KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • ラプラタカワイルカ
  • 記者
  • ようこ
  • 鄱陽湖
  • 母親
  • 令和
  • 健康状態
  • 成長
  • 誕生
  • タオタオ

「カワイルカ」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
45
( 1 45 件を表示)
  • 1
45
( 1 45 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 1996年02月03日
    鴨川でイルカ国際シンポ 絶滅危機に人工繁殖期待も

    絶滅の恐れがあるヨウスコウカワイルカ(平元年国内2475)

    商品コード: 1996020300084

  • 2010年11月07日
    保護

    ウルグアイの保護施設で抱き上げられるラプラタカワイルカの赤ちゃん。漁網によってけがをしたとみられています。(ロイター=共同)

    商品コード: 2010110700037

  • 2010年12月07日
    元気になってね

    ウルグアイの首都モンテビデオの東方の町で、けがをした赤ちゃんカワイルカにえさを与える非政府組織(NGO)の代表。早く元気になってね。(ロイター=共同)

    商品コード: 2010120700230

  • 2011年10月18日
    母親代わり

    ウルグアイ沖で母親からはぐれたラプラタカワイルカの赤ちゃん。ミルクをあげる保護団体の男性の腕に抱かれてひと安心。(ロイター=共同)

    商品コード: 2011101800200

  • 2011年10月19日
    イルカの赤ちゃん 「海外おもしろフォト」

    ウルグアイ沖で母親からはぐれたラプラタカワイルカの赤ちゃん。ミルクをあげる保護団体の男性の腕に抱かれてひと安心。(ロイター=共同)

    商品コード: 2011101900138

  • 2012年08月28日
    癒やし

    南米アマゾン川の支流でカワイルカと触れ合う脳性まひの女性(右)と理学療法士の男性。セラピーの一種で、障害や病気がある低所得層の子どもは、無料で受けられるそうだ。(ロイター=共同)

    商品コード: 2012082800153

  • 2014年01月17日
    マナウスのイルカツアー 王国ブラジルでW杯

    北部アマゾン川流域のマナウスでは、餌付けされたカワイルカと触れ合うツアーが人気だ(共同)

    商品コード: 2014011700497

  • 2014年04月24日
    ピンクカワイルカツアー 雄大な大河、巨大魚も

    アマゾン川でピンクカワイルカと泳ぐツアー=2013年12月、マナウス(共同)

    商品コード: 2014042400689

  • 2018年07月16日
    上海博物館学創成期特別展、三館共同で開催

    16日、ヨウスコウカワイルカの骨格標本をスマートフォンで撮影する見学者。上海科技館、上海博物館、上海市歴史博物館(上海革命歴史博物館)が共同で開催する「百年の収蔵上海博物館学創成期」特別展が16日、上海市歴史博物館で開幕した。(上海=新華社記者/方喆)=2018(平成30)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018071800253

  • 2018年09月10日
    スナメリの赤ちゃん、生後100日すくすく成長

    10日、中国科学院水生生物研究所のヨウスコウカワイルカ館で母親と泳ぐスナメリの赤ちゃん(右)。中国科学院水生生物研究所は2005年、世界で初めて人工飼育で長江スナメリの繁殖に成功した。2018年6月2日に生まれた赤ちゃんは、無事に育った2例目となる。同研究所の専門家によると、健康状態は良好で、発育も正常であり、活発で魚を捕ることもできるようになったという。(北京=新華社記者/金立旺)=2018(平成30)年9月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018091216574

  • 2018年09月10日
    スナメリの赤ちゃん、生後100日すくすく成長

    10日、中国科学院水生生物研究所のヨウスコウカワイルカ館で噴気孔から息を吐くスナメリの赤ちゃん(手前)。中国科学院水生生物研究所は2005年、世界で初めて人工飼育で長江スナメリの繁殖に成功した。2018年6月2日に生まれた赤ちゃんは、無事に育った2例目となる。同研究所の専門家によると、健康状態は良好で、発育も正常であり、活発で魚を捕ることもできるようになったという。(北京=新華社記者/金立旺)=2018(平成30)年9月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018091216578

  • 2018年09月10日
    スナメリの赤ちゃん、生後100日すくすく成長

    10日、中国科学院水生生物研究所のヨウスコウカワイルカ館でスナメリの赤ちゃんと母親の様子を観察する科学研究員。中国科学院水生生物研究所は2005年、世界で初めて人工飼育で長江スナメリの繁殖に成功した。2018年6月2日に生まれた赤ちゃんは、無事に育った2例目となる。同研究所の専門家によると、健康状態は良好で、発育も正常であり、活発で魚を捕ることもできるようになったという。(北京=新華社記者/金立旺)=2018(平成30)年9月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018091216613

