KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 風景
  • 位置
  • 令和
  • 景観
  • 記者
  • カイラス
  • 平成
  • ナムツォ
  • 人気
  • 出発

「カン・リンポチェ」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
46
( 1 46 件を表示)
  • 1
46
( 1 46 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2018年03月15日
    野生動物の楽園チベット自治区ガリ地区

    チベット自治区ガリ地区に生息する国家2級保護動物のチベットガゼル。(3月15日撮影)中国チベット自治区西部に位置するガリ(阿里)地区の平均標高は約4500メートル以上、面積は30万平方キロ余りに及ぶ。ガリ地区の大部分をカバーするチャンタン(羌塘)国家級自然保護区は、多くの野生動物が生息する楽園になっている。(ラサ=新華社記者/劉東君)=2018(平成30)年3月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018092516843

  • 2018年09月08日
    野生動物の楽園チベット自治区ガリ地区

    8日、チベット自治区ガリ地区に生息する国家2級保護動物のチベットガゼル。中国チベット自治区西部に位置するガリ(阿里)地区の平均標高は約4500メートル以上、面積は30万平方キロ余りに及ぶ。ガリ地区の大部分をカバーするチャンタン(羌塘)国家級自然保護区は、多くの野生動物が生息する楽園になっている。(ラサ=新華社記者/普布扎西)=2018(平成30)年9月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018092517224

  • 2018年09月08日
    野生動物の楽園チベット自治区ガリ地区

    8日、チベット自治区ガリ地区に生息するチベットノロバ。中国チベット自治区西部に位置するガリ(阿里)地区の平均標高は約4500メートル以上、面積は30万平方キロ余りに及ぶ。ガリ地区の大部分をカバーするチャンタン(羌塘)国家級自然保護区は、多くの野生動物が生息する楽園になっている。(ラサ=新華社記者/普布扎西)=2018(平成30)年9月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018092517089

  • 2018年09月08日
    野生動物の楽園チベット自治区ガリ地区

    8日、チベット自治区ガリ地区に生息する国家1級保護動物のチベットノロバ。中国チベット自治区西部に位置するガリ(阿里)地区の平均標高は約4500メートル以上、面積は30万平方キロ余りに及ぶ。ガリ地区の大部分をカバーするチャンタン(羌塘)国家級自然保護区は、多くの野生動物が生息する楽園になっている。(ラサ=新華社記者/普布扎西)=2018(平成30)年9月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018092517263

  • 2018年09月09日
    「神の山」カン·リンポチェのスナップショット

    9日、カン・リンポチェ(カイラス山)。カン・リンポチェ(カイラス山)は中国チベット自治区ガリ地区プラン県内に位置する、標高6656メートルのガンディス山脈の主峰。一年中雪が積もり、優雅で力強く美しく、同自治区でも有名な観光スポットになっている。(ラサ=新華社記者/普布扎西)=2018(平成30)年9月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018092014679

  • 03:54.71
    2018年09月09日
    「新華社」最も標高の高い自転車レースチベット自治区ガリ地区

    2018年第1回ガリ地区山・湖周回サイクルロードレースの1ステージであるマーナサローワル湖周回サイクルロードレースが9日、チベット自治区ガリ地区プラン県で開催された。このコースの平均標高は、中国内の湖周回サイクルロードレースの最高を更新する平均4600メートルだった。男子、女子、団体レースが行われ、プラン県霍爾郷をスタート、タイムトライアルコースはマーナサローワル湖の周囲を巡る56キロで行われた。続いて選手はさらに42キロを走行して霍爾郷に戻った。レースには、チベット亜車チーム、ラサ峰行アウトドアクラブなど7つの代表チームが参加し、28人の選手が出場した。レース当日には、山中クロスカントリーや岡仁波斉(カン・リンポチェ、カイラス山)公益山中ハイキングなどの催しも行われた。(記者/余剛)<映像内容>湖周回サイクルロードレースの様子、撮影日:2018(平成30)年9月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018101226365

  • 2018年09月09日
    「神の山」カン·リンポチェのスナップショット

    9日、カン・リンポチェ(カイラス山)。カン・リンポチェ(カイラス山)は中国チベット自治区ガリ地区プラン県内に位置する、標高6656メートルのガンディス山脈の主峰。一年中雪が積もり、優雅で力強く美しく、同自治区でも有名な観光スポットになっている。(ラサ=新華社記者/普布扎西)=2018(平成30)年9月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018092014900

