KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージリンク

お問い合わせ
03-6252-6224
平日9:30-18:00
  • 記者
  • 令和
  • 生き物
  • 飼育
  • 平成
  • 増加
  • 個体群
  • 指定
  • トキ
  • 繁殖

「キンシコウ」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
452
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
452
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • モンキーセンターの金絲猴 “悟空”今日から一般公開
    1985年03月12日
    モンキーセンターの金絲猴 “悟空”今日から一般公開

    長い金色の毛をなびかせ、愛きょうを振りまく金絲猴(きんしこう)の珍珍(左)と宝宝(右)=1985(昭和60)年3月、愛知県犬山市の日本モンキーセンター

    商品コード: 1985031250001

  • 中国の珍猿・金絲猴 珍猿一般公開
    1985年03月14日
    中国の珍猿・金絲猴 珍猿一般公開

    日本モンキーセンターにやって来た中国の珍猿・金絲猴(きんしこう)。左が雄の宝宝(ほうほう)、右が雌の珍珍(しんしん)=1985(昭和60)年3月、愛知県犬山市

    商品コード: 1985031450005

  • 到着した珍猿、金絲猴 孫悟空のモデル熊本へ
    1993年09月16日
    到着した珍猿、金絲猴 孫悟空のモデル熊本へ

    到着した金絲猴(きんしこう)のベイベイ(左)とパオパオ=16日午後、熊本市動植物園(サル)

    商品コード: 1993091600081

  • 母親に抱かれる赤ちゃん 金絲猴に赤ちゃん誕生
    1995年06月25日
    母親に抱かれる赤ちゃん 金絲猴に赤ちゃん誕生

    24日に生まれた金絲猴(きんしこう)の赤ちゃんと母親=神戸市灘区の市立王子動物園(カラーネガ)

    商品コード: 1995062500007

  • 母親に抱かれる赤ちゃん 金絲猴に赤ちゃん誕生
    1995年06月25日
    母親に抱かれる赤ちゃん 金絲猴に赤ちゃん誕生

    24日に生まれた金絲猴(きんしこう)の赤ちゃんと母親=神戸市灘区の市立王子動物園(カラーネガ)

    商品コード: 1995062500008

  • 母親に抱かれた赤ちゃん 金絲猴の赤ちゃん誕生
    1996年03月25日
    母親に抱かれた赤ちゃん 金絲猴の赤ちゃん誕生

    神戸市灘区の市立王子動物園で生まれた金絲猴(きんしこう)の赤ちゃん=25日午後(代表撮影)

    商品コード: 1996032500114

  • 父母に抱かれる赤ちゃん 「孫悟空」の赤ちゃん誕生
    1996年04月21日
    父母に抱かれる赤ちゃん 「孫悟空」の赤ちゃん誕生

    母猿の「金玉」(右)に抱かれる金絲猴(きんしこう)の赤ちゃんと、のぞき込む父猿「老二」=18日、北京希少動物保護繁殖センター(共同)(カラーネガ)

    商品コード: 1996042100022

  • 父母に抱かれる赤ちゃん 「孫悟空」の赤ちゃん誕生
    1996年04月21日
    父母に抱かれる赤ちゃん 「孫悟空」の赤ちゃん誕生

    母猿の「金玉」(右)に抱かれる金絲猴(きんしこう)の赤ちゃんと、のぞき込む父猿「老二」=18日、北京希少動物保護繁殖センター(共同)(カラーネガ)

    商品コード: 1996042100023

  • 里帰りする勇勇 金絲猴、中国に里帰り
    1997年05月16日
    里帰りする勇勇 金絲猴、中国に里帰り

    中国に里帰りすることになった金絲猴(きんしこう)の雄の「勇勇(ユウユウ)」=神戸市灘区の神戸市立王子動物園

    商品コード: 1997051600004

  • 金糸猴の点点 雌の金糸猴が死ぬ
    1997年12月19日
    金糸猴の点点 雌の金糸猴が死ぬ

    子供の勇勇(ユウユウ)を抱く、金糸猴(きんしこう)の雌の点点(テンテン)=96(平成8)年11月

    商品コード: 1997121900027

  • 中国原産の金糸猴 名古屋にも中国から金糸猴
    1999年02月15日
    中国原産の金糸猴 名古屋にも中国から金糸猴

    中国原産の金色の猿、金糸猴(きんしこう)=神戸市灘区の市立王子動物園

    商品コード: 1999021500001

  •  神戸の金糸猴が死亡
    1999年08月03日
    神戸の金糸猴が死亡

    死んだ神戸市立王子動物園の金糸猴(きんしこう)の壮壮(チャンチャン)

    商品コード: 1999080300128

  • 王子動物園のキンシコウ キンシコウを中国へ返還
    2004年01月09日
    王子動物園のキンシコウ キンシコウを中国へ返還

    中国に返還される市立王子動物園のキンシコウ=9日午後、神戸市灘区

    商品コード: 2004010900167

  •  640万年前のサルの化石、キンシコウの祖先の可能性
    2009年11月11日
    640万年前のサルの化石、キンシコウの祖先の可能性

    昭通市内で見つかったメソピテクスの下顎骨の出土現場。(2009年11月11日撮影)中国、米国、ギリシャ、オーストラリアの科学者による共同研究の結果、雲南省昭通市昭陽区の水塘壩社区(コミュニティー)で発見された化石が、キンシコウの祖先に最も近い640万年前の化石だったことが確認された。(昆明=新華社配信/王溢)=2009(平成21)年11月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090701533

  •  640万年前のサルの化石、キンシコウの祖先の可能性
    2009年11月15日
    640万年前のサルの化石、キンシコウの祖先の可能性

    昭通市内で見つかったメソピテクスの下顎骨化石の出土現場。(2009年11月15日撮影)中国、米国、ギリシャ、オーストラリアの科学者による共同研究の結果、雲南省昭通市昭陽区の水塘壩社区(コミュニティー)で発見された化石が、キンシコウの祖先に最も近い640万年前の化石だったことが確認された。(昆明=新華社配信/楊馨)=2009(平成21)年11月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090701523

  •  640万年前のサルの化石、キンシコウの祖先の可能性
    2010年05月23日
    640万年前のサルの化石、キンシコウの祖先の可能性

    昭通市昭陽区水塘壩の緊急採掘現場。(2010年5月23日撮影)中国、米国、ギリシャ、オーストラリアの科学者による共同研究の結果、雲南省昭通市昭陽区の水塘壩社区(コミュニティー)で発見された化石が、キンシコウの祖先に最も近い640万年前の化石だったことが確認された。(昆明=新華社配信)=2010(平成22)年5月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090701540

  •  640万年前のサルの化石、キンシコウの祖先の可能性
    2011年08月19日
    640万年前のサルの化石、キンシコウの祖先の可能性

    国家1級保護動物のウンナンシシバナザル。(2011年8月19日撮影)中国、米国、ギリシャ、オーストラリアの科学者による共同研究の結果、雲南省昭通市昭陽区の水塘壩社区(コミュニティー)で発見された化石が、キンシコウの祖先に最も近い640万年前の化石だったことが確認された。(昆明=新華社配信/竜勇誠)=2011(平成23)年8月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090701655

  •  640万年前のサルの化石、キンシコウの祖先の可能性
    2011年11月30日
    640万年前のサルの化石、キンシコウの祖先の可能性

    修復された昭通市で出土したメソピテクスの下顎骨。(2011年11月30日撮影)中国、米国、ギリシャ、オーストラリアの科学者による共同研究の結果、雲南省昭通市昭陽区の水塘壩社区(コミュニティー)で発見された化石が、キンシコウの祖先に最も近い640万年前の化石だったことが確認された。(昆明=新華社配信)=2011(平成23)年11月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090701668

  • キンシコウ 中国からやって来た
    2014年08月14日
    キンシコウ 中国からやって来た

    左がオスのパオパオ。頭からむねにかけての金色がこい。2頭で何か話し合っているのかな=熊本市動植物園

    商品コード: 2014081400282

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2016年04月19日
    地割れとキンシコウ 「日中友好の象徴」壊れる

    熊本市動植物園内にできた地割れと中国に生息する希少なサル「キンシコウ」(上)=18日

    商品コード: 2016041900035

  •  生物多様性豊かな「動植物の王国」雲南省
    2017年03月28日
    生物多様性豊かな「動植物の王国」雲南省

    雲や霧の神秘的なベールに包まれた雲南省デチェン・チベット族自治州徳欽県西部の梅里雪山。(2017年3月28日撮影)中国雲南省は、面積が中国全体の4・1%にすぎないが、国内の生物種の約半数が生息、生育していることから、「動植物の王国」や「種の遺伝子バンク」と呼ばれている。同省は中国初の生物多様性保護に関する地方性法的措置を制定、施行し、「中国西南野生生物種資源バンク」を設立。生態系の保全で大きな成果を上げている。現在、同省には各種自然保護区が166カ所あり、省内の典型的な生態系の約90%と、アジアゾウや雲南キンシコウなどの貴重種の85%をそれぞれ保護している。(昆明=新華社記者/藺以光)=2017(平成29)年3月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020100500471

