some, is the largest member of the gull family. It breeds on the European and North American coasts and islands of the North Atlantic and is fairly sedentary, though some move farther south or inland to large lakes or reservoirs. The adult great black-backed gull has a white head, neck and underparts, dark grey wings and back, pink legs and yellow bill., 1700-1880.、クレジット:Album/quintlox/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

    商品コード: 2023053012511

  •  Rhynchops nigra, Print, The black skimmer (Rynchops niger) is a tern-like seabird,
    -
    Rhynchops nigra, Print, The black skimmer (Rynchops niger) is a tern-like seabird,

    Rhynchops nigra, Print, The black skimmer (Rynchops niger) is a tern-like seabird, one of three very similar birds species in the skimmer genus Rynchops in the gull family Laridae. It breeds in North and South America. Northern populations winter in the warmer waters of the Caribbean and the tropical and subtropical Pacific coasts, but the South American races make only shorter movements in response to annual floods which extend their feeding areas in the river shallows., 1700-1880.、クレジット:Album/quintlox/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

    商品コード: 2023032210120

  •  Larus philadelphia, Print,
    -
    Larus philadelphia, Print,

    Larus philadelphia, Print, Bonaparte‘s gull (Chroicocephalus philadelphia) is a member of the gull family Laridae found mainly in northern North America. At 28 to 38 cm (11 to 15 in) in length, it is one of the smallest species of gull. Its plumage is mainly white with grey upperparts. During breeding season, Bonaparte‘s gull gains a slate-grey hood. The sexes are similar in appearance., 1700-1880.、クレジット:Album/quintlox/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

    商品コード: 2022111100036

  •  Larus philadelphia, Print,
    -
    Larus philadelphia, Print,

    Larus philadelphia, Print, Bonaparte‘s gull (Chroicocephalus philadelphia) is a member of the gull family Laridae found mainly in northern North America. At 28 to 38 cm (11 to 15 in) in length, it is one of the smallest species of gull. Its plumage is mainly white with grey upperparts. During breeding season, Bonaparte‘s gull gains a slate-grey hood. The sexes are similar in appearance., 1700-1880.、クレジット:Album/quintlox/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

    商品コード: 2023022606278

  •  Rhynchops nigra, Print,
    -
    Rhynchops nigra, Print,

    Rhynchops nigra, Print, The black skimmer (Rynchops niger) is a tern-like seabird, one of three very similar birds species in the skimmer genus Rynchops in the gull family Laridae. It breeds in North and South America. Northern populations winter in the warmer waters of the Caribbean and the tropical and subtropical Pacific coasts, but the South American races make only shorter movements in response to annual floods which extend their feeding areas in the river shallows., 1700-1880.、クレジット:Album/quintlox/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

    商品コード: 2023022606073

  •  Rissa tridactyla, Print, The black-legged kittiwake (Rissa tridactyla) is a seabird species in the gull family Laridae.
    -
    Rissa tridactyla, Print, The black-legged kittiwake (Rissa tridactyla) is a seabird species in the gull family Laridae.

    Rissa tridactyla, Print, The black-legged kittiwake (Rissa tridactyla) is a seabird species in the gull family Laridae., 1700-1880.、クレジット:Album/quintlox/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

    商品コード: 2023032209972

  •  Rhynchops nigra, Print, The black skimmer (Rynchops niger) is a tern-like seabird,
    -
    Rhynchops nigra, Print, The black skimmer (Rynchops niger) is a tern-like seabird,

    Rhynchops nigra, Print, The black skimmer (Rynchops niger) is a tern-like seabird, one of three very similar birds species in the skimmer genus Rynchops in the gull family Laridae. It breeds in North and South America. Northern populations winter in the warmer waters of the Caribbean and the tropical and subtropical Pacific coasts, but the South American races make only shorter movements in response to annual floods which extend their feeding areas in the river shallows., 1700-1880.、クレジット:Album/quintlox/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

    商品コード: 2023011411103

  •  Larus marinus, Print, The great black-backed gull (Larus marinus), mistakenly called greater black-backed gull by some,
    -
    Larus marinus, Print, The great black-backed gull (Larus marinus), mistakenly called greater black-backed gull by some,

    Larus marinus, Print, The great black-backed gull (Larus marinus), mistakenly called greater black-backed gull by some, is the largest member of the gull family. It breeds on the European and North American coasts and islands of the North Atlantic and is fairly sedentary, though some move farther south or inland to large lakes or reservoirs. The adult great black-backed gull has a white head, neck and underparts, dark grey wings and back, pink legs and yellow bill., 1790-1796.、クレジット:Album/quintlox/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

    商品コード: 2023062212669

  •  Rhynchops nigra, Print, The black skimmer (Rynchops niger) is a tern-like seabird,
    -
    Rhynchops nigra, Print, The black skimmer (Rynchops niger) is a tern-like seabird,

    Rhynchops nigra, Print, The black skimmer (Rynchops niger) is a tern-like seabird, one of three very similar birds species in the skimmer genus Rynchops in the gull family Laridae. It breeds in North and South America. Northern populations winter in the warmer waters of the Caribbean and the tropical and subtropical Pacific coasts, but the South American races make only shorter movements in response to annual floods which extend their feeding areas in the river shallows., 1700-1880.、クレジット:Album/quintlox/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

    商品コード: 2023061513434

  •  Larus marinus, Print, The great black-backed gull (Larus marinus), mistakenly called greater black-backed gull by some,
    -
    Larus marinus, Print, The great black-backed gull (Larus marinus), mistakenly called greater black-backed gull by some,

    Larus marinus, Print, The great black-backed gull (Larus marinus), mistakenly called greater black-backed gull by some, is the largest member of the gull family. It breeds on the European and North American coasts and islands of the North Atlantic and is fairly sedentary, though some move farther south or inland to large lakes or reservoirs. The adult great black-backed gull has a white head, neck and underparts, dark grey wings and back, pink legs and yellow bill., 1700-1880.、クレジット:Album/quintlox/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

