KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • ギョリュウバイ
  • 令和
  • 記者
  • 位置
  • 風景
  • コトカケヤナギ
  • 景観
  • 世界
  • グルバンテュンギュト砂漠
  • 面積

「ギョリュウ」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
19
( 1 19 件を表示)
  • 1
19
( 1 19 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2005年11月25日
    鉢の装飾で季節感を演出

    赤いミニバラの鉢は土の表面を白い化粧砂で覆い、星のついたワイヤをあしらった(左)。右の寄せ植えは、左奥から時計回りにサントリナ、ユーフォルビア(白雪姫)、シロタエギク、ギョリュウバイ、ディコンドラ・セリケア

    商品コード: 2005112500026

  • 01:53.34
    2018年10月12日
    「新華社」コトカケヤナギの黄葉が見頃甘粛省酒泉

    中国甘粛省酒泉市金塔(きんとう)県の潮湖造林地にある金塔砂漠森林公園は面積が8万ムー(約5328ヘクタール)余りの、中国西北地区で最も広い人工の景勝地。園内には胡楊(コトカケヤナギ)、ナツメ、白楊(ハコヤナギ)、ギョリュウなど西北地区特有の木々が見られる。毎年10月になると胡楊の葉が黄金色に色づき、園内の湖やギョリュウなどと美しい景観を織りなす。見事な秋色が中国各地から観賞に訪れた観光客を魅了している。(記者/張睿、任延昕)<映像内容>金塔砂漠森林公園の風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018101515903

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    06:04.43
    2019年03月28日
    「新華社」砂で蒸し焼きにする美食新疆ケリヤ県

    ギョリュウの木で作った壁の隙間から差し込む夕日が、オンドルの上で小麦粉をこねて家族の夕食を準備するスピラムハン・バウドンさんの体を照らす。夕食の主食は「クーマイチ―」と呼ばれるナンで、タクラマカン砂漠の奥地に暮らすケリヤ人は毎日これを食べる。タクラマカン砂漠の内陸約240キロ、ケリヤ川が砂漠に尽きる場所にある新疆ケリヤ(于田)県ダリヤブイ郷は「タクラマカンのへそ」と呼ばれ、1300人余りの牧畜民が暮らす。ケリヤ人の住宅には必ず囲炉裏があり、胡楊(コトカケヤナギ)の枝をくべて火を絶やさない。囲炉裏は砂の上に作られており、煙にいぶされて真っ黒になったやかんが置いてある。スピラムハンさんは胡楊の枝が燃える囲炉裏にやかんを置き、傍らで小麦粉で作った生地をこね始めた。こぶしで生地を突きながら広げていく。「クーマイチ―」には2種類あり、一つは小麦粉のみで作る具のないタイプ。もう1種類は中に羊の挽肉と玉ねぎのみじん切りの具を挟んだタイプで、大きな肉まんのようだが、肉汁があふれとてもジューシーだ。この日スピラムハンさんが作っているのは羊肉入りの「クーマイチ―」。砂が入らぬよう生地の端部分をしっかり閉じる。囲炉裏の砂が十分に熱せられるとスピラムハンさんは燃えさしをよけて生地を砂の上に置き、さらにその上に熱い砂をかけた。10分程度でナンは焼きあがる。スピラムハンさんがナンの上の砂を丁寧に取り去っている間に家族が熱いお茶を入れる。さあ楽しい夕食の始まりだ。上手な「クーマイチ―」は中はふっくら、外はこんがり。老若男女問わずみんなが好む。人々は砂漠によって閉ざされた世界に暮らしながらも、砂漠がもたらしてくれる格別の美食を楽しんでいる。(記者/宿伝義、胡虎虎、顧煜、段敏夫)<映像内容>砂で蒸し焼きにする「クーマイチ―(ナン)」調理の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032801265

  • 2019年06月18日
    花咲き乱れる夏の祁連山脈

    18日、祁連山脈の麓の川辺に咲く寛苞水柏枝(かんぽうすいはくし、ギョリュウ科、MyricariabracteataRoyle)。中国青海省北東部と甘粛省西部にまたがる祁連(きれん)山脈は、標高差が大きく、生物多様性に富んでおり、草原や氷河、河川など多彩な風景を楽しめる。6月に入り初夏を迎えた祁連山脈では、さまざまな花が咲き乱れる中を羊や馬の群れが行き交う童話の世界のような光景が広がる。(蘭州=新華社記者/王博)=2019(令和元)年6月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062625287

