KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 記者
  • 令和
  • 風景
  • 景観
  • 平成
  • 位置
  • 景色
  • 空撮
  • ドローン
  • 国家

「ガリ地区」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
390
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
390
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2015年11月09日
    世界の屋根に立体交通網整備チベット自治区

    チベット自治区ガリ地区の山間部に造られた道路。(2015年11月9日撮影)中国チベットは1959年に民主改革が行われるまで、近代的な道路が1本もなかった。現在のチベット自治区には、すでに道路、鉄道、航空を主体とする総合的な立体交通網が基本的に形成されている。(ラサ=新華社配信/向文軍)=2015(平成27)年11月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019040103361

  • 2017年12月20日
    標高5357メートルチベットで世界一高い送電網工事着工

    チベット自治区中部送電網の送電線。(資料写真)中国チベット自治区のガリ地区・チベット中部送電網接続工事がこのほど着工した。世界一標高が高い場所での送変電工事で、完成後はガリ送電網の長期にわたる単独運営に終止符が打たれ、沿線地域の住民約38万人に安全で確実に電力を送ることが可能になる。シガツェ市サムドゥプツェ区多林の220キロボルト(kV)変電所から、ガリ地区ガル県バル(巴爾)の220kV変電所まで、同自治区の10県・区をまたぐ。投資総額は74億元(1元=約15円)、送電線の全長は1689キロ。2021年の稼動を目指す。(チベット=新華社配信/盧忠東)=2017(平成29)年12月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019092501162

  • 2018年02月01日
    中国最大規模の金器展、成都で開催9月21日から一般公開

    金沙遺跡博物館で展示予定の「黄金面具」(チベット自治区ガリ地区ツァンダ県文物局蔵):黄金の仮面。黄金の仮面が出土したことから「金面王国」と呼ばれる中国四川省成都市の金沙遺跡博物館は8月30日、9月21日から「金色の記憶-中国で出土した14世紀以前の金器特別展」を開催すると発表した。中国古代の巧みな金器製造技術を展示する。同展覧会は11月20日まで開催される。(成都=新華社配信/金沙遺跡博物館提供)=2018(平成30)年2月1日、クレジット:金沙遺跡博物館提供/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018090316527

  • 2018年03月15日
    野生動物の楽園チベット自治区ガリ地区

    チベット自治区ガリ地区に生息する国家2級保護動物のチベットガゼル。(3月15日撮影)中国チベット自治区西部に位置するガリ(阿里)地区の平均標高は約4500メートル以上、面積は30万平方キロ余りに及ぶ。ガリ地区の大部分をカバーするチャンタン(羌塘)国家級自然保護区は、多くの野生動物が生息する楽園になっている。(ラサ=新華社記者/劉東君)=2018(平成30)年3月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018092516843

  • 2018年07月04日
    チベット自治区ガリ地区がテーマの写真展、北京で開催

    4日、ガリ地区の自然景観を写した作品を鑑賞する来場者。中国チベット自治区阿里(ガリ)地区旅遊発展委員会が主催する「極地ガリ・シャンシュン王国(紀元前~643年にチベット西部のカイラス山麓一帯に存在した国)の記憶」をテーマとする写真展が4日、北京の「今日美術館」で開かれた。精美な写真作品数十枚が、ガリ地区の壮大で美しい自然景観や神聖な宗教文化、悠久の歴史ある遺跡、原始的な自然生態系および素朴な民間風俗を表現している。同展は10日まで開催。(北京=新華社記者/羅暁光)=2018(平成30)年7月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018070600331

  • 2018年07月04日
    チベット自治区ガリ地区がテーマの写真展、北京で開催

    4日、展示されている写真作品を鑑賞する来場者。中国チベット自治区阿里(ガリ)地区旅遊発展委員会が主催する「極地ガリ・シャンシュン王国(紀元前~643年にチベット西部のカイラス山麓一帯に存在した国)の記憶」をテーマとする写真展が4日、北京の「今日美術館」で開かれた。精美な写真作品数十枚が、ガリ地区の壮大で美しい自然景観や神聖な宗教文化、悠久の歴史ある遺跡、原始的な自然生態系および素朴な民間風俗を表現している。同展は10日まで開催。(北京=新華社記者/羅暁光)=2018(平成30)年7月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018070600355

  • 2018年07月04日
    チベット自治区ガリ地区がテーマの写真展、北京で開催

    4日、展示されている写真作品についてコメントする来場者。中国チベット自治区阿里(ガリ)地区旅遊発展委員会が主催する「極地ガリ・シャンシュン王国(紀元前~643年にチベット西部のカイラス山麓一帯に存在した国)の記憶」をテーマとする写真展が4日、北京の「今日美術館」で開かれた。精美な写真作品数十枚が、ガリ地区の壮大で美しい自然景観や神聖な宗教文化、悠久の歴史ある遺跡、原始的な自然生態系および素朴な民間風俗を表現している。同展は10日まで開催。(北京=新華社記者/羅暁光)=2018(平成30)年7月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018070600349

  • 2018年07月29日
    チベット自治区ガリ地区で馬術大会が開催

    29日、馬上から哈達を拾う競技を行う選手。馬術大会が29日、中国チベット自治区ガリ(阿里)地区ガル県の獅泉河鎮で開幕した。哈達(カタ、モンゴル族とチベット族が敬意を表すために用いる帯状の布)や磚茶(だんちゃ、紅茶または緑茶を円形・方形などに蒸し固めた茶)を拾う競技、騎射(馬上で行う弓矢の競技)、馬術などの競技が行われ、農牧民の選手150人が参加し、2万人余りの観衆が訪れた。(ラサ=新華社記者/張汝鋒)=2018(平成30)年7月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018073100365

  • 2018年07月29日
    チベット自治区ガリ地区で馬術大会が開催

    29日、馬上から磚茶を拾う競技を行う選手。馬術大会が29日、中国チベット自治区ガリ(阿里)地区ガル県の獅泉河鎮で開幕した。哈達(カタ、モンゴル族とチベット族が敬意を表すために用いる帯状の布)や磚茶(だんちゃ、紅茶または緑茶を円形・方形などに蒸し固めた茶)を拾う競技、騎射(馬上で行う弓矢の競技)、馬術などの競技が行われ、農牧民の選手150人が参加し、2万人余りの観衆が訪れた。(ラサ=新華社記者/張汝鋒)=2018(平成30)年7月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018073100328

  • 2018年07月29日
    チベット自治区ガリ地区で馬術大会が開催

    29日、馬術を披露する選手。馬術大会が29日、中国チベット自治区ガリ(阿里)地区ガル県の獅泉河鎮で開幕した。哈達(カタ、モンゴル族とチベット族が敬意を表すために用いる帯状の布)や磚茶(だんちゃ、紅茶または緑茶を円形・方形などに蒸し固めた茶)を拾う競技、騎射(馬上で行う弓矢の競技)、馬術などの競技が行われ、農牧民の選手150人が参加し、2万人余りの観衆が訪れた。(ラサ=新華社記者/張汝鋒)=2018(平成30)年7月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018073100332

  • 2018年07月29日
    チベット自治区ガリ地区で馬術大会が開催

    29日、馬術の競技に出場する選手。馬術大会が29日、中国チベット自治区ガリ(阿里)地区ガル県の獅泉河鎮で開幕した。哈達(カタ、モンゴル族とチベット族が敬意を表すために用いる帯状の布)や磚茶(だんちゃ、紅茶または緑茶を円形・方形などに蒸し固めた茶)を拾う競技、騎射(馬上で行う弓矢の競技)、馬術などの競技が行われ、農牧民の選手150人が参加し、2万人余りの観衆が訪れた。(ラサ=新華社記者/張汝鋒)=2018(平成30)年7月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018073100373

  • 2018年07月29日
    チベット自治区ガリ地区で馬術大会が開催

    29日、騎射を披露する選手。馬術大会が29日、中国チベット自治区ガリ(阿里)地区ガル県の獅泉河鎮で開幕した。哈達(カタ、モンゴル族とチベット族が敬意を表すために用いる帯状の布)や磚茶(だんちゃ、紅茶または緑茶を円形・方形などに蒸し固めた茶)を拾う競技、騎射(馬上で行う弓矢の競技)、馬術などの競技が行われ、農牧民の選手150人が参加し、2万人余りの観衆が訪れた。(ラサ=新華社記者/張汝鋒)=2018(平成30)年7月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018073100377

  • 2018年07月29日
    チベット自治区ガリ地区で馬術大会が開催

    29日、馬上から哈達を拾う競技を行う選手。馬術大会が29日、中国チベット自治区ガリ(阿里)地区ガル県の獅泉河鎮で開幕した。哈達(カタ、モンゴル族とチベット族が敬意を表すために用いる帯状の布)や磚茶(だんちゃ、紅茶または緑茶を円形・方形などに蒸し固めた茶)を拾う競技、騎射(馬上で行う弓矢の競技)、馬術などの競技が行われ、農牧民の選手150人が参加し、2万人余りの観衆が訪れた。(ラサ=新華社記者/張汝鋒)=2018(平成30)年7月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018073100343

  • 2018年07月29日
    チベット自治区ガリ地区で馬術大会が開催

    29日、馬術を披露する選手。馬術大会が29日、中国チベット自治区ガリ(阿里)地区ガル県の獅泉河鎮で開幕した。哈達(カタ、モンゴル族とチベット族が敬意を表すために用いる帯状の布)や磚茶(だんちゃ、紅茶または緑茶を円形・方形などに蒸し固めた茶)を拾う競技、騎射(馬上で行う弓矢の競技)、馬術などの競技が行われ、農牧民の選手150人が参加し、2万人余りの観衆が訪れた。(ラサ=新華社記者/張汝鋒)=2018(平成30)年7月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018073100345

