KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • ギター製造
  • アコースティックギター
  • ギターパーク
  • ギター生産
  • ギター産業
  • ベースギター
  • 国際ギター
  • 愛用ギター
  • バイオリン
  • ビートルズ

「ギター」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 映像
  • 向き
  • カテゴリ
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
10
( 1 10 件を表示)
  • 1
10
( 1 10 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 01:19.20
    2020年11月27日
    「新華社」ギター製造企業、生産急ピッチ海外で売れ行き好調

    中国湖南省永州市東安県の白牙市鎮工業パークにあるギター製造企業3社は現在、海外からの注文に応えるため急ピッチで生産を続けている。今年の年間生産額は前年比15%増の2億5千万元(1元=約16円)になる見込みで、注文は来年3月まで埋まっているという。(記者/程済安)<映像内容>白牙市鎮工業パークにあるギター製造企業、生産の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:08.90
    2020年04月06日
    「新華社」貴州省正安県のギター産業、72社全てが操業再開

    中国有数のギター生産地として知られる貴州省遵義市正安県でこのほど、新型コロナウイルス感染拡大を受け春節(旧正月)休暇明けの操業を停止していた国際ギターパークのギター製造企業と関連企業全72社が、感染対策に万全を期した上で操業を再開した。同県の昨年のギター生産量は約600万本。生産高は60億元(1元=約15円)近くに達し、1万人以上の雇用を生み出した。製品は米国やブラジル、日本など30余りの国や地域に輸出されている。(記者/劉勤兵)<映像内容>ギターの生産の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:37.79
    2019年04月29日
    「東奥日報」吉さんミュージアム新装オープン

    青森県五所川原市金木町出身の歌手・吉幾三さん愛用のギターや衣装、芸能活動の記念の品々を集めた「吉幾三コレクションミュージアム」が29日、同市大町に新装オープンした。セレモニーには吉さんも駆け付け「五所川原の観光の起爆剤になればありがたい」と、多くの観光客が訪れることを期待していた。<映像内容>五所川原市で「吉幾三コレクションミュージアム」新装オープン、撮影日:2019(平成31年)年4月29日、撮影場所:青森県五所川原市大町の「吉幾三コレクションミュージアム」、クレジット:東奥日報/共同通信イメージズ

    撮影: 2019(平成31年)年4月29日、青森県五所川原市大町の「吉幾三コレクションミュージアム」

  • 03:51.28
    2019年01月27日
    「新華社」楽器見本市「NAMMShow」開催米カリフォルニア州

    米カリフォルニア州のアナハイム・コンベンションセンターで24~27日、世界最大級の楽器・ステージ照明・音響装置見本市「2019NAMMShow」が開催された。全米楽器商協会(NAMM)が主催する同見本市は、ドイツ・フランクフルトで開催される「プロライト+サウンド」「ミュージックメッセ」と並び、業界で最も有名で、強い影響力を持つ見本市となっている。同見本市では主に小型・大型楽器、電子楽器、音響装置、舞台装置、照明機材、楽器関連機器、楽器用家具、音楽出版物、専門刊行物、舞台用メイク・衣装などが展示され、メキシコやブラジルなど中南米の業界関係者も招待された。各出展企業が自社ブースで、専門技術の教育講座や養成講座を実施したのも、今年の見本市の大きな特色となった。NAMMの会員企業は約9千社に上り、87カ国・地域に広がっている。同見本市は業界関係企業や関係者向けで、今回、教会やライブ会場、旅行会社、放送スタジオ、レコーディングスタジオを含む各企業のバイヤーらが、次々と会場を訪れていた。1901年に始まった「NAMMShow」は、世界最大規模かつ最古の歴史を誇る国際音楽産業イベントの1つとなっている。今年は4日間の会期中に10万人以上が来場したとみられる。(記者/檀易暁)<映像内容>楽器見本市「2019NAMMShow」の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 02:35.98
    2018年05月13日
    静岡の街角で兄弟ライブ プロ目指す高1、小3

    「カレーライスがおいしいのを知っているのかい」。JR静岡駅に通じる地下道にアコースティックギターの音とかわいらしい歌声が響く。静岡市の高校1年、神戸奏汰君(15)と弟の小学3年、徠之君(8)のユニット「神戸兄弟」。コミカルな歌詞と兄弟ならではのハーモニーに道行く人が思わず足を止める。音楽関連の仕事をする両親の影響で自然にプロを目指すようになった。有名になって静岡で恩返しライブ開くのが夢だ。<映像内容>ライブハウスでの2人のライブの様子、JR静岡駅前の路上ライブの様子など、撮影日:2018(平成30)年5月13日、撮影場所:静岡市内