  • 2018年09月11日
    野生動物の楽園チベット自治区ガリ地区

    11日、チベット自治区ガリ地区のカイラス山(カン・リンポチェ山)のふもとに生息する国家1級保護動物のチベットノロバ。中国チベット自治区西部に位置するガリ(阿里)地区の平均標高は約4500メートル以上、面積は30万平方キロ余りに及ぶ。ガリ地区の大部分をカバーするチャンタン(羌塘)国家級自然保護区は、多くの野生動物が生息する楽園になっている。(ラサ=新華社記者/普布扎西)=2018(平成30)年9月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018092516717

  • 2018年09月11日
    「神の山」カン·リンポチェのスナップショット

    11日、カン・リンポチェ(カイラス山)。カン・リンポチェ(カイラス山)は中国チベット自治区ガリ地区プラン県内に位置する、標高6656メートルのガンディス山脈の主峰。一年中雪が積もり、優雅で力強く美しく、同自治区でも有名な観光スポットになっている。(ラサ=新華社記者/普布扎西)=2018(平成30)年9月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018092014922

  • 2018年09月13日
    「神の山」カン·リンポチェのスナップショット

    13日、カン・リンポチェ(カイラス山)。カン・リンポチェ(カイラス山)は中国チベット自治区ガリ地区プラン県内に位置する、標高6656メートルのガンディス山脈の主峰。一年中雪が積もり、優雅で力強く美しく、同自治区でも有名な観光スポットになっている。(ラサ=新華社配信/旦増尼瑪曲珠)=2018(平成30)年9月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018092014676

  • 2018年09月13日
    「神の山」カン·リンポチェのスナップショット

    13日、カン・リンポチェ(カイラス山)。カン・リンポチェ(カイラス山)は中国チベット自治区ガリ地区プラン県内に位置する、標高6656メートルのガンディス山脈の主峰。一年中雪が積もり、優雅で力強く美しく、同自治区でも有名な観光スポットになっている。(ラサ=新華社配信/旦増尼瑪曲珠)=2018(平成30)年9月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018092015050

  • 2018年09月13日
    「神の山」カン·リンポチェのスナップショット

    13日、カン・リンポチェ(カイラス山)。カン・リンポチェ(カイラス山)は中国チベット自治区ガリ地区プラン県内に位置する、標高6656メートルのガンディス山脈の主峰。一年中雪が積もり、優雅で力強く美しく、同自治区でも有名な観光スポットになっている。(ラサ=新華社配信/旦増尼瑪曲珠)=2018(平成30)年9月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018092014828

  • 2018年09月13日
    「神の山」カン·リンポチェのスナップショット

    13日、星空の下のカン・リンポチェ(カイラス山)。カン・リンポチェ(カイラス山)は中国チベット自治区ガリ地区プラン県内に位置する、標高6656メートルのガンディス山脈の主峰。一年中雪が積もり、優雅で力強く美しく、同自治区でも有名な観光スポットになっている。(ラサ=新華社配信/旦増尼瑪曲珠)=2018(平成30)年9月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018092014840

  • 2018年09月19日
    野生動物の楽園チベット自治区ガリ地区

    19日、チベット自治区ガリ地区に生息する国家2級保護動物のチベットガゼル。中国チベット自治区西部に位置するガリ(阿里)地区の平均標高は約4500メートル以上、面積は30万平方キロ余りに及ぶ。ガリ地区の大部分をカバーするチャンタン(羌塘)国家級自然保護区は、多くの野生動物が生息する楽園になっている。(ラサ=新華社記者/旦增尼瑪曲珠)=2018(平成30)年9月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018092517019

  • 2018年09月19日
    野生動物の楽園チベット自治区ガリ地区

    19日、チベット自治区ガリ地区に生息する国家2級保護動物のチベットガゼル。中国チベット自治区西部に位置するガリ(阿里)地区の平均標高は約4500メートル以上、面積は30万平方キロ余りに及ぶ。ガリ地区の大部分をカバーするチャンタン(羌塘)国家級自然保護区は、多くの野生動物が生息する楽園になっている。(ラサ=新華社記者/旦增尼瑪曲珠)=2018(平成30)年9月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018092516942