  • 2018年07月29日
    チベット自治区ガリ地区で馬術大会が開催

    29日、馬上から哈達を拾う競技を行う選手。馬術大会が29日、中国チベット自治区ガリ(阿里)地区ガル県の獅泉河鎮で開幕した。哈達(カタ、モンゴル族とチベット族が敬意を表すために用いる帯状の布)や磚茶(だんちゃ、紅茶または緑茶を円形・方形などに蒸し固めた茶)を拾う競技、騎射(馬上で行う弓矢の競技)、馬術などの競技が行われ、農牧民の選手150人が参加し、2万人余りの観衆が訪れた。(ラサ=新華社記者/張汝鋒)=2018(平成30)年7月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018073100349

  • 2018年07月29日
    チベット自治区ガリ地区で馬術大会が開催

    29日、馬術を披露する選手。馬術大会が29日、中国チベット自治区ガリ(阿里)地区ガル県の獅泉河鎮で開幕した。哈達(カタ、モンゴル族とチベット族が敬意を表すために用いる帯状の布)や磚茶(だんちゃ、紅茶または緑茶を円形・方形などに蒸し固めた茶)を拾う競技、騎射(馬上で行う弓矢の競技)、馬術などの競技が行われ、農牧民の選手150人が参加し、2万人余りの観衆が訪れた。(ラサ=新華社記者/張汝鋒)=2018(平成30)年7月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018073100359

  • 2018年07月29日
    チベット自治区ガリ地区で馬術大会が開催

    29日、馬上から哈達を拾う競技を行う選手。馬術大会が29日、中国チベット自治区ガリ(阿里)地区ガル県の獅泉河鎮で開幕した。哈達(カタ、モンゴル族とチベット族が敬意を表すために用いる帯状の布)や磚茶(だんちゃ、紅茶または緑茶を円形・方形などに蒸し固めた茶)を拾う競技、騎射(馬上で行う弓矢の競技)、馬術などの競技が行われ、農牧民の選手150人が参加し、2万人余りの観衆が訪れた。(ラサ=新華社記者/張汝鋒)=2018(平成30)年7月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018073100341

  • 2018年08月01日
    環境保全型農業が貧困脱却を促進チベット自治区ガリ地区

    1日、チベット自治区ガリ地区ガル県の環境保全型農業パークにある乳牛飼育場で、乳牛の感染症予防について相談する場長の貢桑其美さん(左)ら。中国チベット自治区西部に位置するガリ地区は、平均標高4500メートルで、寒冷で酸素が不足し、地元住民は長い間「野菜が食べられない」悩みを抱えていた。ガリ地区の行政中心地であるガル県ではここ数年、野菜・果樹の栽培や家畜・家禽の飼育、その総合利用を一体化した環境保全型農業パークを建設。毎年、周辺地域に40余りの野菜や果物を提供し、「買い物かご」の中身を充実させるだけでなく、貧困者支援で移住した200人以上の住民を育成し、季節雇用問題を解決した。(ラサ=新華社記者/張汝鋒)=2018(平成30)年8月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018080700075

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年08月01日
    環境保全型農業が貧困脱却を促進チベット自治区ガリ地区

    1日、チベット自治区ガリ地区ガル県の環境保全型農業パークで、スイカにネットをかぶせる従業員のミマさんを指導する農業技術者、楊茂録さん(右)。中国チベット自治区西部に位置するガリ地区は、平均標高4500メートルで、寒冷で酸素が不足し、地元住民は長い間「野菜が食べられない」悩みを抱えていた。ガリ地区の行政中心地であるガル県ではここ数年、野菜・果樹の栽培や家畜・家禽の飼育、その総合利用を一体化した環境保全型農業パークを建設。毎年、周辺地域に40余りの野菜や果物を提供し、「買い物かご」の中身を充実させるだけでなく、貧困者支援で移住した200人以上の住民を育成し、季節雇用問題を解決した。(ラサ=新華社記者/張汝鋒)=2018(平成30)年8月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018080700142

  • 2018年08月01日
    環境保全型農業が貧困脱却を促進チベット自治区ガリ地区

    1日、チベット自治区ガリ地区ガル県の環境保全型農業パークにあるトマト栽培ハウスで、収穫する作業員の加央さん(左)と達娃さん。中国チベット自治区西部に位置するガリ地区は、平均標高4500メートルで、寒冷で酸素が不足し、地元住民は長い間「野菜が食べられない」悩みを抱えていた。ガリ地区の行政中心地であるガル県ではここ数年、野菜・果樹の栽培や家畜・家禽の飼育、その総合利用を一体化した環境保全型農業パークを建設。毎年、周辺地域に40余りの野菜や果物を提供し、「買い物かご」の中身を充実させるだけでなく、貧困者支援で移住した200人以上の住民を育成し、季節雇用問題を解決した。(ラサ=新華社記者/張汝鋒)=2018(平成30)年8月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018080700057

  • 2018年08月01日
    環境保全型農業が貧困脱却を促進チベット自治区ガリ地区

    1日、チベット自治区ガリ地区ガル県にある環境保全型農業パーク。中国チベット自治区西部に位置するガリ地区は、平均標高4500メートルで、寒冷で酸素が不足し、地元住民は長い間「野菜が食べられない」悩みを抱えていた。ガリ地区の行政中心地であるガル県ではここ数年、野菜・果樹の栽培や家畜・家禽の飼育、その総合利用を一体化した環境保全型農業パークを建設。毎年、周辺地域に40余りの野菜や果物を提供し、「買い物かご」の中身を充実させるだけでなく、貧困者支援で移住した200人以上の住民を育成し、季節雇用問題を解決した。(ラサ=新華社記者/張汝鋒)=2018(平成30)年8月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018080700050

  • 2018年08月03日
    チベット自治区で先史洞窟遺跡見つかる青海チベット高原で初

    梅竜達普洞窟遺跡で見つかった岩絵。(2018年8月3日)中国チベット自治区文物保護研究所と中国科学院古脊椎動物・古人類研究所が合同で結成した考古調査隊はこのほど、同自治区ガリ地区で青海チベット高原初となる先史時代の洞窟遺跡「梅竜達普(MeiLongDaPu)洞窟遺跡」を発見した。同地区ゲギェ県にある同遺跡の標高は約4600メートル。一列に並んだ二つの独立した洞窟からなる。一方の洞窟の面積は1千平方メートル以上あり、もう一方は約250平方メートル。いずれからも豊富な古人類の文化遺物が発見された。放射性炭素年代測定によると遺跡は今から4千年前のもので、高原奥地で明確な地層情報を持つ細石器遺跡だという。(ラサ=新華社配信)=2018(平成30)年8月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019020621504

  • 2018年08月04日
    荒涼の地の「金色ヤクの見張り番」チベット自治区

    チベット自治区チャンタン国家級自然保護区で暮らす金色の野生ヤク。(8月4日撮影)中国チベット自治区のチャンタン(羌塘)は「北方の高原」を意味し、平均標高が5千メートルを超える人跡まれな不毛の地だ。ここには絶滅の危機に瀕する金色の野生ヤクが生息している。毛が金色であることからその名がつけられたが、今では200頭ほどしかいないという。今年52歳になるプチョン(普瓊)さんは先祖代々、チャンタンの「無人区」と呼ばれる人跡まれな地域、ガリ地区ルトク県アル村に住んでいる。プチョンさんは20世紀90年代に巡視員になってから、ここで生息する「金色の宝」を見守り続けている。(ラサ=新華社記者/周健偉)=2018(平成30)年8月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018120619858

  • 2018年08月04日
    荒涼の地の「金色ヤクの見張り番」チベット自治区

    チベット自治区チャンタン国家級自然保護区で暮らす金色の野生ヤクの群れ。(8月4日撮影)中国チベット自治区のチャンタン(羌塘)は「北方の高原」を意味し、平均標高が5千メートルを超える人跡まれな不毛の地だ。ここには絶滅の危機に瀕する金色の野生ヤクが生息している。毛が金色であることからその名がつけられたが、今では200頭ほどしかいないという。今年52歳になるプチョン(普瓊)さんは先祖代々、チャンタンの「無人区」と呼ばれる人跡まれな地域、ガリ地区ルトク県アル村に住んでいる。プチョンさんは20世紀90年代に巡視員になってから、ここで生息する「金色の宝」を見守り続けている。(ラサ=新華社記者/張汝鋒)=2018(平成30)年8月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018120619844

  • 2018年08月04日
    荒涼の地の「金色ヤクの見張り番」チベット自治区

    チベット自治区チャンタン国家級自然保護区で、望遠鏡で野生動物を観察するプチョン(普瓊)さん。(8月4日撮影)中国チベット自治区のチャンタン(羌塘)は「北方の高原」を意味し、平均標高が5千メートルを超える人跡まれな不毛の地だ。ここには絶滅の危機に瀕する金色の野生ヤクが生息している。毛が金色であることからその名がつけられたが、今では200頭ほどしかいないという。今年52歳になるプチョンさんは先祖代々、チャンタンの「無人区」と呼ばれる人跡まれな地域、ガリ地区ルトク県アル村に住んでいる。プチョンさんは20世紀90年代に巡視員になってから、ここで生息する「金色の宝」を見守り続けている。(ラサ=新華社記者/張汝鋒)=2018(平成30)年8月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018120619963

