KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 令和
  • 記者
  • しょう
  • ダイオウ
  • トウキ
  • トウジン
  • ムー
  • 収入
  • 環境
  • 発展

「キバナオウギ」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
11
( 1 11 件を表示)
  • 1
11
( 1 11 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2020年09月18日
    中医薬材料の栽培で貧困脱却を後押し甘粛省宕昌県

    18日、宕昌県の拉路梁中薬材標準化栽培モデル拠点で、中医薬の材料を収穫する村民。中国甘粛省隴南市宕昌(とうしょう)県では、古くからトウキやトウジン、キバナオウギ、ダイオウなど中医薬材料を栽培している。同県はここ数年、貧困世帯の安定的な増収を図るため、環境に配慮した中医薬材料の標準化生産拠点の建設推進に注力。今年の栽培面積は40万ムー(約2万6700ヘクタール)で、栽培農家1人当たりの収入が3100元(1元=約15円)以上に達する見込みとなった。地元の中医薬材料産業は、安定的な貧困脱却や農家の増収促進、県域経済の発展を支える主力産業となっている。(隴南=新華社記者/馬希平)=2020(令和2)年9月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020092505570

  • 2020年09月18日
    中医薬材料の栽培で貧困脱却を後押し甘粛省宕昌県

    18日、宕昌県哈達鋪鎮上竜布村の農豊特色農業農民専業合作社(協同組合)で、中医薬の材料を天日干しする村民。中国甘粛省隴南市宕昌(とうしょう)県では、古くからトウキやトウジン、キバナオウギ、ダイオウなど中医薬材料を栽培している。同県はここ数年、貧困世帯の安定的な増収を図るため、環境に配慮した中医薬材料の標準化生産拠点の建設推進に注力。今年の栽培面積は40万ムー(約2万6700ヘクタール)で、栽培農家1人当たりの収入が3100元(1元=約15円)以上に達する見込みとなった。地元の中医薬材料産業は、安定的な貧困脱却や農家の増収促進、県域経済の発展を支える主力産業となっている。(隴南=新華社記者/馬希平)=2020(令和2)年9月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020092505792

  • 2020年09月18日
    中医薬材料の栽培で貧困脱却を後押し甘粛省宕昌県

    18日、宕昌県哈達鋪鎮上竜布村の農豊特色農業農民専業合作社(協同組合)で、中医薬の材料を天日干しする村民。中国甘粛省隴南市宕昌(とうしょう)県では、古くからトウキやトウジン、キバナオウギ、ダイオウなど中医薬材料を栽培している。同県はここ数年、貧困世帯の安定的な増収を図るため、環境に配慮した中医薬材料の標準化生産拠点の建設推進に注力。今年の栽培面積は40万ムー(約2万6700ヘクタール)で、栽培農家1人当たりの収入が3100元(1元=約15円)以上に達する見込みとなった。地元の中医薬材料産業は、安定的な貧困脱却や農家の増収促進、県域経済の発展を支える主力産業となっている。(隴南=新華社記者/馬希平)=2020(令和2)年9月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020092505897

  • 2020年09月18日
    中医薬材料の栽培で貧困脱却を後押し甘粛省宕昌県

    18日、宕昌県の拉路梁中薬材標準化栽培モデル拠点で収穫したダイオウ。中国甘粛省隴南市宕昌(とうしょう)県では、古くからトウキやトウジン、キバナオウギ、ダイオウなど中医薬材料を栽培している。同県はここ数年、貧困世帯の安定的な増収を図るため、環境に配慮した中医薬材料の標準化生産拠点の建設推進に注力。今年の栽培面積は40万ムー(約2万6700ヘクタール)で、栽培農家1人当たりの収入が3100元(1元=約15円)以上に達する見込みとなった。地元の中医薬材料産業は、安定的な貧困脱却や農家の増収促進、県域経済の発展を支える主力産業となっている。(隴南=新華社記者/馬希平)=2020(令和2)年9月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020092505479

  • 2020年09月18日
    中医薬材料の栽培で貧困脱却を後押し甘粛省宕昌県

    18日、宕昌県哈達鋪鎮上竜布村の農豊特色農業農民専業合作社(協同組合)で、中医薬の材料を加工する村民。中国甘粛省隴南市宕昌(とうしょう)県では、古くからトウキやトウジン、キバナオウギ、ダイオウなど中医薬材料を栽培している。同県はここ数年、貧困世帯の安定的な増収を図るため、環境に配慮した中医薬材料の標準化生産拠点の建設推進に注力。今年の栽培面積は40万ムー(約2万6700ヘクタール)で、栽培農家1人当たりの収入が3100元(1元=約15円)以上に達する見込みとなった。地元の中医薬材料産業は、安定的な貧困脱却や農家の増収促進、県域経済の発展を支える主力産業となっている。(隴南=新華社記者/馬希平)=2020(令和2)年9月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020092505583