  • 2018年09月10日
    スナメリの赤ちゃん、生後100日すくすく成長

    10日、中国科学院水生生物研究所のヨウスコウカワイルカ館で母親と泳ぐスナメリの赤ちゃん(手前)。中国科学院水生生物研究所は2005年、世界で初めて人工飼育で長江スナメリの繁殖に成功した。2018年6月2日に生まれた赤ちゃんは、無事に育った2例目となる。同研究所の専門家によると、健康状態は良好で、発育も正常であり、活発で魚を捕ることもできるようになったという。(北京=新華社記者/金立旺)=2018(平成30)年9月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018091216448

  • 2018年11月10日
    「水中の妖精」長江スナメリ

    10日、長江スナメリに餌やりをする中国科学院武漢ヨウスコウカワイルカ館の飼育員。長江スナメリは太古の昔から存在する水生哺乳類で、2500万年前から生息しており、長江の「生きた化石」と呼ばれている。長江スナメリは長江主流の中下流域と長江に連なる2つの大きな湖、鄱陽湖(はようこ)、洞庭湖(どうていこ)にのみ生息する。科学調査研究によると、長江スナメリの現在の個体数はわずか千頭余りで、中国の国宝と呼ばれるパンダより少ないという。スナメリの保護は現在、主に移転保護と人工飼育により行われている。人工飼育保護の拠点となっている中国科学院水生生物研究所の武漢ヨウスコウカワイルカ館では現在、長江スナメリ6頭を飼育しており、最も若いスナメリは生後6か月で、平均9~10歳となっている。(武漢=新華社記者/肖芸九)=2018(平成30)年11月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018111429480

  • 2018年11月10日
    「水中の妖精」長江スナメリ

    10日、水中を泳ぎ回る長江スナメリ。長江スナメリは太古の昔から存在する水生哺乳類で、2500万年前から生息しており、長江の「生きた化石」と呼ばれている。長江スナメリは長江主流の中下流域と長江に連なる2つの大きな湖、鄱陽湖(はようこ)、洞庭湖(どうていこ)にのみ生息する。科学調査研究によると、長江スナメリの現在の個体数はわずか千頭余りで、中国の国宝と呼ばれるパンダより少ないという。スナメリの保護は現在、主に移転保護と人工飼育により行われている。人工飼育保護の拠点となっている中国科学院水生生物研究所の武漢ヨウスコウカワイルカ館では現在、長江スナメリ6頭を飼育しており、最も若いスナメリは生後6か月で、平均9~10歳となっている。(武漢=新華社記者/肖芸九)=2018(平成30)年11月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018111429527

  • 2018年11月10日
    「水中の妖精」長江スナメリ

    10日、長江スナメリに医療ケア訓練を行う中国科学院武漢ヨウスコウカワイルカ館の飼育員。長江スナメリは太古の昔から存在する水生哺乳類で、2500万年前から生息しており、長江の「生きた化石」と呼ばれている。長江スナメリは長江主流の中下流域と長江に連なる2つの大きな湖、鄱陽湖(はようこ)、洞庭湖(どうていこ)にのみ生息する。科学調査研究によると、長江スナメリの現在の個体数はわずか千頭余りで、中国の国宝と呼ばれるパンダより少ないという。スナメリの保護は現在、主に移転保護と人工飼育により行われている。人工飼育保護の拠点となっている中国科学院水生生物研究所の武漢ヨウスコウカワイルカ館では現在、長江スナメリ6頭を飼育しており、最も若いスナメリは生後6か月で、平均9~10歳となっている。(武漢=新華社記者/肖芸九)=2018(平成30)年11月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018111429418

  • 2018年11月10日
    「水中の妖精」長江スナメリ

    10日、水中を泳ぎ回る長江スナメリ。長江スナメリは太古の昔から存在する水生哺乳類で、2500万年前から生息しており、長江の「生きた化石」と呼ばれている。長江スナメリは長江主流の中下流域と長江に連なる2つの大きな湖、鄱陽湖(はようこ)、洞庭湖(どうていこ)にのみ生息する。科学調査研究によると、長江スナメリの現在の個体数はわずか千頭余りで、中国の国宝と呼ばれるパンダより少ないという。スナメリの保護は現在、主に移転保護と人工飼育により行われている。人工飼育保護の拠点となっている中国科学院水生生物研究所の武漢ヨウスコウカワイルカ館では現在、長江スナメリ6頭を飼育しており、最も若いスナメリは生後6か月で、平均9~10歳となっている。(武漢=新華社記者/肖芸九)=2018(平成30)年11月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018111429457