  • 2018年08月04日
    荒涼の地の「金色ヤクの見張り番」チベット自治区

    チベット自治区チャンタン国家級自然保護区で暮らす金色の野生ヤク。(8月4日撮影)中国チベット自治区のチャンタン(羌塘)は「北方の高原」を意味し、平均標高が5千メートルを超える人跡まれな不毛の地だ。ここには絶滅の危機に瀕する金色の野生ヤクが生息している。毛が金色であることからその名がつけられたが、今では200頭ほどしかいないという。今年52歳になるプチョン(普瓊)さんは先祖代々、チャンタンの「無人区」と呼ばれる人跡まれな地域、ガリ地区ルトク県アル村に住んでいる。プチョンさんは20世紀90年代に巡視員になってから、ここで生息する「金色の宝」を見守り続けている。(ラサ=新華社記者/張汝鋒)=2018(平成30)年8月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018120619727

  • 2018年08月04日
    荒涼の地の「金色ヤクの見張り番」チベット自治区

    チベット自治区チャンタン国家級自然保護区で、山を越える金色の野生ヤクの群れ。(8月4日撮影)中国チベット自治区のチャンタン(羌塘)は「北方の高原」を意味し、平均標高が5千メートルを超える人跡まれな不毛の地だ。ここには絶滅の危機に瀕する金色の野生ヤクが生息している。毛が金色であることからその名がつけられたが、今では200頭ほどしかいないという。今年52歳になるプチョン(普瓊)さんは先祖代々、チャンタンの「無人区」と呼ばれる人跡まれな地域、ガリ地区ルトク県アル村に住んでいる。プチョンさんは20世紀90年代に巡視員になってから、ここで生息する「金色の宝」を見守り続けている。(ラサ=新華社記者/張汝鋒)=2018(平成30)年8月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018120619721

  • 2018年08月05日
    荒涼の地の「金色ヤクの見張り番」チベット自治区

    チベット自治区チャンタン国家級自然保護区ガリ(阿里)地区管理局楚娘管理ステーションで、トランシーバーを調整しながら巡視員と言葉を交わすプチョン(普瓊)さん(左)。(8月5日撮影)中国チベット自治区のチャンタン(羌塘)は「北方の高原」を意味し、平均標高が5千メートルを超える人跡まれな不毛の地だ。ここには絶滅の危機に瀕する金色の野生ヤクが生息している。毛が金色であることからその名がつけられたが、今では200頭ほどしかいないという。今年52歳になるプチョンさんは先祖代々、チャンタンの「無人区」と呼ばれる人跡まれな地域、ガリ地区ルトク県アル村に住んでいる。プチョンさんは20世紀90年代に巡視員になってから、ここで生息する「金色の宝」を見守り続けている。(ラサ=新華社記者/張汝鋒)=2018(平成30)年8月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018120619870

  • 2018年08月10日
    十数基の古い墓から貴重な出土品チベット自治区ツァンダ県

    ガリ地区ツァンダ県にある遺跡の墓の内部から出土した人骨。中国チベット自治区ガリ地区ツァンダ県文物局は2017年末から、インフラ建設の調査・探査に協力するため、県内を流れる象泉河の上・中流域で新たに発見された十数基の古い墓の遺跡に対して緊急発掘調査を実施。陶器や料珠(メノウや紫水晶などで作られた珠)などの貴重な文物が出土した。ガリ地区連合考古学調査チームは2018年7月、中国国家文物局に報告して許可を得て、墓の遺跡1基に対してさらに科学的な考古学発掘調査を開始した。現在、調査作業は順調に行われている。(ガリ=新華社記者/春拉)=2018(平成30)年8月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018081301631

  • 2018年08月10日
    十数基の古い墓から貴重な出土品チベット自治区ツァンダ県

    墓の内部を整理するガリ地区連合考古学調査チームのメンバー。中国チベット自治区ガリ地区ツァンダ県文物局は2017年末から、インフラ建設の調査・探査に協力するため、県内を流れる象泉河の上・中流域で新たに発見された十数基の古い墓の遺跡に対して緊急発掘調査を実施。陶器や料珠(メノウや紫水晶などで作られた珠)などの貴重な文物が出土した。ガリ地区連合考古学調査チームは2018年7月、中国国家文物局に報告して許可を得て、墓の遺跡1基に対してさらに科学的な考古学発掘調査を開始した。現在、調査作業は順調に行われている。(ガリ=新華社記者/春拉)=2018(平成30)年8月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018081301686

  • 2018年08月10日
    十数基の古い墓から貴重な出土品チベット自治区ツァンダ県

    墓の遺跡の発掘現場で記録するガリ地区連合考古学調査チームのメンバー。中国チベット自治区ガリ地区ツァンダ県文物局は2017年末から、インフラ建設の調査・探査に協力するため、県内を流れる象泉河の上・中流域で新たに発見された十数基の古い墓の遺跡に対して緊急発掘調査を実施。陶器や料珠(メノウや紫水晶などで作られた珠)などの貴重な文物が出土した。ガリ地区連合考古学調査チームは2018年7月、中国国家文物局に報告して許可を得て、墓の遺跡1基に対してさらに科学的な考古学発掘調査を開始した。現在、調査作業は順調に行われている。(ガリ=新華社記者/春拉)=2018(平成30)年8月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018081301684

  • 2018年08月10日
    十数基の古い墓から貴重な出土品チベット自治区ツァンダ県

    墓の内部を整理するガリ地区連合考古学調査チームのメンバー。中国チベット自治区ガリ地区ツァンダ県文物局は2017年末から、インフラ建設の調査・探査に協力するため、県内を流れる象泉河の上・中流域で新たに発見された十数基の古い墓の遺跡に対して緊急発掘調査を実施。陶器や料珠(メノウや紫水晶などで作られた珠)などの貴重な文物が出土した。ガリ地区連合考古学調査チームは2018年7月、中国国家文物局に報告して許可を得て、墓の遺跡1基に対してさらに科学的な考古学発掘調査を開始した。現在、調査作業は順調に行われている。(ガリ=新華社記者/春拉)=2018(平成30)年8月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018081301636

  • 2018年08月10日
    十数基の古い墓から貴重な出土品チベット自治区ツァンダ県

    墓の内部を整理するガリ地区連合考古学調査チームのメンバー。中国チベット自治区ガリ地区ツァンダ県文物局は2017年末から、インフラ建設の調査・探査に協力するため、県内を流れる象泉河の上・中流域で新たに発見された十数基の古い墓の遺跡に対して緊急発掘調査を実施。陶器や料珠(メノウや紫水晶などで作られた珠)などの貴重な文物が出土した。ガリ地区連合考古学調査チームは2018年7月、中国国家文物局に報告して許可を得て、墓の遺跡1基に対してさらに科学的な考古学発掘調査を開始した。現在、調査作業は順調に行われている。(ガリ=新華社記者/春拉)=2018(平成30)年8月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018081301721

  • 2018年08月10日
    十数基の古い墓から貴重な出土品チベット自治区ツァンダ県

    緊急発掘調査を実施したガリ地区ツァンダ県にある墓の遺跡。中国チベット自治区ガリ地区ツァンダ県文物局は2017年末から、インフラ建設の調査・探査に協力するため、県内を流れる象泉河の上・中流域で新たに発見された十数基の古い墓の遺跡に対して緊急発掘調査を実施。陶器や料珠(メノウや紫水晶などで作られた珠)などの貴重な文物が出土した。ガリ地区連合考古学調査チームは2018年7月、中国国家文物局に報告して許可を得て、墓の遺跡1基に対してさらに科学的な考古学発掘調査を開始した。現在、調査作業は順調に行われている。(ガリ=新華社配信/ツァンダ県文物局提供)=2018(平成30)年8月10日、クレジット:ツァンダ県文物局提供/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018081301820

  • 2018年08月10日
    十数基の古い墓から貴重な出土品チベット自治区ツァンダ県

    ガリ地区ツァンダ県にある墓の遺跡で行われた発掘調査。中国チベット自治区ガリ地区ツァンダ県文物局は2017年末から、インフラ建設の調査・探査に協力するため、県内を流れる象泉河の上・中流域で新たに発見された十数基の古い墓の遺跡に対して緊急発掘調査を実施。陶器や料珠(メノウや紫水晶などで作られた珠)などの貴重な文物が出土した。ガリ地区連合考古学調査チームは2018年7月、中国国家文物局に報告して許可を得て、墓の遺跡1基に対してさらに科学的な考古学発掘調査を開始した。現在、調査作業は順調に行われている。(ガリ=新華社配信/ツァンダ県文物局提供)=2018(平成30)年8月10日、クレジット:ツァンダ県文物局提供/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018081301816

  • 2018年08月16日
    チベット自治区で先史洞窟遺跡見つかる青海チベット高原で初

    梅竜達普洞窟遺跡で発掘作業を行う考古隊員。(2018年8月16日)中国チベット自治区文物保護研究所と中国科学院古脊椎動物・古人類研究所が合同で結成した考古調査隊はこのほど、同自治区ガリ地区で青海チベット高原初となる先史時代の洞窟遺跡「梅竜達普(MeiLongDaPu)洞窟遺跡」を発見した。同地区ゲギェ県にある同遺跡の標高は約4600メートル。一列に並んだ二つの独立した洞窟からなる。一方の洞窟の面積は1千平方メートル以上あり、もう一方は約250平方メートル。いずれからも豊富な古人類の文化遺物が発見された。放射性炭素年代測定によると遺跡は今から4千年前のもので、高原奥地で明確な地層情報を持つ細石器遺跡だという。(ラサ=新華社配信/チベット自治区文物保護研究所提供)=2018(平成30)年8月16日、クレジット:チベット自治区文物保護研究所提供/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019011019481