  • 2019年06月20日
    花咲き乱れる夏の祁連山脈

    20日、祁連山の麓で、雨の中に咲く寛苞水柏枝(かんぽうすいはくし、ギョリュウ科、MyricariabracteataRoyle)。中国青海省北東部と甘粛省西部にまたがる祁連(きれん)山脈は、標高差が大きく、生物多様性に富んでおり、草原や氷河、河川など多彩な風景を楽しめる。6月に入り初夏を迎えた祁連山脈では、さまざまな花が咲き乱れる中を羊や馬の群れが行き交う童話の世界のような光景が広がる。(蘭州=新華社記者/張睿)=2019(令和元)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062625428

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    02:35.43
    2019年09月24日
    「新華社」砂漠公路を守る「グリーンベルト」新疆ウイグル自治区

    果てしない砂漠が広がり「死の海」とも呼ばれる中国新疆ウイグル自治区のタクラマカン砂漠を、1本の植樹帯が貫いている。これは「タクラマカン砂漠公路生態防護林プロジェクト」で造られた、中国初の砂漠公路上の「グリーンベルト」だ。タクラマカン砂漠公路は石油・天然ガスの輸送を目的に、中国石油天然気(ペトロチャイナ)が8億元(1元=約15円)を投じて1995年に開通させた全長522キロの砂漠縦断道路。北は輪台県(ブグル県)を起点に南は民豊県(ニヤ県)まで通じており、和田(ホータン)・ウルムチ間の移動距離を500キロに短縮した。「死の海」縦断道は建設当初、砂漠の風と砂塵(さじん)の脅威にさらされた。公路沿線の砂塵被害防止のため、2003年8月から中国石油タリム油田公司や中国科学院新疆生態・地理研究所など10余りの研究機関、施工会社の100人を超える技術者や数千人の建設スタッフが協力し、砂漠で大規模な植樹活動を展開した。それは半塩水(アルカリ水)を利用して、アカザ科のザグやタデ科の「砂拐棗」(サカイソウ)、ギョリュウ科のギョリュウなどの低木を植樹するものだった。2年以上にわたる「砂漠植樹」活動によって、2千万株を超える各種樹木がタクラマカン砂漠公路の両側に植えられ、全長436キロ、幅70メートル余りの緑の回廊を形成した。(記者/宿伝義、顧煜)<映像内容>タクラマカン砂漠のグリーンベルトの風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019100206527

  • 2019年10月10日
    約300年干上がっていた湖が復活甘粛省敦煌

    10月10日、湖面が復活した哈拉斉湖に沈む夕日。中国甘粛省敦煌の西湖国家級自然保護区西部とクムタグ砂漠の東端が交わる場所に位置する哈拉斉湖は約300年間干上がっていたが、2017年、18年と水が戻って湖面が復活し、ギョリュウやアシといった植物が生え、シラサギなどの水鳥も生息している。19年もすでに累計で5カ月間湖面が現れ、水量は比較的安定している。湖の面積は約5平方キロで、砂漠化を防止し、生態系を守るバリアとなっている。同湖はもともと、河西回廊の重要な内陸河川の疏勒河(そろくが)が流れ込んでいた。唐代から移民や屯田、環境変化などの影響で、湖は4度にわたって大きく縮小した。清の雍正時代(紀元1723~1735年)に川の流れが止まり、同湖は干上がり、砂漠化が進行していった。敦煌の水資源の需要増大や地域の生態環境の悪化に直面し、中国国務院は2011年に「敦煌の水資源の合理的利用と生態保護総合計画」を承認。疏勒河などに対する水利工事を進め、湖に再び青い水を取り戻した。(敦煌=新華社配信/敦煌放送局邱亮)=2019(令和元)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019110500277

  • 2019年10月10日
    約300年干上がっていた湖が復活甘粛省敦煌

    10月10日、湖面が復活した哈拉斉湖。中国甘粛省敦煌の西湖国家級自然保護区西部とクムタグ砂漠の東端が交わる場所に位置する哈拉斉湖は約300年間干上がっていたが、2017年、18年と水が戻って湖面が復活し、ギョリュウやアシといった植物が生え、シラサギなどの水鳥も生息している。19年もすでに累計で5カ月間湖面が現れ、水量は比較的安定している。湖の面積は約5平方キロで、砂漠化を防止し、生態系を守るバリアとなっている。同湖はもともと、河西回廊の重要な内陸河川の疏勒河(そろくが)が流れ込んでいた。唐代から移民や屯田、環境変化などの影響で、湖は4度にわたって大きく縮小した。清の雍正時代(紀元1723~1735年)に川の流れが止まり、同湖は干上がり、砂漠化が進行していった。敦煌の水資源の需要増大や地域の生態環境の悪化に直面し、中国国務院は2011年に「敦煌の水資源の合理的利用と生態保護総合計画」を承認。疏勒河などに対する水利工事を進め、湖に再び青い水を取り戻した。(敦煌=新華社配信/敦煌放送局邱亮)=2019(令和元)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019110500220