  •  生物多様性豊かな「動植物の王国」雲南省
    2017年12月16日
    生物多様性豊かな「動植物の王国」雲南省

    雲南省南澗イ族自治県にある無量山桜花谷。(2017年12月16日撮影、小型無人機から)中国雲南省は、面積が中国全体の4・1%にすぎないが、国内の生物種の約半数が生息、生育していることから、「動植物の王国」や「種の遺伝子バンク」と呼ばれている。同省は中国初の生物多様性保護に関する地方性法的措置を制定、施行し、「中国西南野生生物種資源バンク」を設立。生態系の保全で大きな成果を上げている。現在、同省には各種自然保護区が166カ所あり、省内の典型的な生態系の約90%と、アジアゾウや雲南キンシコウなどの貴重種の85%をそれぞれ保護している。(昆明=新華社記者/胡超)=2017(平成29)年12月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020100500708

  •  アフリカの「非」日常の美しさを味わう
    2017年12月25日
    アフリカの「非」日常の美しさを味わう

    ルワンダ北西部の火山国立公園に生息するゴールデンモンキー(GoldenMonkey)。(2017年12月25日撮影)古い歴史を持つ神秘的なアフリカ大陸には、豊かな動植物資源や独特な自然、人文風景がある。「非」日常の美しさは世界各地から訪れた人々を名残惜しく立ち去りがたい気持ちにさせている。(北京=新華社記者/呂天然)=2017(平成29)年12月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018090316416

  •  野生動物の個体群が着実に増加甘粛省白水江国家級自然保護区
    2018年01月07日
    野生動物の個体群が着実に増加甘粛省白水江国家級自然保護区

    保護区内の赤外線カメラに写ったターキン。(2018年1月7日撮影)中国甘粛省白水江国家級自然保護区でこのほど、2018年分の赤外線カメラ映像を整理していた際に、野生のジャイアントパンダ、ターキン、キンシコウなど複数種類の野生動物が頻繁に現れる映像が確認された。同保護区では昨年、赤外線カメラ700台を設置し、さまざまな野生動物の動画8350本以上、写真1万5800枚以上を撮影した。また、モニター映像の分析により、野生のパンダなど絶滅危惧種の活動状況や個体群の分布をほぼ把握し、野生動物の個体群が17年と比べ、着実に増加していることが分かった。(隴南=新華社配信)=2018(平成30)年1月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019020621533

  •  野生動物の個体群が着実に増加甘粛省白水江国家級自然保護区
    2018年03月11日
    野生動物の個体群が着実に増加甘粛省白水江国家級自然保護区

    保護区内の赤外線カメラに写ったキンシコウ。(2018年3月11日撮影)中国甘粛省白水江国家級自然保護区でこのほど、2018年分の赤外線カメラ映像を整理していた際に、野生のジャイアントパンダ、ターキン、キンシコウなど複数種類の野生動物が頻繁に現れる映像が確認された。同保護区では昨年、赤外線カメラ700台を設置し、さまざまな野生動物の動画8350本以上、写真1万5800枚以上を撮影した。また、モニター映像の分析により、野生のパンダなど絶滅危惧種の活動状況や個体群の分布をほぼ把握し、野生動物の個体群が17年と比べ、着実に増加していることが分かった。(隴南=新華社配信)=2018(平成30)年3月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019020621507

  •  野生動物の個体群が着実に増加甘粛省白水江国家級自然保護区
    2018年04月10日
    野生動物の個体群が着実に増加甘粛省白水江国家級自然保護区

    保護区内の赤外線カメラに写ったターキン。(2018年4月10日撮影)中国甘粛省白水江国家級自然保護区でこのほど、2018年分の赤外線カメラ映像を整理していた際に、野生のジャイアントパンダ、ターキン、キンシコウなど複数種類の野生動物が頻繁に現れる映像が確認された。同保護区では昨年、赤外線カメラ700台を設置し、さまざまな野生動物の動画8350本以上、写真1万5800枚以上を撮影した。また、モニター映像の分析により、野生のパンダなど絶滅危惧種の活動状況や個体群の分布をほぼ把握し、野生動物の個体群が17年と比べ、着実に増加していることが分かった。(隴南=新華社配信)=2018(平成30)年4月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019020621580

  •  野生動物の個体群が着実に増加甘粛省白水江国家級自然保護区
    2018年04月20日
    野生動物の個体群が着実に増加甘粛省白水江国家級自然保護区

    保護区内の赤外線カメラに写ったジャイアントパンダ。(2018年4月20日撮影)中国甘粛省白水江国家級自然保護区でこのほど、2018年分の赤外線カメラ映像を整理していた際に、野生のジャイアントパンダ、ターキン、キンシコウなど複数種類の野生動物が頻繁に現れる映像が確認された。同保護区では昨年、赤外線カメラ700台を設置し、さまざまな野生動物の動画8350本以上、写真1万5800枚以上を撮影した。また、モニター映像の分析により、野生のパンダなど絶滅危惧種の活動状況や個体群の分布をほぼ把握し、野生動物の個体群が17年と比べ、着実に増加していることが分かった。(隴南=新華社配信)=2018(平成30)年4月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019020621530

  •  野生動物の個体群が着実に増加甘粛省白水江国家級自然保護区
    2018年05月05日
    野生動物の個体群が着実に増加甘粛省白水江国家級自然保護区

    保護区内の赤外線カメラに写ったキンケイ。(2018年5月5日撮影)中国甘粛省白水江国家級自然保護区でこのほど、2018年分の赤外線カメラ映像を整理していた際に、野生のジャイアントパンダ、ターキン、キンシコウなど複数種類の野生動物が頻繁に現れる映像が確認された。同保護区では昨年、赤外線カメラ700台を設置し、さまざまな野生動物の動画8350本以上、写真1万5800枚以上を撮影した。また、モニター映像の分析により、野生のパンダなど絶滅危惧種の活動状況や個体群の分布をほぼ把握し、野生動物の個体群が17年と比べ、着実に増加していることが分かった。(隴南=新華社配信)=2018(平成30)年5月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019020621534

  •  野生動物の個体群が着実に増加甘粛省白水江国家級自然保護区
    2018年05月06日
    野生動物の個体群が着実に増加甘粛省白水江国家級自然保護区

    保護区内の赤外線カメラに写ったイノシシ。(2018年5月6日撮影)中国甘粛省白水江国家級自然保護区でこのほど、2018年分の赤外線カメラ映像を整理していた際に、野生のジャイアントパンダ、ターキン、キンシコウなど複数種類の野生動物が頻繁に現れる映像が確認された。同保護区では昨年、赤外線カメラ700台を設置し、さまざまな野生動物の動画8350本以上、写真1万5800枚以上を撮影した。また、モニター映像の分析により、野生のパンダなど絶滅危惧種の活動状況や個体群の分布をほぼ把握し、野生動物の個体群が17年と比べ、着実に増加していることが分かった。(隴南=新華社配信)=2018(平成30)年5月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※画像が荒れています。

    商品コード: 2019020621574

  •  湖北省神農架に生息するキンシコウ
    2018年05月20日
    湖北省神農架に生息するキンシコウ

    20日、神農架国家森林公園大竜潭キンシコウ野外研究基地内の山林で撮影したキンシコウ。動物愛護団体の長年にわたる努力と自然環境の改善によって、中国湖北省神農架林区ではキンシコウの生息数が最少だった1980年代の約2倍に増加している。(神農架=新華社記者/杜華挙)=2018(平成30)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018052100724

  •  湖北省神農架に生息するキンシコウ
    2018年05月20日
    湖北省神農架に生息するキンシコウ

    20日、神農架国家森林公園大竜潭キンシコウ野外研究基地で木の葉を食べるキンシコウ。動物愛護団体の長年にわたる努力と自然環境の改善によって、中国湖北省神農架林区ではキンシコウの生息数が最少だった1980年代の約2倍に増加している。(神農架=新華社記者/杜華挙)=2018(平成30)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018052100696

  •  湖北省神農架に生息するキンシコウ
    2018年05月20日
    湖北省神農架に生息するキンシコウ

    20日、神農架国家森林公園大竜潭キンシコウ野外研究基地内の山林で撮影したキンシコウの親子。動物愛護団体の長年にわたる努力と自然環境の改善によって、中国湖北省神農架林区ではキンシコウの生息数が最少だった1980年代の約2倍に増加している。(神農架=新華社記者/杜華挙)=2018(平成30)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018052100715

  •  湖北省神農架に生息するキンシコウ
    2018年05月20日
    湖北省神農架に生息するキンシコウ

    20日、神農架国家森林公園大竜潭キンシコウ野外研究基地内の山林で撮影したキンシコウの親子。動物愛護団体の長年にわたる努力と自然環境の改善によって、中国湖北省神農架林区ではキンシコウの生息数が最少だった1980年代の約2倍に増加している。(神農架=新華社記者/杜華挙)=2018(平成30)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018052100689