  • 2018年08月20日
    チベット自治区で先史洞窟遺跡見つかる青海チベット高原で初

    梅竜達普洞窟遺跡の遠景。(2018年8月20日)中国チベット自治区文物保護研究所と中国科学院古脊椎動物・古人類研究所が合同で結成した考古調査隊はこのほど、同自治区ガリ地区で青海チベット高原初となる先史時代の洞窟遺跡「梅竜達普(MeiLongDaPu)洞窟遺跡」を発見した。同地区ゲギェ県にある同遺跡の標高は約4600メートル。一列に並んだ二つの独立した洞窟からなる。一方の洞窟の面積は1千平方メートル以上あり、もう一方は約250平方メートル。いずれからも豊富な古人類の文化遺物が発見された。放射性炭素年代測定によると遺跡は今から4千年前のもので、高原奥地で明確な地層情報を持つ細石器遺跡だという。(ラサ=新華社配信)=2018(平成30)年8月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019020621503

  • 2018年08月24日
    チベット自治区で先史洞窟遺跡見つかる青海チベット高原で初

    梅竜達普洞窟遺跡から出土した遺物の一部。(2018年8月24日)中国チベット自治区文物保護研究所と中国科学院古脊椎動物・古人類研究所が合同で結成した考古調査隊はこのほど、同自治区ガリ地区で青海チベット高原初となる先史時代の洞窟遺跡「梅竜達普(MeiLongDaPu)洞窟遺跡」を発見した。同地区ゲギェ県にある同遺跡の標高は約4600メートル。一列に並んだ二つの独立した洞窟からなる。一方の洞窟の面積は1千平方メートル以上あり、もう一方は約250平方メートル。いずれからも豊富な古人類の文化遺物が発見された。放射性炭素年代測定によると遺跡は今から4千年前のもので、高原奥地で明確な地層情報を持つ細石器遺跡だという。(ラサ=新華社配信/チベット自治区文物保護研究所提供)=2018(平成30)年8月24日、クレジット:チベット自治区文物保護研究所提供/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019011019438

  • 2018年09月08日
    野生動物の楽園チベット自治区ガリ地区

    8日、チベット自治区ガリ地区に生息する国家2級保護動物のチベットガゼル。中国チベット自治区西部に位置するガリ(阿里)地区の平均標高は約4500メートル以上、面積は30万平方キロ余りに及ぶ。ガリ地区の大部分をカバーするチャンタン(羌塘)国家級自然保護区は、多くの野生動物が生息する楽園になっている。(ラサ=新華社記者/普布扎西)=2018(平成30)年9月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018092517224

  • 2018年09月08日
    野生動物の楽園チベット自治区ガリ地区

    8日、チベット自治区ガリ地区に生息するチベットノロバ。中国チベット自治区西部に位置するガリ(阿里)地区の平均標高は約4500メートル以上、面積は30万平方キロ余りに及ぶ。ガリ地区の大部分をカバーするチャンタン(羌塘)国家級自然保護区は、多くの野生動物が生息する楽園になっている。(ラサ=新華社記者/普布扎西)=2018(平成30)年9月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018092517089

  • 03:44.02
    2018年09月08日
    「新華社」【字幕あり】軍人の妻の贈り物チベット自治区·ガリ地区

    毎年6~9月、中国チベット自治区の気候は快適で、空気中の酸素濃度も比較的高い。この時期には現地に駐在する軍人を訪ねて、多くの家族がやって来る。侯博翰(こう・はくかん)さんは同自治区ガリ軍分区の大隊の副大隊長だ。今年の夏、侯さんの妻が郷里の寧夏回族自治区からガリまで会いに来た。チベットに来るのは初めてだったため、侯さんは心配な気持ちを拭えなかった。チベット自治区ガリ軍分区の大隊副大隊長侯博翰さんうれしさと心配の両方ありますね。うれしいのは、妻が遠くから何千キロもかけて、われわれが駐屯防衛するこの高原まで会いに来てくれるから。心配なのは、初めて来るので、身体が気候に適応できないでしょうから、やはり高山病にならないでほしいですね。(記者/索朗徳吉)<映像内容>チベットで駐屯防衛する軍人を訪問した妻の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※白素材有り要問い合わせ

    商品コード: 2018101226350

  • 2018年09月08日
    野生動物の楽園チベット自治区ガリ地区

    8日、チベット自治区ガリ地区に生息する国家1級保護動物のチベットノロバ。中国チベット自治区西部に位置するガリ(阿里)地区の平均標高は約4500メートル以上、面積は30万平方キロ余りに及ぶ。ガリ地区の大部分をカバーするチャンタン(羌塘)国家級自然保護区は、多くの野生動物が生息する楽園になっている。(ラサ=新華社記者/普布扎西)=2018(平成30)年9月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018092517263

  • 2018年09月09日
    「神の山」カン·リンポチェのスナップショット

    9日、カン・リンポチェ(カイラス山)。カン・リンポチェ(カイラス山)は中国チベット自治区ガリ地区プラン県内に位置する、標高6656メートルのガンディス山脈の主峰。一年中雪が積もり、優雅で力強く美しく、同自治区でも有名な観光スポットになっている。(ラサ=新華社記者/普布扎西)=2018(平成30)年9月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018092014679

  • 03:54.71
    2018年09月09日
    「新華社」最も標高の高い自転車レースチベット自治区ガリ地区

    2018年第1回ガリ地区山・湖周回サイクルロードレースの1ステージであるマーナサローワル湖周回サイクルロードレースが9日、チベット自治区ガリ地区プラン県で開催された。このコースの平均標高は、中国内の湖周回サイクルロードレースの最高を更新する平均4600メートルだった。男子、女子、団体レースが行われ、プラン県霍爾郷をスタート、タイムトライアルコースはマーナサローワル湖の周囲を巡る56キロで行われた。続いて選手はさらに42キロを走行して霍爾郷に戻った。レースには、チベット亜車チーム、ラサ峰行アウトドアクラブなど7つの代表チームが参加し、28人の選手が出場した。レース当日には、山中クロスカントリーや岡仁波斉(カン・リンポチェ、カイラス山)公益山中ハイキングなどの催しも行われた。(記者/余剛)<映像内容>湖周回サイクルロードレースの様子、撮影日:2018(平成30)年9月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018101226365

  • 2018年09月09日
    「神の山」カン·リンポチェのスナップショット

    9日、カン・リンポチェ(カイラス山)。カン・リンポチェ(カイラス山)は中国チベット自治区ガリ地区プラン県内に位置する、標高6656メートルのガンディス山脈の主峰。一年中雪が積もり、優雅で力強く美しく、同自治区でも有名な観光スポットになっている。(ラサ=新華社記者/普布扎西)=2018(平成30)年9月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018092014900

  • 2018年09月11日
    夜空に輝く無数の星チベット自治区ガリ地区

    11日、チベット自治区ガリ地区で撮影したグゲ王国遺跡と星空。中国チベット自治区ガリ(阿里)地区は平均標高が4千メートルを超え、空気の透明度や晴天率、夜空の美しさなど、撮影の自然条件に恵まれている。光害もなく、星空写真の愛好家にとって理想的な場所といえる。(ラサ=新華社記者/普布扎西)=2018(平成30)年9月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018100120447

  • 2018年09月11日
    世界で唯一無二の「土林」チベット自治区ガリ地区

    11日、チベット自治区ガリ地区ツァンダ県にある霞義溝土林。中国チベット自治区ガリ地区のツァンダ県を流れる象泉河(ランチェン・ツァンポ)の両岸には、世界で唯一無二の「土林」と呼ばれる侵食地形が分布している。そのうち、ツァンダ県香孜(かし)郷に位置する霞義溝(かぎこう)土林は地理的に辺ぴで、交通も不便、人があまり訪れないため、比較的整った状態が保たれている。土林は、粘土や砂、小石の堆積で作られた地層が季節的な降雨や川の流れに侵食されてできた地形。霞義溝土林は大量の鉱石成分を含むため、黄、赤、青を主とした色が見られ、光線の具合によって色がより豊かに変わるため、「五彩の土林」とも呼ばれている。(ラサ=新華社記者/普布扎西)=2018(平成30)年9月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018091924955

  • 2018年09月11日
    夜空に輝く無数の星チベット自治区ガリ地区

    11日、チベット自治区ガリ地区で撮影した星空。中国チベット自治区ガリ(阿里)地区は平均標高が4千メートルを超え、空気の透明度や晴天率、夜空の美しさなど、撮影の自然条件に恵まれている。光害もなく、星空写真の愛好家にとって理想的な場所といえる。(ラサ=新華社記者/普布扎西)=2018(平成30)年9月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018100120002

  • 2018年09月11日
    神秘のグゲ王国遺跡を訪ねてチベット自治区

    11日、複雑な地形に建てられたチベット自治区のグゲ王国遺跡。(小型無人機から)グゲ王国遺跡は中国チベット自治区ガリ地区ツァンダ県に位置し、全国重点文物保護単位(国の重要文化財)の一つ。10世紀前後に吐蕃(とばん)王朝末期の内部紛争によって誕生したグゲ王国は、その後の数百年にわたりチベット高原西部で絶えず規模を大きくし、独特なグゲ文明を作り出した。最盛期の建築学、美術、金属製造業などで遂げた成果はチベットの歴史に多彩で輝かしい1ページを飾った。辺ぴで遠い位置、珍しい土柱が立ち並ぶ景観、光り輝くグゲ文明のおかげで、同遺跡はチベット体験型観光の重要な一部になっている。(ラサ=新華社記者/普布扎西)=2018(平成30)年9月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018091816267