  • 2018年11月10日
    「水中の妖精」長江スナメリ

    10日、長江スナメリを観察するボランティアスタッフ。長江スナメリは太古の昔から存在する水生哺乳類で、2500万年前から生息しており、長江の「生きた化石」と呼ばれている。長江スナメリは長江主流の中下流域と長江に連なる2つの大きな湖、鄱陽湖(はようこ)、洞庭湖(どうていこ)にのみ生息する。科学調査研究によると、長江スナメリの現在の個体数はわずか千頭余りで、中国の国宝と呼ばれるパンダより少ないという。スナメリの保護は現在、主に移転保護と人工飼育により行われている。人工飼育保護の拠点となっている中国科学院水生生物研究所の武漢ヨウスコウカワイルカ館では現在、長江スナメリ6頭を飼育しており、最も若いスナメリは生後6か月で、平均9~10歳となっている。(武漢=新華社記者/肖芸九)=2018(平成30)年11月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018111429581

  • 2018年11月10日
    「水中の妖精」長江スナメリ

    10日、長江スナメリに医療ケア訓練を行う中国科学院武漢ヨウスコウカワイルカ館の飼育員。長江スナメリは太古の昔から存在する水生哺乳類で、2500万年前から生息しており、長江の「生きた化石」と呼ばれている。長江スナメリは長江主流の中下流域と長江に連なる2つの大きな湖、鄱陽湖(はようこ)、洞庭湖(どうていこ)にのみ生息する。科学調査研究によると、長江スナメリの現在の個体数はわずか千頭余りで、中国の国宝と呼ばれるパンダより少ないという。スナメリの保護は現在、主に移転保護と人工飼育により行われている。人工飼育保護の拠点となっている中国科学院水生生物研究所の武漢ヨウスコウカワイルカ館では現在、長江スナメリ6頭を飼育しており、最も若いスナメリは生後6か月で、平均9~10歳となっている。(武漢=新華社記者/肖芸九)=2018(平成30)年11月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018111429246

  • 2018年11月10日
    「水中の妖精」長江スナメリ

    10日、水中を泳ぎ回る長江スナメリ。長江スナメリは太古の昔から存在する水生哺乳類で、2500万年前から生息しており、長江の「生きた化石」と呼ばれている。長江スナメリは長江主流の中下流域と長江に連なる2つの大きな湖、鄱陽湖(はようこ)、洞庭湖(どうていこ)にのみ生息する。科学調査研究によると、長江スナメリの現在の個体数はわずか千頭余りで、中国の国宝と呼ばれるパンダより少ないという。スナメリの保護は現在、主に移転保護と人工飼育により行われている。人工飼育保護の拠点となっている中国科学院水生生物研究所の武漢ヨウスコウカワイルカ館では現在、長江スナメリ6頭を飼育しており、最も若いスナメリは生後6か月で、平均9~10歳となっている。(武漢=新華社記者/肖芸九)=2018(平成30)年11月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018111429301

  • 2018年11月10日
    「水中の妖精」長江スナメリ

    10日、長江スナメリに医療ケア訓練を行う中国科学院武漢ヨウスコウカワイルカ館の飼育員。長江スナメリは太古の昔から存在する水生哺乳類で、2500万年前から生息しており、長江の「生きた化石」と呼ばれている。長江スナメリは長江主流の中下流域と長江に連なる2つの大きな湖、鄱陽湖(はようこ)、洞庭湖(どうていこ)にのみ生息する。科学調査研究によると、長江スナメリの現在の個体数はわずか千頭余りで、中国の国宝と呼ばれるパンダより少ないという。スナメリの保護は現在、主に移転保護と人工飼育により行われている。人工飼育保護の拠点となっている中国科学院水生生物研究所の武漢ヨウスコウカワイルカ館では現在、長江スナメリ6頭を飼育しており、最も若いスナメリは生後6か月で、平均9~10歳となっている。(武漢=新華社記者/肖芸九)=2018(平成30)年11月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018111428948

  • 2018年11月10日
    「水中の妖精」長江スナメリ

    10日、水中を泳ぎ回る長江スナメリ。長江スナメリは太古の昔から存在する水生哺乳類で、2500万年前から生息しており、長江の「生きた化石」と呼ばれている。長江スナメリは長江主流の中下流域と長江に連なる2つの大きな湖、鄱陽湖(はようこ)、洞庭湖(どうていこ)にのみ生息する。科学調査研究によると、長江スナメリの現在の個体数はわずか千頭余りで、中国の国宝と呼ばれるパンダより少ないという。スナメリの保護は現在、主に移転保護と人工飼育により行われている。人工飼育保護の拠点となっている中国科学院水生生物研究所の武漢ヨウスコウカワイルカ館では現在、長江スナメリ6頭を飼育しており、最も若いスナメリは生後6か月で、平均9~10歳となっている。(武漢=新華社記者/肖芸九)=2018(平成30)年11月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018111429490