  •  湖北省神農架に生息するキンシコウ
    2018年05月20日
    湖北省神農架に生息するキンシコウ

    20日、神農架国家森林公園大竜潭キンシコウ野外研究基地内の山林で撮影したキンシコウの親子。動物愛護団体の長年にわたる努力と自然環境の改善によって、中国湖北省神農架林区ではキンシコウの生息数が最少だった1980年代の約2倍に増加している。(神農架=新華社記者/杜華挙)=2018(平成30)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018052100684

  •  湖北省神農架に生息するキンシコウ
    2018年05月20日
    湖北省神農架に生息するキンシコウ

    20日、神農架国家森林公園大竜潭キンシコウ野外研究基地で木の葉を食べるキンシコウ。動物愛護団体の長年にわたる努力と自然環境の改善によって、中国湖北省神農架林区ではキンシコウの生息数が最少だった1980年代の約2倍に増加している。(神農架=新華社記者/杜華挙)=2018(平成30)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018052100712

  •  湖北省神農架に生息するキンシコウ
    2018年05月20日
    湖北省神農架に生息するキンシコウ

    20日、神農架国家森林公園大竜潭キンシコウ野外研究基地内の山林で撮影したキンシコウの赤ちゃん。動物愛護団体の長年にわたる努力と自然環境の改善によって、中国湖北省神農架林区ではキンシコウの生息数が最少だった1980年代の約2倍に増加している。(神農架=新華社記者/杜華挙)=2018(平成30)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018052100657

  •  湖北省神農架に生息するキンシコウ
    2018年05月20日
    湖北省神農架に生息するキンシコウ

    20日、神農架国家森林公園大竜潭キンシコウ野外研究基地内の山林で撮影したキンシコウ。動物愛護団体の長年にわたる努力と自然環境の改善によって、中国湖北省神農架林区ではキンシコウの生息数が最少だった1980年代の約2倍に増加している。(神農架=新華社記者/杜華挙)=2018(平成30)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018052100664

  •  湖北省神農架に生息するキンシコウ
    2018年05月20日
    湖北省神農架に生息するキンシコウ

    20日、神農架国家森林公園大竜潭キンシコウ野外研究基地内の山林で撮影したキンシコウ。動物愛護団体の長年にわたる努力と自然環境の改善によって、中国湖北省神農架林区ではキンシコウの生息数が最少だった1980年代の約2倍に増加している。(神農架=新華社記者/杜華挙)=2018(平成30)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018052100669

  •  野生動物の個体群が着実に増加甘粛省白水江国家級自然保護区
    2018年05月22日
    野生動物の個体群が着実に増加甘粛省白水江国家級自然保護区

    保護区内の赤外線カメラに写ったアジアゴールデンキャット。(2018年5月22日撮影)中国甘粛省白水江国家級自然保護区でこのほど、2018年分の赤外線カメラ映像を整理していた際に、野生のジャイアントパンダ、ターキン、キンシコウなど複数種類の野生動物が頻繁に現れる映像が確認された。同保護区では昨年、赤外線カメラ700台を設置し、さまざまな野生動物の動画8350本以上、写真1万5800枚以上を撮影した。また、モニター映像の分析により、野生のパンダなど絶滅危惧種の活動状況や個体群の分布をほぼ把握し、野生動物の個体群が17年と比べ、着実に増加していることが分かった。(隴南=新華社配信)=2018(平成30)年5月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※画像が荒れています。

    商品コード: 2019020621573

  •  野生動物の個体群が着実に増加甘粛省白水江国家級自然保護区
    2018年05月29日
    野生動物の個体群が着実に増加甘粛省白水江国家級自然保護区

    保護区内の赤外線カメラに写ったターキン。(2018年5月29日撮影)中国甘粛省白水江国家級自然保護区でこのほど、2018年分の赤外線カメラ映像を整理していた際に、野生のジャイアントパンダ、ターキン、キンシコウなど複数種類の野生動物が頻繁に現れる映像が確認された。同保護区では昨年、赤外線カメラ700台を設置し、さまざまな野生動物の動画8350本以上、写真1万5800枚以上を撮影した。また、モニター映像の分析により、野生のパンダなど絶滅危惧種の活動状況や個体群の分布をほぼ把握し、野生動物の個体群が17年と比べ、着実に増加していることが分かった。(隴南=新華社配信)=2018(平成30)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019020621521

  •  生物多様性豊かな「動植物の王国」雲南省
    2018年07月05日
    生物多様性豊かな「動植物の王国」雲南省

    空から見た雲南省大理市の洱海。(2018年7月5日撮影、小型無人機から)中国雲南省は、面積が中国全体の4・1%にすぎないが、国内の生物種の約半数が生息、生育していることから、「動植物の王国」や「種の遺伝子バンク」と呼ばれている。同省は中国初の生物多様性保護に関する地方性法的措置を制定、施行し、「中国西南野生生物種資源バンク」を設立。生態系の保全で大きな成果を上げている。現在、同省には各種自然保護区が166カ所あり、省内の典型的な生態系の約90%と、アジアゾウや雲南キンシコウなどの貴重種の85%をそれぞれ保護している。(昆明=新華社記者/胡超)=2018(平成30)年7月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020100500481

  • 孫悟空?なんか違うよなー 微妙な記念写真、中国
    2018年08月02日
    孫悟空?なんか違うよなー 微妙な記念写真、中国

    中国四川省都江堰の観光地で、微妙な表情で記念写真に納まる子ども。右はちょっと不気味なコスチュームですが、頭に金色の輪をはめているので「孫悟空」? それとも同省などに生息する希少なサル「キンシコウ」のつもりでしょうか。「孫悟空はかわいくないし、パンダはスニーカーを履いてる…。なんか違うんだよなー」男の子のそんな声が聞こえてきそうでした。(撮影・岩崎稔、共同)

    商品コード: 2018080200882

  •  密林に暮らす妖精、秦嶺キンシコウ陝西省仏坪県
    2018年08月03日
    密林に暮らす妖精、秦嶺キンシコウ陝西省仏坪県

    3日、陝西省仏坪県熊猫谷風景区内の木に登って遊ぶ秦嶺キンシコウ。国家1級保護動物の秦嶺キンシコウは、中国陝西省秦嶺山脈の周至、太白、寧陝、仏坪、洋県等の地に生息している。ここ数年、生態環境が継続的に改善され、保護作業が効果的に推進されたのに伴い、秦嶺キンシコウの生息数も1998年の伐採禁止前の約3千匹から、現在の約5千匹にまで増えている。(仏坪=新華社記者/劉瀟)=2018(平成30)年8月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018080700168

  •  密林に暮らす妖精、秦嶺キンシコウ陝西省仏坪県
    2018年08月03日
    密林に暮らす妖精、秦嶺キンシコウ陝西省仏坪県

    3日、陝西省仏坪県熊猫谷風景区内の木の上でたたずむ秦嶺キンシコウの親子。国家1級保護動物の秦嶺キンシコウは、中国陝西省秦嶺山脈の周至、太白、寧陝、仏坪、洋県等の地に生息している。ここ数年、生態環境が継続的に改善され、保護作業が効果的に推進されたのに伴い、秦嶺キンシコウの生息数も1998年の伐採禁止前の約3千匹から、現在の約5千匹にまで増えている。(仏坪=新華社記者/劉瀟)=2018(平成30)年8月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018080700120

  •  密林に暮らす妖精、秦嶺キンシコウ陝西省仏坪県
    2018年08月03日
    密林に暮らす妖精、秦嶺キンシコウ陝西省仏坪県

    3日、陝西省仏坪県熊猫谷風景区内の木の上でたたずむ秦嶺キンシコウ。国家1級保護動物の秦嶺キンシコウは、中国陝西省秦嶺山脈の周至、太白、寧陝、仏坪、洋県等の地に生息している。ここ数年、生態環境が継続的に改善され、保護作業が効果的に推進されたのに伴い、秦嶺キンシコウの生息数も1998年の伐採禁止前の約3千匹から、現在の約5千匹にまで増えている。(仏坪=新華社記者/劉瀟)=2018(平成30)年8月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018080700203

  •  密林に暮らす妖精、秦嶺キンシコウ陝西省仏坪県
    2018年08月03日
    密林に暮らす妖精、秦嶺キンシコウ陝西省仏坪県

    3日、陝西省仏坪県熊猫谷風景区に暮らす秦嶺キンシコウ。国家1級保護動物の秦嶺キンシコウは、中国陝西省秦嶺山脈の周至、太白、寧陝、仏坪、洋県等の地に生息している。ここ数年、生態環境が継続的に改善され、保護作業が効果的に推進されたのに伴い、秦嶺キンシコウの生息数も1998年の伐採禁止前の約3千匹から、現在の約5千匹にまで増えている。(仏坪=新華社記者/劉瀟)=2018(平成30)年8月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018080700205