  • 2018年09月11日
    神秘のグゲ王国遺跡を訪ねてチベット自治区

    11日、崖の上に建つチベット自治区のグゲ王国遺跡。グゲ王国遺跡は中国チベット自治区ガリ地区ツァンダ県に位置し、全国重点文物保護単位(国の重要文化財)の一つ。10世紀前後に吐蕃(とばん)王朝末期の内部紛争によって誕生したグゲ王国は、その後の数百年にわたりチベット高原西部で絶えず規模を大きくし、独特なグゲ文明を作り出した。最盛期の建築学、美術、金属製造業などで遂げた成果はチベットの歴史に多彩で輝かしい1ページを飾った。辺ぴで遠い位置、珍しい土柱が立ち並ぶ景観、光り輝くグゲ文明のおかげで、同遺跡はチベット体験型観光の重要な一部になっている。(ラサ=新華社記者/普布扎西)=2018(平成30)年9月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018091816044

  • 2018年09月11日
    野生動物の楽園チベット自治区ガリ地区

    11日、チベット自治区ガリ地区のカイラス山(カン・リンポチェ山)のふもとに生息する国家1級保護動物のチベットノロバ。中国チベット自治区西部に位置するガリ(阿里)地区の平均標高は約4500メートル以上、面積は30万平方キロ余りに及ぶ。ガリ地区の大部分をカバーするチャンタン(羌塘)国家級自然保護区は、多くの野生動物が生息する楽園になっている。(ラサ=新華社記者/普布扎西)=2018(平成30)年9月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018092516717

  • 2018年09月11日
    神秘のグゲ王国遺跡を訪ねてチベット自治区

    11日、切り立った崖にそびえるチベット自治区のグゲ王国遺跡。(小型無人機から)グゲ王国遺跡は中国チベット自治区ガリ地区ツァンダ県に位置し、全国重点文物保護単位(国の重要文化財)の一つ。10世紀前後に吐蕃(とばん)王朝末期の内部紛争によって誕生したグゲ王国は、その後の数百年にわたりチベット高原西部で絶えず規模を大きくし、独特なグゲ文明を作り出した。最盛期の建築学、美術、金属製造業などで遂げた成果はチベットの歴史に多彩で輝かしい1ページを飾った。辺ぴで遠い位置、珍しい土柱が立ち並ぶ景観、光り輝くグゲ文明のおかげで、同遺跡はチベット体験型観光の重要な一部になっている。(ラサ=新華社記者/普布扎西)=2018(平成30)年9月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018091815980

  • 2018年09月11日
    神秘のグゲ王国遺跡を訪ねてチベット自治区

    11日、複雑な地形に建てられた建造物が残るチベット自治区のグゲ王国遺跡。(小型無人機から)グゲ王国遺跡は中国チベット自治区ガリ地区ツァンダ県に位置し、全国重点文物保護単位(国の重要文化財)の一つ。10世紀前後に吐蕃(とばん)王朝末期の内部紛争によって誕生したグゲ王国は、その後の数百年にわたりチベット高原西部で絶えず規模を大きくし、独特なグゲ文明を作り出した。最盛期の建築学、美術、金属製造業などで遂げた成果はチベットの歴史に多彩で輝かしい1ページを飾った。辺ぴで遠い位置、珍しい土柱が立ち並ぶ景観、光り輝くグゲ文明のおかげで、同遺跡はチベット体験型観光の重要な一部になっている。(ラサ=新華社記者/普布扎西)=2018(平成30)年9月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018091816327

  • 2018年09月11日
    世界で唯一無二の「土林」チベット自治区ガリ地区

    11日、チベット自治区ガリ地区ツァンダ県にある霞義溝土林。(小型無人機から)中国チベット自治区ガリ地区のツァンダ県を流れる象泉河(ランチェン・ツァンポ)の両岸には、世界で唯一無二の「土林」と呼ばれる侵食地形が分布している。そのうち、ツァンダ県香孜(かし)郷に位置する霞義溝(かぎこう)土林は地理的に辺ぴで、交通も不便、人があまり訪れないため、比較的整った状態が保たれている。土林は、粘土や砂、小石の堆積で作られた地層が季節的な降雨や川の流れに侵食されてできた地形。霞義溝土林は大量の鉱石成分を含むため、黄、赤、青を主とした色が見られ、光線の具合によって色がより豊かに変わるため、「五彩の土林」とも呼ばれている。(ラサ=新華社記者/普布扎西)=2018(平成30)年9月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018091924930

  • 2018年09月11日
    世界で唯一無二の「土林」チベット自治区ガリ地区

    11日、チベット自治区ガリ地区ツァンダ県にある霞義溝土林。中国チベット自治区ガリ地区のツァンダ県を流れる象泉河(ランチェン・ツァンポ)の両岸には、世界で唯一無二の「土林」と呼ばれる侵食地形が分布している。そのうち、ツァンダ県香孜(かし)郷に位置する霞義溝(かぎこう)土林は地理的に辺ぴで、交通も不便、人があまり訪れないため、比較的整った状態が保たれている。土林は、粘土や砂、小石の堆積で作られた地層が季節的な降雨や川の流れに侵食されてできた地形。霞義溝土林は大量の鉱石成分を含むため、黄、赤、青を主とした色が見られ、光線の具合によって色がより豊かに変わるため、「五彩の土林」とも呼ばれている。(ラサ=新華社記者/普布扎西)=2018(平成30)年9月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018091924932

  • 2018年09月11日
    神秘のグゲ王国遺跡を訪ねてチベット自治区

    11日、切り立った崖にそびえるチベット自治区のグゲ王国遺跡。(小型無人機から)グゲ王国遺跡は中国チベット自治区ガリ地区ツァンダ県に位置し、全国重点文物保護単位(国の重要文化財)の一つ。10世紀前後に吐蕃(とばん)王朝末期の内部紛争によって誕生したグゲ王国は、その後の数百年にわたりチベット高原西部で絶えず規模を大きくし、独特なグゲ文明を作り出した。最盛期の建築学、美術、金属製造業などで遂げた成果はチベットの歴史に多彩で輝かしい1ページを飾った。辺ぴで遠い位置、珍しい土柱が立ち並ぶ景観、光り輝くグゲ文明のおかげで、同遺跡はチベット体験型観光の重要な一部になっている。(ラサ=新華社記者/普布扎西)=2018(平成30)年9月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018091815864

  • 2018年09月11日
    「神の山」カン·リンポチェのスナップショット

    11日、カン・リンポチェ(カイラス山)。カン・リンポチェ(カイラス山)は中国チベット自治区ガリ地区プラン県内に位置する、標高6656メートルのガンディス山脈の主峰。一年中雪が積もり、優雅で力強く美しく、同自治区でも有名な観光スポットになっている。(ラサ=新華社記者/普布扎西)=2018(平成30)年9月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018092014922

  • 2018年09月11日
    夜空に輝く無数の星チベット自治区ガリ地区

    11日、チベット自治区ガリ地区で撮影した「土林」と呼ばれる侵食地形と星空。中国チベット自治区ガリ(阿里)地区は平均標高が4千メートルを超え、空気の透明度や晴天率、夜空の美しさなど、撮影の自然条件に恵まれている。光害もなく、星空写真の愛好家にとって理想的な場所といえる。(ラサ=新華社記者/普布扎西)=2018(平成30)年9月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018100119976

  • 2018年09月11日
    神秘のグゲ王国遺跡を訪ねてチベット自治区

    11日、チベット自治区のグゲ王国遺跡の一角。グゲ王国遺跡は中国チベット自治区ガリ地区ツァンダ県に位置し、全国重点文物保護単位(国の重要文化財)の一つ。10世紀前後に吐蕃(とばん)王朝末期の内部紛争によって誕生したグゲ王国は、その後の数百年にわたりチベット高原西部で絶えず規模を大きくし、独特なグゲ文明を作り出した。最盛期の建築学、美術、金属製造業などで遂げた成果はチベットの歴史に多彩で輝かしい1ページを飾った。辺ぴで遠い位置、珍しい土柱が立ち並ぶ景観、光り輝くグゲ文明のおかげで、同遺跡はチベット体験型観光の重要な一部になっている。(ラサ=新華社記者/普布扎西)=2018(平成30)年9月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018091816144

  • 2018年09月11日
    世界で唯一無二の「土林」チベット自治区ガリ地区

    11日、チベット自治区ガリ地区ツァンダ県にある霞義溝土林。中国チベット自治区ガリ地区のツァンダ県を流れる象泉河(ランチェン・ツァンポ)の両岸には、世界で唯一無二の「土林」と呼ばれる侵食地形が分布している。そのうち、ツァンダ県香孜(かし)郷に位置する霞義溝(かぎこう)土林は地理的に辺ぴで、交通も不便、人があまり訪れないため、比較的整った状態が保たれている。土林は、粘土や砂、小石の堆積で作られた地層が季節的な降雨や川の流れに侵食されてできた地形。霞義溝土林は大量の鉱石成分を含むため、黄、赤、青を主とした色が見られ、光線の具合によって色がより豊かに変わるため、「五彩の土林」とも呼ばれている。(ラサ=新華社記者/普布扎西)=2018(平成30)年9月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018091924857

  • 2018年09月11日
    世界で唯一無二の「土林」チベット自治区ガリ地区

    11日、チベット自治区ガリ地区ツァンダ県にある霞義溝土林。中国チベット自治区ガリ地区のツァンダ県を流れる象泉河(ランチェン・ツァンポ)の両岸には、世界で唯一無二の「土林」と呼ばれる侵食地形が分布している。そのうち、ツァンダ県香孜(かし)郷に位置する霞義溝(かぎこう)土林は地理的に辺ぴで、交通も不便、人があまり訪れないため、比較的整った状態が保たれている。土林は、粘土や砂、小石の堆積で作られた地層が季節的な降雨や川の流れに侵食されてできた地形。霞義溝土林は大量の鉱石成分を含むため、黄、赤、青を主とした色が見られ、光線の具合によって色がより豊かに変わるため、「五彩の土林」とも呼ばれている。(ラサ=新華社記者/普布扎西)=2018(平成30)年9月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018091924873