  • 2018年09月19日
    野生動物の楽園チベット自治区ガリ地区

    19日、チベット自治区ガリ地区に生息する国家1級保護動物のチベットノロバ。中国チベット自治区西部に位置するガリ(阿里)地区の平均標高は約4500メートル以上、面積は30万平方キロ余りに及ぶ。ガリ地区の大部分をカバーするチャンタン(羌塘)国家級自然保護区は、多くの野生動物が生息する楽園になっている。(ラサ=新華社記者/旦增尼瑪曲珠)=2018(平成30)年9月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018092517194

  • 02:00.38
    2018年09月25日
    「新華社」9月のガリ地区の流動的な風景

    中国チベット自治区ガリ(阿里)地区は「世界の屋根の屋根」と称されており、ヒマラヤ山脈とカンティセ山脈に囲まれた荒れた土地で、そこには標高6656メートルの「神の山」カン・リンポチェと、高原の「聖なる湖」マパム・ユムツォがある。数日前、記者は同地区のプラン県やツァンダ県、獅泉河鎮などの地へ出向き、タイムラプス撮影(一定の間隔でコマ撮りする手法)によって9月のガリの流動的な風景を記録した。(記者/余剛)<映像内容>チベットのガリの風景、撮影日:、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018092720657

  • 2018年12月11日
    「神の山」カン·リンポチェを訪ねてチベット·ガリ地区

    11日、カン・リンポチェの絶景を楽しむ観光客。カン・リンポチェ(カイラス山)は中国チベット自治区ガリ地区プラン県内に位置する標高6656メートルの山で、仏教やヒンドゥー教徒などの住民から「神の山」と崇められている。冬のカン・リンポチェは、その神秘的かつ独特な美しさで多くの観光客を魅了する。(ラサ=新華社記者/張汝鋒)=2018(平成30)年12月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018121420656

  • 2018年12月11日
    「神の山」カン·リンポチェを訪ねてチベット·ガリ地区

    11日、古い集落からカン・リンポチェを望む。カン・リンポチェ(カイラス山)は中国チベット自治区ガリ地区プラン県内に位置する標高6656メートルの山で、仏教やヒンドゥー教徒などの住民から「神の山」と崇められている。冬のカン・リンポチェは、その神秘的かつ独特な美しさで多くの観光客を魅了する。(ラサ=新華社記者/張汝鋒)=2018(平成30)年12月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018121420621

  • 2018年12月11日
    「神の山」カン·リンポチェを訪ねてチベット·ガリ地区

    11日、カン・リンポチェの麓に広がる集落。カン・リンポチェ(カイラス山)は中国チベット自治区ガリ地区プラン県内に位置する標高6656メートルの山で、仏教やヒンドゥー教徒などの住民から「神の山」と崇められている。冬のカン・リンポチェは、その神秘的かつ独特な美しさで多くの観光客を魅了する。(ラサ=新華社記者/張汝鋒)=2018(平成30)年12月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018121420599

  • 2018年12月11日
    「神の山」カン·リンポチェを訪ねてチベット·ガリ地区

    11日、カン・リンポチェの麓を走る観光用自動車。カン・リンポチェ(カイラス山)は中国チベット自治区ガリ地区プラン県内に位置する標高6656メートルの山で、仏教やヒンドゥー教徒などの住民から「神の山」と崇められている。冬のカン・リンポチェは、その神秘的かつ独特な美しさで多くの観光客を魅了する。(ラサ=新華社記者/張汝鋒)=2018(平成30)年12月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018121420643

  • 01:48.82
    2019年06月26日
    「新華社」ナトゥラ峠経由で今年最初のインド公式巡礼者がチベット入り

    中国チベット自治区のナトゥラ峠(乃堆拉山口)はこのほど、インドから今年最初の公式巡礼団36人を迎えた。一行は12日間の日程でガリ(阿里)地区にあるチベット仏教とヒンズー教の聖山「カン・リンポチェ」(岡仁波斉)と聖湖「マパム・ユムツォ」(瑪旁雍錯)を巡礼する。インドからは今年、10回で約550人がチベットへ巡礼に訪れる。中国は両国の宗教交流をさらに促進し、インドからの巡礼者の便宜を図るため、2014年にインド側の要請に応じてナトゥラ峠経由の巡礼ルートを増設した。これまで23回にわたり967人の公式巡礼者が同ルートでチベット入りしている。カン・リンポチェとマパム・ユムツォは仏教とヒンズー教の「聖山聖湖」であり、インドの巡礼者の聖地とされる。(記者/周錦帥、何程)<映像内容>チベットへ巡礼に訪れるインド公式巡礼者の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062625281

