KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • つがい
  • ニュージーランド南島
  • 一種
  • 亜種
  • 人間
  • 動物
  • 危機
  • 営巣
  • 増加
  • 存在

「キタシロアホウドリ」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
10
( 1 10 件を表示)
  • 1
10
( 1 10 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  •  アホウドリの楽園NZの南島タイアロア岬を訪ねて
    2019年01月24日
    アホウドリの楽園NZの南島タイアロア岬を訪ねて

    写真はニュージーランドの南島ダニーデン郊外のタイアロア岬にあるアホウドリの保護区で、今年初めて誕生したひな。(資料写真)アホウドリの亜種は世界に22種類存在する。ニュージーランド南島に生息するアホウドリは「キタシロアホウドリ」(NorthernRoyalAlbatross)と呼ばれる亜種の一種。海洋汚染や水産資源の減少、人間の活動などにより、世界中のアホウドリは絶滅の危機に瀕している。ニュージーランドの南島ダニーデン郊外のタイアロア岬にあるアホウドリの営巣地では、1920年に最初のアホウドリのつがいがここで産卵してから100年近くにわたり、毎年100羽ほど(40組余り)がここへ戻ってきて産卵し、ひなを育ててきた。アホウドリの数は極めてゆっくり増加しているという。(ダニーデン=新華社配信/ロイヤル・アルバトロス・センター提供)=2019(平成31)年1月24日、クレジット:ロイヤル・アルバトロス・センター/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019030605653

  •  アホウドリの楽園NZの南島タイアロア岬を訪ねて
    2019年02月24日
    アホウドリの楽園NZの南島タイアロア岬を訪ねて

    2月24日、ニュージーランドの南島ダニーデン郊外のタイアロア岬にあるアホウドリの営巣地で、つがいのうちの1羽は餌を捕って巣に戻り、もう1羽はその横でひなを育てている。(ひなのほとんどは小さく、草で隠れている)アホウドリの亜種は世界に22種類存在する。ニュージーランド南島に生息するアホウドリは「キタシロアホウドリ」(NorthernRoyalAlbatross)と呼ばれる亜種の一種。海洋汚染や水産資源の減少、人間の活動などにより、世界中のアホウドリは絶滅の危機に瀕している。ニュージーランドの南島ダニーデン郊外のタイアロア岬にあるアホウドリの営巣地では、1920年に最初のアホウドリのつがいがここで産卵してから100年近くにわたり、毎年100羽ほど(40組余り)がここへ戻ってきて産卵し、ひなを育ててきた。アホウドリの数は極めてゆっくり増加しているという。(ダニーデン=新華社記者/郭磊)=2019(平成31)年2月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019030605651

  •  アホウドリの楽園NZの南島タイアロア岬を訪ねて
    2019年02月24日
    アホウドリの楽園NZの南島タイアロア岬を訪ねて

    2月24日、ニュージーランドの南島ダニーデン郊外のタイアロア岬にあるアホウドリの営巣地で、巣に戻ってきたアホウドリの成鳥。アホウドリの亜種は世界に22種類存在する。ニュージーランド南島に生息するアホウドリは「キタシロアホウドリ」(NorthernRoyalAlbatross)と呼ばれる亜種の一種。海洋汚染や水産資源の減少、人間の活動などにより、世界中のアホウドリは絶滅の危機に瀕している。ニュージーランドの南島ダニーデン郊外のタイアロア岬にあるアホウドリの営巣地では、1920年に最初のアホウドリのつがいがここで産卵してから100年近くにわたり、毎年100羽ほど(40組余り)がここへ戻ってきて産卵し、ひなを育ててきた。アホウドリの数は極めてゆっくり増加しているという。(ダニーデン=新華社記者/郭磊)=2019(平成31)年2月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019030605695

  •  アホウドリの楽園NZの南島タイアロア岬を訪ねて
    2019年02月24日
    アホウドリの楽園NZの南島タイアロア岬を訪ねて

    2月24日、ニュージーランドの南島ダニーデン郊外のタイアロア岬にあるアホウドリの営巣地で、たわむれるアホウドリの成鳥。アホウドリの亜種は世界に22種類存在する。ニュージーランド南島に生息するアホウドリは「キタシロアホウドリ」(NorthernRoyalAlbatross)と呼ばれる亜種の一種。海洋汚染や水産資源の減少、人間の活動などにより、世界中のアホウドリは絶滅の危機に瀕している。ニュージーランドの南島ダニーデン郊外のタイアロア岬にあるアホウドリの営巣地では、1920年に最初のアホウドリのつがいがここで産卵してから100年近くにわたり、毎年100羽ほど(40組余り)がここへ戻ってきて産卵し、ひなを育ててきた。アホウドリの数は極めてゆっくり増加しているという。(ダニーデン=新華社記者/郭磊)=2019(平成31)年2月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019030605694

  •  アホウドリの楽園NZの南島タイアロア岬を訪ねて
    2019年02月24日
    アホウドリの楽園NZの南島タイアロア岬を訪ねて

    2月24日、ニュージーランドの南島ダニーデン郊外のタイアロア岬にあるアホウドリの営巣地上空を舞うアホウドリの成鳥。アホウドリの亜種は世界に22種類存在する。ニュージーランド南島に生息するアホウドリは「キタシロアホウドリ」(NorthernRoyalAlbatross)と呼ばれる亜種の一種。海洋汚染や水産資源の減少、人間の活動などにより、世界中のアホウドリは絶滅の危機に瀕している。ニュージーランドの南島ダニーデン郊外のタイアロア岬にあるアホウドリの営巣地では、1920年に最初のアホウドリのつがいがここで産卵してから100年近くにわたり、毎年100羽ほど(40組余り)がここへ戻ってきて産卵し、ひなを育ててきた。アホウドリの数は極めてゆっくり増加しているという。(ダニーデン=新華社記者/郭磊)=2019(平成31)年2月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019030605679