  • 01:38.56
    2018年11月13日
    「新華社」「水中の妖精」長江スナメリ

    長江スナメリは太古の昔から存在する水生哺乳類で、2500万年前から生息しており、長江の「生きた化石」と呼ばれている。長江スナメリは長江主流の中下流域と長江に連なる2つの大きな湖、鄱陽湖(はようこ)、洞庭湖(どうていこ)にのみ生息する。科学調査研究によると、長江スナメリの現在の個体数はわずか千頭余りで、中国の国宝と呼ばれるパンダより少ないという。スナメリの保護は現在、主に移転保護と人工飼育により行われている。人工飼育保護の拠点となっている中国科学院水生生物研究所の武漢ヨウスコウカワイルカ館では現在、長江スナメリ6頭を飼育しており、最も若いスナメリは生後6カ月で、平均9~10歳となっている。(記者/肖芸九、饒饒)<映像内容>スナメリが泳いでいる様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018111418632

  • 01:31.76
    2019年09月21日
    「新華社」人工飼育で生まれた2世代目のスナメリ、生後100日

    湖北省武漢市の中国科学院水生生物研究所ヨウスコウカワイルカ館は21日、記者会見を開き、人工環境下で誕生した4頭目の雌の長江スナメリ「F9C」が生後100日目を迎えたことを明らかにした。F9Cは、初めて完全な人工飼育下で繁殖に成功した2世代目の長江スナメリだという。同研究所水生生物多様性・資源保護研究センターの鄭勁松(てい・けいしょう)副主任によると、F9Cは今年6月11日にヨウスコウカワイルカ館で出生。健康状態は良好、発育も正常で、さまざまな行動を見せているという。この赤ちゃんスナメリの父親「淘淘(タオタオ)」は世界で初めて完全な人工飼育により繁殖に成功した長江スナメリで、現在14歳。母親は11歳のF9こと「福久(フージウ)」で、2011年に中国最大の淡水湖、鄱陽湖(はようこ)から引き取られた。同研究所の科学技術スタッフは2018年夏、行動を誘発したり、群れ同士を組み合わせたりする技術的な働きかけを通じて、淘淘と福久の交配促進に成功。2019年6月11日、胎児の尾の先端が露出しているのを科学技術スタッフが確認し、その後150分間の分娩を経て、F9Cが誕生した。(記者/潘志偉、方亜東)<映像内容>生後100日の長江スナメリ、親子で泳ぐ様子、撮影日:2019(令和元)年9月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019092504683

  • 00:59.71
    2019年11月15日
    「新華社」人工繁殖の2代目スナメリ、順調に成長

    中国湖北省武漢市の中国科学院水生生物研究所ヨウスコウカワイルカ館のスナメリ「F9C」は、初めて完全な人工環境下で生まれた2代目の長江スナメリだ。スナメリは「ほほ笑みの天使」とも呼ばれるクジラ目ネズミイルカ科スナメリ属の小型イルカで、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストで絶滅危惧種に指定されている。「F9C」は誕生から5カ月で健康かつ正常に成長し、さまざまな行動を見せている。F9Cは、2011年に鄱陽湖(はようこ)から同館にやって来た11歳の雌「福久」(F9)と、2005年に同館で世界初の完全な人工環境下での繁殖に成功した14歳の雄「淘淘」の間に誕生した。(記者/王自宸)<映像内容>長江スナメリの出産、親子で泳ぐ様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019111501459