  • 2019年07月21日
    「神の山」カン・リンポチェチベット・ガリ地区

    21日、「神の山」カン・リンポチェ。中国チベット自治区ガリ地区プラン県内に位置するカン・リンポチェ(岡仁波斉)は、カンティセ(岡底斯)山脈の主峰で標高6656メートル。その独特な美しさで大勢の観光客を魅了している。(ラサ=新華社記者/覚果)=2019(令和元)年7月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019072301204

  • 2019年07月21日
    「神の山」カン・リンポチェチベット・ガリ地区

    21日、「神の山」カン・リンポチェ。中国チベット自治区ガリ地区プラン県内に位置するカン・リンポチェ(岡仁波斉)は、カンティセ(岡底斯)山脈の主峰で標高6656メートル。その独特な美しさで大勢の観光客を魅了している。(ラサ=新華社記者/覚果)=2019(令和元)年7月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019072301209

  • 2019年07月21日
    「神の山」カン・リンポチェチベット・ガリ地区

    21日、「神の山」カン・リンポチェ。中国チベット自治区ガリ地区プラン県内に位置するカン・リンポチェ(岡仁波斉)は、カンティセ(岡底斯)山脈の主峰で標高6656メートル。その独特な美しさで大勢の観光客を魅了している。(ラサ=新華社記者/覚果)=2019(令和元)年7月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019072301224

  • 2019年07月21日
    「神の山」カン・リンポチェチベット・ガリ地区

    21日、「神の山」カン・リンポチェ。中国チベット自治区ガリ地区プラン県内に位置するカン・リンポチェ(岡仁波斉)は、カンティセ(岡底斯)山脈の主峰で標高6656メートル。その独特な美しさで大勢の観光客を魅了している。(ラサ=新華社記者/覚果)=2019(令和元)年7月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019072301202

  • 2020年11月27日
    「世界の屋根の屋根」、チベット自治区ガリ地区を訪ねて

    チベット自治区ガリ地区プラン県にそびえるカン・リンポチェ(岡仁波斉)。(11月27日撮影)中国チベット自治区の西部に位置するガリ地区は、平均標高が4500メートル以上で、「世界の屋根の屋根」と称される。高い山々がそびえ立ち、河川が縦横に流れ、いくつもの湖があり、各地には神秘的な風景が広がっている。(ガリ=新華社記者/詹彦)=2020(令和2)年11月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020121006553

  • 2021年08月24日
    (6)人気の「ガリ大環状ルート」で巡るチベット自治区の絶景

    チベット自治区ガリ地区プラン県にそびえる標高6656メートルのカン・リンポチェ。仏教徒やヒンドゥー教徒などから「神の山」としてあがめられている。(2020年10月2日撮影)中国チベット自治区西部のガリ地区は、平均標高4500メートル以上の高地に位置することから「世界の屋根の屋根」と称される。同自治区ラサ市から出発し、ヤムドク湖(羊卓雍錯)やカン・リンポチェ(岡仁波斉)、グゲ(古格)王国遺跡、チャンタン(羌塘)国家級自然保護区などを通り、最後にナムツォ湖(納木錯)を経てラサ市に戻る「ガリ大環状ルート」は、多くの旅行者の憧れの的となっている。沿道では広々とした大地に牛や羊が群れを成す壮観な風景が広がっている。(ラサ=新華社配信/沈佳玥)= 配信日: 2021(令和3)年8月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021082506204

