KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 令和
  • 指定
  • 繁殖
  • 低木
  • 認定
  • 野生動物保護協会
  • 渡り鳥
  • 水辺
  • 湿地
  • 資料

「カラシラサギ」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
15
( 1 15 件を表示)
  • 1
15
( 1 15 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2020年09月21日
    広東省、希少水鳥の調査プロジェクトを開始

    大空を羽ばたくカラシラサギ。(資料写真)中国広東省林業局は19日、珠海市観鳥協会が開いた公益講座で、同協会や珠海市自然資源モニタリングセンター、深圳市観鳥協会などの機関と共同でカラシラサギなど希少水鳥の同時調査プロジェクトを立ち上げた。プロジェクトは、これらの水鳥の分布状況を把握するほか、渡り鳥の移動経路の巡視やモニタリングを実施し、広東省内の重要湿地における渡り鳥の移動データを収集する。(広州=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020092505438

  • 2020年09月21日
    広東省、希少水鳥の調査プロジェクトを開始

    水辺で戯れるカラシラサギ。(資料写真)中国広東省林業局は19日、珠海市観鳥協会が開いた公益講座で、同協会や珠海市自然資源モニタリングセンター、深圳市観鳥協会などの機関と共同でカラシラサギなど希少水鳥の同時調査プロジェクトを立ち上げた。プロジェクトは、これらの水鳥の分布状況を把握するほか、渡り鳥の移動経路の巡視やモニタリングを実施し、広東省内の重要湿地における渡り鳥の移動データを収集する。(広州=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020092505509

  • 2020年09月21日
    広東省、希少水鳥の調査プロジェクトを開始

    水辺を歩くカラシラサギ。(資料写真)中国広東省林業局は19日、珠海市観鳥協会が開いた公益講座で、同協会や珠海市自然資源モニタリングセンター、深圳市観鳥協会などの機関と共同でカラシラサギなど希少水鳥の同時調査プロジェクトを立ち上げた。プロジェクトは、これらの水鳥の分布状況を把握するほか、渡り鳥の移動経路の巡視やモニタリングを実施し、広東省内の重要湿地における渡り鳥の移動データを収集する。(広州=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020092505435

  • 2021年05月06日
    (5)大連の広鹿島にカラシラサギ飛来遼寧省

    1日、長広鹿島の低木に止まるカラシラサギ。中国遼寧省大連市長海県の広鹿島でこのほど、カラシラサギが多数飛来し繁殖を始めた。同県は2016年、中国野生動物保護協会から「中国カラシラサギの里」に認定されている。カラシラサギは希少な水鳥で、2021年に中国の1級野生保護動物に指定された。(長海=新華社配信/劉徳斌)= 配信日: 2021(令和3)年5月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021050606273

  • 2021年05月06日
    (3)大連の広鹿島にカラシラサギ飛来遼寧省

    1日、広鹿島の低木に止まるカラシラサギ。中国遼寧省大連市長海県の広鹿島でこのほど、カラシラサギが多数飛来し繁殖を始めた。同県は2016年、中国野生動物保護協会から「中国カラシラサギの里」に認定されている。カラシラサギは希少な水鳥で、2021年に中国の1級野生保護動物に指定された。(長海=新華社配信/劉徳斌)= 配信日: 2021(令和3)年5月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021050606274

  • 2021年05月06日
    (1)大連の広鹿島にカラシラサギ飛来遼寧省

    1日、広鹿島の低木に止まるカラシラサギ。中国遼寧省大連市長海県の広鹿島でこのほど、カラシラサギが多数飛来し繁殖を始めた。同県は2016年、中国野生動物保護協会から「中国カラシラサギの里」に認定されている。カラシラサギは希少な水鳥で、2021年に中国の1級野生保護動物に指定された。(長海=新華社配信/劉徳斌)= 配信日: 2021(令和3)年5月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021050606268

  • 2021年05月06日
    (9)大連の広鹿島にカラシラサギ飛来遼寧省

    1日、広鹿島の低木に止まるカラシラサギ。中国遼寧省大連市長海県の広鹿島でこのほど、カラシラサギが多数飛来し繁殖を始めた。同県は2016年、中国野生動物保護協会から「中国カラシラサギの里」に認定されている。カラシラサギは希少な水鳥で、2021年に中国の1級野生保護動物に指定された。(長海=新華社配信/劉徳斌)= 配信日: 2021(令和3)年5月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021050606270

  • 2021年05月06日
    (7)大連の広鹿島にカラシラサギ飛来遼寧省

    1日、広鹿島の低木に止まるカラシラサギ。中国遼寧省大連市長海県の広鹿島でこのほど、カラシラサギが多数飛来し繁殖を始めた。同県は2016年、中国野生動物保護協会から「中国カラシラサギの里」に認定されている。カラシラサギは希少な水鳥で、2021年に中国の1級野生保護動物に指定された。(長海=新華社配信/劉徳斌)= 配信日: 2021(令和3)年5月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021050606265

