KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージリンク

  • キカラスウリ
  • 屋外
  • 令和
  • 平成
  • つる
  • 収穫
  • 記者
  • りゅう
  • 位置
  • 住環境

「カラスウリ」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
18
( 1 18 件を表示)
  • 1
18
( 1 18 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  •  夜になって花開いたカラスウリ
    -
    夜になって花開いたカラスウリ

    キーワード:カラスウリ、屋外、花、咲く、自然、植物、日本、白、無人、夜、葉、つる性植物、動植物メイン写真、花開く=撮影日不明、和歌山県那智勝浦町、クレジット:Masafumi_Kimura/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021041512446

  • 「四季の窓」 凍上
    1993年11月02日
    「四季の窓」 凍上

    カラスウリ

    商品コード: 1993110200015

  • カラスウリ 動・植物(カラスウリ)
    2004年08月03日
    カラスウリ 動・植物(カラスウリ)

    野の花=2004(平成16)年8月3日、茨城県、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ [20040803DN2436]

    商品コード: 2017121200308

  •  参詣道にカラスウリの花
    2004年08月12日
    参詣道にカラスウリの花

    参詣道「高野山町石道」の登り口に咲いたカラスウリの花=11日夜、和歌山県九度山町

    商品コード: 2004081200154

  •  カラスウリとアキアカネ
    2006年10月28日
    カラスウリとアキアカネ

    キーワード:1匹、アキアカネ、オレンジ色、アップ、トンボ、カラスウリ、昆虫、実、生き物、日本、無人、動植物メイン写真=2006(平成18)年10月28日、埼玉県さいたま市、クレジット:Hiromi Suzuki/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020060205441

  •  カラスウリとツユムシ
    2006年11月01日
    カラスウリとツユムシ

    キーワード:1匹、オレンジ色、アップ、ツユムシ、カラスウリ、昆虫、実、生き物、日本、無人、動植物メイン写真=2006(平成18)年11月1日、埼玉県さいたま市、クレジット:Hiromi Suzuki/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020060205309

  •  カラスウリ
    2010年12月07日
    カラスウリ

    キーワード:1個、カラスウリ、屋外、植物、冬、日本、無人、動植物メイン写真=2010(平成22)年12月7日、撮影場所不明、クレジット:mizuki/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020070809764

  •  キカラスウリ
    2013年09月10日
    キカラスウリ

    キーワード:キカラスウリ、屋外、花、午前中、初秋、日本、白、無人、斜俯瞰、動植物メイン写真=2013(平成25)年9月10日、宮城県仙台市、クレジット:HASHI NORIO/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062609481

  •  キカラスウリ
    2013年09月10日
    キカラスウリ

    キーワード:キカラスウリ、屋外、花、午前中、初秋、日本、白、無人、斜俯瞰、動植物メイン写真=2013(平成25)年9月10日、宮城県仙台市、クレジット:HASHI NORIO/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062609374

  •  中国各地で収穫·加工作業に励む人々
    2018年12月24日
    中国各地で収穫·加工作業に励む人々

    24日、江蘇省淮安(わいあん)市塩化学工業パークの双湖村にある家庭農園で、キカラスウリを収穫する農民。冬至が過ぎ、中国各地の農村などでは、人々が忙しそうに収穫・加工作業に励んでいる。(淮安=新華社配信/趙啓瑞)=2018(平成30)年12月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018122718396

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:25.39
    2019年03月19日
    「新華社」温室の中の生命力寧夏回族自治区青銅峡市

    中国寧夏回族自治区では3月中旬になっても寒さが続き、緑色の草木を探し出すことは難しいが、施設園芸農業パークを訪れると春の息吹を感じられる。青銅峡市大壩(だいは)鎮蔣東(しょうとう)村の農業パークの温室に入ると、緑の枝にぶら下がった真っ赤なイチゴが目に飛び込んでくる。多肉植物の花を専門に栽培、販売する別の大きな温室の中は、さらに色とりどりで生命力に満ちており、多くの市民が花の鑑賞や購入を目的に遠くから訪れている。蔣東村は、自治区内で最も早く温室栽培を始めた村の一つで、同村の温室はここ十数年で2回の「高度化とモデルチェンジ」を行った。多肉植物やトマト、キカラスウリ、イチゴ、ブドウなど、栽培する作物も増えている。水不足が発展の足かせとなっていた地元村民らは、これら温室により貧困からの脱却に成功した。(記者/盧鷹)<映像内容>中国の農業パークの風景、イチゴや多肉植物など栽培の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032000303

  •  夜になって花開いたカラスウリ
    2019年08月17日
    夜になって花開いたカラスウリ

    キーワード:カラスウリ、屋外、花、咲く、自然、植物、日本、白、無人、夜、つる性植物、動植物メイン写真、花開く=2019(令和元)年8月17日、和歌山県那智勝浦町、クレジット:Masafumi_Kimura/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021041512351