    商品コード: 2023053012514

  •  Larus marinus, Print, The great black-backed gull (Larus marinus), mistakenly called greater black-backed gull by some,
    -
    Larus marinus, Print, The great black-backed gull (Larus marinus), mistakenly called greater black-backed gull by some,

    Larus marinus, Print, The great black-backed gull (Larus marinus), mistakenly called greater black-backed gull by some, is the largest member of the gull family. It breeds on the European and North American coasts and islands of the North Atlantic and is fairly sedentary, though some move farther south or inland to large lakes or reservoirs. The adult great black-backed gull has a white head, neck and underparts, dark grey wings and back, pink legs and yellow bill., 1700-1880.、クレジット:Album/quintlox/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

    商品コード: 2023061208668

  •  Larus marinus, Print, The great black-backed gull (Larus marinus), mistakenly called greater black-backed gull by some,
    -
    Larus marinus, Print, The great black-backed gull (Larus marinus), mistakenly called greater black-backed gull by some,

    Larus marinus, Print, The great black-backed gull (Larus marinus), mistakenly called greater black-backed gull by some, is the largest member of the gull family. It breeds on the European and North American coasts and islands of the North Atlantic and is fairly sedentary, though some move farther south or inland to large lakes or reservoirs. The adult great black-backed gull has a white head, neck and underparts, dark grey wings and back, pink legs and yellow bill., 1770-1829.、クレジット:Album/quintlox/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

    商品コード: 2023061411027

  •  Rhynchops nigra, Print, The black skimmer (Rynchops niger) is a tern-like seabird,
    -
    Rhynchops nigra, Print, The black skimmer (Rynchops niger) is a tern-like seabird,

    Rhynchops nigra, Print, The black skimmer (Rynchops niger) is a tern-like seabird, one of three very similar birds species in the skimmer genus Rynchops in the gull family Laridae. It breeds in North and South America. Northern populations winter in the warmer waters of the Caribbean and the tropical and subtropical Pacific coasts, but the South American races make only shorter movements in response to annual floods which extend their feeding areas in the river shallows., 1700-1880.、クレジット:Album/quintlox/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

    商品コード: 2022122904887

  •  小樽運河沿いの外灯と倉庫群
    2011年06月25日
    小樽運河沿いの外灯と倉庫群

    キーワード:2匹、さわやか、運河沿い、雲、屋外、夏、外灯、空、建物、止まる、小樽運河、真上、晴れ、青空、倉庫、倉庫群、昼、日本、風景、カモメ科、石造倉庫群、風景メイン写真=2011(平成23)年6月25日、北海道小樽市、クレジット:BUD international/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020091700156

  •  小樽運河と運河沿いの外灯と倉庫群
    2011年06月25日
    小樽運河と運河沿いの外灯と倉庫群

    キーワード:2匹、運河、運河沿い、屋外、夏、外灯、建物、止まる、小樽運河、人物、人間、晴れ、倉庫、倉庫群、昼、道、日本、風景、複数、遊歩道、落ち着いた、アイレベル、カモメ科、石造倉庫群、風景メイン写真=2011(平成23)年6月25日、北海道小樽市、クレジット:BUD international/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020091610969

  •  小樽運河と運河沿いの外灯と倉庫群
    2011年06月25日
    小樽運河と運河沿いの外灯と倉庫群

    キーワード:2匹、運河、運河沿い、屋外、夏、外灯、建物、止まる、小樽運河、人物、人間、晴れ、倉庫、倉庫群、昼、道、日本、風景、複数、遊歩道、落ち着いた、アイレベル、カモメ科、石造倉庫群、風景メイン写真=2011(平成23)年6月25日、北海道小樽市、クレジット:BUD international/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020091700071

  •  小樽運河と運河沿いの外灯と倉庫群
    2011年06月25日
    小樽運河と運河沿いの外灯と倉庫群

    キーワード:2匹、運河、運河沿い、屋外、夏、外灯、建物、止まる、小樽運河、人物、人間、晴れ、倉庫、倉庫群、昼、道、日本、風景、複数、遊歩道、落ち着いた、アイレベル、カモメ科、石造倉庫群、風景メイン写真=2011(平成23)年6月25日、北海道小樽市、クレジット:BUD international/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020091700167

  •  青空を飛ぶ鴎
    2012年04月20日
    青空を飛ぶ鴎

    キーワード:カモメ、チドリ目、ローアングル、屋外、春、生き物、青空、鳥、動物、日本、飛ぶ、飛翔、無人、野生、野鳥、カモメ科、鳥類、動植物メイン写真=2012(平成24)年4月20日、新潟県新潟市、クレジット:Niigata Photo Library/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020061203606

  •  手すりの上で羽を休める鴎
    2012年04月20日
    手すりの上で羽を休める鴎

    キーワード:カモメ、チドリ目、屋外、橋、手すり、重要文化財、春、信濃川、生き物、川、鳥、動物、日本、万代橋、無人、野鳥、カモメ科、やすらぎ堤、鳥類、動植物メイン写真=2012(平成24)年4月20日、新潟県新潟市、クレジット:Niigata Photo Library/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020061203694

  •  天売島のカモメ
    2014年07月18日
    天売島のカモメ

    キーワード:1羽、カモメ、チドリ目、屋外、夏、海、海鳥、生き物、早朝、天売島、日本、無人、カモメ科、動植物メイン写真=2014(平成26)年7月18日、北海道羽幌町、クレジット:BUD international/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021031704947

  •  天売島のカモメ
    2014年07月18日
    天売島のカモメ

    キーワード:1羽、カモメ、チドリ目、屋外、夏、海、海鳥、生き物、早朝、天売島、日本、無人、カモメ科、動植物メイン写真=2014(平成26)年7月18日、北海道羽幌町、クレジット:BUD international/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021031704952

