KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • キジ
  • 記者
  • 令和
  • 全長
  • オリーブ色
  • ニワトリ
  • ハッカン
  • 仲間
  • 場所
  • 常緑広葉樹林

「キジ科」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
18
( 1 18 件を表示)
  • 1
18
( 1 18 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2018年04月19日
    岡山県内 カメラ探訪 キジ

    日本の国鳥「キジ」。本州、四国、九州に留鳥として生息し、岡山県鳥でもある。キジ科。全長は雄80センチ、雌60センチ。雌は茶褐色で尾は短い。一万円札の絵柄にも使われていた。=2018(平成30)年4月19日、岡山県内、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062509999

  • 00:59.00
    2019年12月05日
    「新華社」雪の中に舞う「鳳凰」河南省三門峡市

    中国河南省三門峡市の甘山国家森林公園で、キジ科の鳥類キンケイが降り続く雪の中で戯れたり、餌を探したりする光景が見られ、鮮やかな色のキンケイと銀世界のコントラストが独特な風景を作り出した。(記者/張彩霞、楊静)<映像内容>甘山国家森林公園のキンケイの様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120604633

  • 00:18.94
    2020年04月16日
    「新華社」国家1級重点保護動物カラヤマドリを確認江西省靖安県

    中国江西省宜春市靖安県の九嶺山国家級自然保護区でこのほど、カラヤマドリの姿がカメラに捉えられた。璪都(そうと)保護管理ステーションの職員が赤外線カメラのデータを確認した際に発見した。カラヤマドリは中国にのみ生息するキジ科ヤマドリ属の鳥。臆病で警戒心が強く、雄は色鮮やかな羽を持つ。中国の国家1級重点保護野生動物、国家1級保護鳥類に指定されている。(記者/周密)<映像内容>野生のカラヤマドリの様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020042003740

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:50.21
    2021年01月21日
    「新華社」コモンシャコの養殖で貧困世帯の増収を後押し新疆ウイグル自治区

    中国新疆ウイグル自治区ホータン(和田)地区ホータン県朗如郷では3年前、以前は地元の人々になじみのなかったキジ科の鳥、コモンシャコの養殖を試験的に導入。現在では利益が目立ち始めており、養殖に従事する貧困世帯の増収につながっている。同郷では5162世帯のうち、約3千戸が養殖に従事し、200人が産業チェーンを通じ長期的に安定した仕事に就いている。貧困世帯1戸当たり千羽のコモンシャコを飼育しており、3カ月の収入は1万8千元(1元=約16円)に達するという。同地区農業主管部門の統計によると、合作社(協同組合)の現在の飼育羽数は10万羽、1日の産卵個数は4千個で、貧困世帯2千戸の収入増を後押ししている。(記者/張嘯誠) =配信日: 2021(令和3)年1月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021012200976

  • 01:01.46
    2021年03月25日
    「新華社」寛闊水国家級自然保護区に鳥類203種貴州省遵義市

    中国貴州省遵義市綏陽(すいよう)県の寛闊水国家級自然保護区では、生息する鳥類が2010年の171種から増加し、現在では203種となった。中でもチメドリ科やキジ科の鳥の存在が特徴となっている。同保護区は面積2万ヘクタール余り。中国で最もよく保護されたテリハブナ林など、北緯28度に生育する広葉樹の原生林を有する。(記者/劉勤兵) =配信日: 2021(令和3)年3月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021032503937

  • 2021年05月03日
    「山の白き隠者」ハッカンが姿現す福建省福州市

    3日、福州市の金鶏山公園で餌を探す雌のハッカン。中国福建省福州市はここ数年、都市緑化率が向上し、生態環境が改善し続けている。市内の山に作られた福州国家森林公園や金鶏山公園、金牛山公園などの公園では、国家2級保護動物のハッカンをはじめ、さまざまな希少な鳥の姿を目にするようになった。ハッカンはキジ目キジ科に属し、大型のニワトリの仲間に含まれる。雄は全長100~119センチ、背側が白で腹側が黒い羽に覆われている。雌は58~67センチで、全身がオリーブ色がかった褐色をしている。樹木が密集した場所や樹下の植生がまばらな常緑広葉樹林、谷間の森林に生息する。(福州=新華社記者/魏培全)=2021(令和3)年5月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021051212105

  • 2021年05月03日
    「山の白き隠者」ハッカンが姿現す福建省福州市

    3日、福州市の金鶏山公園で餌を探す雌のハッカン。中国福建省福州市はここ数年、都市緑化率が向上し、生態環境が改善し続けている。市内の山に作られた福州国家森林公園や金鶏山公園、金牛山公園などの公園では、国家2級保護動物のハッカンをはじめ、さまざまな希少な鳥の姿を目にするようになった。ハッカンはキジ目キジ科に属し、大型のニワトリの仲間に含まれる。雄は全長100~119センチ、背側が白で腹側が黒い羽に覆われている。雌は58~67センチで、全身がオリーブ色がかった褐色をしている。樹木が密集した場所や樹下の植生がまばらな常緑広葉樹林、谷間の森林に生息する。(福州=新華社記者/魏培全)=2021(令和3)年5月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021051212104