  • 2021年08月24日
    (3)人気の「ガリ大環状ルート」で巡るチベット自治区の絶景

    チベット自治区ラサ市のジョカン寺(大昭寺)で問答修行をする僧侶ら。(2020年9月30日撮影)中国チベット自治区西部のガリ地区は、平均標高4500メートル以上の高地に位置することから「世界の屋根の屋根」と称される。同自治区ラサ市から出発し、ヤムドク湖(羊卓雍錯)やカン・リンポチェ(岡仁波斉)、グゲ(古格)王国遺跡、チャンタン(羌塘)国家級自然保護区などを通り、最後にナムツォ湖(納木錯)を経てラサ市に戻る「ガリ大環状ルート」は、多くの旅行者の憧れの的となっている。沿道では広々とした大地に牛や羊が群れを成す壮観な風景が広がっている。(ラサ=新華社配信/沈佳玥)= 配信日: 2021(令和3)年8月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021082506229

  • 2021年08月24日
    (2)人気の「ガリ大環状ルート」で巡るチベット自治区の絶景

    チベット自治区ラサ市にある世界文化遺産、ポタラ宮の前を通る僧侶ら。(2020年9月30日撮影)中国チベット自治区西部のガリ地区は、平均標高4500メートル以上の高地に位置することから「世界の屋根の屋根」と称される。同自治区ラサ市から出発し、ヤムドク湖(羊卓雍錯)やカン・リンポチェ(岡仁波斉)、グゲ(古格)王国遺跡、チャンタン(羌塘)国家級自然保護区などを通り、最後にナムツォ湖(納木錯)を経てラサ市に戻る「ガリ大環状ルート」は、多くの旅行者の憧れの的となっている。沿道では広々とした大地に牛や羊が群れを成す壮観な風景が広がっている。(ラサ=新華社配信/沈佳玥)= 配信日: 2021(令和3)年8月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021082506230

  • 2021年08月24日
    (10)人気の「ガリ大環状ルート」で巡るチベット自治区の絶景

    チベット自治区ガリ地区ツァンダ(札達)県ツァパラン(札布譲)村にあるグゲ王国遺跡の一角。同遺跡は1961年に第1次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(2020年10月4日撮影)中国チベット自治区西部のガリ地区は、平均標高4500メートル以上の高地に位置することから「世界の屋根の屋根」と称される。同自治区ラサ市から出発し、ヤムドク湖(羊卓雍錯)やカン・リンポチェ(岡仁波斉)、グゲ(古格)王国遺跡、チャンタン(羌塘)国家級自然保護区などを通り、最後にナムツォ湖(納木錯)を経てラサ市に戻る「ガリ大環状ルート」は、多くの旅行者の憧れの的となっている。沿道では広々とした大地に牛や羊が群れを成す壮観な風景が広がっている。(ラサ=新華社配信/朱可睿)= 配信日: 2021(令和3)年8月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021082506232

  • 2021年08月24日
    (12)人気の「ガリ大環状ルート」で巡るチベット自治区の絶景

    チベット自治区ガリ地区ツァンダ(札達)県ツァパラン(札布譲)村にあるグゲ王国遺跡の一角。同遺跡は1961年に第1次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(2020年10月4日撮影)中国チベット自治区西部のガリ地区は、平均標高4500メートル以上の高地に位置することから「世界の屋根の屋根」と称される。同自治区ラサ市から出発し、ヤムドク湖(羊卓雍錯)やカン・リンポチェ(岡仁波斉)、グゲ(古格)王国遺跡、チャンタン(羌塘)国家級自然保護区などを通り、最後にナムツォ湖(納木錯)を経てラサ市に戻る「ガリ大環状ルート」は、多くの旅行者の憧れの的となっている。沿道では広々とした大地に牛や羊が群れを成す壮観な風景が広がっている。(ラサ=新華社配信/沈佳玥)= 配信日: 2021(令和3)年8月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021082506240

  • 2021年08月24日
    (14)人気の「ガリ大環状ルート」で巡るチベット自治区の絶景

    チベット自治区チャンタン(羌塘)国家級自然保護区で活動するチベットノロバ。(2020年10月5日撮影)中国チベット自治区西部のガリ地区は、平均標高4500メートル以上の高地に位置することから「世界の屋根の屋根」と称される。同自治区ラサ市から出発し、ヤムドク湖(羊卓雍錯)やカン・リンポチェ(岡仁波斉)、グゲ(古格)王国遺跡、チャンタン(羌塘)国家級自然保護区などを通り、最後にナムツォ湖(納木錯)を経てラサ市に戻る「ガリ大環状ルート」は、多くの旅行者の憧れの的となっている。沿道では広々とした大地に牛や羊が群れを成す壮観な風景が広がっている。(ラサ=新華社配信/沈佳玥)= 配信日: 2021(令和3)年8月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021082506262