  •  カワアジサシの子育て見守り3羽誕生雲南省盈江県
    2018年03月10日
    カワアジサシの子育て見守り3羽誕生雲南省盈江県

    並んで飛ぶ2羽のカワアジサシ。(2018年3月10日撮影)中国雲南省徳宏ダイ族チンポー族自治州盈江(えいこう)県でこのほど、同県林業草原局と同省銅壁関省級自然保護区盈江管護分局の職員の手厚い保護の下、カワアジサシのひな3羽が無事孵化(ふか)した。カワアジサシは、中国で国家1級重点保護野生動物に指定されるカモメ科の鳥で、ミャンマー国境に近い同県大盈江流域が主な生息地と子育ての場になっている。(昆明=新華社配信)=配信日:2018(平成30)年3月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021033106823

  •  「神話の鳥」ヒガシチュウゴクアジサシに足環装着浙江省
    2018年07月25日
    「神話の鳥」ヒガシチュウゴクアジサシに足環装着浙江省

    25日、足環の装着作業中に発見されたヒガシチュウゴクアジサシの幼鳥とみられる鳥。中国浙江省象山県沖の韭山列島で24~26日、浙江自然博物館と韭山列島海洋生態国家級自然保護区管理局が組織した中米両国の海鳥研究者およびボランティア計34人が、ヒガシチュウゴクアジサシ(学名:Thalasseusbernsteini)の幼鳥への足環装着を行った。足環装着はアジサシ類、特にヒガシチュウゴクアジサシの渡りの状況を理解し、保護に役立てることを目的としている。ヒガシチュウゴクアジサシは1861年にインドネシアで発見されたカモメ科の鳥で、個体数が少なく、追跡も難しいため「神話の鳥」と呼ばれる。1940年代以降に観察例がなくなり、多くの鳥類専門家に絶滅したと考えられていたが、約60年後、中国の福建省と浙江省で再発見された。当時、ヒガシチュウゴクアジサシの個体数は世界で50羽未満だったと推計されている。国際自然保護連合(IUCN)と国際的な鳥類保護団体バードライフ・インターナショナルは、ヒガシチュウゴクアジサシを絶滅の危険性が極めて高い「絶滅危惧IA類」に指定している。各方面の取り組みにより、ヒガシチュウゴクアジサシの個体群はここ数年、徐々に増加しており、現在は100羽を超えているとみられている。(寧波=新華社記者/朱涵)=2018(平成30)年7月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019073006762

  •  絶滅危惧種の鳥が閩江の砂州に飛来福建省
    2019年04月24日
    絶滅危惧種の鳥が閩江の砂州に飛来福建省

    24日、閩江河口の砂州で戯れる2羽の「ヒガシチュウゴクアジサシ」。中国福建省を流れる閩江(びんこう)の河口にある砂州にこのところ、世界的に絶滅が危惧されるカモメ科の「ヒガシチュウゴクアジサシ」(学名:Thalasseusbernsteini)が頻繁に飛来している。(福州=新華社記者/梅永存)=2019(平成31)年4月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019051402309

  •  絶滅危惧種の鳥が閩江の砂州に飛来福建省
    2019年04月24日
    絶滅危惧種の鳥が閩江の砂州に飛来福建省

    24日、閩江河口の砂州で戯れる3羽の「ヒガシチュウゴクアジサシ」。中国福建省を流れる閩江(びんこう)の河口にある砂州にこのところ、世界的に絶滅が危惧されるカモメ科の「ヒガシチュウゴクアジサシ」(学名:Thalasseusbernsteini)が頻繁に飛来している。(福州=新華社記者/梅永存)=2019(平成31)年4月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019051402312

  •  絶滅危惧種の鳥が閩江の砂州に飛来福建省
    2019年04月24日
    絶滅危惧種の鳥が閩江の砂州に飛来福建省

    24日、閩江河口の砂州で戯れる2羽の「ヒガシチュウゴクアジサシ」。中国福建省を流れる閩江(びんこう)の河口にある砂州にこのところ、世界的に絶滅が危惧されるカモメ科の「ヒガシチュウゴクアジサシ」(学名:Thalasseusbernsteini)が頻繁に飛来している。(福州=新華社記者/梅永存)=2019(平成31)年4月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019051402342

  •  絶滅危惧種の鳥が閩江の砂州に飛来福建省
    2019年04月24日
    絶滅危惧種の鳥が閩江の砂州に飛来福建省

    24日、閩江河口の砂州で羽を休める「ヒガシチュウゴクアジサシ」。中国福建省を流れる閩江(びんこう)の河口にある砂州にこのところ、世界的に絶滅が危惧されるカモメ科の「ヒガシチュウゴクアジサシ」(学名:Thalasseusbernsteini)が頻繁に飛来している。(福州=新華社記者/梅永存)=2019(平成31)年4月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019051402411

  •  絶滅危惧種の鳥が閩江の砂州に飛来福建省
    2019年04月24日
    絶滅危惧種の鳥が閩江の砂州に飛来福建省

    24日、閩江河口の砂州で羽ばたく「ヒガシチュウゴクアジサシ」。中国福建省を流れる閩江(びんこう)の河口にある砂州にこのところ、世界的に絶滅が危惧されるカモメ科の「ヒガシチュウゴクアジサシ」(学名:Thalasseusbernsteini)が頻繁に飛来している。(福州=新華社記者/梅永存)=2019(平成31)年4月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019051402420

  •  絶滅危惧種の鳥が閩江の砂州に飛来福建省
    2019年04月24日
    絶滅危惧種の鳥が閩江の砂州に飛来福建省

    24日、閩江河口の砂州で戯れる2羽の「ヒガシチュウゴクアジサシ」。中国福建省を流れる閩江(びんこう)の河口にある砂州にこのところ、世界的に絶滅が危惧されるカモメ科の「ヒガシチュウゴクアジサシ」(学名:Thalasseusbernsteini)が頻繁に飛来している。(福州=新華社記者/梅永存)=2019(平成31)年4月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019051402276

  •  絶滅危惧種の鳥が閩江の砂州に飛来福建省
    2019年04月24日
    絶滅危惧種の鳥が閩江の砂州に飛来福建省

    24日、閩江河口の砂州で戯れる2羽の「ヒガシチュウゴクアジサシ」。中国福建省を流れる閩江(びんこう)の河口にある砂州にこのところ、世界的に絶滅が危惧されるカモメ科の「ヒガシチュウゴクアジサシ」(学名:Thalasseusbernsteini)が頻繁に飛来している。(福州=新華社記者/梅永存)=2019(平成31)年4月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019051402328