  • 2021年05月03日
    「山の白き隠者」ハッカンが姿現す福建省福州市

    3日、福州市の金鶏山公園の山の中腹でけんかする雄のハッカン。中国福建省福州市はここ数年、都市緑化率が向上し、生態環境が改善し続けている。市内の山に作られた福州国家森林公園や金鶏山公園、金牛山公園などの公園では、国家2級保護動物のハッカンをはじめ、さまざまな希少な鳥の姿を目にするようになった。ハッカンはキジ目キジ科に属し、大型のニワトリの仲間に含まれる。雄は全長100~119センチ、背側が白で腹側が黒い羽に覆われている。雌は58~67センチで、全身がオリーブ色がかった褐色をしている。樹木が密集した場所や樹下の植生がまばらな常緑広葉樹林、谷間の森林に生息する。(福州=新華社記者/魏培全)=2021(令和3)年5月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021051212016

  • 2021年05月03日
    「山の白き隠者」ハッカンが姿現す福建省福州市

    3日、福州市の金鶏山公園で餌を探す雄のハッカン。中国福建省福州市はここ数年、都市緑化率が向上し、生態環境が改善し続けている。市内の山に作られた福州国家森林公園や金鶏山公園、金牛山公園などの公園では、国家2級保護動物のハッカンをはじめ、さまざまな希少な鳥の姿を目にするようになった。ハッカンはキジ目キジ科に属し、大型のニワトリの仲間に含まれる。雄は全長100~119センチ、背側が白で腹側が黒い羽に覆われている。雌は58~67センチで、全身がオリーブ色がかった褐色をしている。樹木が密集した場所や樹下の植生がまばらな常緑広葉樹林、谷間の森林に生息する。(福州=新華社記者/魏培全)=2021(令和3)年5月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021051212001

  • 2021年05月03日
    「山の白き隠者」ハッカンが姿現す福建省福州市

    3日、福州市の金鶏山公園で餌を探す雌のハッカン。中国福建省福州市はここ数年、都市緑化率が向上し、生態環境が改善し続けている。市内の山に作られた福州国家森林公園や金鶏山公園、金牛山公園などの公園では、国家2級保護動物のハッカンをはじめ、さまざまな希少な鳥の姿を目にするようになった。ハッカンはキジ目キジ科に属し、大型のニワトリの仲間に含まれる。雄は全長100~119センチ、背側が白で腹側が黒い羽に覆われている。雌は58~67センチで、全身がオリーブ色がかった褐色をしている。樹木が密集した場所や樹下の植生がまばらな常緑広葉樹林、谷間の森林に生息する。(福州=新華社記者/魏培全)=2021(令和3)年5月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021051212107

  • 2021年05月03日
    「山の白き隠者」ハッカンが姿現す福建省福州市

    3日、福州市の金鶏山公園の山の中腹でけんかする雄のハッカン。中国福建省福州市はここ数年、都市緑化率が向上し、生態環境が改善し続けている。市内の山に作られた福州国家森林公園や金鶏山公園、金牛山公園などの公園では、国家2級保護動物のハッカンをはじめ、さまざまな希少な鳥の姿を目にするようになった。ハッカンはキジ目キジ科に属し、大型のニワトリの仲間に含まれる。雄は全長100~119センチ、背側が白で腹側が黒い羽に覆われている。雌は58~67センチで、全身がオリーブ色がかった褐色をしている。樹木が密集した場所や樹下の植生がまばらな常緑広葉樹林、谷間の森林に生息する。(福州=新華社記者/魏培全)=2021(令和3)年5月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021051212114

  • 2021年05月03日
    「山の白き隠者」ハッカンが姿現す福建省福州市

    3日、福州市の金鶏山公園で餌を探す雄のハッカン。中国福建省福州市はここ数年、都市緑化率が向上し、生態環境が改善し続けている。市内の山に作られた福州国家森林公園や金鶏山公園、金牛山公園などの公園では、国家2級保護動物のハッカンをはじめ、さまざまな希少な鳥の姿を目にするようになった。ハッカンはキジ目キジ科に属し、大型のニワトリの仲間に含まれる。雄は全長100~119センチ、背側が白で腹側が黒い羽に覆われている。雌は58~67センチで、全身がオリーブ色がかった褐色をしている。樹木が密集した場所や樹下の植生がまばらな常緑広葉樹林、谷間の森林に生息する。(福州=新華社記者/魏培全)=2021(令和3)年5月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021051212008

