KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • アオミミキジ
  • ヤマジャコウジカ
  • クチジロジカ
  • チベットスナギツネ
  • チベットノロバ
  • ニシアカアシチョウゲンボウ
  • バーラル
  • 令和
  • 保護区
  • 修復

「キジシャコ」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
12
( 1 12 件を表示)
  • 1
12
( 1 12 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 00:35.16
    2020年10月08日
    「新華社」祁連山脈東端で初めてユキヒョウの撮影に成功青海省

    中国科学院西北高原生物研究所のユキヒョウ研究チームはこのほど、祁連山脈東端の青海省海東市互助トゥ族自治県にある北山営林場で、ユキヒョウの母子がじゃれ合う姿の撮影に初めて成功した。これにより、ユキヒョウの分布地域が同山脈東端まで拡大し、分布地域の記録がさらに拡充された。実際に活動するユキヒョウの映像が青海省東部で撮影されたのは今回が初めてとなる。今回の調査では、中国の国家1級保護動物である梅花鹿(ハナジカ)の野生復帰個体群やヤマジャコウジカ、ミヤマエゾライチョウ、キジシャコ、国家2級保護動物のアカシカやムナジロテン、ハイイロネコ、アオミミキジを確認。さらに青海省の保護動物に指定されているアカギツネやシベリアノロジカなども確認された。(記者/趙玉和、呂雪莉)<映像内容>ユキヒョウの母子がじゃれ合う様子など、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020101301748

  • 2021年08月18日
    (6)祁連山の生態環境が好転、希少動物も頻繁に出現甘粛省

    甘粛祁連山国家級自然保護区に設置された赤外線カメラが捉えたユキヒョウ。(2020年1月28日撮影)初秋を迎えた中国甘粛省張掖(ちょうえき)市の粛南ユグル族自治県には、山々と草原が織りなす美しい風景が広がっている。同県は甘粛祁連山(きれんざん)国家級自然保護区の重要な構成部分で、保護区の面積の約6割を占める。近年、生態系の修復を経て、祁連山の植生は順調に回復し、同地の生態環境は持続的に好転。これまで見つけることが難しかった希少種が頻繁に姿を現すようになった。2017年から2019年までの調査結果によると、同保護区にある保護ステーション22カ所のうちの15カ所でユキヒョウが発見され、その個体数は350~500頭だった。チベットノロバ、クチジロジカ、ヤマジャコウジカ、バーラルなどの大型野生動物の個体数が大幅に増加し、キジシャコ、アオミミキジなどの希少鳥類の個体数も順調に回復している。保護区では新たにニシアカアシチョウゲンボウやチベットスナギツネなどの国家2級保護野生動物が発見された。(張掖=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年8月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021081903602

  • 2021年08月18日
    (2)祁連山の生態環境が好転、希少動物も頻繁に出現甘粛省

    11日、粛南ユグル族自治県にある祁連山の麓に広がる風景。初秋を迎えた中国甘粛省張掖(ちょうえき)市の粛南ユグル族自治県には、山々と草原が織りなす美しい風景が広がっている。同県は甘粛祁連山(きれんざん)国家級自然保護区の重要な構成部分で、保護区の面積の約6割を占める。近年、生態系の修復を経て、祁連山の植生は順調に回復し、同地の生態環境は持続的に好転。これまで見つけることが難しかった希少種が頻繁に姿を現すようになった。2017年から2019年までの調査結果によると、同保護区にある保護ステーション22カ所のうちの15カ所でユキヒョウが発見され、その個体数は350~500頭だった。チベットノロバ、クチジロジカ、ヤマジャコウジカ、バーラルなどの大型野生動物の個体数が大幅に増加し、キジシャコ、アオミミキジなどの希少鳥類の個体数も順調に回復している。保護区では新たにニシアカアシチョウゲンボウやチベットスナギツネなどの国家2級保護野生動物が発見された。(張掖=新華社記者/范培珅)= 配信日: 2021(令和3)年8月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021081903587

  • 2021年08月18日
    (8)祁連山の生態環境が好転、希少動物も頻繁に出現甘粛省

    11日、粛南ユグル族自治県にある祁連山の麓に広がる風景。初秋を迎えた中国甘粛省張掖(ちょうえき)市の粛南ユグル族自治県には、山々と草原が織りなす美しい風景が広がっている。同県は甘粛祁連山(きれんざん)国家級自然保護区の重要な構成部分で、保護区の面積の約6割を占める。近年、生態系の修復を経て、祁連山の植生は順調に回復し、同地の生態環境は持続的に好転。これまで見つけることが難しかった希少種が頻繁に姿を現すようになった。2017年から2019年までの調査結果によると、同保護区にある保護ステーション22カ所のうちの15カ所でユキヒョウが発見され、その個体数は350~500頭だった。チベットノロバ、クチジロジカ、ヤマジャコウジカ、バーラルなどの大型野生動物の個体数が大幅に増加し、キジシャコ、アオミミキジなどの希少鳥類の個体数も順調に回復している。保護区では新たにニシアカアシチョウゲンボウやチベットスナギツネなどの国家2級保護野生動物が発見された。(張掖=新華社記者/范培珅)= 配信日: 2021(令和3)年8月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021081903605