  • 01:15.17
    2020年01月01日
    「新華社」長江の重点水域、通年禁漁に

    中国農業農村部はこのほど、「長江流域の重点水域における禁漁範囲と時期に関する通告」を発表し、2020年1月1日午前0時から長江流域の332の水生生物自然保護区と水産種資源保護区での産業的な漁獲を全面的に禁止した。長江は世界有数の水生生物の多様性を持つ。主流と重要支流の自然保護区および水産種質資源保護区を除く天然水域では、遅くとも2021年1月1日から10年間の暫定的な禁漁を実施する。長江の水生生物は、人間の活動による水質汚染や乱獲などにより長期にわたって繁殖を脅かされ続けてきた。例えば2006年に1800頭だったヨウスコウカワイルカの生息数は18年には1012頭となったことが調査で分かった。農業農村部の統計によると、長江流域の絶滅危惧魚類は92種、絶滅危惧種は300種近くに上る。今回の禁漁措置は従来の春季禁漁とは全く異なる。長江重点水域の禁漁は沿岸の10の省と直轄市で漁民28万人に影響を及ぼすと推計されている。同部は廃業した漁業者に対する一時的な生活支援や社会保障、職業技能訓練などの施策の計画・実施を保証し、希少種に対する保護対策を講じて長江の水生生物の調査と監視測定のプラットホームを構築していく。(記者/劉美子、水金辰)<映像内容>長江の重点水域の風景など、撮影日:2020(令和2)年1月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020011005927

  • 2020年06月20日
    湖北省の国家級自然保護区、スナメリの個体数が約80頭に

    スナメリの「娥娥(オーオー)」(左)と6月10日に生まれたスナメリ(右)。(6月20日撮影)中国湖北省石首市に位置する湖北長江天鵝洲ヨウスコウカワイルカ国家級自然保護区では長江スナメリの生息域外保全の取り組みを30年以上続けており、すでに個体群を80頭規模にまで増やすことに成功している。網いけすの中で生まれた最初のスナメリ「貝貝(ベイベイ)」はこの夏、繁殖可能な状態となり、個体群の繁殖に参加させるため、すでに同自然保護区内を流れる長江の分流「天鵝洲故道」の自然水域に放たれている。同自然保護区が8日に開いた「天鵝洲における長江スナメリの生息域外保全30年会議」でわかった。(武漢=新華社配信)=2020(令和2)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020071304177

  • 2020年06月21日
    湖北省の国家級自然保護区、スナメリの個体数が約80頭に

    スナメリの「貝貝(ベイベイ)」を検査する、湖北長江天鵝洲ヨウスコウカワイルカ国家級自然保護区の職員。(6月21日撮影)中国湖北省石首市に位置する湖北長江天鵝洲ヨウスコウカワイルカ国家級自然保護区では長江スナメリの生息域外保全の取り組みを30年以上続けており、すでに個体群を80頭規模にまで増やすことに成功している。網いけすの中で生まれた最初のスナメリ「貝貝(ベイベイ)」はこの夏、繁殖可能な状態となり、個体群の繁殖に参加させるため、すでに同自然保護区内を流れる長江の分流「天鵝洲故道」の自然水域に放たれている。同自然保護区が8日に開いた「天鵝洲における長江スナメリの生息域外保全30年会議」でわかった。(武漢=新華社配信)=2020(令和2)年6月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020071303963

  • 2020年12月31日
    (9)稚魚の放流やライブ配信で長江を守る祖父と孫江蘇省江陰市

    江蘇省江陰市の長江希少魚類科学普及館で、ヨウスコウカワイルカの標本を見つめる鄭金良さんと孫娘の鄭氷清さん。(7月1日撮影)中国江蘇省江陰(こういん)市に暮らす鄭氷清(てい・ひょうせい)さんは現在、南京農業大学大学院漁業学専攻の2年生で、金良さんが設立した企業「江陰市申港三鮮養殖」を引き継ぐ準備を進めている。金良さんは1999年から、「長江三鮮」の繁殖・養殖について模索してきた。氷清さんは02年以降、金良さんとともに繁殖した長江刀魚や長江フグなどの希少な魚を毎年長江に放流しており、18年間で放流した数は累計1億6千万匹に上る。今年の新型コロナウイルスの流行期間中、氷清さんはライブ配信で「長江三鮮」の生活史や習性の特徴を紹介し、長江で絶滅の危機に瀕する魚の保護方法を解説。金良さんも、自身が以前繁殖に携わった長江刀魚や長江フグの話を紹介した。(江陰=新華社配信)= 配信日: 2020(令和2)年12月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020123107650

  • 00:59.92
    2021年07月07日
    「新華社」飼育下で誕生した2世代目の長江スナメリ、順調に成長

    中国科学院水生生物研究所のヨウスコウカワイルカ館で5日、スナメリの子ども「YYC」が母親の「洋洋(ヤンヤン)」に付き添われながら、水中に潜ったり、水面に上がって呼吸したりするかわいらしい姿を見せた。丸々と太ったYYCは、飼育下で2世代目の長江スナメリとして誕生した。母親の洋洋は2歳ごろに鄱陽湖(はようこ)から同館にやって来た野生の個体で、今年14歳。父親「淘淘(タオタオ)」は飼育下で初めて誕生し、16歳になる。同研究所の副研究員で武漢ヨウスコウカワイルカ保護基金会常務副秘書長の郝玉江(かく・ぎょくこう)さんによると、館内で誕生した長江スナメリは計3頭で、いずれも生存しており、昨年6月3日に生まれたYYCは鑑定の結果、淘淘の雄の子であることが確認された。満1歳1カ月を過ぎたYYCの健康状態は良好で、飼育下で生まれた2世代目のスナメリの順調な成長ぶりを示しているという。(記者/肖芸九、潘志偉、譚元斌) =配信日: 2021(令和3)年7月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021070710971