  • 2019年10月10日
    約300年干上がっていた湖が復活甘粛省敦煌

    10月10日、湖面が復活した哈拉斉湖の風景。中国甘粛省敦煌の西湖国家級自然保護区西部とクムタグ砂漠の東端が交わる場所に位置する哈拉斉湖は約300年間干上がっていたが、2017年、18年と水が戻って湖面が復活し、ギョリュウやアシといった植物が生え、シラサギなどの水鳥も生息している。19年もすでに累計で5カ月間湖面が現れ、水量は比較的安定している。湖の面積は約5平方キロで、砂漠化を防止し、生態系を守るバリアとなっている。同湖はもともと、河西回廊の重要な内陸河川の疏勒河(そろくが)が流れ込んでいた。唐代から移民や屯田、環境変化などの影響で、湖は4度にわたって大きく縮小した。清の雍正時代(紀元1723~1735年)に川の流れが止まり、同湖は干上がり、砂漠化が進行していった。敦煌の水資源の需要増大や地域の生態環境の悪化に直面し、中国国務院は2011年に「敦煌の水資源の合理的利用と生態保護総合計画」を承認。疏勒河などに対する水利工事を進め、湖に再び青い水を取り戻した。(敦煌=新華社配信/敦煌放送局邱亮)=2019(令和元)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019110500222

  • 2019年10月10日
    約300年干上がっていた湖が復活甘粛省敦煌

    10月10日、湖面が復活した哈拉斉湖に昇る朝日。中国甘粛省敦煌の西湖国家級自然保護区西部とクムタグ砂漠の東端が交わる場所に位置する哈拉斉湖は約300年間干上がっていたが、2017年、18年と水が戻って湖面が復活し、ギョリュウやアシといった植物が生え、シラサギなどの水鳥も生息している。19年もすでに累計で5カ月間湖面が現れ、水量は比較的安定している。湖の面積は約5平方キロで、砂漠化を防止し、生態系を守るバリアとなっている。同湖はもともと、河西回廊の重要な内陸河川の疏勒河(そろくが)が流れ込んでいた。唐代から移民や屯田、環境変化などの影響で、湖は4度にわたって大きく縮小した。清の雍正時代(紀元1723~1735年)に川の流れが止まり、同湖は干上がり、砂漠化が進行していった。敦煌の水資源の需要増大や地域の生態環境の悪化に直面し、中国国務院は2011年に「敦煌の水資源の合理的利用と生態保護総合計画」を承認。疏勒河などに対する水利工事を進め、湖に再び青い水を取り戻した。(敦煌=新華社配信/敦煌放送局邱亮)=2019(令和元)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019110500283

  • 00:49.63
    2019年10月31日
    「新華社」約300年干上がっていた湖が復活甘粛省敦煌

    中国甘粛省敦煌の西湖国家級自然保護区西部とクムタグ砂漠の東端が交わる場所に位置する哈拉斉湖は約300年間干上がっていたが、2017年、18年と水が戻って湖面が復活し、ギョリュウやアシといった植物が生え、シラサギなどの水鳥も生息している。19年もすでに累計で5カ月間湖面が現れ、水量は比較的安定している。湖の面積は約5平方キロで、砂漠化を防止し、生態系を守るバリアとなっている。同湖はもともと、河西回廊の重要な内陸河川の疏勒河(そろくが)が流れ込んでいた。唐代から移民や屯田、環境変化などの影響で、湖は4度にわたって大きく縮小した。清の雍正時代(紀元1723~1735年)に川の流れが止まり、同湖は干上がり、砂漠化が進行していった。敦煌の水資源の需要増大や地域の生態環境の悪化に直面し、中国国務院は2011年に「敦煌の水資源の合理的利用と生態保護総合計画」を承認。疏勒河などに対する水利工事を進め、湖に再び青い水を取り戻した。(記者/張玉潔)<映像内容>干上がっていた湖が復活、哈拉斉湖の風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019110608599

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月27日
    (1)グルバンテュンギュト砂漠に広がる雪景色新疆ウイグル自治区

    22日、新疆ウイグル自治区ジムサル県で、降雪後の砂漠の風景。中国で最も大きい固定・半固定砂丘、グルバンテュンギュト(古爾班通古特)砂漠にこのほど雪が降り、爽やかな青空の下、白銀の世界が広がっている。新疆ウイグル自治区ジュンガル盆地の中央に位置する同砂漠は他の砂漠とは異なり、各所にハロキシロンやギョリュウ、コトカケヤナギが生え、多数の野生の動物たちも暮らしている。(ジムサル=新華社記者/高晗)= 配信日: 2021(令和3)年1月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021020902880

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月27日
    (6)グルバンテュンギュト砂漠に広がる雪景色新疆ウイグル自治区