  • 2021年05月04日
    (2)「山の白き隠者」ハッカンが姿現す福建省福州市

    3日、福州市の金鶏山公園の山の中腹でけんかする雄のハッカン。中国福建省福州市はここ数年、都市緑化率が向上し、生態環境が改善し続けている。市内の山に作られた福州国家森林公園や金鶏山公園、金牛山公園などの公園では、国家2級保護動物のハッカンをはじめ、さまざまな希少な鳥の姿を目にするようになった。ハッカンはキジ目キジ科に属し、大型のニワトリの仲間に含まれる。雄は全長100~119センチ、背側が白で腹側が黒い羽に覆われている。雌は58~67センチで、全身がオリーブ色がかった褐色をしている。樹木が密集した場所や樹下の植生がまばらな常緑広葉樹林、谷間の森林に生息する。(福州=新華社記者/魏培全)= 配信日: 2021(令和3)年5月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021050405863

  • 2021年05月04日
    (1)「山の白き隠者」ハッカンが姿現す福建省福州市

    3日、福州市の金鶏山公園で餌を探す雄のハッカン。中国福建省福州市はここ数年、都市緑化率が向上し、生態環境が改善し続けている。市内の山に作られた福州国家森林公園や金鶏山公園、金牛山公園などの公園では、国家2級保護動物のハッカンをはじめ、さまざまな希少な鳥の姿を目にするようになった。ハッカンはキジ目キジ科に属し、大型のニワトリの仲間に含まれる。雄は全長100~119センチ、背側が白で腹側が黒い羽に覆われている。雌は58~67センチで、全身がオリーブ色がかった褐色をしている。樹木が密集した場所や樹下の植生がまばらな常緑広葉樹林、谷間の森林に生息する。(福州=新華社記者/魏培全)= 配信日: 2021(令和3)年5月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021050405861

  • 2021年05月04日
    (3)「山の白き隠者」ハッカンが姿現す福建省福州市

    3日、福州市の金鶏山公園で餌を探す雌のハッカン。中国福建省福州市はここ数年、都市緑化率が向上し、生態環境が改善し続けている。市内の山に作られた福州国家森林公園や金鶏山公園、金牛山公園などの公園では、国家2級保護動物のハッカンをはじめ、さまざまな希少な鳥の姿を目にするようになった。ハッカンはキジ目キジ科に属し、大型のニワトリの仲間に含まれる。雄は全長100~119センチ、背側が白で腹側が黒い羽に覆われている。雌は58~67センチで、全身がオリーブ色がかった褐色をしている。樹木が密集した場所や樹下の植生がまばらな常緑広葉樹林、谷間の森林に生息する。(福州=新華社記者/魏培全)= 配信日: 2021(令和3)年5月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021050405862

  • 2021年05月04日
    (5)「山の白き隠者」ハッカンが姿現す福建省福州市

    3日、福州市の金鶏山公園で餌を探す雄のハッカン。中国福建省福州市はここ数年、都市緑化率が向上し、生態環境が改善し続けている。市内の山に作られた福州国家森林公園や金鶏山公園、金牛山公園などの公園では、国家2級保護動物のハッカンをはじめ、さまざまな希少な鳥の姿を目にするようになった。ハッカンはキジ目キジ科に属し、大型のニワトリの仲間に含まれる。雄は全長100~119センチ、背側が白で腹側が黒い羽に覆われている。雌は58~67センチで、全身がオリーブ色がかった褐色をしている。樹木が密集した場所や樹下の植生がまばらな常緑広葉樹林、谷間の森林に生息する。(福州=新華社記者/魏培全)= 配信日: 2021(令和3)年5月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021050405865

  • 2021年05月04日
    (4)「山の白き隠者」ハッカンが姿現す福建省福州市

    3日、福州市の金鶏山公園の山の中腹でけんかする雄のハッカン。中国福建省福州市はここ数年、都市緑化率が向上し、生態環境が改善し続けている。市内の山に作られた福州国家森林公園や金鶏山公園、金牛山公園などの公園では、国家2級保護動物のハッカンをはじめ、さまざまな希少な鳥の姿を目にするようになった。ハッカンはキジ目キジ科に属し、大型のニワトリの仲間に含まれる。雄は全長100~119センチ、背側が白で腹側が黒い羽に覆われている。雌は58~67センチで、全身がオリーブ色がかった褐色をしている。樹木が密集した場所や樹下の植生がまばらな常緑広葉樹林、谷間の森林に生息する。(福州=新華社記者/魏培全)= 配信日: 2021(令和3)年5月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021050405864

  • 00:46.92
    2021年09月09日
    「新華社」希少鳥類カラヤマドリの撮影に成功江西省武寧県

    中国江西省北部の九江市武寧県にある伊山自然保護区でこのほど、カメラマンが餌をついばむ複数のカラヤマドリの撮影に成功した。カラヤマドリはキジ科の鳥で、中国の固有種。個体数が極めて少なく、国家1級保護動物に指定されている。全身が色鮮やかな羽毛で覆われ、首と腹部は白く、長い尾羽を持つ。主に長江以南の江西省や安徽省南部、浙江省西部などの山林に生息し、植物の茎や葉、果実、昆虫などを食べる。(記者/余剛) =配信日: 2021(令和3)年9月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021091000160

  • 1