  •  夜になって少しづつ花を開こうとするカラスウリ
    2019年08月17日
    夜になって少しづつ花を開こうとするカラスウリ

    キーワード:カラスウリ、屋外、花、開く、開く、咲く、自然、少し、植物、日本、白、無人、夜、つる性植物、動植物メイン写真、づつ=2019(令和元)年8月17日、和歌山県那智勝浦町、クレジット:Masafumi_Kimura/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021041512435

  •  夜になって花開いたカラスウリ
    2019年08月17日
    夜になって花開いたカラスウリ

    キーワード:カラスウリ、屋外、花、咲く、自然、植物、日本、白、無人、夜、葉、つる性植物、動植物メイン写真、花開く=2019(令和元)年8月17日、和歌山県那智勝浦町、クレジット:Masafumi_Kimura/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021041513881

  •  夜になって花開いたカラスウリ
    2019年08月17日
    夜になって花開いたカラスウリ

    キーワード:カラスウリ、屋外、花、咲く、自然、植物、日本、白、無人、夜、葉、つる性植物、動植物メイン写真、花開く=2019(令和元)年8月17日、和歌山県那智勝浦町、クレジット:Masafumi_Kimura/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021041514262

  •  故郷に戻り母と共に貧困脱却に貢献貴州省
    2020年11月11日
    故郷に戻り母と共に貧困脱却に貢献貴州省

    11日、従江県停洞鎮東勤村で、収穫したキカラスウリの運搬を手伝う劉瑛さん(左端)と賀常楽さん(左から2人目)。中国貴州省出身の賀常楽(が・じょうらく)さん(29)は大学卒業後、故郷に戻ることを選んだ。2019年末、母親の劉瑛(りゅう・えい)さん(52)と共に同省従江県の供給販売協同組合の連合組織「供銷合作社連合社」によって、県内の停洞鎮東勤村に派遣され、貧困脱却支援活動隊員として駐在している。月亮山地区に位置する同県は、国家貧困脱却支援開発業務の重点県で、省内で貧困脱却を果たせていない9県の一つでもある。賀さん親子は県城(県政府所在地)から遠く離れた村に住み、職場や住環境の厳しさや不便さに直面しつつも、山奥で貧困脱却支援業務に励んでいる。(貴陽=新華社記者/楊文斌)=2020(令和2)年11月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020112601132

  •  故郷に戻り母と共に貧困脱却に貢献貴州省
    2020年11月11日
    故郷に戻り母と共に貧困脱却に貢献貴州省

    11日、従江県停洞鎮東勤村でキカラスウリの収穫を手伝う劉瑛さん(右)と賀常楽さん。中国貴州省出身の賀常楽(が・じょうらく)さん(29)は大学卒業後、故郷に戻ることを選んだ。2019年末、母親の劉瑛(りゅう・えい)さん(52)と共に同省従江県の供給販売協同組合の連合組織「供銷合作社連合社」によって、県内の停洞鎮東勤村に派遣され、貧困脱却支援活動隊員として駐在している。月亮山地区に位置する同県は、国家貧困脱却支援開発業務の重点県で、省内で貧困脱却を果たせていない9県の一つでもある。賀さん親子は県城(県政府所在地)から遠く離れた村に住み、職場や住環境の厳しさや不便さに直面しつつも、山奥で貧困脱却支援業務に励んでいる。(貴陽=新華社記者/楊文斌)=2020(令和2)年11月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020112601357

  •  故郷に戻り母と共に貧困脱却に貢献貴州省
    2020年11月11日
    故郷に戻り母と共に貧困脱却に貢献貴州省

    11日、従江県停洞鎮東勤村で、収穫したキカラスウリの運搬を手伝う劉瑛さん(手前)と賀常楽さん(手前から2人目)。中国貴州省出身の賀常楽(が・じょうらく)さん(29)は大学卒業後、故郷に戻ることを選んだ。2019年末、母親の劉瑛(りゅう・えい)さん(52)と共に同省従江県の供給販売協同組合の連合組織「供銷合作社連合社」によって、県内の停洞鎮東勤村に派遣され、貧困脱却支援活動隊員として駐在している。月亮山地区に位置する同県は、国家貧困脱却支援開発業務の重点県で、省内で貧困脱却を果たせていない9県の一つでもある。賀さん親子は県城(県政府所在地)から遠く離れた村に住み、職場や住環境の厳しさや不便さに直面しつつも、山奥で貧困脱却支援業務に励んでいる。(貴陽=新華社記者/楊文斌)=2020(令和2)年11月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020112601521

  • 1