KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • ラサ
  • 令和
  • 記者
  • めのう
  • サファイア
  • サンゴ
  • チベット仏教
  • 世紀
  • 仏画
  • 伝承

「カルプ区」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
12
( 1 12 件を表示)
  • 1
12
( 1 12 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2020年06月07日
    空から見た「秘境」チベット自治区チャムド市

    7日、緑濃く桃源郷のような世界が広がるチャムド市カルプ区加林村。(小型無人機から)雄大な山々が連なり三江(金沙江、瀾滄江、怒江)が流れる中国チベット自治区チャムド(昌都)市は、2019年末までに累計3万8400世帯19万4600人と1127の村、11の県(区)が貧困から脱却し、同市史上初の「絶対的貧困」の解消に成功した。(ラサ=新華社記者/白少波)=2020(令和2)年6月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062204961

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年10月03日
    タンカ芸術で豊かな生活を目指すチベット自治区

    ガマドーラさんと記念撮影する研修生ら。(10月3日撮影)中国チベット自治区はここ数年、現代的な職業教育の発展に力を入れている。チベット仏教の仏画「タンカ」の芸術大家で、同自治区の無形文化遺産の伝承者、ガマドーラさん(88)が同自治区チャムド(昌都)市カルプ区嘎瑪郷に設立した伝統工芸品の制作技術者養成所では現在、研修生460人がタンカの技術を学んでいる。同養成所は伝統工芸品の技法を刷新し、地元住民の貧困脱却を後押ししている。昨年の住民1人当たりの年収は約20万元(1元=約16円)に上り、研修生112人はタンカの技術を身につけることで、家族を貧困から救う手助けをしてきた。タンカは綿や絹に描かれたチベット仏教の仏画の掛け軸で、サンゴや瑪瑙(めのう)、サファイア、真珠、金などの天然鉱物から作られる顔料で描かれる。これらの顔料を使って制作されたタンカ作品は、何世紀にもわたってその色を保つことができるという。(ラサ=新華社記者/普布扎西)=2020(令和2)年10月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020112601179

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年10月03日
    タンカ芸術で豊かな生活を目指すチベット自治区

    チャムド市カルプ区嘎瑪郷にある伝統工芸品の制作技術者養成所で、タンカの技術を学ぶ研修生。(10月3日撮影)中国チベット自治区はここ数年、現代的な職業教育の発展に力を入れている。チベット仏教の仏画「タンカ」の芸術大家で、同自治区の無形文化遺産の伝承者、ガマドーラさん(88)が同自治区チャムド(昌都)市カルプ区嘎瑪郷に設立した伝統工芸品の制作技術者養成所では現在、研修生460人がタンカの技術を学んでいる。同養成所は伝統工芸品の技法を刷新し、地元住民の貧困脱却を後押ししている。昨年の住民1人当たりの年収は約20万元(1元=約16円)に上り、研修生112人はタンカの技術を身につけることで、家族を貧困から救う手助けをしてきた。タンカは綿や絹に描かれたチベット仏教の仏画の掛け軸で、サンゴや瑪瑙(めのう)、サファイア、真珠、金などの天然鉱物から作られる顔料で描かれる。これらの顔料を使って制作されたタンカ作品は、何世紀にもわたってその色を保つことができるという。(ラサ=新華社記者/晋美多吉)=2020(令和2)年10月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020112601183

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年10月03日
    タンカ芸術で豊かな生活を目指すチベット自治区

    チャムド市カルプ区嘎瑪郷にある伝統工芸品の制作技術者養成所で、タンカの技術を教えるガマドーラさん。(10月3日撮影)中国チベット自治区はここ数年、現代的な職業教育の発展に力を入れている。チベット仏教の仏画「タンカ」の芸術大家で、同自治区の無形文化遺産の伝承者、ガマドーラさん(88)が同自治区チャムド(昌都)市カルプ区嘎瑪郷に設立した伝統工芸品の制作技術者養成所では現在、研修生460人がタンカの技術を学んでいる。同養成所は伝統工芸品の技法を刷新し、地元住民の貧困脱却を後押ししている。昨年の住民1人当たりの年収は約20万元(1元=約16円)に上り、研修生112人はタンカの技術を身につけることで、家族を貧困から救う手助けをしてきた。タンカは綿や絹に描かれたチベット仏教の仏画の掛け軸で、サンゴや瑪瑙(めのう)、サファイア、真珠、金などの天然鉱物から作られる顔料で描かれる。これらの顔料を使って制作されたタンカ作品は、何世紀にもわたってその色を保つことができるという。(ラサ=新華社記者/普布扎西)=2020(令和2)年10月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020112600784

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年10月03日
    タンカ芸術で豊かな生活を目指すチベット自治区

