KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • シロキクラゲ
  • 令和
  • 記者
  • 農業
  • 発展
  • 農家
  • 収入
  • 収穫
  • 平成
  • ミャオ

「キクラゲ」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
118
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
118
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2008年11月05日
    生キクラゲ 工芸作物(生キクラゲ)

    熊本県人吉市産=2008(平成20)年11月5日、東京都、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ [48afcb80-08]

    商品コード: 2017080901340

  • 2008年11月05日
    生キクラゲ 工芸作物(生キクラゲ)

    熊本県人吉市産=2008(平成20)年11月5日、東京都、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ [49117dff-03]

    商品コード: 2017080901522

  • 2008年11月05日
    生キクラゲ 工芸作物(生キクラゲ)

    熊本県人吉市産=2008(平成20)年11月5日、東京都、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ [49117dff02]

    商品コード: 2017080901575

  • 2008年11月05日
    生キクラゲ 工芸作物(生キクラゲ)

    熊本県人吉市産=2008(平成20)年11月5日、東京都、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ [49117dff-01]

    商品コード: 2017080901578

  • 2008年11月05日
    生キクラゲ 工芸作物(生キクラゲ)

    熊本県人吉市産=2008(平成20)年11月5日、東京都、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ [48afcb80-07]

    商品コード: 2017080901356

  • 2010年01月28日
    こづゆ こづゆ

    キーワード:会津の代表的郷土料理。海産物の乾物を素材とした汁物。正月や冠婚葬祭などハレの席で、必ず振る舞われる。乾物のホタテでだしを取る。サトイモ、ニンジン、しらたき、シイタケ、キクラゲ、ギンナン、インゲンなどを加えて煮込む。日本酒、醤油味付ける。=2010(平成22)年1月28日、福島県、クレジット:福島民報/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020013100063

  • 2017年01月19日
    オキクラゲ むずかしい繁殖に成功

    オキクラゲは触手が糸のよう。からまりあわないか心配になる=山形県鶴岡市立加茂水族館

    商品コード: 2017011900180

  • 2017年06月24日
    ヒョウ柄クラゲ

    山形県鶴岡市立加茂水族館のヒョウガライトヒキクラゲ

    商品コード: 2017062400375

  • 2018年05月24日
    食用菌の栽培で貧困削減を目指す吉林省汪清県

    24日、汪清県天橋嶺鎮の工場で殺菌・接種作業を行う従業員。長白山東麓に位置する中国吉林省延辺朝鮮族自治州汪清県は、同省で最初に認定された国家級貧困県だ。同県ではここ数年、地域の自然環境の優位性を生かし、産業支援による貧困削減を進めており、積極的な指導の下で農家が特色ある食用菌の栽培に取り組み、貧困から脱却して収入を増やす新たな道を見出している。同県では現在、キクラゲの年間生産量が4万7500トン、売上高が34億元(1元=17円)、食用菌関連産業に従事する農家が約4万人に達しており、9千人余りの貧困者が一人当たり千元以上の収入増を達成した。(長春=新華社記者/許暢)=2018(平成30)年5月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018052800145

  • 2018年05月24日
    食用菌の栽培で貧困削減を目指す吉林省汪清県

    24日、汪清県天橋嶺鎮口山村のキクラゲ栽培基地。(小型無人機で撮影)長白山東麓に位置する中国吉林省延辺朝鮮族自治州汪清県は、同省で最初に認定された国家級貧困県だ。同県ではここ数年、地域の自然環境の優位性を生かし、産業支援による貧困削減を進めており、積極的な指導の下で農家が特色ある食用菌の栽培に取り組み、貧困から脱却して収入を増やす新たな道を見出している。同県では現在、キクラゲの年間生産量が4万7500トン、売上高が34億元(1元=17円)、食用菌関連産業に従事する農家が約4万人に達しており、9千人余りの貧困者が一人当たり千元以上の収入増を達成した。(長春=新華社記者/許暢)=2018(平成30)年5月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018052800152

  • 2018年05月24日
    食用菌の栽培で貧困削減を目指す吉林省汪清県

    24日、汪清県天橋嶺鎮の工場でキクラゲの菌種袋を運ぶ従業員。長白山東麓に位置する中国吉林省延辺朝鮮族自治州汪清県は、同省で最初に認定された国家級貧困県だ。同県ではここ数年、地域の自然環境の優位性を生かし、産業支援による貧困削減を進めており、積極的な指導の下で農家が特色ある食用菌の栽培に取り組み、貧困から脱却して収入を増やす新たな道を見出している。同県では現在、キクラゲの年間生産量が4万7500トン、売上高が34億元(1元=17円)、食用菌関連産業に従事する農家が約4万人に達しており、9千人余りの貧困者が一人当たり千元以上の収入増を達成した。(長春=新華社記者/許暢)=2018(平成30)年5月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018052800217

  • 2018年05月24日
    食用菌の栽培で貧困削減を目指す吉林省汪清県

    24日、汪清県天橋嶺鎮口山村のキクラゲ栽培基地。(小型無人機で撮影)長白山東麓に位置する中国吉林省延辺朝鮮族自治州汪清県は、同省で最初に認定された国家級貧困県だ。同県ではここ数年、地域の自然環境の優位性を生かし、産業支援による貧困削減を進めており、積極的な指導の下で農家が特色ある食用菌の栽培に取り組み、貧困から脱却して収入を増やす新たな道を見出している。同県では現在、キクラゲの年間生産量が4万7500トン、売上高が34億元(1元=17円)、食用菌関連産業に従事する農家が約4万人に達しており、9千人余りの貧困者が一人当たり千元以上の収入増を達成した。(長春=新華社記者/許暢)=2018(平成30)年5月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018052800185

  • 2018年05月24日
    食用菌の栽培で貧困削減を目指す吉林省汪清県

    24日、畑でキクラゲの発育状況をチェックする従業員。(小型無人機で撮影)長白山東麓に位置する中国吉林省延辺朝鮮族自治州汪清県は、同省で最初に認定された国家級貧困県だ。同県ではここ数年、地域の自然環境の優位性を生かし、産業支援による貧困削減を進めており、積極的な指導の下で農家が特色ある食用菌の栽培に取り組み、貧困から脱却して収入を増やす新たな道を見出している。同県では現在、キクラゲの年間生産量が4万7500トン、売上高が34億元(1元=17円)、食用菌関連産業に従事する農家が約4万人に達しており、9千人余りの貧困者が一人当たり千元以上の収入増を達成した。(長春=新華社記者/許暢)=2018(平成30)年5月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018052800171

  • 2018年10月24日
    森くらげと三鴨社長 キクラゲ効果で肌しっとり

    キクラゲの成分を使った化粧品「森くらげ」を販売する「伯耆のきのこ」の三鴨真樹社長=鳥取県日吉津村

    商品コード: 2018102421428

  • 2018年10月24日
    キクラゲ成分使用の化粧品 キクラゲ効果で肌しっとり

    キクラゲの成分を使った化粧品「森くらげ」

    商品コード: 2018102421439

  • 2018年11月07日
    スマート調理ロボット、ファストフード店に登場北京

    7日、北京市の東単北大街にオープンしたファストフード店で、下ごしらえの済んだ材料をスマート調理ロボットに入れる従業員。中国北京市の東単北大街にこのほど、料理人のいないファストフード店がオープンした。利用者は店に入ると、電子注文機でメニューを選び、支払いを電子決済する。数分待つと、調理ロボットが作った料理が出てくる。スマート調理ロボットは材料の投入から調理、洗浄まで、料理の全プロセスを自動で行うことができ、料理人やホールスタッフを配置する必要がない。料理の原材料も安全で確かなサプライチェーンを通して集中的に生産、加工され、コールドチェーンで店舗まで配送されることで、食品の安全性を保証している。この店舗には現在、スマート調理ロボットが7台あり、「魚香肉絲」(豚肉、キクラゲ、ニンジンなどの細切り炒め)や「手撕包菜」(キャベツ炒め)、マーボー豆腐など、数十種類のメニューで、一定の味付けの料理ができるようになっている。(北京=新華社記者/羅暁光)=2018(平成30)年11月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018111215186

  • 2018年11月07日
    スマート調理ロボット、ファストフード店に登場北京

    7日、北京市の東単北大街にオープンしたファストフード店で、スマート調理ロボットの調理手順を設定する従業員。中国北京市の東単北大街にこのほど、料理人のいないファストフード店がオープンした。利用者は店に入ると、電子注文機でメニューを選び、支払いを電子決済する。数分待つと、調理ロボットが作った料理が出てくる。スマート調理ロボットは材料の投入から調理、洗浄まで、料理の全プロセスを自動で行うことができ、料理人やホールスタッフを配置する必要がない。料理の原材料も安全で確かなサプライチェーンを通して集中的に生産、加工され、コールドチェーンで店舗まで配送されることで、食品の安全性を保証している。この店舗には現在、スマート調理ロボットが7台あり、「魚香肉絲」(豚肉、キクラゲ、ニンジンなどの細切り炒め)や「手撕包菜」(キャベツ炒め)、マーボー豆腐など、数十種類のメニューで、一定の味付けの料理ができるようになっている。(北京=新華社記者/羅暁光)=2018(平成30)年11月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018111215071