  • 2021年08月24日
    (9)人気の「ガリ大環状ルート」で巡るチベット自治区の絶景

    チベット自治区ガリ地区ツァンダ(札達)県ツァパラン(札布譲)村にあるグゲ王国遺跡の一角。同遺跡は1961年に第1次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(2020年10月4日撮影)中国チベット自治区西部のガリ地区は、平均標高4500メートル以上の高地に位置することから「世界の屋根の屋根」と称される。同自治区ラサ市から出発し、ヤムドク湖(羊卓雍錯)やカン・リンポチェ(岡仁波斉)、グゲ(古格)王国遺跡、チャンタン(羌塘)国家級自然保護区などを通り、最後にナムツォ湖(納木錯)を経てラサ市に戻る「ガリ大環状ルート」は、多くの旅行者の憧れの的となっている。沿道では広々とした大地に牛や羊が群れを成す壮観な風景が広がっている。(ラサ=新華社配信/朱可睿)= 配信日: 2021(令和3)年8月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021082506227

  • 2021年08月24日
    (5)人気の「ガリ大環状ルート」で巡るチベット自治区の絶景

    チベット自治区山南市ナンカルツェ(浪卡子)県にあるヤムドク湖。ナムツォ、マーナサローワル湖(瑪旁雍錯)と共に同自治区の三大聖湖とされる。(2020年10月1日撮影)中国チベット自治区西部のガリ地区は、平均標高4500メートル以上の高地に位置することから「世界の屋根の屋根」と称される。同自治区ラサ市から出発し、ヤムドク湖(羊卓雍錯)やカン・リンポチェ(岡仁波斉)、グゲ(古格)王国遺跡、チャンタン(羌塘)国家級自然保護区などを通り、最後にナムツォ湖(納木錯)を経てラサ市に戻る「ガリ大環状ルート」は、多くの旅行者の憧れの的となっている。沿道では広々とした大地に牛や羊が群れを成す壮観な風景が広がっている。(ラサ=新華社配信/沈佳玥)= 配信日: 2021(令和3)年8月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021082506249

  • 2021年08月24日
    (1)人気の「ガリ大環状ルート」で巡るチベット自治区の絶景

    チベット自治区ラサ市にある世界文化遺産、ポタラ宮の夜景。(2020年9月30日撮影)中国チベット自治区西部のガリ地区は、平均標高4500メートル以上の高地に位置することから「世界の屋根の屋根」と称される。同自治区ラサ市から出発し、ヤムドク湖(羊卓雍錯)やカン・リンポチェ(岡仁波斉)、グゲ(古格)王国遺跡、チャンタン(羌塘)国家級自然保護区などを通り、最後にナムツォ湖(納木錯)を経てラサ市に戻る「ガリ大環状ルート」は、多くの旅行者の憧れの的となっている。沿道では広々とした大地に牛や羊が群れを成す壮観な風景が広がっている。(ラサ=新華社配信/朱可睿)= 配信日: 2021(令和3)年8月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021082506231

  • 2021年08月24日
    (16)人気の「ガリ大環状ルート」で巡るチベット自治区の絶景

    チベット自治区チャンタン(羌塘)国家級自然保護区で活動するチルー。(2020年10月5日撮影)中国チベット自治区西部のガリ地区は、平均標高4500メートル以上の高地に位置することから「世界の屋根の屋根」と称される。同自治区ラサ市から出発し、ヤムドク湖(羊卓雍錯)やカン・リンポチェ(岡仁波斉)、グゲ(古格)王国遺跡、チャンタン(羌塘)国家級自然保護区などを通り、最後にナムツォ湖(納木錯)を経てラサ市に戻る「ガリ大環状ルート」は、多くの旅行者の憧れの的となっている。沿道では広々とした大地に牛や羊が群れを成す壮観な風景が広がっている。(ラサ=新華社配信/沈佳玥)= 配信日: 2021(令和3)年8月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021082506274