  • 2018年09月11日
    世界で唯一無二の「土林」チベット自治区ガリ地区

    11日、チベット自治区ガリ地区ツァンダ県にある霞義溝土林。中国チベット自治区ガリ地区のツァンダ県を流れる象泉河(ランチェン・ツァンポ)の両岸には、世界で唯一無二の「土林」と呼ばれる侵食地形が分布している。そのうち、ツァンダ県香孜(かし)郷に位置する霞義溝(かぎこう)土林は地理的に辺ぴで、交通も不便、人があまり訪れないため、比較的整った状態が保たれている。土林は、粘土や砂、小石の堆積で作られた地層が季節的な降雨や川の流れに侵食されてできた地形。霞義溝土林は大量の鉱石成分を含むため、黄、赤、青を主とした色が見られ、光線の具合によって色がより豊かに変わるため、「五彩の土林」とも呼ばれている。(ラサ=新華社記者/普布扎西)=2018(平成30)年9月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018091924967

  • 2018年09月11日
    神秘のグゲ王国遺跡を訪ねてチベット自治区

    11日、チベット自治区のグゲ王国遺跡の一角。グゲ王国遺跡は中国チベット自治区ガリ地区ツァンダ県に位置し、全国重点文物保護単位(国の重要文化財)の一つ。10世紀前後に吐蕃(とばん)王朝末期の内部紛争によって誕生したグゲ王国は、その後の数百年にわたりチベット高原西部で絶えず規模を大きくし、独特なグゲ文明を作り出した。最盛期の建築学、美術、金属製造業などで遂げた成果はチベットの歴史に多彩で輝かしい1ページを飾った。辺ぴで遠い位置、珍しい土柱が立ち並ぶ景観、光り輝くグゲ文明のおかげで、同遺跡はチベット体験型観光の重要な一部になっている。(ラサ=新華社記者/普布扎西)=2018(平成30)年9月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018091816120

  • 2018年09月12日
    夜空に輝く無数の星チベット自治区ガリ地区

    12日、チベット自治区ガリ地区で撮影した銀河。中国チベット自治区ガリ(阿里)地区は平均標高が4千メートルを超え、空気の透明度や晴天率、夜空の美しさなど、撮影の自然条件に恵まれている。光害もなく、星空写真の愛好家にとって理想的な場所といえる。(ラサ=新華社記者/普布扎西)=2018(平成30)年9月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018100120386

  • 2018年09月13日
    「神の山」カン·リンポチェのスナップショット

    13日、カン・リンポチェ(カイラス山)。カン・リンポチェ(カイラス山)は中国チベット自治区ガリ地区プラン県内に位置する、標高6656メートルのガンディス山脈の主峰。一年中雪が積もり、優雅で力強く美しく、同自治区でも有名な観光スポットになっている。(ラサ=新華社配信/旦増尼瑪曲珠)=2018(平成30)年9月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018092014676

  • 2018年09月13日
    「神の山」カン·リンポチェのスナップショット

    13日、カン・リンポチェ(カイラス山)。カン・リンポチェ(カイラス山)は中国チベット自治区ガリ地区プラン県内に位置する、標高6656メートルのガンディス山脈の主峰。一年中雪が積もり、優雅で力強く美しく、同自治区でも有名な観光スポットになっている。(ラサ=新華社配信/旦増尼瑪曲珠)=2018(平成30)年9月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018092015050

  • 2018年09月13日
    「神の山」カン·リンポチェのスナップショット

    13日、カン・リンポチェ(カイラス山)。カン・リンポチェ(カイラス山)は中国チベット自治区ガリ地区プラン県内に位置する、標高6656メートルのガンディス山脈の主峰。一年中雪が積もり、優雅で力強く美しく、同自治区でも有名な観光スポットになっている。(ラサ=新華社配信/旦増尼瑪曲珠)=2018(平成30)年9月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018092014828

  • 2018年09月13日
    「神の山」カン·リンポチェのスナップショット

    13日、星空の下のカン・リンポチェ(カイラス山)。カン・リンポチェ(カイラス山)は中国チベット自治区ガリ地区プラン県内に位置する、標高6656メートルのガンディス山脈の主峰。一年中雪が積もり、優雅で力強く美しく、同自治区でも有名な観光スポットになっている。(ラサ=新華社配信/旦増尼瑪曲珠)=2018(平成30)年9月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018092014840

  • 2018年09月14日
    世界で唯一無二の「土林」チベット自治区ガリ地区

    14日、チベット自治区ガリ地区ツァンダ県にある霞義溝土林。中国チベット自治区ガリ地区のツァンダ県を流れる象泉河(ランチェン・ツァンポ)の両岸には、世界で唯一無二の「土林」と呼ばれる侵食地形が分布している。そのうち、ツァンダ県香孜(かし)郷に位置する霞義溝(かぎこう)土林は地理的に辺ぴで、交通も不便、人があまり訪れないため、比較的整った状態が保たれている。土林は、粘土や砂、小石の堆積で作られた地層が季節的な降雨や川の流れに侵食されてできた地形。霞義溝土林は大量の鉱石成分を含むため、黄、赤、青を主とした色が見られ、光線の具合によって色がより豊かに変わるため、「五彩の土林」とも呼ばれている。(ラサ=新華社配信/旦増尼瑪曲珠)=2018(平成30)年9月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018091924912

  • 2018年09月14日
    世界で唯一無二の「土林」チベット自治区ガリ地区

    14日、チベット自治区ガリ地区ツァンダ県にある霞義溝土林。中国チベット自治区ガリ地区のツァンダ県を流れる象泉河(ランチェン・ツァンポ)の両岸には、世界で唯一無二の「土林」と呼ばれる侵食地形が分布している。そのうち、ツァンダ県香孜(かし)郷に位置する霞義溝(かぎこう)土林は地理的に辺ぴで、交通も不便、人があまり訪れないため、比較的整った状態が保たれている。土林は、粘土や砂、小石の堆積で作られた地層が季節的な降雨や川の流れに侵食されてできた地形。霞義溝土林は大量の鉱石成分を含むため、黄、赤、青を主とした色が見られ、光線の具合によって色がより豊かに変わるため、「五彩の土林」とも呼ばれている。(ラサ=新華社記者/劉東君)=2018(平成30)年9月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018091924969

  • 2018年09月16日
    「4代の家」にみる中国辺境の大きな変化チベット自治区·楚松村

    楚松村の「4代の家」。一番下が泥レンガの「1代目」で、その上の土壁の木造住宅が「2代目」。その隣のレンガ造りの家が「3代目」で、一番右の真新しい2階建て住居が「4代目」。(2018年9月16日撮影、小型無人機から)中国チベット自治区の楚松村はラサ市から2千キロ以上離れた辺境の地、ガリ地区ツァンダ県楚魯松傑郷にある。村に向かう道は、ニンティ市メトク県へ向かう道よりもはるかに遠く険しい。村の標高は約4千メートル。毎年山が雪に閉ざされる期間は半年に及び、名実ともに「雪国の孤島」とされる。村内にはルシュツァンポ(如許蔵布)川が蛇行しながら流れている。北岸の小高い台地には3種類の様式や色彩の異なる旧居が並ぶが、その傍らに一棟の白く真新しい2階建て家屋が建っている。古い家と新しい家、4代の住居が並ぶ姿は、中国辺境の大きな変化を凝縮したかのように時代を記録し、その変遷を物語っている。(ラサ=新華社配信/旦増尼瑪曲珠)=2018(平成30)年9月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012200186

  • 2018年09月16日
    「4代の家」にみる中国辺境の大きな変化チベット自治区·楚松村

    楚松村の欧珠加措(オウチュギャツォ)さんにとって4代目となる新居。赤と白に彩られたチベット式の戸建てが並ぶ。(2018年9月16日撮影)中国チベット自治区の楚松村はラサ市から2千キロ以上離れた辺境の地、ガリ地区ツァンダ県楚魯松傑郷にある。村に向かう道は、ニンティ市メトク県へ向かう道よりもはるかに遠く険しい。村の標高は約4千メートル。毎年山が雪に閉ざされる期間は半年に及び、名実ともに「雪国の孤島」とされる。村内にはルシュツァンポ(如許蔵布)川が蛇行しながら流れている。北岸の小高い台地には3種類の様式や色彩の異なる旧居が並ぶが、その傍らに一棟の白く真新しい2階建て家屋が建っている。古い家と新しい家、4代の住居が並ぶ姿は、中国辺境の大きな変化を凝縮したかのように時代を記録し、その変遷を物語っている。(ラサ=新華社配信/旦増尼瑪曲珠)=2018(平成30)年9月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012200227

  • 2018年09月16日
    「4代の家」にみる中国辺境の大きな変化チベット自治区·楚松村

    新居の中庭に立つ楚松村の欧珠加措(オウチュギャツォ)さん。(2018年9月16日撮影)中国チベット自治区の楚松村はラサ市から2千キロ以上離れた辺境の地、ガリ地区ツァンダ県楚魯松傑郷にある。村に向かう道は、ニンティ市メトク県へ向かう道よりもはるかに遠く険しい。村の標高は約4千メートル。毎年山が雪に閉ざされる期間は半年に及び、名実ともに「雪国の孤島」とされる。村内にはルシュツァンポ(如許蔵布)川が蛇行しながら流れている。北岸の小高い台地には3種類の様式や色彩の異なる旧居が並ぶが、その傍らに一棟の白く真新しい2階建て家屋が建っている。古い家と新しい家、4代の住居が並ぶ姿は、中国辺境の大きな変化を凝縮したかのように時代を記録し、その変遷を物語っている。(ラサ=新華社配信/旦増尼瑪曲珠)=2018(平成30)年9月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012200099