  • 2018年11月07日
    スマート調理ロボット、ファストフード店に登場北京

    7日、北京市の東単北大街にオープンしたファストフード店のスマート調理ロボットが作った料理。中国北京市の東単北大街にこのほど、料理人のいないファストフード店がオープンした。利用者は店に入ると、電子注文機でメニューを選び、支払いを電子決済する。数分待つと、調理ロボットが作った料理が出てくる。スマート調理ロボットは材料の投入から調理、洗浄まで、料理の全プロセスを自動で行うことができ、料理人やホールスタッフを配置する必要がない。料理の原材料も安全で確かなサプライチェーンを通して集中的に生産、加工され、コールドチェーンで店舗まで配送されることで、食品の安全性を保証している。この店舗には現在、スマート調理ロボットが7台あり、「魚香肉絲」(豚肉、キクラゲ、ニンジンなどの細切り炒め)や「手撕包菜」(キャベツ炒め)、マーボー豆腐など、数十種類のメニューで、一定の味付けの料理ができるようになっている。(北京=新華社記者/羅暁光)=2018(平成30)年11月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018111215089

  • 2018年11月07日
    スマート調理ロボット、ファストフード店に登場北京

    7日、北京市の東単北大街にオープンしたファストフード店で、電子注文機を使って注文する利用客。中国北京市の東単北大街にこのほど、料理人のいないファストフード店がオープンした。利用者は店に入ると、電子注文機でメニューを選び、支払いを電子決済する。数分待つと、調理ロボットが作った料理が出てくる。スマート調理ロボットは材料の投入から調理、洗浄まで、料理の全プロセスを自動で行うことができ、料理人やホールスタッフを配置する必要がない。料理の原材料も安全で確かなサプライチェーンを通して集中的に生産、加工され、コールドチェーンで店舗まで配送されることで、食品の安全性を保証している。この店舗には現在、スマート調理ロボットが7台あり、「魚香肉絲」(豚肉、キクラゲ、ニンジンなどの細切り炒め)や「手撕包菜」(キャベツ炒め)、マーボー豆腐など、数十種類のメニューで、一定の味付けの料理ができるようになっている。(北京=新華社記者/羅暁光)=2018(平成30)年11月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018111215362

  • 2018年12月06日
    唐崖土司に伝わるグルメ「八大碗」湖北省咸豊県

    6日に撮影した「八大碗」の一つ、ゆで豆腐。世界遺産に登録されている土司(どし)遺跡群の一つとして有名な中国湖北省恩施トゥチャ族ミャオ族自治州咸豊県にある唐崖(とうがい)土司。同地に伝わる「八大碗」は、豚のもも肉、豚の角煮の一種「坨坨肉」(トートーロー)、皮付き豚バラ肉の蒸し物、トゥチャ族の伝統的揚げ餅「油粑粑」(ヨウバーバー)、厚揚げ、ニンジンとスペアリブの煮物、ゆで豆腐、キクラゲからなる8品の料理で、唐崖土司が文官や武将、身分の高い客をもてなすために提供した宴会料理。正方形のテーブル「八仙卓」に8人の客が座り「八大碗」を食べる風習が今日まで伝えられている。現在では地元の人々に愛され、祝い事や来客をもてなす際に欠かせない料理となっている。(咸豊=新華社配信/楊順丕)=2018(平成30)年12月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018121110035

  • 2018年12月06日
    唐崖土司に伝わるグルメ「八大碗」湖北省咸豊県

    6日に撮影した「八大碗」の一つ、厚揚げ。世界遺産に登録されている土司(どし)遺跡群の一つとして有名な中国湖北省恩施トゥチャ族ミャオ族自治州咸豊県にある唐崖(とうがい)土司。同地に伝わる「八大碗」は、豚のもも肉、豚の角煮の一種「坨坨肉」(トートーロー)、皮付き豚バラ肉の蒸し物、トゥチャ族の伝統的揚げ餅「油粑粑」(ヨウバーバー)、厚揚げ、ニンジンとスペアリブの煮物、ゆで豆腐、キクラゲからなる8品の料理で、唐崖土司が文官や武将、身分の高い客をもてなすために提供した宴会料理。正方形のテーブル「八仙卓」に8人の客が座り「八大碗」を食べる風習が今日まで伝えられている。現在では地元の人々に愛され、祝い事や来客をもてなす際に欠かせない料理となっている。(咸豊=新華社配信/楊順丕)=2018(平成30)年12月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018121109479

  • 2018年12月06日
    唐崖土司に伝わるグルメ「八大碗」湖北省咸豊県

    6日に撮影した「八大碗」の一つ、キクラゲの料理。世界遺産に登録されている土司(どし)遺跡群の一つとして有名な中国湖北省恩施トゥチャ族ミャオ族自治州咸豊県にある唐崖(とうがい)土司。同地に伝わる「八大碗」は、豚のもも肉、豚の角煮の一種「坨坨肉」(トートーロー)、皮付き豚バラ肉の蒸し物、トゥチャ族の伝統的揚げ餅「油粑粑」(ヨウバーバー)、厚揚げ、ニンジンとスペアリブの煮物、ゆで豆腐、キクラゲからなる8品の料理で、唐崖土司が文官や武将、身分の高い客をもてなすために提供した宴会料理。正方形のテーブル「八仙卓」に8人の客が座り「八大碗」を食べる風習が今日まで伝えられている。現在では地元の人々に愛され、祝い事や来客をもてなす際に欠かせない料理となっている。(咸豊=新華社配信/楊順丕)=2018(平成30)年12月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018121109838

  • 2018年12月06日
    唐崖土司に伝わるグルメ「八大碗」湖北省咸豊県

    6日に撮影した「八大碗」の一つ、油粑粑。世界遺産に登録されている土司(どし)遺跡群の一つとして有名な中国湖北省恩施トゥチャ族ミャオ族自治州咸豊県にある唐崖(とうがい)土司。同地に伝わる「八大碗」は、豚のもも肉、豚の角煮の一種「坨坨肉」(トートーロー)、皮付き豚バラ肉の蒸し物、トゥチャ族の伝統的揚げ餅「油粑粑」(ヨウバーバー)、厚揚げ、ニンジンとスペアリブの煮物、ゆで豆腐、キクラゲからなる8品の料理で、唐崖土司が文官や武将、身分の高い客をもてなすために提供した宴会料理。正方形のテーブル「八仙卓」に8人の客が座り「八大碗」を食べる風習が今日まで伝えられている。現在では地元の人々に愛され、祝い事や来客をもてなす際に欠かせない料理となっている。(咸豊=新華社配信/楊順丕)=2018(平成30)年12月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018121110031

  • 2018年12月06日
    唐崖土司に伝わるグルメ「八大碗」湖北省咸豊県

    6日に撮影した皮付き豚バラ肉の蒸し物の調理風景。世界遺産に登録されている土司(どし)遺跡群の一つとして有名な中国湖北省恩施トゥチャ族ミャオ族自治州咸豊県にある唐崖(とうがい)土司。同地に伝わる「八大碗」は、豚のもも肉、豚の角煮の一種「坨坨肉」(トートーロー)、皮付き豚バラ肉の蒸し物、トゥチャ族の伝統的揚げ餅「油粑粑」(ヨウバーバー)、厚揚げ、ニンジンとスペアリブの煮物、ゆで豆腐、キクラゲからなる8品の料理で、唐崖土司が文官や武将、身分の高い客をもてなすために提供した宴会料理。正方形のテーブル「八仙卓」に8人の客が座り「八大碗」を食べる風習が今日まで伝えられている。現在では地元の人々に愛され、祝い事や来客をもてなす際に欠かせない料理となっている。(咸豊=新華社配信/楊順丕)=2018(平成30)年12月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018121109793

  • 2018年12月06日
    唐崖土司に伝わるグルメ「八大碗」湖北省咸豊県

    6日に撮影した厚揚げの調理風景。世界遺産に登録されている土司(どし)遺跡群の一つとして有名な中国湖北省恩施トゥチャ族ミャオ族自治州咸豊県にある唐崖(とうがい)土司。同地に伝わる「八大碗」は、豚のもも肉、豚の角煮の一種「坨坨肉」(トートーロー)、皮付き豚バラ肉の蒸し物、トゥチャ族の伝統的揚げ餅「油粑粑」(ヨウバーバー)、厚揚げ、ニンジンとスペアリブの煮物、ゆで豆腐、キクラゲからなる8品の料理で、唐崖土司が文官や武将、身分の高い客をもてなすために提供した宴会料理。正方形のテーブル「八仙卓」に8人の客が座り「八大碗」を食べる風習が今日まで伝えられている。現在では地元の人々に愛され、祝い事や来客をもてなす際に欠かせない料理となっている。(咸豊=新華社配信/楊順丕)=2018(平成30)年12月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018121109962