  •  秦嶺地区、希少動物の個体群数が増加
    2018年08月03日
    秦嶺地区、希少動物の個体群数が増加

    陝西省仏坪県のパンダ谷で撮影した秦嶺キンシコウ。(2018年8月3日撮影)中国中部を東西に横断する秦嶺山脈は、1600キロ以上にわたり連綿と続き、中国の地理上で最も重要な南北の境界線となっている。秦嶺地区には現在陸生野生動物587種が生息しており、うち国家1級重点保護動物が12種、国家2級重点保護動物が63種となっている。同地の希少動物で「秦嶺の四宝」と呼ばれるパンダ、トキ、ターキン、キンシコウは今年、個体群の数と生息地の面積が共に増加している。(西安=新華社記者/劉瀟)=2018(平成30)年8月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120900716

  •  秦嶺地区、希少動物の個体群数が増加
    2018年08月03日
    秦嶺地区、希少動物の個体群数が増加

    陝西省仏坪県のパンダ谷で撮影した秦嶺キンシコウ。(2018年8月3日撮影)中国中部を東西に横断する秦嶺山脈は、1600キロ以上にわたり連綿と続き、中国の地理上で最も重要な南北の境界線となっている。秦嶺地区には現在陸生野生動物587種が生息しており、うち国家1級重点保護動物が12種、国家2級重点保護動物が63種となっている。同地の希少動物で「秦嶺の四宝」と呼ばれるパンダ、トキ、ターキン、キンシコウは今年、個体群の数と生息地の面積が共に増加している。(西安=新華社記者/劉瀟)=2018(平成30)年8月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120900703

  •  密林に暮らす妖精、秦嶺キンシコウ陝西省仏坪県
    2018年08月03日
    密林に暮らす妖精、秦嶺キンシコウ陝西省仏坪県

    3日、陝西省仏坪県熊猫谷風景区に暮らす秦嶺キンシコウ。国家1級保護動物の秦嶺キンシコウは、中国陝西省秦嶺山脈の周至、太白、寧陝、仏坪、洋県等の地に生息している。ここ数年、生態環境が継続的に改善され、保護作業が効果的に推進されたのに伴い、秦嶺キンシコウの生息数も1998年の伐採禁止前の約3千匹から、現在の約5千匹にまで増えている。(仏坪=新華社記者/劉瀟)=2018(平成30)年8月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018080700123

  •  密林に暮らす妖精、秦嶺キンシコウ陝西省仏坪県
    2018年08月03日
    密林に暮らす妖精、秦嶺キンシコウ陝西省仏坪県

    3日、陝西省仏坪県熊猫谷風景区に暮らす秦嶺キンシコウ。国家1級保護動物の秦嶺キンシコウは、中国陝西省秦嶺山脈の周至、太白、寧陝、仏坪、洋県等の地に生息している。ここ数年、生態環境が継続的に改善され、保護作業が効果的に推進されたのに伴い、秦嶺キンシコウの生息数も1998年の伐採禁止前の約3千匹から、現在の約5千匹にまで増えている。(仏坪=新華社記者/劉瀟)=2018(平成30)年8月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018080700107

  •  野生動物の個体群が着実に増加甘粛省白水江国家級自然保護区
    2018年08月14日
    野生動物の個体群が着実に増加甘粛省白水江国家級自然保護区

    保護区内の赤外線カメラに写ったツキノワグマ。(2018年8月14日撮影)中国甘粛省白水江国家級自然保護区でこのほど、2018年分の赤外線カメラ映像を整理していた際に、野生のジャイアントパンダ、ターキン、キンシコウなど複数種類の野生動物が頻繁に現れる映像が確認された。同保護区では昨年、赤外線カメラ700台を設置し、さまざまな野生動物の動画8350本以上、写真1万5800枚以上を撮影した。また、モニター映像の分析により、野生のパンダなど絶滅危惧種の活動状況や個体群の分布をほぼ把握し、野生動物の個体群が17年と比べ、着実に増加していることが分かった。(隴南=新華社配信)=2018(平成30)年8月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019020621516

  •  野生動物の個体群が着実に増加甘粛省白水江国家級自然保護区
    2018年08月18日
    野生動物の個体群が着実に増加甘粛省白水江国家級自然保護区

    保護区内の赤外線カメラに写ったマエガミジカ。(2018年8月18日撮影)中国甘粛省白水江国家級自然保護区でこのほど、2018年分の赤外線カメラ映像を整理していた際に、野生のジャイアントパンダ、ターキン、キンシコウなど複数種類の野生動物が頻繁に現れる映像が確認された。同保護区では昨年、赤外線カメラ700台を設置し、さまざまな野生動物の動画8350本以上、写真1万5800枚以上を撮影した。また、モニター映像の分析により、野生のパンダなど絶滅危惧種の活動状況や個体群の分布をほぼ把握し、野生動物の個体群が17年と比べ、着実に増加していることが分かった。(隴南=新華社配信)=2018(平成30)年8月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019020621540

  •  野生動物の個体群が着実に増加甘粛省白水江国家級自然保護区
    2018年08月18日
    野生動物の個体群が着実に増加甘粛省白水江国家級自然保護区

    保護区内の赤外線カメラに写ったイノシシ。(2018年8月18日撮影)中国甘粛省白水江国家級自然保護区でこのほど、2018年分の赤外線カメラ映像を整理していた際に、野生のジャイアントパンダ、ターキン、キンシコウなど複数種類の野生動物が頻繁に現れる映像が確認された。同保護区では昨年、赤外線カメラ700台を設置し、さまざまな野生動物の動画8350本以上、写真1万5800枚以上を撮影した。また、モニター映像の分析により、野生のパンダなど絶滅危惧種の活動状況や個体群の分布をほぼ把握し、野生動物の個体群が17年と比べ、着実に増加していることが分かった。(隴南=新華社配信)=2018(平成30)年8月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019020621528

  •  野生動物の個体群が着実に増加甘粛省白水江国家級自然保護区
    2018年08月19日
    野生動物の個体群が着実に増加甘粛省白水江国家級自然保護区

    保護区内の赤外線カメラに写ったキンシコウ。(2018年8月19日撮影)中国甘粛省白水江国家級自然保護区でこのほど、2018年分の赤外線カメラ映像を整理していた際に、野生のジャイアントパンダ、ターキン、キンシコウなど複数種類の野生動物が頻繁に現れる映像が確認された。同保護区では昨年、赤外線カメラ700台を設置し、さまざまな野生動物の動画8350本以上、写真1万5800枚以上を撮影した。また、モニター映像の分析により、野生のパンダなど絶滅危惧種の活動状況や個体群の分布をほぼ把握し、野生動物の個体群が17年と比べ、着実に増加していることが分かった。(隴南=新華社配信)=2018(平成30)年8月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019020621536

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    02:28.75
    2018年09月16日
    「新華社」四川省九頂山自然保護区什邡管理所、地震後初めてキンシコウの撮影に成功

    中国四川省九頂山自然保護区什邡(しゅうほう)管理所は、職員が5日、保護区の赤外線カメラで撮影した資料を整理していた際、キンシコウの痕跡を発見したことを明らかにした。汶川(ぶんせん)大地震後、同管理所で同種の動画資料が得られたこと、また低海抜の地域で同種が発見されたことも初めて。職員によると、同種の動画は、2017年12月末~2018年3月に撮影されたもので、撮影された個体群は100頭以上だったという。これらは、保護区の満天星(まんてんせい)エリアに分布し、海抜約2600メートルの地域に属する。以前同種が発見されていた海抜2900メートルより約300メートル低い。活動地域の環境は良好で、人間の活動痕跡がないことが、同種が低海抜地域で見つかった主な理由とみている。<映像内容>キンシコウの様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018091821392

  •  野生動物の個体群が着実に増加甘粛省白水江国家級自然保護区
    2018年09月17日
    野生動物の個体群が着実に増加甘粛省白水江国家級自然保護区

    保護区内の赤外線カメラに写ったマエガミジカ。(2018年9月17日撮影)中国甘粛省白水江国家級自然保護区でこのほど、2018年分の赤外線カメラ映像を整理していた際に、野生のジャイアントパンダ、ターキン、キンシコウなど複数種類の野生動物が頻繁に現れる映像が確認された。同保護区では昨年、赤外線カメラ700台を設置し、さまざまな野生動物の動画8350本以上、写真1万5800枚以上を撮影した。また、モニター映像の分析により、野生のパンダなど絶滅危惧種の活動状況や個体群の分布をほぼ把握し、野生動物の個体群が17年と比べ、着実に増加していることが分かった。(隴南=新華社配信)=2018(平成30)年9月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019020621513