  • 2020年09月18日
    中医薬材料の栽培で貧困脱却を後押し甘粛省宕昌県

    18日、宕昌県の拉路梁中薬材標準化栽培モデル拠点で収穫したダイオウ。中国甘粛省隴南市宕昌(とうしょう)県では、古くからトウキやトウジン、キバナオウギ、ダイオウなど中医薬材料を栽培している。同県はここ数年、貧困世帯の安定的な増収を図るため、環境に配慮した中医薬材料の標準化生産拠点の建設推進に注力。今年の栽培面積は40万ムー(約2万6700ヘクタール)で、栽培農家1人当たりの収入が3100元(1元=約15円)以上に達する見込みとなった。地元の中医薬材料産業は、安定的な貧困脱却や農家の増収促進、県域経済の発展を支える主力産業となっている。(隴南=新華社記者/馬希平)=2020(令和2)年9月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020092505580

  • 2020年09月18日
    中医薬材料の栽培で貧困脱却を後押し甘粛省宕昌県

    18日、宕昌県の拉路梁中薬材標準化栽培モデル拠点で収穫する村民。中国甘粛省隴南市宕昌(とうしょう)県では、古くからトウキやトウジン、キバナオウギ、ダイオウなど中医薬材料を栽培している。同県はここ数年、貧困世帯の安定的な増収を図るため、環境に配慮した中医薬材料の標準化生産拠点の建設推進に注力。今年の栽培面積は40万ムー(約2万6700ヘクタール)で、栽培農家1人当たりの収入が3100元(1元=約15円)以上に達する見込みとなった。地元の中医薬材料産業は、安定的な貧困脱却や農家の増収促進、県域経済の発展を支える主力産業となっている。(隴南=新華社記者/馬希平)=2020(令和2)年9月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020092505728

  • 2020年09月18日
    中医薬材料の栽培で貧困脱却を後押し甘粛省宕昌県

    18日、宕昌県哈達鋪鎮上竜布村の農豊特色農業農民専業合作社(協同組合)で、中医薬の材料を天日干しする村民。中国甘粛省隴南市宕昌(とうしょう)県では、古くからトウキやトウジン、キバナオウギ、ダイオウなど中医薬材料を栽培している。同県はここ数年、貧困世帯の安定的な増収を図るため、環境に配慮した中医薬材料の標準化生産拠点の建設推進に注力。今年の栽培面積は40万ムー(約2万6700ヘクタール)で、栽培農家1人当たりの収入が3100元(1元=約15円)以上に達する見込みとなった。地元の中医薬材料産業は、安定的な貧困脱却や農家の増収促進、県域経済の発展を支える主力産業となっている。(隴南=新華社記者/馬希平)=2020(令和2)年9月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020092505731

  • 2020年09月18日
    中医薬材料の栽培で貧困脱却を後押し甘粛省宕昌県

    18日、宕昌県の拉路梁中薬材標準化栽培モデル拠点で、中医薬の材料を収穫する村民。中国甘粛省隴南市宕昌(とうしょう)県では、古くからトウキやトウジン、キバナオウギ、ダイオウなど中医薬材料を栽培している。同県はここ数年、貧困世帯の安定的な増収を図るため、環境に配慮した中医薬材料の標準化生産拠点の建設推進に注力。今年の栽培面積は40万ムー(約2万6700ヘクタール)で、栽培農家1人当たりの収入が3100元(1元=約15円)以上に達する見込みとなった。地元の中医薬材料産業は、安定的な貧困脱却や農家の増収促進、県域経済の発展を支える主力産業となっている。(隴南=新華社記者/馬希平)=2020(令和2)年9月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020092505910

  • 2021年08月09日
    (2)DNA技術による中医薬材料の遺伝子解析進む甘粛省

    3日、隴西薬圃園で栽培されているキバナオウギ。中国甘粛省は重要な中医薬材料の産地として知られている。同省の隴西薬圃園では、2014年から中医薬材料ジーンバンクの建設を計画。大量の資源を保存し、DNA抽出技術を応用して薬用植物の鑑別を行ってきた。これまでに薬草のDNAサンプル232点を抽出し、約30種の遺伝子解析を実施した。(蘭州=新華社記者/梁軍)= 配信日: 2021(令和3)年8月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021080908332

  • 2021年08月09日
    (1)DNA技術による中医薬材料の遺伝子解析進む甘粛省

    3日、甘粛省定西市隴西県にある隴西薬圃園の実験室で、キバナオウギの葉に液体を加え、分解する技術員。中国甘粛省は重要な中医薬材料の産地として知られている。同省の隴西薬圃園では、2014年から中医薬材料ジーンバンクの建設を計画。大量の資源を保存し、DNA抽出技術を応用して薬用植物の鑑別を行ってきた。これまでに薬草のDNAサンプル232点を抽出し、約30種の遺伝子解析を実施した。(蘭州=新華社記者/梁軍)= 配信日: 2021(令和3)年8月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021080908333

  • 1