  • 2018年12月06日
    唐崖土司に伝わるグルメ「八大碗」湖北省咸豊県

    6日、トロトロに煮立った坨坨肉の調理風景。世界遺産に登録されている土司(どし)遺跡群の一つとして有名な中国湖北省恩施トゥチャ族ミャオ族自治州咸豊県にある唐崖(とうがい)土司。同地に伝わる「八大碗」は、豚のもも肉、豚の角煮の一種「坨坨肉」(トートーロー)、皮付き豚バラ肉の蒸し物、トゥチャ族の伝統的揚げ餅「油粑粑」(ヨウバーバー)、厚揚げ、ニンジンとスペアリブの煮物、ゆで豆腐、キクラゲからなる8品の料理で、唐崖土司が文官や武将、身分の高い客をもてなすために提供した宴会料理。正方形のテーブル「八仙卓」に8人の客が座り「八大碗」を食べる風習が今日まで伝えられている。現在では地元の人々に愛され、祝い事や来客をもてなす際に欠かせない料理となっている。(咸豊=新華社配信/楊順丕)=2018(平成30)年12月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018121109890

  • 2018年12月06日
    唐崖土司に伝わるグルメ「八大碗」湖北省咸豊県

    6日に撮影した唐崖土司の「八大碗」。世界遺産に登録されている土司(どし)遺跡群の一つとして有名な中国湖北省恩施トゥチャ族ミャオ族自治州咸豊県にある唐崖(とうがい)土司。同地に伝わる「八大碗」は、豚のもも肉、豚の角煮の一種「坨坨肉」(トートーロー)、皮付き豚バラ肉の蒸し物、トゥチャ族の伝統的揚げ餅「油粑粑」(ヨウバーバー)、厚揚げ、ニンジンとスペアリブの煮物、ゆで豆腐、キクラゲからなる8品の料理で、唐崖土司が文官や武将、身分の高い客をもてなすために提供した宴会料理。正方形のテーブル「八仙卓」に8人の客が座り「八大碗」を食べる風習が今日まで伝えられている。現在では地元の人々に愛され、祝い事や来客をもてなす際に欠かせない料理となっている。(咸豊=新華社配信/楊順丕)=2018(平成30)年12月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018121109697

  • 2018年12月06日
    唐崖土司に伝わるグルメ「八大碗」湖北省咸豊県

    6日に撮影したニンジンとスペアリブの煮物の調理風景。世界遺産に登録されている土司(どし)遺跡群の一つとして有名な中国湖北省恩施トゥチャ族ミャオ族自治州咸豊県にある唐崖(とうがい)土司。同地に伝わる「八大碗」は、豚のもも肉、豚の角煮の一種「坨坨肉」(トートーロー)、皮付き豚バラ肉の蒸し物、トゥチャ族の伝統的揚げ餅「油粑粑」(ヨウバーバー)、厚揚げ、ニンジンとスペアリブの煮物、ゆで豆腐、キクラゲからなる8品の料理で、唐崖土司が文官や武将、身分の高い客をもてなすために提供した宴会料理。正方形のテーブル「八仙卓」に8人の客が座り「八大碗」を食べる風習が今日まで伝えられている。現在では地元の人々に愛され、祝い事や来客をもてなす際に欠かせない料理となっている。(咸豊=新華社配信/楊順丕)=2018(平成30)年12月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018121109848

  • 2018年12月06日
    唐崖土司に伝わるグルメ「八大碗」湖北省咸豊県

    6日、豚のもも肉料理の調理風景。世界遺産に登録されている土司(どし)遺跡群の一つとして有名な中国湖北省恩施トゥチャ族ミャオ族自治州咸豊県にある唐崖(とうがい)土司。同地に伝わる「八大碗」は、豚のもも肉、豚の角煮の一種「坨坨肉」(トートーロー)、皮付き豚バラ肉の蒸し物、トゥチャ族の伝統的揚げ餅「油粑粑」(ヨウバーバー)、厚揚げ、ニンジンとスペアリブの煮物、ゆで豆腐、キクラゲからなる8品の料理で、唐崖土司が文官や武将、身分の高い客をもてなすために提供した宴会料理。正方形のテーブル「八仙卓」に8人の客が座り「八大碗」を食べる風習が今日まで伝えられている。現在では地元の人々に愛され、祝い事や来客をもてなす際に欠かせない料理となっている。(咸豊=新華社配信/楊順丕)=2018(平成30)年12月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018121110026

  • 2018年12月26日
    食用菌類の栽培で増収促進河北省寧晋県

    26日、河北省邢台市寧晋県にある食用菌類生産企業で、栽培したシロキクラゲを見せる従業員。中国河北省邢台(けいだい)市寧晋(ねいしん)県は近年、農業の産業構造調整に積極的に取り組み、食用菌類の栽培産業を力強く発展させてきた。同県は大手企業の力を借りながら「企業+専業合作社(共同組合)+基地+農家」モデルを積極的に普及させ、生産の規格化や標準化を促進している。現在、同県の食用菌類栽培面積は1万2千ムー(約800ヘクタール)、年間生産高は8億元(1元=約16円)に達し、1万を超える人々に収入増加の道を開いた。(邢台=新華社記者/牟宇)=2018(平成30)年12月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019020621448

  • 2019年03月13日
    食用キノコ栽培で収入増加陝西省西郷県

    13日、陝西省漢中市西郷県の地元企業、漢中富林生態農林開発が運営する食用キノコ栽培基地で、キクラゲを収穫する従業員。中国陝西省漢中市西郷(せいきょう)県はここ数年、農業生産構造の調整を積極的に行い、食用キノコ産業の発展に力を入れ、「企業+専業合作社(共同組合)+生産基地+農家」というビジネスモデルを普及させている。企業が貧困家庭と直接契約を結び、原材料と技術を提供して定期的にキノコを回収する方式をとることで、農民の収入増加の一助となっている。(西郷=新華社記者/劉瀟)=2019(平成31)年3月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019031502123

  • 2019年03月13日
    食用キノコ栽培で収入増加陝西省西郷県

    13日、陝西省漢中市西郷県の地元企業、漢中富林生態農林開発が運営する食用キノコ栽培基地で、キクラゲを収穫する従業員。中国陝西省漢中市西郷(せいきょう)県はここ数年、農業生産構造の調整を積極的に行い、食用キノコ産業の発展に力を入れ、「企業+専業合作社(共同組合)+生産基地+農家」というビジネスモデルを普及させている。企業が貧困家庭と直接契約を結び、原材料と技術を提供して定期的にキノコを回収する方式をとることで、農民の収入増加の一助となっている。(西郷=新華社記者/劉瀟)=2019(平成31)年3月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019031502118

  • 01:20.12
    2019年11月08日
    「新華社」「天空の城」で栽培された「極地の野菜」四川省理塘県

    「天空の城」と呼ばれる中国四川省カンゼ・チベット族自治州理塘(りとう)県にある濯桑(たくそう)現代生態農業パークでは、ダイコンやミニトマト、キュウリなど「極地の野菜」が栽培されている。同園は2017年3月9日に開園。康蔵陽光現代生態農業双創センターや瑪吉阿米花園農場、下木拉馬岩村シイタケ・キクラゲ栽培などの経営主体を誘致し、農業生産、科学技術開発、レジャー・観光を一体化した現代生態農業パークを形成している。園内で栽培した野菜は地元住民の食卓に上るだけでなく、中国香港やマカオでも販売されている。新しい野菜栽培技術が普及するまで、同県は高い標高や悪い土地条件、低い技術レベルのために、ハダカムギやジャガイモ以外の作物を栽培することがほぼできなかった。「極地の野菜」は南極、北極に次ぐ世界の「第三の極地」である青海チベット高原で生育した有機野菜のことで、同高原にある理塘県で栽培された「極地の野菜」は高原での深刻な野菜不足の歴史を一変させた。現在、同園では貧困世帯など400人以上の雇用を生み出している。(記者/楊進)<映像内容>濯桑現代生態農業パークの風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019111104546

  • 01:01.39
    2020年01月06日
    「新華社」優しい口当たりの真冬のグルメベトナム風雑煮「バイン・ドゥック」

    バイン・ドゥック(banhduc)は米粉で作ったベトナムの街角のグルメ。柔らかくゼリー状の餅に、キクラゲと肉そぼろの炒め物、揚げ豆腐、フライドオニオンなどを加えた一品で、食べる際にハーブや魚醤などで味付けする。冬本番のハノイでは、一杯の熱々のバイン・ドゥックが体を温める人気の軽食となっている。(記者/陶軍、王迪)<映像内容>ベトナム風雑煮「バイン・ドゥック」の調理や食事の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020010901976