    チャムド市カルプ区嘎瑪郷にある伝統工芸品の制作技術者養成所で、タンカの技術を教えるガマドーラさん。(10月3日撮影)中国チベット自治区はここ数年、現代的な職業教育の発展に力を入れている。チベット仏教の仏画「タンカ」の芸術大家で、同自治区の無形文化遺産の伝承者、ガマドーラさん(88)が同自治区チャムド(昌都)市カルプ区嘎瑪郷に設立した伝統工芸品の制作技術者養成所では現在、研修生460人がタンカの技術を学んでいる。同養成所は伝統工芸品の技法を刷新し、地元住民の貧困脱却を後押ししている。昨年の住民1人当たりの年収は約20万元(1元=約16円)に上り、研修生112人はタンカの技術を身につけることで、家族を貧困から救う手助けをしてきた。タンカは綿や絹に描かれたチベット仏教の仏画の掛け軸で、サンゴや瑪瑙(めのう)、サファイア、真珠、金などの天然鉱物から作られる顔料で描かれる。これらの顔料を使って制作されたタンカ作品は、何世紀にもわたってその色を保つことができるという。(ラサ=新華社記者/晋美多吉)=2020(令和2)年10月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020112601187

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年10月03日
    タンカ芸術で豊かな生活を目指すチベット自治区

    チャムド市カルプ区嘎瑪郷にある伝統工芸品の制作技術者養成所で、タンカの技術を学ぶ研修生。(10月3日撮影)中国チベット自治区はここ数年、現代的な職業教育の発展に力を入れている。チベット仏教の仏画「タンカ」の芸術大家で、同自治区の無形文化遺産の伝承者、ガマドーラさん(88)が同自治区チャムド(昌都)市カルプ区嘎瑪郷に設立した伝統工芸品の制作技術者養成所では現在、研修生460人がタンカの技術を学んでいる。同養成所は伝統工芸品の技法を刷新し、地元住民の貧困脱却を後押ししている。昨年の住民1人当たりの年収は約20万元(1元=約16円)に上り、研修生112人はタンカの技術を身につけることで、家族を貧困から救う手助けをしてきた。タンカは綿や絹に描かれたチベット仏教の仏画の掛け軸で、サンゴや瑪瑙(めのう)、サファイア、真珠、金などの天然鉱物から作られる顔料で描かれる。これらの顔料を使って制作されたタンカ作品は、何世紀にもわたってその色を保つことができるという。(ラサ=新華社記者/晋美多吉)=2020(令和2)年10月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020112600904

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年10月03日
    タンカ芸術で豊かな生活を目指すチベット自治区

    チャムド市カルプ区嘎瑪郷にある伝統工芸品の制作技術者養成所で、タンカの技術を学ぶ研修生。(10月3日撮影)中国チベット自治区はここ数年、現代的な職業教育の発展に力を入れている。チベット仏教の仏画「タンカ」の芸術大家で、同自治区の無形文化遺産の伝承者、ガマドーラさん(88)が同自治区チャムド(昌都)市カルプ区嘎瑪郷に設立した伝統工芸品の制作技術者養成所では現在、研修生460人がタンカの技術を学んでいる。同養成所は伝統工芸品の技法を刷新し、地元住民の貧困脱却を後押ししている。昨年の住民1人当たりの年収は約20万元(1元=約16円)に上り、研修生112人はタンカの技術を身につけることで、家族を貧困から救う手助けをしてきた。タンカは綿や絹に描かれたチベット仏教の仏画の掛け軸で、サンゴや瑪瑙(めのう)、サファイア、真珠、金などの天然鉱物から作られる顔料で描かれる。これらの顔料を使って制作されたタンカ作品は、何世紀にもわたってその色を保つことができるという。(ラサ=新華社記者/普布扎西)=2020(令和2)年10月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020112600751

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年10月03日
    タンカ芸術で豊かな生活を目指すチベット自治区

    チャムド市カルプ区嘎瑪郷にある伝統工芸品の制作技術者養成所で、タンカの技術を教えるガマドーラさん。(10月3日撮影)中国チベット自治区はここ数年、現代的な職業教育の発展に力を入れている。チベット仏教の仏画「タンカ」の芸術大家で、同自治区の無形文化遺産の伝承者、ガマドーラさん(88)が同自治区チャムド(昌都)市カルプ区嘎瑪郷に設立した伝統工芸品の制作技術者養成所では現在、研修生460人がタンカの技術を学んでいる。同養成所は伝統工芸品の技法を刷新し、地元住民の貧困脱却を後押ししている。昨年の住民1人当たりの年収は約20万元(1元=約16円)に上り、研修生112人はタンカの技術を身につけることで、家族を貧困から救う手助けをしてきた。タンカは綿や絹に描かれたチベット仏教の仏画の掛け軸で、サンゴや瑪瑙(めのう)、サファイア、真珠、金などの天然鉱物から作られる顔料で描かれる。これらの顔料を使って制作されたタンカ作品は、何世紀にもわたってその色を保つことができるという。(ラサ=新華社記者/普布扎西)=2020(令和2)年10月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020112600871

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年10月03日
    タンカ芸術で豊かな生活を目指すチベット自治区

