KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • きた
  • 令和
  • 生活
  • 自宅
  • リーゼント
  • 世帯
  • 北九州市
  • 女性
  • 子ども
  • 山田恵一

「キタカラ」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
24
( 1 24 件を表示)
  • 1
24
( 1 24 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • -
    The raven who brought bread to St. Anthony and St. Paul of Thebes. Saint Anthony or Antony, 251 – 356.

    The raven who brought bread to St. Anthony and St. Paul of Thebes. Saint Anthony or Antony, 251 – 356. Christian monk from Egypt. St. Paul of Thebes, aka Paul, the First Hermit or St. Paul the Anchorite, c. 226/7-c. 341. The first Christian hermit. .、クレジット:Hilary Jane Morgan/Universal Images Group/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。広告、プロモーション、商業目的での利用に関してはお問合せください。

    商品コード: 2021040611027

  • 1962年04月17日
    カラフト犬も帰る

    南極から帰ってきたカラフト犬のハチとゴン=1962(昭和37)年4月17日、北大植物園

    商品コード: 2011120100116

  • 1992年02月25日
    平壌にカラオケが初登場

    このほど平壌に初めてできたカラオケ・スナック=1992(平成4)年頃、北朝鮮・平壌(共同)

    商品コード: 2017022700178

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1996年08月19日
    兵士を激励する国王 不満くすぶるヨルダン

    17日、暴動の起きたカラクを訪問、治安維持に当たる兵士を激励するヨルダンのフセイン国王(ロイター=共同)

    商品コード: 1996081900059

  • 2002年05月21日
    満足できたから

    退団を表明した紺野まひる=兵庫県宝塚市の宝塚歌劇団

    商品コード: 2002052100116

  • 2002年07月01日
    伝説のギター、チャキ再び

    「憂歌団を長く続けてこれたのは、若者特有の熱とソウルをずっとキープできたから」と話す内田勘太郎=東京・虎ノ門の共同通信社

    商品コード: 2002070100083

  • 2003年04月25日
    消えない恐怖とトラウマ

    沖縄県糸満市・平和祈念資料館の展示写真。写っているのは、1945年6月、沖縄本島南部で右足に負傷し捕虜となった賀数義弘さん(当時11歳)。彼のつく大きなつえは、両端に荷物を下げるてんびん棒。棒の片側にもっこでつるされ、傍らの父の肩に担がれていたが「そろそろ足も治ってきたから歩け」と言われ、戦後の第一歩を踏み出した

    商品コード: 2003042500219

  • 2005年01月17日
    情熱的な初役に強い意欲

    「イタリアには『食べて、歌って、愛して』という言葉があるけれど、その中でもやっぱり『愛』が一番。ダイエットも重要だし、歌ももう結構歌ってきたからね」と話すサッバティーニ=東京都港区のサントリーホール

    商品コード: 2005011700158

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2011年07月21日
    高倉地区に暮らす女性 新たに59世帯へ避難勧奨

    福島県南相馬市高倉地区。女性は自宅の庭で「少しでもここに居たい。何十年もここで生活を築いてきたから」と特定避難勧奨地点に指定されたとしても避難すべきか迷っていた=21日

    商品コード: 2011072100364

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2011年07月21日
    高倉地区に暮らす女性 新たに59世帯へ避難勧奨

    福島県南相馬市高倉地区。女性は自宅の庭で「少しでもここに居たい。何十年もここで生活を築いてきたから」と特定避難勧奨地点に指定されたとしても避難すべきか迷っていた=21日

    商品コード: 2011072100430

  • 2013年05月16日
    バンコク、仏門に入る小学生 つるつる頭で禁欲生活

    つるつる頭にそり落とし、お寺で厳しい修行を始めたバンコクの小学3年生コムサーン君。いつもネットカフェでゲームに夢中だったが、寺ではオンラインから切り離された禁欲生活。食事は午前中のみ。昼から翌朝まで飲み物だけ。早朝からお経を読み托鉢(たくはつ)もする。夏休みに親と離れて仏門に入る子どもは多い。タイで男性は一生に一度は出家するものとされてきたからだ。「落ち着かない性格だけど、しっかりした子になって」とお母さんが期待している。(撮影・浮ケ谷泰、共同)

    商品コード: 2013051600439

  • 2014年09月18日
    8月16日、85歳で死去 木田元さん

    自宅近くの公園で取材に応じる木田元さん。「好きな本を読み、好きなことを書いてきたから、割にいい人生かな」と笑った=2013年9月、千葉県船橋市

    商品コード: 2014091800351

  • 2016年08月11日
    日中国旗にはさまれて

    中国を応援してるのに、なんで日本の国旗が出てくるの? 日本が体操男子団体で優勝し、表彰式で日の丸が揚がってきたからでした。中国は3位でした=8日、リオデジャネイロ(共同)