  • 2021年05月06日
    (4)大連の広鹿島にカラシラサギ飛来遼寧省

    1日、広鹿島の低木に止まるカラシラサギ。中国遼寧省大連市長海県の広鹿島でこのほど、カラシラサギが多数飛来し繁殖を始めた。同県は2016年、中国野生動物保護協会から「中国カラシラサギの里」に認定されている。カラシラサギは希少な水鳥で、2021年に中国の1級野生保護動物に指定された。(長海=新華社配信/劉徳斌)= 配信日: 2021(令和3)年5月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021050606269

  • 2021年05月06日
    (6)大連の広鹿島にカラシラサギ飛来遼寧省

    1日、広鹿島の低木に止まるカラシラサギ。中国遼寧省大連市長海県の広鹿島でこのほど、カラシラサギが多数飛来し繁殖を始めた。同県は2016年、中国野生動物保護協会から「中国カラシラサギの里」に認定されている。カラシラサギは希少な水鳥で、2021年に中国の1級野生保護動物に指定された。(長海=新華社配信/劉徳斌)= 配信日: 2021(令和3)年5月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021050606271

  • 2021年05月06日
    (8)大連の広鹿島にカラシラサギ飛来遼寧省

    1日、広鹿島の低木に止まるカラシラサギ。中国遼寧省大連市長海県の広鹿島でこのほど、カラシラサギが多数飛来し繁殖を始めた。同県は2016年、中国野生動物保護協会から「中国カラシラサギの里」に認定されている。カラシラサギは希少な水鳥で、2021年に中国の1級野生保護動物に指定された。(長海=新華社配信/劉徳斌)= 配信日: 2021(令和3)年5月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021050606272

  • 2021年05月06日
    (2)大連の広鹿島にカラシラサギ飛来遼寧省

    1日、広鹿島の低木に止まるカラシラサギ。中国遼寧省大連市長海県の広鹿島でこのほど、カラシラサギが多数飛来し繁殖を始めた。同県は2016年、中国野生動物保護協会から「中国カラシラサギの里」に認定されている。カラシラサギは希少な水鳥で、2021年に中国の1級野生保護動物に指定された。(長海=新華社配信/劉徳斌)= 配信日: 2021(令和3)年5月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021050606267

  • 2021年06月15日
    (1)渡り鳥を守る北部湾の美しい生態系広西チワン族自治区

    水辺を歩くカラシラサギ。(2018年4月30日撮影)世界では毎年、数十億羽の渡り鳥が大陸間を移動するが、8本ある渡りルートのうち3本が中国を経由する。うち一つの東アジア・オーストラリア地域フライウェイ上に位置する広西チワン族自治区の北部湾は、南へ向かう多くの渡り鳥の中継地点となっている。沿岸は干潟や山林、島などの資源が豊かで、毎年多くの水鳥や猛禽類がここで羽を休め、餌を探す。(南寧=新華社配信/唐上波)= 配信日: 2021(令和3)年6月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061511479

  • 00:27.22
    2021年12月09日
    「新華社」絶滅危惧種コウライアイサ、韶関市に姿現す広東省

    中国の南嶺山脈南麓に位置する広東省韶関市乳源ヤオ族自治県の南水湖にこのほど、国家1級保護野生動物のコウライアイサ45羽が姿を現した。南嶺地区でコウライアイサが確認されたのは今回が初めて。コウライアイサは1千万年余りにわたり存在し続けてきた種で、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストで絶滅危惧種に指定されている。主に中国東北地区で繁殖し、毎年10月に長江流域や長江以南地域へ移動して越冬する。広東省科学院動物研究所の張強(ちょう・きょう)副所長によると、コウライアイサは主に水質が良く、餌が豊富で樹木が密集しているなどの条件を備えた水辺で活動するため、環境状況を知る上で重要な「指標種」になっているという。同省ではここ数年、アカハジロ、カラフトアオアシシギ、ヘラシギ、カラシラサギなど絶滅の危機にひんしている希少鳥類が相次いで確認されており、生態環境が改善傾向にあることを示している。(記者/呉濤、胡拿雲) =配信日: 2021(令和3)年12月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021121000977

  • 2022年03月11日
    (4)世界最大のタンチョウ越冬地江蘇省塩城市

    塩城湿地のカラシラサギ。(資料写真)タンチョウは中国の国家1級保護動物で、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストでも絶滅危惧種に指定されている。江蘇省塩城市のタンチョウ越冬地は、市の中心部から約40キロ離れた広大な湿原で、訪れる人もほとんどいない。塩城国家級希少鳥類自然保護区は、世界最大のタンチョウの越冬地であり、毎年約600羽が越冬する。世界の渡り鳥の渡りルートの一つ「東アジア・オーストラリア地域フライウエイ」の中継地にもなっており、毎年約300万羽が立ち寄り、100万羽近くが冬を越す。(塩城=新華社配信/李東明)= 配信日: 2022(令和4)年3月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022031111666

  • 1