  • 2021年08月24日
    (13)人気の「ガリ大環状ルート」で巡るチベット自治区の絶景

    チベット自治区チャンタン(羌塘)国家級自然保護区で活動するチベットノロバ。(2020年10月5日撮影)中国チベット自治区西部のガリ地区は、平均標高4500メートル以上の高地に位置することから「世界の屋根の屋根」と称される。同自治区ラサ市から出発し、ヤムドク湖(羊卓雍錯)やカン・リンポチェ(岡仁波斉)、グゲ(古格)王国遺跡、チャンタン(羌塘)国家級自然保護区などを通り、最後にナムツォ湖(納木錯)を経てラサ市に戻る「ガリ大環状ルート」は、多くの旅行者の憧れの的となっている。沿道では広々とした大地に牛や羊が群れを成す壮観な風景が広がっている。(ラサ=新華社配信/沈佳玥)= 配信日: 2021(令和3)年8月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021082506245

  • 2021年08月24日
    (7)人気の「ガリ大環状ルート」で巡るチベット自治区の絶景

    チベット自治区ガリ地区プラン県にそびえるカン・リンポチェとタルチョ(祈祷旗)。カン・リンポチェは仏教徒やヒンドゥー教徒などから「神の山」としてあがめられている。(2020年10月2日撮影)中国チベット自治区西部のガリ地区は、平均標高4500メートル以上の高地に位置することから「世界の屋根の屋根」と称される。同自治区ラサ市から出発し、ヤムドク湖(羊卓雍錯)やカン・リンポチェ(岡仁波斉)、グゲ(古格)王国遺跡、チャンタン(羌塘)国家級自然保護区などを通り、最後にナムツォ湖(納木錯)を経てラサ市に戻る「ガリ大環状ルート」は、多くの旅行者の憧れの的となっている。沿道では広々とした大地に牛や羊が群れを成す壮観な風景が広がっている。(ラサ=新華社配信/沈佳玥)= 配信日: 2021(令和3)年8月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021082506208

  • 2021年08月24日
    (4)人気の「ガリ大環状ルート」で巡るチベット自治区の絶景

    チベット自治区ラサ市にあるジョカン寺(大昭寺)の一角。(2020年9月30日撮影)中国チベット自治区西部のガリ地区は、平均標高4500メートル以上の高地に位置することから「世界の屋根の屋根」と称される。同自治区ラサ市から出発し、ヤムドク湖(羊卓雍錯)やカン・リンポチェ(岡仁波斉)、グゲ(古格)王国遺跡、チャンタン(羌塘)国家級自然保護区などを通り、最後にナムツォ湖(納木錯)を経てラサ市に戻る「ガリ大環状ルート」は、多くの旅行者の憧れの的となっている。沿道では広々とした大地に牛や羊が群れを成す壮観な風景が広がっている。(ラサ=新華社配信/沈佳玥)= 配信日: 2021(令和3)年8月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021082511500

  • 2021年08月24日
    (11)人気の「ガリ大環状ルート」で巡るチベット自治区の絶景

    チベット自治区ガリ地区ツァンダ(札達)県ツァパラン(札布譲)村にあるグゲ王国遺跡の一角。同遺跡は1961年に第1次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(2020年10月4日撮影)中国チベット自治区西部のガリ地区は、平均標高4500メートル以上の高地に位置することから「世界の屋根の屋根」と称される。同自治区ラサ市から出発し、ヤムドク湖(羊卓雍錯)やカン・リンポチェ(岡仁波斉)、グゲ(古格)王国遺跡、チャンタン(羌塘)国家級自然保護区などを通り、最後にナムツォ湖(納木錯)を経てラサ市に戻る「ガリ大環状ルート」は、多くの旅行者の憧れの的となっている。沿道では広々とした大地に牛や羊が群れを成す壮観な風景が広がっている。(ラサ=新華社配信/沈佳玥)= 配信日: 2021(令和3)年8月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021082506246

  • 2021年08月24日
    (15)人気の「ガリ大環状ルート」で巡るチベット自治区の絶景

    チベット自治区チャンタン(羌塘)国家級自然保護区で活動するチベットガゼル。(2020年10月5日撮影)中国チベット自治区西部のガリ地区は、平均標高4500メートル以上の高地に位置することから「世界の屋根の屋根」と称される。同自治区ラサ市から出発し、ヤムドク湖(羊卓雍錯)やカン・リンポチェ(岡仁波斉)、グゲ(古格)王国遺跡、チャンタン(羌塘)国家級自然保護区などを通り、最後にナムツォ湖(納木錯)を経てラサ市に戻る「ガリ大環状線」は、多くの旅行者にとって憧れのルートとなっている。沿道では広々とした大地に牛や羊が群れを成す壮観な風景が広がっている。(ラサ=新華社配信/沈佳玥)= 配信日: 2021(令和3)年8月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021082506253