  • 2020年02月25日
    春の農作業に取り組む中国各地の農家

    25日、湖南省衡陽市衡東県高湖鎮新旺村の貧困脱却支援のためのキクラゲ畑で収穫する農家。(小型無人機から)早春を迎えた中国各地では気温が上がり、各農家が忙しく農作業に励んでいる。(衡陽=新華社配信/曹正平)=2020(令和2)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020022704987

  • 2020年02月26日
    中小・零細企業の操業再開を支援貴州省黔東南ミャオ族トン族自治州

    2月26日、中国貴州省従江県貫洞鎮腊水村にある黒きくらげのモデル農園で収穫に励む労働者。中国貴州省黔東南ミャオ族トン族自治州では、新型コロナウイルスによる肺炎の感染対策期間に中小・零細企業が生産から販売まで複数のプロセスで直面した困難と課題に対し、各部門がそれぞれのパイプを生かして解決をサポートし、操業再開を後押ししている。(貴陽=新華社記者/李凡)=2020(令和2)年2月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020030900993

  • 2020年03月02日
    栄養豊富な具材を入れて

    キャベツとキクラゲのスープ

    商品コード: 2020030200172

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年03月05日
    黄土高原の寒村、「千年の貧困」から脱却活気みなぎる

    5日、山西省中陽県万年飽村で、キクラゲのビニールハウスを設置する人たち。黄土高原に位置する小山村には今年、野菜のビニールハウス85棟が設置され、千余りの貧困世帯に増収をもたらす。あと2カ月ほどで今年の出稼ぎの時期を迎える中国山西省中陽県万年飽村の住民、仁愛先(じん・あいせん)さんは、同村の合作社(協同組合)でシイタケ栽培の手伝いをしている。昨年妻と共に3万元(1元=約15円)余りの収入を手にしており、すでに貧困から脱却した仁さんの暮らしは、徐々に安定しつつある。(太原=新華社記者/呂夢琦)=2020(令和2)年3月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020031104776

  • 2020年04月07日
    町出身の藤原さん 販路拡大へ尽力 仁淀川町キクラゲ 全国へ

    全国的にも珍しい白キクラゲ=2020(令和2)年4月7日、高知県仁淀川町寄合、クレジット:高知新聞社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020091506290

  • 2020年05月18日
    貴州省、貧困からの脱却を発表中国の全貧困県が脱却

    貴州省黔東南(けんとうなん)ミャオ族トン族自治州従江県貫洞鎮でキクラゲを収穫する村民。(5月18日撮影)中国貴州省政府は23日、省内に残っていた9貧困県が貧困から脱却したと発表した。これにより、中国で貧困県として登録されていた832県全てが貧困脱却を実現した。(貴陽=新華社記者/陶亮)=2020(令和2)年5月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020112604217

  • 2020年05月29日
    サケツバタケ栽培で貧困脱却を後押し内モンゴル自治区

    5月29日、地元の作業場でサケツバタケを加工する従業員。中国内モンゴル自治区フルンボイル市の杜克塔爾村で昨年から、食用きのこのサケツバタケを栽培することで貧困世帯の増収を後押ししている。村民の孟玲桃(もう・れいとう)さんによると、1ムー(約667平方メートル)当たりの生産量は年間2500キロ以上で、利益も従来栽培していたキクラゲの10倍になる。(フルンボイル=新華社配信/賀書琛)=2020(令和2)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020060508843

  • 2020年05月29日
    サケツバタケ栽培で貧困脱却を後押し内モンゴル自治区

    5月29日、地元のハウスでサケツバタケを収穫する従業員。中国内モンゴル自治区フルンボイル市の杜克塔爾村で昨年から、食用きのこのサケツバタケを栽培することで貧困世帯の増収を後押ししている。村民の孟玲桃(もう・れいとう)さんによると、1ムー(約667平方メートル)当たりの生産量は年間2500キロ以上で、利益も従来栽培していたキクラゲの10倍になる。(フルンボイル=新華社配信/王雪氷)=2020(令和2)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020060508864

  • 2020年05月29日
    サケツバタケ栽培で貧困脱却を後押し内モンゴル自治区

    5月29日、地元のハウスで栽培されているサケツバタケ。中国内モンゴル自治区フルンボイル市の杜克塔爾村で昨年から、食用きのこのサケツバタケを栽培することで貧困世帯の増収を後押ししている。村民の孟玲桃(もう・れいとう)さんによると、1ムー(約667平方メートル)当たりの生産量は年間2500キロ以上で、利益も従来栽培していたキクラゲの10倍になる。(フルンボイル=新華社配信/賀書琛)=2020(令和2)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020060508893

  • 2020年05月29日
    サケツバタケ栽培で貧困脱却を後押し内モンゴル自治区

    5月29日、地元のハウスでサケツバタケを収穫する従業員。中国内モンゴル自治区フルンボイル市の杜克塔爾村で昨年から、食用きのこのサケツバタケを栽培することで貧困世帯の増収を後押ししている。村民の孟玲桃(もう・れいとう)さんによると、1ムー(約667平方メートル)当たりの生産量は年間2500キロ以上で、利益も従来栽培していたキクラゲの10倍になる。(フルンボイル=新華社配信/賀書琛)=2020(令和2)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020060508822

  • 2020年05月29日
    サケツバタケ栽培で貧困脱却を後押し内モンゴル自治区

    5月29日、地元の加工工場に積まれたサケツバタケ。中国内モンゴル自治区フルンボイル市の杜克塔爾村で昨年から、食用きのこのサケツバタケを栽培することで貧困世帯の増収を後押ししている。村民の孟玲桃(もう・れいとう)さんによると、1ムー(約667平方メートル)当たりの生産量は年間2500キロ以上で、利益も従来栽培していたキクラゲの10倍になる。(フルンボイル=新華社配信/趙沢輝)=2020(令和2)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020060508863

  • 2020年05月29日
    サケツバタケ栽培で貧困脱却を後押し内モンゴル自治区

    5月29日、地元のハウスでサケツバタケを収穫する従業員。中国内モンゴル自治区フルンボイル市の杜克塔爾村で昨年から、食用きのこのサケツバタケを栽培することで貧困世帯の増収を後押ししている。村民の孟玲桃(もう・れいとう)さんによると、1ムー(約667平方メートル)当たりの生産量は年間2500キロ以上で、利益も従来栽培していたキクラゲの10倍になる。(フルンボイル=新華社配信/王雪氷)=2020(令和2)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020060508869

  • 2020年05月29日
    サケツバタケ栽培で貧困脱却を後押し内モンゴル自治区

    5月29日、地元のハウスでサケツバタケを収穫する従業員。中国内モンゴル自治区フルンボイル市の杜克塔爾村で昨年から、食用きのこのサケツバタケを栽培することで貧困世帯の増収を後押ししている。村民の孟玲桃(もう・れいとう)さんによると、1ムー(約667平方メートル)当たりの生産量は年間2500キロ以上で、利益も従来栽培していたキクラゲの10倍になる。(フルンボイル=新華社配信/趙沢輝)=2020(令和2)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020060508899

  • 2020年05月29日
    サケツバタケ栽培で貧困脱却を後押し内モンゴル自治区

    5月29日、地元のハウスでサケツバタケを収穫する従業員。中国内モンゴル自治区フルンボイル市の杜克塔爾村で昨年から、食用きのこのサケツバタケを栽培することで貧困世帯の増収を後押ししている。村民の孟玲桃(もう・れいとう)さんによると、1ムー(約667平方メートル)当たりの生産量は年間2500キロ以上で、利益も従来栽培していたキクラゲの10倍になる。(フルンボイル=新華社配信/賀書琛)=2020(令和2)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020060508859

  • 2020年06月17日
    林床を生かしたキノコ栽培で豊かに貴州省

    17日、興義市の洒金街道にある林床栽培拠点で作業する農家。中国貴州省黔西南(けんせいなん)プイ族ミャオ族自治州では森林資源を活用し、高木林の林床で行うマイタケやキクラゲなどの菌床栽培を発展させ、雇用を創出することで貧困者の就業や収入増につなげている。同自治州は菌床栽培の規模を2020年中に11万3300ムー(約7500ヘクタール)、2021年に20万7千ムー(1万3800ヘクタール)に拡張する計画を立てている。(興義=新華社記者/鄭明鴻)=2020(令和2)年6月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062205041

  • 2020年06月17日
    林床を生かしたキノコ栽培で豊かに貴州省

    17日、興義市の洒金街道にある林床栽培拠点で作業する農家。中国貴州省黔西南(けんせいなん)プイ族ミャオ族自治州では森林資源を活用し、高木林の林床で行うマイタケやキクラゲなどの菌床栽培を発展させ、雇用を創出することで貧困者の就業や収入増につなげている。同自治州は菌床栽培の規模を2020年中に11万3300ムー(約7500ヘクタール)、2021年に20万7千ムー(1万3800ヘクタール)に拡張する計画を立てている。(興義=新華社記者/鄭明鴻)=2020(令和2)年6月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062205055