  • 2018年09月16日
    「4代の家」にみる中国辺境の大きな変化チベット自治区·楚松村

    1代目の住居だった天井が低く暗い泥レンガの家に立つ楚松村の欧珠加措(オウチュギャツォ)さん。(2018年9月16日撮影)中国チベット自治区の楚松村はラサ市から2千キロ以上離れた辺境の地、ガリ地区ツァンダ県楚魯松傑郷にある。村に向かう道は、ニンティ市メトク県へ向かう道よりもはるかに遠く険しい。村の標高は約4千メートル。毎年山が雪に閉ざされる期間は半年に及び、名実ともに「雪国の孤島」とされる。村内にはルシュツァンポ(如許蔵布)川が蛇行しながら流れている。北岸の小高い台地には3種類の様式や色彩の異なる旧居が並ぶが、その傍らに一棟の白く真新しい2階建て家屋が建っている。古い家と新しい家、4代の住居が並ぶ姿は、中国辺境の大きな変化を凝縮したかのように時代を記録し、その変遷を物語っている。(ラサ=新華社配信/旦増尼瑪曲珠)=2018(平成30)年9月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012200222

  • 2018年09月16日
    「4代の家」にみる中国辺境の大きな変化チベット自治区·楚松村

    3代目の住居の前に立つ楚松村の欧珠加措(オウチュギャツォ)さん。(2018年9月16日撮影)中国チベット自治区の楚松村はラサ市から2千キロ以上離れた辺境の地、ガリ地区ツァンダ県楚魯松傑郷にある。村に向かう道は、ニンティ市メトク県へ向かう道よりもはるかに遠く険しい。村の標高は約4千メートル。毎年山が雪に閉ざされる期間は半年に及び、名実ともに「雪国の孤島」とされる。村内にはルシュツァンポ(如許蔵布)川が蛇行しながら流れている。北岸の小高い台地には3種類の様式や色彩の異なる旧居が並ぶが、その傍らに一棟の白く真新しい2階建て家屋が建っている。古い家と新しい家、4代の住居が並ぶ姿は、中国辺境の大きな変化を凝縮したかのように時代を記録し、その変遷を物語っている。(ラサ=新華社配信/旦増尼瑪曲珠)=2018(平成30)年9月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012200214

  • 2018年09月16日
    「4代の家」にみる中国辺境の大きな変化チベット自治区·楚松村

    2代目の住居の前に立つ楚松村の欧珠加措(オウチュギャツォ)さん。(2018年9月16日撮影)中国チベット自治区の楚松村はラサ市から2千キロ以上離れた辺境の地、ガリ地区ツァンダ県楚魯松傑郷にある。村に向かう道は、ニンティ市メトク県へ向かう道よりもはるかに遠く険しい。村の標高は約4千メートル。毎年山が雪に閉ざされる期間は半年に及び、名実ともに「雪国の孤島」とされる。村内にはルシュツァンポ(如許蔵布)川が蛇行しながら流れている。北岸の小高い台地には3種類の様式や色彩の異なる旧居が並ぶが、その傍らに一棟の白く真新しい2階建て家屋が建っている。古い家と新しい家、4代の住居が並ぶ姿は、中国辺境の大きな変化を凝縮したかのように時代を記録し、その変遷を物語っている。(ラサ=新華社配信/旦増尼瑪曲珠)=2018(平成30)年9月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012200149

  • 2018年09月16日
    「4代の家」にみる中国辺境の大きな変化チベット自治区·楚松村

    空から見た楚松村楚魯組。ルシュツァンポ川が蛇行しながら村を貫く。(2018年9月16日撮影、小型無人機から)中国チベット自治区の楚松村はラサ市から2千キロ以上離れた辺境の地、ガリ地区ツァンダ県楚魯松傑郷にある。村に向かう道は、ニンティ市メトク県へ向かう道よりもはるかに遠く険しい。村の標高は約4千メートル。毎年山が雪に閉ざされる期間は半年に及び、名実ともに「雪国の孤島」とされる。村内にはルシュツァンポ(如許蔵布)川が蛇行しながら流れている。北岸の小高い台地には3種類の様式や色彩の異なる旧居が並ぶが、その傍らに一棟の白く真新しい2階建て家屋が建っている。古い家と新しい家、4代の住居が並ぶ姿は、中国辺境の大きな変化を凝縮したかのように時代を記録し、その変遷を物語っている。(ラサ=新華社配信/旦増尼瑪曲珠)=2018(平成30)年9月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012200142

  • 2018年09月16日
    「4代の家」にみる中国辺境の大きな変化チベット自治区·楚松村

    3代目の住居の中に立つ楚松村の欧珠加措(オウチュギャツォ)さん。客間と寝室はチベット様式のデザインで天井もついているが、外壁には亀裂が走り、明らかに浸水の跡が見られる。(2018年9月16日撮影)中国チベット自治区の楚松村はラサ市から2千キロ以上離れた辺境の地、ガリ地区ツァンダ県楚魯松傑郷にある。村に向かう道は、ニンティ市メトク県へ向かう道よりもはるかに遠く険しい。村の標高は約4千メートル。毎年山が雪に閉ざされる期間は半年に及び、名実ともに「雪国の孤島」とされる。村内にはルシュツァンポ(如許蔵布)川が蛇行しながら流れている。北岸の小高い台地には3種類の様式や色彩の異なる旧居が並ぶが、その傍らに一棟の白く真新しい2階建て家屋が建っている。古い家と新しい家、4代の住居が並ぶ姿は、中国辺境の大きな変化を凝縮したかのように時代を記録し、その変遷を物語っている。(ラサ=新華社配信/旦増尼瑪曲珠)=2018(平成30)年9月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012200208

  • 2018年09月16日
    「4代の家」にみる中国辺境の大きな変化チベット自治区·楚松村

    2代目の住居に入る楚松村の欧珠加措(オウチュギャツォ)さん。(2018年9月16日撮影)中国チベット自治区の楚松村はラサ市から2千キロ以上離れた辺境の地、ガリ地区ツァンダ県楚魯松傑郷にある。村に向かう道は、ニンティ市メトク県へ向かう道よりもはるかに遠く険しい。村の標高は約4千メートル。毎年山が雪に閉ざされる期間は半年に及び、名実ともに「雪国の孤島」とされる。村内にはルシュツァンポ(如許蔵布)川が蛇行しながら流れている。北岸の小高い台地には3種類の様式や色彩の異なる旧居が並ぶが、その傍らに一棟の白く真新しい2階建て家屋が建っている。古い家と新しい家、4代の住居が並ぶ姿は、中国辺境の大きな変化を凝縮したかのように時代を記録し、その変遷を物語っている。(ラサ=新華社配信/旦増尼瑪曲珠)=2018(平成30)年9月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012200097

  • 2018年09月18日
    パンゴン湖の絶景チベット自治区ガリ地区

    18日、チベット自治区ガリ地区ルトク県で撮影したパンゴン湖。中国チベット自治区ガリ地区ルトク県の北西部に位置するパンゴン湖のチベット語名「ツォモ・ガンラ・リンボ」は「長い首の白鳥の湖」を意味する。平均海抜4200メートルの湖上に大小の島が浮かび、さまざまな種類の鳥が生息する湖は、同地区の有名観光スポットとなっている。(ガリ=新華社配信/ダンゾンニマチジュ)=2018(平成30)年9月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018092119974

  • 2018年09月18日
    パンゴン湖の絶景チベット自治区ガリ地区

    18日、パンゴン湖を航行するクルーズ船。中国チベット自治区ガリ地区ルトク県の北西部に位置するパンゴン湖のチベット語名「ツォモ・ガンラ・リンボ」は「長い首の白鳥の湖」を意味する。平均海抜4200メートルの湖上に大小の島が浮かび、さまざまな種類の鳥が生息する湖は、同地区の有名観光スポットとなっている。(ガリ=新華社記者/劉東君)=2018(平成30)年9月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018092120377

  • 2018年09月18日
    パンゴン湖の絶景チベット自治区ガリ地区

    18日、チベット自治区ガリ地区ルトク県で撮影したパンゴン湖。中国チベット自治区ガリ地区ルトク県の北西部に位置するパンゴン湖のチベット語名「ツォモ・ガンラ・リンボ」は「長い首の白鳥の湖」を意味する。平均海抜4200メートルの湖上に大小の島が浮かび、さまざまな種類の鳥が生息する湖は、同地区の有名観光スポットとなっている。(ガリ=新華社記者/劉東君)=2018(平成30)年9月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018092120159

  • 2018年09月18日
    パンゴン湖の絶景チベット自治区ガリ地区

    18日に撮影したパンゴン湖に浮かぶ小島。中国チベット自治区ガリ地区ルトク県の北西部に位置するパンゴン湖のチベット語名「ツォモ・ガンラ・リンボ」は「長い首の白鳥の湖」を意味する。平均海抜4200メートルの湖上に大小の島が浮かび、さまざまな種類の鳥が生息する湖は、同地区の有名観光スポットとなっている。(ガリ=新華社配信/ダンゾンニマチジュ)=2018(平成30)年9月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018092120162