  • 2021年08月24日
    (8)人気の「ガリ大環状ルート」で巡るチベット自治区の絶景

    チベット自治区プラン県に位置し、「悪魔の湖」とも呼ばれるラークシャスタール湖(拉昂錯)。チベット三大聖湖の一つ、マーナサローワル湖(瑪旁雍錯)に隣接している。(2020年10月3日撮影)中国チベット自治区西部のガリ地区は、平均標高4500メートル以上の高地に位置することから「世界の屋根の屋根」と称される。同自治区ラサ市から出発し、ヤムドク湖(羊卓雍錯)やカン・リンポチェ(岡仁波斉)、グゲ(古格)王国遺跡、チャンタン(羌塘)国家級自然保護区などを通り、最後にナムツォ湖(納木錯)を経てラサ市に戻る「ガリ大環状ルート」は、多くの旅行者の憧れの的となっている。沿道では広々とした大地に牛や羊が群れを成す壮観な風景が広がっている。(ラサ=新華社配信/沈佳玥)= 配信日: 2021(令和3)年8月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021082506224

  • 2021年08月24日
    (18)人気の「ガリ大環状ルート」で巡るチベット自治区の絶景

    青空を映す色林錯。色林錯はチベット自治区那曲(ナクチュ)市に位置する同自治区随一の湖沼。(2020年10月6日撮影)中国チベット自治区西部のガリ地区は、平均標高4500メートル以上の高地に位置することから「世界の屋根の屋根」と称される。同自治区ラサ市から出発し、ヤムドク湖(羊卓雍錯)やカン・リンポチェ(岡仁波斉)、グゲ(古格)王国遺跡、チャンタン(羌塘)国家級自然保護区などを通り、最後にナムツォ湖(納木錯)を経てラサ市に戻る「ガリ大環状ルート」は、多くの旅行者の憧れの的となっている。沿道では広々とした大地に牛や羊が群れを成す壮観な風景が広がっている。(ラサ=新華社配信/王鋒)= 配信日: 2021(令和3)年8月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021082506225

  • 2021年08月24日
    (19)人気の「ガリ大環状ルート」で巡るチベット自治区の絶景

    青海チベット高原に位置するナムツォ(納木錯)湖。チベット語で「天の湖」を意味し、チベット自治区の三大聖湖の一つとされる。(2020年10月7日撮影)中国チベット自治区西部のガリ地区は、平均標高4500メートル以上の高地に位置することから「世界の屋根の屋根」と称される。同自治区ラサ市から出発し、ヤムドク湖(羊卓雍錯)やカン・リンポチェ(岡仁波斉)、グゲ(古格)王国遺跡、チャンタン(羌塘)国家級自然保護区などを通り、最後にナムツォ湖(納木錯)を経てラサ市に戻る「ガリ大環状ルート」は、多くの旅行者の憧れの的となっている。沿道では広々とした大地に牛や羊が群れを成す壮観な風景が広がっている。(ラサ=新華社配信/沈佳玥)= 配信日: 2021(令和3)年8月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021082506264

  • 2021年08月24日
    (17)人気の「ガリ大環状ルート」で巡るチベット自治区の絶景

    チベット自治区チャンタン(羌塘)国家級自然保護区で活動するチベットノロバ。(2020年10月5日撮影)中国チベット自治区西部のガリ地区は、平均標高4500メートル以上の高地に位置することから「世界の屋根の屋根」と称される。同自治区ラサ市から出発し、ヤムドク湖(羊卓雍錯)やカン・リンポチェ(岡仁波斉)、グゲ(古格)王国遺跡、チャンタン(羌塘)国家級自然保護区などを通り、最後にナムツォ湖(納木錯)を経てラサ市に戻る「ガリ大環状ルート」は、多くの旅行者の憧れの的となっている。沿道では広々とした大地に牛や羊が群れを成す壮観な風景が広がっている。(ラサ=新華社配信/沈佳玥)= 配信日: 2021(令和3)年8月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021082506237

  • 1