    22日、新疆ウイグル自治区ジムサル県で、太陽の光で雪が溶け、露出した砂漠の地面。中国で最も大きい固定・半固定砂丘、グルバンテュンギュト(古爾班通古特)砂漠にこのほど雪が降り、爽やかな青空の下、白銀の世界が広がっている。新疆ウイグル自治区ジュンガル盆地の中央に位置する同砂漠は他の砂漠とは異なり、各所にハロキシロンやギョリュウ、コトカケヤナギが生え、多数の野生動物たちも暮らしている。(ジムサル=新華社記者/高晗)= 配信日: 2021(令和3)年1月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021020902875

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月27日
    (3)グルバンテュンギュト砂漠に広がる雪景色新疆ウイグル自治区

    22日、新疆ウイグル自治区ジムサル県で、夕焼けに染まる砂漠の風景。(小型無人機から)中国で最も大きい固定・半固定砂丘、グルバンテュンギュト(古爾班通古特)砂漠にこのほど雪が降り、爽やかな青空の下、白銀の世界が広がっている。新疆ウイグル自治区ジュンガル盆地の中央に位置する同砂漠は他の砂漠とは異なり、各所にハロキシロンやギョリュウ、コトカケヤナギが生え、多数の野生動物たちも暮らしている。(ジムサル=新華社記者/高晗)= 配信日: 2021(令和3)年1月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021020902886

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月27日
    (5)グルバンテュンギュト砂漠に広がる雪景色新疆ウイグル自治区

    22日、新疆ウイグル自治区ジムサル県で、野生動物が雪の上に残した足跡。(小型無人機から)中国で最も大きい固定・半固定砂丘、グルバンテュンギュト(古爾班通古特)砂漠にこのほど雪が降り、爽やかな青空の下、白銀の世界が広がっている。新疆ウイグル自治区ジュンガル盆地の中央に位置する同砂漠は他の砂漠とは異なり、各所にハロキシロンやギョリュウ、コトカケヤナギが生え、多数の野生動物たちも暮らしている。(ジムサル=新華社記者/高晗)= 配信日: 2021(令和3)年1月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021020902933

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月27日
    (2)グルバンテュンギュト砂漠に広がる雪景色新疆ウイグル自治区

    22日、新疆ウイグル自治区ジムサル県で、降雪後の砂漠の風景。(小型無人機から)中国で最も大きい固定・半固定砂丘、グルバンテュンギュト(古爾班通古特)砂漠にこのほど雪が降り、爽やかな青空の下、白銀の世界が広がっている。新疆ウイグル自治区ジュンガル盆地の中央に位置する同砂漠は他の砂漠とは異なり、各所にハロキシロンやギョリュウ、コトカケヤナギが生え、多数の野生動物たちも暮らしている。(ジムサル=新華社記者/高晗)= 配信日: 2021(令和3)年1月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021020902899

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月27日
    (4)グルバンテュンギュト砂漠に広がる雪景色新疆ウイグル自治区

    22日、新疆ウイグル自治区ジムサル県で、野生動物が雪の上に残した足跡。(小型無人機から)中国で最も大きい固定・半固定砂丘、グルバンテュンギュト(古爾班通古特)砂漠にこのほど雪が降り、爽やかな青空の下、白銀の世界が広がっている。新疆ウイグル自治区ジュンガル盆地の中央に位置する同砂漠は他の砂漠とは異なり、各所にハロキシロンやギョリュウ、コトカケヤナギが生え、多数の野生動物たちも暮らしている。(ジムサル=新華社記者/高晗)= 配信日: 2021(令和3)年1月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021020902580

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:00.12
    2021年03月04日
    「新華社」雪に覆われた春の砂漠新疆ウイグル自治区

    中国最大の固定・半固定砂丘で新疆ウイグル自治区に位置するグルバンテュンギュト砂漠は、春を迎えても真っ白な雪に覆われ、日の光に照り映えている。同砂漠では至る所でサクサウール(ハロキシロン)やギョリュウ、コトカケヤナギが群生しており、砂漠という名が与える印象に反し、多くの野生動物の生息地となっている。(記者/高晗) =配信日: 2021(令和3)年3月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021041600385

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:08.72
    2021年08月26日
    「新華社」中国最大の内陸淡水湖を彩るギョリュウの花新疆ウイグル自治区

    中国新疆ウイグル自治区バインゴリン・モンゴル自治州にある中国最大の内陸淡水湖、ボステン湖のほとりではこのところ、ギョリュウが鮮やかな花を咲かせている。同湖の水域面積は1600平方キロ余り。ゴビ砂漠などに囲まれ、大型淡水湖の湿地生態系として高い重要性を持つ。ギョリュウは中国北西部の砂漠や半砂漠地帯で生育し、砂防林の役割を果たしている。(記者/宿伝義) =配信日: 2021(令和3)年8月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021082707752

  • 1