  •  絶滅危惧種の鳥が閩江の砂州に飛来福建省
    2019年04月24日
    絶滅危惧種の鳥が閩江の砂州に飛来福建省

    24日、閩江河口の砂州で戯れる2羽の「ヒガシチュウゴクアジサシ」。中国福建省を流れる閩江(びんこう)の河口にある砂州にこのところ、世界的に絶滅が危惧されるカモメ科の「ヒガシチュウゴクアジサシ」(学名:Thalasseusbernsteini)が頻繁に飛来している。(福州=新華社記者/梅永存)=2019(平成31)年4月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019051402404

  •  絶滅危惧種の鳥が閩江の砂州に飛来福建省
    2019年04月24日
    絶滅危惧種の鳥が閩江の砂州に飛来福建省

    24日、閩江河口の砂州で羽ばたく「ヒガシチュウゴクアジサシ」。中国福建省を流れる閩江(びんこう)の河口にある砂州にこのところ、世界的に絶滅が危惧されるカモメ科の「ヒガシチュウゴクアジサシ」(学名:Thalasseusbernsteini)が頻繁に飛来している。(福州=新華社記者/梅永存)=2019(平成31)年4月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019051402275

  •  絶滅危惧種の鳥が閩江の砂州に飛来福建省
    2019年04月24日
    絶滅危惧種の鳥が閩江の砂州に飛来福建省

    24日、閩江河口の砂州で戯れる2羽の「ヒガシチュウゴクアジサシ」。中国福建省を流れる閩江(びんこう)の河口にある砂州にこのところ、世界的に絶滅が危惧されるカモメ科の「ヒガシチュウゴクアジサシ」(学名:Thalasseusbernsteini)が頻繁に飛来している。(福州=新華社記者/梅永存)=2019(平成31)年4月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019051402316

  •  絶滅危惧種の鳥が閩江の砂州に飛来福建省
    2019年04月24日
    絶滅危惧種の鳥が閩江の砂州に飛来福建省

    24日、閩江河口の砂州を飛ぶ「ヒガシチュウゴクアジサシ」。中国福建省を流れる閩江(びんこう)の河口にある砂州にこのところ、世界的に絶滅が危惧されるカモメ科の「ヒガシチュウゴクアジサシ」(学名:Thalasseusbernsteini)が頻繁に飛来している。(福州=新華社記者/梅永存)=2019(平成31)年4月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019051402418

  •  絶滅危惧種の鳥が閩江の砂州に飛来福建省
    2019年04月24日
    絶滅危惧種の鳥が閩江の砂州に飛来福建省

    24日、閩江河口の砂州で戯れる2羽の「ヒガシチュウゴクアジサシ」。中国福建省を流れる閩江(びんこう)の河口にある砂州にこのところ、世界的に絶滅が危惧されるカモメ科の「ヒガシチュウゴクアジサシ」(学名:Thalasseusbernsteini)が頻繁に飛来している。(福州=新華社記者/梅永存)=2019(平成31)年4月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019051402412

  •  絶滅危惧種の鳥が閩江の砂州に飛来福建省
    2019年04月24日
    絶滅危惧種の鳥が閩江の砂州に飛来福建省

    24日、閩江河口の砂州で撮影した「ヒガシチュウゴクアジサシ」(右の2羽)とオオアジサシ(左端)。ヒガシチュウゴクアジサシは近縁種のオオアジサシと共に行動することが多い。中国福建省を流れる閩江(びんこう)の河口にある砂州にこのところ、世界的に絶滅が危惧されるカモメ科の「ヒガシチュウゴクアジサシ」(学名:Thalasseusbernsteini)が頻繁に飛来している。(福州=新華社記者/梅永存)=2019(平成31)年4月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019051402334

  •  「新華社」絶滅危惧種の鳥が閩江の砂州に飛来福建省
    00:54.55
    2019年05月24日
    「新華社」絶滅危惧種の鳥が閩江の砂州に飛来福建省

    中国福建省を流れる閩江(びんこう)の河口にある砂州にこのところ、世界的に絶滅が危惧されるカモメ科の「ヒガシチュウゴクアジサシ」(学名:Thalasseusbernsteini)が頻繁に飛来している。(記者/梅永存、陳旺)<映像内容>ヒガシチュウゴクアジサシの様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052402922

  •  「神話の鳥」ヒガシチュウゴクアジサシに足環装着浙江省
    2019年06月16日
    「神話の鳥」ヒガシチュウゴクアジサシに足環装着浙江省

    ヒガシチュウゴクアジサシ。(6月16日撮影)中国浙江省象山県沖の韭山列島で24~26日、浙江自然博物館と韭山列島海洋生態国家級自然保護区管理局が組織した中米両国の海鳥研究者およびボランティア計34人が、ヒガシチュウゴクアジサシ(学名:Thalasseusbernsteini)の幼鳥への足環装着を行った。足環装着はアジサシ類、特にヒガシチュウゴクアジサシの渡りの状況を理解し、保護に役立てることを目的としている。ヒガシチュウゴクアジサシは1861年にインドネシアで発見されたカモメ科の鳥で、個体数が少なく、追跡も難しいため「神話の鳥」と呼ばれる。1940年代以降に観察例がなくなり、多くの鳥類専門家に絶滅したと考えられていたが、約60年後、中国の福建省と浙江省で再発見された。当時、ヒガシチュウゴクアジサシの個体数は世界で50羽未満だったと推計されている。国際自然保護連合(IUCN)と国際的な鳥類保護団体バードライフ・インターナショナルは、ヒガシチュウゴクアジサシを絶滅の危険性が極めて高い「絶滅危惧IA類」に指定している。各方面の取り組みにより、ヒガシチュウゴクアジサシの個体群はここ数年、徐々に増加しており、現在は100羽を超えているとみられている。(寧波=新華社配信)=2019(令和元)年6月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019073006793