  • 2018年09月19日
    民族色豊かな手編み製品で貧困脱却チベット自治区ガリ地区

    19日、塩湖郷の羌麦村民族手編み工場で製品を見せる従業員の益西措姆(イシツォム)さん(左)と嘎措(ガツォ)さん。中国チベット自治区ガリ地区ゲギェ県の塩湖郷政府は今年、自ら資金を調達し羌麦(きょうばく)村民族手編み工場を設立した。同工場は現地の伝統的な手編み技術と市場ニーズを結びつけ、ハンドバッグ、マフラー、ベルト、ひざ掛け、チベット式ショールなどの製品を生産している。また観光プロモーション活動にも参加して、製品の販売経路を開拓し、現地住民の貧困脱却を推進している。(ガリ=新華社記者/劉東君)=2018(平成30)年9月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018092516538

  • 2018年09月19日
    民族色豊かな手編み製品で貧困脱却チベット自治区ガリ地区

    19日、塩湖郷の羌麦村民族手編み工場で作業する従業員の卓瑪(ドルマ)さん。中国チベット自治区ガリ地区ゲギェ県の塩湖郷政府は今年、自ら資金を調達し羌麦(きょうばく)村民族手編み工場を設立した。同工場は現地の伝統的な手編み技術と市場ニーズを結びつけ、ハンドバッグ、マフラー、ベルト、ひざ掛け、チベット式ショールなどの製品を生産している。また観光プロモーション活動にも参加して、製品の販売経路を開拓し、現地住民の貧困脱却を推進している。(ガリ=新華社記者/劉東君)=2018(平成30)年9月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018092516839

  • 2018年09月19日
    民族色豊かな手編み製品で貧困脱却チベット自治区ガリ地区

    19日、塩湖郷の羌麦村民族手編み工場で作業する従業員。中国チベット自治区ガリ地区ゲギェ県の塩湖郷政府は今年、自ら資金を調達し羌麦(きょうばく)村民族手編み工場を設立した。同工場は現地の伝統的な手編み技術と市場ニーズを結びつけ、ハンドバッグ、マフラー、ベルト、ひざ掛け、チベット式ショールなどの製品を生産している。また観光プロモーション活動にも参加して、製品の販売経路を開拓し、現地住民の貧困脱却を推進している。(ガリ=新華社記者/劉東君)=2018(平成30)年9月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018092516681

  • 2018年09月19日
    野生動物の楽園チベット自治区ガリ地区

    19日、チベット自治区ガリ地区に生息する国家2級保護動物のチベットガゼル。中国チベット自治区西部に位置するガリ(阿里)地区の平均標高は約4500メートル以上、面積は30万平方キロ余りに及ぶ。ガリ地区の大部分をカバーするチャンタン(羌塘)国家級自然保護区は、多くの野生動物が生息する楽園になっている。(ラサ=新華社記者/旦增尼瑪曲珠)=2018(平成30)年9月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018092517019

  • 2018年09月19日
    野生動物の楽園チベット自治区ガリ地区

    19日、チベット自治区ガリ地区に生息する国家2級保護動物のチベットガゼル。中国チベット自治区西部に位置するガリ(阿里)地区の平均標高は約4500メートル以上、面積は30万平方キロ余りに及ぶ。ガリ地区の大部分をカバーするチャンタン(羌塘)国家級自然保護区は、多くの野生動物が生息する楽園になっている。(ラサ=新華社記者/旦增尼瑪曲珠)=2018(平成30)年9月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018092516942

  • 2018年09月19日
    野生動物の楽園チベット自治区ガリ地区

    19日、チベット自治区ガリ地区に生息する国家1級保護動物のチベットノロバ。中国チベット自治区西部に位置するガリ(阿里)地区の平均標高は約4500メートル以上、面積は30万平方キロ余りに及ぶ。ガリ地区の大部分をカバーするチャンタン(羌塘)国家級自然保護区は、多くの野生動物が生息する楽園になっている。(ラサ=新華社記者/旦增尼瑪曲珠)=2018(平成30)年9月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018092517194

  • 2018年09月20日
    美しい風景が広がるタリナム湖チベット·ガリ地区

    20日、チベット自治区ガリ地区のタリナム湖(ZhariNamco)付近で見かけたチベットガゼル。中国チベット自治区ガリ地区ツォチェン県の北東部に位置するタリナム湖の平均湖面標高は、4600メートル余りにのぼる。秋になると、ここでは絵のように美しい風景を見ることができる。(ガリ=新華社配信/ダンゾンニマチジュ)=2018(平成30)年9月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018092516608

  • 2018年09月20日
    美しい風景が広がるタリナム湖チベット·ガリ地区

    20日、チベット自治区ガリ地区ツォチェン県に位置するタリナム湖の清々しい風景。中国チベット自治区ガリ地区ツォチェン県の北東部に位置するタリナム湖の平均湖面標高は、4600メートル余りにのぼる。秋になると、ここでは絵のように美しい風景を見ることができる。(ガリ=新華社配信/ダンゾンニマチジュ)=2018(平成30)年9月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018092516758

  • 2018年09月20日
    美しい風景が広がるタリナム湖チベット·ガリ地区

    20日、チベット自治区ガリ地区ツォチェン県に位置するタリナム湖の清々しい風景。中国チベット自治区ガリ地区ツォチェン県の北東部に位置するタリナム湖の平均湖面標高は、4600メートル余りにのぼる。秋になると、ここでは絵のように美しい風景を見ることができる。(ガリ=新華社配信/ダンゾンニマチジュ)=2018(平成30)年9月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018092516775

  • 2018年09月20日
    美しい風景が広がるタリナム湖チベット·ガリ地区

    20日、チベット自治区ガリ地区のタリナム湖(ZhariNamco)付近にたたずむチベットノロバ。中国チベット自治区ガリ地区ツォチェン県の北東部に位置するタリナム湖の平均湖面標高は、4600メートル余りにのぼる。秋になると、ここでは絵のように美しい風景を見ることができる。(ガリ=新華社配信/ダンゾンニマチジュ)=2018(平成30)年9月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018092516968

  • 2018年09月20日
    美しい風景が広がるタリナム湖チベット·ガリ地区

    20日、チベット自治区ガリ地区ツォチェン県にあるタリナム湖の清々しい風景。中国チベット自治区ガリ地区ツォチェン県の北東部に位置するタリナム湖の平均湖面標高は、4600メートル余りにのぼる。秋になると、ここでは絵のように美しい風景を見ることができる。(ガリ=新華社配信/ダンゾンニマチジュ)=2018(平成30)年9月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018092516699

  • 2018年09月20日
    美しい風景が広がるタリナム湖チベット·ガリ地区

    20日、チベット自治区ガリ地区のタリナム湖(ZhariNamco)付近で見かけたチルー(チベットカモシカ)。中国チベット自治区ガリ地区ツォチェン県の北東部に位置するタリナム湖の平均湖面標高は、4600メートル余りにのぼる。秋になると、ここでは絵のように美しい風景を見ることができる。(ガリ=新華社配信/ダンゾンニマチジュ)=2018(平成30)年9月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018092517010

  • 02:00.38
    2018年09月25日
    「新華社」9月のガリ地区の流動的な風景

    中国チベット自治区ガリ(阿里)地区は「世界の屋根の屋根」と称されており、ヒマラヤ山脈とカンティセ山脈に囲まれた荒れた土地で、そこには標高6656メートルの「神の山」カン・リンポチェと、高原の「聖なる湖」マパム・ユムツォがある。数日前、記者は同地区のプラン県やツァンダ県、獅泉河鎮などの地へ出向き、タイムラプス撮影(一定の間隔でコマ撮りする手法)によって9月のガリの流動的な風景を記録した。(記者/余剛)<映像内容>チベットのガリの風景、撮影日:、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018092720657

  • 00:50.92
    2018年09月28日
    「新華社」タリナム湖の美しい風景チベット自治区ガリ地区

    中国の国家3A級観光地に指定されているタリナム湖(ZhariNamco)は、チベット自治区ガリ地区ツォチェン県の北東に位置する。同県の県城(県庁所在地)からは25キロ離れており、自治区内の湖では3番目に大きい。湖面の海抜は平均4600メートル以上で、東西54キロ、南北20キロの広さを持つ。(記者/ダンゾンニマチジュ)<映像内容>タリナム湖の景色、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018100119450

  • 2018年12月10日
    華麗なプラン飛天服飾チベット自治区ガリ

    10日、プラン鎮科迦村でプラン飛天服飾を披露する地元住民。中国チベット自治区ガリ地区プラン(普蘭)鎮の「プラン飛天服飾」は、地元の特色豊かなチベット族の衣装。華やかさが特徴で、袍服や頭の上から蜜蝋(みつろう)や赤サンゴ、トルコ石などの宝飾品をぶら下げる。(ラサ=新華社配信/孫非)=2018(平成30)年12月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018121420615

  • 2018年12月10日
    華麗なプラン飛天服飾チベット自治区ガリ

    10日、プラン鎮科迦村でプラン飛天服飾を披露する地元住民。中国チベット自治区ガリ地区プラン(普蘭)鎮の「プラン飛天服飾」は、地元の特色豊かなチベット族の衣装。華やかさが特徴で、袍服や頭の上から蜜蝋(みつろう)や赤サンゴ、トルコ石などの宝飾品をぶら下げる。(ラサ=新華社記者/張汝鋒)=2018(平成30)年12月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018121420597

  • 2018年12月10日
    華麗なプラン飛天服飾チベット自治区ガリ

    10日、プラン鎮科迦村で仲間にプラン飛天服飾の頭飾りをつけてもらう女性。中国チベット自治区ガリ地区プラン(普蘭)鎮の「プラン飛天服飾」は、地元の特色豊かなチベット族の衣装。華やかさが特徴で、袍服や頭の上から蜜蝋(みつろう)や赤サンゴ、トルコ石などの宝飾品をぶら下げる。(ラサ=新華社記者/張汝鋒)=2018(平成30)年12月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018121420618

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4