KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • クリニック
  • ゴム手袋
  • スペース
  • 令和
  • 保健室
  • 動線
  • 北部九州
  • 四国
  • 場所
  • 大田記念病院

「キ90」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
2
( 1 2 件を表示)
  • 1
2
( 1 2 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2002年05月31日
    仮設校舎の教室 保健室の利用多いとき90人

    )、社会494S、電子カメラ、6月4日付朝刊用以降使用、解禁厳守(一括使用可)   大阪教育大付属池田小の仮設校舎の教室=大阪府池田市

    商品コード: 2002053100146

  • 2020年09月18日
    広島ピーエスらが発売した屋外用鼻腔粘膜採取検査ユニット車椅子用

    広島ピーエス(広島県東広島市)は、新型コロナウイルス感染症のPCR検査ができる「鼻腔(びこう)粘膜採取検査ユニット」を発売した。屋外の車1台分のスペースで独立して検査できる。通常来院者と動線を分け、検査員や来院者の感染リスクを減らす。本体価格は135万8500円(消費税込み)。ユニットは大田記念病院(広島県福山市)、淀川製鋼所、地元中小企業や機関など6者が連携・開発した。まず中・四国や北部九州の病院、クリニック向けに2021年1月までに30セット、同年12月までに100セットの販売を目指す。プレハブと検査ブースで構成し、プレハブの寸法は幅2584・5ミリ×奥行き1883・5ミリ×高さ2473ミリメートル。幅や奥行きに応じて3種類用意した。検査ブースは幅1800ミリ×奥行き900ミリ×高さ1800ミリメートル。車椅子対応タイプも用意した。ユニットは2日で設置できる。検査員はプレハブ内から外に出たゴム手袋を通じ、ブースを訪れた対象者の鼻の粘膜を綿棒で採取する。今後、個々の病院に設置して得られた経験を生かし、感染リスクを抑える適切な設置や動線などを確立し、病院に提案していく。=2020(令和2)年9月18日、撮影場所不明、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020121505708

  • 1