  • 2020年06月17日
    林床を生かしたキノコ栽培で豊かに貴州省

    17日、興義市の洒金街道にある林床栽培拠点でキクラゲの菌床に穴を開ける農家。中国貴州省黔西南(けんせいなん)プイ族ミャオ族自治州では森林資源を活用し、高木林の林床で行うマイタケやキクラゲなどの菌床栽培を発展させ、雇用を創出することで貧困者の就業や収入増につなげている。同自治州は菌床栽培の規模を2020年中に11万3300ムー(約7500ヘクタール)、2021年に20万7千ムー(1万3800ヘクタール)に拡張する計画を立てている。(興義=新華社記者/鄭明鴻)=2020(令和2)年6月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062205064

  • 2020年06月17日
    林床を生かしたキノコ栽培で豊かに貴州省

    17日、興義市の洒金街道にある林床栽培拠点でキクラゲを運ぶ農家。中国貴州省黔西南(けんせいなん)プイ族ミャオ族自治州では森林資源を活用し、高木林の林床で行うマイタケやキクラゲなどの菌床栽培を発展させ、雇用を創出することで貧困者の就業や収入増につなげている。同自治州は菌床栽培の規模を2020年中に11万3300ムー(約7500ヘクタール)、2021年に20万7千ムー(1万3800ヘクタール)に拡張する計画を立てている。(興義=新華社記者/鄭明鴻)=2020(令和2)年6月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062205088

  • 2020年06月17日
    林床を生かしたキノコ栽培で豊かに貴州省

    17日、興義市の洒金街道にある林床栽培拠点で土をならす農家。中国貴州省黔西南(けんせいなん)プイ族ミャオ族自治州では森林資源を活用し、高木林の林床で行うマイタケやキクラゲなどの菌床栽培を発展させ、雇用を創出することで貧困者の就業や収入増につなげている。同自治州は菌床栽培の規模を2020年中に11万3300ムー(約7500ヘクタール)、2021年に20万7千ムー(1万3800ヘクタール)に拡張する計画を立てている。(興義=新華社記者/鄭明鴻)=2020(令和2)年6月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062205004

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月14日
    生産のスマート化推進新たな活気生み出すキノコ産業福建

    14日、古田県双創(創新・創業)モデル基地に展示されたキノコ加工品。「中国のキノコ産業の発祥地」と称される中国福建省寧徳市古田(こでん)県は現在、食用キノコ38種類を栽培している。そのうち最も有名なシロキクラゲの年間生産量は35万トンに達し、中国全体の生産量のおよそ90%を占める。同県は近年、工場化、標準化、スマート化のキノコ生産を推進。高度な加工の発展に力を入れ、産業チェーンを絶えず拡大し、付加価値の向上、新たな消費者層の開拓を図ることで、伝統産業が新たな活気を生み出すよう後押ししている。食用キノコの産業チェーンにおける2019年の生産額は100億元(1元=約15円)を超え、農家の1人当たり年収は約1万9000元に達した。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年7月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072702544

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月14日
    生産のスマート化推進新たな活気生み出すキノコ産業福建

    14日、古田県双創(創新・創業)モデル基地にある十方田運営センターの展示ホールに並ぶキノコ加工品。「中国のキノコ産業の発祥地」と称される中国福建省寧徳市古田(こでん)県は現在、食用キノコ38種類を栽培している。そのうち最も有名なシロキクラゲの年間生産量は35万トンに達し、中国全体の生産量のおよそ90%を占める。同県は近年、工場化、標準化、スマート化のキノコ生産を推進。高度な加工の発展に力を入れ、産業チェーンを絶えず拡大し、付加価値の向上、新たな消費者層の開拓を図ることで、伝統産業が新たな活気を生み出すよう後押ししている。食用キノコの産業チェーンにおける2019年の生産額は100億元(1元=約15円)を超え、農家の1人当たり年収は約1万9000元に達した。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年7月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072702519

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月14日
    生産のスマート化推進新たな活気生み出すキノコ産業福建

    14日、古田県双創(創新・創業)モデル基地にある十方田運営センターの展示ホールに並ぶシロキクラゲ。「中国のキノコ産業の発祥地」と称される中国福建省寧徳市古田(こでん)県は現在、食用キノコ38種類を栽培している。そのうち最も有名なシロキクラゲの年間生産量は35万トンに達し、中国全体の生産量のおよそ90%を占める。同県は近年、工場化、標準化、スマート化のキノコ生産を推進。高度な加工の発展に力を入れ、産業チェーンを絶えず拡大し、付加価値の向上、新たな消費者層の開拓を図ることで、伝統産業が新たな活気を生み出すよう後押ししている。食用キノコの産業チェーンにおける2019年の生産額は100億元(1元=約15円)を超え、農家の1人当たり年収は約1万9000元に達した。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年7月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072702527

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月14日
    生産のスマート化推進新たな活気生み出すキノコ産業福建

    14日、福建古田晟農無公害シロキクラゲ栽培基地で、シロキクラゲの生育状況を確認する技術スタッフの王振泉(おう・しんせん)さん。「中国のキノコ産業の発祥地」と称される中国福建省寧徳市古田(こでん)県は現在、食用キノコ38種類を栽培している。そのうち最も有名なシロキクラゲの年間生産量は35万トンに達し、中国全体の生産量のおよそ90%を占める。同県は近年、工場化、標準化、スマート化のキノコ生産を推進。高度な加工の発展に力を入れ、産業チェーンを絶えず拡大し、付加価値の向上、新たな消費者層の開拓を図ることで、伝統産業が新たな活気を生み出すよう後押ししている。食用キノコの産業チェーンにおける2019年の生産額は100億元(1元=約15円)を超え、農家の1人当たり年収は約1万9000元に達した。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年7月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072702539

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月14日
    生産のスマート化推進新たな活気生み出すキノコ産業福建

    14日、古田県双創(創新・創業)モデル基地にある十方田運営センターの展示ホールに並ぶキノコ加工品。「中国のキノコ産業の発祥地」と称される中国福建省寧徳市古田(こでん)県は現在、食用キノコ38種類を栽培している。そのうち最も有名なシロキクラゲの年間生産量は35万トンに達し、中国全体の生産量のおよそ90%を占める。同県は近年、工場化、標準化、スマート化のキノコ生産を推進。高度な加工の発展に力を入れ、産業チェーンを絶えず拡大し、付加価値の向上、新たな消費者層の開拓を図ることで、伝統産業が新たな活気を生み出すよう後押ししている。食用キノコの産業チェーンにおける2019年の生産額は100億元(1元=約15円)を超え、農家の1人当たり年収は約1万9000元に達した。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年7月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072702442

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月14日
    生産のスマート化推進新たな活気生み出すキノコ産業福建

    14日、福建古田晟農無公害シロキクラゲ栽培基地で、シロキクラゲの生育状況を確認する技術スタッフの王振泉(おう・しんせん)さん。「中国のキノコ産業の発祥地」と称される中国福建省寧徳市古田(こでん)県は現在、食用キノコ38種類を栽培している。そのうち最も有名なシロキクラゲの年間生産量は35万トンに達し、中国全体の生産量のおよそ90%を占める。同県は近年、工場化、標準化、スマート化のキノコ生産を推進。高度な加工の発展に力を入れ、産業チェーンを絶えず拡大し、付加価値の向上、新たな消費者層の開拓を図ることで、伝統産業が新たな活気を生み出すよう後押ししている。食用キノコの産業チェーンにおける2019年の生産額は100億元(1元=約15円)を超え、農家の1人当たり年収は約1万9000元に達した。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年7月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072702504

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月14日
    生産のスマート化推進新たな活気生み出すキノコ産業福建

    14日、福建古田晟農無公害シロキクラゲ栽培基地で、シロキクラゲの生育状況を確認する張家巧(ちょう・かこう)さん。「中国のキノコ産業の発祥地」と称される中国福建省寧徳市古田(こでん)県は現在、食用キノコ38種類を栽培している。そのうち最も有名なシロキクラゲの年間生産量は35万トンに達し、中国全体の生産量のおよそ90%を占める。同県は近年、工場化、標準化、スマート化のキノコ生産を推進。高度な加工の発展に力を入れ、産業チェーンを絶えず拡大し、付加価値の向上、新たな消費者層の開拓を図ることで、伝統産業が新たな活気を生み出すよう後押ししている。食用キノコの産業チェーンにおける2019年の生産額は100億元(1元=約15円)を超え、農家の1人当たり年収は約1万9000元に達した。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年7月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072702420