  •  「神話の鳥」ヒガシチュウゴクアジサシに足環装着浙江省
    2019年06月22日
    「神話の鳥」ヒガシチュウゴクアジサシに足環装着浙江省

    飛んでいるヒガシチュウゴクアジサシ。(6月22日撮影)中国浙江省象山県沖の韭山列島で24~26日、浙江自然博物館と韭山列島海洋生態国家級自然保護区管理局が組織した中米両国の海鳥研究者およびボランティア計34人が、ヒガシチュウゴクアジサシ(学名:Thalasseusbernsteini)の幼鳥への足環装着を行った。足環装着はアジサシ類、特にヒガシチュウゴクアジサシの渡りの状況を理解し、保護に役立てることを目的としている。ヒガシチュウゴクアジサシは1861年にインドネシアで発見されたカモメ科の鳥で、個体数が少なく、追跡も難しいため「神話の鳥」と呼ばれる。1940年代以降に観察例がなくなり、多くの鳥類専門家に絶滅したと考えられていたが、約60年後、中国の福建省と浙江省で再発見された。当時、ヒガシチュウゴクアジサシの個体数は世界で50羽未満だったと推計されている。国際自然保護連合(IUCN)と国際的な鳥類保護団体バードライフ・インターナショナルは、ヒガシチュウゴクアジサシを絶滅の危険性が極めて高い「絶滅危惧IA類」に指定している。各方面の取り組みにより、ヒガシチュウゴクアジサシの個体群はここ数年、徐々に増加しており、現在は100羽を超えているとみられている。(寧波=新華社配信)=2019(令和元)年6月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019073006809

  •  「新華社」中国初、「神話の鳥」に衛星発信機を装着浙江省
    02:34.36
    2019年07月09日
    「新華社」中国初、「神話の鳥」に衛星発信機を装着浙江省

    中国東部沿岸の小島で繁殖するカモメ科の「ヒガシチュウゴクアジサシ」(学名:Thalasseusbernsteini)は、目にすることが難しいことから「神話の鳥」と呼ばれている。浙江省寧波市象山県の韭山列島では、この鳥の24時間連続観測を実施しているが、今回新たな技術が導入され、成鳥に衛星発信機を装着することに成功した。国内で最初の事例となる。象山県韭山列島国家級自然保護区内にある無人島、中鉄墩嶼(ちゅうてつとんしょ)でこのほど、浙江自然博物院の研究者と米国の海鳥専門家が共同で、小型衛星発信機を背負ったヒガシチュウゴクアジサシの成鳥1羽を放した。翌日午前のモニタリングでは、衛星発信機を装着したヒガシチュウゴクアジサシが繁殖誘導地内の巣に戻り、卵をかえしていることがわかった。発信機は1~2年稼働するが、軽量のため、装着しても鳥の生活に目立った影響はないとされる。ヒガシチュウゴクアジサシは中国の国家2級保護動物で、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストでは絶滅危惧IA類(絶滅寸前種)に分類される。韭山列島国家級自然保護区では2013年から浙江自然博物院、米オレゴン州立大学と共同で、同鳥個体群の人工繁殖誘致と個体群回復事業を実施している。2013年から今年夏にかけて、韭山列島ではヒガシチュウゴクアジサシの幼鳥71羽の繁殖に成功しており、絶滅危機の緩和が見込まれている。(記者/夏亮、李濤)<映像内容>ヒガシチュウゴクアジサシの様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070903582

  •  「神話の鳥」ヒガシチュウゴクアジサシに足環装着浙江省
    2019年07月24日
    「神話の鳥」ヒガシチュウゴクアジサシに足環装着浙江省

    24日、ヒガシチュウゴクアジサシ(くちばしの先端が黒)と近縁種のオオアジサシ。中国浙江省象山県沖の韭山列島で24~26日、浙江自然博物館と韭山列島海洋生態国家級自然保護区管理局が組織した中米両国の海鳥研究者およびボランティア計34人が、ヒガシチュウゴクアジサシ(学名:Thalasseusbernsteini)の幼鳥への足環装着を行った。足環装着はアジサシ類、特にヒガシチュウゴクアジサシの渡りの状況を理解し、保護に役立てることを目的としている。ヒガシチュウゴクアジサシは1861年にインドネシアで発見されたカモメ科の鳥で、個体数が少なく、追跡も難しいため「神話の鳥」と呼ばれる。1940年代以降に観察例がなくなり、多くの鳥類専門家に絶滅したと考えられていたが、約60年後、中国の福建省と浙江省で再発見された。当時、ヒガシチュウゴクアジサシの個体数は世界で50羽未満だったと推計されている。国際自然保護連合(IUCN)と国際的な鳥類保護団体バードライフ・インターナショナルは、ヒガシチュウゴクアジサシを絶滅の危険性が極めて高い「絶滅危惧IA類」に指定している。各方面の取り組みにより、ヒガシチュウゴクアジサシの個体群はここ数年、徐々に増加しており、現在は100羽を超えているとみられている。(寧波=新華社記者/殷暁聖)=2019(令和元)年7月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019073006794

  •  「神話の鳥」ヒガシチュウゴクアジサシに足環装着浙江省
    2019年07月24日
    「神話の鳥」ヒガシチュウゴクアジサシに足環装着浙江省

    24日、海上を飛ぶヒガシチュウゴクアジサシ。中国浙江省象山県沖の韭山列島で24~26日、浙江自然博物館と韭山列島海洋生態国家級自然保護区管理局が組織した中米両国の海鳥研究者およびボランティア計34人が、ヒガシチュウゴクアジサシ(学名:Thalasseusbernsteini)の幼鳥への足環装着を行った。足環装着はアジサシ類、特にヒガシチュウゴクアジサシの渡りの状況を理解し、保護に役立てることを目的としている。ヒガシチュウゴクアジサシは1861年にインドネシアで発見されたカモメ科の鳥で、個体数が少なく、追跡も難しいため「神話の鳥」と呼ばれる。1940年代以降に観察例がなくなり、多くの鳥類専門家に絶滅したと考えられていたが、約60年後、中国の福建省と浙江省で再発見された。当時、ヒガシチュウゴクアジサシの個体数は世界で50羽未満だったと推計されている。国際自然保護連合(IUCN)と国際的な鳥類保護団体バードライフ・インターナショナルは、ヒガシチュウゴクアジサシを絶滅の危険性が極めて高い「絶滅危惧IA類」に指定している。各方面の取り組みにより、ヒガシチュウゴクアジサシの個体群はここ数年、徐々に増加しており、現在は100羽を超えているとみられている。(寧波=新華社記者/殷暁聖)=2019(令和元)年7月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019073006763