  • 2021年08月18日
    (7)祁連山の生態環境が好転、希少動物も頻繁に出現甘粛省

    甘粛祁連山国家級自然保護区に設置された赤外線カメラが捉えたユキヒョウ。(2019年11月14日撮影)初秋を迎えた中国甘粛省張掖(ちょうえき)市の粛南ユグル族自治県には、山々と草原が織りなす美しい風景が広がっている。同県は甘粛祁連山(きれんざん)国家級自然保護区の重要な構成部分で、保護区の面積の約6割を占める。近年、生態系の修復を経て、祁連山の植生は順調に回復し、同地の生態環境は持続的に好転。これまで見つけることが難しかった希少種が頻繁に姿を現すようになった。2017年から2019年までの調査結果によると、同保護区にある保護ステーション22カ所のうちの15カ所でユキヒョウが発見され、その個体数は350~500頭だった。チベットノロバ、クチジロジカ、ヤマジャコウジカ、バーラルなどの大型野生動物の個体数が大幅に増加し、キジシャコ、アオミミキジなどの希少鳥類の個体数も順調に回復している。保護区では新たにニシアカアシチョウゲンボウやチベットスナギツネなどの国家2級保護野生動物が発見された。(張掖=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年8月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021081905965

  • 2021年08月18日
    (1)祁連山の生態環境が好転、希少動物も頻繁に出現甘粛省

    11日、粛南ユグル族自治県にある祁連山の麓に広がる風景。初秋を迎えた中国甘粛省張掖(ちょうえき)市の粛南ユグル族自治県には、山々と草原が織りなす美しい風景が広がっている。同県は甘粛祁連山(きれんざん)国家級自然保護区の重要な構成部分で、保護区の面積の約6割を占める。近年、生態系の修復を経て、祁連山の植生は順調に回復し、同地の生態環境は持続的に好転。これまで見つけることが難しかった希少種が頻繁に姿を現すようになった。2017年から2019年までの調査結果によると、同保護区にある保護ステーション22カ所のうちの15カ所でユキヒョウが発見され、その個体数は350~500頭だった。チベットノロバ、クチジロジカ、ヤマジャコウジカ、バーラルなどの大型野生動物の個体数が大幅に増加し、キジシャコ、アオミミキジなどの希少鳥類の個体数も順調に回復している。保護区では新たにニシアカアシチョウゲンボウやチベットスナギツネなどの国家2級保護野生動物が発見された。(張掖=新華社記者/王博)= 配信日: 2021(令和3)年8月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021081903581

  • 2021年08月18日
    (3)祁連山の生態環境が好転、希少動物も頻繁に出現甘粛省

    甘粛祁連山国家級自然保護区に設置された赤外線カメラが捉えたユキヒョウ。(2020年1月30日撮影)初秋を迎えた中国甘粛省張掖(ちょうえき)市の粛南ユグル族自治県には、山々と草原が織りなす美しい風景が広がっている。同県は甘粛祁連山(きれんざん)国家級自然保護区の重要な構成部分で、保護区の面積の約6割を占める。近年、生態系の修復を経て、祁連山の植生は順調に回復し、同地の生態環境は持続的に好転。これまで見つけることが難しかった希少種が頻繁に姿を現すようになった。2017年から2019年までの調査結果によると、同保護区にある保護ステーション22カ所のうちの15カ所でユキヒョウが発見され、その個体数は350~500頭だった。チベットノロバ、クチジロジカ、ヤマジャコウジカ、バーラルなどの大型野生動物の個体数が大幅に増加し、キジシャコ、アオミミキジなどの希少鳥類の個体数も順調に回復している。保護区では新たにニシアカアシチョウゲンボウやチベットスナギツネなどの国家2級保護野生動物が発見された。(張掖=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年8月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021081903583

  • 2021年08月18日
    (10)祁連山の生態環境が好転、希少動物も頻繁に出現甘粛省

    甘粛祁連山国家級自然保護区に設置された赤外線カメラが捉えたユキヒョウ。(2018年9月26日撮影)初秋を迎えた中国甘粛省張掖(ちょうえき)市の粛南ユグル族自治県には、山々と草原が織りなす美しい風景が広がっている。同県は甘粛祁連山(きれんざん)国家級自然保護区の重要な構成部分で、保護区の面積の約6割を占める。近年、生態系の修復を経て、祁連山の植生は順調に回復し、同地の生態環境は持続的に好転。これまで見つけることが難しかった希少種が頻繁に姿を現すようになった。2017年から2019年までの調査結果によると、同保護区にある保護ステーション22カ所のうちの15カ所でユキヒョウが発見され、その個体数は350~500頭だった。チベットノロバ、クチジロジカ、ヤマジャコウジカ、バーラルなどの大型野生動物の個体数が大幅に増加し、キジシャコ、アオミミキジなどの希少鳥類の個体数も順調に回復している。保護区では新たにニシアカアシチョウゲンボウやチベットスナギツネなどの国家2級保護野生動物が発見された。(張掖=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年8月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021081903603