  •  野生動物の個体群が着実に増加甘粛省白水江国家級自然保護区
    2018年10月31日
    野生動物の個体群が着実に増加甘粛省白水江国家級自然保護区

    保護区内の赤外線カメラに写ったジャイアントパンダ。(2018年10月31日撮影)中国甘粛省白水江国家級自然保護区でこのほど、2018年分の赤外線カメラ映像を整理していた際に、野生のジャイアントパンダ、ターキン、キンシコウなど複数種類の野生動物が頻繁に現れる映像が確認された。同保護区では昨年、赤外線カメラ700台を設置し、さまざまな野生動物の動画8350本以上、写真1万5800枚以上を撮影した。また、モニター映像の分析により、野生のパンダなど絶滅危惧種の活動状況や個体群の分布をほぼ把握し、野生動物の個体群が17年と比べ、着実に増加していることが分かった。(隴南=新華社配信)=2018(平成30)年10月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019020621519

  •  山林に暮らす可愛いキンシコウ甘粛裕河保護区
    2018年11月01日
    山林に暮らす可愛いキンシコウ甘粛裕河保護区

    1日、甘粛裕河国家級自然保護区に暮らすキンシコウ。秋のこの季節、中国甘粛省隴南(ろうなん)市武都区裕河(ゆうが)鎮にある甘粛裕河国家級自然保護区では、キンシコウの群れが山林で戯れながら、食べ物を探している。(隴南=新華社記者/范培珅)=2018(平成30)年11月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018110517149

  •  山林に暮らす可愛いキンシコウ甘粛裕河保護区
    2018年11月01日
    山林に暮らす可愛いキンシコウ甘粛裕河保護区

    1日、甘粛裕河国家級自然保護区で、木の上にたたずむキンシコウ。秋のこの季節、中国甘粛省隴南(ろうなん)市武都区裕河(ゆうが)鎮にある甘粛裕河国家級自然保護区では、キンシコウの群れが山林で戯れながら、食べ物を探している。(隴南=新華社記者/范培珅)=2018(平成30)年11月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018110516940

  •  山林に暮らす可愛いキンシコウ甘粛裕河保護区
    2018年11月01日
    山林に暮らす可愛いキンシコウ甘粛裕河保護区

    1日、甘粛裕河国家級自然保護区に暮らすキンシコウ。秋のこの季節、中国甘粛省隴南(ろうなん)市武都区裕河(ゆうが)鎮にある甘粛裕河国家級自然保護区では、キンシコウの群れが山林で戯れながら、食べ物を探している。(隴南=新華社記者/范培珅)=2018(平成30)年11月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018110516701

  •  山林に暮らす可愛いキンシコウ甘粛裕河保護区
    2018年11月01日
    山林に暮らす可愛いキンシコウ甘粛裕河保護区

    1日、甘粛裕河国家級自然保護区に暮らすキンシコウ。秋のこの季節、中国甘粛省隴南(ろうなん)市武都区裕河(ゆうが)鎮にある甘粛裕河国家級自然保護区では、キンシコウの群れが山林で戯れながら、食べ物を探している。(隴南=新華社記者/范培珅)=2018(平成30)年11月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018110517170

  •  山林に暮らす可愛いキンシコウ甘粛裕河保護区
    2018年11月01日
    山林に暮らす可愛いキンシコウ甘粛裕河保護区

    1日、甘粛裕河国家級自然保護区で、木の上にたたずむキンシコウ。秋のこの季節、中国甘粛省隴南(ろうなん)市武都区裕河(ゆうが)鎮にある甘粛裕河国家級自然保護区では、キンシコウの群れが山林で戯れながら、食べ物を探している。(隴南=新華社記者/范培珅)=2018(平成30)年11月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018110516681

  •  山林に暮らす可愛いキンシコウ甘粛裕河保護区
    2018年11月01日
    山林に暮らす可愛いキンシコウ甘粛裕河保護区

    1日、甘粛裕河国家級自然保護区で、木の上にたたずむキンシコウ。秋のこの季節、中国甘粛省隴南(ろうなん)市武都区裕河(ゆうが)鎮にある甘粛裕河国家級自然保護区では、キンシコウの群れが山林で戯れながら、食べ物を探している。(隴南=新華社記者/范培珅)=2018(平成30)年11月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018110516684

  •  山林に暮らす可愛いキンシコウ甘粛裕河保護区
    2018年11月01日
    山林に暮らす可愛いキンシコウ甘粛裕河保護区

    1日、甘粛裕河国家級自然保護区で戯れるキンシコウ。秋のこの季節、中国甘粛省隴南(ろうなん)市武都区裕河(ゆうが)鎮にある甘粛裕河国家級自然保護区では、キンシコウの群れが山林で戯れながら、食べ物を探している。(隴南=新華社記者/范培珅)=2018(平成30)年11月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018110517095

  •  山林に暮らす可愛いキンシコウ甘粛裕河保護区
    2018年11月01日
    山林に暮らす可愛いキンシコウ甘粛裕河保護区

    1日、甘粛裕河国家級自然保護区に暮らすキンシコウ。秋のこの季節、中国甘粛省隴南(ろうなん)市武都区裕河(ゆうが)鎮にある甘粛裕河国家級自然保護区では、キンシコウの群れが山林で戯れながら、食べ物を探している。(隴南=新華社記者/范培珅)=2018(平成30)年11月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018110517314

  •  「新華社」野生のキンシコウ、住民居住地に「定住」四川省都江堰
    00:35.54
    2018年11月29日
    「新華社」野生のキンシコウ、住民居住地に「定住」四川省都江堰

    四川省都江堰(とこうえん)市竜渓(りゅうけい)‐虹口(こうこう)国家級自然保護区で11月29日、巡視員が山を巡回していたところ、キンシコウが標高の低い住民居住地で活動しているのを初めて発見した。キンシコウは、霊長目オナガザル科に属する中型サル類で、中国固有種であり、中国の国家一級重点保護野生動物に指定されている。キンシコウは一般的に標高の高い(1500メートル以上)人のいない地域で活動するとされているが、今回発見された地点は標高1100メートル前後で、しかも11月に発見されてから現在まで、依然として同地域で活動しており、「定住」しているとみられている。スタッフは、保護区では1997年から厳格な保護を行い、キンシコウの個体群は大いに増加しており、生態環境も大いに改善している。キンシコウの生活区域は徐々に拡大をみせ、今回人の多い地域で活動していたことは、現地住民とキンシコウが互いに干渉せず、共存していることを物語っていると見ている。(記者/蕭永航、李力可)<映像内容>野生のキンシコウの様子、撮影日:2018(平成30)年11月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018121420550

  •  生物多様性豊かな「動植物の王国」雲南省
    2019年01月05日
    生物多様性豊かな「動植物の王国」雲南省

    雲南省昆明市盤竜区滇源(てんげん)街道の甸尾村にある湿地で、冬の朝霧に包まれたアケボノスギの森。(2019年1月5日撮影、小型無人機から)中国雲南省は、面積が中国全体の4・1%にすぎないが、国内の生物種の約半数が生息、生育していることから、「動植物の王国」や「種の遺伝子バンク」と呼ばれている。同省は中国初の生物多様性保護に関する地方性法的措置を制定、施行し、「中国西南野生生物種資源バンク」を設立。生態系の保全で大きな成果を上げている。現在、同省には各種自然保護区が166カ所あり、省内の典型的な生態系の約90%と、アジアゾウや雲南キンシコウなどの貴重種の85%をそれぞれ保護している。(昆明=新華社記者/秦晴)=2019(平成31)年1月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020100500487

  •  「国宝」のキンシコウが一般公開重慶市
    2019年01月26日
    「国宝」のキンシコウが一般公開重慶市

    26日、モンキー館の木の枝の上でたたずむキンシコウのディンディン。中国重慶市動物園モンキー館のキンシコウ3頭の一般公開が、26日午前から始まった。キンシコウは中国特有の貴重な動物で、中国の「国家一級重点保護野生動物(危機的絶滅危惧種)」に指定されている。今回一般公開されたキンシコウの家族はオスのチョンチョン(成成、12歳)と8歳のメスのユーユー(玉玉、8歳)およびオスの赤ちゃんディンディン(丁丁、6カ月)の3頭。(重慶=新華社記者/唐奕)=2019(平成31)年1月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019013010279

  •  「国宝」のキンシコウが一般公開重慶市
    2019年01月26日
    「国宝」のキンシコウが一般公開重慶市

    26日、モンキー館の遊具で遊ぶキンシコウのユーユー。中国重慶市動物園モンキー館のキンシコウ3頭の一般公開が、26日午前から始まった。キンシコウは中国特有の貴重な動物で、中国の「国家一級重点保護野生動物(危機的絶滅危惧種)」に指定されている。今回一般公開されたキンシコウの家族はオスのチョンチョン(成成、12歳)と8歳のメスのユーユー(玉玉、8歳)およびオスの赤ちゃんディンディン(丁丁、6カ月)の3頭。(重慶=新華社記者/唐奕)=2019(平成31)年1月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019013010217