  • 2021年07月07日
    (13)飼育下で誕生した2世代目の長江スナメリ、順調に成長

    5日、一緒に泳ぐスナメリの母親「洋洋」と子どもの「YYC」。中国科学院水生生物研究所のヨウスコウカワイルカ館で5日、飼育下で2世代目の長江スナメリとして誕生した「YYC」がかわいらしい姿を見せた。母親の「洋洋(ヤンヤン)」は2歳ごろに鄱陽湖(はようこ)から同館にやって来た野生の個体で、今年14歳。父親「淘淘(タオタオ)」は飼育下で初めて誕生し、16歳になる。満1歳1カ月を過ぎたYYCの健康状態は良好で、飼育下で生まれた2世代目のスナメリの順調な成長ぶりを示しているという。(武漢=新華社記者/肖芸九)= 配信日: 2021(令和3)年7月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021070710952

  • 2021年07月07日
    (6)飼育下で誕生した2世代目の長江スナメリ、順調に成長

    5日、一緒に泳ぐスナメリの母親「洋洋」と子どもの「YYC」。中国科学院水生生物研究所のヨウスコウカワイルカ館で5日、飼育下で2世代目の長江スナメリとして誕生した「YYC」がかわいらしい姿を見せた。母親の「洋洋(ヤンヤン)」は2歳ごろに鄱陽湖(はようこ)から同館にやって来た野生の個体で、今年14歳。父親「淘淘(タオタオ)」は飼育下で初めて誕生し、16歳になる。満1歳1カ月を過ぎたYYCの健康状態は良好で、飼育下で生まれた2世代目のスナメリの順調な成長ぶりを示しているという。(武漢=新華社記者/肖芸九)= 配信日: 2021(令和3)年7月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021070710948

  • 2021年07月07日
    (12)飼育下で誕生した2世代目の長江スナメリ、順調に成長

    5日、一緒に泳ぐスナメリの母親「洋洋」と子どもの「YYC」。中国科学院水生生物研究所のヨウスコウカワイルカ館で5日、飼育下で2世代目の長江スナメリとして誕生した「YYC」がかわいらしい姿を見せた。母親の「洋洋(ヤンヤン)」は2歳ごろに鄱陽湖(はようこ)から同館にやって来た野生の個体で、今年14歳。父親「淘淘(タオタオ)」は飼育下で初めて誕生し、16歳になる。満1歳1カ月を過ぎたYYCの健康状態は良好で、飼育下で生まれた2世代目のスナメリの順調な成長ぶりを示しているという。(武漢=新華社記者/肖芸九)= 配信日: 2021(令和3)年7月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021070710949

  • 2021年07月07日
    (11)飼育下で誕生した2世代目の長江スナメリ、順調に成長

    5日、一緒に泳ぐスナメリの母親「洋洋」と子どもの「YYC」。中国科学院水生生物研究所のヨウスコウカワイルカ館で5日、飼育下で2世代目の長江スナメリとして誕生した「YYC」がかわいらしい姿を見せた。母親の「洋洋(ヤンヤン)」は2歳ごろに鄱陽湖(はようこ)から同館にやって来た野生の個体で、今年14歳。父親「淘淘(タオタオ)」は飼育下で初めて誕生し、16歳になる。満1歳1カ月を過ぎたYYCの健康状態は良好で、飼育下で生まれた2世代目のスナメリの順調な成長ぶりを示しているという。(武漢=新華社記者/肖芸九)= 配信日: 2021(令和3)年7月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021070710940

  • 2021年07月07日
    (4)飼育下で誕生した2世代目の長江スナメリ、順調に成長

    5日、一緒に泳ぐスナメリの母親「洋洋」と子どもの「YYC」。中国科学院水生生物研究所のヨウスコウカワイルカ館で5日、飼育下で2世代目の長江スナメリとして誕生した「YYC」がかわいらしい姿を見せた。母親の「洋洋(ヤンヤン)」は2歳ごろに鄱陽湖(はようこ)から同館にやって来た野生の個体で、今年14歳。父親「淘淘(タオタオ)」は飼育下で初めて誕生し、16歳になる。満1歳1カ月を過ぎたYYCの健康状態は良好で、飼育下で生まれた2世代目のスナメリの順調な成長ぶりを示しているという。(武漢=新華社記者/肖芸九)= 配信日: 2021(令和3)年7月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021070710930