    チャムド市カルプ区嘎瑪郷にある伝統工芸品の制作技術者養成所で、タンカの技術を教えるガマドーラさん。(10月3日撮影)中国チベット自治区はここ数年、現代的な職業教育の発展に力を入れている。チベット仏教の仏画「タンカ」の芸術大家で、同自治区の無形文化遺産の伝承者、ガマドーラさん(88)が同自治区チャムド(昌都)市カルプ区嘎瑪郷に設立した伝統工芸品の制作技術者養成所では現在、研修生460人がタンカの技術を学んでいる。同養成所は伝統工芸品の技法を刷新し、地元住民の貧困脱却を後押ししている。昨年の住民1人当たりの年収は約20万元(1元=約16円)に上り、研修生112人はタンカの技術を身につけることで、家族を貧困から救う手助けをしてきた。タンカは綿や絹に描かれたチベット仏教の仏画の掛け軸で、サンゴや瑪瑙(めのう)、サファイア、真珠、金などの天然鉱物から作られる顔料で描かれる。これらの顔料を使って制作されたタンカ作品は、何世紀にもわたってその色を保つことができるという。(ラサ=新華社記者/晋美多吉)=2020(令和2)年10月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020112601092

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年10月03日
    タンカ芸術で豊かな生活を目指すチベット自治区

    チャムド市カルプ区嘎瑪郷にある伝統工芸品の制作技術者養成所で、タンカの技術を教えるガマドーラさん。(10月3日撮影)中国チベット自治区はここ数年、現代的な職業教育の発展に力を入れている。チベット仏教の仏画「タンカ」の芸術大家で、同自治区の無形文化遺産の伝承者、ガマドーラさん(88)が同自治区チャムド(昌都)市カルプ区嘎瑪郷に設立した伝統工芸品の制作技術者養成所では現在、研修生460人がタンカの技術を学んでいる。同養成所は伝統工芸品の技法を刷新し、地元住民の貧困脱却を後押ししている。昨年の住民1人当たりの年収は約20万元(1元=約16円)に上り、研修生112人はタンカの技術を身につけることで、家族を貧困から救う手助けをしてきた。タンカは綿や絹に描かれたチベット仏教の仏画の掛け軸で、サンゴや瑪瑙(めのう)、サファイア、真珠、金などの天然鉱物から作られる顔料で描かれる。これらの顔料を使って制作されたタンカ作品は、何世紀にもわたってその色を保つことができるという。(ラサ=新華社記者/晋美多吉)=2020(令和2)年10月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020112601189

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年10月03日
    タンカ芸術で豊かな生活を目指すチベット自治区

    チャムド市カルプ区嘎瑪郷にある伝統工芸品の制作技術者養成所で、タンカの技術を学ぶ研修生。(10月3日撮影)中国チベット自治区はここ数年、現代的な職業教育の発展に力を入れている。チベット仏教の仏画「タンカ」の芸術大家で、同自治区の無形文化遺産の伝承者、ガマドーラさん(88)が同自治区チャムド(昌都)市カルプ区嘎瑪郷に設立した伝統工芸品の制作技術者養成所では現在、研修生460人がタンカの技術を学んでいる。同養成所は伝統工芸品の技法を刷新し、地元住民の貧困脱却を後押ししている。昨年の住民1人当たりの年収は約20万元(1元=約16円)に上り、研修生112人はタンカの技術を身につけることで、家族を貧困から救う手助けをしてきた。タンカは綿や絹に描かれたチベット仏教の仏画の掛け軸で、サンゴや瑪瑙(めのう)、サファイア、真珠、金などの天然鉱物から作られる顔料で描かれる。これらの顔料を使って制作されたタンカ作品は、何世紀にもわたってその色を保つことができるという。(ラサ=新華社記者/晋美多吉)=2020(令和2)年10月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020112601420

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年10月03日
    タンカ芸術で豊かな生活を目指すチベット自治区

    ガマドーラさんと研修生ら。(10月3日撮影)中国チベット自治区はここ数年、現代的な職業教育の発展に力を入れている。チベット仏教の仏画「タンカ」の芸術大家で、同自治区の無形文化遺産の伝承者、ガマドーラさん(88)が同自治区チャムド(昌都)市カルプ区嘎瑪郷に設立した伝統工芸品の制作技術者養成所では現在、研修生460人がタンカの技術を学んでいる。同養成所は伝統工芸品の技法を刷新し、地元住民の貧困脱却を後押ししている。昨年の住民1人当たりの年収は約20万元(1元=約16円)に上り、研修生112人はタンカの技術を身につけることで、家族を貧困から救う手助けをしてきた。タンカは綿や絹に描かれたチベット仏教の仏画の掛け軸で、サンゴや瑪瑙(めのう)、サファイア、真珠、金などの天然鉱物から作られる顔料で描かれる。これらの顔料を使って制作されたタンカ作品は、何世紀にもわたってその色を保つことができるという。(ラサ=新華社記者/晋美多吉)=2020(令和2)年10月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020112601525

  • 1