    撮影: 2018(平成30)年5月13日

  • 02:44.86
    2018年04月24日
    破天荒な人柄しのぶ 月亭可朝さんお別れの会 大阪

    先月28日に80歳で死去した落語家の月亭可朝さんのお別れの会が24日、大阪市福島区で執り行われた。哀調を帯びたギターの弾き語りでヒットしたコミックソング「嘆きのボイン」が会場に流れる中、上方落語協会の関係者や月亭可朝一門の弟子たちが参列して、破天荒な一生を送った可朝さんの人柄をしのんだ。<映像内容>お別れの会への参列に向かう関係者(桂米団治さん、桂あやめさん、桂文福さんなど)、幼かったころに桂米朝さんの息子としてかわいがってもらった思い出を語る桂米団治さん、弟子を代表して話す月亭八方さん、祭壇の様子など、撮影日:2018(平成30)年4月24日、撮影場所:大阪市福島区

    撮影: 2018(平成30)年4月24日

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    06:20.34
    2017年12月07日
    ベッドインの写真を公開 反戦訴えたレノン夫妻

    ビートルズのメンバーだったジョン・レノンとオノ・ヨーコさんが新婚早々の1969年に、ベッドの上から反戦平和を訴えた「ベッドイン」のパフォーマンスを捉えた写真展が7日、報道陣に披露された。ベトナム戦争に反対しようとカナダのホテルで2人が行ったパフォーマンスを、フォトジャーナリストの故ジェリー・ディーター氏が撮影。世界初公開の2点を含む約40点が、レノンの命日に当たる8日から、東京・渋谷のタワーレコード渋谷店で公開される。初公開写真では、レノンらがソロデビュー曲「平和を我等(われら)に」も録音した部屋で、レノンがギターを演奏する様子などが分かる。来年1月8日まで。<映像内容>写真展雑観、写真の権利を持つカナダ人ジョーン・エイシーさんのインタビューなど。撮影場所は東京都渋谷区・タワーレコード渋谷店。撮影時間は7日午後6時から午後7時半まで。

  • 02:25.21
    2017年10月30日
    平尾昌晃さんに最後の別れ 告別式、祭壇に愛用ギター

    「瀬戸の花嫁」「よこはま・たそがれ」などのヒット曲で知られ、7月に79歳で死去した作曲家平尾昌晃(ひらお・まさあき)さんの葬儀・告別式が30日、東京都港区の青山葬儀所で営まれた。葬儀には、親交のあった歌手や音楽関係者らが参列し、最後の別れの場に。ステージを模してバラなど約3万5千本の花で飾られた祭壇には、遺影の他、ロカビリー歌手時代の写真パネルや愛用のギターも置かれた。平尾さんはロカビリー歌手として人気に。作曲家となり、小柳ルミ子さんの「わたしの城下町」、アン・ルイスさんの「グッド・バイ・マイ・ラブ」などのヒットを連発。歌手として畑中葉子(はたなか・ようこ)さんとのデュエット「カナダからの手紙」がヒットした。<映像内容>外観、祭壇、遺影、参列者入りなど。撮影場所は東京都港区・青山葬儀所で30日午前10時頃から。

  • 01:28.82
    2014年05月15日
    ポールさんにファン大歓声 48年ぶり武道館公演で来日

    元ビートルズのポール・マッカートニーさん(71)が15日夕、48年ぶりとなる日本武道館公演などのため来日し、羽田空港で約400人のファンが出迎えた。来日は昨年11月以来で、ビートルズ時代も含め6回目。午後6時ごろ、自らの音楽ビデオに登場するロボットと一緒に到着ロビーに。日の丸をデザインしたTシャツに黒のジャケット姿。ファンから悲鳴のような歓声が上がると立ち止まって手を振り、ベースギターを弾くようなしぐさで応えた。ビートルズとして初来日した1966年以来となる日本武道館での公演は21日。東京・国立競技場や大阪のヤンマースタジアム長居でも公演する。<映像内容>羽田空港に到着し、出迎えたファンに手を振るポール・マッカートニーさん、羽田空港でファンとハイタッチを交わすポール・マッカートニーさん、撮影日:2014(平成26)年5月15日、撮影場所:羽田空港

    撮影: 2014(平成26)年5月15日

  • 02:50.87
    2007年03月31日
    世界一長いコンサート 184時間〝完奏〞

    演奏時間の世界最長記録に挑戦しようと滋賀県彦根市の近江鉄道鳥居本駅(無人駅)の駅長室で続いていたコンサートは、31日午前10時、連続182時間に達し、ギネスブックの記録を破った。ギネス記録は2001年にカナダでつくられた181時間。コンサートにはギネス・ワールド・レコーズ本部(ロンドン)のスタッフが立ち会い、その場で世界記録と認定した。演奏は正午まで続けられ、184時間で終了。近くギネスブックに掲載される<映像内容>鳥居本駅雑観、コンサート看板、バイオリン、ギターと歌、ピアノの演奏、記録更新の瞬間、記念写真を撮る様子、撮影日:2007(平成19)年3月31日、撮影場所:滋賀県彦根市の近江鉄道鳥居本駅

    撮影: 2007(平成19)年3月31日

  • 1