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月14日
    生産のスマート化推進新たな活気生み出すキノコ産業福建

    14日、ライブ動画で商品を紹介する福建古田晟農無公害シロキクラゲ栽培基地の責任者、張家巧(ちょう・かこう)さん。「中国のキノコ産業の発祥地」と称される中国福建省寧徳市古田(こでん)県は現在、食用キノコ38種類を栽培している。そのうち最も有名なシロキクラゲの年間生産量は35万トンに達し、中国全体の生産量のおよそ90%を占める。同県は近年、工場化、標準化、スマート化のキノコ生産を推進。高度な加工の発展に力を入れ、産業チェーンを絶えず拡大し、付加価値の向上、新たな消費者層の開拓を図ることで、伝統産業が新たな活気を生み出すよう後押ししている。食用キノコの産業チェーンにおける2019年の生産額は100億元(1元=約15円)を超え、農家の1人当たり年収は約1万9000元に達した。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年7月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072702493

  • 2020年07月15日
    熟年夫婦がキクラゲ栽培で貧困脱却黒竜江省克東県

    15日、キクラゲの菌床を見せる侯江さん・宋蘭環さん夫婦。中国黒竜江省チチハル市克東(こくとう)県潤津郷礼譲村に住む70歳近い夫婦、侯江(こう・こう)さんと宋蘭環(そう・らんかん)さんはキクラゲ栽培で貧困脱却、増収を実現した。2018年、同県の貧困世帯に対する栽培養殖業発展補助金政策に心を動かされた夫婦は、試験的にキクラゲ栽培を開始した。毎日懸命に働き、2年間でキクラゲの菌床は5万本から15万本に増えた。夫婦は毎年、貧困世帯から臨時の作業員を雇っており、純利益は10万元(1元=約15円)余りに達している。(チチハル=新華社記者/王建威)=2020(令和2)年7月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072800873

  • 2020年07月15日
    熟年夫婦がキクラゲ栽培で貧困脱却黒竜江省克東県

    15日、キクラゲを収穫する侯江さん・宋蘭環さん夫婦。中国黒竜江省チチハル市克東(こくとう)県潤津郷礼譲村に住む70歳近い夫婦、侯江(こう・こう)さんと宋蘭環(そう・らんかん)さんはキクラゲ栽培で貧困脱却、増収を実現した。2018年、同県の貧困世帯に対する栽培養殖業発展補助金政策に心を動かされた夫婦は、試験的にキクラゲ栽培を開始した。毎日懸命に働き、2年間でキクラゲの菌床は5万本から15万本に増えた。夫婦は毎年、貧困世帯から臨時の作業員を雇っており、純利益は10万元(1元=約15円)余りに達している。(チチハル=新華社記者/王建威)=2020(令和2)年7月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072800986

  • 2020年07月15日
    熟年夫婦がキクラゲ栽培で貧困脱却黒竜江省克東県

    15日、侯江さん・宋蘭環さん夫婦の収穫を手伝う貧困世帯の作業員。中国黒竜江省チチハル市克東(こくとう)県潤津郷礼譲村に住む70歳近い夫婦、侯江(こう・こう)さんと宋蘭環(そう・らんかん)さんはキクラゲ栽培で貧困脱却、増収を実現した。2018年、同県の貧困世帯に対する栽培養殖業発展補助金政策に心を動かされた夫婦は、試験的にキクラゲ栽培を開始した。毎日懸命に働き、2年間でキクラゲの菌床は5万本から15万本に増えた。夫婦は毎年、貧困世帯から臨時の作業員を雇っており、純利益は10万元(1元=約15円)余りに達している。(チチハル=新華社記者/王建威)=2020(令和2)年7月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072801021

  • 2020年07月15日
    熟年夫婦がキクラゲ栽培で貧困脱却黒竜江省克東県

    15日、キクラゲを収穫する侯江さん・宋蘭環さん夫婦。中国黒竜江省チチハル市克東(こくとう)県潤津郷礼譲村に住む70歳近い夫婦、侯江(こう・こう)さんと宋蘭環(そう・らんかん)さんはキクラゲ栽培で貧困脱却、増収を実現した。2018年、同県の貧困世帯に対する栽培養殖業発展補助金政策に心を動かされた夫婦は、試験的にキクラゲ栽培を開始した。毎日懸命に働き、2年間でキクラゲの菌床は5万本から15万本に増えた。夫婦は毎年、貧困世帯から臨時の作業員を雇っており、純利益は10万元(1元=約15円)余りに達している。(チチハル=新華社記者/王建威)=2020(令和2)年7月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072800890

  • 2020年07月15日
    熟年夫婦がキクラゲ栽培で貧困脱却黒竜江省克東県

    15日、キクラゲの菌床を見せる侯江さん・宋蘭環さん夫婦。中国黒竜江省チチハル市克東(こくとう)県潤津郷礼譲村に住む70歳近い夫婦、侯江(こう・こう)さんと宋蘭環(そう・らんかん)さんはキクラゲ栽培で貧困脱却、増収を実現した。2018年、同県の貧困世帯に対する栽培養殖業発展補助金政策に心を動かされた夫婦は、試験的にキクラゲ栽培を開始した。毎日懸命に働き、2年間でキクラゲの菌床は5万本から15万本に増えた。夫婦は毎年、貧困世帯から臨時の作業員を雇っており、純利益は10万元(1元=約15円)余りに達している。(チチハル=新華社記者/王建威)=2020(令和2)年7月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072800998

  • 2020年07月15日
    熟年夫婦がキクラゲ栽培で貧困脱却黒竜江省克東県

    15日、侯江さん・宋蘭環さん夫婦の収穫を手伝う貧困世帯の作業員。中国黒竜江省チチハル市克東(こくとう)県潤津郷礼譲村に住む70歳近い夫婦、侯江(こう・こう)さんと宋蘭環(そう・らんかん)さんはキクラゲ栽培で貧困脱却、増収を実現した。2018年、同県の貧困世帯に対する栽培養殖業発展補助金政策に心を動かされた夫婦は、試験的にキクラゲ栽培を開始した。毎日懸命に働き、2年間でキクラゲの菌床は5万本から15万本に増えた。夫婦は毎年、貧困世帯から臨時の作業員を雇っており、純利益は10万元(1元=約15円)余りに達している。(チチハル=新華社記者/王建威)=2020(令和2)年7月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072800795

  • 2020年07月15日
    熟年夫婦がキクラゲ栽培で貧困脱却黒竜江省克東県

    15日、侯江さん・宋蘭環さん夫婦のキクラゲ栽培農園。中国黒竜江省チチハル市克東(こくとう)県潤津郷礼譲村に住む70歳近い夫婦、侯江(こう・こう)さんと宋蘭環(そう・らんかん)さんはキクラゲ栽培で貧困脱却、増収を実現した。2018年、同県の貧困世帯に対する栽培養殖業発展補助金政策に心を動かされた夫婦は、試験的にキクラゲ栽培を開始した。毎日懸命に働き、2年間でキクラゲの菌床は5万本から15万本に増えた。夫婦は毎年、貧困世帯から臨時の作業員を雇っており、純利益は10万元(1元=約15円)余りに達している。(チチハル=新華社記者/王建威)=2020(令和2)年7月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072800840

  • 2020年07月15日
    熟年夫婦がキクラゲ栽培で貧困脱却黒竜江省克東県

    15日、侯江さん・宋蘭環さん夫婦の収穫を手伝う貧困世帯の作業員。中国黒竜江省チチハル市克東(こくとう)県潤津郷礼譲村に住む70歳近い夫婦、侯江(こう・こう)さんと宋蘭環(そう・らんかん)さんはキクラゲ栽培で貧困脱却、増収を実現した。2018年、同県の貧困世帯に対する栽培養殖業発展補助金政策に心を動かされた夫婦は、試験的にキクラゲ栽培を開始した。毎日懸命に働き、2年間でキクラゲの菌床は5万本から15万本に増えた。夫婦は毎年、貧困世帯から臨時の作業員を雇っており、純利益は10万元(1元=約15円)余りに達している。(チチハル=新華社記者/王建威)=2020(令和2)年7月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072800946

  • 01:47.88
    2020年07月19日
    「新華社」「食用キノコの都」を訪ねて福建省寧徳市

    「中国の食用キノコの都」と称される中国福建省寧徳市古田(こでん)県は、「キノコの王様」と呼ばれる白キクラゲの主要産地で、その生産量は世界一を誇る。古田晟農無公害白キクラゲ栽培基地で、収穫したばかりの新鮮な白キクラゲは、石づきの除去、洗浄、煮詰め、凍結・乾燥などの工程を経て、フリーズドライの即席キクラゲになる。お湯を注いで1分ほど待てば、甘い白キクラゲスープの出来上がり。(記者/林凱)<映像内容>白キクラゲの栽培、フリーズドライの加工の様子など、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072801295