    商品コード: 2016081100955

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2016年09月03日
    自衛隊員と住民 台風で北海道と東北に被害

    孤立状態が続く集落にヘリで運んだ物資を届ける自衛隊員。作業を見守っていた大下ノブさん(左奥)は「家にあるものでしのいできたから」とほっとした表情を見せた=3日午後、岩手県岩泉町

    商品コード: 2016090300542

  • 2017年09月01日
    がんと闘いながら歌う人生

    「病院の先生が『今まで乗り越えてきたから大丈夫』とリサイタル開催へ背中を押してくれた」と話す白石敬子

    商品コード: 2017090100257

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年03月10日
    海を見つめる瀬川さん きょう東日本大震災7年

    自分の船から海を見つめる漁師の瀬川孝司さん。津波に襲われながらも防潮堤の手すりにしがみついて生き延びた。周囲は内陸に移った人も多いが、「死ぬまでここにいるよ。海に生かされてきたからね」と話した=10日午後、岩手県山田町

    商品コード: 2018031000931

  • 2018年03月29日
    石川文洋さん 「再び歩く」懸命リハビリ

    心筋梗塞を起こした後も歩行リハビリは欠かさない。「子どもの頃から新聞配達で毎日歩いてきたから大丈夫」と話す石川文洋さん=長野県諏訪市

    商品コード: 2018032900212

  • 2018年09月19日
    Major fire destroys roof truss of Rottenbuch

    19 September 2018, Bavaria, Rottenbuch: Small flames strike from the burnt out roof truss of Rottenbuch monastery after the fire has kindled itself again. After a fire at night in the roof truss of the historic Rottenbuch monastery, experts assume damage in the millions. Photo: Matthias Balk/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018092019387

  • 2020年02月26日
    引退の獣神サンダー・ライガーさん 「レスラー人生悔いなし」

    「レスラーとして、大事な『闘魂』を継承できたから、新日本プロレスを守ることができた」と振り返る獣神サンダー・ライガーさん=2020(令和2)年2月26日、高知新聞社 、クレジット:高知新聞社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090201255

  • 2020年02月26日
    引退の獣神サンダー・ライガーさん 「レスラー人生悔いなし」

    「レスラーとして、大事な『闘魂』を継承できたから、新日本プロレスを守ることができた」と振り返る獣神サンダー・ライガーさん=2020(令和2)年2月26日、高知新聞社 、クレジット:高知新聞社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020091501469

  • 2020年07月31日
    岡山県の西大寺高校の水川晴奈(剣道)

    思いを込めた一本を打ち込む水川晴奈=岡山市の西大寺武道館。インターハイの男女団体、個人で計7度の日本一を誇る剣道の名門・岡山県の西大寺高校。女子主将の水川晴奈(3年)は逆境を乗り越えてきたからこそ、今年のコロナ禍にも「立ち向かえる」と言う。=2020(令和2)年7月31日、岡山市、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081300076

  • 2021年01月10日
    北九州市の新成人 リーゼントは今日で終わり

    派手なファッションで祝う人が多いことで知られる北九州市の成人式が10日開かれた。新型コロナウイルス感染予防のため、式は午前と午後の2部制で行われ、小雪がちらつく中、新成人たちは門出を祝った。仲間とおそろいのマスク姿で参加した土木業の安藤友佑さん(20、右)は、「これからは親孝行。いままでたくさん迷惑をかけてきたから。コロナの影響で成人式ができない人たちの分まで、今日という日の重みを感じて生きていきたい」と話した。

    商品コード: 2021011000379

  • 2021年01月10日
    北九州市の新成人 リーゼントは今日で終わり

    派手なファッションで祝う人が多いことで知られる北九州市の成人式が10日開かれた。新型コロナウイルス感染予防のため、式は午前と午後の2部制で行われ、小雪が降る中、新成人たちは門出を祝った。ともに20歳で整備関係で働く山崎聖斗さん(左)と川上大輝さんは、「コロナの影響で開催が危ぶまれたけど、やれてよかった。この日のために頑張ってきたから。リーゼントは今日のうちに切ります。明日からは気持ちを切り替えて、仕事をさらに一生懸命やっていきたい」と力強く話した。

    商品コード: 2021011000395

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2022年03月17日
    広島の被爆者の男性 軍事侵攻、人ごとでない

    広島市の佐久間邦彦さん(77)。生後9カ月で被爆し、現在、広島県原爆被害者団体協議会理事長を務める。ロシアのプーチン大統領が核兵器の使用を示唆したことに対して「私たち被爆者の思いを踏みにじった」と憤る。1945年、広島と長崎に原爆が落とされた日本は、唯一の戦争被爆国。「核なき世界を一人一人が訴えてきたから、朝鮮戦争やキューバ危機も乗り越えてきた。今回も核兵器の非人道性を訴え続けていく」=広島市中区

    商品コード: 2022031707635

  • 1