  •  「神話の鳥」ヒガシチュウゴクアジサシに足環装着浙江省
    2019年07月24日
    「神話の鳥」ヒガシチュウゴクアジサシに足環装着浙江省

    24日に撮影したヒガシチュウゴクアジサシの卵。中国浙江省象山県沖の韭山列島で24~26日、浙江自然博物館と韭山列島海洋生態国家級自然保護区管理局が組織した中米両国の海鳥研究者およびボランティア計34人が、ヒガシチュウゴクアジサシ(学名:Thalasseusbernsteini)の幼鳥への足環装着を行った。足環装着はアジサシ類、特にヒガシチュウゴクアジサシの渡りの状況を理解し、保護に役立てることを目的としている。ヒガシチュウゴクアジサシは1861年にインドネシアで発見されたカモメ科の鳥で、個体数が少なく、追跡も難しいため「神話の鳥」と呼ばれる。1940年代以降に観察例がなくなり、多くの鳥類専門家に絶滅したと考えられていたが、約60年後、中国の福建省と浙江省で再発見された。当時、ヒガシチュウゴクアジサシの個体数は世界で50羽未満だったと推計されている。国際自然保護連合(IUCN)と国際的な鳥類保護団体バードライフ・インターナショナルは、ヒガシチュウゴクアジサシを絶滅の危険性が極めて高い「絶滅危惧IA類」に指定している。各方面の取り組みにより、ヒガシチュウゴクアジサシの個体群はここ数年、徐々に増加しており、現在は100羽を超えているとみられている。(寧波=新華社記者/殷暁聖)=2019(令和元)年7月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019073006756

  •  「神話の鳥」ヒガシチュウゴクアジサシに足環装着浙江省
    2019年07月25日
    「神話の鳥」ヒガシチュウゴクアジサシに足環装着浙江省

    25日、浙江象山韭山列島海洋生態国家級自然保護区でヒガシチュウゴクアジサシの幼鳥を持つボランティア。中国浙江省象山県沖の韭山列島で24~26日、浙江自然博物館と韭山列島海洋生態国家級自然保護区管理局が組織した中米両国の海鳥研究者およびボランティア計34人が、ヒガシチュウゴクアジサシ(学名:Thalasseusbernsteini)の幼鳥への足環装着を行った。足環装着はアジサシ類、特にヒガシチュウゴクアジサシの渡りの状況を理解し、保護に役立てることを目的としている。ヒガシチュウゴクアジサシは1861年にインドネシアで発見されたカモメ科の鳥で、個体数が少なく、追跡も難しいため「神話の鳥」と呼ばれる。1940年代以降に観察例がなくなり、多くの鳥類専門家に絶滅したと考えられていたが、約60年後、中国の福建省と浙江省で再発見された。当時、ヒガシチュウゴクアジサシの個体数は世界で50羽未満だったと推計されている。国際自然保護連合(IUCN)と国際的な鳥類保護団体バードライフ・インターナショナルは、ヒガシチュウゴクアジサシを絶滅の危険性が極めて高い「絶滅危惧IA類」に指定している。各方面の取り組みにより、ヒガシチュウゴクアジサシの個体群はここ数年、徐々に増加しており、現在は100羽を超えているとみられている。(寧波=新華社記者/殷暁聖)=2019(令和元)年7月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019073006771

  •  「神話の鳥」ヒガシチュウゴクアジサシに足環装着浙江省
    2019年07月25日
    「神話の鳥」ヒガシチュウゴクアジサシに足環装着浙江省

    25日、浙江象山韭山列島海洋生態国家級自然保護区でヒガシチュウゴクアジサシの付蹠骨(ふしょこつ)の長さを測るスタッフ。中国浙江省象山県沖の韭山列島で24~26日、浙江自然博物館と韭山列島海洋生態国家級自然保護区管理局が組織した中米両国の海鳥研究者およびボランティア計34人が、ヒガシチュウゴクアジサシ(学名:Thalasseusbernsteini)の幼鳥への足環装着を行った。足環装着はアジサシ類、特にヒガシチュウゴクアジサシの渡りの状況を理解し、保護に役立てることを目的としている。ヒガシチュウゴクアジサシは1861年にインドネシアで発見されたカモメ科の鳥で、個体数が少なく、追跡も難しいため「神話の鳥」と呼ばれる。1940年代以降に観察例がなくなり、多くの鳥類専門家に絶滅したと考えられていたが、約60年後、中国の福建省と浙江省で再発見された。当時、ヒガシチュウゴクアジサシの個体数は世界で50羽未満だったと推計されている。国際自然保護連合(IUCN)と国際的な鳥類保護団体バードライフ・インターナショナルは、ヒガシチュウゴクアジサシを絶滅の危険性が極めて高い「絶滅危惧IA類」に指定している。各方面の取り組みにより、ヒガシチュウゴクアジサシの個体群はここ数年、徐々に増加しており、現在は100羽を超えているとみられている。(寧波=新華社記者/殷暁聖)=2019(令和元)年7月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019073006779

