KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • はるか
  • アウター
  • カットソー
  • シャツ
  • ストレッチ
  • ブラウス
  • ポリエステル
  • メンズ
  • 令和
  • 凹凸

「キューティクル」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
3
( 1 3 件を表示)
  • 1
3
( 1 3 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  •  東レが開発したポリエステル長繊維テキスタイル「キューティクル」
    2021年11月29日
    東レが開発したポリエステル長繊維テキスタイル「キューティクル」

    東レは、しなやかな質感と機能性を併せ持つポリエステル長繊維テキスタイル(織・編み物)「キューティクル」を開発した。2023年春夏シーズン向けから展開する。メンズ・レディース用のアウターやシャツ、ブラウス、カットソーなど幅広い用途での活用を見込む。販売目標は初年度に20万メートル、3年後に50万メートル。東レの複合紡糸技術「ナノデザイン」を使うことで、弾力のあるストレッチ性を持たせ、着心地を良くした。また、繊維表面に微細な凹凸を持たせる独自の繊維加工技術を施すことで、あでやかで深みのある発色を実現。繊維表面に薄く隙間なく撥水(はっすい)剤を被覆できるため、30回洗濯しても撥水性能が落ちないことを確認したという。石井慎二婦人・紳士衣料事業部長は、「ファッション性に富んだ質感でありながら機能性を持っている」と強調した。併せて同社は、22年の「東レキャンペーンガール」に間瀬遥花さん(24)を起用したことを発表。キューティクルを使った衣装を着用した間瀬さんは、「弾力があって動きやすい」と説明した。写真はキューティクルを使った衣装をまとう間瀬さん。=2021(令和3)年11月29日、東京都内、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021121313112

  •  Canada News - August 31, 2022
    2022年08月31日
    Canada News - August 31, 2022

    August 31, 2022, SURREY, BC, CANADA: Jorge E. Macias-Samano, a research scientist at Simon Fraser University, holds a varroa mite trap that was removed from a bee hive at an experimental apiary, in Surrey, B.C., on Wednesday, August 31, 2022. A team at SFU is testing a chemical compound that appears to kill varroa mites without harming the bees, in hopes it could one day be widely available as a treatment for infested hives. The mites kill bees by puncturing their cuticle, or exoskeleton, creating a wound that doesn‘t close leaving an opening for disease and the weakening of bees‘ immune systems. (Credit Image: © Darryl Dyck/The Canadian Press via ZUMA Press)、クレジット:©Darryl Dyck/The Canadian Press via ZUMA Press/共同通信イメージズ ※Canada and U.S. RIGHTS OUT

    商品コード: 2022090506005

  •  Canada News - August 31, 2022
    2022年08月31日
    Canada News - August 31, 2022

    August 31, 2022, SURREY, BC, CANADA: Jorge E. Macias-Samano, a research scientist at Simon Fraser University, holds a varroa mite trap that was removed from a bee hive at an experimental apiary, in Surrey, B.C., on Wednesday, August 31, 2022. A team at SFU is testing a chemical compound that appears to kill varroa mites without harming the bees, in hopes it could one day be widely available as a treatment for infested hives. The mites kill bees by puncturing their cuticle, or exoskeleton, creating a wound that doesn‘t close leaving an opening for disease and the weakening of bees‘ immune systems. (Credit Image: © Darryl Dyck/The Canadian Press via ZUMA Press)、クレジット:©Darryl Dyck/The Canadian Press via ZUMA Press/共同通信イメージズ ※Canada and U.S. RIGHTS OUT

    商品コード: 2022090506143

  • 1