  • 2021年07月07日
    (15)飼育下で誕生した2世代目の長江スナメリ、順調に成長

    5日、長江スナメリを訓練する中国科学院水生生物研究所ヨウスコウカワイルカ館の飼育員。中国科学院水生生物研究所のヨウスコウカワイルカ館で5日、飼育下で2世代目の長江スナメリとして誕生した「YYC」がかわいらしい姿を見せた。母親の「洋洋(ヤンヤン)」は2歳ごろに鄱陽湖(はようこ)から同館にやって来た野生の個体で、今年14歳。父親「淘淘(タオタオ)」は飼育下で初めて誕生し、16歳になる。満1歳1カ月を過ぎたYYCの健康状態は良好で、飼育下で生まれた2世代目のスナメリの順調な成長ぶりを示しているという。(武漢=新華社記者/肖芸九)= 配信日: 2021(令和3)年7月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021070710970

  • 2021年07月07日
    (10)飼育下で誕生した2世代目の長江スナメリ、順調に成長

    5日、一緒に泳ぐスナメリの母親「洋洋」と子どもの「YYC」。中国科学院水生生物研究所のヨウスコウカワイルカ館で5日、飼育下で2世代目の長江スナメリとして誕生した「YYC」がかわいらしい姿を見せた。母親の「洋洋(ヤンヤン)」は2歳ごろに鄱陽湖(はようこ)から同館にやって来た野生の個体で、今年14歳。父親「淘淘(タオタオ)」は飼育下で初めて誕生し、16歳になる。満1歳1カ月を過ぎたYYCの健康状態は良好で、飼育下で生まれた2世代目のスナメリの順調な成長ぶりを示しているという。(武漢=新華社記者/肖芸九)= 配信日: 2021(令和3)年7月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021070710942

  • 2021年07月07日
    (8)飼育下で誕生した2世代目の長江スナメリ、順調に成長

    5日、一緒に泳ぐスナメリの母親「洋洋」と子どもの「YYC」。中国科学院水生生物研究所のヨウスコウカワイルカ館で5日、飼育下で2世代目の長江スナメリとして誕生した「YYC」がかわいらしい姿を見せた。母親の「洋洋(ヤンヤン)」は2歳ごろに鄱陽湖(はようこ)から同館にやって来た野生の個体で、今年14歳。父親「淘淘(タオタオ)」は飼育下で初めて誕生し、16歳になる。満1歳1カ月を過ぎたYYCの健康状態は良好で、飼育下で生まれた2世代目のスナメリの順調な成長ぶりを示しているという。(武漢=新華社記者/肖芸九)= 配信日: 2021(令和3)年7月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021070710944

  • 2021年07月07日
    (16)飼育下で誕生した2世代目の長江スナメリ、順調に成長

    5日、中国科学院水生生物研究所のヨウスコウカワイルカ館で行われた科学普及イベントで長江スナメリの親子を眺める子ども。中国科学院水生生物研究所のヨウスコウカワイルカ館で5日、飼育下で2世代目の長江スナメリとして誕生した「YYC」がかわいらしい姿を見せた。母親の「洋洋(ヤンヤン)」は2歳ごろに鄱陽湖(はようこ)から同館にやって来た野生の個体で、今年14歳。父親「淘淘(タオタオ)」は飼育下で初めて誕生し、16歳になる。満1歳1カ月を過ぎたYYCの健康状態は良好で、飼育下で生まれた2世代目のスナメリの順調な成長ぶりを示しているという。(武漢=新華社記者/肖芸九)= 配信日: 2021(令和3)年7月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021070710968

  • 2021年07月07日
    (2)飼育下で誕生した2世代目の長江スナメリ、順調に成長

    5日、一緒に泳ぐスナメリの母親「洋洋」と子どもの「YYC」。中国科学院水生生物研究所のヨウスコウカワイルカ館で5日、飼育下で2世代目の長江スナメリとして誕生した「YYC」がかわいらしい姿を見せた。母親の「洋洋(ヤンヤン)」は2歳ごろに鄱陽湖(はようこ)から同館にやって来た野生の個体で、今年14歳。父親「淘淘(タオタオ)」は飼育下で初めて誕生し、16歳になる。満1歳1カ月を過ぎたYYCの健康状態は良好で、飼育下で生まれた2世代目のスナメリの順調な成長ぶりを示しているという。(武漢=新華社記者/肖芸九)= 配信日: 2021(令和3)年7月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021070710928