  •  「神話の鳥」ヒガシチュウゴクアジサシに足環装着浙江省
    2019年07月25日
    「神話の鳥」ヒガシチュウゴクアジサシに足環装着浙江省

    25日、浙江象山韭山列島海洋生態国家級自然保護区でヒガシチュウゴクアジサシの幼鳥に足環を装着するスタッフ。中国浙江省象山県沖の韭山列島で24~26日、浙江自然博物館と韭山列島海洋生態国家級自然保護区管理局が組織した中米両国の海鳥研究者およびボランティア計34人が、ヒガシチュウゴクアジサシ(学名:Thalasseusbernsteini)の幼鳥への足環装着を行った。足環装着はアジサシ類、特にヒガシチュウゴクアジサシの渡りの状況を理解し、保護に役立てることを目的としている。ヒガシチュウゴクアジサシは1861年にインドネシアで発見されたカモメ科の鳥で、個体数が少なく、追跡も難しいため「神話の鳥」と呼ばれる。1940年代以降に観察例がなくなり、多くの鳥類専門家に絶滅したと考えられていたが、約60年後、中国の福建省と浙江省で再発見された。当時、ヒガシチュウゴクアジサシの個体数は世界で50羽未満だったと推計されている。国際自然保護連合(IUCN)と国際的な鳥類保護団体バードライフ・インターナショナルは、ヒガシチュウゴクアジサシを絶滅の危険性が極めて高い「絶滅危惧IA類」に指定している。各方面の取り組みにより、ヒガシチュウゴクアジサシの個体群はここ数年、徐々に増加しており、現在は100羽を超えているとみられている。(寧波=新華社記者/殷暁聖)=2019(令和元)年7月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019073006767

  •  「神話の鳥」ヒガシチュウゴクアジサシに足環装着浙江省
    2019年07月25日
    「神話の鳥」ヒガシチュウゴクアジサシに足環装着浙江省

    25日、足環を装着したヒガシチュウゴクアジサシの幼鳥。中国浙江省象山県沖の韭山列島で24~26日、浙江自然博物館と韭山列島海洋生態国家級自然保護区管理局が組織した中米両国の海鳥研究者およびボランティア計34人が、ヒガシチュウゴクアジサシ(学名:Thalasseusbernsteini)の幼鳥への足環装着を行った。足環装着はアジサシ類、特にヒガシチュウゴクアジサシの渡りの状況を理解し、保護に役立てることを目的としている。ヒガシチュウゴクアジサシは1861年にインドネシアで発見されたカモメ科の鳥で、個体数が少なく、追跡も難しいため「神話の鳥」と呼ばれる。1940年代以降に観察例がなくなり、多くの鳥類専門家に絶滅したと考えられていたが、約60年後、中国の福建省と浙江省で再発見された。当時、ヒガシチュウゴクアジサシの個体数は世界で50羽未満だったと推計されている。国際自然保護連合(IUCN)と国際的な鳥類保護団体バードライフ・インターナショナルは、ヒガシチュウゴクアジサシを絶滅の危険性が極めて高い「絶滅危惧IA類」に指定している。各方面の取り組みにより、ヒガシチュウゴクアジサシの個体群はここ数年、徐々に増加しており、現在は100羽を超えているとみられている。(寧波=新華社記者/殷暁聖)=2019(令和元)年7月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019073006810

  •  カワアジサシの子育て見守り3羽誕生雲南省盈江県
    2021年03月25日
    カワアジサシの子育て見守り3羽誕生雲南省盈江県

    25日、職員がカワアジサシのひなのために作った池。中国雲南省徳宏ダイ族チンポー族自治州盈江(えいこう)県でこのほど、同県林業草原局と同省銅壁関省級自然保護区盈江管護分局の職員の手厚い保護の下、カワアジサシのひな3羽が無事孵化(ふか)した。カワアジサシは、中国で国家1級重点保護野生動物に指定されるカモメ科の鳥で、ミャンマー国境に近い同県大盈江流域が主な生息地と子育ての場になっている。(昆明=新華社配信)=配信日:2021(令和3)年3月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021033106808

  •  (2)カワアジサシの子育て見守り3羽誕生雲南省盈江県
    2021年03月30日
    (2)カワアジサシの子育て見守り3羽誕生雲南省盈江県

    25日、孵化したばかりのカワアジサシのひな3羽。中国雲南省徳宏ダイ族チンポー族自治州盈江(えいこう)県でこのほど、同県林業草原局と同省銅壁関省級自然保護区盈江管護分局の職員の手厚い保護の下、カワアジサシのひな3羽が無事孵化(ふか)した。カワアジサシは、中国で国家1級重点保護野生動物に指定されるカモメ科の鳥で、ミャンマー国境に近い同県大盈江流域が主な生息地と子育ての場になっている。(昆明=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年3月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021033006653

  •  (1)カワアジサシの子育て見守り3羽誕生雲南省盈江県
    2021年03月30日
    (1)カワアジサシの子育て見守り3羽誕生雲南省盈江県

    25日、職員がカワアジサシのひなのために設置した暑さよけの場所。中国雲南省徳宏ダイ族チンポー族自治州盈江(えいこう)県でこのほど、同県林業草原局と同省銅壁関省級自然保護区盈江管護分局の職員の手厚い保護の下、カワアジサシのひな3羽が無事孵化(ふか)した。カワアジサシは、中国で国家1級重点保護野生動物に指定されるカモメ科の鳥で、ミャンマー国境に近い同県大盈江流域が主な生息地と子育ての場になっている。(昆明=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年3月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021033006654

  •  (6)カワアジサシの子育て見守り3羽誕生雲南省盈江県
    2021年03月30日
    (6)カワアジサシの子育て見守り3羽誕生雲南省盈江県

    25日、カワアジサシを無事孵化させるため職員が巣の周りに設置した防護ネット。中国雲南省徳宏ダイ族チンポー族自治州盈江(えいこう)県でこのほど、同県林業草原局と同省銅壁関省級自然保護区盈江管護分局の職員の手厚い保護の下、カワアジサシのひな3羽が無事孵化(ふか)した。カワアジサシは、中国で国家1級重点保護野生動物に指定されるカモメ科の鳥で、ミャンマー国境に近い同県大盈江流域が主な生息地と子育ての場になっている。(昆明=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年3月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021033006675