  • 2021年08月18日
    (9)祁連山の生態環境が好転、希少動物も頻繁に出現甘粛省

    11日、粛南ユグル族自治県にある祁連山の麓に広がる風景。初秋を迎えた中国甘粛省張掖(ちょうえき)市の粛南ユグル族自治県には、山々と草原が織りなす美しい風景が広がっている。同県は甘粛祁連山(きれんざん)国家級自然保護区の重要な構成部分で、保護区の面積の約6割を占める。近年、生態系の修復を経て、祁連山の植生は順調に回復し、同地の生態環境は持続的に好転。これまで見つけることが難しかった希少種が頻繁に姿を現すようになった。2017年から2019年までの調査結果によると、同保護区にある保護ステーション22カ所のうちの15カ所でユキヒョウが発見され、その個体数は350~500頭だった。チベットノロバ、クチジロジカ、ヤマジャコウジカ、バーラルなどの大型野生動物の個体数が大幅に増加し、キジシャコ、アオミミキジなどの希少鳥類の個体数も順調に回復している。保護区では新たにニシアカアシチョウゲンボウやチベットスナギツネなどの国家2級保護野生動物が発見された。(張掖=新華社記者/王博)= 配信日: 2021(令和3)年8月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021081903582

  • 00:59.73
    2021年08月18日
    「新華社」祁連山の生態環境が好転、希少動物も頻繁に出現甘粛省

    初秋を迎えた中国甘粛省張掖(ちょうえき)市の粛南ユグル族自治県には、山々と草原が織りなす美しい風景が広がっている。同県は甘粛祁連山(きれんざん)国家級自然保護区の重要な構成部分で、保護区の面積の約6割を占める。近年、生態系の修復を経て、祁連山の植生は順調に回復し、同地の生態環境は持続的に好転。これまで見つけることが難しかった希少種が頻繁に姿を現すようになった。2017年から2019年までの調査結果によると、同保護区にある保護ステーション22カ所のうちの15カ所でユキヒョウが発見され、その個体数は350~500頭だった。チベットノロバ、クチジロジカ、ヤマジャコウジカ、バーラルなどの大型野生動物の個体数が大幅に増加し、キジシャコ、アオミミキジなどの希少鳥類の個体数も順調に回復している。保護区では新たにニシアカアシチョウゲンボウやチベットスナギツネなどの国家2級保護野生動物が発見された。(記者/范培珅、王博) =配信日: 2021(令和3)年8月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021081903574

  • 2021年08月18日
    (5)祁連山の生態環境が好転、希少動物も頻繁に出現甘粛省

    甘粛祁連山国家級自然保護区に設置された赤外線カメラが捉えたユキヒョウ。(2019年8月14日撮影)初秋を迎えた中国甘粛省張掖(ちょうえき)市の粛南ユグル族自治県には、山々と草原が織りなす美しい風景が広がっている。同県は甘粛祁連山(きれんざん)国家級自然保護区の重要な構成部分で、保護区の面積の約6割を占める。近年、生態系の修復を経て、祁連山の植生は順調に回復し、同地の生態環境は持続的に好転。これまで見つけることが難しかった希少種が頻繁に姿を現すようになった。2017年から2019年までの調査結果によると、同保護区にある保護ステーション22カ所のうちの15カ所でユキヒョウが発見され、その個体数は350~500頭だった。チベットノロバ、クチジロジカ、ヤマジャコウジカ、バーラルなどの大型野生動物の個体数が大幅に増加し、キジシャコ、アオミミキジなどの希少鳥類の個体数も順調に回復している。保護区では新たにニシアカアシチョウゲンボウやチベットスナギツネなどの国家2級保護野生動物が発見された。(張掖=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年8月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021081903599

  • 2021年08月18日
    (4)祁連山の生態環境が好転、希少動物も頻繁に出現甘粛省

    甘粛祁連山国家級自然保護区に設置された赤外線カメラが捉えたユキヒョウ。(2019年7月20日撮影)初秋を迎えた中国甘粛省張掖(ちょうえき)市の粛南ユグル族自治県には、山々と草原が織りなす美しい風景が広がっている。同県は甘粛祁連山(きれんざん)国家級自然保護区の重要な構成部分で、保護区の面積の約6割を占める。近年、生態系の修復を経て、祁連山の植生は順調に回復し、同地の生態環境は持続的に好転。これまで見つけることが難しかった希少種が頻繁に姿を現すようになった。2017年から2019年までの調査結果によると、同保護区にある保護ステーション22カ所のうちの15カ所でユキヒョウが発見され、その個体数は350~500頭だった。チベットノロバ、クチジロジカ、ヤマジャコウジカ、バーラルなどの大型野生動物の個体数が大幅に増加し、キジシャコ、アオミミキジなどの希少鳥類の個体数も順調に回復している。保護区では新たにニシアカアシチョウゲンボウやチベットスナギツネなどの国家2級保護野生動物が発見された。(張掖=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年8月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021081903588

  • 1