  •  アホウドリの楽園NZの南島タイアロア岬を訪ねて
    2019年02月24日
    アホウドリの楽園NZの南島タイアロア岬を訪ねて

    2月24日、ニュージーランドの南島ダニーデン郊外のタイアロア岬にあるアホウドリの営巣地で、たわむれる3羽のアホウドリ一家。アホウドリの亜種は世界に22種類存在する。ニュージーランド南島に生息するアホウドリは「キタシロアホウドリ」(NorthernRoyalAlbatross)と呼ばれる亜種の一種。海洋汚染や水産資源の減少、人間の活動などにより、世界中のアホウドリは絶滅の危機に瀕している。ニュージーランドの南島ダニーデン郊外(オタゴ半島)のタイアロア岬にあるアホウドリの営巣地では、1920年に最初のアホウドリのつがいがここで産卵してから100年近くにわたり、毎年100羽ほど(40組余り)がここへ戻ってきて産卵し、ひなを育ててきた。アホウドリの数は極めてゆっくり増加しているという。(ダニーデン=新華社記者/郭磊)=2019(平成31)年2月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019030605691

  •  アホウドリの楽園NZの南島タイアロア岬を訪ねて
    2019年02月24日
    アホウドリの楽園NZの南島タイアロア岬を訪ねて

    2月24日に撮影したニュージーランドの南島ダニーデン郊外のタイアロア岬にあるアホウドリの営巣地の一角。アホウドリの亜種は世界に22種類存在する。ニュージーランド南島に生息するアホウドリは「キタシロアホウドリ」(NorthernRoyalAlbatross)と呼ばれる亜種の一種で。海洋汚染や水産資源の減少、人間の活動などにより、世界中のアホウドリは絶滅の危機に瀕している。ニュージーランドの南島ダニーデン郊外のタイアロア岬にあるアホウドリの営巣地では、1920年に最初のアホウドリのつがいがここで産卵してから100年近くにわたり、毎年100羽ほど(40組余り)がここへ戻ってきて産卵し、ひなを育ててきた。アホウドリの数は極めてゆっくり増加しているという。(ダニーデン=新華社記者/郭磊)=2019(平成31)年2月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019030605693

  •  アホウドリの楽園NZの南島タイアロア岬を訪ねて
    2019年02月24日
    アホウドリの楽園NZの南島タイアロア岬を訪ねて

    2月24日、ニュージーランドの南島ダニーデン郊外のタイアロア岬にあるアホウドリの営巣地上空を舞うアホウドリの成鳥。アホウドリの亜種は世界に22種類存在する。ニュージーランド南島に生息するアホウドリは「キタシロアホウドリ」(NorthernRoyalAlbatross)と呼ばれる亜種の一種。海洋汚染や水産資源の減少、人間の活動などにより、世界中のアホウドリは絶滅の危機に瀕している。ニュージーランドの南島ダニーデン郊外のタイアロア岬にあるアホウドリの営巣地では、1920年に最初のアホウドリのつがいがここで産卵してから100年近くにわたり、毎年100羽ほど(40組余り)がここへ戻ってきて産卵し、ひなを育ててきた。アホウドリの数は極めてゆっくり増加しているという。(ダニーデン=新華社記者/郭磊)=2019(平成31)年2月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019030605685

  •  アホウドリの楽園NZの南島タイアロア岬を訪ねて
    2019年02月24日
    アホウドリの楽園NZの南島タイアロア岬を訪ねて

    2月24日、ニュージーランドの南島ダニーデン郊外のタイアロア岬にあるアホウドリの営巣地上空を舞うアホウドリの成鳥。アホウドリの亜種は世界に22種類存在する。ニュージーランド南島に生息するアホウドリは「キタシロアホウドリ」(NorthernRoyalAlbatross)と呼ばれる亜種の一種。海洋汚染や水産資源の減少、人間の活動などにより、世界中のアホウドリは絶滅の危機に瀕している。ニュージーランドの南島ダニーデン郊外のタイアロア岬にあるアホウドリの営巣地では、1920年に最初のアホウドリのつがいがここで産卵してから100年近くにわたり、毎年100羽ほど(40組余り)がここへ戻ってきて産卵し、ひなを育ててきた。アホウドリの数は極めてゆっくり増加しているという。(ダニーデン=新華社記者/郭磊)=2019(平成31)年2月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019030605698

  •  アホウドリの楽園NZの南島タイアロア岬を訪ねて
    2019年02月24日
    アホウドリの楽園NZの南島タイアロア岬を訪ねて

    2月24日、ニュージーランドの南島ダニーデン郊外のタイアロア岬にあるアホウドリの営巣地で、たわむれる3羽のアホウドリ一家。アホウドリの亜種は世界に22種類存在する。ニュージーランド南島に生息するアホウドリは「キタシロアホウドリ」(NorthernRoyalAlbatross)と呼ばれる亜種の一種。海洋汚染や水産資源の減少、人間の活動などにより、世界中のアホウドリは絶滅の危機に瀕している。ニュージーランドの南島ダニーデン郊外のタイアロア岬にあるアホウドリの営巣地では、1920年に最初のアホウドリのつがいがここで産卵してから100年近くにわたり、毎年100羽ほど(40組余り)がここへ戻ってきて産卵し、ひなを育ててきた。アホウドリの数は極めてゆっくり増加しているという。(ダニーデン=新華社記者/郭磊)=2019(平成31)年2月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019030605650

  • 1