  • 00:37.50
    2020年07月19日
    「新華社」熟年夫婦がキクラゲ栽培で貧困脱却黒竜江省克東県

    中国黒竜江省チチハル市克東(こくとう)県潤津郷礼譲村に住む70歳近い夫婦、侯江(こう・こう)さんと宋蘭環(そう・らんかん)さんはキクラゲ栽培で貧困脱却、増収を実現した。2018年、同県の貧困世帯に対する栽培養殖業発展補助金政策に心を動かされた夫婦は、試験的にキクラゲ栽培を開始した。毎日懸命に働き、2年間でキクラゲの菌床は5万本から15万本に増えた。夫婦は毎年、貧困世帯から臨時の作業員を雇っており、純利益は10万元(1元=約15円)余りに達している。(記者/王建威)<映像内容>キクラゲ栽培の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072801299

  • 2020年07月31日
    食用キノコ産業で農家の増収を後押し黒竜江省林甸県

    7月31日、林甸県竜聖食用キノコ栽培専業合作社のキクラゲ栽培用ハウスで、収穫作業に励む農家。中国黒竜江省大慶市林甸(りんてん)県は近年、地元の資源の優位性を生かし、食用キノコ栽培の専業合作社(協同組合)の発展を推進。食用キノコを栽培し、キノコ廃菌床堆肥を生産することで、農家の増収を後押ししている。(大慶=新華社配信/張濤)=2020(令和2)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020080507721

  • 2020年07月31日
    食用キノコ産業で農家の増収を後押し黒竜江省林甸県

    7月31日、林甸県竜聖食用キノコ栽培専業合作社で、キクラゲを天日干しする農家。中国黒竜江省大慶市林甸(りんてん)県は近年、地元の資源の優位性を生かし、食用キノコ栽培の専業合作社(協同組合)の発展を推進。食用キノコを栽培し、キノコ廃菌床堆肥を生産することで、農家の増収を後押ししている。(大慶=新華社配信/張濤)=2020(令和2)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020080507747

  • 2020年07月31日
    食用キノコ産業で農家の増収を後押し黒竜江省林甸県

    7月31日、林甸県竜聖食用キノコ栽培専業合作社のキクラゲ栽培用ハウスで、収穫作業に励む農家。中国黒竜江省大慶市林甸(りんてん)県は近年、地元の資源の優位性を生かし、食用キノコ栽培の専業合作社(協同組合)の発展を推進。食用キノコを栽培し、キノコ廃菌床堆肥を生産することで、農家の増収を後押ししている。(大慶=新華社配信/張濤)=2020(令和2)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020080507687

  • 2020年07月31日
    食用キノコ産業で農家の増収を後押し黒竜江省林甸県

    7月31日、林甸県竜聖食用キノコ栽培専業合作社で、キクラゲを天日干しする農家。中国黒竜江省大慶市林甸(りんてん)県は近年、地元の資源の優位性を生かし、食用キノコ栽培の専業合作社(協同組合)の発展を推進。食用キノコを栽培し、キノコ廃菌床堆肥を生産することで、農家の増収を後押ししている。(大慶=新華社配信/張濤)=2020(令和2)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020080507679

  • 2020年07月31日
    食用キノコ産業で農家の増収を後押し黒竜江省林甸県

    7月31日、林甸県竜聖食用キノコ栽培専業合作社のキクラゲ栽培用ハウスで、収穫作業に励む農家。中国黒竜江省大慶市林甸(りんてん)県は近年、地元の資源の優位性を生かし、食用キノコ栽培の専業合作社(協同組合)の発展を推進。食用キノコを栽培し、キノコ廃菌床堆肥を生産することで、農家の増収を後押ししている。(大慶=新華社配信/張濤)=2020(令和2)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020080507759

  • 2020年07月31日
    食用キノコ産業で農家の増収を後押し黒竜江省林甸県

    7月31日、林甸県竜聖食用キノコ栽培専業合作社のキクラゲ栽培用ハウスで、収穫作業に励む農家。(小型無人機から)中国黒竜江省大慶市林甸(りんてん)県は近年、地元の資源の優位性を生かし、食用キノコ栽培の専業合作社(協同組合)の発展を推進。食用キノコを栽培し、キノコ廃菌床堆肥を生産することで、農家の増収を後押ししている。(大慶=新華社配信/張濤)=2020(令和2)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020080507781

  • 2020年07月31日
    食用キノコ産業で農家の増収を後押し黒竜江省林甸県

    7月31日、林甸県竜聖食用キノコ栽培専業合作社のキクラゲ栽培用ハウスで、収穫作業に励む農家。中国黒竜江省大慶市林甸(りんてん)県は近年、地元の資源の優位性を生かし、食用キノコ栽培の専業合作社(協同組合)の発展を推進。食用キノコを栽培し、キノコ廃菌床堆肥を生産することで、農家の増収を後押ししている。(大慶=新華社配信/張濤)=2020(令和2)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020080507785

  • 2020年07月31日
    食用キノコ産業で農家の増収を後押し黒竜江省林甸県

    7月31日、林甸県竜聖食用キノコ栽培専業合作社のキクラゲ栽培用ハウスで、収穫作業に励む農家。(小型無人機から)中国黒竜江省大慶市林甸(りんてん)県は近年、地元の資源の優位性を生かし、食用キノコ栽培の専業合作社(協同組合)の発展を推進。食用キノコを栽培し、キノコ廃菌床堆肥を生産することで、農家の増収を後押ししている。(大慶=新華社配信/張濤)=2020(令和2)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020080507680

  • 2020年07月31日
    食用キノコ産業で農家の増収を後押し黒竜江省林甸県

    7月31日、林甸県竜聖食用キノコ栽培専業合作社のキクラゲ栽培用ハウスで、収穫作業に励む農家。中国黒竜江省大慶市林甸(りんてん)県は近年、地元の資源の優位性を生かし、食用キノコ栽培の専業合作社(協同組合)の発展を推進。食用キノコを栽培し、キノコ廃菌床堆肥を生産することで、農家の増収を後押ししている。(大慶=新華社配信/張濤)=2020(令和2)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020080507705

  • 2020年12月17日
    (15)産業による貧困扶助プロジェクトで豊かさへの道を開く中国

    貴州省黔東南ミャオ族トン族自治州従江県貫洞鎮臘水村でキクラゲを収穫する農家の人。(5月18日撮影)中国農業農村部の統計によると、全国に832カ所あった貧困県でこれまでに実施された産業化貧困扶助プロジェクトは100万件以上に上った。整備された産業拠点は30万カ所以上。各県で地域の特色が鮮明な産業が2~3種類形成され、政策の恩恵は貧困世帯の98%以上に及んだ。かつて貧困に苦しんだこれらの県では、貧困扶助工場や産業合作社(協同組合)など地域の特性を生かした優位性のある産業を発展させることで、貧困からの脱却を図ってきた。地域を活性化させる根本的な措置を進め、共に豊かになるという目標に向かって絶え間なくまい進したことで、人々は一段と素晴らしい生活が送れるようになった。(貴陽=新華社記者/陶亮)= 配信日: 2020(令和2)年12月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020121802307

  • 2021年01月14日
    (3)中国一寒い町で働く気象局職員黒竜江省呼中区

    10日、呼中キクラゲ栽培拠点応用気象観測所で設備の検査とメンテナンスを行う気象局職員。「中国で一番寒い町」として知られる中国黒竜江省大興安嶺地区の呼中区では1月に入り、最低気温が氷点下40度を下回る日が続いている。同区気象局の職員らは極寒の中でも設備メンテナンスや観測業務に励み、正確な気象情報を提供している。(ハルビン=新華社記者/王建威)= 配信日: 2021(令和3)年1月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021011407443

  • 2021年01月14日
    (8)中国一寒い町で働く気象局職員黒竜江省呼中区

    10日、呼中キクラゲ栽培拠点応用気象観測所で設備の検査とメンテナンスを行う気象局職員。「中国で一番寒い町」として知られる中国黒竜江省大興安嶺地区の呼中区では1月に入り、最低気温が氷点下40度を下回る日が続いている。同区気象局の職員らは極寒の中でも設備メンテナンスや観測業務に励み、正確な気象情報を提供している。(ハルビン=新華社記者/王建威)= 配信日: 2021(令和3)年1月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021011407453