  •  「国宝」のキンシコウが一般公開重慶市
    2019年01月26日
    「国宝」のキンシコウが一般公開重慶市

    26日、モンキー館の遊具の上でたたずむキンシコウのチョンチョン。中国重慶市動物園モンキー館のキンシコウ3頭の一般公開が、26日午前から始まった。キンシコウは中国特有の貴重な動物で、中国の「国家一級重点保護野生動物(危機的絶滅危惧種)」に指定されている。今回一般公開されたキンシコウの家族はオスのチョンチョン(成成、12歳)と8歳のメスのユーユー(玉玉、8歳)およびオスの赤ちゃんディンディン(丁丁、6カ月)の3頭。(重慶=新華社記者/唐奕)=2019(平成31)年1月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019013010260

  •  「国宝」のキンシコウが一般公開重慶市
    2019年01月26日
    「国宝」のキンシコウが一般公開重慶市

    26日、モンキー館で遊ぶキンシコウのユーユー。中国重慶市動物園モンキー館のキンシコウ3頭の一般公開が、26日午前から始まった。キンシコウは中国特有の貴重な動物で、中国の「国家一級重点保護野生動物(危機的絶滅危惧種)」に指定されている。今回一般公開されたキンシコウの家族はオスのチョンチョン(成成、12歳)と8歳のメスのユーユー(玉玉、8歳)およびオスの赤ちゃんディンディン(丁丁、6カ月)の3頭。(重慶=新華社記者/唐奕)=2019(平成31)年1月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019013010266

  •  「国宝」のキンシコウが一般公開重慶市
    2019年01月26日
    「国宝」のキンシコウが一般公開重慶市

    26日、モンキー館の芝生で遊ぶキンシコウのディンディン。中国重慶市動物園モンキー館のキンシコウ3頭の一般公開が、26日午前から始まった。キンシコウは中国特有の貴重な動物で、中国の「国家一級重点保護野生動物(危機的絶滅危惧種)」に指定されている。今回一般公開されたキンシコウの家族はオスのチョンチョン(成成、12歳)と8歳のメスのユーユー(玉玉、8歳)およびオスの赤ちゃんディンディン(丁丁、6カ月)の3頭。(重慶=新華社記者/唐奕)=2019(平成31)年1月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019013009943

  •  「国宝」のキンシコウが一般公開重慶市
    2019年01月26日
    「国宝」のキンシコウが一般公開重慶市

    26日、モンキー館でエサを探すキンシコウのチョンチョン(右)とユーユー。中国重慶市動物園モンキー館のキンシコウ3頭の一般公開が、26日午前から始まった。キンシコウは中国特有の貴重な動物で、中国の「国家一級重点保護野生動物(危機的絶滅危惧種)」に指定されている。今回一般公開されたキンシコウの家族はオスのチョンチョン(成成、12歳)と8歳のメスのユーユー(玉玉、8歳)およびオスの赤ちゃんディンディン(丁丁、6カ月)の3頭。(重慶=新華社記者/唐奕)=2019(平成31)年1月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019013010464

  •  「国宝」のキンシコウが一般公開重慶市
    2019年01月26日
    「国宝」のキンシコウが一般公開重慶市

    26日、モンキー館でエサを探すキンシコウのユーユー。中国重慶市動物園モンキー館のキンシコウ3頭の一般公開が、26日午前から始まった。キンシコウは中国特有の貴重な動物で、中国の「国家一級重点保護野生動物(危機的絶滅危惧種)」に指定されている。今回一般公開されたキンシコウの家族はオスのチョンチョン(成成、12歳)と8歳のメスのユーユー(玉玉、8歳)およびオスの赤ちゃんディンディン(丁丁、6カ月)の3頭。(重慶=新華社記者/唐奕)=2019(平成31)年1月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019013010476

  •  「国宝」のキンシコウが一般公開重慶市
    2019年01月26日
    「国宝」のキンシコウが一般公開重慶市

    26日、モンキー館の遊具で遊ぶキンシコウのディンディン。中国重慶市動物園モンキー館のキンシコウ3頭の一般公開が、26日午前から始まった。キンシコウは中国特有の貴重な動物で、中国の「国家一級重点保護野生動物(危機的絶滅危惧種)」に指定されている。今回一般公開されたキンシコウの家族はオスのチョンチョン(成成、12歳)と8歳のメスのユーユー(玉玉、8歳)およびオスの赤ちゃんディンディン(丁丁、6カ月)の3頭。(重慶=新華社記者/唐奕)=2019(平成31)年1月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019013010222

  •  「新華社」放牧中の牛飼い、野生ジャイアントパンダの撮影に成功
    00:31.55
    2019年02月19日
    「新華社」放牧中の牛飼い、野生ジャイアントパンダの撮影に成功

    中国四川省宝興(ほうこう)県磽磧(こうせき)郷咔日(かじつ)村の牧畜民、楊勇(よう・ゆう)さんは19日正午ごろ、山で牛を放牧している途中に野生のジャイアントパンダと遭遇した。楊さんが見かけたパンダは、咔日溝の川の向こう側で日なたぼっこをしていた。機敏なパンダは牛の群れに気づくと、木から下りて林の中に消えていった。楊さんはパンダが木から下りて来るシーンを携帯電話で撮影した。楊さんは長年、咔日溝付近の林で放牧をしており、野生のジャイアントパンダや貴重な動物のキンシコウを年に何度も見かけたことがあるという。(記者/張超群)<映像内容>木から降りる野生のパンダの様子、撮影日:2019(平成31)年2月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※サイズの小さい動画です。

    商品コード: 2019022108465

  •  生物多様性豊かな「動植物の王国」雲南省
    2019年02月19日
    生物多様性豊かな「動植物の王国」雲南省

    朝もやに包まれた雲南省曲靖市羅平県にある金鶏峰叢周辺の菜の花畑。(2019年2月19日撮影、小型無人機から)中国雲南省は、面積が中国全体の4・1%にすぎないが、国内の生物種の約半数が生息、生育していることから、「動植物の王国」や「種の遺伝子バンク」と呼ばれている。同省は中国初の生物多様性保護に関する地方性法的措置を制定、施行し、「中国西南野生生物種資源バンク」を設立。生態系の保全で大きな成果を上げている。現在、同省には各種自然保護区が166カ所あり、省内の典型的な生態系の約90%と、アジアゾウや雲南キンシコウなどの貴重種の85%をそれぞれ保護している。(昆明=新華社記者/秦晴)=2019(平成31)年2月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020100500458

  •  秦嶺地区、希少動物の個体群数が増加
    2019年03月20日
    秦嶺地区、希少動物の個体群数が増加

    陝西省洋県のトキ生態園で撮影したトキ。(3月20日撮影)中国中部を東西に横断する秦嶺山脈は、1600キロ以上にわたり連綿と続き、中国の地理上で最も重要な南北の境界線となっている。秦嶺地区には現在陸生野生動物587種が生息しており、うち国家1級重点保護動物が12種、国家2級重点保護動物が63種となっている。同地の希少動物で「秦嶺の四宝」と呼ばれるパンダ、トキ、ターキン、キンシコウは今年、個体群の数と生息地の面積が共に増加している。(西安=新華社記者/劉瀟)=2019(平成31)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120900660

  •  秦嶺地区、希少動物の個体群数が増加
    2019年03月20日
    秦嶺地区、希少動物の個体群数が増加

    陝西省洋県のトキ生態園で撮影したトキ。(3月20日撮影)中国中部を東西に横断する秦嶺山脈は、1600キロ以上にわたり連綿と続き、中国の地理上で最も重要な南北の境界線となっている。秦嶺地区には現在陸生野生動物587種が生息しており、うち国家1級重点保護動物が12種、国家2級重点保護動物が63種となっている。同地の希少動物で「秦嶺の四宝」と呼ばれるパンダ、トキ、ターキン、キンシコウは今年、個体群の数と生息地の面積が共に増加している。(西安=新華社記者/劉瀟)=2019(平成31)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120900685

  •  「新華社」キンシコウ、野生動物回廊にかわいらしい姿見せる湖北省
    00:46.63
    2019年03月31日
    「新華社」キンシコウ、野生動物回廊にかわいらしい姿見せる湖北省

    中国湖北省の神農架国家公園で3月31日、巡回中の職員が神農山頂管轄区を通り掛かった際、新設された野生動物回廊を駆け回る1匹のキンシコウをカメラに収めた。完成後の新回廊で野生のキンシコウの撮影に成功したのは今回が初めて。神農架国家公園は2018年、生物の生息環境の分断が引き起こす生物多様性と種の交流への脅威を最小限に抑えるため、空中横断式、地中埋設式、スロープ式の3種類の野生動物回廊を計25カ所に設置し、キンシコウなど木の上で暮らす動物や草食偶蹄類、肉食動物、両生類、爬虫類が行き来できるようにした。(記者/李思遠)<映像内容>野生のキンシコウの様子、撮影日:2019(平成31)年3月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019040402046