  •  (4)カワアジサシの子育て見守り3羽誕生雲南省盈江県
    2021年03月30日
    (4)カワアジサシの子育て見守り3羽誕生雲南省盈江県

    餌を分かち合って食べる2羽のカワアジサシ。(2018年3月12日撮影)中国雲南省徳宏ダイ族チンポー族自治州盈江(えいこう)県でこのほど、同県林業草原局と同省銅壁関省級自然保護区盈江管護分局の職員の手厚い保護の下、カワアジサシのひな3羽が無事孵化(ふか)した。カワアジサシは、中国で国家1級重点保護野生動物に指定されるカモメ科の鳥で、ミャンマー国境に近い同県大盈江流域が主な生息地と子育ての場になっている。(昆明=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年3月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021033006656

  •  (1)絶滅危惧種カワアジサシの撮影に成功雲南省盈江県
    2021年12月20日
    (1)絶滅危惧種カワアジサシの撮影に成功雲南省盈江県

    13日、生態写真家の何海燕(か・かいえん)さんが大盈江流域で撮影したカワアジサシ。中国雲南省徳宏ダイ族チンポー族自治州盈江(えいこう)県の大盈江流域でこのほど、地元の生態写真家がカワアジサシ3羽を撮影した。カワアジサシは中国で国家1級重点保護野生動物に指定されるカモメ科の鳥で、毎年12月中旬~下旬に同県に戻って繁殖と子育てを行い、翌年7月初旬に去っていく。地元の自然保護区などの関係部門はここ数年、カワアジサシを保護し、順調に繁殖させるため、巣の周りに網囲いを設置し、監視活動を継続して実施した。(昆明=新華社配信/何海燕)= 配信日: 2021(令和3)年12月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021122008597

  •  (2)絶滅危惧種カワアジサシの撮影に成功雲南省盈江県
    2021年12月20日
    (2)絶滅危惧種カワアジサシの撮影に成功雲南省盈江県

    16日、生態写真家の何海燕(か・かいえん)さんが大盈江流域で撮影したカワアジサシ。中国雲南省徳宏ダイ族チンポー族自治州盈江(えいこう)県の大盈江流域でこのほど、地元の生態写真家がカワアジサシ3羽を撮影した。カワアジサシは中国で国家1級重点保護野生動物に指定されるカモメ科の鳥で、毎年12月中旬~下旬に同県に戻って繁殖と子育てを行い、翌年7月初旬に去っていく。地元の自然保護区などの関係部門はここ数年、カワアジサシを保護し、順調に繁殖させるため、巣の周りに網囲いを設置し、監視活動を継続して実施した。(昆明=新華社配信/何海燕)= 配信日: 2021(令和3)年12月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021122008596

  •  (3)絶滅危惧種カワアジサシの撮影に成功雲南省盈江県
    2021年12月20日
    (3)絶滅危惧種カワアジサシの撮影に成功雲南省盈江県

    16日、生態写真家の何海燕(か・かいえん)さんが大盈江流域で撮影したカワアジサシ。中国雲南省徳宏ダイ族チンポー族自治州盈江(えいこう)県の大盈江流域でこのほど、地元の生態写真家がカワアジサシ3羽を撮影した。カワアジサシは中国で国家1級重点保護野生動物に指定されるカモメ科の鳥で、毎年12月中旬~下旬に同県に戻って繁殖と子育てを行い、翌年7月初旬に去っていく。地元の自然保護区などの関係部門はここ数年、カワアジサシを保護し、順調に繁殖させるため、巣の周りに網囲いを設置し、監視活動を継続して実施した。(昆明=新華社配信/何海燕)= 配信日: 2021(令和3)年12月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021122008598

  •  (4)絶滅危惧種カワアジサシの撮影に成功雲南省盈江県
    2021年12月20日
    (4)絶滅危惧種カワアジサシの撮影に成功雲南省盈江県

    16日、生態写真家の何海燕(か・かいえん)さんが大盈江流域で撮影したカワアジサシ。中国雲南省徳宏ダイ族チンポー族自治州盈江(えいこう)県の大盈江流域でこのほど、地元の生態写真家がカワアジサシ3羽を撮影した。カワアジサシは中国で国家1級重点保護野生動物に指定されるカモメ科の鳥で、毎年12月中旬~下旬に同県に戻って繁殖と子育てを行い、翌年7月初旬に去っていく。地元の自然保護区などの関係部門はここ数年、カワアジサシを保護し、順調に繁殖させるため、巣の周りに網囲いを設置し、監視活動を継続して実施した。(昆明=新華社配信/何海燕)= 配信日: 2021(令和3)年12月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021122008617

  •  「新華社」絶滅危惧種のアジサシを湿地で確認福建省福州市
    00:50.17
    2022年04月15日
    「新華社」絶滅危惧種のアジサシを湿地で確認福建省福州市

    中国福建省福州市の閩江(びんこう)河口湿地でこのほど、ヒガシチュウゴクアジサシ(学名:Thalasseusbernsteini)が姿を現した。同種は世界的に絶滅が危惧されるカモメ科の鳥で、中国大陸で初めて発見されたことからこの名が付いた。数が少なく追跡も難しいため、研究者の間では「神話の鳥」と呼ばれ、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストで絶滅危惧種に指定されている。ヒガシチュウゴクアジサシは2004年、閩江河口湿地に再び姿を現して以降、毎年4~9月に同湿地の砂州で繁殖、生息している。研究者によると、全世界の生息数は100羽に満たないが、同湿地では一度に16羽が確認されたこともあるという。(記者/郭圻) =配信日: 2022(令和4)年4月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022041511550

  •  INDIA-WILDLIFE
    2023年04月04日
    INDIA-WILDLIFE

    The common gull (Cepora nerissa) is a small to medium-sized butterfly of the family Pieridae, that is, the yellows and whites, which is native to Sri Lanka, India, China, Southeast Asia, and Indonesia. The butterfly is very strong in flight near the ground, and the wingspan of the common gull is 40-65 mm. After a long flight, it rests on an exposed leaf or bush. They feed on flowers of Tridax procumbens, Sida rhombifolia, Alternanthera, and Lantana. A common gull butterfly mating pair was on the leaves and almost camouflaged by the leaves in a forest at Tehatta, West Bengal; India on 04/04/2023. (Photo by Soumyabrata Roy/NurPhoto)、クレジット:Soumyabrata Roy/NurPhoto/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023040513243

  • 1