  • 2021年07月07日
    (17)飼育下で誕生した2世代目の長江スナメリ、順調に成長

    5日、中国科学院水生生物研究所のヨウスコウカワイルカ館で行われた科学普及イベントで長江スナメリの親子を眺める子ども。中国科学院水生生物研究所のヨウスコウカワイルカ館で5日、飼育下で2世代目の長江スナメリとして誕生した「YYC」がかわいらしい姿を見せた。母親の「洋洋(ヤンヤン)」は2歳ごろに鄱陽湖(はようこ)から同館にやって来た野生の個体で、今年14歳。父親「淘淘(タオタオ)」は飼育下で初めて誕生し、16歳になる。満1歳1カ月を過ぎたYYCの健康状態は良好で、飼育下で生まれた2世代目のスナメリの順調な成長ぶりを示しているという。(武漢=新華社記者/肖芸九)= 配信日: 2021(令和3)年7月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021070710966

  • 2021年07月07日
    (5)飼育下で誕生した2世代目の長江スナメリ、順調に成長

    5日、一緒に泳ぐスナメリの母親「洋洋」と子どもの「YYC」。中国科学院水生生物研究所のヨウスコウカワイルカ館で5日、飼育下で2世代目の長江スナメリとして誕生した「YYC」がかわいらしい姿を見せた。母親の「洋洋(ヤンヤン)」は2歳ごろに鄱陽湖(はようこ)から同館にやって来た野生の個体で、今年14歳。父親「淘淘(タオタオ)」は飼育下で初めて誕生し、16歳になる。満1歳1カ月を過ぎたYYCの健康状態は良好で、飼育下で生まれた2世代目のスナメリの順調な成長ぶりを示しているという。(武漢=新華社記者/肖芸九)= 配信日: 2021(令和3)年7月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021070710946

  • 2021年07月07日
    (9)飼育下で誕生した2世代目の長江スナメリ、順調に成長

    5日、一緒に泳ぐスナメリの母親「洋洋」と子どもの「YYC」。中国科学院水生生物研究所のヨウスコウカワイルカ館で5日、飼育下で2世代目の長江スナメリとして誕生した「YYC」がかわいらしい姿を見せた。母親の「洋洋(ヤンヤン)」は2歳ごろに鄱陽湖(はようこ)から同館にやって来た野生の個体で、今年14歳。父親「淘淘(タオタオ)」は飼育下で初めて誕生し、16歳になる。満1歳1カ月を過ぎたYYCの健康状態は良好で、飼育下で生まれた2世代目のスナメリの順調な成長ぶりを示しているという。(武漢=新華社記者/肖芸九)= 配信日: 2021(令和3)年7月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021070710950

  • 2021年07月07日
    (7)飼育下で誕生した2世代目の長江スナメリ、順調に成長

    5日、一緒に泳ぐスナメリの母親「洋洋」と子どもの「YYC」。中国科学院水生生物研究所のヨウスコウカワイルカ館で5日、飼育下で2世代目の長江スナメリとして誕生した「YYC」がかわいらしい姿を見せた。母親の「洋洋(ヤンヤン)」は2歳ごろに鄱陽湖(はようこ)から同館にやって来た野生の個体で、今年14歳。父親「淘淘(タオタオ)」は飼育下で初めて誕生し、16歳になる。満1歳1カ月を過ぎたYYCの健康状態は良好で、飼育下で生まれた2世代目のスナメリの順調な成長ぶりを示しているという。(武漢=新華社記者/肖芸九)= 配信日: 2021(令和3)年7月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021070710951

  • 2021年07月07日
    (1)飼育下で誕生した2世代目の長江スナメリ、順調に成長

    5日、一緒に泳ぐスナメリの母親「洋洋」と子どもの「YYC」。中国科学院水生生物研究所のヨウスコウカワイルカ館で5日、飼育下で2世代目の長江スナメリとして誕生した「YYC」がかわいらしい姿を見せた。母親の「洋洋(ヤンヤン)」は2歳ごろに鄱陽湖(はようこ)から同館にやって来た野生の個体で、今年14歳。父親「淘淘(タオタオ)」は飼育下で初めて誕生し、16歳になる。満1歳1カ月を過ぎたYYCの健康状態は良好で、飼育下で生まれた2世代目のスナメリの順調な成長ぶりを示しているという。(武漢=新華社記者/肖芸九)= 配信日: 2021(令和3)年7月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021070710926

  • 1