  • 2021年06月30日
    (9)住環境の改善進む、変わりゆくホーチョ族の暮らし黒竜江省

    23日、黒竜江省双鴨山市饒河県四排ホーチョ族郷の四排村にある農業用ハウスで、黒キクラゲを摘む畢偉君(ひつ・いくん)さん。中国で人口の少ない少数民族の一つ、ホーチョ(赫哲)族は、黒竜江、ウスリー川、松花江の流域に住む。この一帯が中国の東部に当たることから、「太陽を見守る民族」と呼ばれる。新中国成立前は300人余りしかいなかったが、今では黒竜江省同江市の街津口ホーチョ族郷漁業村と八岔ホーチョ族郷八岔村、同省の双鴨山市饒河(じょうが)県四排ホーチョ族郷四排村、ジャムス市郊区敖其鎮ホーチョ村、撫遠(ふえん)市烏蘇鎮抓吉ホーチョ族村の3郷5村に集住し、総人口は5千人を超す。当初住んでいたのは半地下住居、東北地方特有の建築様式である「馬架子」だったが、その後、わらぶきやれんが造りの家になり、さらに2階建てや洋風の家に変わるなど、ホーチョ族の住環境は改善が進んでいる。生業も伝統的な漁業から農業との兼業、さらには現在の観光産業を中心としたさまざまな業種へと飛躍的な発展を遂げてきた。ホーチョ族の人々の暮らしは、時代とともに変わりつつある。(ハルビン=新華社記者/張濤)= 配信日: 2021(令和3)年6月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021063005884

  • 00:57.94
    2021年10月08日
    「新華社」ナンカイキクラゲが収穫期貴州省銅仁市

    中国貴州省銅仁市万山区敖寨郷のエコスマート農場で、ナンカイキクラゲが収穫期を迎えている。山あいの自然環境を生かして建てられた栽培場では、菌床をつり下げる方式を採用し、土地を節約した上で生産能力を向上。一連の取り組みにより、地元住民らへの就業機会の提供と収入増を実現した。同品種は日本、韓国、ロシア、欧州などに輸出されている。(記者/劉勤兵) =配信日: 2021(令和3)年10月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021100804880

  • 2021年10月24日
    (11)国家「十三五」科学技術革新成果展開催北京市

    21日、科学技術革新成果展で展示されている陜西省商洛市柞水(さくすい)県のスマート農業用ハウスで育ったキクラゲ。中国北京市の北京展覧館で21日、国家「第13次5カ年規画(十三五、2016~20年)」科学技術革新成果展が開幕した。基礎研究やハイテク、農業科学技術、社会発展、地域イノベーション、開放・協力など12の展示エリアを設け、中国が革新駆動型発展戦略の実施に力を入れ、革新型国家を建設することで得られた重大な成果などを紹介している。(北京=新華社記者/才揚)= 配信日: 2021(令和3)年10月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021102403907

  • 2021年12月06日
    (2)キクラゲの収穫が最盛期貴州省三都スイ族自治県

    2日、三都スイ族自治県周覃鎮のキクラゲ栽培基地で、キクラゲを収穫する農家の人。中国貴州省黔南プイ族ミャオ族自治州三都スイ族自治県では冬に入り、キクラゲの収穫が最盛期を迎えている。同県はここ数年、生態系における優位性に立脚し、東部と西部の資金協力事業を利用して「企業+協同組合+技術チーム+農家」のモデルを採用。黒キクラゲを主とする食用菌産業を発展させることで、農業の効率向上と農民の増収を後押ししている。(貴陽=新華社配信/黄暁海)= 配信日: 2021(令和3)年12月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021120611476

  • 2021年12月06日
    (1)キクラゲの収穫が最盛期貴州省三都スイ族自治県

    2日、三都スイ族自治県周覃鎮のキクラゲ栽培基地で、キクラゲを収穫する農家の人たち。(小型無人機から)中国貴州省黔南プイ族ミャオ族自治州三都スイ族自治県では冬に入り、キクラゲの収穫が最盛期を迎えている。同県はここ数年、生態系における優位性に立脚し、東部と西部の資金協力事業を利用して「企業+協同組合+技術チーム+農家」のモデルを採用。黒キクラゲを主とする食用菌産業を発展させることで、農業の効率向上と農民の増収を後押ししている。(貴陽=新華社配信/肖偉)= 配信日: 2021(令和3)年12月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021120611478

  • 2021年12月06日
    (4)キクラゲの収穫が最盛期貴州省三都スイ族自治県

    2日、三都スイ族自治県周覃鎮のキクラゲ栽培基地で、キクラゲを収穫する農家の人たち。(小型無人機から)中国貴州省黔南プイ族ミャオ族自治州三都スイ族自治県では冬に入り、キクラゲの収穫が最盛期を迎えている。同県はここ数年、生態系における優位性に立脚し、東部と西部の資金協力事業を利用して「企業+協同組合+技術チーム+農家」のモデルを採用。黒キクラゲを主とする食用菌産業を発展させることで、農業の効率向上と農民の増収を後押ししている。(貴陽=新華社配信/黄暁海)= 配信日: 2021(令和3)年12月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021120611482

  • 2021年12月06日
    (3)キクラゲの収穫が最盛期貴州省三都スイ族自治県

    2日、三都スイ族自治県周覃鎮のキクラゲ栽培基地で、キクラゲを干す農家の人たち。中国貴州省黔南プイ族ミャオ族自治州三都スイ族自治県では冬に入り、キクラゲの収穫が最盛期を迎えている。同県はここ数年、生態系における優位性に立脚し、東部と西部の資金協力事業を利用して「企業+協同組合+技術チーム+農家」のモデルを採用。黒キクラゲを主とする食用菌産業を発展させることで、農業の効率向上と農民の増収を後押ししている。(貴陽=新華社配信/黄暁海)= 配信日: 2021(令和3)年12月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021120611479

  • 2021年12月06日
    (5)キクラゲの収穫が最盛期貴州省三都スイ族自治県

    2日、三都スイ族自治県周覃鎮のキクラゲ栽培基地で、キクラゲを収穫する農家の人たち。中国貴州省黔南プイ族ミャオ族自治州三都スイ族自治県では冬に入り、キクラゲの収穫が最盛期を迎えている。同県はここ数年、生態系における優位性に立脚し、東部と西部の資金協力事業を利用して「企業+協同組合+技術チーム+農家」のモデルを採用。黒キクラゲを主とする食用菌産業を発展させることで、農業の効率向上と農民の増収を後押ししている。(貴陽=新華社配信/張恩鑫)= 配信日: 2021(令和3)年12月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021120611485

  • 2021年12月06日
    (6)キクラゲの収穫が最盛期貴州省三都スイ族自治県

    2日、三都スイ族自治県周覃鎮のキクラゲ栽培基地で、キクラゲを干す農家の人たち。中国貴州省黔南プイ族ミャオ族自治州三都スイ族自治県では冬に入り、キクラゲの収穫が最盛期を迎えている。同県はここ数年、生態系における優位性に立脚し、東部と西部の資金協力事業を利用して「企業+協同組合+技術チーム+農家」のモデルを採用。黒キクラゲを主とする食用菌産業を発展させることで、農業の効率向上と農民の増収を後押ししている。(貴陽=新華社配信/韋栄整)= 配信日: 2021(令和3)年12月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021120611487

  • 2022年01月05日
    (8)新年を迎え、中国各地で農作業にいそしむ農家

    4日、湖南省永州市新田県の黄沙渓村にあるキクラゲ栽培モデル基地で、キクラゲを収穫する村民。2022年を迎え、中国各地では農家の人々が寒さの中、農作業に励んでいる。(永州=新華社配信/劉貴雄)= 配信日: 2022(令和4)年1月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022010508193

  • 2022年01月05日
    (7)新年を迎え、中国各地で農作業にいそしむ農家

    4日、湖南省永州市新田県の黄沙渓村にあるキクラゲ栽培モデル基地で、キクラゲを収穫する村民。(小型無人機から)2022年を迎え、中国各地では農家の人々が寒さの中、農作業に励んでいる。(永州=新華社配信/劉貴雄)= 配信日: 2022(令和4)年1月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022010508206

  • 2022年03月06日
    (11)二十四節気「啓蟄」農作業に励む人たち

    5日、貴州省黔東南ミャオ族トン族自治州榕江県高旧村でキクラゲを摘む村民。(小型無人機から)二十四節気の「啓蟄(けいちつ)」の5日、中国各地では気温も上がり、農家の人たちが繁忙期に入った。(黔東南=新華社配信/楊文舒)= 配信日: 2022(令和4)年3月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022030700287

  • 2022年03月07日
    横山繁さん 生キクラゲで復興支えたい

    岐阜県岐南町で生キクラゲ栽培に取り組んでいる横山繁さん=2月

    商品コード: 2022030701850

  • 2022年03月07日
    生キクラゲで復興支えたい

    福島県新地町、岐阜県岐南町

    商品コード: 2022030703972

  • 2022年03月07日
    生キクラゲで復興支えたい

    福島県新地町、岐阜県岐南町

    商品コード: 2022030703974

  • 2022年03月07日
    生キクラゲで復興支えたい

    福島県新地町、岐阜県岐南町

    商品コード: 2022030703973

  • 2022年03月07日
    生キクラゲで復興支えたい

    福島県新地町、岐阜県岐南町

    商品コード: 2022030703975

  • 1
  • 2