  •  生物多様性豊かな「動植物の王国」雲南省
    2019年04月04日
    生物多様性豊かな「動植物の王国」雲南省

    朝日を浴びる雲南省紅河ハニ族イ族自治州元陽県のハニ棚田。(2019年4月4日撮影、小型無人機から)中国雲南省は、面積が中国全体の4・1%にすぎないが、国内の生物種の約半数が生息、生育していることから、「動植物の王国」や「種の遺伝子バンク」と呼ばれている。同省は中国初の生物多様性保護に関する地方性法的措置を制定、施行し、「中国西南野生生物種資源バンク」を設立。生態系の保全で大きな成果を上げている。現在、同省には各種自然保護区が166カ所あり、省内の典型的な生態系の約90%と、アジアゾウや雲南キンシコウなどの貴重種の85%をそれぞれ保護している。(昆明=新華社記者/胡超)=2019(平成31)年4月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020100500477

  •  「新華社」キンシコウの生息地湖北省神農架
    01:51.10
    2019年04月11日
    「新華社」キンシコウの生息地湖北省神農架

    北緯31度に位置し「華中の屋根」と称される緑のオアシス、中国湖北省神農架には、ユニークで美しい精霊たちが住んでいる。青い顔に上向きの鼻、突き出た大きな口、身長と同じくらいの長さの尾。体は柔らかい金色の毛に包まれ、絹のような光沢を放つ。中国だけに生息する、世界で最も美しく貴重なサル、キンシコウだ。神農架キンシコウは、四川省などにすむ「川キンシコウ」の亜種の中で最も生息数が少なく、中国の国家1級重点保護絶滅危惧種に指定されている。野生キンシコウの生息域で最も東に位置する神農架では、30年前にキンシコウが発見された。神農架キンシコウはここ数年、積極的な保護により、30年前の2倍、約1300頭まで増加した。群居性動物で、通常は数十頭から数百頭の群れをつくって暮らす。毎年初雪が降ると興奮し、跳んだり跳ねたり、じゃれ合ったりする。寒さがさらに厳しくなると、子ザルを中心にして抱き合い、暖を取る家庭的で仲むつまじい姿が見られる。枝葉が生い茂り、餌に困らない夏はのんびりと過ごす。年長のサルは日差しの下で居眠りをし、活発な年若いサルは有り余るエネルギーを発散する。神農架にはキンシコウなど千種以上の野生動物が生息し、「動物基金庫」「野生動物王国」「華中の緑の肺」などと呼ばれている。神農架森林区では貴重な資源を保護するため、天然林保護、野生動物保護、退耕還林(耕地を森林に戻す)、生態移民(自然環境に恵まれない土地からの移住)などのプロジェクトを相次いで立ち上げた。(記者/余国慶、王斯班、呉文華)<映像内容>中国の野生動物キンシコウの様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041100688

  •  13匹目のキンシコウの繁殖に成功広州長隆野生動物世界
    2019年04月12日
    13匹目のキンシコウの繁殖に成功広州長隆野生動物世界

    12日、母親に抱かれたキンシコウの赤ちゃん。中国広東省の広州長隆野生動物世界でこのほど、キンシコウの赤ちゃんが満1カ月を迎えた。赤ちゃんは3月2日、同動物世界で繁殖に成功した13匹目のキンシコウとして誕生。満1カ月を迎えた現在、体重は800グラム近くになった。同動物世界は、現在飼育している計21匹のキンシコウのうち、13匹の繁殖に成功しており、保護・繁殖ともに中国で最も高いレベルにある。(広州=新華社記者/黄国保)=2019(平成31)年4月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041701210

  •  13匹目のキンシコウの繁殖に成功広州長隆野生動物世界
    2019年04月12日
    13匹目のキンシコウの繁殖に成功広州長隆野生動物世界

    12日、広州長隆野生動物世界で飼育されているキンシコウ。中国広東省の広州長隆野生動物世界でこのほど、キンシコウの赤ちゃんが満1カ月を迎えた。赤ちゃんは3月2日、同動物世界で繁殖に成功した13匹目のキンシコウとして誕生。満1カ月を迎えた現在、体重は800グラム近くになった。同動物世界は、現在飼育している計21匹のキンシコウのうち、13匹の繁殖に成功しており、保護・繁殖ともに中国で最も高いレベルにある。(広州=新華社記者/黄国保)=2019(平成31)年4月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041701251

  •  13匹目のキンシコウの繁殖に成功広州長隆野生動物世界
    2019年04月12日
    13匹目のキンシコウの繁殖に成功広州長隆野生動物世界

    12日、母親に抱かれるキンシコウの赤ちゃん。中国広東省の広州長隆野生動物世界でこのほど、キンシコウの赤ちゃんが満1カ月を迎えた。赤ちゃんは3月2日、同動物世界で繁殖に成功した13匹目のキンシコウとして誕生。満1カ月を迎えた現在、体重は800グラム近くになった。同動物世界は、現在飼育している計21匹のキンシコウのうち、13匹の繁殖に成功しており、保護・繁殖ともに中国で最も高いレベルにある。(広州=新華社記者/黄国保)=2019(平成31)年4月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041701192

  •  13匹目のキンシコウの繁殖に成功広州長隆野生動物世界
    2019年04月12日
    13匹目のキンシコウの繁殖に成功広州長隆野生動物世界

    12日、母親に抱かれたキンシコウの赤ちゃん。中国広東省の広州長隆野生動物世界でこのほど、キンシコウの赤ちゃんが満1カ月を迎えた。赤ちゃんは3月2日、同動物世界で繁殖に成功した13匹目のキンシコウとして誕生。満1カ月を迎えた現在、体重は800グラム近くになった。同動物世界は、現在飼育している計21匹のキンシコウのうち、13匹の繁殖に成功しており、保護・繁殖ともに中国で最も高いレベルにある。(広州=新華社記者/黄国保)=2019(平成31)年4月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041701289

  •  13匹目のキンシコウの繁殖に成功広州長隆野生動物世界
    2019年04月12日
    13匹目のキンシコウの繁殖に成功広州長隆野生動物世界

    12日、広州長隆野生動物世界で飼育されているキンシコウ。中国広東省の広州長隆野生動物世界でこのほど、キンシコウの赤ちゃんが満1カ月を迎えた。赤ちゃんは3月2日、同動物世界で繁殖に成功した13匹目のキンシコウとして誕生。満1カ月を迎えた現在、体重は800グラム近くになった。同動物世界は、現在飼育している計21匹のキンシコウのうち、13匹の繁殖に成功しており、保護・繁殖ともに中国で最も高いレベルにある。(広州=新華社記者/黄国保)=2019(平成31)年4月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041701186

  •  13匹目のキンシコウの繁殖に成功広州長隆野生動物世界
    2019年04月12日
    13匹目のキンシコウの繁殖に成功広州長隆野生動物世界

    12日、母親に抱かれたキンシコウの赤ちゃん。中国広東省の広州長隆野生動物世界でこのほど、キンシコウの赤ちゃんが満1カ月を迎えた。赤ちゃんは3月2日、同動物世界で繁殖に成功した13匹目のキンシコウとして誕生。満1カ月を迎えた現在、体重は800グラム近くになった。同動物世界は、現在飼育している計21匹のキンシコウのうち、13匹の繁殖に成功しており、保護・繁殖ともに中国で最も高いレベルにある。(広州=新華社記者/黄国保)=2019(平成31)年4月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041701287

  •  13匹目のキンシコウの繁殖に成功広州長隆野生動物世界
    2019年04月12日
    13匹目のキンシコウの繁殖に成功広州長隆野生動物世界

    12日、広州長隆野生動物世界で飼育されているキンシコウ。中国広東省の広州長隆野生動物世界でこのほど、キンシコウの赤ちゃんが満1カ月を迎えた。赤ちゃんは3月2日、同動物世界で繁殖に成功した13匹目のキンシコウとして誕生。満1カ月を迎えた現在、体重は800グラム近くになった。同動物世界は、現在飼育している計21匹のキンシコウのうち、13匹の繁殖に成功しており、保護・繁殖ともに中国で最も高いレベルにある。(広州=新華社記者/黄国保)=2019(平成31)年4月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041701193

  •  13匹目のキンシコウの繁殖に成功広州長隆野生動物世界
    2019年04月12日
    13匹目のキンシコウの繁殖に成功広州長隆野生動物世界

    12日、赤ちゃんのそばで過ごす父親(右)、母親のキンシコウ。中国広東省の広州長隆野生動物世界でこのほど、キンシコウの赤ちゃんが満1カ月を迎えた。赤ちゃんは3月2日、同動物世界で繁殖に成功した13匹目のキンシコウとして誕生。満1カ月を迎えた現在、体重は800グラム近くになった。同動物世界は、現在飼育している計21匹のキンシコウのうち、13匹の繁殖に成功しており、保護・繁殖ともに中国で最も高いレベルにある。(広州=新華社記者/黄国保)=2019(平成31)年4月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041701162

  •  「新華社」13匹目のキンシコウの繁殖に成功広州長隆野生動物世界
    01:37.49
    2019年04月17日
    「新華社」13匹目のキンシコウの繁殖に成功広州長隆野生動物世界

    中国広東省の広州長隆野生動物世界でこのほど、キンシコウの赤ちゃんが満1カ月を迎えた。赤ちゃんは3月2日、同動物世界で繁殖に成功した13匹目のキンシコウとして誕生。満1カ月を迎えた現在、体重は800グラム近くになり、健康状態は良好だ。キンシコウの赤ちゃんは誕生後約30分から1時間で母親のおっぱいを探して乳を飲む。母親は赤ちゃんが生まれてから3カ月間、乳を飲ませ、世話をする。同動物世界に勤務する動物の専門家、黄統文(こう・とうぶん)氏によると、サルは霊長類の中でも比較的繁殖が難しい。キンシコウは主に四川省の高地の森に暮らしており、亜熱帯気候の広州では食物や気候に適応する時間が必要となる。広州長隆野生動物世界は2012年に四川省のキンシコウの飼育を開始。現在は計21匹を飼育している。このうち、同動物世界で繁殖に成功し誕生したのは13匹。(記者/黄国保)<映像内容>中国でキンシコウの繁殖成功、赤ちゃんの様子など、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041701316

  •  「新華社」野生パンダの貴重な映像四川省竜渓·虹口国家級自然保護区
    00:58.81
    2019年04月24日
    「新華社」野生パンダの貴重な映像四川省竜渓·虹口国家級自然保護区

    中国四川省都江堰(とこうえん)市にある竜渓・虹口国家級自然保護区の管理局はこのほど、2019年最初の赤外線カメラによるモニタリング活動を実施した。その中で、保護区内の複数の地点に設置した赤外線カメラが、ジャイアントパンダなどさまざまな野生動物の珍しい生態を映像や写真に収めていたことが分かった。これらの映像と写真は今回のモニタリング活動で設置した複数の赤外線カメラが2018年12月から今年3月の間に撮影したもの。その中の1台は9回にわたって野生のジャイアントパンダが水を飲む場面を捉えていた。ジャイアントパンダが水を飲む場面のほか、キンシコウがけんかをする様子や、ウシ科の動物ターキンが水を飲む姿、ツキノワグマの水遊び、チベットマカクの交尾や体をかく様子、ウシ科のゴーラルが雪と戯れる様子などさまざまな野生動物の生態を、赤外線カメラが映像や写真に収めていた。その数は合わせて800点を超える。こうした映像や写真から、竜渓・虹口国家級自然保護区の野生動物は近年、非常に活発に活動しており、個体群の数も徐々に増加していることが分かった。同保護区による資源保護や科学研究モニタリングのめざましい成果を十分に反映しており、今後の保護・管理活動にも十分な科学的根拠を提供した。(記者/蕭永航、劉暁)<映像内容>パンダやキンシコウなど野生動物の珍しい生態の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019042401003

  •  キンシコウの一家に赤ちゃん誕生広州長隆野生動物世界
    2019年04月30日
    キンシコウの一家に赤ちゃん誕生広州長隆野生動物世界

    4月30日、広州市の長隆野生動物世界で、29日に自ら出産した赤ちゃんをしっかりと抱くキンシコウのジョーイ。中国広東省広州市の長隆野生動物世界で4月29日、キンシコウ「タイタン」の一家に雄の赤ちゃんが新たに加わり、父親1匹と母親3匹、子ども10匹の大家族になった。長隆野生動物世界では現在4家族計21匹のキンシコウを飼育しており、そのうち同動物世界で繁殖に成功したキンシコウは13匹で、保護・繁殖ともに中国で高いレベルにある。(広州=新華社記者/劉大偉)=2019(平成31)年4月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019051402301

  •  キンシコウの一家に赤ちゃん誕生広州長隆野生動物世界
    2019年04月30日
    キンシコウの一家に赤ちゃん誕生広州長隆野生動物世界

    4月30日、広州市の長隆野生動物世界で餌を食べるキンシコウのタイタン。中国広東省広州市の長隆野生動物世界で4月29日、キンシコウ「タイタン」の一家に雄の赤ちゃんが新たに加わり、父親1匹と母親3匹、子ども10匹の大家族になった。長隆野生動物世界では現在4家族計21匹のキンシコウを飼育しており、そのうち同動物世界で繁殖に成功したキンシコウは13匹で、保護・繁殖ともに中国で高いレベルにある。(広州=新華社記者/劉大偉)=2019(平成31)年4月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019051402367

  •  キンシコウの一家に赤ちゃん誕生広州長隆野生動物世界
    2019年04月30日
    キンシコウの一家に赤ちゃん誕生広州長隆野生動物世界

    4月30日、広州市の長隆野生動物世界で、池の水を飲むタイタン一家の若いキンシコウ。中国広東省広州市の長隆野生動物世界で4月29日、キンシコウ「タイタン」の一家に雄の赤ちゃんが新たに加わり、父親1匹と母親3匹、子ども10匹の大家族になった。長隆野生動物世界では現在4家族計21匹のキンシコウを飼育しており、そのうち同動物世界で繁殖に成功したキンシコウは13匹で、保護・繁殖ともに中国で高いレベルにある。(広州=新華社記者/劉大偉)=2019(平成31)年4月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019051402426

  •  キンシコウの一家に赤ちゃん誕生広州長隆野生動物世界
    2019年04月30日
    キンシコウの一家に赤ちゃん誕生広州長隆野生動物世界

    4月30日、広州市の長隆野生動物世界で遊ぶタイタン一家の幼いキンシコウ。中国広東省広州市の長隆野生動物世界で4月29日、キンシコウ「タイタン」の一家に雄の赤ちゃんが新たに加わり、父親1匹と母親3匹、子ども10匹の大家族になった。長隆野生動物世界では現在4家族計21匹のキンシコウを飼育しており、そのうち同動物世界で繁殖に成功したキンシコウは13匹で、保護・繁殖ともに中国で高いレベルにある。(広州=新華社記者/劉大偉)=2019(平成31)年4月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019051402300

  •  キンシコウの一家に赤ちゃん誕生広州長隆野生動物世界
    2019年04月30日
    キンシコウの一家に赤ちゃん誕生広州長隆野生動物世界

    4月30日、広州市の長隆野生動物世界で、雌ザルや子ザルと共に餌を食べるキンシコウのタイタン(左から2匹目)。中国広東省広州市の長隆野生動物世界で4月29日、キンシコウ「タイタン」の一家に雄の赤ちゃんが新たに加わり、父親1匹と母親3匹、子ども10匹の大家族になった。長隆野生動物世界では現在4家族計21匹のキンシコウを飼育しており、そのうち同動物世界で繁殖に成功したキンシコウは13匹で、保護・繁殖ともに中国で高いレベルにある。(広州=新華社記者/劉大偉)=2019(平成31)年4月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019051402434

  •  キンシコウの一家に赤ちゃん誕生広州長隆野生動物世界
    2019年04月30日
    キンシコウの一家に赤ちゃん誕生広州長隆野生動物世界

    4月30日、広州市の長隆野生動物世界で遊ぶタイタン一家の幼いキンシコウ。中国広東省広州市の長隆野生動物世界で4月29日、キンシコウ「タイタン」の一家に雄の赤ちゃんが新たに加わり、父親1匹と母親3匹、子ども10匹の大家族になった。長隆野生動物世界では現在4家族計21匹のキンシコウを飼育しており、そのうち同動物世界で繁殖に成功したキンシコウは13匹で、保護・繁殖ともに中国で高いレベルにある。(広州=新華社記者/劉大偉)=2019(平成31)年4月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019051402447

  •  キンシコウの一家に赤ちゃん誕生広州長隆野生動物世界
    2019年04月30日
    キンシコウの一家に赤ちゃん誕生広州長隆野生動物世界

    4月30日、広州市の長隆野生動物世界で、29日に自ら出産した赤ちゃんをしっかりと抱くキンシコウのジョーイ。中国広東省広州市の長隆野生動物世界で4月29日、キンシコウ「タイタン」の一家に雄の赤ちゃんが新たに加わり、父親1匹と母親3匹、子ども10匹の大家族になった。長隆野生動物世界では現在4家族計21匹のキンシコウを飼育しており、そのうち同動物世界で繁殖に成功したキンシコウは13匹で、保護・繁殖ともに中国で高いレベルにある。(広州=新華社記者/劉大偉)=2019(平成31)年4月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019051402435

  •  キンシコウの一家に赤ちゃん誕生広州長隆野生動物世界
    2019年04月30日
    キンシコウの一家に赤ちゃん誕生広州長隆野生動物世界

    4月30日、広州市の長隆野生動物世界で遊ぶタイタン一家の幼いキンシコウ。中国広東省広州市の長隆野生動物世界で4月29日、キンシコウ「タイタン」の一家に雄の赤ちゃんが新たに加わり、父親1匹と母親3匹、子ども10匹の大家族になった。長隆野生動物世界では現在4家族計21匹のキンシコウを飼育しており、そのうち同動物世界で繁殖に成功したキンシコウは13匹で、保護・繁殖ともに中国で高いレベルにある。(広州=新華社記者/劉大偉)=2019(平成31)年4月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019051402296

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5